HOME > レポート一覧 > バイオ VAIO CB (6630M)ユーザーレポート

バイオ VAIO CB (6630M)

VAIO CB (6630M)

■ 評価点平均

4

デザイン性を全面に打ち出したカジュアルユーザー向けのVAIO C(15.5型)。渋いブラックも用意されていますが、非常にカラフルなカラーバリエーションが揃っています。
 USB3.0はどのモデルにも搭載されていますが、GPUはモデルによって異なります。
 店頭モデル Radeon HD 6470M
 直販モデル Radeon HD 6470M or 6630M

長所・短所

GOOD   BAD
1 液晶
キーボード
1 騒音・ノイズ
筐体の質感 1
発熱処理

型番

CB1 (VPCCB1) 15.5型 2011年02月発売モデル
・ VPCCB19FJ/D・G・P・B・W (AMD Radeon HD 6470M)
・ VPCCB1AHJ (Radeon HD 6630M or 6470M)
・ VPCCB1AGJ (Radeon HD 6630M or 6470M)
・ VPCCB1AFJ (Radeon HD 6630M or 6470M)

CA1 (VPCCA) 14型モデル
・ VPCCA1AHJ (Radeon HD 6470M)
・ VPCCA1AGJ (Radeon HD 6470M)
・ VPCCA1AFJ (Radeon HD 6470M)

CB2 (VPCCB2) 15.5型 2011年07月発売モデル
・ VPCCB29FJ/D・L・P・W (Intel HDG 3000)
・ VPCCB28FJ/D・L・P・W (Intel HDG 3000)
・ VPCCB2AJ (Radeon HD 6630M or 6470M)

CA2 14型 2011年07月発売モデル
・ VPCCA2AJ (Radeon HD 6470M / Intel HDG3000)

CB3 2011年10月発売モデル
・ VPCCB38FJ/D オレンジ (Intel HDG 3000)
・ VPCCB38FJ/L ブルー (Intel HDG 3000)
・ VPCCB38FJ/P ピンク (Intel HDG 3000)
・ VPCCB38FJ/W ホワイト (Intel HDG 3000)
・ VPCCB3AJ (Radeon HD 6630M or 6470M)

CA3 2011年10月発売モデル
・ VPCCA3AJ (Radeon HD 6470M / Intel HDG3000)

CB4
・ VPCCB48FJ/L ブルー (Intel HDG 3000)
・ VPCCB48FJ/P ピンク (Intel HDG 3000)
・ VPCCB48FJ/B ブラック (Intel HDG 3000)
・ VPCCB48FJ/W ホワイト (Intel HDG 3000)
・ VPCCB4AJ (Radeon HD 6630M or 6470M)

CA4
・ VPCCA4AJ (Radeon HD 6470M / Intel HDG3000)

関連リンク

5色のカラバリ
カラバリ

有料オプションになりますが、照度センサーで自動点灯するバックライトキーボードが用意されています。

明るい場所
キーボードライト非点灯

暗所で点灯
キーボードライト点灯

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO VPCCB19FJ  紫 さん

 No. 3665

  • 長所: 騒音
  • 短所: 筐体
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 6.9 7.4 5.3 6.4 7.9 5.3
3DMark06 5100

◆ 購入のきっかけや価格
WEB閲覧+α用に14か15で探していた所K53TAが発売され、見に行ったんですが
ドライバかセッッティングがおかしかったのか画面のチラつきがひどかったので
その日はあきらめ、後日、別の用でヤマダに行った時にワゴンセールで本機と
Inspiron(i7 2630QM)があり、悩みましたが本機を購入56,500円でした。
ちなみにInspironは55,000円ぐらいだったかな。

◆ 体感速度の変化
M570TU(SATA2 SSD)との比較になりますが、
今回は購入時の状態で使おうと思っていましたが、遅いというかレスポンスが悪いというか
我慢できずSSDとメモリー換装、起動時間が35秒ほどになりキビキビ動くようになり満足です。
ちなみにHDDはSeagateが入っていました。
しかし!後ほど

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
あまり気にしませんが値段相応ではないでしょうか、現行モデルの金額(80,000円ぐらい?)を
出すならオーダーメイドでフルHDを選びます。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
海外メーカーの物よりはましかな?

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
大音量では聞いてませんが、普通です。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
右側にUSB2.0×2、BD、左側にUSB3.0×1、USB2.0×1、HDMI、とマウスを主に使うので
よく使うコネクタが左側によっているのは良い。

◆ 排熱:筐体の温度
ほんのりあったかい程度です。排熱はベンチを走らすと熱風が出てます。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
高負荷時はファンが唸りますが、WEB閲覧や動画ぐらいでは静かです。
しかしHDDからの音が気になりました。SSDに換装し無音です。

◆ その他
SSDですがCSSD-F120GB3-BKを換装しましたが、購入後帰って調べたらリコールがあったと知り
速攻確認した所リコール後の商品でした。しかし今度はCrystalDiskMarkで速度がでない
いろいろ調べたらコントローラーがSandForceだと0Fillで計ってみろというところがあったので
やってみるとそれなりの速度がでました。
ちなみに0Fillにて

CrystalDiskMark 3.0 (0Fill)
 ReadWrite
Seq.456.7459.4
512k398.3426.5
4k28.849.3
4k32106.2363.7
型番CSSD-F120GB3-BK

でした。通常で計ったら、忘れました。悲しくて。
下調べしなかった自分が悪いんです。C400買えばよかった。

ワゴンセールで入手したというVAIO Cのレポートを紫さんからいただきました。オーダーメイドで注文するならフルHD派という紫さんですが、店頭モデルである本機の解像度はWXGA (1366x768)となっています。VAIOは高解像度を選ぼうと思うと、直販モデルを買わないと手に入らないことが多いですね。

CrystalDiskMarkの「0Fill」モードは読み書きを全て「0」データで行い性能を測ります。通常はランダムなデータを書き込みます。何が違ってくるかというと、全て「0」ですのでSSDコントローラーが行うデータ圧縮が非常に効果的に働き、スコアがグンと伸びます。ドライブの最高速度を測ることができる反面、通常使用時は「0」ばかり読み書きするということはまず無いため、実際の使用感と乖離してしまうデメリットがあります。 [2011-9-13]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO VPCCB3AJ  リゲイン さん

  No. 3721

3DMark06 6201

◆ 購入のきっかけや価格
 この前、自分用にDV6-6100を購入しましたが、嫁さんから自分だけずるい・・・
 ということで嫁さんのPCも購入することになりました。
 ついに高解像度に嫁さんも目覚めたため、購入条件は15〜16インチのフルHDで
 BD再生及びYoutubeのフルHD再生できる機種となりました。
 条件満たして一番安いVAIOのCBシリーズを選択し、下記の構成で購入で68800円
 でした。(安い)

 CPU Corei3-2330M(2.20GHz)
 MEM 4GB(4GBx1)
 HDD 320GB(5400回転/分)
 液晶 15.5/1920x1080/LED
 光学ドライブ BD-ROMドライブ(DVDスーパーマルチ機能搭載)
 キーボード 日本語/バックライトなし
 Office なし
 保証 長期保証<3年ベーシック>
 筐体 ピンク・・・・・・・・

◆ 体感速度の変化
 嫁さん専用機のためいじらせてもらえないので使い込んでいませんがCorei3でも
 日常用途では問題ありません。
 もともと先代のVaioがCore2の2GHzなのでクロック的にも余り変化はありません。


◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
 先代のタイプC比べると圧倒的によくなっています。発色・輝度とも良好で、視野角は
 左右は140度くらいあるでしょうか、案の定上下は若干弱めです。


◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
 アイソレーションキーボードですが、私にはキーストロークが若干浅いです。
 バックライト付だとさらに浅くなるようなので好みが分かれると思います。
 ただし、嫁さんには好評。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
 いたって普通、大音量にしても音われ、筐体振動はありません。
 あえて言うなら低音が弱いかな?


◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
 筐体は安っぽいです(ピンクだからかも)、コネクタ配置ですがUSB端子が全て
 左右の前よりに配置されているためケーブルが鬱陶しいです。

◆ 排熱:筐体の温度
 廃熱はしっかり出来ているようです。3Dmark6を回してもちょっとあったかいかな
 程度でした。ブラウジング程度ではまったく熱くなりません。


◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
 冷却ファンは通常時・負荷時とも静かです。耳につくいやな音も感じられません。
 光学ドライブはそこそこうるさいです。


◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
 モバイルすることはないので軽さはパス、ACアダブターは意外に小さいです。

◆ その他
 ピンクは悪趣味です・・・。

◆ 総評
 以前、投稿させていただいたタイプCに比べて液晶が格段によくなっています。
 大きな欠点もなく一通りそろっていて価格もかなり安いのでライトユーザから
 ヘビーユーザー2歩手前まで幅広く使えるのではないでしょうか。

奥様専用機でいじくり回すことはできないものの、可能な限りのレポをしてくださったリゲインさんからのレポートです。VAIO C系はVAIOのなかでも入門機的なエントリーモデルで、筐体や液晶の質はイマイチな印象もあるシリーズですが、液晶は先代Cと較べると圧倒的に良くなっているとのことです。筐体は色のせいもあるのか安っぽい印象を抱かれています。イントロのところで「ピンク・・・・・・・・」、その他でも「ピンクは悪趣味です」とかなり馴染めない様子です(^^;

VAIO C ピンク 写真で見ると可愛い感じです

快適性能として重要な筐体表面温度、冷却ノイズなどはきっちり制御されているとのこと。総論としてヘビーユーザー2歩手前までをカバーできるのではと。ミドルユーザーとはあまり言いませんが、たまにPCを立ち上げる程度ではなく、普段から動画サイトなどもよく見るようになってきたというユーザーさんが該当しそうです。 [2011-12-11]

その他のレビュー 2

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > バイオ VAIO CB (6630M)ユーザーレビュー