HOME > レポート一覧 > MSI GT640ユーザーレポート

MSI GT640

MSI GT640

■ 評価点平均

評価無し

15.4型で1680x1050の解像度をもつモデルです。15型クラスだとWXGA+やフルHDのモデルが多いのでちょっと珍しいですね。GPUは「GeForce GTS 250M」。ExpressCard54スロットがあるように見えますが、仕様表には記載がない。

長所・短所

GOOD   BAD
液晶
キーボード
騒音・ノイズ
筐体の質感
発熱処理

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

MSI GT640  Pochi さん

>> MSI

  No. 3268

   

◆ 購入のきっかけや価格
急遽Windows7の環境が必要になってしまい現在使用中のPC-LR5009D(LavieRX)では荷が重過ぎるだろうと思い買い増しすることになりました。
必須条件として
―杜2kg台後半以下
SXGA+以上の画面解像度
3杏GPU搭載
ExpressCard54スロットがあること
ネ住15万以下
を満たすものを物色していたが色々迷った挙句GT640に決定しました

◆ 体感速度の変化
OSの違い(XP、Win7)に戸惑っている状態でまだ評価は難しいです

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
グレア液晶ですが映りこみはそれなりにあります
視野角は正直あまりよいとは言えません(特に左右)
発色は明るい為かやや白っぽい印象を受けました
自分的にはLavieRXからの移行でも十分許せる範囲です

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
キーボードの触感は明らかにRXの方が上です
ややフニャフニャ感がありあまり自分好みではありません
タッチパッドはボタン部分が筐体の切れ込みによってボタンの代わりとしているため強度にやや不安を感じます
マウスは必須でしょう

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
未評価

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
USBが左右に1つ
DVD、イヤホンが左
HDMI、ACが後部右側
その他全て右側に集中してます
質感はプラスチックのためそれなり
強度は変なたわみもないので問題ないです
カード類のスロットは全てダミーカードが挿入されていました

◆ 排熱:筐体の温度
筐体底右上1/4のエリアがもっとも熱くなります
キーボード側はあまり熱くなりません
今のところ冷却台の必要性はあまり感じませんが
これからの季節、負荷作業を連続で行う場合は冷やした方がいいかもしれません

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
ファンが回ればそれなりに音はしますが思ったより静かでした
全開の場合はむしろRXの方が煩い位です

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
ぎりぎり許容範囲だと思います
ACアダプタはさすがに大きいです

◆ その他
カタログではHDDは7200回転500GBとスペック表示されていましたが
私のものはWD製5400回転500GBのものでした
SSDに換装予定なのであまり気にはなりませんが一応
それと何故かどこも販売店の表記ではExplessCardスロットは無い事になっていますがちゃんと付いているので心配なく

◆ 総評
肝心の3Dゲームは最近ほとんど遊ばなくなってしまったので評価できずに申し訳ありません
ギリギリ持ち運べる重さの範囲で、広い画面、パワフルなCPU、GPU、など旧LavieRXのコンセプトに惹かれていた自分にはよい買い物でした


------------------------ 2011.3.3 追記 ------------------------

仕事上どうしてもWin7で運用しなくてはいけないソフトがあったので渋々使用していましたが
その必要も無くなった為、保証は無くなりますがXpの導入及びパーツの交換に思い切って踏み切る事にしました。

CPU:720QM>640M(正規版の中古品)
メモリ:4GBx2の8GBに交換(DDR3 SO-DIMM安くなりましたね)
GPU:GeForce GTS 250M>Mobility Radeon HD 5870(MXM3.0B規格品を流用、ヒートシンクは姉妹機のGX640用のものを保守部品にて個人輸入)
HDD:500GB HDD>Intel製80GB SSD
各種Xp用のドライバはチップメーカー製のものを使用。
GT640固有機能のドライバは過去のMSIのCore2世代のGTシリーズの製品のドライバが流用出来ました。(クロック変更機能のみ動作不可能)

結果ですが問題なく無事動きました。
GPUのパワーアップに伴い発熱が心配になりCPUのグレードを落としたのですが発熱が凄まじいです。GPU-Zにて詳細を見てみると5870が常時フルスピードで動作しているみたいです。
仕方がないので通常時はクロック変更ツールにて5870のクロックとメモリ速度を落としています。BIOSによる影響が考えられるので何とか出来ないか色々と考えています。

一応パーツ変更が上手くいったのですが個体差やBIOSの違いにより必ずしも上手くいくとは限りません。参考にする際はあくまで自己責任でお願いします。

NECからMSIということで液晶やキーボードの変化が気になりますが、Pochiさんの印象では液晶は許容範囲の変化、キーボードはあきらかにRXの方が上とのこと。PC-LR5009Dは2004年5月の発売モデルですが、6年前と今ではPCにかけられるコストがまるで違うので、ある程度はやむを得ないところではあります。性能面ではムーアの法則によりローコスト、ハイパフォーマンスにレベルアップしています。ただOSが変わったこともあり、まだ慣れておられないとのこと。 [2010-7-4]

換装に伴いクロック可変(PowerPlay機能)が無効になっています。以前は工場出荷状態のノートでもよく見られた現象ですが、最近は原因究明が進んだのか滅多に見なくなりました。グラフィックスドライバ(Catalyst)の更新程度でなおればいいですが、そうでないとちょっとやっかいです。

Pochiさんが書かれているように自助努力での対応になるので安易に真似はしないでくださいね。 [2011-3-4]

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > MSI GT640ユーザーレビュー