HOME > レポート一覧 > HP Pavilion dv7-6000 / 6100ユーザーレポート

HP Pavilion dv7-6000 / 6100

HP Pavilion dv7-6000 / 6100

■ 評価点平均

4

SandyBridge+「AMD Radeon HD 6770」を選択可能な17.3型モデル。筐体色はダークアンバー (深い琥珀色)。GPUは「Radeon HD 6490」との選択となります。
 最近は採用例が少なくなってきた指紋認証を備えているのも特徴の1つ。メモリーカードスロットはSD規格のみに対応。代わりにSDXCにも対応しています。

長所・短所

GOOD   BAD
液晶
キーボード
騒音・ノイズ 1
1 筐体の質感
1 発熱処理 1

型番

dv7-6000 2011春モデル

dv7-6100
店頭モデルと一部直販モデルは「Radeon HD 6490M」搭載。

dv7-6114TX: Radeon HD 6490M
dv7-6106TX: Radeon HD 6490M

dv7-6116TX: Radeon HD 6770M
dv7-6100TX: Radeon HD 6770M

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

HP Pavilion dv7-6000  Justkeep さん

 No. 3559

  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 7.5 7.4 6.9 6.9 5.9 5.9
3DMark06 11949
FF14 低解 2564
     

◆ 購入のきっかけや価格
5年ほど前のパソコンに限界を感じたのと
 コストパフォーマンスの高さに惹かれて。

◆ 体感速度の変化
 比較対象があれですが実使用でもたつくことはないです。
 友達のデスクトップと比べても遜色ないです。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
 外資系メーカーの物は悪い悪いといわれ心配でしたが杞憂でした。
 上下の視野角は狭いですが左右は180度問題ありません。
 液晶にはあまりこだわるほうではありませんが国内メーカーの
 下位モデルかそれ以上ではないでしょうか。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
 ここが一番の改善点でしょうね!タッチパッドはこれまでに比べると
 かなりよくなったと思います。周りのバックライトもグッドです。
 しかし多少たわみがあるので改善してほしいです。
 キーボードのほうは時に癖のない配列のアイソレーションキーボードです。
 HP特有のファンクションキーの設定は逆のほうがいいと思いますが
 BIOSで変更できるので問題ないかと...それとshiftキーを打つとき
 カチッっと音がします。ところどころたわみがありますが許容範囲かと。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
 作業用BGMとベンチしか流してないですが音割れはないです。
 ノートの中ではいい部類に入るでしょうし、
 手前と液晶のしたにスピーカーがあるのは立体感があっていいです。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
 筐体はかなり高級感があると思います。
 落ち着いた感じにまとまっていて普段はほとんど黒ですが
 光のあたり方によってはかなり茶色っぽく見え気に入っています。
 大きいサイズなので全体がたわむかと思いましたが天板を
 押してみてもそんなことはなくがっしりしています。
 重量は思っていたより軽く家の中の移動なら余裕でしょう。
 バッテリーも実測で2時間半以上は持ちました(初期設定・残り5%)
 ただコネクタは無線ランマウスなどの接続用にUSBコネクタが
 もう少し後ろのほうにあるとよかったこと(全て前面に集中)と
 個人的に電源ケーブルは左側にあって欲しかったのでそこが少し残念です。

◆ 排熱:筐体の温度
 これはかなり驚きました。
 まず右側はなにをしてもまったく熱くなりません。
 →むしろひんやりしている。
 そしてCPUなどが集中している左側もベンチなどをしたときに
 ほんのり暖かくなる程度でwebなどを見ているだけなら右よりは暖かいかな?
 ぐらいな感じです。新冷却システムは成功みたいですね。
 少なくとも熱に不快感を覚えることはないと思います。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
 ファンは初めはかなり優秀かと思いましたが、やはり外付けのGPUを使うと
 だいぶうるさいです。排熱重視の設計でしょうか?
 しかし平均的な騒音であり、CPU内蔵のGPUを使っているときは
 ほとんど聞こえないぐらいなのでバランスを考えるとかなりがんばったのでは
 ないでしょうか。排熱&静粛性では素直に評価できます。

 いっぽう光学ドライブは普通にうるさいです。
 ディスクの回る音にくわえてときどき機械音が入ります。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
 持ち運びは考えてないですが家のなかなら十分持ち運べます。
 ACアダプタは120Wとのことでかなりおおきいです。
 実測で2時間以上持ちましたから設定など変えていけばもう少し持つのでは?

◆ その他
 GPUが選択肢になかったので一番近いのを選びました。
 本当は6770Mです。変更よろしくお願いします!
 またこんなにはやばやとレビューした理由ですが明日このパソコンを
 修理に出します。理由は初期不良?といいますか・・・
 SSD+HDDの構成で注文したのですがCドライブにHDD Dドライブとなってます。
 普通に使用はできますがOSがHDDにはいっていてはこの構成の意味がないので
 修理に出すことにしました。
 そのためエクスペリスインデックスも5.9どまり...
 CrystalDiskMarkも計測しませんでした。
 なので修理から返ってきたら改めてレビューを使用かと思います。

◆ 総評
 コストパフォーマンスが非常に高く
 ノートでゲームがしたい人から初心者まで幅広く勧められるものです。
 非常に満足のいく買い物だっただけに初期不良が非常に残念です。
 正直このPCには95点ぐらい与えられますが・・・
 メーカーの対応も含めると85〜90点ぐらいです。
 物自体は非常にいいものなので近いうちにパソコンの購入を
 考えている人は検討する価値はあるとおもいます。
 それではまた修理からかえってきたら条件を増やしてレビューしようと
 思うのでよろしくお願いします。

総合評価(本体5点 初期不良-1点 コストパフォーマンス+0.5点)=4.5点
 初期不良はもっと下げたいところですがパソコン自体には関係ないので4.5点

PavilionのタッチパッドはMacBookを真似たボタン一体型でしたが、Justkeepさんの写真を見てもわかるとおり、このモデルでは左右ボタンが独立した一般的な配置になっています。模範(先駆け)となったMacBookの一体型タッチパッドは使いやすいのですが、Pavilionの一体型タッチパッドはボタンが堅く大変使いにくかったので、だいぶクレームが付いたのではないでしょうか。最近HPはコスト優先の製造委託先から方針転換するとも言われており、色々と取り組み中のようです。

ACアダプタは大容量の120W。ボリュームゾーン向けの統合GPUオンリーのモデルでは70W前後で収まることが多いですが、独立GPUを搭載しているだけあってさすがに大きなACアダプタになっています。

JustkeepさんはSSD+HDDでオーダーされたそうですが、なぜかCドライブがHDDだったとのこと。うーん、確かに意味不明です。システムをHDDに入れたまま、SSDをDドライブに設定することに意味がゼロとは言いませんが、普通はしない構成です。hp側も問題を認めたのか修理対応となっています。しかし、この問題はJustkeepさんに届いたこの個体だけだったのでしょうか。ドライブを入れ替えたまま出荷されてしまう体制もどうかと思います。 [2011-5-22]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

HP Pavilion dv7-6000  masatan さん

 No. 3568

  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 7.4 7.6 6.9 6.9 5.9 5.9
FF14 低解 2560
モンハン絆 6158

◆ 購入のきっかけや価格
今まで使っていたエプソンのNA801が去年の夏に酷使したためGPUに問題が発生、ディスプレイの一部に色ずれが、起きるようになり買い換え、保険加味で13万程です。

◆ 体感速度の変化
基本が違うので断然早いです。それから結構安定してます。此方の方が大事です。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
照度:明るいみたいです。
視野角:上からの視野が狭いです。
発色:どうやら白寄りな印象を受けます。ハッキリ言って黒が薄い?w

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
キーボード、黒い、いや暗い印象で、どのキーも同じに見えてしまう。
感覚的にタッチすることが多いため、普通のノートやディスクトップのキーボードと違うため特定のキーを毎回打ち間違える、慣れるしかなさそうです。
キーボードの一部に妙な撓みがあります。注意しないと分かりませんが。
タッチパッド、私は使いません。ですが、周りのラインが光るのはどうでしょう。好みにもよりますが、私には好きになれません。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
サウンドは結構聴けます。鳴らせます。良い音という意味ではありませんがw。


◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
筐体ですが、質はまあま強度もこの様なものでまずまずというところでしょうか。
ですが。どうも仕事で設計をやることがあるので、感心するところと甘いところを直ぐ見つけてしまいます。筐体の幾つかの部分に勘合の甘い部分があります。ディスプレイを開くのが重すぎです。また、ディプレイ部に妙に強度の無いところがあります。質感で、間接照明では落ち着いた感じですが、照明が強いところではギラツクところが有ります。趣味でしょうか?
USBのコネクターの感覚が少し狭いのと、深さが浅い。マウスを付けて使うとき接触不良を起こしやすいです。

◆ 排熱:筐体の温度
普通に使う分には静かですが、Webサイトが変わるたびにファン回転が速くなるのはどうかと思います。
ベンチマークではそれなりに排熱しています。左上の部分が特に熱くなります。余談ですが、フルスクリーンで解像度落として3Dゲームをしましたらファンが爆走状態になりました。これをウインドウ状態にすると、それなりの回転に落ちました。なして?
排熱、それなりにかなり熱いです。静かな時は問題ありませんが、爆走状態は精神衛生的にコワイです。


◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
上記の項目で静粛性、冷却ファンについて記入してます。光学ドライブですが、始め地雷を踏んだと思うほど変な音がしました。今は問題有りません。NA801に比べれば静かです。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
大きいです。重いです。でも私は持ち歩けます。慣れてるものですから。
ですが、普通これは持って行けませんですね。プレゼンの装備とするなら覚悟が必要かもしれません。ACアダプター大きいですね。バッテリー小さいですね。思ったよりですけど。

◆ その他
初期のセットアップですが、判りずらいのと、日本語変です。また、セキュリティーのセットアップでインストールしない設定しても再び要求してくるのは何とかならない物でしょうか。
私は、別のセキュリティーソフトを常用してるので直ぐにそちらを入れたのです。
あと、全て確認したわけではありませんが、DVDの再生ですが、PowerDVD10の英語バージョンの日本語仕様?が入っているようです。カタログで一部機能が無いとされているのはそのためのような気がします。それなのか起動するとDVD11に有償バージョンアップのポップアップが表示されます。

◆ 総評
この値段で此程のものが手に入るのですからあまり文句は言えませんが、やはり大きい、でも、この方が文字は見やすいです。気になるところを論うのは優しいですが、デザインを設計に反映、そして製造の過程を通すとどうしても無理なところがあったりします。その折り合いが大切なのですが、そうゆう意味で頑張ってると言えます。デザインと設計のバトルが意外と勉強にはなるんですが

一般ユーザーの意見というより、設計者目線のレポートをmasatanさんからいただきました。ライターさんなどは映画を見ても、すんなり頭に入らずいちいち演技やシナリオが気になって仕方がないと聞きますが、masatanさんもどうも設計する側に立って見てしまうようです(^^;

「安定動作」はそれこそ性能よりも重要なポイントだと思いますが、簡単なようでこれがなかなか難しい。特に色々ソフトをプリインストールして独自性を出そうとするメーカー製は不安定要因も多く、酷い場合だと最初のセットアップでブルースクリーンなんてこともあります。

ヒンジは使い勝手より故障低減を重視すると固くなるようです。使い込むうちにヒンジはどうしても緩んでくるため、購入時にちょうどいい固さだと2,3年後には緩くなりすぎてしまうことがあります。メガネのように自分で締め直せればいいのですが、ユーザーの手直しを前提にしたヒンジは見たことがないです。基本的にユーザーがあれこれ触るのはクレームの元になるので嫌いますね。

「セキュリティソフトを入れない」という選択肢を用意してくれないのはヘビーユーザーにとっては面倒な慣習です。初心者の方にとっては入れ忘れることがなく、都合が良いのかも知れませんが...アンインストールしない限りは何度キャンセルしても勧誘画面が出続けることが多いですね。 [2011-5-30]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

HP Pavilion dv7-6000  トキ さん

 No. 3599

  • 長所: 筐体
  • 短所: 騒音
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 7.4 5.5 6.9 6.9 5.9 5.5
3DMark06 10653
モンハン絆 3937

◆ 購入のきっかけや価格
以前使っていたノートが壊れため、手頃な物を探していたらコスパが良さそうだったので。

◆ 体感速度の変化
VISTAからの乗り換えですが、劇的に速くなったとは感じませんが起動自体は速い気がします。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
そこまで液晶にはこだわりが無いのであまり不満はありません。
解像度は1600×900ですが自分は不満は無いですが人によっては気になるかもしれませんね。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
これもこだわりは無いのと外付けしか使わないので何とも・・・

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
ヘッドホンがメインなので特に不満はありません。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
自分としては質感・強度は悪くないと思いますが、コネクタの配置は電源が右後部にあるのがちょっと気に入らないですね。

◆ 排熱:筐体の温度
そんなに重い作業はしていなくてもファンがうるさい所を見ると熱は結構あるようです。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
ドライブはまだ使っていないので良くわかりませんが、上記の通り冷却ファンは結構うるさいです。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
元々持ち運ぶ前提のノートでは無いと思います。
ただ17インチクラスとしては思ったより軽いですね。

◆ その他
USB3.0が標準で付いているのは悪くないですね。
対応機器が無いので実力の程は未知数ですが・・・

◆ 総評
メモリやHDDなどは後から自力で交換するつもりで最低構成にしましたが
それを差し引いてもi7、6770M、ブルーレイドライブ搭載で95000位なら悪くない買い物だと思いました。

ノートパソコンではメモリ、HDDはユーザーでも比較的簡単に換装が可能です(保証対象外となってしまいますが)。一方でCPU、GPUなどは滅多なことでは換装できないため、性能を必要とするノート選びの際は重視したいパーツです。USB3.0は今後確実に広まってくるでしょうし、個人的にも次買う時は外せない条件だと思います。 [2011-6-25]

その他のレビュー 3

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > HP Pavilion dv7-6000 / 6100ユーザーレビュー