HOME > レポート一覧 > バイオ VAIO SB (6470M)ユーザーレポート

バイオ VAIO SB (6470M)

VAIO SB (6470M)

■ 評価点平均

4

2011年 VAIO Sシリーズ 店頭モデル。
13.3型 1366×768ドット搭載。クアッドSSD。底面に装着する拡張バッテリーで最長17時間の安定駆動。

長所・短所

GOOD   BAD
液晶
1 キーボード
騒音・ノイズ 1
筐体の質感
発熱処理

型番

SB1
VPCSB1AHJ, VPCSB1AGJ, VPCSB1AFJ
VPCSB19FJ/B 店頭
VPCSB18FJ/B・W・P 店頭

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO VPCSB1AFJ  ishiyz さん

 No. 3613

  • 長所: キーボード
  • 短所: 騒音
CrystalDiskMark 3.0
 ReadWrite
Seq.196.75167.18
512k181.00149.85
4k17.7629.096
4k3219.4830.831
型番TOSHIBA THNSNC128GMMJ
3DMark06 7778
FF14 低解 1677
FF11v3 高解 10610
 

◆ 購入のきっかけと価格
引越の為、UQ-WiMAXを導入してみようかと情報集めをしていた頃、ソニーからの
メールでVAIO-S(SB)の存在を知り、WiMAX内蔵+半年無料パックということで
ポチってしまいました。ソニークーポン恐るべし。

構成は Core i7-2620M(2.70Ghz) + Win7Home + MEM4GB + SSD128GB + DVDマルチ。
色はブルー。手持ちの4GB SODIMMを追加して8GBとし、3GBをRAMDISKにして運用中。

◆ 体感速度の変化
対VAIO-F11で、数値は全体的に良くなっていますが、主にSSD化によってキビキビ動く
ようになりました。 Mac Airと比較すると体感変化なしです。
ただ、ファンの音が辛いのでポテンシャルをフルで使う気になれません(後述)

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
素直な発色です。低反射コートで映り込みは殆ど気になりません。
上下の視野角が狭めで、画面の角度に少し気を使います。
解像度1366×768は今一歩。 1400x900欲しかった。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
もはや定番となったアイソレーションキーボード。暗いとバックライトが
自動点灯します。まあまあ打ちやすいです。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
内蔵スピーカーは、音声通話には使えます程度。割れやすく低音は出ないので、
音楽視聴にはヘッドフォンか外部スピーカー必須です。

◆ 筐体:質感や強度
剛性感が足りない印象があります。キーボード右手前(端子側)片手で持ち上げる
と撓みが見られます。表面加工で頑張ってるものの、プラスチッキーで傷が付き
やすい点は残念です。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
端子は全て右側に集約されていて、USB2x2 USB3x1 HDMI VGA LAN SD/MS と充実
しています。光学ドライブは左、イジェクトボタンがキーボードの上にあり、
側面を持ったときに触れてイジェクトする様な事がなく、安心です。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
ブラウジング程度では動作音は殆ど無いです、高負荷時はファンの音が結構
します。甲高い音でかなり耳障りです。
光学ドライブは、高回転時はうるさくなりますが、BD視聴中などの低速回転時
なら問題なし。

◆ 排熱:筐体の温度 発熱
低負荷時 : CPUが57℃ 47W
高負荷時 : CPUが87℃ 51W
高負荷時は本体の底がとても熱くなります。膝の上では耐えられないレベル。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
アダプターが、このクラスのノート用としては大きめで、持ち歩くのは辛いです。
バッテリーの持ちがかなり良い(6時間程度は持つ)ので、実質アダプター要らず。
1.64kgあるため持ち歩きノートとしては上限かも。

◆ その他
WiMax内蔵は非常に快適です。何処にいてもつながる上、帯域も家で
10Mbpsほど出るため、固定回線の必要性が無くなってしまいました。

◆ 総評
再び衝動時に購入し、残念な点もありますが、コストパフォーマンスで見れば
満足です。パッケージング的にMacAirに似ていて、「筐体のコストを削って中身
にかけてみるとこうなる」的な製品だと思いました。ただ、光学ドライブは今は
メリットにならない気がします。
単純な持ち歩きやすさでAir、Windowsアプリが必要な時はVAIO、と使い分ける
感じですね。

------------------------ 2011.7.17 追記 ------------------------

ベンチマーク情報の追加です。
全体的にVAIO-Fを超えた値が出てます。
モバイルノートでFF11ベンチ1万超えは驚きましたw

ほー、WiMAX半年無料クーポンとか配布しているんですねぇ。WiMAXはIntelプッシュのおかげでWiFiの延長線のような感じで入ってきてますね。メモリたっぷり、SSDということで体感速度的には良い感じのようですが、ファンノイズが甲高くあまり高負荷でガシガシ使う気にはなれないとのことです。

ishiyzさんの仰る通り、光学ドライブがメリットにならない時代到来ですね。うちのW700も月2,3枚DVDビデオ入れるぐらいで、外付けでいいレベルになってきています。 [2011-7-16]

ベンチマークスコアを追加。 [2011-7-18]

  •  マビノギ (C) 2003-2005 NEXON Corporation Co. All Rights Reserved. [公式サイト]

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > バイオ VAIO SB (6470M)ユーザーレビュー