HOME > レポート一覧 > ThinkPad Edge E420ユーザーレポート

ThinkPad Edge E420

ThinkPad Edge E420

■ 評価点平均

4.3

SandyBridge世代のEdge 14型(1366×768)。従来デザインに改良を施した10%薄型筐体とのこと。Webカムは720p。

長所・短所

GOOD   BAD
液晶 3
キーボード
騒音・ノイズ
2 筐体の質感
1 発熱処理

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

ThinkPad Edge E420  カズハ さん

>> Lenovo

 No. 3592

  • 長所: 筐体
  • 短所: 液晶
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 6.4 7.3 5.3 6.1 7.7 5.3
CrystalDiskMark 3.0
 ReadWrite
Seq.246.72112.86
512k187.65103.38
4k17.8638.570
4k32157.0181.290
型番SSDSA2M120G2GC

◆ 購入のきっかけや価格
昨年から暫くThinkPad X201iをメインに使っていたのですが、視力が悪くなってきたので、据え置き型に買い換えようと物色していた所、クーポンを使った安売り情報を発見。
新Core i3、2GBメモリ、250GB HDD、IntelWifiのモデルが45000円ほどでした。(10%クーポン使用
しかし私が購入した直後、15%クーポンが発表…。
到着後は気を取り直して、余っていた旧IntelSSD、BDドライブ、4GBメモリを取り付けました。

◆ 体感速度の変化
処理速度はX201iとあまり変わりません。
しかしメモリが6GBなので、ウインドウやアプリを複数立ち上げても、まだ空きメモリに余裕があります。64bitOSの利点ですね。
サブ機のVersaPro VM-6(SU9300)と比べると、すべての動作が速く感じます。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
グレアとノングレアを選べますが、今回はノングレア液晶にしました。ベンダーはAUO製。
発色、視野角、輝度、どれもあまりよくありません。ザラつきも微妙にあります。
しかしビジネス向けノートとしては標準的だと思います。
長時間の使用にも何とか耐えられるレベル。
HDMI端子があり、液晶も180度開くので、外付けモニターを使うという手もあります。


◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
飛び石型のキーボードですが、キータッチは良い部類です。たわみません。
しかし配列が独特で、Fnの横にCtrl、最上段右から3番目にDeleteキーと意味不明です。
タッチパッドはクリック感が浅いです。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
意外とスピーカーはマシな音が出ます。
ヘッドフォン使用時もノイズが入りません。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
前モデルのEdge14よりデザインが良くなっています。
XやTシリーズよりは落ちますが、安っぽさはありません。
強度も据え置きとして使うなら問題なさそうです。
PowerdUSBがマウスで消費する右側だったり、HDMI端子が左側面前方にあったり、コネクタ配置はいまいちです。

◆ 排熱:筐体の温度
負荷を連続してかけない限り、パームレストはまったく熱くなりません。
ベンチなどを回すとそれなりに熱くはなります。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
静粛性は極めて高いです。
アイドル時はほぼ無音。
負荷をかけてもすぐに静かに戻ります。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
重いです。
モバイル性は皆無。
バッテリーは普通に使って3〜4時間持ちそうです。
ACアダプタは意外と小さいです。

◆ その他
HDDや光学ドライブの交換は極めて簡単です。
ネジを数本はずし、裏蓋をあけるだけ。
ThinkPadの癖にバンドルアプリが多く、リカバリディスクの作成も時間がかかります。(DVD3枚
その癖WIN DVDはBDを再生できないバージョンだったり、いろいろ使えません。
光学ドライブがないX201iのWIN DVDでは再生できたのですが…。

◆ 総評
とにかく安いです。
ちらほらと不満がありますが、それらをすべて吹き飛ばすコストパフォーマンス。
一昔前のネットブックより安いです。
据え置き機としてかなりのお勧めです。

メモリは64bit版Windowsの普及によってようやくフル活用できるようになってきました。昔なら動画や写真を編集したりしなければ大容量のメモリを活かせない傾向がありましたが、最近ではブラウザがガンガンメモリを使うのであればあっただけ使われるようになってきました。ヘビーユーザーであればメモリ 8GBが当たり前になる時代も近々到来しそうです。

液晶はAUO製。最近だとノートパソコンの液晶はAUO、CMI、あとLGディスプレイ製などが多いです。どこのメーカーのパネルがいいというよりも、どのメーカーも上から下までのラインナップがあるようで、綺麗なパネルもあればあまり画質を重視していないパネルもあります。PCメーカー側がどの程度コストをかけるかで品質は決まってきます。そしてLenovoは昔から液晶にはお金をかけないメーカーなので、カズハさんが評するように凡庸なパネルであることが多いですね。

なんでもフリーで揃うご時世ですが、いまでもお金を払った方がいいソフトの1つにBlu-rayの再生プレイヤーが挙げられます。有名所が「PowerDVD」と今回本機にバンドルされていた「WinDVD」になります。しかし、なぜか光学ドライブレスのX201iに付いてきたWinDVDの方が高機能だったそうです。EdgeとノーマルThinkPadとの違いなのでしょうか。

WinDVD比較 [2011-6-21]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

ThinkPad Edge E420  であ さん

>> Lenovo

 No. 3783

  • 長所: 熱処理
  • 短所: 液晶
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 5.1 5.9 4.9 5.5 5.7 4.9
CrystalDiskMark 3.0
 ReadWrite
Seq.72.0771.06
512k28.9933.00
4k0.380.846
4k320.800.833
型番ST9500325AS
3DMark06 2912
FF11v3 高解 2990

◆ 購入のきっかけや価格

E425を2台とも知り合いに譲ったのですが、3人目の知り合いが誕生日プレゼントに同じのを欲しい、と。同じE425というのも芸がないのでE420に。天板はヒートウェーブ・レッドに。液晶はグレアタイプを選択しました。Sandy Celeron B810を選択。トータルで33000円くらい。

◆ 体感速度の変化

普通にネットやメールを使うには遅さを感じません。Youtubeも1080p動画はぬるぬる観れます。4K2K動画はさすがにコマ送り。
ちなみにSandy CeleronやSandy Pentium内蔵のグラフィックスはIntel HDG 1000というものらしいです。グラフィックコアは650MHz〜1GHzと可変するみたいです。
ゲームなどはE425と比べると格段に遅いです。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など

液晶の輝度は明るすぎますので最大値から3割ほど落とすくらいがちょうどいいです。発色は値段の割りにまともですが視野角はかなり狭いですね。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド

キーボードは特に無理やり詰め込んだ感もなく、適度な反発で打鍵しやすいです。
デフォオルトでファンクションキーは機能キーになっています。日本語変換ではF6〜F10を良く使うので初期設定では使いにくい。BIOSで切り替えないといけません。
タッチパッドは反応が良すぎて、カーソルが飛びます。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など

音楽CDの再生は音割れはないですが、スピーカーがパームレスト下にあり反射させて音が届くために、E420を何の上に置いてるかによってぜんぜん音質が変わります。ちょっと持ち上げたりすると途端に音が細くなります。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置

強度は十分。
コネクタ配置はE425とまったく同じ。コストダウンのためでしょうね。USB3.0はありません。eSATAがあるのが良いところでしょうか。

◆ 排熱:筐体の温度

廃熱はまずまずです。35WのCPUですがクロックが1.5GHzなためかあんまり負荷も上がりません。パームレストにも熱は伝わってきません。Sandy celeronは拡張版 Intel SpeedStep テクノロジーに対応しており、最低クロックは800MHzまで下がります。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ

全体に静かです。変なノイズもしません。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど

重量は約2.1Kg。なんとか持ち運べるかな。
ACアダプターは65Wタイプですが、割と小型です。アダプターが熱を持つ製品が多い中、lenovoのアダプターはあまり熱くなりませんね。

◆ その他

最近の1366×768解像度では14インチが一番見やすいと思います。
celeronもSandyBridgeだとなかなか馬鹿にできません。クロックは1.5GHzとあまり高くない割りに2コア、L3キャッシュ2MB、SSE4にも対応してますしVT-xや拡張版 Intel SpeedStepにも対応してます。これでHTTに対応していれば・・・core i3の立場がなくなりますね。

◆ 総評

昔のceleronというと安かろう悪かろうでしたが、いまのceleronは馬鹿にできないです。再生支援も1080p動画までなら対応してますし。
3万という価格ならキーボードの作りもいいし買って損ではないと思います。
(あと3000円だせばE425が買えますからAMDが嫌いでなければE425の方がいいと思いますけれど)

“ThinkPad普及委員会”みたいなことになっているであさんですが、新たに3人目の希望者が。どこに惹かれたのか気になりますが、ThinkPadキーボードのなせる技でしょうか。レノボになってから安いですしね。ファンクションキーは例の如くBIOS切替が必要です。

動画サイトは動画支援が効いているのかヌルヌル動作。4K2K(参照: 4K2Kとは)は手に余すそうですが、new iPadのようにフルHDを超える解像度のパネルが搭載されているわけでもないので、この辺は支障は無さそうです。外部ディスプレイに映し出すにしてもフルHDで十分でしょう。

であさんが途中で紹介されている“Intel HDG 1000”という呼称は非公式なもので、Intel4Gamer誌などは“Intel HD Graphics”と呼んでいます。ただこれまで“Intel HD Graphics”と呼ばれていたArrandale搭載コアとは仕様が異なっている、新“Intel HD Graphics”とでも言うべきものです。なのでモノとしては違うのに、名前は一緒といういつかどこかで見たような面倒くさい事態になっています。HDG1000というのはうってつけの名前だと思いますが、公式にしてくれないでしょうかね。 [2012-3-25]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

ThinkPad E420  アナべべ さん

>> Lenovo

 No. 3802

  • 長所: 筐体
  • 短所: 液晶
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 7 7.4 6.3 6.3 7.1 6.3
CrystalDiskMark 2.2
 ReadWrite
Seq.245.5086.27
512k176.40135.70
4k15.6831.800
型番SP128GBSSDE20S25

◆ 購入のきっかけや価格
Ivyまで待つつもりでしたがGWまでに手に入る確証が無かったので、
我慢出来ず3月末に10%のクーポンで約45,000の短納期モデルをポチりました。

到着後、Recovery Discを作成して下記構成へ変更してあります。

Mem:UMAX Castor DCSoD3-16GB-1333 16GB(8GB*2)
HDD:Silicon Power SP128GBSSDE20S25
DVD-R:Panasonic UJ-260

◆ 納期
土曜日にポチって月曜の昼に銀行振り込み
火曜日夕刻に入金確認メールが来て、翌水曜日に発送メール
木曜日に到着しました。(東海地方)

◆ 体感速度の変化
愛用のx200sと比べ、キビキビ動きます。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
結構ザラついた感じがしますが廉価版ですので、致し方ないのではと

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
6段配列のアイソは慣れないです。
あと、Enterキーがベコベコなので頃合を見て直す必要がありそうです。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
ヘッドフォンを使っていますがノイズ等は無いようです。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
偶に使うマウスは左手で操作するので左側にUSBが集中していて非常にラクです。
ただ、LANだけでなく電源も後ろにあると良かったのですが…。

◆ 排熱:筐体の温度
負荷をかけると底が結構熱くなりますが
x60と違いパームやキーは大丈夫そうです。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
負荷をかけない限り、ファンも回らず特に気にならないです。
ファンも特に気にならない位の音と思います。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
x60sの倍近い重さだと持ち運びは非常に億劫です。

◆ その他
コストダウンの一環からか、予備の赤ポチは付いてませんでした。
Skyrimの動作ですが、設定を落とせば特に問題なく動きます。
Diablo3が出たらこいつで動かしてみたいと思います。

◆ 総評
廉価版ということで強度など不安な面もありましたが良い意味で裏切られる位、
しっかりした作りになっています。

遅延情報が飛び交い、なかなか出てこないIvy Bridgeを待たずThinkPadの短納期モデルを即時ゲットされたアナベベさんからのレポートです。楽天のショップなどでは昼入金、夕方発送という超スピーディなお店もありますが、さすがにそこまで機敏ではなく、入金から発送まで2日間要しています。

私は利き腕側にUSBが集中するタイプが苦手なのですが、アナベベさんはそちらの方が相性がいいとのことで、右にUSB×1だけ残して左側面に集中したポート類(USB、eSATA、HDMI、D-Sub、オーディオ端子)をプラス評価されています。コネクタ配置の好みは人それぞれですね。 [2012-4-15]

  •  The Elder Scrolls V: Skyrim (C) 2011 Bethesda Softworks All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  バイオハザード 5 (C) 2009 カプコン All Rights Reserved. [公式サイト]
その他のレビュー 3

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > ThinkPad Edge E420ユーザーレビュー