HOME > レポート一覧 > バイオ VAIO PCG-U101ユーザーレポート

バイオ VAIO PCG-U101

VAIO PCG-U101

■ 評価点平均

90

先代バイオU1は867MhzのCrusoe TM5800を搭載し、衝撃的デビューを果たしましたが、CPUの力不足もあり今ひとつパッとしませんでした。その後継となるU101は当時、どこもIntelから供給を受けていなかった特別仕様のBaniasコアCeleronを搭載。コンパクトさだけではなく普通にWindowsが使える性能を兼ね備えた隙のないモデルとして登場しました。残念ながら、部品の調達が上手くいかなったらしく、幻のように生産が中止されてしまいました。

長所・短所

GOOD   BAD
液晶
キーボード 1
騒音・ノイズ
1 筐体の質感
発熱処理

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO PCG-U101  STMBE さん

評価 90 点 No. 268

3DMark03 93

今までモバイルに使っておりましたLibretto100が、とうとう液晶と本体の付け根部分が壊れ、二日前にU101を購入しました。そこで、さっそく、最新のオメガドライブ(2.5.36b)を入れて、オーバークロックを試みました。デフォルトは、コア・メモリー共に144.00MHzでした。正常に到達できた204.15MHzで、ベンチマークを試みた結果を以下に示します。


3DMark2000

2299(144.00MHz)

3004(204.75MHz)

3DMark2001SE

1404(144.00MHz)

1674(204.75MHz)

3DMark03

73(144.00MHz)

90(204.75MHz)

FF11 ver1.1

1164(144.00MHz)

1251(204.75MHz)

FF11 ver2Low

953(144.00MHz)

1006(204.75MHz)

3DMark2000

2314(144.00MHz)

3010(204.75MHz)

3DMark2001SE

1414(144.00MHz)

1710(204.75MHz)

3DMark03

74(144.00MHz)

93(204.75MHz)

FF11 ver1.1

1180(144.00MHz)

1267(204.75MHz)

FF11 ver2Low

971(144.00MHz)

1019(204.75MHz)

GL ver1.1a

1406(144.00MHz)

1599(204.75MHz)

見ておわかりの通り、先に比べると若干ですが全スコアがあがりました。

先に、「FF11 ver2のHighは、画面がめちゃくちゃになってしまいました。」と報告いたしましたが、画面のプロパティをいじって、何度もトライして、うまく行く方法を見つけました。その手順を説明します。画面のプロパティ→設定→詳細→Direct3Dとたどって、設定画面のZバッファビット深度の「8ビットステンシル」のチェックを外し、適用、ウインドを閉じる。そして、FF11 Vana'diel Bench2 高解像度をトライしてください。設定後、はじめの1回は、いつもと同様に失敗するかもしれませんが、そこで諦めずにESCを押して、再度スタートを押してください。かなりこま落ちしますが、それでも、ちゃんと画像が出てきて、それ以降は、成功するはずです。因みに、結果を以下に示します。

FF11 ver2High 751(144.00MHz) 822(204.75MHz)

追伸:因みに「8ビットステンシル」にチェックが入っていないと今度は逆に3DMark03が全く動きませんので注意してください。「8ビットステンシル」にチェックを入れて、FF11 Bench v2 高解像度がうまく表示されなくなったことを確認してから3DMark03を動かせば、少なくとも先にレポートしたぐらいは動きます。

システム全体のパフォーマンスアップに繋がるメモリ増設を行っての再レポートです。本当には微妙にスコアアップしています。そして超詳細画面のため7が1に見えてしまったということで、訂正を少々(^^; [2004.5.27]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO PCG-U101  STMBE さん

  No. 270

3DMark03 90

3DMark03は、Test1とFeatureの2of5です。FF11 ver2のHighは、画面がめちゃくちゃになってしまいました。クロックを共に211.50MHzまであげるとベンチの途中でハングしました。216.00MHzでは、ベンチソフトが立ち上がったものの、テストがスタートせず、ハング。それ以上では、クロックをセットした段階でハングしました。

丁度、2004夏モデルのUが発表されましたが、個人的にU101がとても気に入っております。やはりキーボードがちゃんと本体についていなとちょっと心配です(古い世代なのでしょうか、、、)。とにかくU101の性能には驚かせられます。前から使っているPCG-GR5Fとほぼ同等の性能なのに、重さは3分の1。モバイルが楽しみです。Libretto100にも購入時には驚かせられましたが、U101はそれよりも小さいのでさらに驚いております。後ほど、ゲームの評価もお送りしたいと思います。

メモリー(512M)を中古で手に入れて、U101を強化して、早速、エターナルカオスをプレイしてみました。全ての設定を最大にしてみましたが、特にストレス無く動きます。ラグラミアの最も混雑しているところでも、なめらかに動きました。今回は家の有線LANですが、今度は外でPHSをトライして見ます。また、メモリーを増強しましたので、懲りずに再度、ベンチマークを試みた結果を以下に示します。尚、前回、正常に到達できたのは204.15MHzと書きましたが、204.75MHzの間違いでした。謹んで訂正いたします。この大きさのモニターで1024x768の解像度を見ていると老眼気味(?)の目には、7が1に見えてしまいました(笑)。

蹴茶もキーボードあった方がいいよね派ですが、今夏のUはまた違った魅力で惹かれます。U101が「小さなノートパソコン」を目指したものとすれば、今夏のUは「大きな万能PDA」を目指したような感じですね。それにしても3DMark03を一部だけとはいえ、バイオU101で動かしてスコアを出したのはスゴイ(^^; [2004.5.20]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO PCG-U101  STMBE さん

  No. 514

  • 長所: 筐体
  • 短所: キーボード
FF11v3 高解 767

U71PのOGAさんのレポートに刺激されて、久しぶりにチャレンジしてみました。
先のレポートにも書きましたが、設定画面のZバッファビット深度の「8ビットステンシル」のチェックを外しての測定です。因みに、デフォルトとLowの結果は以下の通りです。
FF11 ver3High 727(144.00MHz) 767(204.75MHz)
FF11 ver3Low 1124(144.00MHz) 1191(204.75MHz)
先のGR5Fの経験から、メモリクロックをいじると、もう少しはいけるかと思いますが、どうも最近、U101ユーザの間でよく聞く、マザーボード(又はビデオチップ)の不良による画面がおかしくなる現象が見え始め、おっかなびっくり使っているところですので、今回はこれでご勘弁。

おひさしぶりとなるSTMBEさんのバイオUレポートが届きました。通算で数えると何通目のレポートになるでしょうか。いつもありがとうございますm(_ _)m しかし、バイオUで故障が多発しているというのは初耳です。そろそろ冷却ファンなどにホコリがつまり、排熱などに支障をきたす時期だったりするんでしょうか。

その他のレビュー 3

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > バイオ VAIO PCG-U101ユーザーレビュー