HOME > レポート一覧 > HP Compaq nx6120ユーザーレポート

HP Compaq nx6120

HP Compaq nx6120

■ 評価点平均

82 4/5

Sonoma世代の普及モデル。nx6110はビジネス向けでWindowsXP Proを載せているが、nx6120は個人向けにも販売されOSはXP Homeになっている。ビジネス向けも視野に入れているためか、I/Oポートはこの価格帯にしては超充実。USB2.0×4、IEEE 1394×1、Gigabit Ethernet、Type2 PCカードスロット×2、ミニD-Sub15ピン、モデム、SD/MMC/メモステ(PRO)/スマメ/xD-Picture対応の6in1スロット、赤外線ポート、シリアルポート、パラレルポートと、さながらポートの展示会状態。左右はもちろん、バッテリのある背面にまでポートが配置されています。最厚部の厚さは不明。

長所・短所

GOOD   BAD
液晶 4
2 キーボード 1
騒音・ノイズ 1
3 筐体の質感
1 発熱処理

型番

CM360/15X/256/40/W/XH
PM740/15X/512/60/W/WL/XP (ER578PA#ABJ)

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

HP Compaq nx6120  el-gado さん

評価 90 点 No. 726

  • Intel 915GM (128MB)
  • Pentium M 740 1.73Ghz
  • 512MB
  • Windows XP
  • 長所: 筐体
  • 短所: 液晶
3DMark03 795
FF11v3 高解 1387

◆ 購入のきっかけと価格
以前使っていたCelM1.4のノートでインターネット、メール、
メッセンジャー、IRC、ファイルダウンロード、エンコード>デスクトップPCへコピー、
リモート操作の窓口と信じられないほどの負荷をかけていたため
負荷に見合ったスペックを求めていたところ、ちょうどよいPCを発見購入。
PenM1,73 256MB DVD±R、セントリーノで9万円・・・やすっ。
古いパソコンの256MBを抜いてこっちに移植。


◆ 実際の体感速度
やっぱりpenMは速い。以前のパソコンはエンコード等々の間にインターネットをやろうとすると
15秒くらいとまっていたが、今は3〜5秒程度で動いてくれる。
もちろん負荷をかけないときはどちらもさくさく動くが、負荷が重ければ
重いほどpenMの威力を発揮するだろう。


◆ 液晶の質
15インチXGA。やや青っぽい液晶だがインターネットやオフィス程度の用途なら全く問題なし。
が、視野角がせまいためちょっと横にずれると暗くなったり変色したり、
動画再生では動きが荒かったり、液晶はやっぱりイマイチ。


◆ キーボード
基本的には使いやすいと思う。やや深めのストロークだが十分手になじむ。
ただ、ファンクションキーが小さい、矢印キーが小さい&反応がにぶい
Delキーが小さい&配置がイマイチと細かいところでやや配慮が足りない。


◆ サウンド
全く期待していなかったがこれが意外にいい。高音域がかなり綺麗だし、最大ボリュームに
しても音割れが無かった。低音はやや力不足だが値段の割には十分過ぎるだろう。
ヘッドフォンについてはノイズは全くといってほど入らなかった。


◆ 筐体:強度と質感
パームレスト辺りの作り、小さなLedランプ、蓋の小さなロゴ等かなりかっこいいと思う。質感もあると思うが、液晶の裏蓋のたわみが大きく強度はやや心配。


◆ 筐体:各種コネクタの位置
6in1スロット、USB×2、Giga-ether、パラレル、シリアルポート、
IEEEとはっきりいって無敵。


◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
冷却ファンはほぼ回りっぱなし。(モデルによっては回りにくいものもある)
静かなサー音なのでほとんど気にならないだろう。ネット使用程度では
うるささに気にする必要はないが、エンコードすると少しファン音が気になる。
もちろんデスクトップよりはよっぽど小さい。

排熱関係は優秀。右側の排気口から熱風がでてくるがこの熱が裏側やキーボード
周りを熱くすることはない。


◆ ACアダプタ:大きさや発熱
ACアダプタはどちらかというと小さめ。発熱は触れないほど熱くはないが
全く熱くないとはいえない程度・・普通かな。


◆ モバイル性
バッテリーの付け外しが容易、3kgを切る重量と意外といけそうな気がするが
きになるのは蓋の剛性。キャリアバッグは用意しておきたいところ。
バッテリーは4.5時間(カタログ値)実質は2.5時間以上持つ
(penMモデルの場合)ため十分だといえる。


◆ その他
DVD±Rドライブが東芝サムソン製で焼き品質が悪い。国産メディアで8倍速焼きを
するとうまく焼けない。4倍焼きは問題なかったが・・・。
あと付属のソフトが非常に使いにくい・・・DVD焼き機にするのはやや難あり?
(東芝サムソンじゃないDVD±Rモデルもあるので運次第)
1000Base-Tはジャンボフレーム未対応なのが残念だが、
200Mbps〜250Mbps(相手は激安ギガボード)出ているため満足。


◆ 総評
10万円を切りながらpenM、915GM、無線、各種I/F、DVD±Rと
なんでもそろっており、3Dゲーム以外なら何でもこなすといった末恐ろしい機体。
ネットオフィス程度ならば7万円クラスで十分だろう。

ただ、旧世代の液晶、蓋の剛性、微妙に小さいキーがあるキーボード、
少し回るの早いと思われる冷却ファンといった『完璧』まであと一歩。
あと1万円足してこの不満がすべて解決されたら・・・と、
そういう意味で『末恐ろしい機体』だと思う。

しかしpenM+915GMなのに思ったほどスコアが伸びなかったのが悲しい。

HP廉価モデルの常で、el-gadoさんもやはり液晶品質に言及されていますが、その他の装備はいたって充実とのこと。削られていることの多いIEEE1394ポートや、ギガビットイーサまで装備し、非常にI/O関係のコストパフォーマンスは優秀です。ギガビットイーサの性能をアップするジャンボフレーム機能は、2割、3割も性能アップするような大きな効果があるわけでもないので、未対応でも大きな影響はないかもしれません。もちろん対応するにこしたことはないですが(^^; [2005-10-7]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

HP Compaq nx6120  不良品ハンター さん

評価 90 点 No. 736

  • Intel 915GM (128MB)
  • Pentium M 760 2Ghz
  • 2 GB
  • Windows XP
  • 長所: 熱処理
  • 短所: 液晶

◆ 購入のきっかけと価格

格安で購入したD870Pの騒音に我慢しきれなくなったのでCPU以外のパーツを流用してそこそこ使えるノートを探していたところ発見。
最初からほとんどのパーツを交換して使用することが前提だったので交換が難しい液晶とEEPROMの書き換えが必要な無線LANのみカスタマイズして購入。hp直販で8万後半。元はCeleron360J・256MB・40GBHDD・CD-ROMだがPenM760とPC3200 1GB×2、MK5024GAY、DVR-K05を流用して完成。

◆ 実際の体感速度

もともとオフィス用に使用するつもりだったので不満はまったくありません。
ある程度のゲームも3Dでなければ問題なく動きます。

◆ 液晶の質

15インチSXGA+にカスタマイズ。顕著な問題点は視野角が狭い、バックライトが暗いといったところ。この価格帯であまり高望みしても仕方ないとは思うので応答速度や視野角には最初から期待していなかったが、せめてもう少し明るくしてほしかった。

◆ キーボード

剛性感がありよい。配列等は個人的にはあまり気にならないがDelキーとかは小さいので人によってはちょっと使いにくく感じるかも。
またBIOSで改善可能な問題だと思うがキーボードのリピート速度が遅い。反応が鈍いという欠点あり。

◆ サウンド

ノートパソコンとして、この価格としてということで考えれば非常にいいと思います。
むしろこれ以上を望むのは酷かもしれません。


◆ 筐体:強度と質感

液晶の裏蓋がやわらかいため不安を感じる。ここ以外は特に不安を感じることはない。
デザイン的にもよくまとまっていて質感は値段の割りにあると思うがパームレスト以外のプラパーツ自体は安っぽい。

◆ 筐体:各種コネクタの位置

USB2.0が左右で計4個。1394aが1個。シリアル・パラレルありでPCカードスロットが珍しく2スロットなのがいい感じ。カードリーダーも内部USB接続ではなくPCIで接続されていて不満はまったくありません。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音

購入したときはCPUファンは止まることはなく、結構うるさかったが9月15日付けのBIOSでファンコントロールが変更、回転開始が45℃から50℃からになった。これとあわせてCPUの駆動電圧を下げてみたところアイドリング時に5分に10秒くらいファンが回る程度に改善された。
またHDDの冷却性能も意外に高く7200回転のHDDでも高いときで47℃くらいでアイドリング時だと41℃前後だった。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱

負荷をかけるとそれなりに熱くなるがもちろん触れないほどということはない。
MAX65W。

◆ モバイル性

2.79Kgと意外に軽くD870Pを持ち歩きしていたときに比べれば雲泥の差。バッテリーも2〜3時間は保つし足りなければセカンドバッテリーもオプションで用意されているのでA4サイズ自体がダメでなければ結構いけると思います。液晶裏の剛性不足にだけは注意。

◆ その他

カタログにないポイントとして無線LAN以外のパーツの交換が容易、実は光学ドライブのベゼルは市販のスリムドライブとほぼ同じサイズ。(ほんの1ミリ弱隙間があるかないか)
また製品と関係ないところでの問題点としてCeleron360JにJ無しが混入している事例がある、カタログではギガビットイーサはPCIExpress接続となっているが実際はPCI接続だったりするなどがあるので注意。

◆ 総評

カスタマイズベースとしての購入だったのでそういう意味でも非常に優秀。3D性能以外は不満らしい不満がありません。
あと面白いところではCD-ROMドライブで購入したのにリカバリディスクはCDバージョンとDVDバージョンの2種類が同梱されていました。ドライブ交換前提か?なんて思ってしまいました。
カスタマイズにこだわらなければアマゾンなどで購入できるモデルが1番お得だと思います。

珍しい初っ端からパーツ交換を前提にHP製ノートを購入したという不良品ハンターさん。不良品ハンターというお名前とは裏腹に、チェックはかなり細かな所までしっかりいれています。キーボードのリピート速度というと、押しっぱなしにした際の連打速度でしょうか。コントロールパネルである程度はいじれますが、それでも反応が遅めのようですね。またカードリーダーとギガビットイーサの内部接続バスもしっかりチェックしています。BIOSについても、アップデートが行われ冷却ファンのプロファイルが変更になったとのこと。これに留まらずさらに電圧を下げて、静音化しているのはスバラシイ。 [2005-10-12]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

HP Compaq nx6120  匿名希望 さん

評価 70 点 No. 878

  • Intel 915GM (128MB)
  • Pentium M 740 1.73Ghz
  • 768MB
  • Windows XP
  • 長所: キーボード
  • 短所: 騒音
FF11v3 高解 1403
 

◆ 購入のきっかけと価格
始めPanasonicのCF-R4Gを買おうと、ビックカメラ行って値段を見たら20万前後で高いと思いつつ辺りを見たら、Pentium M 740 (1.73GHz)、メモリ512MB、915系チップ搭載のHP Compaq nx6120が税込み10万で安かったので衝動買いしました。結局CF-R4Gは買わなかったです

◆ 実際の体感速度
速いが期待した程の速さでない
普通です。

◆ 液晶の質
今時珍しい光沢なしの液晶です、明るさがやや暗い程度です。
不満はありません。

◆ キーボード
キータッチは軽くキーストロークは深いです。
満足です。

◆ サウンド
音割れしにくいです
普通です。

◆ 筐体:強度と質感
強度は液晶部分がやや弱く、それ以外は普通です
質感は本体の底の材質が安っぽくてよくないですが、パームレスト部は
つるつるして指紋が付きませんので
非常に良いです。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
右側手前のUSBコネクタは手前にあるのでマウスを付けるのに便利です。
PCカードスロットはダミーカードを挿すタイプなので不満です。
それ以外は標準的です

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
熱がこもっていないのに、電源を入れた瞬間ファンがフル回転するのは不満です。
しばらく使用すると熱くなりますが、触れない程ではありません。
ファン音は多少うるさいです。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
標準的な大きさで、発熱は温まる程度

◆ モバイル性
大きさ、質量ともにモバイルには適しませんが、バッテリーは標準的です。

◆ その他
省電力に関するソフトが1つもないのは不満です。
タッチパッドのスクロール機能は不要です(無効にできる)
どうせ付けるなら別にスクロールボタンを設けて欲しい
「↑、↓、→、←」キーを押し続けた時スクロールが遅いです
(最新のBIOS更新で解決します)
マニュアルが分量、質ともに不親切です
(私は困りませんが、初めてパソコンを買う人には困ると思います)
メモリスロットが2つで初期搭載メモリが512MBで片面の256MB×2ですが
拡張する事も考えて両面の512MB×1にすべきです。
HD、光学ドライブは交換容易でネジを外して取り出すだけです。
私は HD:40GB→80GB メモリ:512MB→768MB 
光学ドライブ:DVDコンボドライブ→DVDマルチドライブ に交換しました。 

◆ 総評
Pentium M 搭載必須、3Dゲームをやらない、モバイルしない、予算は10万円前後
上記の4つ全てに当てはまる人はnx6120は絶対買いです。(今現在nx6120は販売されてるかな?) 

HPの廉価モデルにあたるnx6120。兄弟機のnx6125をレビューしたので筐体はよく知っていますが、レキサンを使ったパームレスト部は非常に質感がいいですね。ピアノ塗装のように指紋も付かないため、精神衛生上もよろしいです。nx6125のレビューにも書きましたが、ノート本体は十分ほかと戦えるポテンシャルを持っていると思うのですが、一方でソフト面のマニュアルや付属ツールなどへの注力が足らない気がします。もう一段HPが日本で伸びるにはこの辺の先行投資が必要ですね。鶏と卵です。 [2006-2-2]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

HP Compaq nx6120/ct  安物ハンター さん

評価 80 点 No. 921

  • Intel 915GM (128MB)
  • Pentium M 750 1.86Ghz
  • 1 GB
  • Windows XP
  • 長所: 筐体
  • 短所: 液晶
3DMark03 821
FF11v3 高解 1394

◆ 購入のきっかけと価格
以前使っていたNECのPC-LW40H/84D6の性能に限界を感じたため。
hp directplusのキャンペーンモデルで15万ちょっとでした。(PM750/Mem1G/HD100G/802.11gcentrino/DVD-RW/i915GM Express/SXGA+)

◆ 実際の体感速度
確かに早くなりましたが、メモリバンドがボトルネックになっているのか、1.86GHzのDothanを積んでる割には3D性能が良くないような気がします。

◆ 液晶の質
これは良くないです。
かなり青っぽい上、輝度が低いので目が疲れます。明るい部屋では見えなくなることも。

◆ キーボード
基本的には良いと思いますが、デスクトップに慣れてる私としてはctrlとbackspaceキーがちょっと小さすぎると感じました。
あと、フォントが本体のデザインにミスマッチだと感じました。

◆ サウンド
思っていたより良かったです。
ただし低音はスカスカなので過度の期待は禁物です。

◆ 筐体:強度と質感
この値段にしては申し分ないです。
それどころかパームレスト周りの質感には高級感すら感じます。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
シリアル、パラレルははっきりいって要らないような気がしますが、IrDAポートがついてるのは良いと思います。
それと、USBポートが背面にないのはちょっとどうかと思いました。
あと、Bluetoothがオプションで選べればなぁと思います。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
ウチにあるショップブランドのデスクトップと比べたら静かです。が、欲を言えばもうちょっと制御が細かいほうがいいと思います。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
以前使っていたNECのものと比べたら小さいですが、重いです。
オマケに結構発熱します。

◆ モバイル性
このサイズにしては軽いと思います。
バッテリはカタログで最大約4時間ですが、実際には3時間持ったら良い方です。

◆ その他
無線LANの感度はとても良いです。(以前使っていたPCカードタイプに比べると)
マニュアルは必要最低限のことしか書いてないので初心者にはお勧めできません。

◆ 総評
良い買い物だったと思います。
液晶がもうちょっとマトモになってメモリがDDR2になってGPUが選べたらなぁ・・・
改良の余地はまだまだあると思うので、80点です。

液晶が青っぽいという安物ハンターさんのレポート。他の方も液晶についてはシビアなコメントを残しており、やはり値段相応なパネルなのでしょう。冷却ファンは一旦回り出すとうるさいのか、もう少し細かな制御があった方がいいのではと書かれています。やたらと細かいと音の変化が逆に耳障りになってしまいますが、nx6120の場合もう一段微風モードがあってもいいかもしれませんね。DDR2の不採用については、おそらくコストの問題でしょう。FSBクロックも低い現時点ではDDRとDDR2の違いは体感できるほどではないため、このようなスペックになったと思われます。 [2006-2-19]

  •  THIEF2 : THE METAL AGE (C) 2001 Eidos / LGS All Rights Reserved. [公式サイト]
  •   

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

HP Compaq nx6110  e275 さん

評価 80 点 No. 1266

  • Intel 915GM (128MB)
  • Celeron M 380 1.6Ghz
  • 512MB
  • Windows XP
  • 長所: 筐体
  • 短所: キーボード

◆ 購入のきっかけと価格

メイン機を買い換えた際、普段やっているオンラインゲーム
(C21 http://www.c21-online.jp/)がグラフィックの相性で動作しなかったので
ゲーム用にもう一台・・・(廃人じゃないですよぉ)

◆ 実際の体感速度

意外と快適、CeleronMさまさまです。
380はDothanコアなので少なくともBaniasのPentiumMは超えてるぽいです。

◆ 液晶の質

ネット上ではいろいろ言われていますが、私は特に悪いとは思いません。
多少、青っぽいのは否定できませんが

◆ キーボード

不満足点をキーボードとしましたが、多少タッチが硬いだけで配列や質感はハイレベルです。
某国産メーカー(N○Cや富○通)などの上位モデルよりもいいかもしれません。

◆ サウンド

びっくりです。最高、すばらしい。
業務用の最下位モデルに、こんないいスピーカーを載せるなんてHPは
一体、何を考えているんでしょうか。

昔、COMPAQ PRESARIO 1925を使っていた事がありますが、
それも結構いい音を出していたので、COMPAQのその辺を受け継いでいるのかな

◆ 筐体:強度と質感

全体的にはいい感じですが・・・
トップパネル(背面パネル?)がボコボコと言うよりグニャグニャ。
玉に瑕ですな

◆ 筐体:各種コネクタの位置

私だけでしょうか、Thinkpad T4x系と内部構造も含めて酷似しています。
バッテリー、光学ドライブ、CPU、メモリスロット、スピーカー、LAN・モデムポート、
PCカードの位置は全く同じと言ってもいいくらいです。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音

Sonomaにしては少ないです。
ファンの音も、あまり気になりません。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱

本体サイズにしては小さく纏まっていますが、発熱が凄まじいです。
上にフライパンを載せれば、小型コンロに早変わり・・・

◆ モバイル性

Thinkpad系の同程度のモデルと比べ、多少大きいですが軽いです。
筐体もしっかりしてるのに、この軽さはさすがHP

◆ その他

最近の統合グラフィックはすごいですなぁ。
多少古い3Dゲームなら普通に動きます。

あと、mini-PCIカード用の無線LANは普通では使えません。
一部カードをちょっち改造するとおkらしいです。

◆ 総評

正直、今までThinkpad命だった私を、HP命に変えそうになったすごいモデルです。
こんな業務用、最下位モデルでこれだけのクオリティを保っているのだから
上位モデルはもっとすごいかも・・・

最近の人気投票で上位に食い込んだのがヒューレット製ノート。e275さんのように地道に信者(?)を増やしているようですね。nx6110もそうですが、基本的に安くてもビジネスモデルとして開発されただけにキーボードなどは値段のわりにしっかりしているのがHPノートの特徴のようです。今後、家庭向けモデルも出していくとのことで、キーボードが同じ品質を保てるのかどうか見物です。

miniPCIの無線LANカードはオークションなどで結構出回っていますが、そのままでは使えないとのことで要注意ですね。ちょっと検索すると改造の模様をレポートしたサイトを発見。参考にするかどうかは自己責任のもと判断よろしく〜 [2006-9-13]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

HP Compaq nx6120  ウペロンテ さん

 No. 3779

  • 長所: キーボード
  • 短所: 液晶
CrystalDiskMark 3.0
 ReadWrite
Seq.33.9031.27
512k17.7920.03
4k0.290.601
4k320.430.606
型番HTS541040G9AT00
3DMark06 53
FF11v3 高解 1316

◆ 購入のきっかけや価格

元々持っていたノートPCを受験を機に全て処分してしまい
受験後ネットやりたくて中古で買いました
リファビッシュ品で価格は14800円ほどでした

◆ 体感速度の変化

元々持っていたノートはThinkpad X40なので
劇的な変化はありませんでした
しかしオンボグラフィックの向上は体感でき
多少の動画なら十分見れます

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など

買ったときには既に液晶に黄ばみがでていました
しかし当時の評判を見てみると青っぽい発色でしたので
相当劣化したのかもしれません
HDDで見た使用時間は6000時間弱でした

視野角は狭く少し向きをずらすと見えにくくなります
しかしそこまで実用に耐えないというほどでもありません

また黄ばみは酷かったので色補正を行い
黄ばみはかなり改善しました

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド

キーボードは元々使っていた機種よりも
大型機のためか若干打ちやすいかったです

配列はテンキーがないのでそれだけでも十分でした

タッチパッドはボタンの盛り上がりが大きく
とても手にフィットし
Thinkpadからでもさほど抵抗なく乗りかえれました
そのためマウスはほとんど使いません
最近の機種はタッチパッドのボタンが薄くどうも使いにくい印象を受けます

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など

発売当時の方々が言ってらっしゃるように
想像以上の音質でした
今までに5〜6台のノートを使ってきましたが
その中でもダントツで良い音です

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置

質感はよくデザインも無骨で纏ってて良いのですが
キーボードやタッチパッドなどのふちの部分にある小さな隙間に
ゴミや埃が溜まり易く少し気になりました

USBの配置やコネクタの種類などは
文句なしです
とても満足しています
◆ 排熱:筐体の温度

中古で買ってきたノートですので
色々と劣化してる部分もありますが
今の冬の時期でCPUの温度が負荷時60度
少しの負荷が45度全く負荷をかけなければ35度くらいです

一応分解清掃してでの温度です
ちょっと熱いかもしれません

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ

特に不満はありませんが
冷却ファンが少しうるさいです

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど

重さはこの大きさでは妥当だと思います

ACアダプタは結構熱を持ちます
触れないほどではありませんがかなり熱いです

バッテリーは中古で買った当時は2時間ほど持ちました
だいぶ年数が経ってるのでそれだけ持てば十分です

◆ 総評

だいぶ古いノートですが
今でも十分使えるノートです

PC Mark06はスコアたった53という結果になってしまいましたが
一応Youtube動画であれば720Pぐらいまでなら見れます
ゲームに関してはほとんど全滅ですが
軽いゲームくらいならできなくもないといった印象ですね

最近のモデルであれば青色LEDベースに蛍光塗料をあわせた白色LEDがバックライトに使われることが多いので、どちらかというと青みがかかった発色になることが多いですが、nx6120は旧来のCCFLバックライトとなります。HP CompaqブランドはHPの他のブランドに較べると価格重視の廉価シリーズになりますが、音はダントツに良いとのこと。

バッテリーは2時間もったとのこと。へたりが酷いとバッテリーを装着していても電源コードを抜いた途端電源が落ちてしまうこともありますが、年式を考えると2時間もてば上々と言えます。リファビッシュ品ということで商品化の際にあまり酷いバッテリーは除外されているのかもしれませんね。 [2012-3-12]

CrystalDiskMark、FF11のベンチマーク結果を追加で頂きました。 [2012-4-1]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

HP Compaq nx6120  ウペロンテ さん

  No. 3852

3DMark06 52
FF11v3 高解 1479
     

以前HP Compaq nx6120のレビューを書かせていただきました

その後のことですが
昨日メモリを2GBに増設しPentiumM 780に換装しました

CPU自体は6000円程度で入手し、メモリも3000円ほどで入手できましたが
CPUの最上位の恐ろしさを味わいまして
冷却が追いつかず
負荷をかけると80度を大きく越えてしまいますが
極めて高い負荷を長時間かけ続けなければ大丈夫そうです
(換装した意味があまりない気もしますが・・・・まぁ自己満足ですね)

換装後ベンチをした結果3D Mark06はほぼ変わらないものの
FF11のHIGHは結構上がりました
やはりCPU交換がきいたのかもしれません
と言っても実際に使っていて体感はほとんど変わらず
気持ち早くなったかなという程度です

その他に気づいたのは
HP Compaq nx6120のCeleronMモデルとPentiumMモデルのファンを見比べたところ
PentiumMモデルの方がやや大きめで立派でしたし
ファンの型番も違いました

上位グレードのモデルの方がファンなどがより強化されているとは
小耳に挟んでいましたが実物を見たのは初めてでした


------------------------ 2012.11.30 追記 ------------------------

その後しばらく
nx6120で快適にネットや軽いフリーゲームなどをやっていましたが
ある日突然起動しなくなりました

どうやらこの機種はいろいろな問題が起こっているようです
まず致命的なのはコンデンサ不良です
C57コンデンサというマザーボードの左上のほうにあるコンデンサが劣化し
それによって起動しなくなるそうです

またバッテリーも一部リコール対象になっています
幸い私が買ったものは再生品でしたので交換済みでしたが
中古で手に入れる際は注意が必要です

コンデンサ不良に関しましてはそういった措置もなく
大半のnx6120で起こっているようです
実際私が手に入れている
ジャンク2台と再生品1台すべてに同様な症状があらわれ使えなくなりました
幸いなことにC57コンデンサの取り外しで1台だけ回復しましたが
そのほかの2台は非常に不安定で廃棄せざるえませんでした



------------------------ 2013.1.16 追記 ------------------------

(追加写真の解説)

左は正常なnx6120でCeleronM360機ですメモリを1GBにした以外は特にいじっていません
右がレビューしたnx6120でPentiumM780、メモリ2GBです
液晶の下部のHPの文字が擦れて見栄えが悪くなったので
HPの文字をやすりがけして消しています

その下にある2台はコンデンサが壊れて起動しなくなったnx6120です
写真ではわかりずらいですが分解しておりほとんど元の形を保っていません

CPU換装後の発熱が不安の種というウペロンテさんからのnx6120の続編レポ。

前:Pentium M Processor 740 1.73Ghz
後:Pentium M Processor 780 2.26Ghz

CPUはどちらも製造プロセス、セカンドキャッシュ、FSBなどは同仕様です。CPUクロックが約130%増しとなっています。製造プロセスが同じの場合、クロック上昇と共に発熱は増えます。確かに80℃オーバーは気になりますね。グレードアップ効果はFF11ベンチではっきり出ていますが(1316 → 1479)、体感レベルではあまり変わらないとのこと。情報ありがとうございます。 [2012-7-20]

コンデンサ不良についての追記をいただきました。自作だとコンデンサ不良というのはよくある話の1つですが、メーカー品だとなかなか原因追及にまでは至らないのですが、比較的台数が出たモデルということもあってか、事例が多くあがっているようです。

以下は修理業者さんのホームページからの情報です。

ほぼ8割はC57のコンデンサー一個の交換で復活します
不良部品を外してこの状態でAC電源を指してみます
手前の通電ランプが点きこの写真の右側ほほうに3個のインジケーターランプが在ります
3秒ほどでこのランプが一瞬つきます(このマザーがランプが点いた時点で起動再開しています
ヒートシンク等が点いていないので確認したらすぐに電源コネクターを引き抜きます)
 → HP - 修理専門店 ノートパソコン格安修理

リンク先には問題のコンデンサの写真も掲載されています。 [2012-11-30]

頂いた写真を追加。 [2013-1-23]

その他のレビュー 7

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > HP Compaq nx6120ユーザーレビュー