HOME > レポート一覧 > HP Pavilion dm1ユーザーレポート

HP Pavilion dm1

HP Pavilion dm1

■ 評価点平均

4.7

HP mini 2140のちょっと上を狙った11.6型のCULVノート。キーボードはHP mini 2140にそっくりでキーピッチは17.6 x 17.6 (mm)を確保。色は白磁(はくじ)、デザインは“uzu”。量販店のみでの販売。
 バッテリー駆動時間は MobileMark 2007ベンチ調べで8時間と結構もつ。Ethernetは100BASEで、USB3ポートはGood。小さいながらもスピーカーはALTEC LANSINGブランドとなっています

長所・短所

GOOD   BAD
液晶
キーボード 3
騒音・ノイズ
2 筐体の質感
発熱処理

型番

VV318PA-AAAA

関連リンク

uzuデザインと左右のポート配置。

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

HP Pavilion dm1  KERRY さん

 No. 2994

  • 長所: 筐体
  • 短所: キーボード
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 3.8 4.8 3.8 3.4 5.9 3.4

◆ 購入のきっかけと価格・・・モバイル用にと思い,今年の3月に激安キャンペーンで購入したHPのdv4a(Sempron3800,2GB,250GB,Vista)の動作の遅さに耐え切れなかったこと(CPU性能の低さとOSの不安定さが原因と思われる)と,14インチを持ち運ぶのは,海外出張の多い私にはきつかったため,買い替えを検討していました。ネットブックはCPU性能とディスプレイ解像度の低さに不安があったので,やはり10万円以上出して本格モバイルを購入しないといけないのかと悩んでいたとところ,HPからこのモデルが出ることを知り,ソフマップにて発売日初日に現物を見て即購入しました。その店舗では第1号の販売だったようです。


◆ 体感速度の変化・・・体感的には,起動時間,処理速度ともにdv4aよりも早いです。dv4aは時折引っかかるような動作がありましたが,そういったものも皆無です。OSがWin7ということもあり,安定しているのかもしれません。SU2300がデュアルコアであることの恩恵もあるのかもしれません。軽い動画・画像処理もストレスなく行えそうです。ある記事で,SU2300の中身はCore2Duoだと言われていましたが,それがわかるような動作です。Atomのネットブックとは比べ物にならない処理性能です。


◆ 液晶の質・・・通常作業では気になりませんが,黒にしまりがありません。バックライトの光漏れがあるようです。ディスプレイの角度にもよりますが,開く角度が浅いと黒がグレーっぽくなります。輝度はまったく問題ありません。外資系PCのディスプレイは輝度が低めだったりしますが,十分な輝度が確保されていますので,輝度を落として作業しています。感想は,中の上といったところです。ディスプレイのハードウエアIDはLGD0232なので,LG製と思われます。解像度は1366×768です。横方向に長いので,作業しやすいです。


◆ キーボード:配列やタッチ・・・これが残念なところです。左側Dキーの周辺がたわんでいます。組み付け時の微妙な誤差で生じた,この個体の症状なのか,それともモデル全体の症状なのかはわかりませんが,剛性感に欠けます。キーの配列やフィーリングは,HP Miniとそっくりです。嫁がMiniを使用していますが,剛性感はMiniのほうが断然上です。専用設計ではなく流用であるとすれば,剛性が十分に確保できなかったのかも知れません。

◆ サウンド・・・ALTEC LANSING製のスピーカーが内蔵されています。ミニノートらしからぬ音を出します。ここにコストをかけるより,キーボードにコストをかけてほしかった。


◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置・・・筐体の剛性は十分ですし,HP Inprintのおかげで見た目も非常に上質です。キーボード周辺の色も,シルバーというよりシャンパンゴールドのような色合いで,VAIO Xに引けをとらなくらいの高級感があります。ACアダプタのコネクタがストレート方なので,モバイル用途を考えて,このあたりもMiniのようなL字型にしてほしかったと思います。キーボードよりも,ACアダプタを流用してほしかった。USBは左に1個,右に2個の計3箇所,HDMIポートが左に1箇所あります。アナログVGAポートも右に1箇所です。私はUSBしか使わないですし,LANも無線しか使用しないので,ポート配置はさほど重要ではありません。


◆ 排熱:筐体の温度・・・まったく熱くなりません。強いて言えば,左パームレストが微妙にあったかくなる程度でしょうか。超低電圧CPUの恩恵と思われます。


◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン・・・HDDはSeagate製ST9250315ASです。エクスペリエンス・インデックスを見てもわかるように処理速度は早いです。重い作業をしなくても,冷却ファンは常に回転しています。BIOS上で制御できるのかもしれませんが,デフォルトでは常時回転のようです。


◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど・・・VAIO Xにはかないませんが,とにかく薄く設計されていますので,モバイル用には最適でしょう。バッテリーはメーカー公表値では8時間となっていますが,実際にはバッテリー使用をしていませんのでわかりません。6時間程度持ってくれれば私にとっては十分です。


◆その他・・・最後にもうひとつ残念だったのは,HP伝統の仕様でもあった,タッチパッドのハードウエアスイッチ(ON/OFFボタン)が無いことです。普段はマウスを使用しているのでタッチパッドは使わないのですが,時折マウスを持って行き忘れることがあり,そのときには即スイッチオンにして使用できるという便利さが重宝していました。誤動作を防ぐためにもよかったのですが,このモデルにはスイッチがありません。Miniにも付いていだけに残念です。伝統は守ってほしかった。


◆ 総評・・・購入価格は69800円でした。ネットブックよりは割高ですが,デュアルコアかつ超低電圧のCPUの恩恵,筐体のコンパクトさや質感・剛性,長時間使用も可能なバッテリなど,モバイルに重要な要素はすべてそろっていると思います。コストパフォーマンスに優れたモデルだと思います。さすがワールドワイドで展開しているHPです。キーボードは残念でしたが,個体差があるかもしれないので,後日無料交換を依頼してみようと思います。

HP Miniにそっくりなキーボードを持つ量販店専用モデル「dm1」ですが、実際のキータッチは一部たわむ箇所がありMiniの方が上とのことです。後にKERRYさんが言及されているhp伝統のタッチパッドオンオフボタンまで削るコスト削減ぶりですので、キーボードの固定についてもぎりぎりまで削られ、その悪影響が出たのかもしれません。一方でスピーカーは思いのほかいい音が鳴り、コストをかけるところが違うのではないかと突っ込みが入っています。

キーボードのたわみは個体差かもしれず、不良交換も依頼してみようかと検討中のKERRYさん。過去の蹴茶レビューでも、豪快にキーボードがたわんだdynabook WXWにおいて明快な個体差があったので、もしかすると良い結果が得られるかもしれません。無理なものは無理と言ってきますので、こういった不満は泣き寝入りせずにどんどん言っていくべきだと思います。そうしないといつまで経っても改善されずに済まされる元にもなります。 [2009-11-27]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

HP Pavilion dm1  カズハ さん

 No. 3191

  • Intel GS45
  • Core 2 Duo SU2300 1.2Ghz
  • 3 GB
  • Win7 x86
  • 長所: 筐体
  • 短所: キーボード
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 3.8 4.7 3.5 3.3 5.9 3.3
CrystalDiskMark 3.0
 ReadWrite
Seq.260.9174.17
512k193.0577.55
4k14.1934.893
4k3287.7465.945
型番SSDSA2MH080G1HP

◆ 購入のきっかけや価格
ネットショップを巡っていた所、SSDモデルの新品が激安だったので衝動買いしました。
価格は送料込み49800。増設メモリがDDR3の2GBで5000円ほど(虎製。
Trim非対応のG1とはいえ、80GBのIntelSSD+DualCoreを積んでこの値段は脅威としか。
型番的にはググっても引っかかってこないので、商品が届くまでは不安でしたが、大手のネットショップだったので信用して購入。
届いた商品はちゃんとSSDモデルで、丁寧な梱包の上に未開封でした。

◆ 体感速度の変化
Core2Duo SU9400のLoox C/E70と比べて、全く差を感じません。
ブラウザ+MP3プレイヤーの同時起動くらいなら、裏でアンチウイルスが動いてもストレス無し。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
CULVお得意の11.6インチ液晶で、輝度・発色・視野角、どれも中の上レベル。
映り込みが激しいのは難点ですが、ノングレアのフィルターも売っていますし、値段を考えれば上出来です。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
配列や質感は良いのですが、キーボード左側の一部がたわみます。
店頭で触った筐体もそうだったので、設計が悪いんでしょうね。
長時間タイプするには向いていないかもしれません。
タッチパッドもボタンが硬すぎるような。
しかもオフにするには専用のツールや、BIOSアップデートが必須。
マイナスポイントその1。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
スピーカーは値段を考えると、それなりに高品質。
おかしな言い方ですが、スピーカーといえるものです。
ヘッドフォン使用時も、音割れはありません。
しかし外資系低価格モデルのお約束か、ACアダプタ使用時はわずかに「ジー…」と低周波音が聞こえます。
酷くはないのですが、気になる人は多いと思います。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
これが一番の売りだと思います。
天板のデザインは別として、質感と強度は一昔前の高額モバイル機並み。
プラスチックなのに、ヒンジもパームレストもがっちりしています。
HPの低価格ノートは、意外としっかりした作りが多くて好きです。
(故障率は1番との統計も聞きますが
コネクタもUSBが3個、HDMI付と不満はありません。

◆ 排熱:筐体の温度
廃熱は優秀。
手を載せっぱなしにしていると、パームレスト左下が少し熱くなる程度。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
冷却ファンはデフォルトだと常時回転します。
しかしノイズや振動はありません。
静かな場所でも使えるかと。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
マイナスポイントその2。
1.5kgと重い。
しかもACアダプタがマッチョ。
ケーブルがミッキー。
筐体が薄く、バッテリーの持ちも悪くないだけに残念。
バッテリーは、何も考えずに使って3時間弱持ちました。
AtomのMini1000より上、SU9300のRX2以下。

◆ その他
この機種の目玉、Sequential Read 260MB/sを超えるIntelSSD。
実容量は74GB程度なのですが、工場出荷時で25GB以上も使っています。
それなのにリカバリ領域が無く、リカバリディスクを作れません。
一応ディスクのイメージを作るソフトは付属していますが、例によって不親切な作り。
私はTrueImageでバックアップを取った後、Windows7をクリーンインストールしました。
ドライバも自動で全部入り、今のところ不具合はありません。
クリーンインストールだと、容量を8GBしか使わないのでお得です。
OEMのライセンス再認証はオペレーターとの会話が必須ですが、5分もかからないので特に問題ありませんね。

余談ですが、IntelSSDは通常のものより薄い(HPの専用マウンタ付)ので、他のメーカーのSSD等と交換すると、蓋が閉まらないか隙間が出来る(マウンタ撤去)かします。
わざわざ変えることは無いと思いますが…。

Windows エクスペリエンスのHDDスコアが5.9なのは、何やらそういう症状(不具合?)があるそうです。
HPのOEM品でなく、Intel純正をデスクトップに刺して5.9もあるとか。
実際の読み書きはスコア7以上のものと差が無いそうですが、少し残念です。

◆ 総評
純粋な性能だけなら70点、コストパフォーマンスを考えると90点。
セカンドマシンを物色中の方にはお勧めの1台です。
やっとCeleronの時代がやってまいりました。
でも天板のデザインは時代を先取りというか、異次元だと思う今日この頃。

「Trim非対応のG1」というのはIntelの第一世代SSDを指しています。「X25-M G1」は50nmプロセスで製造されたNANDフラッシュを使った製品で、後継の「G2」は34nm世代のNANDフラッシュを採用したモデルとなっています。製造プロセスが違うだけでなく後日リリースされたTrim対応ファームはG2世代のみを対象とするなど違いがあります。
 → 4Gamer.net ― Intel,34nmフラッシュ版SSDでTrimコマンドを利用可能にするツールを公開

性能的にはCPUクロックが低い(GPU性能は論外ですが)ということもあって70点とギリギリ合格的な点数に。が、しかし未開封品で5万円を切る価格を考えれば上出来との評価。ですよね。USBコネクタ数も不足無いですし、セカンドマシン以外でもカジュアルユーザー向けにも良さそうです。容量の少なさはUSB HDDでカバーしてもらえばOKですし。 [2010-4-28]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

HP Pavilion dm3a/CT  カンクロウ さん

 No. 3518

  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 4.1 5.9 4.4 5.9 6.8 4.1
CrystalDiskMark 3.0
 ReadWrite
Seq.215.85154.52
512k171.01109.03
4k16.846.570
4k3223.825.920
型番
3DMark06 2672
FF14 低解 428

◆ 購入のきっかけや価格
1年前、家庭用のノートPC故障による。最初はNW8440で考えましたが
  値段の割りにぱっとしない気がして、緊急に1台必要でもあり当面のつなぎ
  として当時セール中だったdm3aを購入。


◆ 体感速度の変化
  前がHPのNW8240。普段使いでは感覚的にはほとんど差は無い。
  OS立ち上がりはWIN7且つSSDなのでdm3aが圧勝。


◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
  解像度がNW8240から比べるとみすぼらしい…値段相応かと。


◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
  日本語入力時のFnキーの使いにくさ以外はOK


◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
  こだわりは無いのでなんとも。昔のノートPCより良いのは当たり前。


◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
  NW8240の方が上。個人差あるでしょうが、4年使って筐体、キーボード
  ともに新品同様。そこそこふき掃除はしてましたが。dm3は4年待たないと
  本当の意味での比較のしようがないかな?


◆ 排熱:筐体の温度
  普段使う分には特に問題ありません。


◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
  普段使う分には特に問題ありません。


◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
  さすがにNW8240と比べたら軽くて小さい。意外とACアダプターが
  NW8240用と同サイズな事に驚いた。


◆ その他
  GPUは4350と表示されます。(もう無い型番でしょうか?)


◆ 総評
  買って1年経ちましたが、ふと気になって見てみるとdm3aの評価が
  載ってないので追加してみました。モバイルと割り切れば充分以上の
  性能と思います。出張でも使いたかったのでこれはこれで良かったです。
  同時期に販売されてたdm3iと悩みましたが若干こっちがお得な気が
  して買いました。最近ゲームはしてないので不満は無いですが、ためしに
  FF14のベンチを走らせてみると動いたのでびっくり。もう少し軽い
  ゲームなら使えるかなと思いました。中古で買う方もおられると思うので
  以上ご参考まで。

手薄なモデル情報ありがとうございます。比較対象となったnw8240は古いモデルですが、かっちりしたモデルを作るHPの古モデルだけに新しいモデルと較べても引けを取っていません。 [2011-3-31]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

HP Pavilion dm1  ゼロmax さん

  No. 3850

  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 3.9 5.9 4.6 5.9 5.9 3.9
3DMark11 330

 [2012-7-19]

その他のレビュー 4

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > HP Pavilion dm1ユーザーレビュー