HOME > レポート一覧 > MacBook Air 13 (HDG5000)ユーザーレポート

MacBook Air 13 (HDG5000)

MacBook Air 13 (HDG5000)

■ 評価点平均

5

第4世代 Haswellプロセッサ搭載のMacBook Air。最大のメリットは高い電力効率によるバッテリー駆動時間の延長ですが、GPUも Intel HD Graphics 5000となり、最大40%のパフォーマンスアップが図られています。ディスプレイはRetina化されず、1440x900のままです。

長所・短所

GOOD   BAD
液晶
キーボード
騒音・ノイズ 1
1 筐体の質感
発熱処理

型番

128GB / 256GB / 512GB

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

MacBook Air 13 inch  TOMO さん

 No. 3998

  • 長所: 筐体
  • 短所: 騒音

◆ 購入のきっかけや価格

娘が大学に入学することになったので、娘用に出たばかりのMacBookAirを奮発してみました。512GBのSSD/8GB memory/2.3GHz i7 でおよそ$2000でした。

発売日に買ったのですが、香港からの発送で、USまですぐに届いたのは驚きでした。20日が元々の予定だったので、3日早く到着です。

◆ 体感速度の変化
私はW520を利用しているので、特に速い感じはないのですが、PCI Express接続のSSDは速いですね。W520のmSATA のSSDではちょっと太刀打ち出来ません。

CrystalDiskMark の結果は
761.1/711.0
520.5/552.7
18.53/34.08
182.4/138.5

でした、SATAでは太刀打ち出来ない速度が出ています。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
最近はiPad等で液晶の標準が高くなっているので、あまりすごい感じはしません。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
悪く無いです。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
MacOSXの時のほうが音がよく感じるのは先入観でしょうか?

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
USBが2つしかないのは残念ですが、娘が勉強に使う分には問題ないかとおもいます。RAID1のHDDを外付けにして、そちらにバックアップをするようにしました。

◆ 排熱:筐体の温度
ファンが全開でもあまり熱くなりません。これはちょっと嬉しい驚きでした。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
BootCampでWinodowsをインストール後にアップデートをかけた時のファンの音は耳障りでした。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
これでスペック通り12時間バッテリが持てば素晴らしいですね。自分用にも欲しくなりそうです。

◆ その他
グラフィックはHD5000ですが、まだ選択肢がないので、4000を選んでいます。

◆ 総評
最近はiOSのプログラミングとかも必要になってきて、MacOSのほうが便利かもしれませんね。娘が使い出して、しばらくしてから、どのような評価をするかが楽しみです。

 [2013-6-20]

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > MacBook Air 13 (HDG5000)ユーザーレビュー