HOME > レポート一覧 > バイオ VAIO Duo 11ユーザーレポート

バイオ VAIO Duo 11

VAIO Duo 11

■ 評価点平均

5

11.6型フルHD IPS液晶という高解像度パネルを搭載した変形する Windows 8 VAIO。Surf Slider機構と名付けられたギミックにより、タブレットモードとキーボードモードに変形します。
 
ストレージはSSD。メモリは低電圧規格のDDR3L仕様の専用ソケットとなるため、ユーザーによる増設は不可能。電磁誘導式のペンが付属します。

長所・短所

GOOD   BAD
2 液晶
キーボード 1
1 騒音・ノイズ
筐体の質感 1
発熱処理

型番

SVD11212CJB 店頭モデル
SVD1121AJ オーナーメイドモデル

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO Duo 11  ジラルデリ さん

 No. 3926

  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 6.9 5.9 5.5 6.4 8.1 5.5
3DMark06 5004

◆ 購入のきっかけや価格
旅行によく行くので、モバイルパソコンがほしかったです。
Windows8の出現とこのモデルの出現でこのモデルになりました。
東芝のR822と迷いましたけど、フルHDが欲しかったので決定です。
購入時点でR822はリコール起こしてましたしね。
価格はヤマダ電機名古屋店で137,800円にポイント10パーセントでした。
2,000円割引券持っていたので、さらに2,000円安く買えました。


◆ 体感速度の変化
メインマシンがCore i7ですけど、このマシンの用途がワープロとネット閲覧だけなので全くスピードの差を感じません。


◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
すごく明るいです。
IPS液晶なので視野角もめちゃ広いです。
色はこんなものじゃないかな?


◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
アイソレーションキーボードです。
コントロールキーとファンクションキーが逆なのは現代の流行?
タッチはいいですよ。
バックライト付きキーボードが欲しかったのでこれもよかったです。
タッチパッドは無いんですけど、トラックポイントみたいなのがあります。
店頭で触ってる間は訳わかりませんでしたけど、2,3日で慣れました。


◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
サウンドは気にしてないです。
音出してないしね。
外での原稿書きとネット閲覧では音はいらないですしね。


◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
プラスチックですけど、気にしません。
モバイル用途ですからね。
強度もそこそこありそうです。
スライダー液晶の開閉ギミックの耐久性は気になりますね。
ソニーの販売員が安曇野で作ってると自慢してましたが。
USB3.0が二つとHDMI端子全部右側です。
LAN端子が後ろにあります。


◆ 排熱:筐体の温度
あまり、重い処理やってないせいもありますけど、熱は全く感じません。


◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
光学ドライブ無いですし、ファンも無いらしいです。
夏だと回るのかな?


◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
ウルトラブックなので軽いですよ。
1.3キロです。
ACアダプターも小さくて軽いです。
バッテリーは通常使用で5時間は持ちそうです。


◆ その他
スライダー液晶の開閉ギミックの耐久性が心配ですね。
あと、収納時に液晶がむき出しになってる点。
ケースは必須ですね。


◆ 総評
いい機械だと思います。
スライダー液晶というギミックがソニーらしくて好きです。

旅行のお供を想定し、VAIO Duoを選択したジラルデリさんのレポです。AndroidやiPadを持っていくという選択肢もありますが、Windows機の中から選ぶのであればDuoは旅行にはぴったりなモデルです。一般的なノートPCだと道中でパカッと開きにくいところです。

ジラルデリさんが気になっているのはスライド機構の耐久性。通常のヒンジでも3年くらい使っていると緩んできますが、特殊なギミックだけに気になるところです。 [2012-11-20]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO Duo 11  Kotaro さん

 No. 3927

  • 長所: 液晶
  • 短所: 筐体
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 7.2 7.5 5.5 6.4 8.1 5.5

◆ 購入のきっかけや価格
 モバイルとして買ったNextGear i300は、結局愛着が持てず売ってしまい、
それに変わるモバイル機を物色していたところ、本機に興味が引かれ、
またWindows8発売と重なってタッチパネルも試してみたかったため購入。
 ソニーストアで購入、スペックは、ほぼフルだったと思います。
 CPU:i7-3667U
 MEM:8GB
 SSD:256GB
 セカンドバッテリ付

◆ 体感速度の変化
 速度は全く問題なし。
 i7のcTDP機能からか、タスクマネージャーに出るクロックは最大速度をオーバーすることもあります。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
 純正保護シートつきで購入しましたが、問題なし。
 ただタッチパネルでベタベタさわるため、常に指紋がついています。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
 日本語、かななし、バックライト付きで購入。
 キーは多少小さめですが、タイピングに問題ありません。
 かな表示がないだけで、非常にシンプルに見えます。

 トラックポイントは、これまでないものが使われており、慣れが必要です。
 慣れれば特に問題ありません。
 タッチパネルの方を使うので、ほとんど使用しませんが。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
 ノイズキャンセルつきで購入。
 本体スピーカーは、他に所持しているVAIO SEと比べると、比べものにならないくらいいい音を出します。
 ノイズキャンセルヘッドホンも、S-Master認定らしくいい音を出してくれます。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
 サーフスライダーは、意外ときちんとしています。
 ただ液晶の角度が変えられないのは不便と言えば不便です。

◆ 排熱:筐体の温度
 全く熱くなりません。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
 普段はファンの音も気になりません。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
 本体はもう少し軽く、サイズも小さければ言うことなしですが、この機構であれば仕方なしと言ったところでしょうか。 アダプタは小型のもので満足です。

◆ 総評
 バランス良く出来た機体であると思います。
 タッチペンも便利で、普段は畳んだ状態の使用で十分。
 ソニーらしさが出ているPCです。

スマートフォン、タブレット人気を受けてノートパソコンにもタッチパネルが搭載されるようになりました。個人的にはノートパソコンにタッチパネルは余計では?と思ってしまう方なのですが、こればっかりはじっくり使ってみないとその有用性はわからないところです。本機はタッチパッドをバッサリ削ぎ落とし、代わりのインターフェイスとしてタッチパネルを備えています。トラックポイントもありますが、Kotaroさん曰くほとんどタッチパネルで事足りるとのことです。既存のノートパソコンにタッチパネルを付けただけで終わらせないのがソニーらしいですね。 [2012-11-26]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO Duo 11 (SVD1121AJ)  W-season さん

 No. 3970

  • 長所: 液晶
  • 短所: キーボード
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 7.2 7.4 5.6 6.4 8.1 5.6
CrystalDiskMark 3.0
 ReadWrite
Seq.468.95244.51
512k420.41245.31
4k15.5124.289
4k32105.8371.020
型番

◆ 購入のきっかけや価格
 それまでVAIO Zを使用しており、スペック等には、特に不満はありませんでした。しかし、Windows8へのアップグレードに対するサポートは無く、グラフィック周りの独自仕様等もあったため、7のまま使用していました。その後、中古で購入したDynabook SS RX2をSSD換装し8を入れて使ってみたところ、予想以上に8が気に入ったため、メインマシンも8にしたくなってきました。で、それなら、タッチパネル搭載機種が良いと思い、VAIO Duo 11の購入となりました。
 ソニーストアのオーナーメイドモデルで、CPUを一つ落とした以外は、ほぼフルスペックで購入。液晶保護フィルムに3年ワイド保証もつけ、¥164,250でした。


◆ 体感速度の変化
 デスクトップモードでの動作には、ほとんど体感的な違いは無い気がします。起動やシャットダウン、メトロスタイルでの動作はきびきびと小気味よいですが、これは8自体に起因するものかとも思います。Dynabookでもそうですので。とは言え、ほとんどの場面で、ストレスなく使用できます。
 ATOKを使っていると、時にとんでもなく遅くなるのは、おそらくWin8とATOKの相性なんだろうと思ってます。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
 液晶はきれいです。輝度・視野角も上下方向含め、十分確保されています。液晶保護フィルムがあると、暗い画面では、いくらか指の跡が見えますが、それ以外では気になりません。液晶のベゼルの部分が広いのは、ちょっと気になります。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
 キーボードは配列はいいのですが、キータッチはいただけません。たわみが気になったりはしませんが、打鍵感は浅いのに、確り打つよう心掛けないと、しばしば文字が欠けます。ここはDynabookの方がよっぽど打ちやすい。パッドは無く、オプティカルトラックポイントがついています。使用に迷うことはないですけど、使い勝手は今一つ。特に、タップで選択しようと思うと、ぶれてしまうため、結局タッチパネルを使用することになります。タッチパネルは、メトロスタイルでは気持ちよく使えるのですけど、デスクトップモードでは、細かい部分での選択が難しいです。スタイラスペンなら大丈夫なのですけど、これを常時使うのも面倒で、悩む部分です。Thinkpad並の精度を持った、普通のトラックポイントがあると、最高なんですけど。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
 重低音には全く期待できませんが、クリアで抜けの良い音が出ます。これはZやDynabookよりずっといいです。ノイズキャンセリングヘッドホンは、確り機能し、多少の騒音下でも、いい音を奏でてくれます。ただ、手持ちのSONY BAタイプヘッドホンは使えませんでした。


◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
 閉じてしまえばタブレットですので、普通のノートPCとの比較は難しいです。キーボード周り等は、それなりの質感があるとは思います。ウルトラブック規格に適合しており、薄いのはいいですね。重さは、このスペックでは頑張っている方でしょう。どっちにしろ、寝転がって使うようなものではありません。コネクタは右側USB3.0が2個。Zの時にはうまく動作しなかった、バスパワー駆動のBlu-rayドライブが問題なく動いたのは、嬉しかった点です。SD-XC対応スロット、D-sub15ピンコネクタ、イーサネットにHDMI端子と、最近のこのタイプのノートとしては、省かれた端子が無く、好感が持てます。
 スライダーのギミックは面白いですね。ボタンかなんかで開くとより良かった。時に、ちょっと開きにくいです。耐久性は気になりますねぇ。ただ、ソニースタイルは3年ワイド保障がリーズナブルな価格で提供されますので、その間ならOKかな、と思ってます。

◆ 排熱:筐体の温度
 メールやネット、Office等、通常の使用では、殆ど熱さは気になりません。


◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
 ゼロスピンドルですので、ドライブ由来の音はありません。ファンは回りだせば、気づく程度の音がありますが、通常使用では回る機会は少ないです。タブレットスタイルの時の方が、やや回りやすい気はします。


◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
 軽さは上述の通りで、バッグ等に入れて持ち歩く分には、薄さもあいまって、気になりません。ACアダプタは、コンパクトで、いいですね。バッテリーは、バッテリーをいたわるモードにしておくと、フル充電してくれず、あまりもちません。私は、拡張シートバッテリーを購入しました。この拡張バッテリー、それ単体での充電が可能になっており、スタイラスペンの収納場所もあり、便利です。本当は、本体にスタイラスは収納したいところですけど。


◆ その他
 私はWimax搭載モデルを購入したのですが、そうすると、無線LANが5GHz帯の使用できないタイプになってしまうんですね。気がつきませんでした。
 自宅でTorne、NASNEを使用してますので、これらSONY製品への対応度は期待されるところです。
 一応、手持ちのゲームを入れて見ました。自動的に調整された条件では、それなりに綺麗に動いていました。ただ、マウス必須のゲームですので、このPCでは遊ばないかな。

◆ 総評
 現時点で、Windows8を使うタッチパネルのPCとしては、ベストバイの一つなのではないかと思います。液晶開閉のギミックもユニークで、持っていて満足度が高いです。ただ、キーボードの出来だけはいただけないと思いました。

 Windows8、導入前はメリットに対し懐疑的でしたが、使ってみると悪くないですね。過渡期のOSとして、全体の統一感が無い部分はありますが、現状としては、思ったよりよくできていると思います。何より、軽くなってきている点は良いと思います。また、複数のPCを使用している際、SkyDriveを含めて、同期をとるのが楽になっているのは、予想外に大きなメリットでした。メトロスタイルも、もう少し作りこんでほしくはありますが、目新しさではiOSを上回ると思います。ただ、フォルダ構造はとれる様にしてほしいですね。


◆ 追記 3月22日

セキュリティ関係で気になった点を2点。
指紋認証は是非つけてほしかったです。
また、ロックスロットがありません。
あくまで、モバイルが主体、ということでしょうか。

Win8が気に入ったことからタッチパネル付きPCを探し求めたという W-seasonさんからのレポートです。ModernUI含めタッチパネルでの使用では特に問題ないようですが、デスクトップモードで適したインターフェイスがなくやや不満を抱かれている様子。どれも帯に短したすきに長しで決め手に欠いています。

ModernUIでもアイコン程度の大きさを操作するのは何ら問題ないですが、フォントの小さなテキストや画像系の操作をするときはどうしても操作の解像度不足に陥ってしまいます。この点はさすがにマウスには負けてしまうところです。微調整の効くThinkPadのトラックポイントが欲しいとのこと。

本機にはノイズキャンセリングヘッドフォンが付属しています。
VAIO DUO ノイズキャンセリングヘッドフォン
出典: 商品の特長 | VAIO Duo 11

エコ充電やいたわり充電と呼ばれる長寿命化モードでは満充電しなくなります。これはリチウムイオン電池全般に言えることで、満充電に近い状態ではバッテリーの劣化が加速されるため、満充電を避けるよう充電プロセスが組まれます(逆に空っぽ状態も良くないと言われます)。

100%で充電を停止するので、ACアダプターのご使用が中心の場合、バッテリーは常時95〜100%付近に保持されることが続き、劣化してしまう場合があります。
 → ThinkPad のバッテリーを長持ちさせる方法について

保存時も満充電状態を避けた方が良いと言われていますが、あまり律儀に守ると今度はバッテリーの利便性が損なわれてしまうのが悩ましいところです。
 → バッテリパックを長持ちさせるためのヒントを教えてください - JEITA

バイオですので、torneとの連携も楽しみなところです。個人的に確かめたところでは Win 8 アプリのピクセラ Station TV Link がなかなかイイ動きをしていました(ThinkPadxソニーレコーダーでの確認ですが)。メディアプレイヤーとしてのWin8はなかなか良い感じです。

 [2013-4-8]

追記いたしました。遅くなりすみません。 [2013-4-27]

  •  アリス マッドネス リターンズ (C) ElectronicArts / Spicy Horse All Rights Reserved. [公式サイト]
その他のレビュー 3

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > バイオ VAIO Duo 11ユーザーレビュー