HOME > レポート一覧 > MacBook Pro 15 (9400M)ユーザーレポート

MacBook Pro 15 (9400M)

MacBook Pro 15 (9400M)

■ 評価点平均

4.3

今回が初出となる統合チップセット「GeForce 9400M」を搭載する。13.3型と同じくアルミ削りだし筐体。映像端子は特殊なmini DisplayPortを搭載する。変換コネクタを使う事でミニD-Sub15ピン、DVI、デュアルリンクDVIに接続させることができる。mini DisplayPortで直接接続できるのは直接Mini DisplayPortのコネクタが出ている「Apple LED Cinema Display」のみ。※NVIDIAの定義では「9400M G」のため当サイトでは「9400M G」として扱わせてもらいます。詳細

長所・短所

GOOD   BAD
1 液晶
1 キーボード
騒音・ノイズ 1
4 筐体の質感
発熱処理 2

型番

■ 2008年10月
MB470J/A
MB471J/A

■ 2009年3月
MC026J/A Core 2 Duo 2.66Ghz

■ 2009年6月
MB986J/A Core 2 Duo 2.8Ghz
MB985J/A Core 2 Duo 2.6Ghz
MC118J/A Core 2 Duo 2.53Ghz(GPUは9400M統合)
MC118J/Aは独立GPU無しの廉価モデル

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

MacBook Pro MB471J/A  ツェペくん さん

 No. 2567

  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 5.4 5.9 5.9 5.5 5.3 5.3
FF11v3 高解 7382

◆ 購入のきっかけと価格
 今まで使っていたシャープのMURAMASAが突然逝ってしまい、近所のアップルストアで衝動買い。

◆ 体感速度の変化
 MURAMASA-MM50G(液晶 10.4型、CPU Efficeon 1.0GHz 、メモリ512MB、HDD20GB、WinXP)
と比べると、圧倒的に速い。ベンチマークの結果はBootCampを使ってWinXPでFF11 Vana'diel Bench 3 Highで測定すると7300〜7400。Vistaを入れて測定すると4340〜4465。

◆ 液晶の質
 不満なし。

◆ キーボード:配列やタッチ
 良好。見た目より打ちやすいと感じた。ただ、手を浮かしていないと本体手前のアルミの角っちょに手首がやられる。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
 質感最高。最近のPCはチープな筐体が多い。質感のよいものを選ぼうとすると選択肢は少ない。

◆ 排熱:筐体の温度
 本体左奥が熱くなる。手前は熱くない。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
 前に使っていたMURAMASAがファンレスだったので、ファンが回るだけでうるさく感じるが、普段はあまり回っていないので静か。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
 MURAMASAは1Kgしかなかったので、比べると重い。運ぶ気にはならない。

◆ その他
 当初の計画ではBootCampを使って完全なWinXP機として使おうと考えていたが、MacOSXもなかなか捨てがたいので、普段はMacOSXとFUSION(仮想化ソフト)を使用している。FUSIONのユニティモードを使うとMacOSX上でMacとWinのアプリケーション両方を意識せず使えるため便利。3D性能が必要なときだけBootCampでWinをたちあげている。

◆ 総評
 Win以外使ったことがなかったがBootCampとFUSIONのおかげで無理なくMacが使えた。キー配列等の違いもあるが概ね満足。

パームレスト手前の角が気になるというツェペくん。蹴茶的にもこの「パームレスト手前の角」はノート全般において気をつけたいポイントのひとつですが、ここが遠慮無く角張っていると手のひらに食い込み、伏兵的なストレスになったりします。MacBookもシャープなデザイン上、角張ってはいるのですがデザインに配慮する形で微妙に丸みを帯びています。

これまでMacは使った事がないツェペくんですが、今回BootCampのおかげもあり満足度は高いようです。MacのBootCamp戦略が見事使い手の利便性にはまったケースといえそうです。 [2008-11-3]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

MacBook Pro MB471J/A  さっち さん

 No. 2650

  • 長所: 液晶
  • 短所: 騒音
3DMark06 5990
FF11v3 高解 7560

MacBook Pro 2530/15.4

とりあえずXP導入後のベンチマークを記載します。
詳細レポートは後ほど。

ベンチスコアとゲーム評価。 [2009-1-10]

  •  BattleField 2 (C) 2005 ElectronicArts All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  Call of Duty 4 (C) 2007 Activision,Inc. / Infinity Ward All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  モンスターハンターフロンティア (C) 2007 カプコン All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

MacBook Pro MB470LL/A  Glamdring さん

 No. 2653

  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 5.3 5.9 5.9 5.5 5.7 5.5
CrystalDiskMark 2.2
 ReadWrite
Seq.44.3144.62
512k26.1232.28
4k0.501.366
型番WD5000BEVT
3DMark06 5850
3DMark05 10512
FF11v3 高解 7070

◆ 購入のきっかけと価格
 やはりユニボディー筐体に惹かれて。あと所有していたMacBookだとどうしても3D性能に不満があったので。
 価格は並行輸入品をオークションで入手したのでユニボディーのMacBook 2.4GHzの定価とほぼ同じでした。


◆ 体感速度の変化
 CPUは2.1GHzから2.4GHzに上がりましたが通常の体感速度はあまり変わりません。しかしレポートしたベンチを見てもらえばわかりますが3D性能は格段に上がりました。

◆ 液晶の質
 MacBookは少し視野角が狭くベストポイントを探る必要がありました。MacBook Proの液晶はある程度横から見ると黄変が出ますがノートを普通に使用する範囲では問題ありません。またこのモデルから光沢液晶の一択になりましたが思ったほど映りこみはありません。あとLEDバックライトは明る過ぎる位で3段階落として使っています。

◆ キーボード:配列やタッチ
 キーボードは剛性感があっていいと思います。配列はもちろんUS配列です。タッチはMacBookも良いものでしたがこれもなかなかなものです。

◆ サウンド
 非常に澄んだいい音がします。ただWindowsだとプチノイズがのることがあって残念です。Mac OS Xだとそんなことはありません。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
 筐体の質感に対して何も文句はありません。コネクタ配置は最近のアップルの傾向で左側に集中しています。FireWireはやはり800だけではなく400も欲しい所でした。

◆ 排熱:筐体の温度
 筐体の左奥、F4とF5キーとヒンジの間、筐体左側の裏が結構熱くなります。パームレストも熱を持ちますが不快というところまではいきません。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
 静粛性はかなり高いです。iPhoneのアプリにDcibelといってiPhoneのマイク入力からデシベル表示するものがあります。静かにした室内でファンの排気口があるヒンジ部で47dB、3DMark 06実行時で56dBでした。iPhoneアプリなので校正されていない計測ですが参考にはなると思います。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
 2.5kg弱なので鞄に入れて持ち歩くのはあまりお勧めではないかな。ただ以前のMacBookより重いはずですが薄いせいかズッシリ感は少ないです。ACアダプタは小さく鞄に放り込んでも問題ないです。

◆ その他
 BootCampドライバよりサポート外ですがNVIDIAのノート向けドライバの方が安定している気がします。今回はXPで運用していますが用意したのはDSP版のVista Ultimateでダウングレードして使っています。

◆ 総評
 Mac OS Xメインで使っていますがWinノートとしても優秀です。Windowsでは眠っている9400Mも利用できるようになればもっと面白いことになると思います。

並行輸入品をオークションでゲットされたGlamdringさんからのレポートです。ユニボディMacBook 2.4Ghzの国内定価が18万4800円。MacBook Pro 2.4Ghzは22万8800円。一方、米Apple StoreではMacBook Pro 2.4Ghzは$1999。今夜のドル円相場が約90円なので、約18万円となり国内のMacBook 2.4Ghz価格とほぼ同じになるようです。お得です。個人輸入の場合、サポートが受けにくくなるのとケースによっては地方消費税が受け取り時にかかったりするので要注意ではあります。

BootCampでWindowsを走らせたレポも書いてくださっていますが、プチノイズやGeForce 9400M内蔵コアが使えずGeForce 9600M GT使用になるなどいくつか機能をフルに発揮できない問題を抱えています。Windowsでの使用を考えている人はなるべく情報を集めた方が良いですね。 [2009-1-10]

  •  EverQuest (C) 2004 Sony Computer Entertainment America Inc. All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

MacBook Pro MB471J/A  ねじまき鳥 さん

 No. 2704

  • 長所: キーボード
  • 短所: 熱処理
FF11v3 高解 7402

◆ 購入のきっかけと価格
Inspiron9300が逝ってしまわれそうだったので。
XPのbootcampができるのと、こちらにのっていたベンチが高かったので。
価格はヨドバシで定価で買いました。DSP版XPHOME、AppleCare付きで34万ちょっと。

◆ 体感速度の変化
あまり感じられませぬ。

◆ 液晶の質
綺麗!でも前のマシンを4年も使ってたいたからかも。
少なくても2008/10に購入したInspiron1520よりはかなり綺麗です。

◆ キーボード:配列やタッチ
bootcampしているのでなんとも言えません。
KbdAppleでしてからはそこそこ。homeとendがないです(´Д⊂
マルチトラックパッドにも慣れない・・
でもバックライトキーボードはそれらを補って余りある程かっこいい!

◆ サウンド
気にしていないので評価しかねます。
個人的には問題なし。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
USBが2つだけってのが難点かも。
私は一切マウス使わないので問題ありませんが。

◆ 排熱:筐体の温度
FFやってると爆熱です(;´ρ`)

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
FFやってると爆音です(;´ρ`)

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
薄くて持ちやすい! 

◆ その他
もう少し解像度が高いモデルがあればよかったなぁと思っています。
ゲームやりながらネットで攻略情報とか見るのにはちょと狭いかも。

◆ 総評
ほぼFF専用機なので、XPがインストールされてる or XP用のドライバを見つけることができるのが大前提。その中では見た目もかっこいいし、CPU、GPUともにそこそこのがのってるので、満足度はかなり高いです。FFもぬるぬる動きます。
あとはキーボードのバックライト、かなりポイント高いです。

でもコストパフォーマンスの点で言えばかなり悪いのは否めません。(私の使い方では、です。ハード構成的にはまぁこんなもんかな?とは思いますが。)
今回は自分へのご褒美的な意味もあって、価格の上限をつけませんでしたが、普段だったらまず守備範囲外ですね。macを活かす使い方も特にしてませんし、前述の通りゲームしかしてませんので。

bootcampについて言えば、配列が結構違うのと、トラックパッドの操作方法が特殊?なので、慣れるまでちょっと大変かもです。
とくにテキストのコピペがどうにも・・

とまぁ自分で読み返してみてもあまりいいマシンじゃなさそうに見えますが、前述の通りゲーム性能・外観等満足度はかなり高いです。大事に使ってまた四年くらいメインで使いたいと思います。

Inspiron 9300の後継としてMacBook Proを選ばれたねじまき鳥さんからのレポート。長所には筐体ではなくキーボードを選ばれており、キータッチよりもバックライトキーボードである点を高く評価されています。FF11プレイ中の静粛性は皆無で爆音とのこと。

BootCampでWindows(FF11)も使われていますが、キー配置とマルチタッチのトラックパッドに難儀されています。この辺は自分で調べて解決できる検索力が必要です。ねじまき鳥さんが購入されたMB471J/Aは解像度がWXGA+(1440×900)なので、その辺もちょっとマイナスに。

余談ですが、静粛性といえば最近はLenovoの評価が高い。ThinkPadにMacOSを入れたいという人はかなりいそうです。Mac、ThinkPad、VAIO、この辺のユーザー層はかなり被るのではないでしょうか。 [2009-2-24]

  •  FinalFantasy XI (C) 2005 スクウェアエニックス All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

MacBook Pro MB470J/A  テマド さん

 No. 2742

◆ 購入のきっかけと価格
 PCゲームをしなくなったこと、Windows OSに飽きたこと、Windows OSを使っていると、自宅でプライベートなことにしか使用していないマシンすらも会社から妙なソフトウェアのインストールを強制される世知辛い世の中になったこと。

◆ 体感速度の変化
 自作機からの移行ですが、さほど変わらないスペックを選んだつもりなので然程変わりません。
 強いていえば、OSがVista(32bit)からOS Xに変わったのと、まだ使い始めなので比較的まっさらに近い状態であることから、サクサクとは動くなあという印象。

◆ 液晶の質
 高過ぎる輝度、狭い視野角。発色鮮やかなようにに見せるためのグレアーなガラスパネル。
 まさに、典型的な「ノートについてるTN」ですが、OS Xのカラープロファイル調整ツールがそれなりに使えるので、なんとか我慢出来るレベルにまでは追込めます。もちろん個人差はあるでしょうけれども。

 比較対象がSHARP LL-T2020(BK)では、あまりにも不憫。

◆ キーボード:配列やタッチ
 すこし軽過ぎですが、思っていたほどワルくなく、それなりに打てる。タッチパッドの位置をJISとUSですこしだけズラしてもらえば文句なかったんですが、このへんはコストとの兼ね合いでしょうね。

◆ サウンド
 筐体が大きいので、内蔵にしてはそれなりかなぁというレベル。
 外部出力はミニジャックによるデジタルとアナログの排他利用タイプ。現在はBOSE M3を繋ぎ、手持ちのCDをiTunesへApple Loss-lessで取込んで聴いてますが、こちらのクオリティは悪くないと思います。自作機で使っていたSE-90PCIと比べても、そんなに不満も無いです。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
 散々喧伝していただけあり、アルミ削り出しの筐体は頑丈。たわみなど一切ありません。ただ、CTOでHDDを7200rpmタイプに変更したので、それの震動がパームレストに伝わってくる。一体成形のデメリットでしょうが、購入を考えている方には自信を持って「7200rpmのHDDは選ぶな」と言い切れます。
 全てのコネクタが左に配置してあるのはわかり易いし、すっきりしててよろしい。

◆ 排熱:筐体の温度
 あまり叩いた使い方をしていないですが、GPUを9600M GTに切り替えるとほんのりと熱くなります。筐体全体がヒートシンク的な作りではあるので、ちゃんと熱を外に捨てているんだな、とポジティブに考えることにしています。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
 筐体のところでも触れましたが、HDDの震動を伝え易い構造なので7200rpmのHDDをCTOで選択するのは禁忌です。
 光学ドライブは煩いかもですが、今時は光学ドライブって手持ちデータの取り込み程度にしか使わないですから問題はなし。むしろ「…スロットインって、トラブった時どうやって媒体を取り出すんだろう?」という不安のほうが大きい。
 全体的には「環境音に紛れてしまうので気にならない」程度かなぁと。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
 大きく重いですが、鞄に入れて運ぶ分には困りませんし、ACアダプタがコンパクトなのは出張るときに便利だと思います。
 バッテリは内蔵グラフィックスで3時間、パフォーマンス優先モードで2時間弱といったところ。個人的にはこのクラスのノートPCに内蔵されたバッテリーは電池というよりUPSかなと思っているので。

◆ その他
 マルチタッチ・トラックパッドが凄い。
 常用でマウスの必要性を感じない「パッド」って初めて出会った気がしますし、ノートPCにおけるマウスの代替品として、今のところ僕の中ではトップに君臨しております。次点はIBMのトラックパッド、続いて東芝の初代リブポイント。

◆ 総評
 Mac、本当に楽しいです。なんで今まで僕はこっちの世界に居なかったんだろうというくらい、水が合う。すくなくとも、健康面での不安が囁かれるこちらの教祖さまが健在の間は戻れないなぁ、と思うのです。

アルミ削りだしボディのMacBook Proですが、内部パーツも含めて一体感ある構造ゆえHDDの振動が伝わってくるとのこと。アップルストアでは他の選択肢として5400rpmの比較的)低速回転のHDDと、駆動部無しのSSDが選べます。SSDは128GBで差額3万円台とかなり市況に近い価格がついています。

テマドさんにはちょっと軽すぎたキーボード。キータッチの軽さは絶対的な正解があるわけではないので賛否両論分かれるところです。蹴茶は軽いのが好きなので、結構好みだったりします。

スロットインドライブの詰まりはおそろしいですね。単にソフトウェア的に出てこないだけならまだしも、物理的に詰まってしまった場合は分解する以外どうしようもないような。対策はシールが貼ってある危ないメディアを避けるぐらいでしょうか。スロットイン詰まりの必勝法をご存じの方がおられましたら、雑談掲示板までお知らせを(^^; [2009-3-13]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

MacBook Pro MB990J/A  アマツ さん

 No. 2877

  • 長所: 筐体
  • 短所: 熱処理
CrystalDiskMark 2.2
 ReadWrite
Seq.24.6138.76
512k15.9121.78
4k0.330.874
型番
FF11v3 高解 6286

◆ 購入のきっかけと価格
Macの質感の良さとコストパフォーマンスで見ると結構良いかな、と。
購入価格はY電気で129,800円の18%ポイント+5,000ポイントで
実質104,800円ぐらいでした。

◆ 体感速度の変化
前に利用していたのがソニーのVGN-FE53B/Wなので、明らかな
体感速度アップは感じません。
(OSがVistaからXPになったのでその分の向上はありますが)

◆ 液晶の質
そこそこだとおもいます。
しかし、このグレア液晶は個人的に止めて欲しいです。
写り込みはやはり気になります。

◆ キーボード:配列やタッチ
それなりにやりやすいです。
が、やはりMacキーボードなので通常のJIS配列ではありません。
使いにくい人からしたら使いにくいかも知れません。

それと、キーボードバックライトは地味に良い機能です。
暗いところでも正確にキータッチが出来るのは○です。

◆ サウンド
こんなもんかな、ですね。
ヘッドフォンで聞くと良い音質です。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
この質感はもうMacでしか味わえない。
たわみなども全くありませんし、所有している喜びを感じます。

コネクタは全て左側に集まっています。
右側にあるのはDVDdriveのみです。
せめて背面か右側にUSBポート一つ欲しかったなぁ、と。

◆ 排熱:筐体の温度
ゲームやってると、底面左側がかなり熱くなります。
すのこなどでエアフローをきちんと取らないと駄目っぽいです。
ちなみに、FEZEROでCPU温度(CoreTemp読み)88℃まで上がりました。


◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
静かです。
騒音に疎いので・・・

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
13.3インチモデルですが、約2kgあります。
気軽に持ち運びできるラインではないです。

バッテリーは本体内蔵になっているので、コメントできません。

◆ その他
トラックパッドの使いやすさ。
これになれるとWIN機のトラックパッドが使えなくなりそうです。


◆ 総評
値段と質感、そう言ったところを見てこれで実質100,500円は
非常にお買い得だと思います。
軽い3Dゲームなら余裕で出来ますしね。

HDD&メモリは初期状態の160&2GGなので、
いずれ500GHDD&4Gメモリに換装したいと思います。

筐体の質感を高く評価されているアマツさんからのレポートです。ここ数年のPC低価格化で最近は質より価格優先で、インプリントなどで上手く高級感は演出しているものの筐体の質感はだいぶ落ちてきているように思います。VAIOなどは価格競争からやや距離を置いてますが、VAIOは筐体の剛性よりデザインをとっているのでこだわっている点がやや違います。ちゃんとコストをかけて筐体を作り込んでいるのはMacBookのアドバンテージですね。 [2009-7-13]

  •  ファンタジーアースZERO (C) 2007 SQUARE ENIX CO. / Gamepot Inc. All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  タワー オブ アイオン (C) 2009 NC Soft All Rights Reserved. [公式サイト]
その他のレビュー 6

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > MacBook Pro 15 (9400M)ユーザーレビュー