HOME > レポート一覧 > バイオ VAIO Sシリーズ 15ユーザーレポート

バイオ VAIO Sシリーズ 15

VAIO Sシリーズ 15

■ 評価点平均

5

GeForce GT 640M LEを搭載する15.5型VAIO。モードによって使用するGPUを切り替えることができます。

SPEEDモード:NVIDIA GeForce GT 640M LE
STAMINAモード:Intel HDG 4000

メモリはオンボードで4GBのPC3L-10600メモリを搭載。増設に1スロット空きがあり、最大12GBまでをサポートしています。液晶は低反射コート仕様。13型モデルと違いテンキーを搭載しているのが大きな特徴。

長所・短所

GOOD   BAD
2 液晶
キーボード 1
騒音・ノイズ
筐体の質感
発熱処理

型番

VAIO Sシリーズ13
 SVS13119GJB
 SVS13118FJB・S・P

オーナーメイドモデル
 SVS13A1AJ

VAIO Sシリーズ15
 SVS1512AJ

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO SVS15119FJB  龍弥@ さん

 No. 3911

  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 7.5 7.6 6.8 6.8 5.9 5.9
CrystalDiskMark 3.0
 ReadWrite
Seq.86.3584.19
512k29.8829.49
4k0.380.772
4k320.720.755
型番Hitachi HTS547575A9E384
3DMark11 1450
FF11v3 高解 6433
モンハン大討伐 3705

◆ 購入のきっかけや価格
前に使ってたVAIO Eの調子が悪くなり
ECOをプレイしてたら頻繁にブルースクリーンになってた為
購入価格は、在庫一掃セールで75000円でした。

◆ 体感速度の変化
Core i3 380Mとは比べ物にならないくらい速くなりましたね。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
流石VAIOディスプレイプラスと言った所でしょうか。
不満な所が全くありません。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
キーボードも不満はないですね。
ただ、久しぶりのテンキー付キーボードなので多少の打ち間違えが…(苦笑)

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
VAIO Eよりはいいと思います。
音割れは皆無です。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
指紋がつきにくいってのはいいですね。
強度も申し分ないと思います。
コネクタ類の右側配置はもういい加減諦めました(笑)

◆ 排熱:筐体の温度
VAIO Eと比べキーボード部も熱くならず。
排熱は上手く出来てるんじゃないかと思います。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
光学ドライブはまだ使ってません。
VAIO Eとの比較になるのですが、冷却ファンやノイズは全く気になりません。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
15インチの癖に2kgは軽いですね。

◆ その他
特にないですね。

◆ 総評
買って良かったと思える1台です。

VAIO to VAIOの買い換えとなった龍弥@さんのレポート。同シリーズ間の乗り換えのメリットはキーボード配置が大きく変わらない点にあるかもしれませんが、テンキーが付いた分、少しだけ戸惑われています。液晶、サウンド共に申し分なしとのこと。どちらもゲームをやる上では重要な要素です。 [2012-10-14]

  •  エミル・クロニクル・オンライン (C) 2005 BROCCOLI / GungHo All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  デビル メイ クライ 4 (C) 2008 カプコン All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  バイオハザード 5 (C) 2009 カプコン All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO SVS1512AJ  syunwata さん

 No. 3969

  • 長所: 液晶
  • 短所: キーボード
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 7.6 5.9 4.6 6.5 5.8 4.6
3DMark06 9028

◆ 購入のきっかけや価格
据え置きノートとしてVGN‐AR95S(以下typeA)、モバイルとしてLibretto L5を用いているのですが、リブレットが限界に近く、またメイン環境をそのまま持ち運びたいと思うようになりました。
typeAは17インチと大型でさらにテカテカ光沢ボディですから持ち運びに躊躇してしまうのが難点でした。
っていうか重い・・・
そんな現状の不満を抱きつつ久しぶりにPCを物色していたら、
デザイン、性能、モビリティともに理想のモデルがあったので購入。
メーカー直販(バイオオーナーメード 以下VOM)で
クアッドコア、外部GPU、BDドライブを搭載し96000円ほどなり。
ストレージは予算の都合でHDDです。

◆ 体感速度の変化
Corei73632QM2.2GH。
これまでのメイン環境がCore2Duoの2.5GHでしたが、ネットサーフィン等でも速くなった感はあります。
それに論理8コアはタスクマネージャーで見ると爽快ですね(笑
単純なクロック数はtypeA比、0.3GH落ちているのですが、ターボブーストがちゃんと機能しており、3GH近くで動いていることがほとんどです。
typeAは160GB HDD(5400回転)×2のRAID0でしたが、本機は320GB HDD(5400回転)一基のみ搭載。
typeAでは、ファイルのダウンロード、インストール、解凍等を並行して行っても処理は目立って遅くなりませんでしたが、
本機で同様のことをすると結構動作が重くなります。
メインメモリはオンボードで4GB。空きスロットはひとつ。最大12GB。
現状の用途(ネット、BD閲覧等)だと4GBで問題なし。機会があれば増設予定です。
ただオンボードで4GB固定なので、空きスロットに4GBを増設しないと完全なデュアルチャンネルにはなりません。
VOMでオンボード8GBが選べればなおよかったです。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
IPS液晶。非光沢液晶なので目に優しいです。
発色も派手でなく見やすいですね。
それに視野角が広いので使っていて気持ちいいです。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
テンキーとバックライト付き。
15型の本体に、テンキーまで装備している所為か若干窮屈さを覚えます。PC全体に対して、キーボードが左に寄っているので若干使いにくいです。
充分慣れの範囲だと思いますが。
打鍵感も軽やかな感じで基本的には打ちやすいです。
キーボードの中心部分に若干のたわみがみられますが、打鍵感に影響はないです。
バックライトは明るすぎます。後述するキーボードカバ―をつけてちょうどいい感じの明るさになります。

キーボード周りの明確なマイナス点としては、Hキーが若干沈んでいることです。打鍵感に影響はまったくありませんが、本機はバックライトキーボードですので、
見る角度によっては、Hキー周りだけ光が漏れておらず見栄え的な意味でマイナスです。
これは某掲示板で既に指摘されており、サポートに問い合わせたそうですが、仕様とのこと。
ソニーといえばデザインに力を入れているイメージなのでちょっとおそまつな感じがしますね。ここだけは明確にマイナス点です。
あと英字キーボードが選べないという点は、人によりマイナス点かもしれません。
なまじスタンダードモデルであるVAIO Eでも英字配列を選択できるので。

タッチパッドは大型のボタン一体型。
意外と使いやすいです。モバイルの際にはマウスがなくてもなんとかなりそうです。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
オンボードサウンド。いつのまにかSound Realityは無くなったみたいですね、残念。
スピーカーはキーボード上部に装備。
音としては低音域がでておらず乾いた感じです。
ぎりぎり音割れはしない感じです。
見た感じは僕が使っているXperaNXのスピーカーを左右に2個ずつ配置したようなサイズですね。
スマホをお持ちの方はなんとなく音を想像できるかと。


◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
店頭で実機を見てもらうとわかるのですが、全体的に落ち着いた雰囲気です。過度な装飾品は一切なく、シンプルなデザインと質感でよろしいです。
シンプルデザインの代表といえば、Macが挙げられますが、本機は六角形の意匠も取り入れており、シンプルながらも主張も備えた良いデザインです。
液晶部分は片手で開きます。本体の強度も十分にあり、持ち運びには苦労しなさそうです。

コネクタは左右側面にのみ装備。右側面奥から、USB2.0×1、USB3.0×2、HDMI、アナログ出力、LANポート、SDカードスロット、MSスロット。
左側面奥から、スロットインドライブ、マイク入力、オーディオ出力となっております。
つまり基本的な端子類は全部右側にあるということです。
僕は左利きなのでこの配置でも文句はない、というかうれしいのですが、客観的に評価すると左側面にもUSBがほしいところです。

◆ 排熱:筐体の温度
ベンチマークを回してみましたが、それなりの騒音と筐体後方からそれなりの温風が出てきます。
GPUの温度を見ても50度付近までしか上がらないです。
しっかり排熱できているようです。
筐体もエンターキー付近が若干暖かくなる程度ですしね。


◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
スロットインドライブ。
ディスクを挿入するときはそれなりに深く挿入しないと入らないですが、イジェクトの際にはディスク半分以上排出されるので、総じて使いやすいです。動作音もうるさくはないです。

ユーティリティソフトでファンの回転を、パフォーマンス優先、標準、静音重視の3段階で変更可能。
パフォーマンス優先だと常にファンが音を出します。
標準以下だと必要に応じて回転するので静かです。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
本体は2kgほどで軽いです。
バッテリーも公称6時間ほど持つ、とのこと。
バッテリー駆動で、ワード等の文章作成のみで4時間くらいは大丈夫でした。

アダプターもなかなか小柄です。サイズ感としては、4型のスマートフォンの横幅を縮めて厚みを増した感じとでも言いましょうか。取り回しは良好です。
アダプターにもVAIOロゴが刻まれておりちょっとかっこいい。コードを束ねられるマジックテープが標準で付けられています。これはうれしい。

バッテリーはいたわり充電対応。80%か50%を選択できます。
また、アダプターを接続しているときはバッテリーを使用しません。本機のバッテリーは外す時に底面カバーを開けないとだめなので、バッテリーの消耗を抑えるこの仕様はうれしいです。

◆ その他
本機はKeplerのGeforce640MLE、VRAM2GBを搭載していますが、VRAMに余裕があって好感が持てます。
できればもっと上位のGPUを積んでほしかったところですがゲームメインではないですし、このGPUでもよっぽどヘビーなゲームでない限り動きそうなので満足です。
(それに最近PCでしかできない面白いゲームが少ないので^^;)
またSZからの伝統である、ハードスイッチによる、外部、内部GPUの切り替えが可能。
(ハードで切り替えなくても、動態的に切り替えていく仕組みなのであまり意味がない気がしないでもない^^;)

新しいガジェットを買うと、ついついオプションにも手を出してしまうのが人の性。
というわけで純正のキーボードカバー(VGP-KBL12)も同時購入。
シリコンタイプでキーボードにぴったりフィットします。
防塵効果は高そうです。
前述しましたが本機のキーボードバックライトは明るすぎて調整もできませんが、このカバーを付けるといい感じの光量になります。

やけに低いWindowsスコアですが、おそらく内蔵GPUで計測されているみたいです。

◆ 総評
持ち運びもできるメインノートとして購入しましたが、正解でしたね。
持ち運びできるサイズ・重量であるにも関わらず、クアッドコアや外部GPU、光学ドライブも搭載。
IPS液晶など付加価値も充分。僕個人としては、シンプルかつ六角形をモチーフにした意匠もかなり好みです。
しかもお値段も10万円を切るレベル。かつてのSZは本機と同じような性格でも値段が倍以上した記憶が・・・
いい時代になりました。
あえてケチをつけるとすれば、「音」に関してはこれといった付加価値がない点ですかね。

以下余談。
VOMで買ったのですが、昔はVOMだけは全モデル国内生産だったのが、最近はZやDUOみたいな高度な組み立てを要するモデル以外は中国製と聞いていました。
本機は中国製。もちろんPCの生産国なんてあってないようなものなのですがちょっと寂しいですね。

syunwataさんからVAIO S 15型モデルのレポをいただきました。搭載されているCore i7-3632QMは4コア構成(物理)ですが、HyperThreadingテクノロジーによってタスクマネージャー上では8コア(倫理)として認識されます。マルチスレッドに対応したゲームや動画のエンコードなどでは8コアすべてを使い切ることもあるかもしれませんが、日常的には十分すぎる仕様と言えます。これで10万円弱。

実際の使用面ではストレージが足を引っ張っているのか重くなる局面があるとのこと。ストレージの強化としてはSSD換装が思い浮かびますが、SSDも解凍作業のように小さなファイルが大量に出てくる処理にはあまり強くないので、抜本的な対策にはハイエンドのSSDが必要かもしれません。

使っていて気持ちいいIPS液晶など、スペックに現れない質にこだわるバイオらしさがある一方で、SoundRealityの消滅など“音”へのこだわりは減り、平凡な印象となっています。購入検討される方はこの点も要注意ですね。 [2013-3-10]

  •  ロストプラネット エクストリームコンディション (C) 2007 カプコン All Rights Reserved. [公式サイト]
その他のレビュー 2

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > バイオ VAIO Sシリーズ 15ユーザーレビュー