HOME > レポート一覧 > ThinkPad Edge 15 (AMD R4250)ユーザーレポート

ThinkPad Edge 15 (AMD R4250)

ThinkPad Edge 15 (AMD R4250)

■ 評価点平均

4

AMD仕様のThinkPad Edge 15"。チップセットはRadeon 4250を統合した「RS880M」。液晶は15.6型1366×768、220nitsで、光沢と非光沢が選択可能。

バッテリー
 4セル 2.45kg 2.6hr
 6セル 2.53kg 4.0hr 標準
 9セル 2.70kg 6.0hr

長所・短所

GOOD   BAD
液晶
キーボード
騒音・ノイズ
筐体の質感 1
発熱処理

型番

0302-44U P340 (2.2Ghz)
0302-45U P540 (2.4Ghz)
0302-4LU P840 (1.9Ghz) 光沢
0302-54U P560 (2.5Ghz)
0302-55U P360 (2.5Ghz)

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

ThinkPad Edge 15 AMD  ゼー さん

>> Lenovo

 No. 3530

  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 5.3 7.1 4.1 5.2 6.7 4.1
CrystalDiskMark 3.0
 ReadWrite
Seq.246.49176.59
512k154.3393.88
4k7.7410.457
4k3211.3915.319
型番Kingston SNV425S2128GB
FF14 低解 303
FF11v3 高解 2775

◆ 購入のきっかけや価格
家族用に、手ごろな価格のPCを探していたら、丁度よい具合にThinkPad Edge AMD 15 が、とある小売店でセールだったので。スペックは、2G Memory, 320G HDD, DVD ライター, Windows 7 Professional 64, 6 セルバッテリ, BGNワイヤレス、GBイーサネット、Expressカードスロット、HDMI、VGA、3xUSB、1xE-SATA, WebCam, 5-1 カードリーダです。送料、税金込みで約$400でした。別に、メモリ8GB($90)最大積載容量と、これまたセールだったKingston のSSD-Now V 128G ($210)を買い足しました。メールイン・リベートが返ってくるとして、トータル約$650です。
日本では売ってないモデルかもしれません。

◆ 体感速度の変化
クロックが、x100eに比べて早いので、少し早くなった感じです。
初めての64Bitシステムですが、別になんら変化ないです。メモリが沢山使える分だけ、体感速度は上がっていると思います(キャッシュ等)。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
1366x768で15インチなので、見慣れている手持ちのx100eに比べてドットが大きく、間が抜けているような感じです。左右の視野角は、x100eに比べて狭いような気がします。個人的にはx100eの液晶の方が好みです。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
x100eのキーボードとほぼ同じタッチとキー配列のキーボードです。15インチなので、右下のAltとCtrlキーの間にPrtScというキーが増設されています。ファンクションキーは、デフォルトでは音量調節、輝度調整など、x100eだとFnを押さないとアクセスできないキーに割り当てられています。BIOSでx100eのように変更できます。クリックの感じは、x100eのほうがあります。ストロークの深さは、x100eと同程度だと思われます。個人的にはx100eのキーボードの方が打ちやすいです。でも、この価格帯のほかのPCよりも、キーボードの出来は良いと思います。他社だと、15インチで10キー付きのがありますが、それらよりはよっぽどましだと思います。タッチパッドは、x100eの面積に比べて2倍近く大きいです。
トラックポイントが付いています(ThinkPadなので当たり前ですか)。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
可もなく不可もなくです。ヘッドフォン端子は試していません。
スピーカーは、LCD側についています。そのためかどうかはわかりませんが、
LEDバックライトなのに、LCD側のパネルが若干厚いです。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
筐体は、つや消し黒ですべてプラスチックなので、キーボードの周りや、液晶パネルの裏などに手の油がつくと気になります。パネルとパネルの隙間がちょっと開いていたり、出っ張っていたりするところは、DellやHPみたいです。プラスチックの質感は、かなり安っぽく(特に底面)、x100eの方が良いと思います。銀色の塗装も使っていると剥げてきそうで心配です。
HDDやメモリの交換時に開けるパネルは、ちゃんとネジが落ちないように工夫されています。通風のスリッドにもちゃんと埃よけの網が付いています(この辺はThinkPadしています)。
ThinkPadのロゴのiの点の部分が2つ(LCD裏とキーボード側)電源ONで光ります。それ以外は何もインジケータがありません。
なぜか電源端子が、右側になっています。ThinkPadは後ろ側にあると思っていました。その代わり、常時ONに設定できるUSBが1ポート後ろ側にあります。

◆ 排熱:筐体の温度
筐体がx100eと比べて大きいので、温度もそんなに高くならないみたいです。
底面がほんのり暑くなります。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
DVDドライブのノイズはそれなりにします。でも静かなほうだと思います。冷却ファンは、高速で回りだすとそれなりにうるさいですが、普段は静かです。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
モバイルはできなくもないですが、持ち歩こうとは思いません。
バッテリーは6セルなので、x100e並に電池は持つと思います。ACアダプタは、
x100eとまったく同じもので65wのが付属しています。

◆ その他
メモリの増設や、HDDの交換は、下側のパネル1つはずすだけでできました。
BlueToothが付属していなかったのですが、x100eに内蔵されていたものを外して取り付けてみたら、ちゃんと動きました。

◆ 総評
値段の割にはパフォーマンスは優秀です。Intelの一世代前のCore-iシリーズも考えたのですが、こちらのAMDのほうが、値段を考えるとお得だと思います。
デスクトップパソコンと同じような値段なので、普通に使う分には、もうデスクトップパソコンは要らないのではないでしょうか。
値段を考えると、★印は4つとしておきます。

アメリカのショップではよくキャッシュバックが設定されていることがあります。購入時のレシートなどをメーカーに送ると小切手が送られてくる仕組みですが、今回ゼーさんが購入されたThinkPad Edge(SSDの方?)にもメールインリベートが設定されています。日本だと最近ThinkPadが郵便小為替を使ったキャッシュバックキャンペーンをやってますが、あまり見かけないタイプの販促です。

クラシックThinkPadと較べるとやや値段重視路線のEdgeですが、メモリは自らMAX 8GBまで増設されています。レポ中でも言及してくだっていますが、Windows 32bit版だと使えないメモリ量になります。4GBから8GBへのステップアップは効果がわかりにくいのがある意味難点ですね。

他社の同等モデルと比較すると、優っている箇所が多くThinkPadらしさが垣間見えています。ただX100eと比較すると、液晶や筐体の質感などでX100eの方にゼーさんの軍配が上がっています。ヘビーユーザーの1機目としては物足りないかもしれませんね。一方で家族用としてなら粗い解像度の大画面は逆に支持されるポイントかもしれません。 [2011-4-19]

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > ThinkPad Edge 15 (AMD R4250)ユーザーレビュー