HOME > レポート一覧 > MSI CR500ユーザーレポート

MSI CR500

MSI CR500

■ 評価点平均

3.8

MSI CR500。チップセットにはNVIDIAのグラフィック統合チップセット「MCP79MVL」を使用している。CPUはCeleronのみが設定され、5万円を切る実売価格を想定。安いながらもHDMIコネクタを搭載している。
 天板は「フイルムプリントテクノロジ」と称しているおそらく加飾フィルム加工と似た処理がされている。
 → 日本写真印刷の加飾フィルム

長所・短所

GOOD   BAD
1 液晶 2
キーボード 2
1 騒音・ノイズ 1
筐体の質感
3 発熱処理

型番

■ 2009年10月
C50T30-HPBS Celeron T3000, 2GB, Win7 32bit

■ 2009年12月
C50T31-WSBS Celeron T3100, 2GB, Win7 32bit

■ 2010年2月
C50T31-HUBS Celeron T3100, 1GB, Win7 32bit

■ 2010年8月
C50T33-HUBS Celeron T3300, 1GB, Win7 64bit

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

MSI CR500  なおちん さん

>> MSI

 No. 3059

  • 長所: 熱処理
  • 短所: 騒音
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 4.9 5 4 4.9 5.7 4

◆ 購入のきっかけ 価格
お店に行ったらいつの間にやら買っていた。
4万9千円(2GBメモリ込み)

◆ 体感速度の変化
セロリンあなどりがたし。
Core2Duo T7200と比べても反応などの差異は感じません。

◆ 液晶の質
上下の視野角が狭く感じます。

◆ キーボード:配列けやタッチ
以外と使いやすい。
テンキー付は初めて使いましたが便利。

◆ サウンド
かなり悪いと思います。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
質感は価格なりですが、天板だけは気合が入ってますね。
パームレストは少し成型時の歪みがありますが天板はきれいなもんです。

◆ 排熱:筐体の温度
廃熱は良好です。
膝上で使っていても熱いと感じることはありません。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
常時ファンは廻っていますが、耳障りではありません。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
見た目の大きさよりは軽く感じます。
この程度(ACアダプタと合わせて3Kg弱)なら持ち運びも苦になりません。

◆ その他
5万円を切る価格これにつきます。
スコアの表示はメモリを4GBにHDを500GBに換装した後のものです。

◆ 総評
コストパフォーマンスがかなりいいと思います。
しかし、取説やガイドがちゃんとしたものが付いていないので注意が必要です。

天板だけ気合いが入っているというなおちんさん。フイルムプリントテクノロジという技術で成型されているようです。メーカーの想定価格が5万円以下というモデルなので、液晶の上下視野角などはやむを得ないですね。 [2010-1-19]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

MSI CR500  龍弥@ さん

>> MSI

 No. 3211

  • 長所: 騒音
  • 短所: 液晶
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 4.8 4.9 4 4.9 5.8 4
CrystalDiskMark 3.0
 ReadWrite
Seq.70.7469.03
512k25.7826.82
4k0.340.747
4k320.760.788
型番
FF11v3 高解 2811

◆ 購入のきっかけや価格
メインPCがお亡くなりになったので、手ごろなPCを探してるとこれに。
購入価格は44000円

◆ 体感速度の変化
セレロンでも馬鹿に出来ないなと。
Athlon 64 X2 4200+と大差ない気がします。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
視野が狭いっすorz

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
配列はデスクトップ使ってた方でも問題なく使えるかもです。
マウス派なのでタッチパッドは使ってません。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
USBスピーカー等推奨です。
デフォだと最悪な音質。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
天板だけは気合入ってますね。天板だけは。
USBの配置がちょっと。

◆ 排熱:筐体の温度
廃熱はかなり良いと思います。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
冷却ファンは全く気になりません。
光学ドライブもそんなに気になるような音でもありませんね。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
見た目より軽いです。
持ち運びも苦になりませんね。

◆ その他
自分でMemoryを増設すると保証が切れてしまうのがあれです。
保証が切れてしまったので、CPU載せ換えとかしてみたいと思います。

◆ 総評
欠点とか色々ありますがどれも我慢出来る範囲内で、5万円弱で買えて満足ですね。

静粛性は良好なものの、液晶や音質はちょっといまいちという龍弥@さんからのレポートです。最近は台湾系のモデルでもたまに液晶が綺麗な当たりのモデルがあったりしますが、多くは国内メーカーの肩書きが付いた液晶と較べると見劣りすることが多いです。本機もそんな感じの様子です。 [2010-5-18]

  •  エミル・クロニクル・オンライン (C) 2005 BROCCOLI / GungHo All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  RagnarokOnline (C) 2005 GangHo All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  ラテール (C) 2006 Actoz Soft. / Gamepot All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

MSI CR500  ごりお さん

>> MSI

 No. 3251

  • 長所: 熱処理
  • 短所: 液晶
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 4.9 4.9 4.2 4.9 5.6 4.2

◆ 購入のきっかけや価格
自作の予算がどんどん減ってしまい、ならノートでいいやと

◆ 体感速度の変化
家の自作PC(celeron winXP)
からの乗り換えです。ノートで5万円…と思ってたらやられました。
十分に速いです。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
輝度、発色はいいと思うのですが、上下の視野角がとにかく狭いです
ほぼ垂直にみないといけません。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
右側の一部のキーが小さくなっていますが、元から長文は打たないので問題ないです。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
この値段なら十分じゃないかと…俺の耳が貧弱なだけかもしれませんが。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
天板は気合入っていて高級感があります。
それ以外も特にふにゃふにゃしてる感じはないですね
まあノートはあまり触れていない素人の感想です。
USB配置は特に使いづらいとは感じません。

◆ 排熱:筐体の温度
排気口は常に熱いと温かいの中間くらいです。一応クーラーを買いました。
それ以外の場所は熱を感じません。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
光学ドライブの読み込みはそこそこの音がします。が落ち着くと気になりません。
冷却ファンもCPUが高負荷にならない限りぜんぜん気になりません。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
15.6inchにモバイル性は求めません
アダプタは普通じゃないでしょうか。

◆ その他
独立GPUがあるのでちょっとだけ期待していましたが、やはり無いよりはマシ、レベルでした。それと重たいページを見ると結構無線LANが落ちます。
普通なんでしょうか?

◆ 総評
メモリーを4GB HDDを500GBにしても総額55,000円ほどです。
CPはいいほうだと思います。
細かい所に不満は多少ありますが、言い換えれば全体的にはしっかりと考えられたPCだと思います。

そういう時代になったのかとしみじみ思った「自作よりノート」というごりおさんコメント。以前は自作(デスクトップ)の方が安くて、ノートは割高だったのですが、いまでは型落ちなら新品で3万円台。中古ノートならさらに安く売られており、液晶、ケース、各パーツと揃えなければならない自作機の方が高くつくようになってしまいました。

無線LANが落ちるのはあまり普通ではないと思います。回線に負荷をかけて無線LANだけ落ちるのであれば、無線LANモジュールが熱暴走しているのかもしれません。無線LANチップもかなり熱くなります。もしモジュールが底面にあるのなら、底面に風をあてて確かめてみては。冷却強化で症状がおさまるのなら、その後は冷却台で常時冷やすのがてっとり早い対策だと思います。 [2010-6-22]

  •  モンスターハンターフロンティア (C) 2007 カプコン All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

CR500  買い物依存症 さん

>> MSI

 No. 3384

  • 長所: 熱処理
  • 短所: キーボード

◆ 購入のきっかけや価格
改造ベースのマシンが欲しかったので購入。
送料込みで40466円でした。
改造用に購入したので値段に不満はありませんが、4万円台のノートの中ではコスパは悪いほうです。

◆ 体感速度の変化
今のモデルは標準メモリが1GBなので標準状態ではとてもまともに使えません。
メモリの一部はVRAMにUMAで持っていかれ、残りはOSだけでメモリを全部食っている状態です。
Windows7モデルですが、IEを起動するだけでスワップします。
OSの変更もしくはメモリ増設が必須かと思われます。

ビデオ性能は思いのほか悪くないですが、それでも780Gあたりと比べると6割〜7割程度の性能です。
再生支援の機能もAMD系に比べると弱いようです。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
発色はなかなか良いです。ムラも少なく、LEDのおかげかバックライトもかなり明るいです。
上下左右共に視野角はかなり狭いですが、4万円ノートとしてはこんなもんでしょう。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
15インチクラスのノートですが、テンキー付です。
タッチは悪くないですが、配列は微妙に変です。
→キーはテンキー側に入り込む形で配置されています。
DELキーはテンキー側の右上から3番目の位置にあり、押しにくいです。
右ENTERおよびシフトキーは縦に細く、一見使いにくそうですが、個人的には特に問題なく使用可能でした。
Fnキーは左下(Ctrlキーの左)です。

他はともかくDELキーの位置だけはなんとかしてほしかったなあ。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
内蔵スピーカーの音は悪いです。
4万円前後のノートの中でも最低に近い音質ではないかと思われます。
CR500に比べると手持ちの携帯電話(904SH)のスピーカーの方が何倍も音が良いです。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
海外メーカーらしい質感です。Acerのようなタイプを想像していただければいいかと。
最近では少なくなった、後ろにAC入力やUSB、モニタ出力が配列されているタイプです。
USBは背面に2個、右に1個の合計3個で、少し少ないです。
eSATAポートはありません。

◆ 排熱:筐体の温度
特に気になりません。
熱処理が優秀なのか元々の発熱が少なめなのかはわかりませんが、熱に関しては優秀かと思われます。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
負担をかければFANはまわりますが、通常時はFANの音はほとんど気になることはありません。
動作音に関しては優秀です。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
見た目の割には軽いですが、A4ファイルサイズなのでモバイルには使えないです。

◆ その他
裏蓋のシールを剥がすとメーカー保証対象外になるそうです。
メモリ増設、HDD交換にはシールを剥がす必要があるので、増設を考えてる方は注意です。
とはいえ、改造しないとまともに使えないスペックなので、メーカー保証は実質無い物と考えて購入するのがいいかもしれません。
なお、今回の購入品は裏蓋が浮き気味で、最初からシールが傷んでいました。
シールは細い物なので、この状態では改造しなくても、使用しているとまず破れるかと思います。
この時代にメモリ増設だけで保証対象外になることもアレですが、シールを貼るのであればもう少し考えて欲しいものです。

ちなみに私が知ってる限りメモリ増設程度で保証の無くなるメーカーはMSI以外ありません。
(ショップブランド除く)

◆ 総評
改造ベースにするには色々良いノートですが、
標準状態での使い物にならなさ(メモリ1GB)と、保証および値段の事を考えると、普通に使うのであれば全くオススメできないノートです。
4万円出すのであれば、他メーカーでもっと良いノートが買えますし、少し上乗せするだけでi3やi5のノートも購入できます。

スペックのバランス、値段、保証を考え、3点くらいが妥当な点数かと思います。
改造ベースとしては優秀なので、中級者以上向けのメーカー保証の無い改造ベースPCとして購入するべきです。

発売当初のCR500はメモリ 2GB仕様でしたが、その後何度かCPUやHDD、メモリ容量などを変更しており、現在はメモリ 1GBになっています。Win7はVistaよりメモリ効率が良くなり少ないメモリでも軽快に動いてくれますが、それでもさすがに1GBは厳しい容量です。
 → メモリー消費が減少,単純な演算処理はXPやVistaと大差なし - Windows 7製品版の実力:ITpro

ITMediaのレビューなどでは換装のしやすさにも言及していましたが、実際は裏蓋に封印シールが貼られているとのことで、換装のハードルは別の意味で高くなっています。シールを破ると保証対象外に。うーむ、デフォルト1GBで換装を禁じられているのは痛い。不良メモリを勝手に増設されてサポートに駆け込まれても困るというのもわかりますが。ちなみにMSI公式サイトには『※メモリの増設は、必ず販売店様にご依頼ください。』との記述があります。

背面に端子があるモデルは最近ではかなり珍しくなっています。頻繁に持ち運ぶ場合は側面コネクタの方がケーブルの抜き差しがしやすいですが、据え置きだと頻繁な抜き差しもしないので邪魔にならない背面の方が便利なことが多いです。 [2010-10-11]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

MSI CR500  であ さん

>> MSI

 No. 3440

  • 長所: 液晶
  • 短所: キーボード
3DMark06 4386
FF11v3 高解 1277

◆ 購入のきっかけや価格

アマゾンで安くなっていたので…ネットを見ると改造記事とかもたくさんあってちょっと萌えました

◆ 体感速度の変化

7812jFXに比べるとやっぱりもたつきがありましたがCPUをT3300→T9550、メモリー4GBに変えるとそこそこ動くようになりました
AfterBurnerでGF8200MGのコアクロックやシェーダークロックをOCできるようですが上げてもあまりグラフィック性能は伸びません
NVIDIAの最新ドライバーをインストールしてからOCの伸び代が低くなったような気がします

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など

液晶はLGの1920×1080のものに変えました
最初はAUOの液晶を注文していたのですが在庫がないということでLGの同等品が送られてきました
視野角は左右はかなり有りますが上下は狭いです
最近のLEDパネルはどれも上下視野角が狭いですね
グレア液晶が好きなのでグレアを注文しましたが、ノングレアの液晶も注文できます
注文した店はE-HANDSという店で品揃えもまずまず、納期も3日くらいで届きました

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド

キーボードはお世辞にも良くないです
裏板に両面テープで貼りつけてあったのですが一部凹んでいたのでキーボードを外して整形しなおして戻しました
そうすると今度は少し浮き上がってしまいキーを打つと少したわみます
             
◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など

スピーカーは一応ステレオです
音はまぁノートですね
音量をあげるとホワイトノイズが乗ります
Realtek HD オーディオマネージャーで音場をいじると少しは聞ける音になります

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置

筐体の質感は安物そのままです
強度は度は十分ありますがベアボーンのようにいろいろいじれるので開けたり占めたりしているとやっぱり筐体が歪んできます
左側面にはカードリーダー、ExpressCard/34スロット、マイク端子、ヘッドホン端子があります
右側面には一番手前、腕の当たりそうなところにUSB×1、DVDドライブがあります
背面にはUSB×2、HDMI出力、D-Sub15出力、電源コネクタがあります

◆ 排熱:筐体の温度

Cel T3300→C2D T9550に変えて少しTDPが上がってるとは思いますが標準のCPUファン(チップセットとCPUがヒートパイプでつながっていて、そのヒートパイプが放熱フィンにつながっています。それを冷却ファンで排熱しています)だけで十分排熱出来ています
左側面から温かい風が出ますが、ファンの音質としてはうるさくないです
パームレストやキーボードにも嫌な熱は伝わってきません
BIOSでIntel Speedstepを有効にすることでT9550のクロックが1.5〜2.7GHzまで可変しますのであまり熱くならないのかもしれませんね(標準のCerelonではspeedstepが効きません)
ハードウェアモニターで見るとCPUは38℃、GF8200MGは40℃、チップセットが48℃くらいです

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ

上にも書きましたがspeedstepのおかげで高負荷状態にならないとファンは最大で回りません
普通の状態では静かに回ってるって感じです
光学ドライブもそんなにうるさくはないです
DVDはLG電子のGT32Nという型番です
HDDはWesternDigitalのWD3200という320GB,5400RPM,キャッシュ8MBのものが積んでありました
これも余りうるさくはないです

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど

モバイル性は有りません
ACアダプターは65Wの普通のものです
バッテリーは6セルのものです
何時間持つのかはわかりません

◆ その他

いろいろ手を入れることのできるベアボーンみたいなノートPCです
その分お金がかかりますが…
本体が39800、メモリー3000、液晶20000、CPU10000くらい・・・
最新型のノートPCを買うほうがC/Pは優れてるんでしょうね
15インチで1920×1080の液晶のPCをもっと出してくれるといいんですけど

◆ 総評

いろいろ楽しめました
電子工作というほど難しいこともなく、先達の情報がいっぱいあるのでほとんど困ることなく換装できました
もうこんなPCが出ることはないと思いますので記念です
あとはBT内蔵するか、BDドライブに換装するか、ですね^^

ほぼアップグレード前提でCR500を入手されたであさんから改造レポが到着。メモリ増設や、CPU換装まではよく行われていますが、液晶の換装となるとハードルが途端に高くなります。そこは‘先達の情報’を有効活用し見事クリアされています。それにしても確かに改造情報が多いモデルですね。

CR500は元来 15.6型(1366×768)のパネルを搭載していますが、これを1920×1080にまで高解像度化。ほぼ別物化してます。レポ中のショップはおそらく以下のお店かと思われます。海外には以前からありましたが、国内でこれだけ幅広く扱っているお店は珍しいですね。
パソコンの故障、修理と部品販売のイーハンズ

キーボードは固定テープをやりなおしてもよくならず。バリバリ使うメイン機としてはやや問題ありですが、こういったベアボーン的なモデルにキーボード品質まで求めるのは少々無茶な話ではあります。

関連ページ
 → MSIノートPC CR500ノートPC改造計画 [2010-12-25]

その他のレビュー 5

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > MSI CR500ユーザーレビュー