HOME > レポート一覧 > Studio 15 (1557)ユーザーレポート

Studio 15 (1557)

Studio 15 (1557)

■ 評価点平均

3.8

Core i5/i7対応のStudio 15。GPUは「Mobility Radeon HD 4570」。登場時はQuadコアのCore i7-720QM、820QMの2つだったが、2010年初頭のArrandale解禁によってCore i7-620M、Core i5-520M、540Mが追加された。
 液晶はWXGA、FullHDから選択。WXGA+はない(2010年1月時点)。キーボードはテンキー無しのタイプ。単色の天板の他、アーティストが描いたデザイン天板も選べる。

長所・短所

GOOD   BAD
1 液晶
キーボード 1
騒音・ノイズ 1
2 筐体の質感
発熱処理 1

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Studio 1557  Kaz さん

>> デル

 No. 3005

  • 長所: 液晶
  • 短所: キーボード
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 6.9 7.4 4.9 6.2 5.9 4.9
3DMark06 2678

◆ 購入のきっかけと価格
12万
Core i7積んでるのにこの安さで衝動買い

◆ 体感速度の変化
以前のノートがPenM 1.6GHzだったので、相当あがってます

◆ 液晶の質
値段の割りにはいい感じです。

◆ キーボード:配列やタッチ
打鍵した感じは意外としっかりしている
右Shiftが小さいのは個人的に減点材料
スペース空いてるんだし、もう少し何とかならないものか・・・

◆ サウンド
思ったよりもしっかりしてます。
1000円程度の安物スピーカーならつけないほうがいいかも

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
現在の注文ページではデザイン筐体ばかりですね。好み次第
パームレスト部分の強度はやや足りない感じ?

◆ 排熱:筐体の温度
3,4時間使ってると多少熱くなってきますがおおむね問題なし
3Dを動かしまくってたらどうなるかはわかりません

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
おおむね静か。けどたまに思い出したように結構な音でファンが動きます

◆ 総評
エクスペリエンスインデックスのCPU、メモリの項目は最新CPUだけあって、さすがに高いです。
(まさか3GHz級より高いとは・・・)
ただ、ゲーム系ベンチではMobility RadeonHD 4570にしてはやたらと低い数字が出ています
個体差なのか、64Bit Win7だとドライバがこなれていないのか・・・
用途的にゲームにはそれほど使わないので、個人的にはこれでも満足です。
衝動買いにしてはいい買い物でした

右シフトキーが小さい問題は英語配列だと起きておらず、日本語配列固有の問題になっています。英語配列の場合「?」キーの右隣がシフトキーなので長さが取れるのですが、日本語配列では「ろ」キーが挟まるため、他のアルファベットキーよりも横幅の短い、長方形と言うより正方形に近い形になってしまっています。

Core i7は動作クロックが可変するので、Kazさんが今回買われた720QMは2.8Ghzが最高クロックとなりますが、Quadコアが効いているのかCPUエクスペリエンスインデックス値がかなり高くなっています。ベンチマークは異様に低いですね。何かしら問題が起きていると思われますが、謎です。 [2009-12-3]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Studio 1557  ironsand さん

>> デル

 No. 3023

  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 7 7.4 4.9 6.2 5.9 4.9

◆ 購入のきっかけと価格
一年前にXPS1530を購入し何の不自由もなく使用していましたが、いつまでもGPUに持病のあるマシンを使い続けるのもなぁ・・・という理由でPC新調。
(単にノートPCのタスクマネージャーで8スレッド動いているのを眺めていたかったというのは内緒の方向でw)
価格は約12万円ほどでした。

◆ 体感速度の変化
本機からOSをWindows7-64bitにしたこともあり、まだ環境構築自体がまだ不完全な状態です。
使用していたソフト類の検証と代替ソフトの検討を行っているところですが、単一作業では、XPS1530とそれほど差は感じられませんでした。

とはいえ、XPSの時にはゲームをしながらlinuxマシンをVNCで遠隔操作しつつYoutube動画を眺めるというような同時並行作業をさせているとさすがにもたつきがあったので、これがどの程度改善されるかが楽しみなところではあります。


◆ 液晶の質
あまり液晶の画質には無頓着なのであまりよくわかりませんが、XPSよりは多少良いような気がします。
ただ16:10に慣れた身からすると16:9のフルHDというのは横に長すぎに感じます。

◆ キーボード:配列やタッチ
キーボードの打鍵感はそれほど悪くはないと思うのですが、FunctionキーをFnと同時押ししなければならないという出荷設定はまずいと思います。
BIOSで通常キーボード動作に設定できるとはいえ、初心者には敷居が高いでしょうし・・・。

◆ サウンド
音にはあまりこだわりがないので、鳴ればOKです。
そういえば、公式商品ページのユーザーレビューでイヤホンノイズについて指摘している人が何人かいましたが、私の耳ではあまり気になりませんでした。
個体差でしょうか?

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
筐体はXPSと一見よく似た感じです。
質感や強度も大体似たような雰囲気ですが、液晶の枠部分のみかなり劣化してました。
コスト軽減のためなのかもしれませんが、多少残念なところではあります。

コネクタの配置は良くありません。
XPSの時にも指摘しましたが、USBの絶対数が3基と少ないことに加えてスロットローディング方式の光学ドライブの下に設置してある右USBと、二段重ね実装の左USBという使いにくさを極限まで突き詰めたとしか思えない配置は健在です。
ただし、XPSとは電源コネクタの位置が変わったため、USB機器が電源コネクタに干渉するという問題点は改善されています。
ただし、電源ボタンが右電源コネクタ奥に設置されるという、新たな嫌がらせポイントもできているため、全体として改善されたとはとても言えないと思います。

他のラインナップを眺めていても、Dellの楔形筐体機のコネクタ配置はどれも失敗していると思います。

◆ 排熱:筐体の温度
corei7と独立GPUという二つの熱源を抱えているだけあってそれなりに熱くなります。
XPSより、パームレストやキーボード側にもれてくる熱が多いような気がします。
今の季節にはむしろありがたいくらいですが、夏には何か対策しないといけないかもしれません。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
これもXPSのときとあまり変わらないですね。
先々代メインのInspiron6400が静かすぎたのでしょうか?
夜間通じて放置作業させておくPCはいまだに6400です。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
ほとんど据え置き使用なので、まったく検証してません。

◆ その他
kazさんがレビューでも指摘しておられましたが、Mobility Radeon HD 4570の割にはWindows エクスペリエンスインデックスの値がいまいちです。
このマシンも、何か不具合を抱えているのでしょうかね・・・?

◆ 総評
小さな不満はいっぱいありますが、値段の前にすべて吹き飛んでしまいますね。
貧乏人なのでコストパフォーマンスが一番重要です。

近頃のノート界は民族大移動ならぬ、パネル大移動でぞろぞろと16:9のアスペクト比へ大移動中。最新モデルだけで見ればぼちぼち16:10のパネルを持つノートの方が少数派になってしまっているかもしれませんね。いっそのこと富士通やNECの携帯のように液晶をピボットできれば縦解像度は解決じゃないかと思ったりします。コスト的に+1万円以上は確実にしそうなので、あり得ない話だとは思いますが。

今回のironsandさんレポの目玉は筐体のコネクタ配置であります。解説する口調は淡々としつつも、その褒めあげるような口調に秘めたる諦めと怒りの入り交じった思いが見えるようであります。昔はポート配置にも気を配ったという話が開発者インタビューに載っていたものですが、最近はそれよりもコストが優先されるのでしょうか。VAIO Xのようにコネクタそのものを1からおこしてというケースはまさにレアケースと言えます。 [2009-12-20]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Studio 1557  監督 さん

>> デル

 No. 3025

  • 長所: 筐体
  • 短所: 騒音
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 6.9 7.4 4.9 6.2 5.7 4.9
3DMark06 3972

◆ 購入のきっかけと価格
使用していたGWノートパソコンの液晶バックライトに不具合が出始めて、修理に時間とお金がかなりかかりそうなので、購入を決意。

◆ 体感速度の変化
動作は軽快ですが、なんと言いますか、ターボがかかり始めるのに半テンポのタイムラグがあった昔の車みたいな感じがする時があります。

◆ 液晶の質
映り込みが多くて、チョット見づらいかなぁ。

◆ キーボード:配列やタッチ
やっぱり、右のシフトキーが小さくて使いづらい。

◆ サウンド
今までのノートに比べると、格段に良くなったような気がします。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
質感は良いと思います。ただ、パームレスト側が軽いのかヒンジ部分が固いのか、開閉時にパームレスト側が持ち上がり、ヒヤッとます。

◆ 排熱:筐体の温度
普段はほんのりと温かい程度ですが、ベンチマークやエンコードを流しているとかなり暖かくなります。何か冷却するものが必要かも。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
BD−REドライブ使用時は、かなりビビり音があり不安です。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
本体及びACアダプターは、意外なほど軽めです。特に
ACアダプターは薄くて軽くて好感が持てます。

◆ その他
FFベンチが完走しませんでした。結構良い点が出ていたはずですが。


------------------------ 2009.12.20 追記 ------------------------

追記です
DELLのサポートを確認したところ、BIOSのバージョンアップがありました。
ステータスが緊急で、何かビデオ周りの内容なので適用しました。
前回ではFFベンチののみの言及でしたが、じつは3DMark06とwindowsの標準添付ゲームも正常起動していませんでした。

バージョンアップ適用後には、これらすべて正常に動くようになりました。
巷の噂では、爆熱BIOSなどと言われているようですが、確かにパームレストが適用前より熱くなります。
「DELLは排熱問題のため性能を制限していたが、ベンチマークでたたかれて緊急に性能制限を外したBIOSを出したんだ」
という噂は本当かもしれませんね。

ノートパソコンの修理は結構お金がかかるというのは私が言うまでもなく知られていますが、私の実家のご近所の方がNECのパソコンが調子が悪いとサービスセンターに持ち込んだところ、HDDが壊れているという診断で修理代 4万円がかかったという話を最近聞きました。慣れた人だとバルクのHDDでさっさとリカバリしてしまうところですが、その辺の見極めができるようになれば脱初心者なのかもしれません。

監督さんの場合はバックライトに異常発生ということで、こちらはHDD換装のように簡単ではありません。結局買い換えられて本レポに繋がっています。文中ではACアダプタに言及されていますが、確かに薄いですね。Core i7機なのでもっと大きい物かと思っていまいしたが意外なほど小振りです。FF11ベンチが完走しないというのは非常に珍しい気がします。 [2009-12-20]

正常動作しなかったStudioですが、その後ステータス「緊急」扱いでBIOSが更新。アップデートしたところ正常動作しなかったFF11をはじめ、3DMark06、その他のゲームも正常動作するようになったとのことです。クロックの制限解除だけだとスコアアップのみで終わるところですが、何かしら修正が施されたのかもしれません。ユーザーの方はぜひともアップデートさせたいところです。 [2010-1-18]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Studio 1557  ちゃめ池 さん

>> デル

 No. 3241

  • 長所: 筐体
  • 短所: 熱処理

◆ 購入のきっかけや価格
前に持っていたInspiron1501に性能不足を感じてハイスペックノートPCが欲しくて。

◆ 体感速度の変化
かなり早くなったと思うが、起動時間は前のInspiron1501(XP)のほうが早い気がして仕方がない。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
さすがはFullHD。表示できる情報量は圧倒的。ただ、ドットが小さいから目がかなり疲れる。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
Dell恒例のEnterキーの右にDeleteなどのボタンがあるキーボードでいまいち使いにくい。あとは、CDを取り出すキーがF12の隣にあるのは意外だった(探すのにかなり苦労した)。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
サウンドはノートPCの割にはかなりいいほうだと思う。SRS Premiam Soundも搭載してたので、普通にいい音で聴る。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
Inspironに比べたら、かなりしっかりしている。コネクタはUSBの数が3個だとさすがに足りない。右側面にあるUSBコネクタをハブ用にして使うのが正解だと思う。

◆ 排熱:筐体の温度
PCを酷使すると、パームレストがかなり熱くなる。たぶん、夏になると大変なことになるから対策を講じないと熱暴走しかねない。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
光学ドライブはBluerayにしたからなのかかなり激しい音がする。冷却ファンはうるさい。Inspironが静かだったのかもしれないが、結構うるさくなる。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
ACアダプターは薄くなり、持ち運びしやすくなった。あとは、気合で持ち歩けばOK。

◆ その他
これを書いてる時点でBiosのアップデートが3回されてる。ブルースクリーンも数回起きてることも考えれば、かなり不安定なパソコンとしか思えない。ハードが素晴らしいだけにもったいない。早いとこソフト的に安定してほしいと思わざるを得ない。

◆ 総評
とてもノートとは思えない(ちょっとやそっとのデスクトップには負けない)性能だけに、ブルースクリーンが起きるなんてもったいなくてしょうがない。
しかし、「安いからいい」と思ってしまうのは私だけなのだろか。

Let'snoteやThinkPadではWin7搭載モデルで起動高速化BIOSを搭載していますが、Vistaより早くなったWin7でもそこまでしないとXPより早くはならないと言えます。ライターさんの評価でも同仕様だとXPの方が速い。
 → Windows 7 RCのパフォーマンスに迫る 〜XP/Vistaの起動時間と比較

筐体はInspiron 1501より剛性はしっかりした反面、中のソフトウェアは安定性にかけるとのこと。すでにBIOSが3度更新されており、そのBIOSに起因するのかブルースクリーンもたびたび起きているとのことです。このあたりの完成度はNECや富士通など国内勢の方が優秀です。その分、検証コストが価格に反映されてくるわけですが。 [2010-6-16]

その他のレビュー 4

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > Studio 15 (1557)ユーザーレビュー