HOME > レポート一覧 > MSI GX640ユーザーレポート

MSI GX640

MSI GX640

■ 評価点平均

評価無し

15.4型という中型ボディに「MobilityRadeon HD 5850 (GDDR5 1GB)」という非常に高い性能のGPUを載せたゲーミングモデル。筐体はGT640と一緒。

長所・短所

GOOD   BAD
液晶
キーボード 1
騒音・ノイズ
1 筐体の質感
発熱処理

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

MSI GX-640  Shearer さん

>> MSI

  No. 3305

  • 長所: 筐体
  • 短所: キーボード
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 6.8 5.9 7.2 7.2 5.9 5.9
3DMark06 11691
FF14 低解 2862

◆ 購入のきっかけや価格
以前使用していたVGN-SZ93NSのワイド保証が切れたことと、昨今の円高があいまって予備の必要だと勝手に納得して個人輸入に踏み切りました。

本体価格$1099+輸送費$140=$1240
その時点での通貨換算で日本円にすると約11万3000円程。

◆ 体感速度の変化
あまり変わりません、ちょっと早くなったぐらいです。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
液晶の輝度は低めですが、視野角は一般的なレベル。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
変態仕様です。
FnとCtrlが逆?だし、テンキーを載せたせいでBackspace,Enter,Shift等が縮小されています。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
ノートにしては良いですが、ヘッドフォン経由ならSoundRealityの勝ちです。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
全体的にプラスチック感はいなめませんが、強度的には問題ありません。
無駄な努力といってはあれですが、高級感をだすために「アルミ風」仕上げになっていたりします。

◆ 排熱:筐体の温度
熱いです。
15インチの筐体にCorei5とM.Radeon5850なので当然でしょう。
右奥からでてくる熱風でコーヒーぐらいなら保温できそうです。
CPU・GPU共にグリスを塗り替え、GPUは電圧も下げましたが負荷をかけると凄いです。

 CPUGPU
アイドル時  40℃付近  50℃付近  
高負荷時  60℃後半80℃前半

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
熱風が排出されるものの、ファンの音自体はそこまで大きくありません。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
2.7kgなのでぎりぎり持ち運びは可能な範囲でしょうが、バッテリーは筐体から飛び出ているし、ACアダプタに至ってはレンガもどきです。

◆ その他
個人輸入はやはり怖いですね。ポチった後に購入先の評判を確認するという手抜かりがあり、しかもその結果過去に何件か問題があった業者である事が判明。
Paypalでの支払いだったので45日間保証で最悪なんとかなったとは思いますが、衝動的に買うのは色々な意味で危険ですね。

◆ 総評
Anandtechにもレポートが上がっていますが、GX640の最大の長所はコストパフォーマンスの高さでしょう。キーボードは変態仕様だし、バッテリーは突き出しているけれども、この値段でこの性能なら自分は満足です。

円高を利用しての個人輸入に踏み切られたShearerさんのレポートです。冷却をしっかり行うためにCPUとヒートシンクを密着させるグリスの塗り替えを行っておられます。PayPalの払い戻し保証は初めて知りました。クレジットカードのような保証サービスがあるのですね。
 → 払い戻し保証 - PayPal [2010-7-29]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

MSI GX640  Shearer さん

>> MSI

  No. 3539

3DMarkV 9529
3DMark06 13587
FF14 低解 4068

SandyBridgeも発売されCorei5では物足りなくなったので、ebayでESのCorei7 840QMを購入してみました。「Q3ESステッピングでOEM品とほとんど一緒だよ!QS品だからこれ安心アル」との謳い文句に負けた形です。

やはりプロセスルールが45nmに戻ったからなのか、クアッドコアの影響なのか、発熱は結構増えました。Corei5 450M との比較だとセンサー読みで5℃〜10℃ぐらい違います。そもそもTDPが10W違うので当たり前ではありますが。

そしてやはりES品、HWinfo32ではEIST動いてないよと言われたりもします(実際は動作しています)。人柱的な要素が駄目な人は正規品を買いましょう。

ちなみに本機種MSI-GX640ですが、買った時に搭載されているメモリーがDDR3-1333に対応していたりします(corei5モデルもです)。なので都合メモリーもアップグレードしたような形になり、体感速度はアップ!!・・・・せず。


悔しかったのでオーバークロックして色々ベンチを取ってみました。

GPU@800mhz Mem@1100mhz Vol@0.975v

3DMarkVantage 9529P
3DMark06 13587
FF14 Low 4068

デフォルトのbios設定だと1.05v駆動なので電圧を戻せばもう少し性能を搾り出せそうです。

余談ですが、無線LANもIntel WiFi 5100からIntel WiFi 6200に換装。我が家だと5100はたまに切れるのですがが6200では改善しました。

「Core i5が物足りない」ことと、謎の囁きが換装動機となったShearerさんからのレポートです。一時期は『ヘビーユーザーにとっても性能はもはや飽和状態に近いのでは』などと思ったりしていたのですが、Chromeブラウザを使うようになってからちょっと考えが変わりました。IEやFirefoxも高い性能はありがたいですが、Chromeは特にPC性能と利便性の伸びがリニアに密着している気がします。パソコンのパワーがあればあるほど快適です。GmailやReader、Evernoteのようにアプリケーションのプラットフォームになって来ていることもそれに拍車をかけています。
 → EvernoteのWindowsクライアントが重いので、Chromeを使ったら快適になった | フリーソフト,Windows PC活用情報局

ES(エンジニアリングサンプル)品ということで、ユーティリティから正常認識されていません。認識されないだけでちゃんと動いているそうですが、EISTが効かないと負荷問わず発熱しまくることになるので大変です。無線LANモジュールも換装しています。
 → WiFi Link 5300
 → WiFi Link 6200 [2011-4-24]

その他のレビュー 2

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > MSI GX640ユーザーレビュー