HOME > レポート一覧 > ThinkPad T420s / T420siユーザーレポート

ThinkPad T420s / T420si

ThinkPad T420s /  T420si

■ 評価点平均

4

T410後継となるSandyBridge搭載のThinkPad T420。そのなかでもハイエンド的な位置づけの薄型モデルがこのT420s。外見はほぼT410を踏襲してますが、細かな違いがいくつかあり、液晶アスペクト比が 16:9になっています。
 T420との違いとして、NVIDIA Optimus Technologyに対応し、CPU統合GPUと、独立GPU「NVS 4200M」とを切り替えて使うことが可能です。USB3.0にも対応。

長所・短所

GOOD   BAD
液晶 1
1 キーボード
騒音・ノイズ
2 筐体の質感
発熱処理

型番

41716XJ
41716YJ

量販店モデル
41703EJ 2011年6月28日

中・小規模企業のお客様向けモデル
41717CJ 2011年11月8日
4171A23 2011年4月26日
41716GJ 2011年3月29日

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

ThinkPad T420s CTO  アルフレッド さん

>> Lenovo

  No. 3545

  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 7.1 7.5 6.3 6.3 7.7 6.3
CrystalDiskMark 3.0
 ReadWrite
Seq.462.47327.17
512k280.76322.34
4k17.5633.695
4k3281.9050.079
型番INTEL SSDSC2MH250A2
FF11v3 高解 4067

ベンチスコアのみ。Marvell製コントローラを採用したIntelの新型SSD、Intel SSD 510シリーズのベンチは注目です。 [2011-5-1]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

ThinkPad T420s  ねずこう さん

>> Lenovo

 No. 3558

  • 長所: 筐体
  • 短所: 液晶
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 7.1 7.5 5.1 6.4 5.9 5.1
FF11v3 高解 8765

◆ 購入のきっかけや価格

持ち運びできるギリギリで、外部ビデオカードが付いている物を検討した結果
T420sにしました。VaioZと悩みましたが、こちらの方が頑丈そうに思えましたので。

◆ 体感速度の変化

HP 8740Wと比較しての感想しか書けませんが、特に体感的に遅くはないです。
何をやるにしても満足できるスピードです。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など

1600 * 900 ですが、やはり縦は最低1050ほしいですね。
現状では他のメーカーも含めて、このサイズのノートでは広い方なので
特に不満はありません。輝度はかなり下げて使ってます。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド

フルサイズのキーボードですので、打ちやすく満足しています。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など

特にテストしていないので、よくわかりません。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置

USB3.0 * 1, USB2.0 * 2 となっています。
左にUSB2.0が1つしかないので、後2つ横に欲しかったです。

◆ 排熱:筐体の温度

通常時にもそれなりにファンは回りますが、自分としては
全く気になりませんでした。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ

光学ドライブは最高速設定で使ってますので結構な音がしますが、
インストール時にしか使わないので特に問題ありません。
※今後はセカンドHDDに入れ替えて使う予定です。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど

とても薄いのでカバンには入れやすいですが
それなりに重いです。※1.8kgですが自分は重く感じます。

※バッテリーはあまり持ちません。外に行くときも、ACアダプタは
必須だと思いました。

◆ その他

発売前の他のサイトのレビューや、ベンチマークを見てると、NVS 4200Mは遅い
と言われていたのですが、蓋を開けてみると、全然遅くもなく、非常に満足しています。

※このサイトの登録時に、ビデオカードの項目にNVS 4200Mがありませんでしたので、 NVS3100で登録してあります。
 ※管理人:修正OKです

◆ 総評

このサイズのノートで、ビデオカード1G、無駄にメインメモリ8Gという
アンバランスさに、非常に満足しています。(笑)
これで縦の解像度が1050あれば100点でした。

※あと1つ欠点は、2.5インチHDDですが、9.5mmでなく7mmバージョンなので、その点だけが不満です。


最近の液晶はすっかり16:9のアスペクト比が主流となり、4:3ノートに引き続き、16:10もレッドブック指定されそうです。その一方でブラウザは縦社会、縦長にページを作るのがデフォです。エクセルなども縦に長いとなにかと便利とあって、縦の解像度欲しさから高解像度モデルを探すというユーザーさんは少なくないです。それでもフルHDパネルでやっと1000を超えることになります。
 → 蹴茶: パソコンに16:9の横長液晶が増えている本当の理由 2009.4.27

完全に余談ですが、ノートの縦解像度で四苦八苦するなか、iPadに代表されるタブレットなら回転機構であっさり1000を超える縦解像度を得ることができます。ノートが捨て去った需要をライバルとなりつつあるタブレットがあっさり拾い上げている様は皮肉なものです。

GPUは「Quadro NVS 4200M」ということで、シェーダー数は48基。今となっては少ないシェーダー数ですが、旧世代の48基コアと比較すると大幅にクロックが高く設定されており、性能的にも大きく伸びているようです。 [2011-5-22]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

ThinkPad T420s  おぢさん

>> Lenovo

 No. 3831

  • Core i7 2640M 2.8Ghz
  • 8 GB
  • Win7 x64
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 7.1 7.5 4 4.2 7.6 4

◆T430s

◆ 購入のきっかけや価格
3年半前にThinkPad T400を購入した際に、こちらのサイトに提供したレポートで「3年くらい使わせていただきます」と書きました。
あれから3年以上経ってもOSをwindows7に変更するだけでパワーポイント、書類作成、動画閲覧には充分に問題無く使えています。

しかし、ほぼ毎日自転車通勤で持ち歩き、あまりに荒い使い方をしていたためか3年あまり経った頃からだんだんバックパネルがつかなくなりました。
パネルの裏を数十回から数百回叩けばつきますけど(^^;)
自宅と職場では外部モニタを使用しているのでほぼ困らないのですが、外出先ではやはり困ります。
修理しようとしたら専用モニタであるため数万円かかるとのこと。
その一方、今まで自宅で妻が使っていたPCの調子が悪くなってきました。
そこで、T400は自宅のTVに変換アダプターを用いて接続し、妻用据え置き型PCとして第二の人生?を過ごしてもらい、自分用に新たにノートPCを購入することしました。

新たなPCは頑丈で3年以上使えるハイスペック、ストレージに256GB以上の容量と拡張性もあり予算20万円以内を条件としました。
そうするとやはりThinkPad が第一候補です。
この4月から異動して遠距離通勤となったため軽い方が助かります。
そうすると第一候補はT420s、SSD容量が少ないのはセカンドベイにHDDを入れて対応可能、液晶にやや不安がありましたが評判が良いのでこれにしました。
時期としてはちょうどT430sが発表され発売される直前でしたが、T430が発売開始になったときの納期が不明であることと予算オーバーのリスク、新キーボードのリスクが高いことから見送ることにしました。
手に入れる前にT400を叩きすぎで壊すのも怖いですし、。
オプションもつけたいものをつけて3年保証もつけ、ポートリプリゲーターとセカンドベイアダプターと他社製HDDを加えて全部で16万弱。予算もクリア。

5月25日に申し込み、その時点で出荷まで10日程度+配送4日程度とのことでした。
実際に届いたのが6月8日。ちょっとかかりましたけど予想の範囲内です。

◆ 体感速度の変化
起動とシャットダウンは確かに、明らかに早まりました。
アプリの起動も少々早くなりました。
早いに越したことはないので助かります。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
不安が的中し、液晶は噂の?AUO製B140RW02 V1でした。
でも実は、自宅でも職場でも大抵は外部モニタに接続して使用しています。
外部モニタに接続せず本体の液晶で数時間作業したことがありますが、特に気になりませんでした。
通勤途中や空き時間に外の喫茶店で作業する程度なら問題ありません。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
7列です。
やはりThinkPadは打ちやすいです。
自宅でも職場でも外部キーボードに接続して使用しているので普段はなかなかその恩恵にあずかれません。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
とりあえず音はします。
普段はDOLBY HOME THEATERでちょっと音を加工して聴いています。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
コネクタ配置はT400sと代わり、最初は慣れませんでしたが今では問題ありません。

◆ 排熱:筐体の温度
今のところ熱暴走はしていません。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
ファンが回ってもあまり音がしないのがThinkPadの良いところですね。
光学ドライブもたまにつけますが、音は気になりません。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
T400よりは確かに軽くなりました。
自分的にはモバイルPCですが、女性や慣れない人にモバイル用としてこのPCを進めるかというと微妙なところです。

◆ 総評
結局、ポチってから数日後にT430sが発売開始になりました。
しかも最初から充分に安いし納期もあまり変わらないという(苦笑)

自分としては新PCが届いてから仕事の効率が格段に上がったため、仕事が急激に増えだしたこのタイミングでT420sを買っておいて正解でした。というか、T430sが出たタイミングまで待って買っていたら多分仕事の方が破滅してました。人生こんなものです。
ただし、急いで買う必要が無い人、7段キーボード信者でない方は新しいT430sの方が良いのかもしれません。


※グラフィックはCPU内蔵Intel HD Graphics 3000およびNVIDIA NVS 4200M(メモリー1GB)で多分合っているはずですが登録方法が分かりません。
また、他の方のテストに比べてこれだけ低い数字になる理由が分かりません。
一瞬だけ5.3という数字を見かけたことがありますが、、、
分かる方、教えて下さい(^_^;

3年間自転車モバイルでガシガシ使われていたおぢさん。移動時の振動もありますし、3年分のダメージが蓄積してきたのか液晶のバックパネルが点灯しなくなってきたとのこと。裏面から叩けばつくとのことで、ハンダが割れるかして接触不良をおこしているような壊れ方をしています。

可能なら修理したいところですが、どこのメーカーでも問題はその費用です。おぢさんのT400でも「数万円」の見積もりが出たため買い換えを決意されています。モニタ交換となるとほとんどの場合“数万円”単位で、おぢさんのケースが特に高いわけではありません。

レノボ ThinkPadの場合
修理料金概算 レノボ ThinkPadの場合
出典: 修理サービス - 引取り修理サービス料金表(ThinkPad, ThinkCentre)

ソニー VAIOの場合
修理料金概算 ソニー VAIOの場合
出典: 修理料金の目安 | サポート | VAIO | ソニー

昨今では3万円あれば1台買えますが、高い耐久性を条件に選定し、結果T400の血筋であるT420sを選択されています。使い方としては外部モニタ・外部キーボードを常用。ThinkPadでは珍しい使い方ではないでしょうか。買い換えた結果、PCだけでなく仕事のパフォーマンスも上がったとのことで、大正解の買い物となったとのことです。素晴らしいですね。

※ GPUは独立GPUの方で登録させてもらいました。 [2012-7-11]

その他のレビュー 3

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > ThinkPad T420s / T420siユーザーレビュー