HOME > レポート一覧 > mbook M1ユーザーレポート

mbook M1

mbook M1

■ 評価点平均

4

韓国UMIDの300g Windows機「mbook-M1」。外観は電子辞書並みのサイズでありながらフルWindowsが動く。産経新聞のニュースにもなり、韓国から直輸入するモバイラーが続出した。Win7 RC版のインストール記事

長所・短所

GOOD   BAD
液晶
キーボード
騒音・ノイズ
筐体の質感
発熱処理

型番

M1-114KWA, M1-434KWA

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

mbook M1  まろうど さん

>> UMID

 No. 2858

CrystalDiskMark 2.2
 ReadWrite
Seq.52.9522.64
512k53.1117.46
4k7.181.413
型番

◆ 購入のきっかけと価格
ずいぶん前から300gでWindowsが動作するPCとして騒がれていて、勢いあまってつい……
Gmarketにて32GBのSSD版、本体とスペアのバッテリー込みで7万円弱でした。
注文してから届くまで約2週間。
韓国から日本までであることを考えると仕方ないのでしょうが、待ち遠しかったです。
 
◆ 体感速度の変化
CPUはAtomなので、まあそれなりに……
メモリが512MBできついかなあと思ってましたが、それほど気になりません。
XPをそれなりにいじれる能力があれば(面倒だったんもで、「WinXP 高速化」でささっとやってしまいました)、かなり軽くなると思います。

◆ 液晶の質
良くもなく悪くもなく。

◆ キーボード:配列やタッチ
やはりこれほど軽いとタッチタイプはまず無理だと思います。
Zaurusでよくやっていた親指打ちのほうが、タイプしやすいですね。

◆ サウンド
小さい割にはいいほうだと思います。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
筐体は安っぽいという話だったのでそれほど期待はしてませんでしたが、思ったよりは良かったです。
韓国にて発売された当初は作りが雑だったようですが、最近、新しい金型に変えたようで少なくとも雑だとは言えないレベルに。
ただし、相変わらず180度までは開かない(140度くらいでつっかえる)のがいまいちです。
さらに、USBが使えない点(miniUSBをUSB変換して使えますけど、これは普通のUSBにしてほしかった)で大幅にマイナスです。
まあそれも小ささと引き換えと考えれば、それほど気にはなりませんが。

◆ 排熱:筐体の温度
最初にインストールされているのはLinuxなので、届いてすぐ消去してXP導入。
その際はかなり熱くなりましたが、それ以降はほんのり熱くなるだけで、快適です。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
ファンがほとんどないので、静かです。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
USBがないのと同じくらい不評なのがACアダプター。
せっかく本体は小さいのにアダプターの大きさがそれを打ち消してます。
まあそれもcowon S9のUSBケーブルが使えるようなので、何とか対応はできそうなところ。

◆ その他
小さい。
LOOX Uも持ってますが、それよりまだひとまわりは小さい感じがします。
そして軽い。
これなら毎日持ち歩いても全く苦になりません。

◆ 総評
これほど小さいPCが10万円もせずに変えるとはいい世の中になりました。
USBがないことやACアダプターが大きいことなど、不満点はそれなりにはありますが、この小ささですべて許せてしまえます(笑)
日本での発売も決定されていたり、メモリ1GBや筐体を黒くしたバージョンなど、これからもしばらくmbookには目が離せないと思います。
日本の他のメーカーにも頑張っていただきたいですね。

噂の韓国UMID社の「mbook」レポをまろうどさんから頂戴しました。LOOX Uでもブラインドタッチは無理なのでmbookも当然ながら厳しい。キーボード付きPDAが一回り大きくなったサイズなので手で持ちつつ打つなら親指打ちが便利なようです。

レポ中のcowon S9のUSBケーブルですが、USBケーブルで充電できてしまうそうです。以下ブログ参照。究極のコンパクト充電器ですね。小型のUSB変換ACアダプタが使えるとさらに便利そうですが...この辺は要人柱。
 → eDiho's Memogram blog UMID mbook M1 USB 充電 (TTA 20ピン ケーブル) その3
 ⇒ USB小型ACアダプタ AIR'S

AKJ-FOMA3 USB変換ACアダプタこれはFOMA充電用のUSB変換アダプタ AKF-FOMA3

筐体は初期の頃はバリが取れていないという話もありましたが、まろうどさんの手元に来たのは特にそういった粗さは見られず。大手メーカーではあり得ない話かもしれないですが、勢いで販売してしまえるところが非大手の強みかもしれません。しかしウォン安もありますが、6万円台というのは安い。
 → 蹴茶: ついにフルWinが電子手帳サイズで実現 mbook-M1 2009.3.12

日本の他のメーカーにも頑張って欲しいというまろうどさん。先日の新型Mebiusがこういった製品であれば大ヒットしたように思うのですが、ヘビーユーザーが好みそうな製品は最近優先順位が低いですね。 [2009-6-18]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

mbook M1  seina さん

>> UMID

 No. 2923

◆ 購入のきっかけと価格
夏のボーナスが予想よりも良かったため、勢いで買ってしまいました。
丁度、Viliv S5 の予約が始まった時だったため、かなり迷いましたが、最終的にはこちらを選びました。
Gmarket にて、 SSD 32GB で OS が Linux のモデルに、予備のバッテリーと革のケースをつけて、約 65,000 円でした。
なお、OS は予備のパッケージ版 XP Pro に入れ替えましたので、総額 10 万円ほどかかったことになります。

◆ 体感速度の変化
LOOX U/B50N に比べると、OS やアプリケーションの起動などは早くなりました。
(OS の起動は 30 秒程度でした)
なお、アプリケーションのインストールやファイルのコピーは、LOOX U/B50N の方が数倍早いようです。

◆ 液晶の質
LOOX U/B50N よりも綺麗に感じました。
なお、視野角は広くありませんが、複数で画面を見るような PC ではないため、覗き見されにくいことが逆に利点になる気がします。
(電車の中で使っていると、結構視線を感じました)

◆ キーボード:配列やタッチ
タッチタイプには無理がありますが、幅が狭いため、親指タイプが無理なくできます。

◆ サウンド
スピーカーの音は予想よりも良く感じました。
少なくとも、LOOX U/B50N よりはいい音が出ます。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
多少安っぽい質感ですが、問題ない程度だと思います。
コネクタは miniUSB と microSDHC スロットのみで、物足りなく感じます。
なお、miniUSB を USB に変換するためのアダプタは付属していました。

◆ 排熱:筐体の温度
OS のインストール時はそれなりに熱くなりましたが、それ以降は負荷が掛かってもあまり熱くなりませんでした。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
ほぼ無音です。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
他とは比較できない軽さです。
(実測で約 340g とカタログ値よりは重いです)
バッテリーでの稼動は、2D ゲームの実行で 3 時間以上持ちますので、十分だと思います。
AC アダプタは重めだと思います。
なお、付属アダプタのケーブルは、国内用コンセントに刺さらない形状ですが、めがね型ケーブルなので、国内用ケーブルの入手は難しくないと思います。

◆ その他
この PC を入手してから、LOOX U/B50N を起動することがほぼなくなってしまいました。

◆ 総評
Vaio U50、LOOX U/B50N と小型の PC を所有してきましたが、初めて満足する重さの小型 PC に出会いました。
(Vaio U50 と LOOX U/B50N も通常の PC に比べれば軽いですが、両手持ちで数時間使うと疲れます)
いくつか不満点がありますが、この重量であることを考えると許容できます。

軽いXPとはいえ、コンパクトモバイル機でも30秒で起動する時代に。うーん凄い。CPUは高速ではないのですが、ストレージがSSDというのが大きいでしょうか。レビューのCrystalDiskMarkを見る限り高速とは言い難いSSDですが、それでもHDDよりランダムアクセスに向いているのが起動時間短縮に貢献してる模様。

この小ささだと手持ちで操作できますし、液晶の視野角はよほど酷くなければseinaさんの仰るとおりあまり問題にはならないでしょう。電車で視線を感じたというseinaさん。どの程度の人がPCだと認識できたしょうね(^^; マニアの中では有名とはいえ一般にはほとんど知られてないですし、新しいnintendo DSか何かと勘違いされてそうです。

フルWindowsモバイル機の何よりの利点は普段使っているフリーウェアやツールがそっくりそのまま持ち出せることにあると思いますが、mbookは他社に先行してその理想を7割、8割方実現してしまったモデルやもしれません。これにPineviewを載せてさらに薄型化、SSDの進化による高速化と大容量化、WiMAX搭載で理想形態となりそうです。 [2009-8-24]

その他のレビュー 2

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > mbook M1ユーザーレビュー