HOME > レポート一覧 > Studio 17 (1747)ユーザーレポート

Studio 17 (1747)

Studio 17 (1747)

■ 評価点平均

4.3

クアッドコアのCore i7-720QMを搭載可能なハイエンドモデル。最大256GBのSSDが選択可能な他、JBL銘付き、サブウーファ内蔵スピーカーを搭載している。液晶は以下3種類が確認されている(2010.4時点)
 17.3型 HD+ TrueLife WLED (LC-WLED) (1600x900)
 17.3型 FHD TrueLife WLED (B+RG LED) (1920x1080)
 17.3型 HD+ TrueLife WLED (1600x900) マルチタッチ

長所・短所

GOOD   BAD
1 液晶
1 キーボード 1
騒音・ノイズ
筐体の質感
1 発熱処理

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Studio 1747  renyha017 さん

>> デル

 No. 3141

  • 長所: 熱処理
  • 短所: キーボード
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 7 7.3 6.7 6.7 5.7 5.7
3DMark06 7045
FF11v3 高解 6800
 

◆ 購入のきっかけや価格
2008年に購入したFMV-BIBLO NF/B80Nからの買い換えです。
DELLでセールをやっていたのを購入。HDDを1TBに増量して11万円程度でした。
買い換えの理由は引っ越しで、部屋が手狭になるので外付けスピーカーと
外付けHDDを無しで済ませたかったからです。
選択のポイントは下記です。
・外付けなしで音質そこそこ
・外付けなしでHDD容量そこそこ
・64bitOSに興味があったので64bitOS版 Windows 7 Professional
・ゲームもするので旧機種の15.4inchより大きいモニタ
・値段もそこそこ

◆ 体感速度の変化
旧機種はVISTAでしたが、VISTA SP1以降はそれほどもっさりしているという
感じがしなかったので、正直あまり体感速度は変わらないです。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
1600×900です。発色はきれい。視野角は前より広めかなという感じ。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
英字キーボードにしました。ボタンが大きくなって使いやすいです。
ただ@と()の入力キーの位置が日本語入力にすると本来のキーの表示から
ずれてしまいます。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
これがポイントでした。
比較対象はONKYOの2万円くらいするPCスピーカーです。
さすがにこれと比べると音質は落ちます。
ただ、ゲーム用途では実用十分です。
youtubeでいくつかのジャンルの音楽を試しましたが低音が曇って聞こえます。
音楽視聴用にはヘッドホンの方が良いと思います。
スピーカーはパームレストに2ch(1.5W×2)の他に本体底面にサブウーファーが
1ch(3W)あります。スピーカーはJBLというところが設計しているようです。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
筐体はどっしりとした感じで据え置き専用です。
コネクタは右にUSB2×2とDVDドライブ、左にUSB2×1とスピーカー端子です。
左のUSB端子はPCの電源をOFFにしても充電可能らしいのでiPhoneの充電用に
しています。

◆ 排熱:筐体の温度
表面がほんのり暖かいです。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
ベンチマークやっていたときとかでもファンの音とかはあまり
うるさくなかったです。起動時にHDDがカリカリ鳴る音が大きくて
心配になったくらいですが、これが普通の状態みたいです。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
据え置き用途です。重量が3.2Kg。

◆ その他
マニュアル類が無きに等しいので万一トラブルが発生した場合は
自分で対策するのが平気な人向けですね。
注文してから10日くらいで届きました。

◆ 総評
非常にコストパフォーマンスがよいのではないでしょうか。
Core i7&Windows 7 64bitということで体感速度が早くなると思っていたら
旧機種(Core2 Duo 2.26GHz、VISTA SP1)と比べてそれほど変わらなかったです。
もっともGPUの性能が大幅に上がったので(3470→4650)ベンチマークの
スコアは上がっていました。
内蔵スピーカーの性能が思っていたより良かったです。
似たようなコンセプトの製品としてHP社のPavilion Notebook PC dv7も
検討していましたが総合評価でDELLを選びました。

東芝はharman/kardon、ヒューレットパッカードはALTEC LANSINGのネームが入ったスピーカーを採用していますが、デルもいつの間にかJBLと提携していたとは知りませんでした。頂いた写真を見るとわかりやすいですが、パームレストの両サイドにスピーカーが配置されています。サブウーファは底面に。

余談ですが、日本のオンキヨーも最近台湾の受託製造インベンテック社と提携を発表し、インベンテックが生産する製品にオンキヨースピーカーを提供することを検討しているようです。
 → パソコンで質の高い「音」を追求する:インタビュー
 → http://jp.onkyo.com/ir/ir_pdf/20100124_JQIR_iec.pdf [2010-3-14]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Studio 1747  tokpy さん

>> デル

 No. 3195

  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 7 7.3 6.7 6.7 5.6 5.6
FF11v3 高解 7003

◆ 購入のきっかけや価格
以前に不調の出たInspiron 8600Cを使っていましたが,ブルー画面続出状態となり,せっかく撮った写真をかなりの枚数失って,OSの再インストールを10回くらい試してから,やっと新調する決意ができました。(今になって妹に「この前買ったStudio 15を返してくれ」とは言えないし・・・)
DELLは納期が遅いし故障時のコストも大きいのですが,安さに負けてぽちっとしてしまいました。
フルHD液晶だと,納期が3週間遅れるはずでしたが,注文後9日で届きました。

◆ 体感速度の変化
Inspiron 8600C(Windows xp,Pentium M 1.5GHz,メモリ:512MB)と比べれば,レスポンスが速くて気持ちいいです。
Inspiron 8600Cでは,複数の処理を同時に行っているときに待たされ感がありましたが,それが改善されたと思います。
私の使い方ではInspiron 8600Cでも十分ですが,スペックが高くて困ることもないし,満足しています。


◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
フルHD(1920×1080)を選択しました。輝度は明るくてまぶしいです。普段は輝度を最低に落として使っています。視野角のことは気になりませんでした。発色も良いと思います。


◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
個人的にはよく使うカーソルキーが小さくなっていたのが残念です。Studio 17と言っても変わってきているんですね。
カーソルキーを見てStudio 15をやめてStudio 17を注文したつもりだったのですが,購入前のチェックが甘かったようです。
キータッチは良い(打ちやすい)と思います。
ヒンジが壊れないようにと,使わないときに液晶画面を開けっ放しにしていました。それで,スリープ(スタンバイ)キーがなくなっているのが困ります。
キーボードはバックライト付にしました。液晶の輝度を上げて使うなら要りませんが,輝度を落として夜に使うつもりならあったほうがいいと思います。
タッチパッドは,Inspiron 8600Cのアルプス製タッチパッドのほうが(機能は少なくても)自分の思い通りに動作するので気持ち良いです。
Studioのタッチパッドは思い通りに動いてくれないです。画面をスクロールするのもスムーズにいかないです。慣れればまた感じ方も変わるのかもしれませんが。


◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
全然不満はありません。大きさの割にはがんばっていると思います。個人的にはDVDなどの音がそれなりに鳴ればいいです。


◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
質感にはあまりこだわりがないのですが,満足しています。
色は何も考えずにブラック・チェインリンクにしました。天板・パームレストの両方に鎖のような模様が入っています。
光沢で指紋が目立ちますが,非光沢ボディ(妹のStudio 15)ではホコリを取りにくいような気がします。どちらも一長一短です。
USBコネクタが3ヶ所ありますが,どれも離れています。手持ちのUSBから補助電源を取るタイプのポータブルHDDは,コードが届かないです。

◆ 排熱:筐体の温度
ターボブーストが働くと,冷却ファンがすぐに回ります。筐体の温度はあまり気になりませんでした。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
光学ドライブ(Blu-ray)はStudio 15(Blu-rayコンボ)よりは静かですが,それなりの音はします。
冷却ファンはON/OFFの変化が頻繁(ちょっと負荷がかかるとすぐに回るけど,またすぐに止まる)で,落ち着きがない感じがします。
ファンの音を減らしたければ,ターボブースト機能がOFFのほうがいいのかもしれません。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
持ち運びメインでは大きいと思います。ACアダプタは結構熱が出ています。

◆ その他
Pentium MとCore2 Duoのほうが,発熱(冷却ファンの回りにくさ)ではCore i7より有利な気がしました。
メモリはDDR3-8500(1066MHz)でした。
(ブルー画面続出のInspiron 8600Cのほうは,メモリを512MBに戻すと機嫌がよくなりました。交換したメモリの故障だったようです。2枚とも故障していたので,メモリの故障が原因だと気づくのが遅れました。安いメモリはダメという教訓ですね。とほほ)

◆ 総評
17.3インチの液晶は大きすぎるかな?と思っていましたが,実際使ってみると広くて見やすいです。キーボードも広くて打ちやすいし,コスト的にも満足で,買って良かったと思います。

納品は9日目というなかなか早い納期で届いたtokpyさんのStudio 1747。ヒンジへのストレスを減らす目的で液晶は開けっ放しで使うとのことですが、その際便利だったスリープキーが無くなってしまった点に言及されています。Fn連動でファンクションキーがスリープキーの役割を担ってたりしますが、それもないとなると面倒です。

静粛性の点から言えばターボブーストは無い方が良いとのこと。なるほど。とはいえ、ターボブーストを完全に使わないのもなんだか悔しいですし、ファンコントロールのユーティリティがあればベストでしょうか。公式のユーティリティを出してもらえるとありがたいのですが、ユーザーさんが作ったフリーウェアがあれば上々というのが現状です。 [2010-5-4]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Studio 1747  LAPPY さん

>> デル

 No. 3312

  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 7 7.3 6.7 6.7 7.8 6.7
CrystalDiskMark 3.0
 ReadWrite
Seq.253.8083.41
512k190.2187.88
4k14.2624.252
4k32155.6984.451
型番SA2M080G2GC

◆ 購入のきっかけや価格
4年前近所に落雷がありネットに接続していたPC3台とFAXがやられ、4年間図書館通いでインターネットをしておりました。WIN7も良さそうなので各社製品を検索していた所DELLで1747(HDD2台搭載がミソ)を見つけ電話で中国人女性(日本語上手)と数回交渉しBD,FHD,Bluetooth付を130,869円で注文しました。担当者のサービスとして2,000円の割引がありました。FHDは納期3週間との事でしたが払込3日後に納入されびっくりしました。(4月末の話です)

早速起動した所1分30秒もかかり、その日のうちに話題のINTEL SSD SSDSA2M080G2GCに換装しました。 1日で保障が終わってしまいました。

マニアルも読まずDドライブもフォーマットしてしまい、工場出荷イメージも無くなったので、添付のWIN7PRO64BitsCDで新規インストールしました。

SSDのため時間もかからず無事終了。手持ちのXP用アプリを片端からインストール。すべてすんなりインストール起動出来ました。ドライバーも訳も分からず全部インストール。でもSSDの割にベンチマークが良くありません。当たり前ですよね。

ああでもないこうでもないと入れなおす事10回、今は30秒で起動完了で満足です。
分かった事は、イメージからインストールするとうまくないようです。完全新規インストールするとスピードがでる様です。SSDの特性のような事をどこかで見たような。
現在XP用アプリは入れておりません。SSDの使用率は50パーセント以下です。
WIN95ではフリーズすると再インストール100回、再インストールマニアでした。
年金生活者には時間はたっぷりあります。笑


◆ 体感速度の変化
以前使用していたものは、自作PEN3−1Gでしたのでとてつもなく速く感じます。
ノートはSHARP MN−7860(MMX233Mhz)50万円以来です。
これはOSは95、98、ME、2000、XP、CPU,HDD,メモリー他色々いじくり回し最後は骨と皮になってゴミとして処分されました。感謝。


◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
17インチですので申し分ありません。視野角はちょっと狭いようです。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
英語キーボード選択ですので、キーも大きく使いやすいです。
以前、タイプライター、テレックスを使用していましたので、快適です。


◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
開けてみるまでJBLとは知りませんでした。
若いころ使っていたLE−8を思い出させるJBLサウンドです。
IDT Sound設定をJazzにすると顕著です。
MJQなどを聞くと当時がよみがえります。


◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
薄く軽く13万円の値段では申し分無しです。
USB3.0はExpressCardで対応するつもりです。


◆ 排熱:筐体の温度
排出口から熱風が出ていますが、筐体は熱くはありません。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
特に気になりません。自作機では静音化に苦労しました。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
持ち運びは考慮しておりませんので問題なしです。

◆ その他
現在 USBTVチューナーを付けて録画テレビとなっております。
2HDDは便利です。980円の外付けケースに余った500GBを取り付け
1TBの録画TVです。FHD番組は特にきれいです。
今もテレビ視ながら文章作成中です。
IBMほどではありませんが、サービスマニアルはなかなかなものです。
完全にバラせます。


◆ 総評
光回線、SSD環境でストレスはありません。
ゲームはやりませんが、FFXIVデモは動作しました。
付録ソフトも少なく私の好みに合っております。
故障したらメーカーに修理依頼する様な人にはお勧め出来ませんが、自作機
の様にかなりいじくり回せます。全て自己責任ですが。
付記 使用開始約3か月の感想です。
   サイト運営ご苦労様です。以前からROMさせて頂いておりました。

落雷で大打撃を受けたLAPPYさん。「雷の時はコードを抜く」とはよく言われる話ですが、実際の体験談を聞くとその損害の大きさに驚きます。繋がっている機器は一網打尽にされてしまっています。ノートの場合はバッテリーがあるので、落雷接近時にはなるべく外すよう心がけたいものです。

簡単な分解手順まで書かれたマニュアルを公開しているのはデルの大きな特徴の1つです。ユーザー自身で分解してしまうと保証が受けられなくなってしまいますが、保証期間が切れたあとのメンテナンスやアップグレード時には重宝する情報です。 [2010-8-2]

その他のレビュー 3

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > Studio 17 (1747)ユーザーレビュー