HOME > レポート一覧 > ThinkPad SL410ユーザーレポート

ThinkPad SL410

ThinkPad SL410

■ 評価点平均

4

個人向けのThinkPad SL410。SL400では天板が光沢処理されていたが、不評だったのかこのSL410からは非光沢となっている。

長所・短所

GOOD   BAD
液晶 1
1 キーボード
騒音・ノイズ
筐体の質感
発熱処理

型番

27383HJ (GeForce 9300M), 27387FJ, 27388HJ, 27388FJ, 27387PJ

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

ThinkPad SL410  nazoDSR さん

>> Lenovo

 No. 2997

  • 長所: キーボード
  • 短所: 液晶
3DMark06 4316

◆ 購入のきっかけと価格
買い替え候補として。実はVAIO Cと迷ったが店頭モデルのキーボードが微妙だったため悩んでいるうちにソニーのキャンペーン終了+SL410の値下げで。
デュアルコアビジネスOSパッケージでCPUをP8700からP8800に、グラフィックをオンボードからAMD256MB、Bluetooth追加で84000円。中国サイト等でのグラフィックはM-RadeonHD4570(DDR3 256MB)とあった。

◆ 体感速度の変化
起動や終了はかなり早くなった気がします。その他はよく比べればわかるかもしれない、程度です。
ゲームでは確実に効果は上がっていて銀河英雄伝説ならスムーズにプレイできました。東方非想天則は、E6400とかでも十分なのでこの結果は当然ですね。
DMC4はさすがに厳しい、初期設定DirectX9ではC評価なので設定を落とすことが前提です。その他バイオ5やスト4も設定調整が前提なので高度な3Dには対応するのは難しいようです。

◆ 液晶の質
無難なものだと思いますが写りこみが少し気になります

◆ キーボード:配列やタッチ
T400で感じた不快なたわみがなくなりかなりよくなりました。廉価なSLでもキーボードは手を抜いていないようです。

◆ サウンド
可もなく不可もなく、ごく普通のノートPCです。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
質感は値段相応のところもあります。ビジネスノートとしては無難にまとめられているといったところです。
コネクタ配置ですが基本的に左右に振られています。USBが1個だけ背面ですがバッテリーがあるためか多くを置けないようです。
USB分散はよいのですが電源が右、LANが左に分散しているのは賛否ありそうです。またT系と違いカードにはダミーカードが入っており中折れ式カバーは採用されていません。
天板がSL500とかのてかてかからシンプルになったのですがこれはよいと思います。というかてかてか天板はいただけないと思っています。

◆ 排熱:筐体の温度
背面はさすがにそこそこ温度が上がりますがパームレストやキーボードに熱が伝わるのはかなり抑えられています。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
ベンチマーク中でもそこまでうるさくなかったです。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
このクラスとしては特に軽くはないでしょう。たまに持ち運ぶメインマシンとしてならOKですね。日常からモバイルするのならお勧めしにくいですが。

◆ その他
SL410(510もそうだが)のグラフィック、なぜHD4570と記載しないのか疑問です。パソコン関連サイトや中国のレノボサイトではきっちり載せているのになぜ?
地味な点ですが東方非想天則などワイドに合わないゲームをフルスクリーンで起動させると引き伸ばさずに解像度の比率に合わせてくれます(縦はいっぱいに使い横の一部が黒くなります)。

◆ 総評
ホームOSなら8万を切る価格でM-RadeonHD4570+Core2+4GBメモリという状況を考えるとカジュアルゲーム用PCとしては価格でも勝負できそうなモデルだと思います。15インチならともかく14インチ以下でそれなりの3D性能をお求めの場合は有力な選択肢になるでしょう。
同じクラスのライバルはVAIO Cですがこちらは価格とキーボードで、VAIOはグラフィック性能で優位といったところでしょうか。
キーボードで悩んだ結果がよい方向へ転んだのはよかったと思っています。3DMarkのスコアでは7割程度ですが軽めのゲームなら十分です。
しいて弱点を挙げるのならT系やE6400と比べて安く見えることでしょう。が廉価グレードにそんなことをいうのは贅沢ですね。
トータルでは4ですがコストパフォーマンスとキーボードの改善、HD4570のパフォーマンスでぎりぎり5です。

天板が非光沢になったというSL410のレポートをnazoDSRさんから。光沢筐体は好みの分かれるところですが、店頭を眺めると光沢デザインのオンパレードでその人気ぶりがうかがえます。いずれ揺り戻るのでしょうか。個人的には戻って欲しいですが(^^;

3DMark06値で5000未満と決して性能が高いと言えるモデルではないですが、それは値段からしてやむなし。むしろ統合型GPUとの性能差は歴然とありますので、nazoDSRさんがその他でまとめられているように安価で良キーボードの3Dモデルとして有力候補といえます。 [2009-11-27]

  •  東方緋想天 〜 Scarlet Weather Rhapsody. (C) 2008 上海アリス幻樂団 All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  銀河英雄伝説 (C) 2008 NBGI All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  デビル メイ クライ 4 (C) 2008 カプコン All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

ThinkPad SL410  papi2 さん

>> Lenovo

 No. 3102

  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 6.2 5.5 5.1 6.2 5.5 5.1
3DMark06 4291

◆ 購入のきっかけと価格
Vistaはスキップしたが、その次のWindows7がでてもうだいぶたつため、物欲に勝てず購入。
もっと高性能とも考えたが上をみればきりがなく、また、ほとんどモバイルとして外に持ち出さないとしてもスペースを考えるとそう大きいものは邪魔になるので、当初モバイル機クラスを考えた。
しかし、小さくてもそれなりな性能とすると結構値が張って、それでいてさほど性能も上がらないので、中型くらいを考えていたが、Lenovoの直販サイトをみると50%以上OFFのパソコンがごろごろあり、ついふらふらっとぽちりました。
Core2DuoでGPUがRadion4500で新品7万というのはちょっとないでしょう。


◆ 体感速度の変化
DELL XPS1210からなので、CPUは倍位、GPUもかなり早くなっており、基本性能はかなり上なはずですが、ファイルコピーとかバックアップにかかる時間ではさほど変わらない感じです。

◆ 液晶の質
いまどきな1366x768でつるぴか液晶なので電源OFFのとき盛大に写りこみます。
でも3DMark03の暗めな動画画面でもしっかりくっきり表示してくれます。
モニタ名:ThinkPad Display 1366x768
モニタID:LEN40A0
メーカー:B140XW01 V0
HDMI出力があるので、これで1920x1080なTVにどうでるのか楽しみです。

◆ キーボード:配列やタッチ
ちょっとわけありで英語キーボードを選びましたが、キータッチに定評のあるThinkPadなのでそう問題はないでしょう。
X100eだと相当変わったらしいですが、6列キーで少し従来よりキーが少ないですが、PgUp、PgDnが矢印キーの近くにあり、DELL XPS1210とほとんど変わりません。
ただ、ほかのメーカーもそうらしいのですが、英語キーボードなのにWindowsのキーレイアウトが日本語106キー配列となっており、自分でレジストリを変更して英語101キー配列に変更しなければなりませんでした。

◆ サウンド
INTEL 82801IB ICH9 High Definition Adio + Realtek ALC269
まあもとがビジネスむけなので音はあまり期待していません。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
液晶を閉めてうえから見れば、ThinkPadらしく黒いおべんとう箱です。
ただSLシリースはすこし毛色というか質感が変わっていて、従来よりは自分は好きです。
また箱と書きましたが、実際は本体側は背面を除く3面が内側に切り込んでいて、コネクタは上面にイラストが描かれているので、どこに何が挿せるかわかりやすくなっています。
左側にSATA/USBコネクタ1個、右側手前にUSBコネクタ2個、背面右にUSBコネクタ1個で左側にもう1つくらいUSBコネクタがほしいところですが、こんなものでしょう。
右側手前のマルチメディアカードの隣に無線LANのON/OFFスイッチがあるが、最初なにかわからなくて無線LANをOFFにしてしまい、無線LANが動かず若干苦労した。

◆ 排熱:筐体の温度
左側のパームレストが若干暖かいですが、A4の横方向を延ばした程度の大きさとそれなりの厚みがあるので、廃熱には余裕があるのではと期待しています。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
Webブラウズ程度ならFANも回らずほんとに静かです。
DVD-RはOptiarc AD-7700Hが右側にあり、バックアップ用のDVD-Rを3枚焼きましたが、けっこう静かで書き込みも早かったように感じました。
冷却ファンは左側にありますが、思わぬときに少しだけ回るが、結構負荷をかけても回りっぱなしな状態にはなりません。


◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
344x233x32mm 2.3kgで、ACアダプタは案外小さいですが、常時もって歩くには結構大きくて重いです。
バッテリはノーマルの6セルなので、たぶん2時間くらいしか持たないでしょう。


◆ その他
DELLのサポートのいい加減さよりはましなところ、でもコストパフォーマスのよいとことなるとそうないことを実感しています。
じつはSL410でなくSL400の解像度1440x900をlenovoのサイトのカートに保存し、それを注文したはずなのに、勝手にカートがSL410に書き換えられていてこいつがきてしまいました。
注文内容が違うと何度かメールでやり取りしましたが、CTOでは注文内容が変わってもキャンセルはできないという一点張りでした。
そのうえ、注文確認のhtmlメールはcharsetがlatain1で、日本語の内容なのに日本語が表示できないというふざけたメールです。
そしてサポートには携帯用の電話番号がありますが、そこにかけると携帯ではつながらない0120の電話番号をいう自動応答が帰ってくるだけ。。。
考え方の違いというか、とにかく何が正しいのか考えさせられました。


◆ 総評
Lenovoサイトをみてもわかるように情報なさ杉です。
http://shopap.lenovo.com/jp/ja/notebooks/thinkpad/sl-series/compare
ディスプレイなんか14.0型 LEDバックライト ディスプレイ VibrantView (光沢あり)です。
解像度なんかどうでもいいのでしょう。
コストパフォーマンスはかなり高いですが、そこらへんを納得してないとおすすめできません。

いまは本体よりWindows7のほうで苦戦中。
中身はVistaとわかってはいましたが、Xpから不必要なほどディレクトリ構造が変わっており、それでいて既存ユーザーを混乱させるため使わない従来のディレクトリや無駄なダミーディレクトリがいっぱいある。
そして、AC電源接続中でバックアップとってる最中でもかってにレジュームに入るハイパーマネージメント。
ほかにもいっぱいありそうでどうしようか試行錯誤中です。

注文と違う型番が届いたというpapi2さん。使い古した挙げ句に返金を要求しているわけでもないのですから、レノボは素早く対応を検討すべきだと思います。注文確認メールのcharsetの不備もしかり。こういうのはがんがん消費者庁に通知して、不満の累積件数を増やしていかないとダメなのかもしれません。ユーザーからすれば消費者庁に電話する手間賃をメーカーから頂きたいぐらいですが。

Win7のダミーディレクトリ、仮想ディレクトリは混乱させられますね。最初からWin7なら混乱もないのかもしれませんが、各種ソフトのプロファイルやデータのバックアップを取りたい慣れたユーザーからすると「あれ、ここにあったフォルダはどこだ!?」ということになりがちです。 [2010-2-13]

その他のレビュー 2

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > ThinkPad SL410ユーザーレビュー