HOME > レポート一覧 > HP Pavilion tx2505ユーザーレポート

HP Pavilion tx2505

HP Pavilion tx2505

■ 評価点平均

4.3

使いやすいタッチパネルが特徴の「tx1000」の後継モデル。チップセットにPumaプラットフォームを採用し、内蔵コア「Mobility Radeon HD 3200」により3D性能は強化された。
 タッチパネルは感圧・デジタイザ両対応で、付属のペンを近づけるとデジタイザになり、ペンを話すと自動的に感圧式に切り替わり指でも操作が可能になる。参考サイト:「PUMAでゲーム」は本当か?

長所・短所

GOOD   BAD
液晶 1
2 キーボード
騒音・ノイズ
1 筐体の質感
発熱処理 1

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

HP Pavilion tx2505  キシリ さん

  No. 2002

  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 4.8 5.9 4.3 4 5.7 4

キシリさんのレポがXPのものだったので、VistaEXPindex値だけ抜粋して移植 [2008-9-14]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

HP Pavilion tx2505  キシリ さん

 No. 2478

  • 長所: 筐体
  • 短所: 熱処理
CrystalDiskMark 2.1
 ReadWrite
Seq.77.7172.46
512k39.1743.97
4k0.721.207
型番Hitachi HTS723232L9A360
3DMark06 1599
3DMark05 2964
FF11v3 高解 3534

エクスペリエンス・インデックスのみVista時にて計測。
他はMicrosoft Windows XP Tablet PC Edition 2005でのレポートになります。

◆ 購入のきっかけと価格
プラットフォームがPUMAになったこともありある程度3DもできるタブレットPCに興味がわいたため。
スタンダードモデルからCPUをZM-80に変更、108,000円、2週間弱で届きました。
後からメモリを4GB、HDDを320GBの7200rpmに換装してあります。

◆ 体感速度の変化
Vistaの場合、母艦(C2DE6600 メモリ4G)と比べても大して差はありません。
ただXP化の弊害でシステムがカクカクします。(IEで4gamer等を開いたり、ペイントで編集したりするともっさりします)
どうやら自作の方でも話題になっているらしい780Gもっさり問題がそのまま起きています。
自作の場合は、グラフィックボードを追加すれば良いだけですがノートは追加できません。
Vistaにすれば何の問題もありませんのでこの辺は我慢しないといけないのかなとは思います。

◆ 液晶の質
この辺りは先代のtx2005と同じという感じがします。
正面から見ればたいしたことはありませんが縦に使うと目に悪いかもしれません。
値段を考えれば仕方ないのかなとは思います。

◆ キーボードとタッチパッド:配列やタッチ
柔らかく、ぐらつきがあるキーボードですので打ちづらいです。またキーが小さいです(笑)
慣れるまで時間がかかりました。
タッチパッドは意外と操作しやすく隙間がない構造なのでゴミがたまらないのは良いです。

◆ サウンド
スピーカーはノートPCにしては良いかな?という程度です
Vistaで無線LAN使用時に音楽CD等を聴いていると音がかなりの頻度で飛びます。
XPにしてからは今のところ飛んでいません。

◆ 筐体:質感や強度
さすがに表面加工処理をしているだけあって綺麗です

◆ 筐体:各種コネクタの位置、換装のし易さ
これは少し問題です。右側に手前からUSB、LAN、D-SUB、Sビデオ端子等がありコネクタ類が集中しています。
通常モードでマウスを使うときは邪魔になりそうです。
無線LAN、HDD、メモリが底面から直接アクセスできるのは便利ですね

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
本体の発熱もさることながらファンが高負荷になると相当うるさくなります。
ゲーム最中に本体を膝の上などに載せるとおそらく低温やけどを起こします。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
本体は相変わらず重いので持ち歩きには不向きです。無理すれば持ち歩けますが…
ACアダプタは普通のノートPCと同じくらいです。電源コードが太いです。
使用時はかなり熱く特に充電中は触れないぐらい熱くなります。
バッテリーは6セルだとはみでますが大して気にはなりませんでした。
駆動時間を少し期待したのですが先代と同じでした。
もう少し延ばしてほしいかなと思います。
海外には8セルバッテリーもあるみたいですが…

◆ その他
対応機器が日本未発売な独自コネクタのExpansion Port 3や着脱式DVDドライブなのにウェイトセーバーのみ等ギミックはたくさんあるのに生かしきれないのは残念です。
この辺は値段を考えると仕方ないのかもしれませんが・・・

◆ 総評
悪い事ばかりあげていますが概ね満足しています。
「できるHPパソコン」という雑誌?がおまけでついてました^^;
タッチパネルの操作は今までのPCになく直感的に操作できるので母艦で操作する時につい液晶をタッチしてしまうくらい扱いやすいです。
他のタブレットPCの値段を考えると格安だと思います。

◆ ベンチマーク
・Superπを一つと二つの立ち上げての計測
Superπ1M×1 45 (秒)
Superπ1M×2 43/44 (秒)

・DMC4のベンチマーク
SCENE1 16.27
SCENE2 12.27
SCENE3 18.36
SCENE3 12.31
悪魔達をスタイリッシュに狩るのは難しい状態です。
RANK:D

・MHFのベンチマーク
621
626
636

・ゆめりあベンチマーク
640x480 それなり
1回目 18110
2回目 18256
3回目 18374
4回目 18175
5回目 17991

AMD 780GのXPトラブル発生かもしれませんとの情報を届けてくださったキシリさん。どうも780G+XP+IEエンジン?という組み合わせで動作がもっさりになってしまうようです。まだPumaでの実例は少ないですが、2chや自作erのブログなどで報告がかなり上がっているようです。PowerPlay犯人説もあるようですが、いまのところ原因はハッキリしていないようです。とりあえずhpないしATIに報告して待つしかないでしょうか。

Expansion Portはポートリプリケーターや専用スタンドなどを繋ぐためのhp専用ポートですが、日本ではほとんど扱いがありません。tx2505の専用スタンドは売られてますが、本当に‘立てるだけ’で特にUSBハブ機能などもないので、Expansion Portは関係ないみたいです。 [2008-9-14]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

HP Pavilion tx2505ct  てんちょ さん

 No. 2620

  • 長所: キーボード
  • 短所: 液晶
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 4.8 5.9 4.3 4 5.3 4

◆ 購入のきっかけと価格
元々Wacomの液晶タブレットを使っていたのですが、デスクトップ機のディスプレイ更新に伴って解像度が合わなくなってしまい、非常に使いづらくなってしまいました。
そこで、新しい液晶タブレットを物色したのですが、高解像度のタブレットは非常に高価で予算に収まらず、いろいろ検討した結果、ノートPCでWacomのタブレットを搭載しているこの機種を購入しました。
HDD160GB/Turion Ultra ZM-80/Memory1GB/指紋認証/リカバリ付きで105,000円でした。
直後にTrancendのDDR2-800 2GBを2枚増設してMemory4GBにしました。

◆ 体感速度の変化
4GBにメモリを増設した場合は、いつもメインで使っているInspiron1520や自作Athlon64x2 6000+(ともにXP SP3)と比べても、もたつき等は感じません。
1GBだと実用にするのには気分が悪い程の速度低下が起こりますので、最低でも2GBにすることをお勧めします。
それと、ソフトを立ち上げようとする度に、Vistaがいちいち確認をしてくるのには閉口します。

◆ 液晶の質
液晶前のタッチスクリーンがあることを差し引いても、視野角の狭い液晶です。
また、色味も赤がはっきり出ていないような感じを受けます。
まぁ、この値段では致し方ないのかもしれませんが。

◆ キーボード:配列やタッチ
ややばしゃばしゃしていて、強くタイピングするとキーボード左側の光学ドライブの辺りは下が浮いているような感覚がありますが、普通に使う分には気になりません。
配列は自分が使う分には問題なく、Inspiron1520のEnterキー右側にもう一列キーがあるタイプの物よりは自然にタイピングできます。


◆ サウンド
ALTECだろうがなんだろうが、とりあえずすっかりと低音が抜けたノートサウンドです。
EeePC901xと大差ないように感じます。
ネームバリューだけですね。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
特殊なボディ構造の割には剛性感は高く、そこまでちゃちな感じはしません。
Zen-Designは悪くないと思います。
光沢素材が流行なのかは知りませんが、黒ボディに光沢は指紋が目立ってあまり良い感じはしませんが・・・
外装が黒ベースで開けるとシルバーというのは無難にまとまっていますが、もう少し華が欲しいですね。
あちこちに仕込んである青LEDで派手に見えますが、全部のLEDが青って言うのもイマイチ単調な感じがして機能別にLEDの色を変えてあった方が使い勝手も含めてデザイン的にも良いような気がします。


◆ 排熱:筐体の温度
熱いです。
Turion Ultra ZM-80の廃熱が凄まじいらしく、12月の暖房のあまり掛かっていない寒い部屋で、排気口の近くに冷たい缶コーヒーを置いておいたら、3-4時間で温くなっていました。
米国仕様ではさらに高クロックのTurion Ultra搭載型があるようですが、一体どういう熱を出しているのか興味が沸きます。
まぁ、排気口以外は(季節のせいかもしれませんが)あまり暖かいという印象はありません。


◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
HDD、光学ドライブは一般的な物なので、ごく気にならない程度の騒音しか出しません。(後述しますが、不良交換で2台使っていますが、一台目の個体にはオプティアーク製の光学ドライブ、2台目のものには東芝製が使われていました。東芝製の方が多少静かなようです)
問題なのは冷却ファンで、とにかくけたたましく回ります。
これも個体により多少音質の差はありますが、高回転・爆音・大風量ですから、この手の騒音が苦手な人は本当に向きません。


◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
特殊な構造のせいか、本体の大きさの割にはずっしりしています。
バッテリーはあまり使っていないのでわかりませんが、あの爆音・爆熱だとそう持続しないとおもいます。
電源ケーブルも太く、モバイル性はあまり考慮されていないように思います。

◆ その他
一台目は、使用中に勝手にリセットが掛かったり、OS上からは認識している物の、キーボード・ワイヤレス・有線LANとも使用できなくなったりと、非常に不安定な個体が届きました。(リカバリー中にエラーをはき出す始末・・・)
サポートに電話連絡したところ、交換しますがカスタマイズモデルなので再生産に2週間掛かりますと言われました。
仕方ないので2週間待って交換品が届いたのですが・・・
今度は動作も正常で安定しているのですが、液晶枠に付いている指紋認証ユニットの取り付けが悪く、液晶枠が完全に閉まらず歪んで内部基板が見えていたり、本体下部ボディやWebカメラ付近に擦り傷があったり、極めつけは電源ケーブルがたばこ臭い・・・(電源ケーブルだけたばこ臭いってのが微妙ですが・・・)
納期短縮のために、テスト使用機か引き上げ機を工場に送って清掃と指紋認証ユニットをやっつけ仕事で取り付けたリワーク品のようでした。
当然、ボディの不具合があるのでサポートに電話して、また交換品手配となっています。
次は品物が日本のHPに届いたら、こちらに直送せず、サービス部門に一度引き上げて徹底的に動作・外観の検品をしてから送るように指示しましたが、HPの品質管理には非常に疑問・不満を感じます。
まぁ、Dellよりもサポートの電話対応は良かったんですけどねぇ・・・ちゃんと日本人で細かい内容も理解してもらえましたし。
とりあえず、次の交換品は12/25日に届くようですが・・・コンプマートから注文したのが10/5で、未だにまともな製品が届いてないのはいかがなものかと思います。
次にまともな物が届かなかったら、返金要求しますけどね。流石に。

◆ 総評
価格・機能・性能を考えた場合、(知っている限り)この機種の対抗機種は市場に存在しません。
新品で安価・高性能・高機能なタブレットPCが欲しいという場合は、この機種しか選択の余地は無いと思います。
アメリカではtx2505の後継機と思われる新型のTochiSmartPC tx2が発売になっていますが、やや高価格になっているのとタッチパネルメーカーがWacomでないので多少不安があります。(液晶側筐体が新設計になっているようで、液晶の品質には興味がありますが)
問題はHPの品質管理で、とにかく杜撰というかロクでもないというか・・・
Webで見ていても、個体差が激しいとか色々報告があるようですので、購入して何かおかしいな?ということがあったらすぐにサポートに連絡するべきだと思います。
サポート自体は割とスムーズにしてもらえるのだけが救いです。

*グラフィックがRADEON HD3200が無かったので、適当にしてあります。
修正お願いいたします。

タブレット自身が液晶になっている液晶タブレットは12型ワコム製で10万円をくだらずなかなか高価です。そこで最初から液晶タブレットになっているタブレットノートを選択。CPUをアップグレードしても10万円ちょいと価格はあまり変わりません。液晶ペンタブにノートPCの機能がおまけで付いてくるような状態です。

PC機能がおまけで付いてくる反面、問題はてんちょさんも触れておられますが騒音です。最近になってやっと45nmのCPUを出荷し始めたAMDですが、Turion 64は依然として65nmなこともあり、2.1Ghz駆動ではかなりの熱が出るようです。米国ではさらに上があるようですが、最近のHPは排熱に疎い感じがしますが、大丈夫でしょうか。いつぞやのNECのように数年後にトラブルを引き起こさなければ良いですが。

最後に品質管理の不備について書いてくださっています。てんちょさんの事例に限らず、HPのシェア拡大路線が明確になっているここ数年は品質トラブルが増えてきたように思います。HPにとってはグローバル展開する国の1つに過ぎず、日本法人に対するHP本社からの営業目標も相当厳しいと聞きます。今後も日本向けだけ品質体制を強化する(コスト↑、利益率↓)という流れにはなりにくいかもしれませが、なるべくユーザーの不満は届けていきたいところです。 [2008-12-18]

  •  マビノギ (C) 2003-2005 NEXON Corporation Co. All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

HP Pavilion tx2505  龍珠 さん 龍珠 さんさんのほむぺ

 No. 2850

  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 4.8 5.9 4.3 4 5.4 4
FF11v3 高解 3000

◆ 購入のきっかけと価格
リビング用ノートPCの更新が目的でした。
選定基準は、
1.最新のゲームは遊ばないものの、ラグナロクオンラインなど、そこそこのグラフィック性能を要求するゲームもプレイできるもの
2.常に持ち運ぶことはないが、家庭内での移動やちょっとした旅行なら持ち運べるサイズとバッテリー
3.価格はおよそ10万円以内
4.常用してもあまり無理がないサイズのキーボード
というのがメイン。また、妻が絵を描くので、WACOMの液晶ペンタブレット装備というのも大きかったです。
価格は2008年冬のキャンペーン時に購入し、およそ96,000円ほどだったと思います。

◆ 体感速度の変化
自室のデスクトップPC(Athlon4000+,Geforce8600GT)と比べ、日常作業では少し速いくらいだと思います。ゲームではやはり多少の見劣りはします(8600GTと比べるのは少し酷だと思いますが)。

◆ 液晶の質
よくタッチスクリーンによる発色の悪さなどが言われていますが、正面から見る分には全く気になりません。上下の視野角の狭さは確かにありますが、個人的には全く問題がないレベルです。絵を描く時にも特に問題はなさそうでした。

◆ キーボード:配列やタッチ
ここは好みが分かれるところですので、店頭で確認してから購入しました。
配列は、ファンクションキーやカーソルキーなどが小さくなっており、ゲームでその辺のキーボードを多用する場合は注意が必要です。
その分、通常のアルファベット部分は十分なサイズが確保されており、このサイズのノートPCの割には打ちやすくなっています。

キートップは中央が少しくぼんだ形状になっており、この形状が我が家では二人とも気に入っています。

タッチパッドも期待していなかったのですが、意外と秀逸だと思っています。もともと誤動作が少ないポインティングスティックの方が好きなのですが、細かい凹凸がついているこのパッドは比較的使いやすく、満足しています。
タッチパッド近くのボタンですぐにオンオフを切り替えられるのも便利。

◆ サウンド
ヒンジの部分に大き目のステレオスピーカーがついており、12インチ前後のノートPCの出す音としては十分だと感じています。SPDIF端子も付いていますので、音質にこだわりたい場合でも十分対応できると思います。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
質感および強度については全く問題ないと思います。
コネクタ類は2点ほど気になる点があります。
ひとつは拡張ポート3(Expansion Port3)。対応機器が全く発売されないにもかかわらず、右側面という一番使い勝手がいい場所を大きく占有している点は問題です。
もうひとつはSDメモリスロット。他にもメモリースティックやXDなど、いくつかの規格に対応しているスロットなのですが、接触が悪いため、別途カードリーダを接続して使っています。

◆ 排熱:筐体の温度
ゲームをやっているとやはりかなり熱くなりますが、ネット閲覧やオフィスワークなどでは全く問題ないと思います。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
HDDは全く気になりません。光学ドライブもあまり使わないせいか、半年使っていてほとんど気になりません。冷却ファンについては、やはり負荷がかかっている時には鳴っています。
とはいえ、デスクトップに比べてうるさいかというとそうでもなく、不満に感じるほどではないです。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
2キロ前後の重さは、家庭内移動やひざに乗せて使う際などは問題ないレベルだと思います。必要なら旅行にも持っていけるぎりぎりのサイズではないでしょうか。
ACアダプタですが、アダプタそのものよりもコードの太さが気になります。持ち運びの際は互換アダプタを用意するのも手かもしれないです。

◆ その他
FF11ベンチのLOWだと5025でした。
また、CrystalMark2004R3の数値を別PCとの比較で掲載します。
買い替えなどの参考になれば幸いです。

<デスクトップ>
Athlon 4000+&Geforce8600GT(XP)・・・総合53280、ALU:8215、GDI:10243
AthlonX2 5050e&RadeonHD3200(Windows7β)・・・総合73536、ALU:18766 GDI:4568
<ノートPC>
tx2505(Vista)・・・総合66588、ALU:15308、GDI:4487

全てOSが違うので参考値でしかないですが、およそのイメージは湧くでしょうか。

ラグナロクオンラインでは、ソロ狩りや臨時PTでの狩りなどを試してみましたが、エフェクトなどを特にいじらなくても普通にプレイできました。

◆ 総評
総じて使いやすいノートPCといえます。ネット閲覧や表計算などの日常業務、DVD鑑賞、軽めの3Dゲームまで十分こなせ、1台目としても必要十分な機能を備えています。

奥様が画を描くということで選ばれたタブレットPC。統合コアなので3D性能が低いのは致し方ないですが、ラグナロクはまずまず動いている様子。世間ではあまり評判の芳しくない液晶も、気にならないレベルで問題なしとのこと。カードリーダーの接触不良が最大の欠点かもしれませんね。

タブレットの描き心地はどんな感じでしょう。シャープの新型メビウスにも液晶タブレットが付いているものの、反応が鈍すぎて頻繁に絵を描くには論外と感じましたが、旧txシリーズのワコムタブレットの時はレスポンスは結構良かったです。今はワコムではありませんが、特に言及されていないのでその辺は問題なさそうですね。総合評価も5点となってます。 [2009-6-13]

その他のレビュー 4

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > HP Pavilion tx2505ユーザーレビュー