HOME > レポート一覧 > Studio XPS 16 (1645)ユーザーレポート

Studio XPS 16 (1645)

Studio XPS 16 (1645)

■ 評価点平均

4.5

Core 2 DuoからCore i7へと移行したStudio XPS 16。GPUもMobilityRadeon 3670からMobilityRadeon 4670が選べるようになった。

長所・短所

GOOD   BAD
2 液晶
キーボード 1
騒音・ノイズ 2
2 筐体の質感
発熱処理

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

XPS 1645  ふぉの さん

>> デル

 No. 3015

  • 長所: 筐体
  • 短所: キーボード
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 7 7.4 6.7 6.7 5.9 5.9
FF11v3 高解 7009

◆ 購入のきっかけと価格
使用していた5年前のノートPC NEC LaVieG RX(PentiumM搭載WindowsXP機)が、老朽化したため。
価格はキャンペーン適用で、約16万。

◆ 体感速度の変化
それなりにシャキシャキ動く。
ただスペックだけ考えれば、前マシンより圧倒的に速くなっていそうだが、そんなに劇的に速くなったとは感じない。

◆ 液晶の質
デフォルトが最大輝度。PCにこんなにハイコントラストな設定は不要だと思う。
発色などは悪くはない。

◆ キーボード:配列やタッチ
バックスペースや、エンターキーの横に1列あるキーが邪魔。
バックスペースと間違ってホームをよく押してしまう。

◆ サウンド
内蔵のスピーカーには期待してはいけない。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
質感はいい。ただやたら指紋がつく。それが気になる人にはお勧めできない。
USBポートは右側に、数が欲しかった。
電源コネクタは背面に欲しかった。

◆ 排熱:筐体の温度
それなりに暖かくなるが、以前のマシンの方がひどかった・・・。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
静かではない。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
約3kg。モバイル用途には向かない重さ。
ACアダプターは薄型だが、面積が大きい。個人的には厚みはあっても、面積が小さい方がいい。

◆ その他
発注から納品まで、1ヶ月かかった。
デルの納期管理はめちゃくちゃだった・・・。

◆ 総評
コストパフォーマンスは良いと思う。
ただ、注文される方は納期がかかることを覚悟しておいた方がいいと思う。

Pentium LaVieからのCore i7への乗り換えとなったふぉのさんからのレポート。ふぉのさんも納期1ヶ月だったそうです。リストラに追われるデルですが、在庫の削りすぎなんじゃないでしょうかねぇ... 

昔は最大に上げても暗い液晶というのがざらにありましたが、最近は逆に明るすぎる液晶が多いですね。輝度を下げればいいのですが、なかには最小輝度に下げても未だに眩しいぐらいの輝度だったりするモデルもあります。明るい部屋で使う分には問題ないのですが、暗い寝室でゴロ寝プレイしようとすると結構うっとうしかったりします。 [2009-12-16]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Studio XPS 1645  Ackt さん

>> デル

 No. 3164

  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 7.1 7.4 6.7 6.7 5.9 5.9

◆ 購入のきっかけや価格
以前の愛機”XPS M1530”からの乗り換えです。

高負荷を伴なう作業(3D-CGデザイン,ビデオ・ミュージックの編集,エンコードなど)
が増えてきたため,作業効率向上を考えて購入。
性能だけで言えばAlienwareシリーズでも良かったのですが,
本体デザインも秀逸なこちらを選択しました^^
(メーカーはDell以外にも様々な製品を吟味していますが,総合点でDellを超えるメーカーは皆無でした)

◆ 体感速度の変化
1530使用時もかなり高速であったため,基本操作においての劇的変化はありません。
しかしCGレンダリングやビデオエンコード等は非常に高速化しており,
モバイルi7の凄まじさがよく分かります。
OSも”Vista”から”7”になったことで,更なる速度の恩恵を得られています^^

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
Dell製品の液晶は1530の時から優秀だと感じていましたが,
本機は”WLED”を搭載することで,更なる輝度の向上と美しい発色に磨きがかかっています☆
光沢仕様ですが,その卓越した輝度と発色のおかげで見づらいということはありません。
フレーム部もベゼルレスで高級感も高く,見た目も美しいです^^

最上位の”RGB LED”は選択しませんでしたが,WLEDでも十分な品質で,不満は特に感じません☆

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
アイソレーションを彷彿とさせるフラットなキーデザインとバックライト。
非常に使い心地が良いですね^^

個人的にEnter右横のキーが非常に気に入っており,
1530の時にも多用していました。
ミスタイプすることもほぼありませんし,私としては,無いと逆に不便です^^;

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
非常に良いと思います☆
サブウーファを搭載しているので低音の存在感もあり,厚みのあるサウンド体験ができます。
パソコンの場合は家電と違って細かなチューニング設定が出来るため,
多少の時間をかければかなりの音質向上を果たせます^^

音には普段からこだわりをもっていますが,
私にとっての”イイ音”とは”日々のチューニング”だと考えています。
スピーカーやボード自体の質はある程度あれば十分です。あとは自分のチューニング次第で
いかようにも品質は改善出来ます☆

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
これは購入の決め手ともなっている部分です。
質感についてはもう”素晴らしい”の一言に尽きます。アルミやベゼルレス,皮革による高級感,
各所に埋め込まれたLEDイルミネーションによる美しい演出。本機に勝る筐体はそうはないでしょう^^

強度も必要十分。普段持ち歩くようなことは無いので,強度も特別高くなくても問題ありません。
コネクタ配置に関しては,左側のUSB端子がもう少し後ろだと良かったですね^^;
(VGAコネクタ辺りの位置に)

ドライブは”スロット式”BDドライブ。これです。
私は見た目の観点から”トレイ式”は好まないので,これも高い評価点です☆
他社製でスロット方式はMacBook系がありますが,BD非対応ですし^^;

◆ 排熱:筐体の温度
排熱効率も高いのではないでしょうか。
1530使用時はパームレストがかなり温かくなり,
液晶下部(スピーカ周辺)は”熱い”と感じるほど高温になることがありましたが,
本機ではそういうことはまずありません。

h264形式ビデオのエンコードを映像何本分も行い,半日程継続して負荷をかけているときも,
パームレストが少しぬるい程度になるくらいですので,全く問題ありません^^

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
冷却ファンは割と頻繁に高速回転します。
しかし”うるさい”と感じるほどの騒音は無く,上記のような排熱効率を実現するには
これくらいの動作は必要なのではないかと。

ドライブも最高速度で回転している時以外は十分静かです。
(最高速度時も私はそこまで気になりません)

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
重さは2.5kg強あるので,普段から持ち歩く用途には適しません。
デスクトップに匹敵するハイエンドPCですので,そもそもモバイル思想ではないですし^^;
部屋間を気軽に移動できればそれで十分です☆

バッテリも平均2時間程しか持ちませんが,これも上記理由から考えると必要十分。
アダプタもハイエンドにしては薄く軽いので,満足しています^^

◆ その他
私はPCでゲームをすることはほとんどありませんが,DEVIL MAY CRY 4は結構やりました^^
HD表示(1280x720)でプレイしていますが,非常にサクサク動作します。
プレイ時のCPU負荷も10〜20%程。HD4670の性能もさることながら,どこまで凄いんだi7。。。
PS3に匹敵するゲームがノートで動作することには素直に感心しますね☆

◆ 総評
満足過ぎる製品です☆
デザインは秀逸,性能もトップクラス。CG制作にも耐えるその性能には脱帽するばかりです^^;
”何でもできる最高のノートPC”。やはりDellの製品は素晴らしいですね。

蹴茶的には苦手とするEnter右横キーですが、Acktさんは完全に慣れており、むしろ無い方が困るとのこと。「慣れるから大きな問題ではない」というのは、他のEnter右横ユーザーさんからもよく聞く話です。今後も英語配列前提のキーボードエリアを日本語配列に流用し続けることになるでしょうし、苦手な私もそろそろ覚悟して慣れた方が選択肢が広がって良さげです。最近のデルのACアダプタは薄型化しているモデルが多いです。面積はありますので体積的には大きく減ってはいないかもしれませんが、鞄への収まりは良くなってます。 [2010-4-3]

  •  デビル メイ クライ 4 (C) 2008 カプコン All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Studio XPS 1645  ひで さん

>> デル

 No. 3170

  • 長所: 液晶
  • 短所: 騒音
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 6.9 7.4 6.7 6.7 7.8 6.7

◆ 購入のきっかけや価格
メモリを8GB積めて、VGAにATI Mobility RADEONを搭載しているノートを探していたところ、キャンペーンにつられて購入。

◆ 体感速度の変化
HDDをintelのSSDに載せ換えたので、それなりにストレスは無いが、アプリによっては起動時に待たされる現象が発生。=>原因は不明?

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
オプションで16インチ Full HD Edge-to-Edge RGB LED 液晶ディスプレイ (1920x1080)を選択、輝度が高過ぎ!視野角は上方向が狭く感じられ発色は大満足。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
バックライト付きキーボードに満足。配列は使用中のデスクトップのミニキーボードと同じなのでそれなりに良かったかな?作りはしっかりしていると思う。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
VAIO TypeTと比較して満足。音も大きめで音割れは無く、ノートとしては良いのでは?

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
質感が良いので付属の布ケースに入れて持ち運びしています。
右側のeSATA兼用USBコネクタが電源コネクタに近いため使いずらい。

◆ 排熱:筐体の温度
筺体温度は通常使用で32℃くらい。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
ファンの音が大きめである。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
9セルバッテリを選択したので、意外に重い!(3.2Kg)

◆ その他
納期管理がいい加減?製造開始日が突然2週間も後ろにずれた。当然納期も2週間ずれたと思っていたら、突然当初の納期で納品され吃驚。※3週間で到着

◆ 総評
物だけのコストパフォーマンス考えれば満足していますが、電源スイッチオン後Bios起動画面で電源コネクタを抜き差しすると停止しする時があったり、起動時間が長くなる時があったりで少々不安があります。

最近のMLCタイプのSSDは読み出しの並列化や、DRAMキャッシュなどで確かに性能は高くなっているのですが、新規にデータを読み込む必要がある、OS起動やアプリ起動時間に関してはSLCタイプのSSDほどの体感速度は得られないように思います。そういったMLCタイプが苦手とする局面ではHDDとの体感差も小さくなると思います。納期はいつもながら大きな変動を伴っており、この点はいつまで経っても改善の気配はありませんね。 [2010-4-8]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Studio XPS 1645  BlackBird さん

>> デル

 No. 3199

  • 長所: 液晶
  • 短所: 騒音
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 7 7.4 6.7 6.7 5.9 5.9

◆ 購入のきっかけや価格
これまで約8年フルに使っていたdynabookGが逝ってしまったので購入。最安構成を少しカスタマイズして11万ちょっと。

◆ 体感速度の変化
さすがに比べようもないくらい速く感じる。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
WLEDのFHDパネル、非常に綺麗。RGBはもっと綺麗なのか?

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
キータッチは文句なし。右のShiftは小さくて使いにくい。
タッチパッドはあまり使わないが、キーボードも含めバックライトが点灯するので
暗闇でも使い易いのがいい。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
ノートにしてはかなり良いと感じるがdynabookGのほうが低音がもっと良かった感じがする。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
質感は剛性感もあって良い。USBコネクタがもう一つ欲しかった。

◆ 排熱:筐体の温度
筐体の温度はそれほどでもないが、熱排気口が上面パネルに塞がれるような格好になっており排熱効率には疑問が残る。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
光学ドライブはスロットイン方式であるがスタンバイするまではガチャガチャと煩い。再生時は気にならない。
冷却ファンの音は、MAX回転時は煩い。ホームセンターで売っていた1000円の冷却台を使うだけでかなり回りにくくなった。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
約2.9kg。これまで使っていたdynabookGは4kgオーバーだったのでそれを考えると1kg以上軽い、があまり持ち運ぶことはないと思う。グリップする部分が革張りになっているので持ち易いかもしれない。
バッテリーの持ちもあまり気にしていないが、バッテリーにまでLEDのインジケーターが付いているのには驚いた。
ACアダプタは130Wで結構でかくコードも太い。アースらしきものも付いている。聞くところによると以前は90Wだったとか。持ち運びは考えていなかったので容量が大きいほうが余裕があっていい。冷却台や外付けHDDも不安なく使える。

◆ 総評
corei7と4670の組み合わせは流石に強力です。画面もFHDでこんなノートPCが11万で買えるとはいい時代になったものです。細かい不満もありますが、全体としては大満足です。

最近のデルのACアダプタは薄型化しているのですが、100WオーバーのACアダプタはでかいようです。独立GPUを搭載していなければ100W以下のACアダプタであることがほとんどですが、ミドルレンジ以上のGPU搭載機では100WオーバーのACアダプタが多いです。容量に比例してACアダプタサイズも大きくなるので持ち運びには不利ですが、あんまりぎりぎりの容量を使われてもトラブルの元になるので大きい方が良いかもしれません。 [2010-5-8]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Studio XPS 1645  ひで さん

>> デル

  No. 3171

OpenGL バージョン10 のスコアを追記しました。スコアのみの登録でコメントはありません。 [2011-3-18]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Studio XPS 1645  ひで さん

>> デル

  No. 3177

OpenGL バージョン11 のスコアを追記しました。スコアのみの登録でコメントはありません。 [2011-3-18]

その他のレビュー 6

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > Studio XPS 16 (1645)ユーザーレビュー