HOME > レポート一覧 > M311, DM311ユーザーレポート

M311, DM311

 M311, DM311

■ 評価点平均

5

地デジの視聴・録画ができる11.6型(1366x768)CULVノート。このサイズで地デジに対応しているのは非常に珍しい。背面にもUSBをはじめ、コネクタ類が配置されていることも珍しい。メモリスロットは1スロットのみ。DM311は直販限定モデル。

長所・短所

GOOD   BAD
液晶
キーボード
騒音・ノイズ
1 筐体の質感
発熱処理

型番

M311A5 地デジ非搭載
M311A6 地デジ搭載
DM311 直販モデル

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

DM311  聖騎士 さん

>> オンキヨー

 No. 3239

CrystalDiskMark 3.0
 ReadWrite
Seq.59.0261.08
512k19.1230.32
4k0.380.800
4k320.640.818
型番WD2500BEVT
FF11v3 高解 1268

購入のきっかけと価格
プロバイダ切り替えのためにジョーシンに行くと改装の為の閉店セールをしていて、
割引が展示品なら2倍で尚且つ、半額だったので購入。
定価69800円、割引後35000円。プロバイダ切り替えの割引で2万引きで15000円。
展示品のために割安でした。

体感速度
特に遅く感じるような場面は少ない。Celeron SU2300とは言え、デュアルコアと言うことが
影響していると思います。
U7500を搭載しているVY10A/C-4と比べても遅くないです。
Windows7だからと言うこともあるかと思います。
GS45ということもあって、ゲームに関しても大差ないです。

液晶の質
グレアモデルですが、結構良い感じ。
その辺りの液晶ディスプレイと比べても劣ることはないかな。

キーボード
適度に打ちやすいです。長文を入力していても問題ないでしょう。
Thinkpadにはけして勝てませんが、その辺りにあるモバイルPCであれば、
負けない良さが有ります。

サウンド
ONKYOゆえに音にはこだわっているみたいでモバイル機でも
そこそこの音を鳴らします。
Pure Spaceを使った場合、音質向上をしているように思えます。

筐体:質感や強度
質感に関しては、ONKYOが絡んでいるから事からも結構シャープで
アルマイト仕上げのアルミパネルを採用しているので凄くイイです。
VAIOと比べてもそこまで見劣りすることも有りません。
強度に関してもしっかりしていて、問題有りません。
NECのUltraLight系と比べると劣る気はする。
モバイルしていても壊れるようなイメージは抱かないと思います。

筐体:各種コネクタの位置
左側にHDMI、右側にUSBが2つ、背面にUSBが1つ、VGA、LANとメモリカードスロット、電源コネクタ、
底面にminiB-CASカードスロットがあります。

正直、メモリカードスロットを背面に置く理由が分かりません。
HDMIをそちらに持っていくべきでしょうね。
LANが背面なのはかなり使い勝手が良いと思います。

ただ、電源コネクタ部分をしっかり差しても全部刺さらないので少し気になります。

静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
普通に静かです。特に気になるような音もありません。

モバイル 
軽いですね。VY10A/C-4と比べて、少し重たいですけど。
ただ、1.4kgなんで十分モバイルできると思います。
アダプタ関連も小さいので便利でしょう。

その他
地上デジタルテレビチューナーを搭載しているモデルでしたので、デジタル放送でテレビが
見えます。
画質もテレビと変わることもなく、綺麗に見えます。
サイズが11.6と小さいですが、1366×768ですのでハイビジョンで見るのには困りません。
録画したファイルはこのPCだけでしか見ることが出来ません。
録画してみて消すと言うスタイルであれば、問題ないと思います。

地上デジタルテレビチューナーはPCI接続です。

Pure Spaceは統合再生ソフトでTV、映像、音楽を見るためのオリジナルのソフトですが、
地上波デジタル放送を見る際にも使用しますが、高音質で聞くためにカスタマイズされていて、
より良い音で聞けるように作られています。
この辺りはONKYOの影響が伺えます。

プリインストールされているソフトは少なめですが、Jwordがインストールされていますが、
個人的にはスパイウェアと同意のものなのでインストールするのはやめて欲しいです。

後、バッテリーパックを外して、カバーを外せばメモリスロット、HDDにアクセス出来ますが、
メモリスロットは1スロットしか無いので増設しようとすると4GB一枚買う必要が有ります。
正直、辛いです。DDR2だからまだいいかもしれないけど…。

リカバリーシステム自体はWindows7のシステムの修復を使ったものとなっており、
出荷状態か高度が選べる。
高度と言っても全部をCドライブにするか、半々で分けるかの二つの選択肢しか無い。
もう少し柔軟性があってもいいのかなと思う。

リカバリー自体は高速です。
ちなみにCrystalDiskInfoでHDDの稼働時間を確認した所、1475時間と表示されたので
結構、展示されていたようです。

GPU-ZではGS45と表示されているのですが、メーカーのスペック表ではGS40。
まあ、たいした差じゃないので気にしないこととしました。

総評
SOTECを吸収したONKYOが出したモデル。
恐らく、技術的にはSOTECが担当していて、デザインなどをONKYOが
担当しているんじゃないかなと思います。

その甲斐あって、デザインに関してはかなり良い。
CPUもCeleron SU2300を搭載しているのでデュアルコアで速度も十分です。
Atomには追随されないでしょう。

地上波デジタルテレビチューナーもついて、69800円なら安いと思います。
無いモデルなら59800円と安めです。
無闇にCPUをCore2duo、i3などにせず、Celeron SU2300を搭載して安くしているので
この値段で出せたのだと思います。

ゲームをしないのであれば、十分なスペックもあり、デザインも悪くなく、強度も問題なし、
重量もそこそこ軽めとモバイル機としても問題ないです。
Pure Spaceも使い勝手は悪くなく、良い感じです。
低価格機としても問題ないのではないと思います。

ATOM搭載機と比べれば、値段は2倍しますが、それだけの価値は有ります。

完成度も高いPCでコストバランスも高水準に仕上げられています。

SOTECを吸収したのはONKYOとしても正解だったんじゃないかと思います。
品質も向上したし、デザインメインでも強化されたんだと思います。

「Pure Space」は触った事が無いのですが、これはオンキヨーのオリジナルアプリで音楽を再生する際に音声ミキサを迂回し、よりクリアな音を鳴らすことができるそうです。VAIOのSoundReality以外でここまで明確に音質を謳ったモデルも珍しいですね。スピーカーだけ銘付きだったりMAXX Audio搭載!と謳うモデルは山ほどあるのですが。
 → <a href="http://onkyodirect.jp/pc/dm311/sw.html">ONKYO DM311(M3/M311A5直販モデルONKYO DM311) ミニノート ソフトウェア:ONKYO DIRECT 公式サイト</a>
 → <a href="http://ascii.jp/elem/000/000/117/117074/index-2.html">ASCII.jp:パソコンはオーディオを超えるか? オンキヨー「APX-2」</a>

デザインは落ち着いた趣ながらも、単に「地味で安っぽい」筐体にならないようデザインされています。私もオンキヨーのノートはネットブックも含めデザインは結構好みです。買収されてかなり月日が経ちましたが、新しいモデルが出るごとにオンキヨーらしさが付与されていきますね。ただこの値段でオンキヨーが儲かっているのかはちょっと気になるところではあります。 [2010-6-14]

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > M311, DM311ユーザーレビュー