HOME > レポート一覧 > HP ProBook 5220mユーザーレポート

HP ProBook 5220m

HP ProBook 5220m

■ 評価点平均

4

LEDバックラット採用の12.1型モバイルノート。ディスプレイカバーはヘアライン加工酸化アルミニウムを使い、高級感を持たせている。従来のアダプターの約80%の大きさに小型化された、便利なスマートACアダプターを使用可能。大容量の6セルバッテリーも用意され、4セルとサイズは同じで、オプション価格も3150円と手が出しやすいのでお勧め。質量は0.8kgアップで、駆動時間は4時間から6時間へと伸びる。

長所・短所

GOOD   BAD
液晶
キーボード 1
騒音・ノイズ
1 筐体の質感
発熱処理

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

HP ProBook 5220m/CT  カズハ さん

 No. 3346

  • 長所: 筐体
  • 短所: キーボード
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 3.5 5.5 3.6 4.6 7.3 3.5
CrystalDiskMark 3.0
 ReadWrite
Seq.215.78165.39
512k158.59136.76
4k17.7410.038
4k3271.019.889
型番AN002-128G-CBK

◆ 購入のきっかけや価格
12インチクラスのノートが好きなのですが、HPの公式サイトを覗いていたら丁度この機種のキャンペーンをやっていて、つい衝動買いしてしまいました。
U3400モデルに、薄型ACアダプタと青葉を付けて送料込み55000円ほど。
HDDはADATA製のSSDに交換しました。
USB3ポートが付いており、そのまま外付けSSDとして使える変り種です。

dm1は売却、トレードインしました…。

◆ 体感速度の変化
SU2300からクロックが下がり劣化といわれていますが、正直SU2300のdm1と違いがわかりません。
MP3を再生しつつブラウジング等の軽作業では、SL9400の2530pと比較しても遜色無し。
Atomとは違いますね。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
ハードウェアIDではven_8086(Intel製?)と表示され、メーカーが分かりません。
しかし発色は自然で輝度も良く、視野角もそれほど悪くありません。
ノングレアなので目にも優しいです。

2530pと比べてみると、2530pは若干黄色く色褪せて見えますが、5220mは白が自然に表示されています。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
キーボードの配置は標準的であり、キータッチも若干浅いながら悪くありません。
ビジネスモデルとしては疑問ですが、長時間の使用にも耐えられそうです。
しかしタッチパッドは恐ろしくクリックしにくいです。
マウス必須。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
ヘッドフォンを使用すると、激しくノイズが聞こえます。要注意。
スピーカーの音は悪くありません。

ちなみにUSBオーディオを使用すると、ノイズが完全に消え快適になりました。
設計の問題でしょうね…。


◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
上位モデルのEliteBookには負けますが、こちらの質感も素晴らしいです。
金属製の天板やパームレストはもちろん、裏面のプラスチックにまで丁寧な塗装がされています。
本体価格5万円以下の機種には見えません。

片手で持っても全くたわまず(重いですが)、強度も問題ありません。
さすがビジネスモデル。

コネクタ類は左側にeSATA兼USBとHDMIにLAN、右側にUSB2、オーディオ端子と電源。
構成は完璧ですが、欲を言えばHDMIは筐体の後ろの方にあればなあと。


◆ 排熱:筐体の温度
超低電圧版CPUだけあって、発熱は抑え気味です。
パームレストの温度も低め。
しかしCPU温度自体はSU2300より明らかに熱いです。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
今まで触ったPCの中で一番ファンが静かです。
ノイズも無し。
それでも排気口からはしっかり温かい風が出ており、この部分の設計は優秀だと思います。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
4セルで1.6kgと、モバイル性は最悪。
バッテリーの持ち自体は、SU2300とあまりかわらないようです。
+1000円で選択できるオプション、スリムACアダプタは、国産メーカーと同等サイズなのでお勧めです。

◆ その他
リカバリディスクはOSのみのディスクと、ドライバ&アプリのディスクに分かれています。
余計なソフトを入れなくて良いので便利です。

オプションのHPサポートというアプリを入れると、写真付きで「ファンはこう掃除するんだ!」というようなメンテナンスマニュアルを見られます。
海外特有のノリは必見です。

◆ 総評
重い、バッテリーが持たない、タッチパッドが使いにくい。
モバイルPCとしては駄目ですが、見た目が良くて処理性能も問題ないので、室内でのサブマシンとしては優秀だと思います。
コストパフォーマンスも高め。
ヘッドフォン使用時のノイズさえなければ、個人的には満点でした。
青葉オーディオでもノイズが消えてくれれば…。

dm1の代わりにやってきた12型ノートの5220m。少々素っ気ない型番が示すとおり、ビジネス向けのProBookシリーズになります。キーボードは大きな問題もないようですが、タッチパッドのボタンが壊滅的にダメなようです。最近どのメーカーもタッチパッドの使いにくさが目立ちます。A4フルサイズのモデルならマウスで回避できますが、モバイルノートではタッチパッドの使用頻度が高くなりがちなので、できるだけ操作性の高いものを載せて欲しいところです。

安いながらも筐体の質感、強度は高いレベルでまとまっているとのこと。オンラインマニュアルにファンの清掃方法が載っているのは面白いですねぇ。私は見たことがないですが、解体せず、外からエアーダスターで吹き飛ばせとか書いてあるのでしょうか。リカバリディスクがアプリと分離しているのもいいですね。プリインストール嫌いの私としては拍手を送りたいところです。 [2010-9-5]

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > HP ProBook 5220mユーザーレビュー