HOME > レポート一覧 > Endeavor NT9500Proユーザーレポート

Endeavor NT9500Pro

Endeavor NT9500Pro

■ 評価点平均

87.7 4.3/5

Inspiron 9400、LaVie RXなどと共にCore Duoの先陣を切ったNT9500Pro。9400やGeForce Go 7800GTX搭載のショップ系ノートは大きすぎるというユーザーの支持を集め、ノートランキング上位に一躍おどり出ました。
搭載するGPUは2006年のミドルレンジを担うMobilityRadeon X1600。筐体設計はこれまでのエプソン機同様、おそらく台湾ASUS社から供給されたOEM/ODMモデルと思われます。USBが4つ固まっているのはちょっと使いにくいですが、GigabitEthernet、DVI端子などを備えヘビーユースにも耐えうる仕様です。

長所・短所

GOOD   BAD
4 液晶 8
1 キーボード 4
7 騒音・ノイズ 1
7 筐体の質感 1
発熱処理 4

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Endeavor NT9500Pro  偽DS さん

評価 80 点 No. 886

  • 長所: 筐体
  • 短所: キーボード
3DMark05 3552
FF11v3 高解 4924

◆ 購入のきっかけと価格
半ば衝動買い+買換。デュアルコア+独立したビデオチップ搭載機を探していたところいくつか候補があったものの17インチは大きすぎる、ビブロのようなテレパソ機能もいらない、バイオSZと9500Proが残ったもののワイドでないこととグラフィック性能、そして即納可能ということでこちらに決定。構成は以下のとおりでハイスペック割引+メール登録割引で31500円安くなった。
 CPU:Core Duo T2500(2Ghz)
 メモリ:512×2
 HD:100GB
 ドライブ:DVDスーパーマルチDL
 グラフィック:M-RadeonX1600(256MB)
 モニター:15.1インチSXGA+
以上の構成で23万円ほど。

◆ 実際の体感速度
今のところあまり差を感じません。ベンチマークでは実感できますがデュアルコアの効果は微妙です。対応アプリが少ないからでしょうか?

◆ 液晶の質
それなり。明るさがある分視認性はよいと思います。

◆ キーボード
ストロークは十分ですがT43pが比較対象では悪く思えます。

◆ サウンド
AVノートには及ばないだろうがよいほうだと思います。

◆ 筐体:強度と質感
強度は特に問題なし、質感も大柄だが十分出ていると思います。
タッチパッドはおなじみ?W3Vと共通だと思われます。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
やはりUSBが4つ固まって搭載されていることが不満です。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
普通に使う分には多少熱をもつ、くらいだと思います。
ベンチマークをまわしてもさほど音は気になりませんでした。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
大きいですね。発熱は気にしません。

◆ モバイル性
その予定があるのならお勧めしません・・・。素直にバイオSZのほうがよいでしょう。

◆ その他
X1600ですが思ったほどはスコアがあがらなかったと思います。
3DMarkはともかくとしてFFベンチはもう少しいくと思いました。

◆ 総評
総合的にはよいノートだと思います。モバイルではなくデスクトップ代替で使うべき機種です。ただ現状のデュアルコアノートのラインナップでは中途半端に思えます。そこが惜しいと思います。

初MobilityRadeon X1600となる偽DSさんのレポ。評価点は80点と合格点だが、ベストではないといった感じの点数を付けられています。レポート中でもいくつか不満点が挙げられており、冷却ファン音は気にならないそうですが、キーボードのタッチ、USBコネクタの位置取り、などが問題ありようです。ミニノートならともかくあの筐体サイズならUSBの位置程度は変更しようと思えばできると思うのですが、エプソンは自社生産ではないのでその辺の融通が利かないのかもしれませんね。ノートの多い日本はおそらく部類のUSBユーザーが多い国ではないかと思ったりしますが、今後のモデルではぜひあちら(ASUS?)に注文を付けて欲しいですね。GPU修正しておきました、すみませんでした>偽DSさん [2006-2-4]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Endeavor NT9500Pro  桐生 さん

評価 80 点 No. 896

  • 長所: 騒音
  • 短所: 液晶
3DMark05 3553
3DMark03 6383
FF11v3 高解 4951

◆ 購入のきっかけと価格
今までThinkPadT42をメイン及び持ち歩き用に使っていたんですが、昨夏にLet's note CF-W4を購入したので
今後2年ほどメインで使えるノートが欲しくなったので購入しました。
何よりクーポンに当たったのと納期が大きな決め手でした。
特に納期は旧正月休みで出張先の中国から日本に帰っている間に入手するために重要視しました。

 CPU T2500(2GHz)
 MEM 2GB
 HDD 100GB
 液晶 15型(SXGA+)
 DVD スーパーマルチドライブ
 無線LAN有り
 OS WindowsXP Pro(SP2)
 保険に2年ピックアップとGoldワランティ2年間

上記の構成でクーポン及びハイスペック割引を使って送料、税込みで287,595円でした。

◆ 実際の体感速度
現時点でT42と比較して速いと実感した事は殆ど無いです。
3Dのゲームをすれば勿論違いが出ると思いますが、ゲームは2Dの物がメインなので殆ど違いが分かりませんでした。
今後デュアルコア対応ソフトが増えてからですかね。

◆ 液晶の質
正直液晶は期待してませんでした。
以前NT7000Proを使用していたのですが、私の眼にはその頃とほぼ同じ
明るさとかはそんなに悪くないんですが視野角が相変わらずな感じです。

◆ キーボード
通常使う分には特に不満点はないです。
但しT42と比較するとやっぱり落ちるのは否めませんが。

◆ サウンド
スピーカが手前下にある為か音が籠もったように聞こえました。
現在はSound Blaster Audigy2 ZS NoteBookに外部スピーカを付けてます。
そのおかげでサウンド環境はかなり改善されました。
あ、ノーマル状態もそんなに悪くは無いですよ、ノートとしては。

◆ 筐体:強度と質感
可もなく不可もなくです。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
多分殆どの方が思われると思いますがUSBが4つ固まっているのが不満です。
また背面というのも原点対象ですね。
USBをつけるのに手間取ります。最低2つは側面に付けて欲しかったです。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
ファンの音は通常作業時は殆ど気になりません。FF11ベンチ時も気になりませんでしたし。
さすがに3DMark系のベンチは結構回りましたがBGMがあれば、問題ないレベルだと思います。

発熱はキーボード及びパームレスト右側が暖かくなる程度でしたが、Sound Blaster Audigy2 ZS NoteBookを
増設後はそこそこ熱を持つようになりました。また底面は結構熱を持ちます。
成田空港で1時間20分程脚の上にソフトインナーケースを敷いての使用で最後の方は熱く感じました。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
アダプタは大きいですね。
T42よりひと回り以上大きいです。
発熱に関して全く問題ないです。

◆ モバイル性
出張先の中国にリュックサックで担いで持っていきました。
ま、そんなに歩いたり立ったりしている時間は無かったので苦にはなりませんでした。
でも毎日持ち歩こうという気にはとてもなれませんが。

◆ その他
成田空港で1時間半ほど時間がありバッテリーの持ち具合もチェックしました。
作業内容はダウンロードしたHPの閲覧と2Dのゲームで、1時間20分程使用してバッテリーの残りは23%でした。
カタログスペックで2時間半なのでこんなもんですかね。

ベンチマークをしていて3DMark05とFF11ベンチは納得いく数字なんですが、3DMark03の値が低いのがちょっと気になってます。
最初はベンチマークを取った環境が違うからかと思ったんですが、その後取り直しても同じような結果でした。

◆ 総評
M.Radeon X1600の性能がちょっと弱く感じましたが概ね満足できる買い物でした。
液晶さえもっと良くなってくれれば評価はもう少し上になるんですけどね。
あとノート自体の評価は80点ですが納期の評価を加えると90点に上がります。
今回、エプソンの納期保障サービスで本当に助かりました。

中国で仕事をされている桐生さん。わずかに帰ってきた日本で出たばかりのNT9500Proを見事ゲット。フライト後にブツが届いては大失敗でしたが、エプソンお得意の速配が活きキッチリ間に合ったとのこと。良かったですね〜 注文が深夜だったり合間に祝日を挟んだりすると、この納期保証もややずれこむことがありますが今回は問題なかったようです。液晶の視野角の狭さは、いわゆる「SXGA+の落とし穴」といわれるものでしょうか。 [2006-2-7]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Endeavor NT9500Pro  maboyachan さん

評価 85 点 No. 897

  • 長所: 液晶
  • 短所: 騒音
3DMark05 3561
FF11v3 高解 4951

◆ 購入のきっかけと価格
Core Duo搭載のノートが欲しかったからですが、結局は衝動買いです。自分でも呆れております。(笑)値段は抽選漏れでサービス価格で約27万円です。

◆ 実際の体感速度
単独のソフトでは速さを感じませんがオフイスソフトを4本ほど同時に立ち上げると確かに速さを感じますがそのようなケースはそれ程にはないように思っております。

◆ 液晶の質
幸いにドット欠けも無く、見やすいと思います。さすがにWUXGAは文字が小さく小生のような年寄りには厳しいものがあります。

◆ キーボード
まずまずでしょう。某社のような打ち易いキボードを期待しては可哀想でしょう。

◆ サウンド
期待しておりませんでしたがまずまずと思います。

◆ 筐体:強度と質感
強度はあるようです、質感はやはり安っぽく見えます。値段からして仕方が無いかもしれません。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
偽DSさんもご指摘のように4個のUSBが一箇所にかたまっているのはどうでしょうか。せめて左右どちらかにもう1個の端子が欲しいものです。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
発熱等はあまり気にはなりません。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
大きさはこのクラスのノートでは仕方ない大きさでしょう。発熱はそれなりですが気に成る程ではないようです。

◆ モバイル性
常時カバンに入れての携行はまず無理でしょう。これはと思うプレゼンに持ってゆくのがせいぜいでしょう。

◆ その他
スーパーマルチドライブですがソフトインストールの際にかなり振動します、HDDには影響はあると思います。

◆ 総評
一応は満足ですが3DMark06では1608でした。もう少しは出るのではと思いましたが。動くだけで仕方ないでしょうかね。総合的には中間にあり特色はないが無難な器械かと感じます。もう少し何かしら魅力が欲しい気がします。

さすがに15インチ台でWUXGAは細かいようです。素のままのWindowsでは10代でも^^;見にくいとは思うので、DPIの変更、デスクトッププロパティからのデザインサイズの調整は必須のような気もします。この辺を上手く調整できれば、きめの細かい、いい液晶になるのですが。あと半年ほど経てば出てくるであろうVistaでは、より高解像度の液晶を想定した作りになっているため、もう少し使いやすくなるかもしれません。最後にmaboyachanさんが書かれている「特色はないが無難な器械」という言葉がNT9500Proの特徴をバッチリあらわしていますね。それが逆に良い点でもあるように思います。 [2006-2-10]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Endeavor NT9500Pro  FFF さん

評価 90 点 No. 899

  • 長所: 騒音
  • 短所: キーボード
FF11v3 高解 4924

◆ 購入のきっかけと価格
家庭の事情により(笑)ノートPCにてFF11をプレイしています。
今まで VAIO PCG-V505F/Bにてプレイしていたのですが、混雑場面での処理の重さ、マクロの反応の鈍さなど最近気になっていました。
ワイド液晶は個人的に好きじゃないし、ノーマルでいいのがないかなーと物色していて、VAIO BX にしようかなと購入直前までいきましたが、ファンの騒音の大きさが気になり断念。
Yonah搭載の新機種を待ち望んでいたところ、自分の希望にピッタリのこちらに飛びつきました。
オンラインクーポンは見事にハズレ(笑)。「ハイスペックがお得!」にて23万円ほどで購入しました。

◆ 実際の体感速度
速いです。
デスクトップ(Pen4 3GHz)以上に感じます。
当然ですが以前使っていた VAIO と比べたら相当速いです。

◆ 液晶の質
特に気になるところはありません。
視野角とかは私は気にしないので、これで十分です。

◆ キーボード
私はちょっと非力なので、ストロークに重さを感じます。長時間打っているとちょっと疲れます。
それにFnキーとCtrlキーの位置も逆が望ましいです。BIOSにてスワップしていますが、キーボードの表記は変わらないですし、ちょっと気持ち悪いです。
あと非常に細かいことですが、”「”キーとEnterキーの間がちょっと空いていて、たまにEnterキーを押そうとしてそこを押してしまうことがあります。どうせならEnterキーで埋めてくれればよかったのになーと思います。

◆ サウンド
特に期待はしていませんが、言うならやはり低音が弱いです。無理やりサラウンドっぽく聞かせている感もあります。ただ別段不満とは思いません。

◆ 筐体:強度と質感
特に不満はありません。
がっしりしてていいと思います。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
やはりUSBコネクタの配置がいただけないですね。まとめたほうが多少のコストダウンになるんでしょうけど、ユーザ本位ではない気がします。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
キーボードおよびパームレストの部分がちょっと暖かくなります。ですが気になるほどではありません。
それよりもファンの音がほとんど聞こえないのが驚きです。FF11Benchのときも、FF11をガンガンプレイしているときも、ファンの音はほとんど聞こえません。この点は大満足です。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
結構熱くなりますが、まぁ普通ではないでしょうか。

◆ モバイル性
さすがに外に持っていく気にはならないですね。
でも家の中なら全く問題ありません。

◆ その他
気になる点をいくつか。

・クリックボタン
タッチバッドの下にありますクリックボタンですが、少々重い気がします。キーボードと同じく私の非力さ故とも言えますが、何回もダブルクリックするのは疲れます。

・解像度
デフォルトの解像度は1400x1050のようです。個人的にはちょっと大きすぎるので、1280x1024にしたら、全体的にぼやけた感じになりました。最適な解像度ではないということなのでしょうか・・・今は1400x1050に戻して使っています。

◆ 総評
概ね満足しています。キーボードとクリックボタンの重さも、じきに自分が鍛えられて慣れるでしょうか(汗)。
それよりもFF11が快適にプレイできるようになったことが大きいです。私の目的はそれでしたし、良い購入をしたと思っています。

今回の購入にあたっては、こちらのサイトが大変参考になりました。この場を借りてお礼を申し上げます。ありがとうございました。

解像度を変えると表示がぼやけてしまったというFFFさん。CRTと違って液晶はドット数=解像度なので、元々の解像度以外に設定すると例えば1.2ドットで1ドット表示しなければならないというように、煮え切らない表示になってしまいます。例外は規定の解像度の整数倍にした場合で、例えば1600×1200の液晶でなら、800×600の解像度は2ドットで1ドットと割り切れるため、綺麗に表示されることになります。不満点はやはりUSBの配置。配線のデザインはやりやすかったのでしょうけど、何とかして欲しい点ですね。エプソンお馴染みのBIOSでのキー入れ替えも健在のようです。 [2006-2-10]

  •  FinalFantasy XI (C) 2005 スクウェアエニックス All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Endeavor NT9500Pro  ya- さん

評価 95 点 No. 904

3DMark05 3595
3DMark03 6682
FF11v3 高解 5108
   

◆ 購入のきっかけと価格
VAIOノートを使い続けて現在TYPE-S PS91Sで特に不満もなく・・
‥しかし『CoreDuo』がTYPE-Sに! 早速sz90psにエントリーする!

 〜待つ〜(しかしこの間に色々な事が起きるのでした)(笑;)

・特徴のLED薄型液晶、GDP切替え、カーボンパネル・・いらないな〜とか
・当然他のCoreDuo機もチェック17インチ機はパス(大きすぎる)
・RXなかなかです 揺れ動く T2300だけだし
・うちの奥さんデスクPCが古くて不調、私のあまり使っていないデスクPCをあけ渡すことに
・蹴茶さんサイト見て今GDPも熱いー うむうむ

EPSON-DサイトでNT9500に傾く、納期は2月初〜中頃とか、EPSON-Dのノート現物は見たことないし、液晶表示がどおとか心配だ。しかし15インチながら高解像度に期待して決定
合計(キャンペーン+発売記念クーポン割引)= \346000なり
その後 szの先行予約販売は離脱、旧TYPE-Sもあるし

2月2日到着

◆ 実際の体感速度
快適!うちのデスクトップ機より余裕で
ゲームはしませんが暇なときにはゲームのデモ見たりベンチしたりです

◆ 液晶の質
NT9000の皆さんのレーポートから期待していませんでしたが
今のところドット欠けも運良く無いように見えます
WUXGAで15インチってどうだろう?でしたが EXCEL、CAD図面が広げられ視点移動も少なめでギラつく発色でなく見やすいです
全体的によく見ると軽いムラは見られるようです

ツルピカ液晶否定派としてはこれで充分満足

◆ キーボード
キーピッチ、打鍵感よいです
キーボードベースもタワまない感じです

◆ サウンド
HDオーディオのエフェクトも面白くビビリ音も無くOK
DVDも楽しめます

◆ 筐体:強度と質感
パッと見た感じ昔使っていたVAIO GR9 を思い浮かべました
シックなグレーと黒系で好感がもて、会社に持ち込みやすいです
表面にはザラツキがあり滑りにくくなっているのか?
重さも結構どっしりあり対応できる剛性もあるように思えます
ラッチ式の蓋も安心感があってよいと思います
(裏面が凸凹しているのも面白い)

◆ 筐体:各種コネクタの位置
背面にUSBまとめて4個はちょっとですね
右にもUSBの跡がありますけどBluetoothに使われているのか?
正面のCD再生ボタンはいらないですね

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
3DベンチなどやっているとキーボードF3辺りや右半分くらいが暖かくなります
今は寒いですか良いのですが夏はどうなるか!?
ベンチ中背面排気口は70℃近い熱風になっています
EXCEL等では排気口56℃程度です(室温20℃)
ファンは3Dベンチ中に強めに回っていた様ですがそれ程耳につく音ではありません

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
ACアダプターは大きめです、タバコ3つ分位?4つまではない大きさ
通常なま暖たかい位で、充電しながら使用していると結構熱くなります

◆ モバイル性
車で移動して机上で使用する用途には適しているとおもいます

◆ 総評
かなり満足!
周りに持っている人が1人だけ(笑)
新製品には見えないとこも気に入っています
ベアボーンだったとは知らなかった、パーツへのアクセスが楽で
HDD、CPUフィン、メモリーなど蓋をあけて見ました
今が旬な『CoreDuo』楽しんでみたいと思います

各パーツへのアクセスが簡単でした、というya-さんのレポート。これまでの経歴から考えると、おそらくASUSあたりのOEMかODMモデルである可能性が高く、ベアボーン的内部構造を持っているのはごく自然なことかもしれません。保障が切れてしまうという問題はありますが、将来的に簡単にパーツのアップグレードができるというのはいいことです。よく字が小さすぎると問題になる15インチでのUXGA解像度ですが、ya-さんの場合CADを使ったりすることもあり、使い勝手は良好なようです。やはりUXGAというのはユーザーさんの使い方次第で評価は大きく変わります。ワードやWeb、メールなどテキスト表示がメインであるなら必要度は下がってくるのかもしれません。 [2006-2-13]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Endeavor 9500Pro  ジャロッド さん

評価 80 点 No. 910

  • 長所: 筐体
  • 短所: 液晶

◆ 購入のきっかけと価格
この前まで使っていたVAIOGR7EのDVDドライブが故障してしまった為
価格は約24万円でした。オフィスが高いねあんまり使わないけど…

◆ 実際の体感速度
普通にインターネットをするにはあんまり変わらないかな
XPのフェードとかの効果を切って使っているので

◆ 液晶の質
液晶が青っぽいのも気になるし視野角がちょっと不満
まあ、青っぽいのは色の調整をしてマシにはなりました

◆ キーボード
VAIOはふにゃふにゃしてたのでかなり満足です

◆ サウンド
ちょっとこもるが、悪くはない

◆ 筐体:強度と質感
前のGRはヒンジ付近にひびがはいったが、この9500は頑丈そうなので満足してます

◆ 筐体:各種コネクタの位置
特に不満はない。マウスとたまにプリンターを使うくらいだから

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
ファンは思っていたよりも静かです、大満足
しかしGRの静かさは異常だったんだなと実感しています

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
ちょっと大きいぐらいであんまり気になりません

◆ モバイル性
持ち運ぶことはないので特に気にならない

◆ 総評
普段、ネットをしたり、文の入力をするには前とさほど変わらない

しかし、最近Age of Empires 3をやっているのですが(シングルプレイ)
思ったより結構動いているのでびっくりかな
でもやっぱりノートじゃ力不足ですね。当たり前ですけど…
自分はあんまりFPSとかに詳しくないので書けません

総合するとかなりいいノートだと思う。壊れるまで使い倒します。

AoE3ではやや力足らずなところがあるというジャロッドさん。蹴茶はまだ買ってないですが、時間があれば試してみたいタイトルです。バイオGRはいまでいうバイオBXのようなカチッとした雰囲気をもつ名機でした。CPUはPen3だったので、静粛性という意味ではかなりのものだったはずです。うちの職場にも今は使われなくなったGRが本棚の上、天井近くに放置されています。なかなかいいノートでしたが、液晶やHDDのへたりはどうしようもなく現役引退となりました。NT9500ProもGRと似たような雰囲気を持っていますね。 [2006-2-15]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Endeavor NT9500Pro  usagisan さん

評価 90 点 No. 912

  • 長所: 騒音
  • 短所: 液晶
FF11v3 高解 4919

◆ 購入のきっかけと価格
使用中のデスクトップはTV録画や、仕事で使うファイルサーバー状態の24時間フル稼働なので安定性を求めてゲーム類を削除することに。
ノートパソコンで、FFがしたくて購入。
23万2575円で購入。

◆ 実際の体感速度
早いです。ゲーム専用機にはもったいないぐらいです。

起動が少し遅いような気がします。
Inspiron 2200 (Cele M1.3 512MB)の方が起動が速いです。

◆ 液晶の質
注文時にワイド液晶がなかったので、ノーマル15型SXGA+にしました。
デフォルト状態では予想以上に黒色が弱いような気がします。
視野角が狭いような気がします。
ビジネス用に他人からののぞき見を防止するためなのでしょうか?
ドット欠けもなく、概ね良好。

◆ キーボード
Fnキーと Ctrlキーの位置が今まで使ってきたパソコンと比べて逆なので、個人的には使いにくいです。

◆ サウンド
低音が弱いような感じです。
・・・がノートパソコンではあまり期待していなかったので合格点だと思います。
気になる方は、外部接続のスピーカを検討してみると良いかもしれません。

◆ 筐体:強度と質感
特に問題はないと思います。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
ACアダプターとパソコンをつなげる端子が、L型なのでかなりうれしい仕様だと思います。
狭い場所ではI型の端子は意外と奥行きをとるので困っています。(私の買ったDell製のノートパソコン)

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
大変静かです。FF使用時も特に気になりません。
キーボードの上に書類を数分置いておくとかなり暖かくなるので、夏場のキーボードカバー使用時は冷却アイテム(冷却台等?)を使用するのが良いと思います。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
現在使用しているDell製のパソコンよりACアダプタは小さく発熱も気になりません。

◆ モバイル性
筐体が予想以上に薄く、カバンに入れ易いかもしれませんが持ち歩きには向かないと思います。

◆ その他
個人的にはタッチパッドとクリックボタンはもう少し下の方にあった方が使いやすいのでは?と思います。
音楽CD用のボタンを間違えて押さないように、少し上の方にあるのかもしれません。

◆ 総評
購入の決め手は、発注から商品が手元に届くまでの時間の短さでした。
前回購入のDell製のノートパソコンは約2週間近くかかりましたが、2、3日で届きました。

仮に壊れた場合もメーカーとすぐにやり取り出来そうなので決定しました。
Dell製のパソコンは嫌いではありません。
今まで2台購入したこともあり、好きなメーカーなのでノートパソコンも検討しました。
GeForce Go 7800 GTXモデルがあれば間違いなく購入していたと思います。
性能差が少ないと予想の上、Endeavorを選択。
しかしながら、コストパフォーマンスはDell社の方が上だと思いました。
時は金なり主義なので納期の短いEPSONをチョイスして満足のいく買い物をしたと思います。

納期お約束サービスが購入モデルの決めてとなったusagisan。同じBTO受注メーカーですが、海外組立がメインのデルとの差別化が上手く図れていますね。モデル問わずよく問題となるSXGA+液晶ですが、やはり本モデルのパネルも同様に視野角が若干狭く、黒のノリが悪いかもという印象を持たれています。もともとエプソン自体、あまり液晶に力をいれるメーカーではないので、液晶画質重視の人は再検討が必要かもしれません。 [2006-2-15]

  •  FinalFantasy XI (C) 2005 スクウェアエニックス All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Endeavor NT9500Pro  DUO さん

評価 95 点 No. 942

  • 長所: 騒音
  • 短所: 液晶
FF11v3 高解 4531

◆ 購入のきっかけと価格
これまで使ってきたPC(BIBLO MG50E)が調子が悪くなったための買換え。
20万円ほどでデスクトップ代替でそこそこゲームが動くような物を探していました。そこでVAIO BX、Inspiron 9400そしてこのNT9500Proに絞りました。せっかくなので今が旬のCore Duoにしようと思いBXが選択肢から外れInspiron 9400はリアルサイトで実物を見たら想像以上に大きかった事と納期の点でNT9500Proに決めました。
ちょうどBIBLO MG50Eの調子が悪く在庫×なのは不安でしたが注文してだいたい10日ほどで届きました。値段もちょうど20万円ほどでした。

◆ 実際の体感速度
かなり早いです、前PCと比べること自体が間違いかもしれませんが。

◆ 液晶の質
前のPCと比べて落ちますね視野角が狭いです。ただ一人用と考えれば問題はないレベルかな、と思います。

◆ キーボード
まだ配置が前と変わっていて慣れませんが割としっかりしてると思います。
ただダッチパッドを使う際に下のCDコントロールのボタンが少し気になります。

◆ サウンド
ノートなので期待はしていませんが今のところ満足。

◆ 筐体:強度と質感
割とガッシリとしていていい感じです。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
USBが全部後ろなのは・・・4つもあるのにもったいない。ただ前PCも全部背面なので個人的には気になりません。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
ファンはFFベンチをした際でもさほど気になりませんでした。
発熱はキーボードより上の黒色の部分が少し熱を持ちます。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
少し大きいですが発熱は気になりません。

◆ モバイル性
もし持ち運んで使うと言うのならお勧めしません。

◆ 総評
大いに満足してます。今のところ悪い点はほとんど見当たりません。
趣味(ゲーム)に仕事(論文作成)にいい相棒を得ることができました。
またその時の感想も後日報告したいと思います。

視野角が狭いということですが、やはり解像度はSVGA+でしょうか。USBコネクタは4つあるものの、すべて背面一カ所に集中しているため、直付けするようなUSBメモリを使うと不便を感じる配置になっています。その他はゲーム中の冷却ファン音も小さいとのことで、ほぼ満点に近い95点をつけられています。 [2006-3-2]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Endeavor NT9500Pro  宇宙犬 さん

評価 90 点 No. 947

  • 長所: 液晶
  • 短所: キーボード
3DMark05 3558
3DMark03 6642
FF11v3 高解 4930


◆ 購入のきっかけと価格
今まで自宅用に使っていたノートPCがおよそ8年前のモバイルPCで、何をするにも不都合を感じており、自宅へFTTHを敷設したことを機に買い換えを決意。
今後モバイル用途で使うつもりもないし、この機会だからデスクトップリプレイスとしてCore Duo搭載機で高精細液晶のものを、と検討しました。Inspiron 9400はややサイズが大きすぎ、コストパフォーマンスは圧倒的ながら購入費用はやや高くつくので、クーポンに当選したこともあって安価に感じたエプソンに決定。サポートも評判良いようですし。
前回購入した機体で1年間のメーカー保証期間後にたびたび故障し、計10万近い額を支払う羽目になった悪夢をふまえて、スペックよりサポートにお金をかけることにしました。
とは言っても
Core Duo T2500
Mem 1GB
HDD 60GB
コンボドライブ
15.4 WUXGA
無線LAN
と自分には必要以上のスペック。DVDマルチとHDDはBTO(CTO)価格の差額分で高機能ないし大容量の外付けが買えるので妥協しました。
5年ピックアップ保証+3年Goldワランティをつけ、23万4千円程度でした。

なお、購入に際してこちらのサイトのレポートや掲示板の書き込みを大変参考にさせていただきました。この場を借りて御礼申し上げます。

◆ 実際の体感速度
最近のハイエンドPCにしては起動が多少もたついている印象を受けます(評判のよろしいVAIO SZとは比べるべくもなく)。システム周りの設定をいじる際も、変更が適用されるまでの何やら間の開いた動作が気になります。
それ以外の部分、特にアプリケーションを複数立ち上げた状態での動作など非常にきびきびとして素晴らしく快適です。ただそれが単純なCPU性能の高さゆえなのか、デュアルコアならではのものなのかが今ひとつはっきりしません。これ以上はOSやアプリケーションの対応待ちでしょうか。
参考までに、3DMark06のスコアは1649でした。

◆ 液晶の質
15.4インチ液晶でWUXGA、ということで視認性についてあまり良い評判を聞かず心配していましたが、実のところ私は(強度の近視なのですが)小さい文字や画像を見慣れていたらしく、現在ほとんど問題なく使えています。正直に言って若干目は疲れやすいですが、何より一画面に圧倒的な情報量を表示できる快適性が勝ります。
個人的に小口ながら証券取引を行っていますが、複数の取引画面や表・グラフなどまとめて一画面で表示できるのが便利です。その辺の利便性はちょっとしたデュアルモニタに匹敵するかも。
ただ、デフォルト状態では色味が偏っているように見えます。青色をやや落とし気味にするとちょうどいい感じかと。
その他の要素について特に不満はありませんが、何しろ私は「明るい画面」が苦手で、正面に向かい合ってしか使わないので視野角はあまり気にしていない(意識して見ると確かに、特に上下が狭く感じますが)ということであまり他の方の参考にはならないかも。実際液晶の明度を半分以下に落として使っていますが違和感ありませんし。
ドット欠けも見られませんし、光沢液晶は個人的に好きではないのでいわゆるノングレアなのは素直にプラスです。

◆ キーボード
クリック感、ストロークの深さは特に問題なしです。Enter、BackSpace等が大きいのは好感触。
ただ、Ctrlキーが左端にないのが痛いです。Fnと逆なら良かったのですが。その他のキーも配置に慣れないせいか現在までにたびたび入力ミスを起こしており、慣れるまでに時間がかかりそうです。

◆ サウンド
スピーカーが下向きにつけられているせいなのか、若干音がこもる感じがします。低音がやや薄っぺらく聞こえるのもマイナス。
まあ、ノートの標準搭載としてはそう悪くもないし不満と言うほどではありません。

◆ 筐体:強度と質感
いわゆる高級感あるデザインとは思いませんが、機能美という意味ではシンプルで悪くないかと。底面部は各パーツへのアクセスがしやすく作られています。
また堅牢性は十分にあると思います。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
皆さん指摘しておられますが、USBの配置はもう少しどうにかならなかったのかと思います。抜き挿しの度に手探りしたり背面をのぞき込んだり。頻繁に行う方はハブ必須でしょう。
ちなみに電源コネクタが後部中央あたりについているため、コードを左側にのばすともろに排気の温風が当たります。それほどの熱量ではありませんが夏場など注意した方がいいかも。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
本体中央部から右側手前(HDDとCPU?)と左側後方(排気口部分)が若干温かくなる程度です。底面は使用中に結構熱くなるようなので、今後のために冷却パッドを用意しておこうかと思います。もっとも以前使っていた低温やけど誘発ノート(ちなみにDynaBook SSですが)に比べればすこぶる快適と言えますが。
ファンの回転音はベンチマークなどで高負荷がかかると高くなりますが、さして気になりません。「そういえば音がするな」という程度です。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
ノート用としてはけっこう大きい部類ですね。出力が90W程度、本体の最大消費電力が110W(カタログ値)ということで代替品を探すのは難しそうです。
発熱は多少温かくなる程度。

◆ モバイル性
サイズの割に薄型で作りもしっかりしているので、その気になりさえすれば「持ち運ぶ」ことはそう支障ないかと。ただ、「持ち歩いて」使う気にはなりません。

◆ その他
ポインティングデバイスについては、普段マウスを繋いでいるから気になりませんが、クリックボタンが重いのと、タッチパッドが初めてなこともあってやや使いづらく感じます。まあ、これは慣れの問題も大きいんでしょうか。

◆ 総評
本体部分の在庫×が続いているのがじれったくなり2月5日夜に注文したのですが、届いたのは15日でした。皆さんのレポートなどを見るともっと早いと思っていたのですが、私は外れ?のタイミングに当たったようです。

つらつらと細かいことを書き連ねた気がしますが、価格対性能比も含めて総合的には満足しています。また5年くらいはメインで使い倒そうと思っています。

FTTH(光ファイバー)を入れるなら、おそらくPCスペックもかなり上げておかないと宝の持ち腐れになることは必至。8年前のモバイル機となるとかなり厳しいでしょう。そこで新パソとしてNT9500Proを入手した宇宙犬さん。FTTHも十分に威力を発揮しそうです。
前モデルでサポート切れ後にトラブルに見舞われ続けたということで、今回はサポートに予算を注入。5年という比較的長期にわたって引き取りに来てくれるピックアップサポートと、通常使用の故障だけでなく、水漏れなども保証に入れてくれるGoldワランティを追加しています。
CtrlとFnキーの配置は、エプソン機であればBIOSで入れ替えが効くのでは? 一度BIOSを覗いてみてはいかがでしょうか。 [2006-3-1]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Endeavor NT9500pro  晴香実 さん

評価 90 点 No. 986

  • 長所: キーボード
  • 短所: 液晶
3DMark05 3574
3DMark03 6575
FF11v3 高解 4580

◆ 購入のきっかけと価格

Windows VISTAが出るまで使うつもりだった、デスクトップ機(DELL Dimension 8250)が、グラフィックボードのトラブルで使用不能となり、急遽購入しました。
  使っていたMachineと同等の性能は出てほしいが、高価だとまだ資金が貯まっていないので、概算20万円以下での選択で探すのに苦戦しました。
  高性能で有名な DellのInspiron 9400は、ATI MOBILYTY RADEON X1400 か 統合チップ しか選べないように仕様変更されているので、上記の条件を満たすMachineとしては、本機か NEC ダイレクトの LaVie Gタイプ Cぐらいしか選択肢が残っていない状況でした。

ゲームかオフィスソフトしか使わないので、これらにはほとんど影響のないCPUは安いものにしました。オフィスデータなども、リライタブルディスクに移して、HDD上には残さないようにしているので、HDDも小さいものとしました。
  
  CPU :Core Duo T2300 (1.66GHz)
  メモリー :512x2
HDD :60GB
DiskDrive:DVDスーパーマルチ(2層書き込み付き)
ビデオ  :Mobirity RADEON X1600 (256MB)
モニター :15インチ SXGA+
本体価格 : \194,250-

◆ 実際の体感速度

Pentium 4 3.06GHz HT + RADEON 9700 Pro の組み合わせと比べて、多少きびきびしているかな といった程度の体感速度です。(ノートがデスクトップ相当の速度で動くこと自体 3年前には考えられなかったですが)
ただし、DirectX9.0Cを使うゲームソフトを動かすと、信じられないぐらい速く、快適です。まさにベンチマークテストの数値の差どおりといった違いを感じます。

◆ 液晶の質

  ドット抜けなしで、よいLCDです。ただし、これまで使っていた、DELLのLCDと比べて、格段に視野角が狭いです。

◆ キーボード

  (ピンチヒッター用に使っている)Mebiusと比べても、快適なキーボードです。

◆ サウンド

  ノート型では、しょせん こんなものじゃないんでしょうか。期待するほうが無理かと思います。Musicを聞く時用に、Dimension 8250付属品のハーマンカードンのスピーカーを保存してあります。

◆ 筐体:強度と質感

  可もなく不可もなし。

◆ 筐体:各種コネクタの位置

  USBコネクタが、固めて設置されているのが気になります。Dimension 8250と同じ配置方法になってます。2個まではいいのですが、それ以上になると使いにくい配置です。
4個横に並べてくれたほうがましかな。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音

  これで大丈夫? ってぐらい静かですね。FFXIをやっていると、戦闘シーンになって各種Effectが出ると突然盛大に回りだしますが。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱

  このサイトでは、大きい大きいと書かれていますが、ADSLルーターモデムなどと比べて、かなり小さい(軽い)です。
  Mebius見たいに、バッテリーが空だと、充電するだけで目いっぱいで、本体が起動できないぐらい貧弱なよりよいと思います。

◆ モバイル性

  トランスポータビリティしか求めてませんので、十分な性能です。
  持ちあげやすさも含めると、Mebiusより優れています。

◆ その他

  標準のままだと、DirectCD系のリライタブルCDを読み書きできません。わたしが従来使ってきた、あるいは勤め先の PCはすべてDirectCD系のリライタブルCD(DVD)を作るソフトが入ってしましたので、以前のものが読めず、焦りました。
  Easy CD Createrを入手してインストールすればOKです。後入れになるので、こちらが優先になります。DVD-RAMも使えて何も支障ありません。


◆ 総評

  LCDの視野角が、DELL並で、RADEON X1800搭載だったら、100点つけてもいいぐらいの出来だと思います。なんといっても、この性能で、20万円を切ってるんですから。
  それと、バックグラウンドで稼動している、アプリが多いですね。どなたか、殺してしまっていいSarvice ご存知の方ありましたらレポートしていただけませんか。これを減らせれば、もっとCPUの負荷が減るはずなんですが。(デスクトップでは、こんなにたくさんのSarviceがバックで動いていることはないんですが。)
  Dimensionでは、EQ2が コマ落しです といったレベルでしか動かなかったので、いずれ再挑戦してみようと思ってます。

普段は非常に静かな冷却ファンですが、負荷がかかるといきなりぶん回るようです。熱の程度によって何段階かに分けて回ってくれるといいんですが、下手に分けると逆に気になることもあります。このあたりの快適度は開発資金ではなく、開発者の経験がものをいうところです。
最近はDirectCD系ソフトを使うこともなくなってしまいました。CD-RWが出てまだ間もない頃は、ポストフロッピーとして蹴茶も注目していましたが、その後のUSBメモリの興盛によって影が薄くなってしまいましたね。 [2006-3-29]

  •  FinalFantasy XI (C) 2005 スクウェアエニックス All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  グラナド・エスパダ (C) 2006 ハンビット / IMC Games All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  ラストカオス (C) 2006 DREAM Ent. All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Endeavor NT9500Pro  PANTIPPLAZA さん

評価 90 点 No. 995

  • 長所: 筐体
  • 短所: 熱処理
3DMark03 6610

◆ 購入のきっかけと価格
2004年5月に購入したNEC Lavie RX (M-Radeon 9600)のグラフィック性能だとF.E.A.R等の最新ゲームに対応するには
そろそろ限界きていると感じた為、買い替えしました。
海外に長期出張する事が多い身なので、現地での余暇を充実させる為に3D性能が高く、且つ、一定のモバイル性を
もったノートを探して約半年が経ちました。その間、BX、SZ、DELL6400と相当気持ちが揺れ動き、NT9500もバッテリー駆動
時間が少ないという理由で一旦見送りましたが、実機を見て惚れ込み、ほぼ衝動買いに近い状態でした。
SPEC的には以下の構成で、約238千円。アキバのPLAZAで購入したので送料無料且つ3年保証無料となりました。

XP Home
CPU T2500(2Ghz)
Memory 1GB
HDD 100GB
DVD Super Multi
Radeon X1600
SXGA+
無線LAN
Gold Warranty1年

◆ 実際の体感速度
Windows立上時間は思った程早くないですが、アプリ起動時間はRXと比較すると、キビキビとしており早いと思います。

◆ 液晶の質
Lavie RXの液晶に慣れてしまっているのもありますが不満ありません。又、彩度はRXよりも高いと思います。
(勿論RX液晶がヘタって居るのかもしれませんが)

◆ キーボード
まだ商品到着したばかりなので判りませんが、ピッチ、ストローク共に不満はなさそうです。
ただRXのキーボードの方がストロークが少ない感はありますが。

◆ サウンド
もともと期待していないので、充分です。

◆ 筐体:強度と質感
しっかりした作りになっていると思います。本邦メーカーの様な特色あるデザインではないですが
逆に質実剛健な感があります。でも個人的にはもう少しEPSONロゴを大きくアピールして欲しかったです。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
やはりUSBが全て後にあるのが不満です。どうしてもモニターを折りたたまずに手探りで挿入したい気持ちにかられますが、
未だ一度も成功してません。(慣れもあるのでしょうがね)

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
ゲームをまだインストールしていないのでどれほど発熱するか判りませんが、展示場で常時3D を動かしていた筐体を
触った限りでは、右側が暖かい程度でした。ベンチマークを動かした際、筐体裏側はかなり熱くなってましたが。
負荷が大きいと冷却ファンも相当回転数が高くなりますが、個人的には耳障りには感じられませんでした。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
RXと比較して大きいですね。もう少し小さくして欲しかったです。長さは不満ありません。

◆ モバイル性
かなり重要視した点ですが、毎日15分徒歩で持ち運ぶ程度であれば容認可能と思いました。
体重計で量ってみましたが3.2kgでした。(ACアダプターは含まず)
RXは2.4kgでしたので、0.8kgの増量がどれだけ負荷と感じるか今後も注視して行きたいと思ってます。
バッテリー駆動時間については未だ調べきれてません。

◆ その他
時期にもよると思いますが、発注してから2日で配送されたのは良かったです。
梱包は非常にシンプルで、同封された資料も本邦メーカーと比較すると格段に少ないですが、逆に好感持てます。


◆ 総評
サポートも良いという話ですし、筐体の質感から鑑みると長期で使えるパソコンだと思います。
現時点での印象としてはUSBの位置だけがマイナスです。(減点10点)
蹴茶さんのHPはここ半年頻繁に見させて頂き、ノート購入にあたり非常に参考になりました。
今後も各社の動行が気になりますので、ちょくちょく見させて頂こうと思います。

「質実剛健な感じ」と評されたPaさんのNT9500Proレポ。エプソンのモデルはASUSからの調達であることが多いですが、ASUSはClevoよりも剛性の高い筐体を作ってきますね。カラーリングはエプソンからの指示があるためかいつも地味ですが、蹴茶も好きなメーカーのひとつです。またやはり注文2日で来たのは大きなプラスポイントでしょう。コスト的には受注して海外でくみ上げて、製品を送る方が安く付きそうな気もしますが、ある程度の在庫をエプソン自身が持って対応しているのしょうね。 [2006-4-3]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Endeavor NT9500Pro  ちゃか さん

評価 90 点 No. 1020

  • 長所: 筐体
  • 短所: キーボード

◆ 購入のきっかけと価格

海外出張で3Dができる私用のノートPCが欲しかった。
急に一旦帰国することになり、SONY SZと迷いましたが、
出張先では持ち運びすることが無く、移動時に約1kg我慢すれば
そこそこ動くだろうなと思いこのPCにしました。

保証類を3年付けて約24万円でした。
3年は使い倒す予定です。

これまで使っていた自作のデスクトップPCはAthlonXP2500 512MB GF6600GTです。

◆ 実際の体感速度

メモリ2G積んだ割にはOS起動は早くない…が、ゲーム以外ではまず十分だと思います。
HDDが遅いのかもしれません。
一昔前のCeleronみたいな、オフィス等を起動すると数秒無反応になるようなことは
ありません。デスクトップPCを買うとしても、Core Duo系であればAthlon系を積極的に
選ぶ必要は無いですね。

◆ 液晶の質

特にドット欠けもなく、気になる点はありません。

◆ キーボード

Fnキーが左下の端にあり、よくCtrlキーと押し間違えてしまいます。
その他は問題ありません。

◆ サウンド

意外と良い音だと思います。
少々ボリュームを上げても割れることはなかったです。

◆ 筐体:強度と質感

ゴツイ!
すごく丈夫だと思います。その分スペック以上に重いと感じます。
初めて触ったときは、5kgぐらいあるんじゃないのか?と思いました。

現物を見ずに買いましたが、質感も問題ありません。

◆ 筐体:各種コネクタの位置

LANコネクタが右側なので、人によっては邪魔かもしれません。
USBは背面に4つ固まっていますが、個人的には問題無いです。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音

静かです。ただし、ゲームをしていると定期的にファンの音が大きくなります。
発熱は右側(HDD?)が熱くなりますが、我慢できるレベルだと思います。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱

大きさは少し大きいかなと思います。
ほんのり暖かくなる程度。

◆ モバイル性

無いと思います。
鞄に入るギリギリのサイズ(インナー含めて)だと思います。
毎日持ち運ぶわけではありませんが、やっぱり軽いほうがいいですね。

◆ その他

付属品は少ないですが、全然気になりません。再インストール用のCDが付属しているのは
ポイント高いと思います。
今はキャンペーンのVista Capableを選んだ場合、納期保証はありませんが、普通モデルと
同じように3日(田舎)で着きました。

Battle Field 2 (DEMO)をやってみました。解像度を1400 X 1050に、有視界を100%にした
以外はデフォのまま。(ほとんどの設定は低ですが)
結果…非常にスムーズです。設定を落としていることもあり、コマ落ちを感じる
ことは無かったです。バシバシ倒せます。

◆ 総評

キーボードで-5点、重量で-5点としました。
早く3DゲームができるノートPCが欲しい方にお勧めできると思います。
半年待つ余裕があるのなら、他のDELLやFaith等にしてもいいとは思いますが。

ここ最近はデスクトップとノートPCの差が埋まってきていると感じました。
デスクトップPCより静かで高性能です。最新のゲームをしない限り、2〜3年ぐらいで
ノートPCを買い替えた方が楽だと思います。自作のデスクトップPCはそのままファイル
置きになりそうです。

臨時の帰国だったというちゃかさん。またすぐに海外出張なのでしょうか。バイオSZも候補だったようですが、比較的納期の速いエプソンNT9500Proを選択されています。ソニスタはデルほどでないにせよ、即納モデル以外のBTOモデルは1〜2週間かかりますからね。付属品はエプソンらしく、極めて少ないものの、最近では省略されることの多いリカバリーCDはキッチリついているそうです。確かにこれはポイント高いです。まぁ、付属していなくてもユーザー自身が作れるモデルが大半なのですが、面倒ですからね。
性能的には十分なようで、BattleField2も軽快に動いた模様。マイナスはキー配置と、重さ。エプソンはFnキーとCTRLキーの入れ替えを確かBIOSレベルでサポートしているので、一度BIOSを覗いてみては。 [2006-4-18]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Endeavor 9500pro  パロ さん

評価 85 点 No. 1028

  • 長所: 液晶
  • 短所: 熱処理
3DMark05 3556

◆ 購入のきっかけと価格

持ち運びできる範囲で、かつ3Dゲームを動かせる機種を探していました。
蹴茶さんのサイトに出会い、大変機種選びの参考になりました。
当初、候補としてVAIO SZ・BX、大きさを割りきってInspiron 9400、ProgressMGXを考えていました。
いろいろとこのサイトにお世話になりながら、それぞれのタイプの良いところ悪いところを考えた結果サポートもよく、納期の早いEndeavor9500proにしました。
液晶の解像度を重視していたためSZ・BXは除外となり、9400は納期が延びている+X1400とのことで除外し、大きさを考慮した結果MGXも除外となりました。
夏モデルが出るまで静観していたのですが、目ぼしいモデルが出てこなかったので4月12日にポチりました。
Windows Vista™ Capable PCでメモリー割引+ハイスペック割引適応で235K円でした。

◆ 実際の体感速度

他の方のレポートにも見受けられましたが、OSの起動が若干遅めです。
しかしながら、アプリケーションの立ち上げの際に時間がかかることはなくストレスを感じません。
また、ノートンでウイルス検索している際も、CPU使用率50%でマルチタスクが可能でCoreDuoの恩恵が受けられていると感じました。

◆ 液晶の質

WUXGAを選択しました。
最初は文字が小さく見づらいのですが、1日もすれば慣れました。
この圧倒的な表示量を体験してしまったら、低解像度には戻れません。
今ではこの選択に満足しています。
文字が小さくても潰れることはなく、ちゃんと識別できます。
分かりやすくいうと、初期状態の文字の大きさは、携帯電話の最小文字の大きさとほぼ同じ大きさだと思ってもらえると想像つきやすいかと思います。
発色は、他のAVノートに比べると落ち着いていますが、ギラツキがなく目が疲れませんしDVDを鑑賞しても十分楽しむことができました。


◆ キーボード

FnキーとCtrlキーが反対であることに戸惑いを感じましたが、
BIOSで入れ替えができるので、個人的には問題はありません。
昔使っていたノートが、キーが硬めだったので慣れるまで時間がかかりましたが
今では使いやすいと感じています。

◆ サウンド

音量を最大にしても音割れがしなかったのは良いと思います。
ただし、ノートなので音質はそこそこです。
中高音は出てるのですが、低音がどうしても軽くなってしまいます。
光出力端子がついているので、自宅では5.1ch環境でつないでいます。

◆ 筐体:強度と質感

強度は問題ないです。
たわみ等はありません。
質感ですが、全体的にプラスチックなので安っぽさを感じます。
デザインは落ち着いた感じで気に入っているのですが・・・。
個人的には塗装のざらざら感が気になります

◆ 筐体:各種コネクタの位置

USBが背面に固まってしまっていることです。
ワイヤレスマウスを使っているのでマウスは問題ないのですが、
どうしても外付けドライブをつなげるときなどが不便です。

コネクタの種類が多いので、拡張性はいいと思います。
特に、外部モニタを使う私にとってはDVI端子は大きなプラスになりました。


◆ 筐体:発熱と冷却ファン音

ゲームをやると、ファンがかなり回転します。
音が少し気になりました。
通常の使用では、全くと言っていいほど回転しないのでとても静かです。

発熱ですが、ゲーム時や負荷をかけたときなどかなり発熱します。
キーボード・パームレストはそこまで気になるほど熱くはならないのですが、
排気口からは熱風が出ています。少し不安になりました。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱

このサイズのノートとしては普通のサイズです。1500mm×60mm×30mmといったところでしょうか(目測)
発熱は、ほんのりあったかくなる程度です。

◆ モバイル性

短い移動距離なら問題ないと感じました。
車を使っているので、苦になったことはありませんが、
徒歩で結構な距離を歩くのはつらいと思いました。

◆ その他

個人的には、今後のことを考えてExpressCardをつけてほしかったです。
あと、HDDをもう少し早くなるといいなと思います

◆ 総評

結果として、購入してとても満足しています。
大きさと性能、そして価格のバランスがとてもいい機種だと思います。
あと、納期が早いのはかなり満足でした。
無駄なアプリケーションがタンマリついてこないのも○
発熱が気になったことと、質感で15点引かせてもらいましたが、
自分ではかなり気に入っています。
Vista対応なので1月以降が楽しみです。

デジタル出力が可能な、DVI端子が付いているモデルはまだまだ少数なので、外部モニタを使いたい方にはNT9500Proは有力な候補。ちなみにワタクシもInspiron 9400と外部モニタでデュアルディスプレイ環境です。マイナスポイントは質感と発熱を挙げられています。熱に関してはいまのところ、熱暴走などは無いようですが今後夏に向けて熱が篭もるかどうか要注意ですね。 [2006-4-25]

  •  Age of Empires III (C) 2005 マイクロソフト All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  BattleField 2 (C) 2005 ElectronicArts All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Endeavor 9500Pro  LUNA さん

  No. 1034

  • 長所: 筐体
  • 短所: 液晶
FF11v3 高解 4540

FF11をフルスクリーンでやると液晶の反射角度のせいなのか色合いの関係で
チャットログが見づらくなる。

FANTASY EARTHも起動、通常プレイは問題ないですが。
人が多く集まってる前線などへ最初に行くときに文字が出るのですがその一瞬だけ重くなります。
それ以外は通常プレイに支障はなし。

PHANTASY STAR UNIVERSE βテスト 通常モードの画質なら問題なし。
ハイスペックモードにするとカクカクになる場合あり。(たまたまサーバーが混んでただけかも?)

お、ファンタジースターユニバースのベータテスターなLUNAさんからのレポ。サーバーの具合もあるので、スペックが原因で「確定」とはいかないですが、ハイスペックモードにすると若干重くなるかもしれないということです。でもまぁ、重くなるぐらいの描画エンジンの方が期待できそうな気もしますね(^^; [2006-4-27]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Endeavor NT9500pro  aru32 さん

  No. 1212

  • 長所: 筐体
  • 短所: 液晶
3DMark05 3680
FF11v3 高解 4323

騒音に耐えかねてVaio BX(PenM1.73)から乗り換えてみたのですが
なぜかFFベンチが妙に低いです。BXより低いのには驚きました。
逆に3DMark05は他の方と比べてやけに高いですね。06は1700弱でした。
原因を調べていてちょっと気になったのは、カタリストCCのハードウェア情報で
メモリが512MBのHyperMemoryとなっている事。
仕様変更でもあったのでしょうか?それとも元から?
仕様書や納品書にはX1600 256MBとしか記載が無いのですが・・・
不満点の液晶は、生まれて初めてドット不良に当たってしまったので(笑

確かに仕様書ではHyperMemoryのことはこれっぽっちも触れてませんね。PC環境チェックツールのEverestなどで、ローカルメモリ量を見てみてもいいかもしれません。ローカルのメモリが減っているとしたら問題ですが、CPUよりGPUに引っ張られやすい3DMark05が逆にスコアアップしているところを見るとGPUの性能的には大丈夫な気もします。
一方、CPUは1.83Ghz。2Ghzのユーザーさんより低い理由にはなりますが、1.66Ghzのユーザーさんよりスコアが低い事は説明がつきません。HyperMemoryと関連するのかもしれませんが、GPUドライバの所動に変更が入った可能性もありますね。
 [2006-8-3]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Endeavor NT9500Pro  ササキ さん

 No. 1495

  • 長所: 騒音
  • 短所: 液晶

◆ 購入のきっかけと価格

数年間使用していた DELL INSPIRON8200が不調になったため代替の機種を探していた。

ディスプレイの比率が4対3の機種で、独立VGAを搭載しているという条件で探したが、
この機種と、IBMのレノボの2択になってしまったので、価格の低いEPSON機を購入。

購入価格約22万円程度

◆ 体感速度の変化

PENTIUM-4-Mからの更新になるので、かなり高速に感じる。

ほかのレビューでは起動が遅いといわれているが、BIOSでのウェイトによるものと思われる。
HDDアクセス開始以後の起動速度はINSPIRONと変わらない。


◆ 液晶の質

15インチ SXGA+ を選択。
DELLと比較すると質は劣ってしまうが、巷で流行しているワイド液晶が合わない人は、この選択肢はありがたい。

特に画面比率を固定でかつ、16:9と4:3を混在するような利用をする場合は、4:3の画面比率は表示に優れている。
(両サイドに縦の黒帯2本は演出的にありえないため。)

実際、16:9の画面比率で4:3の画面を表示しつつ、さらにその中に16:9の画面を表示するとワイド画面の機種は、
ディスプレイの約6割程度しか利用できなくなってしまう。

ぜひハイエンド機種では画面比の選択肢を残してほしいが、家電量販店のコーナーを見ると、
4:3の画面比率は駆逐されるのかもしれない。

◆ キーボード:配列やタッチ

一般的なノートパソコンとタッチ感覚は変わらないレベル。が、カーソルキーが小さいのはかなり気になる。
HOME END キーを多用する人もおそらく気になるでしょう。

PGUP PGDN キーを独立して残している点はまだ評価できる。
また、BIOS標準で FN CTRL キーを交換できるのはかなり評価できる。

気になるのであれば外付けキーボードでしょう。


◆ サウンド

音質は問題なし。
また、内蔵スピーカーの性能はそれなりなので、気になるのであれば外付けかヘッドフォンでしょう。

ただし、構成に要注意点があり、ハイデフィニションオーディオドライバを利用する場合は
Windows の HotFixを適用する必要がある。

初期状態で付属する HotFix は、WindowsXP SP2 専用 [KB888111]なので、再インストール時や、
異なるバージョンのOSを利用する場合は、別途用意する必要がある。

また、この HotFix は
Windows2000 (SP対応状況は未確認)
WindowsXP 無印
WindowsXP SP1
WindowsXP SP2
それぞれに専用のパッチなので、インターネットで別途ダウンロードする必要がある。

PC自作される方々には標準なのかもしれないが、初期状態で付属しないのはかなり不親切である。

間違ったパッチを適用するとか、WindowsXP SPxのバージョンを変えると問答無用で、いきなりブルーバックになるので、
原因が特定できない人はおそらく多いでしょう。

音量キーが使い憎いのは少々問題。

◆ 筐体:質感や強度

堅牢で問題ないレベル。
乗換前の INSPIRON8200よりも 1Kgも軽い。

ただし、コストダウンのためとはいえ、Epson のロゴが寂しすぎる。
せっかくハイエンド機種なのだから、型番[NT9500Pro]くらいは本体に表示すべき。

BIOSには表示している。

◆ 筐体:各種コネクタの位置

慣れれば特に問題ないレベル。
ただし、ハイエンド機種なのであるから、ある程度のレガシーポートが無いのは寂しい。

PS2ポートに外付けキーボードとマウスを接続して、USBポートを節約していた人は、
安くなった2ポートUSBハブを買えということなのでしょう。

シリアルポートとパラレルポートが無いので、ハードウェアキーを挿す予定の人は要注意。

USBタイプのハードウェアキーを利用する場合も、USBが4ポート固まっているので、そのままでは挿入しづらい。
要外付けハブ。安くなったnポートハブを買・・・(略)。


◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン

光学ドライブ以外は非常に静粛である。
冷却ファンを考えると、処理速度は早いが消費電力の増えた Core2Duo よりも CoreDuoという選択肢もありでしょう。

早急に光学ドライブ不要の環境を構築すれば問題なし。


◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど

デスクノートという時点で、既にモバイル環境ではないでしょう。
ACアダプタも一般的なモバイルPCより大きい。

デスクノートという時点で、既にバッテリーの駆動時間は問われていないでしょう。
ただし、UPSの代わりに運用されるということを考えると、最低6年は酷使しても10分は持ってほしいというのが希望である。
残念ながらバッテリーの信頼性はまだわからない。

前機種INSPIRON8200は購入後約5年経過し、AC接続のまま酷使しても停電時には1時間は持つので、当たりのバッテリーでした。

バッテリーは当り外れが激しすぎるので、あまり期待はしないほうが良いでしょう。
経験上、AC接続のまま運用していると、半年程度で平均的に著しくバッテリーの性能が低下する。

◆ その他
ハイエンド機種ということで、当然にハイエンドな利用をされるという前提で、
上記の問題が解決できるのであれば間違いなく優良な機種と考えられる。

残念なのは、「初めてのPC」で「1台目」という条件では、薦められない点である。
(直販の宿命なのかもしれない)

◆ 総評

おそらく Windos XP 最終モデルになると思うので、
前機種と同等環境を維持してパソコンを更新するという人には最良の選択でしょう。
VGAの機能が不要であれば、同程度の機能でかつ半額以下で入手できる現状を考えると、
この性能を使いこなせない人が購入するには非常にもったいないと思う。

価格帯的に、高性能デスクトップが購入選択肢の射程に入るため、十分に用途を見極めたほうが良い。

ササキさんの見たところ、どうも起動時間の遅さはBIOSに起因する可能性があるようです。BIOSの待機時間は結構長いもので、自作マザーなどでは使わないポートを殺したり、オンチップサウンドを切ったりすることでBIOSの待ち時間を短くすることができます。メーカー製ノートのBIOSは極力設定項目を減らされているので、そう上手いことはいきませんが、設定項目があるなら多少早くなるかもしれません。

バッテリーについても書いてくださっています。最近主流のリチウムイオン電池はニッケル水素電池のようなメモリー効果がほとんど無いとはいえ、ACアダプター繋ぎっぱなしの過充電や、チマチマと充放電を繰り返すとたちまち寿命が短くなってしまいます。この辺のコントロールをいかにうまくするかは隠れた品質の一部だと思いますが、最近Let's noteやVAIOで『ECOモード』や『いたわり充電』といったバッテリー寿命を重視したモードが搭載されるようになってます。 [2006-12-25]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Endeavor NT9500Pro  樹 さん

 No. 1546

  • 長所: 騒音
  • 短所: 熱処理
3DMark06 1665
3DMark05 3644
3DMark03 6276
FF11v3 高解 4197

◆ 購入のきっかけと価格
LaVie Cを従兄弟に譲ったため、かわりのノートを探していたところ中古で見つけたので購入。購入価格は10万ちょっと。購入時のメモリは512MBでしたが、手持ちのメモリに換装しました。(メーカーサポート外のPC2-4200でしたが問題なく使用できております。)

◆ 体感速度の変化
以前よりCPUクロックは落ちてますが、そこはデュアルコア。複数のアプリを同時に使う場合は効果的です。
一時期モバイル用途でSZを使用したことがありましたが、デュアルコアの恩恵を十分に受けるには、高解像度の表示領域が必要だと実感しました。(SZはWXGAでしたので、複数のウインドウを開くことはあまりできなかったので。)

◆ 液晶の質
WUXGAの液晶ですが、横はそれほど気にならないものの、縦は窮屈な印象です。その分文字は見やすくなりました。
これといって良くも悪くもない液晶ですが、LaVie Cと比べるとすべての面で劣ってしまいますね。ノングレアで高解像度というだけで選択したので、不満はありませんが。

◆ キーボード:配列やタッチ
特に問題なく使用できております。
タッチパッドのON・OFFのスイッチがあるのはめずらしい、結構便利です。
CDコントロールボタンは不要です。

◆ サウンド
これで音を聞くことはほとんどないので、音が出るだけで十分です。

◆ 筐体:質感や強度
なかなか丈夫な感じです。高級感とは無縁ですが、落ち着いた感じで良いかと。
使用しているネジの種類が少ないため、解体しても組み立てやすいです。
各パーツへのアクセスの良さはベアボーン並です。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
USBが全部背面というのは使い難いです。
せめて2つづつくらいに分けてほしかった。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
静粛性は非常に高いです。
普通の使用でしたらほとんど冷却ファンの音を聞くことはないのでは。
その分、機体底面は熱を持ちますので、その辺はトレードオフでしょう。
負荷をかけていくとパームレフトのほうも熱を持ってきます。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
3キロを超えてますので、常時持ち歩くには不向きだと思います。
当方、車での移動が主なので問題ありませんが。

◆ その他
・当方Bluetoothマウスを使用しているのですが、内蔵Bluetoothの感度がいまいちで、USBアダプタ経由で接続しております。
・RadeonX1600ですが、HyperMemoryで512MBと表示されます。メインメモリから512MBを使用してるようですが、もともとの256MBのVRAMはどこに行ってしまったのやら。
・せっかくの高性能GPUですので、PS2のエミュレータなんぞを試してみました。
意外と動くもので驚きました。動きの少ないアドベンチャーなどは結構遊べそうです。
・CPUをCore2Duoに換装しようと試みましたが、残念ながらCPU自体が悪かったのか、BIOSの関係か動作しませんでした。

◆ 総評
デュアルコアと高解像度液晶という組み合わせは私の用途に合っているようで、快適に使用できております。あと、HDDを2台つめれば文句なしだったんですが、Vistaの動向をみるためのつなぎとしては十分。とりあえずこれでVistaプリインストールモデルの出方をうかがうことにします。

液晶がLaVie Cと較べると全敗ですという樹さんからのNT9500Proレポ。他社に較べると質実剛健なイメージのあるエプソンダイレクトですが、購入層がビジネスマン中心ということもあるのでしょうか。製品紹介で液晶の画質について語っていることはほとんどありません。一方NECは盛んに液晶の画質を謳っており(高解像度モデルでは触れてないこともありますが)、その注力の差が現れたようです。

最近使っている人も多いであろうBluetoothの感度が低いというのはちょっと問題ですね。樹さんはわざわざマウス付属のUSBアダプタを挿しているとのことで、せっかく内蔵しているのに残念です。しかし、Bluetoothの感度などは実際使い較べてみないと全く違いがわかりませんね。 [2007-1-15]

  •  かまいたちの夜×3(PCSX2 0.92) (C) All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  ドラゴンクエスト(PCSX2 0.92) (C) All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Endeavor NT9500pro  hrsszk さん

 No. 1638

  • 長所: 液晶
  • 短所: 熱処理
3DMark05 3558
3DMark03 6642
FF11v3 高解 4930

◆購入のきっかけと価格
EdicubeL350を約2年間使っていたのですが、HDDがくたびれてきたのでHDD買い換えるよりは新しいのを買っちまおうかと物色していたらオークションで発見しました。100,000円スタートで120,000円で落札。まずまずの金額でした。出品されていたときの液晶スペックがSXGA+でしたが届いたらWUXGAだったのでうれしい誤算でした。前所有者の納品書が入っていて1年前に30万円だったのが今じゃオークションで12万円。とても新品では買えません。

以下スペックです。
  
CPU :Core Duo T2500 (2GHz)
メモリ:2GB(1GBx2)
HDD :100GB(日立製 S-ATA 5400rpm)
光学ドライブ:DVDスーパーマルチ(DL) 松下製UJ-840
ビデオ:Ati Mobirity RADEON X1600 (256MB)
液晶:15.4インチ(WUXGA)
購入価格:120,000円

◆実際の体感速度
皆さんも言われているとおり起動はちょっと遅いかなって感じですが、起動してしまえば激速です。一つ一つの動作が速いのなんのです。ブラウザやメーラーが瞬時に立ち上がるようになりました。
スペックも上がっていますし、L350Hがくたびれていたので、早くなって当たり前といえば当たり前ですが。

◆液晶の質
これを買う前にInspiron6400とLavieLR900を買ったんですが、私にとっては雲泥の差でNT9500proの圧勝です。ほんと上の2機種視野角が狭く画面もギラギラしていて悲惨でした。買った日に売ろうと決意しましたね。
このページでNT9500proの視野角が狭いなどの意見があり、届くまでちょっと不安だったのですが、思いのほか見やすかったです。輝度も10段階くらいで調節できるので微妙な調整が可能です。ドット抜け等は今のところありません、っていうかドットが小さすぎて気が付かないかも。
単色の壁紙にすると輝度ムラが良く分かりますが、私にとっては許容範囲です。

◆キーボード
打鍵してもたわまず気持ち良く打てます。キーピッチ、ストロークともに申し分ないです。印字されているアルファベットがちょっと大きいのとEnterキーの形がちょっと疑問ですね。

◆サウンド
いつもONKYOのUSBアンプを通して聴いているので、ノートPCのスピーカーはあまり気にしてません。ためしに聴いてみましたがスピーカーが下向きなせいかちょっと篭った音質というところでしょうか。

◆筐体:強度と質感
強度は並ですね。水平にして片手で持つとちょっと心許ないです。
いわゆる銀パソはあまり好きではないので、今回のカラーリングは良いですね。ちょっとシックな大人のPCってところでしょうか。

◆筐体:各種コネクタの位置
DVDドライブが右側だとその都度マウスを退かさないといけなく面倒ですので、今回は左側で使いやすいですね。USBコネクタは背面にあり見た目がスッキリしますのでグッドです。接続するUSB機器が多数ありHUBで繋げているということもあってか背面集中型でも問題ありません。

◆筐体:発熱と冷却ファン音
購入後、フォーマット→インストールをしましたがCPUファンは結構回りました。2〜3段階で調節しているみたいで、MAX回転だとそれなりの五月蝿さはあります。
通常使用では殆どファン音が聞こえません。

◆ACアダプタ:大きさや発熱
やや大きめです。長時間使用していてもほんのり暖かい程度です。基本的にモバイルしないので大きさはそれほど気にしてません。どのメーカーのそうですが電源ケーブルが長く固いので、短くて柔らかいものも同梱してくれれば良いなといつも思っています。

◆モバイル性
大きさ重量ともにモバイルは無理です。これを外に持ち運ぶのはちょっと辛そうですね。家の中で持ち運ぶくらいならOKですね。

◆その他
液晶のラッチが2箇所なのはちょっと面倒かなと。強度的にはよろしいんでしょうけど、やはり両手で開けるのは…。
CDボタンは不要です。PCを起動せずCD聴く人っているんでしょうかねぇ(聴いている人がいたらすみません)。
光学ドライブですがL350Hも松下製のドライブでもかなりの爆音でした。ドライブ自体が五月蝿いのか、筐体の設計が悪いのかは謎です。
画面のプロパティからビデオメモリをみると、なぜか512MBになっている。

◆総評
向こう数年間は使っていこうと思える機種です。
購入時で1年保証があと数日残っていたので、慌てて定額保守に3年間加入しました(1年保証がなくなると別途点検料がかかるため)。エプソンダイレクトは購入後からでも追加保証に加入できるところがポイント高いです。サポートの方の対応も良いのもポイントです。PCスペックに目が行きがちですが、こういった別の部分でも購入する動機には十分なります。
今後は展示している店舗が限られているため、増やしていって欲しいところです。

オークションで落札したNT9500Proですが、まだ1年保証範囲だったため、急遽追加の3年保証に加入したhrsszkさん。『蹴茶』を運営しているから余計にそう思うのかもしれませんが、‘故障’はそのへんにゴロゴロ転がっています。交通事故などよりはるかに高い確率で遭遇すると思われ、長期保証はなるべく入っておきたいところです。

15.4型のWUXGA液晶という、目下携帯の液晶をのぞけば最も高詳細なパネルを搭載するNT9500Proですが、特にフォントが小さすぎて困るといったことはないようです。解像度が上がるとどうしても暗くなりがちな輝度も、ムラはあるものの暗すぎて困ることはなさそうです。これが12万円というのはめちゃくちゃお買い得ですねぇ。 [2007-3-11]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Endeavor NT9500Pro  chaburo さん

  No. 1713

  • 長所: 騒音
  • 短所: 筐体
FF11v3 高解 4855

1年前に購入したEndeavor NT9500Proですが、
CPUの換装(Core Duo T2600からCore 2 Duo T7400への換装)に成功したので
報告させていただきます。

換装により、各種ベンチマークの数値は向上しましたが、
 ・FF11 Vana'diel Bench 3(High)は、4517→4855
 ・フロントミッションオンラインベンチマーク(1024×768)は、19284→20858
と、その範囲は微々たるものでした。

しかしながら、エンコード作業に関してはこれまでの3分の2程度の時間で
処理できるようになったので、それなりに満足しています。

CPU換装後の廃熱処理も今のところ問題ないようです。

ベンチスコアとコメント有り。クロック的には2.16GHz→2.16GHzと変化無しなので、ゲームベンチではあまり変化がないとのこと。でも同クロックながら、FF11で7%程度上昇しているのが凄いとも言えます。 [2007-4-29]

その他のレビュー 19

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > Endeavor NT9500Proユーザーレビュー