HOME > レポート一覧 > バイオ VAIO VGN-BXユーザーレポート

バイオ VAIO VGN-BX

VAIO VGN-BX

■ 評価点平均

90.1 4/5

思わぬGPU不足から発売が2ヶ月も遅れたバイオBX。最盛期のThinkPad Tシリーズに並ぶ全部入りノート。GPUにはMobilityRADEON X700を搭載し、セキュリティと利便性を両立する指紋認証、Bluetoothと話題のギミックを全て搭載可能。そのうえこの軽量薄型ボディはライバル不在の魅力があります。
リリース前に不安視されていたSXGA+液晶は、ソニーの改善が施されたのかおおむね好評のようです。しかし、視野角が狭いなど問題点があるのも確かです。

長所・短所

GOOD   BAD
8 液晶 4
3 キーボード 1
騒音・ノイズ 13
18 筐体の質感
発熱処理 11

型番

VGN-BX90PS, VGN-BX90S

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO VGN-BX90PS  fox さん

評価 90 点 No. 823

  • 長所: 筐体
  • 短所: 騒音
FF11v3 高解 4489

◆ 購入のきっかけと価格
きっかけは4年前購入の先代PCのVAIO-FX77BX(Pen3-1Ghz、mem-256MB)からの乗り換えです。各社製品を調べるにあたって当サイトを参考にさせて頂きました。この場を借りてお礼申し上げます、ありがとうございました。半年くらい考えた末にこのモデルに行き着いた次第です。軽さとGPUとセキュリティーの高さに惹かれました。
価格は246900円
構成はWinXP-pro、14.1型クリアブラックLE液晶、スーパーマルチドライブ、PenM-2G、Mem-1GB、HDD-100GB、M.RADEON X700 hyper memory 256MB、カメラ・BT・FCなし、オフィスなし

◆ 実際の体感速度
先代が先代なので比較になりませんが、凄く早く感じます。マルチタスクで作業してると尚更感じます。

◆ 液晶の質
クリアブラックLEとの事で、輝度や視野角などがクリアブラックよりも劣るとの事です。が、実際はあまり違いはない気がします。今のところ見やすく、綺麗です。

◆ キーボード
個人的には非常に打ちやすいです。先代が打ちづらかったので、尚更な感じです。中心にあるポインティングデバイスですが、タイピングの邪魔にはならないものなのですね・・。

◆ サウンド
HDオーディオということで期待してました。DVDで視聴してみただけですが、納得できる音質だと思います。スピーカーの位置も個人的にはいいです。

◆ 筐体:強度と質感
天板がマグネシウムです。初めてですが、もっと丈夫そうな感じかと思ってました。しかし、先代のぺこぺこプラスチック天板と比べれば比較にはなりませんし、ノートとして十分な強度があると思います。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
位置は結構いいです。個人的には使いやすいです。できれば4つUSBが欲しかったです。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
ファンは左なのですが、結構うるさいですね。今のところ常時回ってます。PS2と同じくらいな気がします。あまり酷使しなくても発熱はそこそこ来ます。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
先代と同じくらいなので特別大きいとはおもいませんが、今の世代にしては大きいと思います。

◆ モバイル性
これまた先代と比べてですので、個人的には持ち運べるレベルです。毎日は面倒ですが週一くらいの電車通勤でも私は行けますね。結構薄いので、かさばらないと思います。

◆ 総評
ファンは慣れればどうにかなると思うので、かなり満足です。指紋認証は初めてですが、ログインなどで使ったりして意外に便利で気に入ってます。

ソニー以外が、高性能GPUに手を出さない理由のひとつと思われるGPUからの発熱。foxさんのレポート中でも冷却ファンは常時回り、アイドル時でもそれなりの発熱があることをうかがわせます。筐体もスリムに絞った分、こまめな排熱が求められるのかもしれませんね。液晶は事前の予想に反して好印象をもたれています。これは良い意味で裏切られましたねぇ。キーボードも非常に打ちやすいとのことで、冷却ファン音さえ目をつむればかなり完成度は高そうですね。グランドセフトオートも見事5つ星をゲット! [2005-12-20]

  •  Grand Theft Auto: SanAndreas (C) 2005 Rockstar Games, Inc. All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO VGN-BX90S  コタロー さん

評価 80 点 No. 825

  • 長所: 筐体
  • 短所: 騒音
FF11v3 高解 4710

◆ 購入のきっかけと価格
FFが快適に動くノートPCが欲しかった為。
税込み\236100

◆ 実際の体感速度
早いです。

◆ 液晶の質
思ってたより悪くないです、視野角も十分許容範囲ですね。

◆ キーボード
ステイックポインタ付近が少したわむ感じがありますが、パンタグラフのキーボはもともと好きなのでおおむね満足です。

◆ サウンド
可も無く不可もなく。

◆ 筐体:強度と質感
質感はいいですね。大満足です。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
USBは3つじゃ少ないかも・・・

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
発熱、ファン音とも思ったほどではないです。自分はまったく気になりません。
ただ、光学ドライブがDVDスーパーマルチなんですが、はっきり言って爆音です。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
ま、こんなもんでしょう。

◆ モバイル性
何とか持ち運びもできますね。

◆ 総評
おおむね満足していますが、なにやら「問題が発生したのでpol.exeを終了します」とメッセージが出て、なぜかFF本編が動きません。ベンチは動いたのに・・・
FFやるために買ったような物なのに、悲しいです;;
あきらめるのは嫌なので、もう少しあがいてみます

※追記 12/22
前回のレポートで、FF11が動かないとご報告しましたが、解決しましたのでお知らせします。
本日、スクエアのサポートセンターに電話してみました。
結論から言うと、BX自体になんら問題はなく使っていたマウス(Sigma製Altaia TWMBK)との相性が悪かったらしいです。
嫁のVAIOtypeMについていたソニー製の物に変えたところ、何の問題もなく動いています。
バッファは、フロント1024*768 バック1024*1024 その他フルオプションで快適に動いてます。1400*1050だとチャットの文字が小さすぎる気がしたので、これで常用かな(笑

BXでFFをやろうと思っている方は上記のマウスは用注意です。(笑

コタローさんも思ってたより良いという液晶。事前予想は画質悪いかも?というものでしたが、結構好評。キーボードも評価良ですが、意外なところで光学ドライブが爆音とのこと。どこでもソニー製ドライブは不評なんでしょうか。しかし、FF11が動かないというのは困りましたねぇ。タイトルがタイトルだけにソニーも放置しないとは思いますが、一度ソニーのサポートセンターに連絡、埒があかなければ質問掲示板に投稿してみると情報が得られるかもしれません。 [2005-12-20]

※追記
最大の問題だったFF11不具合が解決したとの報告をいただきました。
犯人は意外や意外マウスだったようで、わからないものですねぇ。サポセンで解決したということは、他にも同マウスで似たような報告があるのかもしれませんね。

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO VGN-BX90S  m-safe さん

評価 90 点 No. 827

  • 長所: 筐体
  • 短所: 騒音
FF11v3 高解 4695

蹴茶さんのサイトはずいぶん参考にさせて頂いたので、僭越ながら投稿させていただきます。

◆ 購入のきっかけと価格
自宅用で3年目を超えたThinkPadG40を所持していたのですが、HDD容量やら処理速度で段々不満が蓄積してきたので購入しました。どうせ買うならMMOとか3Dゲームができるものを、と。

そして、SonyStyleで以下の構成

14.1SXGA+対応クリアブラックLE液晶 / XP-Home / RADEON X700(256) / PentiumM760(2G) / Mem1G(512x2) / HDD 100G / DVDスーパーマルチ / Bluetoothなし / FeliCaなし / Webカメラなし / Officeなし / 3年保障ベーシック

XPはHomeなのでBX90"S"です、Proなら"PS"でしたが。価格は229800円+銀行振り込み手数料でした。

メモリはサードパーティものが安価なら最小構成→別買いの1Gx2を考えていましたが、S.O.DIMMの対応1Gがまだ案外高めなので、Total1G でとりあえずは満足することにしました。ノーブランドのバルクはちと怖いので。^^;ある程度値ごろ感が出てきたり、不足を覚えたら買い足そうかと。

また、OfficeはとりあえずOpenOffice.orgで済ませました。仕事メイン機でしたら迷わずMSOfficeを買ったのですが。

◆ 実際の体感速度
早いです。使い出しのインプレとしては仕事場にあるデスクトップのPen4マシンと体感的に差が無いです。

◆ 液晶の質
Goodです。クリアブラックは映りこみを諸氏が報告されていましたが、確かにあります。そこは用途や好みかも。ドット抜けなどなし。若干輝度が強めな感がしますがそのまま使っています。

画面サイズは14.1ですが、必要にして十分な大きさです。個人的にノート用にベストな大きさと感じています。

◆ キーボード
打鍵の感触はやや軽め(ヤワいとか貧弱と言っている訳ではありません^^;)。

キーの間隔なんかは丁度いいのですが、左からCtrlキーとFnキーの順になっているので、キーマクロ派としては使っていたマシンと異なるために若干戸惑ったりしました。

あとはページアップ/ダウンキーがFnに割り当てられてましたが、これは残念でした。

◆ サウンド
並です。ノートのスピーカーとその音としてはこんなものかな、と。

◆ 筐体:強度と質感
Goodです。ヤワい感じがありません。マグネシウム合金は確かに堅牢さと高級感があります。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
特に問題無いかと。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
発熱は高め。右手パームレスト直下付近が結構な熱です。キーボード側は人肌からちょっと上くらいでしょうか。底板の同箇所は結構熱いかも。低音やけどしそう、までは無論いかないですが夏場が不安です。ギリひざ上で使えそうな範囲かと^^;

ファンは(Webブラウジングやオフィススイートの使用などの)通常使用で時々まわっていますが、静かな部屋ですとファンの音の大きさは若干気になるかもしれません。
ベンチマーク中はフル回転で音も大きめでした。作業やゲームに集中していれば気にならないとは思うのですが。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
大きさは縦横がタバコの箱の縦横2個分くらい、厚みがタバコの箱の厚みの1.5個分くらい。発熱は人肌のちょっと上くらい。

◆ モバイル性
屋内ならまったく問題無いレベルです。ただ、これを1日中持ち歩くには若干重いです。朝夕の通勤/通学のときや乗り物の移動メインならokでしょうが、営業マンが1日中歩いて持ち歩けるかと訊かれたらちょっと厳しいと答えます。

◆ その他
3Dmark05はFree版を試したのですが、最初のFPSっぽいデモのときに原因不明のエラーで落ちました。^^;;; パッチも当てたんですが...orz
FFXI Benchの実行時はVAIOの常駐物を落とし、NortonISを無効+Auto-Protectオフ+ログオフして実行しました。Highは前述のとおり4695、Lowは6956でした。
GPUのドライバーですが、工場出荷時のものにWeb越しにVAIO Updateで落としたVAIO Graphic DriverなるものにCatalystControlCenterほかが入っていました。

ThinkPadユーザだったのでスティックポインタが嬉しいです^^

◆ 総評
気になる箇所はありますが、良い買い物をしたと考えています。

本当のところ蹴茶さんがご指摘されていたようにYonahや、もっと云えば次期Win登場間近まで待つという選択肢もあったかも知れません。
ですが、多数のアプリを並走させる使い方はしていないので、現状のマルチプロセッサ的に見えるデュアルコアのメリットは僕にはまだ薄いかと判断しました。^^;

次世代シングルコアには惹かれましたが、まだ時間がかかるでしょうし。
ただ、次世代シングルコアが出始めて現行世代が値下がりする可能性は後ろ髪がありましたが...orz

そういった葛藤をチャラにしてくれるものが本機にはあったと考えています。
数年来アンチソニーに傾きかけていたのですが、転びました。(^^A;

当面はMMOに手を出しながら1月のAge of Empire III(日本語版)を待ちたいと思います。m(_ _)m

----- 以下12/22追記 -----

3DMark05(Free版、v1.2.0+patch)が落ちた原因が判りましたので追記します。
結論から申し上げればNortonIS2005でした...orz

まとまった時間が取れたので、帰宅後に完全に電源をOffしてあった状態から立ち上げ、3Dmark05を再度実行しました。再現性を見たかったのでDriver群は前回より変えておりません。

で、FFBench実行時と同様に常駐物を落として実行しましたところ、普通にパスしました^^;;;

その後3本実行し、各実行の間に1分程度のインターバルを置きましたが無事に実行完了。
平均のスコアは2629でした。ASCII24のインプレ記事と同じくらいのオーダーなので安心し、結局原因は何だったのか愚考しました。

常駐物の落とし忘れがあってまずかったのかと思い、通常の使用環境でのスコアも見たかったので再起動して常駐物をデフォルト状態で実行しました。
すると最初のテストのムービーが終了した直後にエラー発生(^^A;
その後、MSMessengerやQuickTime等だけを残して実行しましたがNISがクロっぽいです。

大変お騒がせいたしましたm(_ _;m

BX自体はキビキビと動いております。^^v

AoEフリークのm-safeさんからBXレポ。他の方のレポートでFF11本体が動作しないというレポがありましたが、m-safeさんによると3DMark05で落ちるそうです。おそらく初物となるHyperMemory対応X700のドライバが原因と思われますが、ATIだけに素早い解決がなされるかどうか不安なところです。ソニーはATIに泣かされますね(^^; [2005-12-20]

えー、犯人はノートンだったそうです。ありうる話です(笑)
調査&情報提供ありがとうございました。> m-safeさん
 [2005-12-24]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO VGN-BX90PS  keng3 さん

  No. 828

  • 長所: 筐体
  • 短所: 騒音
3DMark05 3001
FF11v3 高解 5330

◆ 購入のきっかけと価格
 NEC LaVie RX(M.RADEON 9700)の買い換えで選びました。
 通勤で持ち歩く私としては、サイズ的に14.1インチ液晶が限界なので(笑)、
 そのサイズの最高性能PCということで購入しました。

 構成は、
   WinXP Pro/RADEON X700/BT・FC内蔵、
   14.1型SXGA+ クリアブラックLE液晶/カメラなし、
   Pentium M 780(2.26GHz)、DVDスーパーマルチ、Mem 256MB、HDD 40GB、
 です。その他なし。価格は、税込252,300円。

 あと、別買いで、
   1GBx2 メモリ(Transcend TS128MSQ64V5J)
   120GB HDD(Seagate ST9120821AS)
   ACアダプター(ダイヤテック PLS19S)
 に変更しています。保証は...見なかったことに(爆)。

◆ 実際の体感速度
 もともとLaVieでも快適でしたが、さすがにそれ以上ですね。

◆ 液晶の質
 明るさも発色も綺麗で満足です。
 ただ、映り込みが確かにありますね。まあ気になりませんが。

◆ キーボード
 ストロークもそこそこあり、満足です。

◆ サウンド
 内蔵スピーカーは、音が小さいです。VAIO全てに言えるのかもしれませんが。
 LaVieでは音量30%で使用していたところ、BXでは、70%くらいにしないと同じように
 聞こえません。ヘッドフォンや外部スピーカーを使用しないとだめですね。
 このへんがビジネスモデルでしょうか(笑)。

◆ 筐体:強度と質感
 しっかりとした作りで満足です。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
 特に問題ありません。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
 一番の難点がファンでしょうか。結構うるさくて気になる。
 たとえ省電力設定でも常時回っている感じです。今の時期でこれですから、夏場は
 どうなることやら。常時フル回転は勘弁してもらいたい。

 記憶違いかもしれませんが、どこかの試用機レビューで排気口の中のフィン?の色が
 製品版では「黒」になるとあったような気がしたのですが、「銅」のままでした。
 大したことじゃないですね(笑)。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
 純正品は大きいですね。
 持ち歩き派の私としては、ちょっと気になったので、市販の汎用アダプターに
 買い換えました。対応機種にBXはありませんが、適合する純正品アダプターの型番が
 あったので、使ってみました。今のところ問題もなく、発熱も暖かい程度なので
 満足しています。

◆ モバイル性
 LaVieと比べると奥行が少し増えていますが、持ち歩きも特に問題ありません。
 ただ、バッテリーの使用時間が2H程度に減ったのが残念です。しょうがない
 ところですが。

◆ その他
 指紋認証は結構便利です。Windowsログインしか使っていませんが、今までツールで
 自動ログインしていまして、ログインの意味がないなぁと思っていましたので、
 これで解決です。指紋登録も両手指を全て登録できますので、ちょっとしたケガを
 しても大丈夫かも(笑)。パワーオンパスワードやハードディスクパスワードにも
 使えるようですが使っていません。また、パスワードバンクなるもので、
 パスワードを入力する必要のあるダイアログやインターネットフォームにも
 使えるようです。これもあまり使っていませんが、パスワードを入力することは
 確実に減りそうです。

◆ 総評
 いくつか気になるところもありますが、おおむね満足した買い物だと思います。

 Yonah搭載機にも惹かれましたが、デュアルコアのメリットを実感するような
 使い方をまだしないという判断をしました。まあ、Meromあたりが出たころに
 また悩みたいと思います。

 今後、もしかしたらYonah搭載のBXが出るかもしれませんが、ファンの音は
 なんとかしてもらいたいところです。YonahになってもCPU単体の発熱は増えますよね?
 冷却機構は、見直して欲しいところ。

keng3さんからは、速報のベンチスコアが届いていましたが、後日詳細レポートも到着です。
それによると、CPU、光学ドライブなど取り替えの面倒なものはBTOで購入。比較的簡単に換装のできるメモリー、HDDは即座に市販品を購入し、放り込んでしまわれたようです。しかもACアダプタまで。大丈夫でしょうか(^^; 動作速度は快適そのもの。液晶も合格点とのこと。また指紋認証についても、パスワードバンクというブラウザフォーム対応のツールが付いているそうです。一方の難点はサウンド面と、冷却ファン音が最大のマイナス。2GhzオーバーのPen Mと、Mラデ X700という発熱コンビへの配慮が見受けられます。
YonahになってもCPUからの発熱はそう変わらないでしょう。でも、鬼門だったサウスブリッジが劇的に省電力になるらしいので、その辺で若干楽になるかもしれません。しかし、そのためにはチップセットも変更せねばならず、どこまでソニーが短期間で中身を変えてくるか。興味深いところです。 [2005-12-25]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO VGN-BX90PS  アル さん

  No. 829

  • 長所: 液晶
  • 短所: 騒音
FF11v3 高解 4763

 [2005-12-21]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO VGN-BX90PS  ごりあね さん

評価 90 点 No. 834

  • 長所: 液晶
  • 短所: 熱処理
FF11v3 高解 4640

◆ 購入のきっかけと価格
購入のきっかけはこのサイトです、1年前に同様にこのサイト情報を参考にThinkPad T42を購入させていただきました。

◆ 実際の体感速度
T42(P-M1.7GHz)との比較になりますとそんなに大差ない感じです。
その他、P3-1GHzデスクトップとCel-1GHzノートを使用していますが、これらとは比較にならないほど早いです。快適です。

◆ 液晶の質
ツルピカ液晶は初めてでしたが、写りこみさえ慣れれば、すごくきれいですね^^
仕事で使うには、T42の液晶のほうが目も疲れず最高です。

◆ キーボード
Thinkpadユーザ(そんなにこだわりありませんが)にも快適です。
そもそも僕はブラインドタッチも出来ませんが^^;

◆ サウンド
ノートでこの音なら満足です。

◆ 筐体:強度と質感
蓋の開け閉めぐらいしかしてませんが、特に問題ありません。
ThinkPad程の安心感がないのは、見た目のせいかもしれません。
デザインはGOODです。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
トラックポイント?がついていればマウスすら挿す必要が無いので気になりません。
光学ドライブの位置が左側というのは新鮮です。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
他の方も書かれていましたが、光学ドライブの駆動音が大きいですね。
普段使用時は気になりません。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
T42よりは熱くなりますね。いま(12月)はいいですが、夏場にどう思うか?

◆ モバイル性
まだ、持ち運びはしてませんがT42(15インチ)より小さいので、私は苦になりません。
(車の移動がメインなので徒歩はつらいかも)

◆ 総評
まだ、慣れてないので90点。(←これは失礼か^^;)

このサイトの情報は、大変参考にさせていただきました。
使った人のレポートが数多く載っているのは、すごく貴重なことだと思います。

光学ドライブの音はやっぱり大きいみたいです。常時回す必要がある場合は、仮想ドライブソフトを入れてみるのもいいかもしれません。ThinkPadユーザーさんなので、トラックポイントも利用価値が大いにある模様。FF11評価は見事5つ星をゲット! [2005-12-24]

  •  FinalFantasy XI (C) 2005 スクウェアエニックス All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VGN-BX90S  あるふ さん

  No. 836

  • 長所: キーボード
  • 短所: 騒音
FF11v3 高解 4960

この性能でこのコンパクトさは嬉しい限り。(元DynaBookG4使い)
気になる点と言えば・・・
うっかり塞いでしまいそうな左奥の冷却ファン(結構な騒音)と
マウスがぶつかる右奥のUSBポート(コード邪魔っ)と言った所でしょうか。。。

懐かしいDynabook G4からの転身となるあるふさん。dynabook Gも一世を風靡したシリーズですが、コンパクトさではバイオBXが一段上。性能はもちろん上がっているとして、あとは音質、静粛性などが許容できれば非常にいい世代交代となりそうですね。 [2005-12-24]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO VGN-BX90S  モーグラ博士 さん

評価 95 点 No. 838

  • 長所: 筐体
  • 短所: 騒音

◆ 購入のきっかけと価格
デスクトップPCも処分してしまったので、3Dゲームが遊べるノートを、という事で。
OS:WinXP-Home CPU:Pen-M2.0(533) メモリ:1G VGA:X700/256 HDD:80GB
ドライブ:DVD 液晶:SXGA+/ブラックLE BT、カメラ、オフィス:無し
で、¥192,800- です。

◆ 実際の体感速度
実際、キビキビしてます。
HPのnx4800もメモリ:1G CPU:Pem-M1.8(400)にアップグレードしてあるにも関わらず、体感差を感じます。
(思い込み補正かもしれませんが)

◆ 液晶の質
クリアブラックがこれほど綺麗だとは・・・
完全に侮ってました。
映りこみはありますし、視野角も気持ち狭く感じますがこれは良い液晶じゃぁないでしょうか。

◆ キーボード
BXはデスクトップとの入れ替えなので、直ぐにUSB-KB+マウスに切り替えてしまいましたので、
特に感想は無いのですがしいて言えば、可も無く不可も無くでしょうか。

◆ サウンド
標準的な音かと。
ゲーム程度なら十分ですね。

◆ 筐体:強度と質感
良いですね、とても良いです。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
USB3つは少ないかな。それとIEEEのコネクタは位置が良くないですね。
使う予定は有りませんが、USBとはもう少し離して欲しかったです。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
そこそこの発熱と、そこそこの音です。
が、自分はFAN式の冷却台を敷いてますので、熱は殆ど持ちません。
音は冷却台+になりますが、もとが小さいの気になりません。
でも、ゲーム中はそれなりです。BGMで十分紛れますけれど。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
ケーブルも細めだし、小さい方ではないでしょうか。
熱は気にしていないので、なんともです。すいません。

◆ モバイル性
ちょっと大きめ、でしょうか。
まぁ、持ち歩くつもりは無いので問題無しです。

◆ その他
光学ドライブはあえてDVDを選択し、外付けでDVM-RXH16U2を取り付けました。
書き込み頻度がそれ程多くなく、でも無いと困る。と言う事とスーパーマルチと普通のDVDとの差額より安く、スーパーマルチよりも書き込み速度が速い。それと、BXでモバイルする予定が無い。
と言うのが、その理由です。

◆ 総評
不満足に音を上げていますが、正直言えば、不満足と言うほどのものでは有りません。
あえて選べば。と言う程度になります。
USBはできれば4個、でもって散らして配置して欲しかったですね。
3個、横一列はちょっと頂けません。なので5点マイナスです。

外付けのDVDドライブですが、7,000円ちょっとでしたので、それを合計すると、概ね20万になります。
私のようにデスクトップとして使う人は稀だと思いますが、モバイルはしない、スペックは追求、金額は抑えたい。
と言う場合は、それなりに有効ではないでしょうか。
そんな人はノートを買わないと言われるかもしれないですが、ハイスペック、省スペース、比較的静か、なBXならこういう使い方も有り。なんではないかと。

掲示板でお馴染みのモーグラ博士からのレポート。クリアブラック絶賛です(笑) いいパネルがないと言われたSXGA+クラスですが、これまでのレポーターさんからの報告を見る限り、ソニーの表面コート技術等々で上手く仕上げているようですね。一方マイナス面はやはり騒音。爆音とまではいかないですが「そこそこ」の音がするとのことで、静音絶対派の方は要チェック。モーグラ博士も光学ドライブは外付けをあとから追加。1万円出せば、必要十分なDVD焼きドライブが手に入るご時世なので、出先で焼かなければならないといった理由がなければ、外付けはコストパフォーマンスを上げるいい方法です。 [2005-12-27]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO VGN-BX90S  まさ さん

  No. 843

  • 長所: 液晶
  • 短所: 熱処理
FF11v3 高解 4418

クリアブラックLE液晶は鮮やかで見やすいです。
熱は相当出るようで、木製デスクに直接置いて使っていると壊れないか心配です。
お勧めのノートPC冷却台がありましたらご教授ください。

P.S.
周辺機器をつながない状態で、以下の3つの不具合が発生しました。
カスタマーセンターに連絡したら、早速修理工場行き決定です。
せっかく良い製品だと思っていたのに、非常に残念です。
この不具合が当機のみであることを祈ります。
1.カーソルが画面左下に吸い付く(以降のマウス操作不能)
2.休止状態から復帰するとWindows再起動表示後に画面が真っ暗になり何も表示されない
3.Windows起動時にプログレスバーが止まったり動いたりを繰り返して立ち上がらない(強制終了してやり直すと立ち上がることもあるが、成功率は3回に1回ほど)

今日ひさびさにヨドバシに行ってきましたが、ノート用冷却台コーナーには壁一面ビッシリと色々な種々の冷却台が展示してあって、ビックリしました。需要が確実に出てきているんですね。何台かデモ運転していましたが、やはり冷却ファンの口径が大きなものほど風量は大きかったです。ノートはどれも下から空冷されることを想定していないとは思いますが、底面が熱くなるのであれば、それを冷やしてあげればそれだけ熱の移動は促進されそうです。さっそくの不具合はガックリですね。またお時間あれば、後日談を教えてください。 [2006-1-5]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO VGN-BX90S  けんさま さん

評価 92 点 No. 852

  • 長所: 筐体
  • 短所: 騒音
FF11v3 高解 4706

◆ 購入のきっかけと価格
自作パソコンの調子が悪くなったのと、自宅でのながら(〜しながら)パソコンが欲しかった為。
構成はWinXP-Home、14.1型SXGA+クリアブラックLE液晶、CD-RW/DVD-ROMドライブ、PenM-2G、メモリ-1GB、HDD-120GB、M.RADEON X700 、カメラ・BT・FC有、オフィスなし
税込 \239,000

◆ 実際の体感速度
購入まで使用していた、自作機(Pen4 2.4GHz)と変わらない位。でも思ったより
キビキビ動いていますよ。

◆ 液晶の質
クリアブラックLE液晶とのことで心配していましたが、十分綺麗です。ただし視野角は少し狭いかな?ちょこちょこ角度を調整しています。

◆ キーボード
仕事で使用しているThinkPad X24になれていますので、個人的には問題ありません。

◆ サウンド
パソコンのサウンドはあまり気にしませんが、悪くない感じです。

◆ 筐体:強度と質感
質感/強度共に良いです。使うのが楽しくなります。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
USBコネクタが綺麗に3つ並んでいる所が気に入っています。位置/数も問題ありません。
またDC-IN端子が後ろにあるのもいいですね。
※当初VAIO TYPE-Sの購入を予定していましが、USBコネクタの位置が個人的に気に入らなかったのと、頻繁に外へ持ち運びもしないので、こちらへ変更しました。TYPE-Sはいいモデルだと思うのですが....

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
発熱はこんなものかなと。ファンの音は思ったより大きいです。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
大きさ、発熱共にこれくらいではないでしょうか?ただ本体と一緒に持ち運ぶ方には少し大きい(重い)と思われます。

◆ モバイル性
部屋間の移動については全く問題ありません。外へも何とか持ち運べるレベルだと思います。鞄に入れる際、奥行が微妙ですが..これは私だけの問題ですかね(笑)

◆ その他
他の方も言っていますが、指紋認証は結構便利ですよ。

◆ 総評
全体的にかなり満足していますが、ファンの音はもう少し改善して欲しいところ。
ノートパソコンは"静か"との思い込みからかもしれませんが...
尚、当方の減点項目はファンの音で-8点です。


やっぱりファン音ですね。マイナスは。それ以外の点ではほぼ満点のけんさま。ACアダプタはモバイルにはちょっと大きいそうですが、こちらも大きいと評判のtype Sとどっちが大きいんでしょうか。普通に考えればSの方が小さそうですが、意外にいい勝負するかもしれません。指紋認証も便利とのこと(^^ [2006-1-12]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO VGN-BX90S  toro さん

  No. 860

  • 長所: 液晶
  • 短所: 熱処理
FF11v3 高解 4472

ノートが古くなったので買い換えました、ソニスタで15万円程です
正直3000後半出れば良いと思っていたので驚きでした。

メインのデスクトップのスコアは
アスロン64 3500+
メモリ サムスンDDR3200 512x2 (デュアルチャンネル無し)
グラフィックボード RADEON X800SE
マザー MSI K8T NEO2 FIR
の構成でスコアが4800程度なので複雑な気分です・・・Orz

RADEON X800コアを載せたデスクトップとのスコア差、約300。おそらくX800の中でも、ノーマルのX800より2割ほどクロックが落とされている‘SE’モデルゆえの接戦となったのだと思いますが、MobilityRadeon X700なかなかやります。 [2006-1-17]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO VGN-BX90PS  くるりーな さん

評価 95 点 No. 861

  • 長所: 筐体
  • 短所: 騒音
FF11v3 高解 4710

◆ 購入のきっかけと価格
仕事で使用していたバイオFX55が逝ってしまい、代替機が必要となった為。
蹴茶さんのサイトを参考に選考させて頂きました。
Xp-PRO、SXGA+クリアブラックLE、PenM-2G、メモリ1G、RadeonX700、HDD60GB、
DVD-ROM、Bluetoothなし、カメラなしの構成で\197,800でした。

◆ 実際の体感速度
速いです。家のデスクトップ(eMachines J6446)と差を感じません。

◆ 液晶の質
クリアブラックLEとのことで、無印との差はいかに?と思っていましたが
見てみると結構輝度もあり、私的には十分満足しています。
ただ、視野角はみなさんおっしゃるとおり狭いですね。

◆ キーボード
カチカチ感があり気に入っています。
PgUpとPgDnキーは単独で欲しかったかも…。

◆ サウンド
まあ普通ではないでしょうか。
不満はありません。

◆ 筐体:強度と質感
質感はかなりいいです。デザインもシックな感じで気に入っています。
強度も筐体がへこむ感じもせず、十分だと思います。
ただ、指紋認証部だけはすぐにテカリそうです(^^;

◆ 筐体:各種コネクタの位置
USBが右側に集中しているのはもったいないかも。1個くらいは左にも欲しかったです。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
これは筐体が比較的薄型である為か熱を逃がす苦労をしてるなあと感じました。
前ノートと比べて確実に劣る部分です。特にファン音はFXは静かでした。
基本的にファンは回っています。気になって冷え冷えクーラーを買ってきました。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
前ノートと変わらない大きさですので、個人的には気になりません。
たぶん大きい部類なのではないでしょうか。

◆ モバイル性
家と会社の車移動のみですので私は全然OKです。
ぎりぎりモバイルサイズかな?

◆ その他
ハイエンド系(になるのか?)のノートはこれが初めてだったので、
3D性能にはやはり驚かされます。これならMMORPGもやってみようかな
という気になりますね。

◆ 総評
Yonah搭載機が1月に待ち構える中、あえて12月に購入しましたが、
よい買い物をしたと思える出来です。末永く使っていきたいと思います。

95点と高評価ながら、マイナスはやはり冷却ファン音。くるりーなさんによると、常時回っているとのこと。薄型&高性能を求める以上、避けて通れないモノといえますが、2代目で改善されたtypeSのように今後のマイチェンで静粛性が増すとさらに最強ノートに近づきますね。液晶は視野角が狭いものの、見え方はGoodとの評価。
評価ゲームの「vivanonno」は蹴茶も知らなかったのですが、Ridge Racerに特化したエミュレーターだそうです。 [2006-1-17]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO VGN-BX90S  地霊 さん

評価 90 点 No. 862

  • 長所: 筐体
  • 短所: 騒音
3DMark05 2635
3DMark03 6061
FF11v3 高解 4712

◆ 購入のきっかけと価格
自作デスクトップ+19インチCRTを片付けたいのと、コタツで寝そべりながらゲームなどをプレイしたかったため(笑)。
17インチでは大きすぎるのと、たまに持ち出すことがあるため、サイズとスペック、価格でこれになりました。

ツルピカXGA+760+MEM1G+HDD60G+X700+DVD+Home(カメラ・BT・FCなし)で177,800円

ほぼゲーム&ネットサーフィンしかしないため XGAをチョイスしました。
DVD焼きは品質重視で外付けにしています。外じゃ焼かないし。

◆ 実際の体感速度
デスクトップ(P4-2.5G+ラデ9700Pro)からはあまり差は感じられませんでしたが、ベンチしてみると大幅UP!!(FFXI 3600→4700)ノートで3Dゲームなどがまったく問題なくサクサク動くのは感動の一言です。

◆ 液晶の質
他の方のSXGA+の評価と同じでしょうか。かなり綺麗ですが、視野角がかなり狭く感じます。体感で上25度下5度左右15度って感じです(涙)

ノート用にも『ソニーパネル』採用してくれないかなぁ・・

◆ キーボード
タッチ感覚はあまり気にしない人なので控えますが、キー操作派なのでPageUp&Downキーくらいは独立キーで欲しかったです。

◆ サウンド
低音出ません。ノートのスピーカーじゃ仕方ありませんが^^; でも近いところに配置されているため、ステレオ感が強調されて良いです♪

音優先時はイヤホンジャックにスピーカーつなげてますが、ノイズもなく、ジャック位置も良く、とても良好。

◆ 筐体:強度と質感
全く問題ありませんが、メッキの部分(電源SW、WirelessSW)だけがやけに安っぽく見えます。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
特に問題なし。Σデザインが生き、コネクタ位置をとても判別しやすいです(*^ー゜)b
前面メモリーカードスロットもGood!
ちなみにPCカードスロットも開閉蓋形式でこれまたGood!

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
右パームレストのHDD部はほんのり暖かい程度。でも裏はそれなりに熱いですね。
後はみなさんのレポート通りファンの音がぁ・・(つд⊂)。Sで反省したはずなのに;

ただし、ファンの回転はこのレポート書いている最中はたまに回る程度で、FFXIプレイ中でも止まったり動いたりする程度です。が、ON/OFFが激しいので余計に音が気になります。もう少し低回転で回りっぱなしにすればいいと思うのだが・・BIOS更新に期待したいところ。

ちなみにDVD再生時はほとんど回りません。DVD見るようなPCではありませんが^^;

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
結構大きいです。型番はVGP-AC19V10というモデルです。でもまったく熱くなりません。常時常温に近い感じ。

いつも思うのですが、どこかバッテリー型ACアダプタ作ってくれませんかねぇ?

◆ モバイル性
外で使用することはないので問題にしていませんが、バッテリーの持ちは良くないようです。劣化が心配なのでバッテリーは常に外しています。

◆ その他
このPCを選択した理由にスティックポインターもあります。個人的にパッドはどうしても馴染めません。

あと指紋認証はおまけ程度に思ってましたが、すばらしい! 蹴茶さんのnx6125レポートにあるほど多機能ではありませんが、WindowsログインやMySafeというフォルダのロックが安易に行えます。家族使用で危険なファイルを隠しておくのに最高ですよ、お父さん!(汗)

◆ 総評
3週間ほど使用しましたが、安定感もあり総じて満足しています。価格的にもこのスペックで18万弱と、とても満足です。

得点は液晶とファン音で合わせて-20点としたいとこですが、その他がすばらしいので底上げしています^^;

このPCは長く使っていきたいと思います。

なるほど、ソニーパネルの採用というのは十分今後あり得そうな話です。いわゆる「ソニーパネル」はサムスンとの合弁会社が作った液晶パネルのことですが、ソニーは液晶の製造ノウハウをほとんど持たないといわれているので、実態はほぼサムスン製の液晶となります。(表面の特殊コーティングなどはソニーが担っていそうですが) サムスンの液晶は昔から視野角が広いことが1つの特徴なので、フラットテレビ向けの出荷が落ち着いてノート用パネルも出てくればバイオ全体で液晶の視野角が良くなるかも(^^;
参考 ソニーパネルとは
 http://www.faq.sonydrive.jp/faq/1040/app/servlet/qadoc?015468
 [2006-1-17]

  •  Quake 4 (C) 2005 id Software, Inc. / ライブドア All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  RF online (C) 2006 CCR Inc, SEGA All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  FinalFantasy XI (C) 2005 スクウェアエニックス All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO VGN-BX90S  Ken さん

評価 80 点 No. 868

  • 長所: 筐体
  • 短所: 液晶
3DMark05 2665
3DMark03 5923
FF11v3 高解 4480

◆ 購入のきっかけと価格
今まで使っていた愛器LavieSのサウンドデバイスが故障。帰省時の持ち運びが原因と思われる。高い金を出して修理するなら、この際新しいのを買ってしまえと16万ほどで購入。この時の機種選びの基準はSXGA+で(ワイドは絶対不可)綺麗な液晶を搭載した高性能GPUを搭載した物。各社の春モデルが不作だったため候補として残ったのはLavieCとVaioBX。どちらも直販モデルのため実機を見ることはできませんでしたが、このサイトのレポートとコストパフォーマンスの関係でBXとなりました。

◆ 実際の体感速度
今までがBanias1.5G+512Mだったので通常使用ではあまり体感差はありません。
ただ重いアプリを終了させたときなどのスワップがメモリが多くなったためか速くなった気がします。

◆ 液晶の質
正直ガッカリです。VAIOといえばクリアブラック液晶。量販店などに置いてあるtypeFの液晶は大変綺麗でBXの液晶も「LE」を冠した一灯式液晶とはいえここのユーザーレポートでも概ね良好だったので期待してました。
届いた実物を見た感想はとにかく「上下の視野角が狭すぎる」に尽きます。
1年以上LavieSの広視野角IPS液晶エクセレントシャインビューWX液晶に慣れていたせいもあるのかもしれませんが、狭くてしょうがないです。下から見ると液晶上部が暗くて見れたものじゃないし、上から見ると液晶下部が白くなります。基本的に液晶全体を均一な色合いで見れる視野角が存在しないです。どこかが暗くなるか白くなるかを妥協しなければなりません。確かにLavieSの液晶はSoundVuパネルの関係上映り込みはひどかったし、明るさや色もベストな視野角に収まってる部分はBXの液晶のほうが明るくて綺麗です。しかし、よほど極端な角度から見たり液晶の首を傾けすぎたりしない限り均一な画像が約束されるLavieSの液晶のほうが明らかに「見やすい」液晶です。

◆ キーボード
結構しっかりしていて打ちやすいです。

◆ サウンド
まぁ所詮はノートPCのスピーカー。
音質ののよさをウリにする機種以外ではしょぼいです。

◆ 筐体:強度と質感
大変満足してます。見た目も質感も高級感がありかっこいいし、変にたわんだりするところもありません。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
右側面ににUSB3つ。頻繁に抜き差しする分には便利だけれどマウスを使うのに邪魔になるので背面にも1つか2つ欲しい所です。その他のコネクタの位置には概ね満足。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
ファンは常時回ってます。結構うるさいです。LavieSの高負荷時のの音と同じくらいかな。高負荷時になるとさらにうるさくなります。他の人が書かれている通り右パームレスト部分のHDDが結構温かくなります。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
本体のわりにACアダプタでかいです。LavieSの方が2回り小さいです。

◆ モバイル性
今までLavieSを使い続けていたせいで(デカくて重い4.3kg)箱から取り出した時は「軽っ小さっ」でした。でもACアダプタはBXの方がデカかったり、バッテリの持ちもLavieの方がよかったりします(笑)

◆ その他
指紋認証便利です。

◆ 総評
兎にも角にも液晶が残念でした。これが-15点。ファン音がやかましいので-5点。
この視野角に慣れる事ができればいいが・・・

BXの液晶はガッカリというKenさん。これまで液晶については好印象のレポートが多かっただけに、新鮮ですね。やはりマイナス評価側の見方も見てみたいです。比較対象は前機種LaVie Sのエクセレントシャインビュー。LaVie Sと較べて、その狭い視野角が非常に気になるそうです。クリアブラックLEは悪くはないが、決して上位の液晶パネルと並び立つものではないというのがKenさんの印象でしょうか。重さはバイオBXの圧勝だそうです(笑) [2006-1-24]

  •  エミル・クロニクル・オンライン (C) 2005 BROCCOLI / GungHo All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  ザナドゥ・ネクスト (C) 2005 日本ファルコム All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO VGN-BX90S  かつみ さん

  No. 871

FF11v3 高解 4230

◆ 購入のきっかけと価格
いままで使用していたPCがセレロン、64MB(メインメモリです^^)で、動画どころか、何をするにも苦しくなったため。

◆ 実際の体感速度
比べるまでもないです。これが今の速さなのですね。

◆ 液晶の質
きれいです。VAIO-SやFとくらべても私には違いがわかりませんでした。

◆ キーボード
軽いですね軽めが好きな私には合っています。ノートなので贅沢はいいません。

◆ サウンド
なかなかです。変なノイズもありません。

◆ 筐体:強度と質感
タイプFよりは断然上かと思います。Sとはどっこいです。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
USBは3つのうち1つは左か正面か裏にしてほしかった。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
発熱はそんなに感じませんが、ファン音はしますね〜タイプSより劣るとすればこれです。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
モバイルするなら気になるかもしれませんが、会社のノートもこれくらいですし。
発熱はそれほどでもないです。

◆ モバイル性
そもそも、私が持ち歩く職種ではないので評価はパスします。

◆ その他
無線LANにしましたが、アダプタ接続すると、半分有線気分ですね><

◆ 総評
おおむね満足してます。もしSかBXで迷ってる人がいたならば、ファンの音が気になる人はSのほうをお勧めします、性能優先ならもちろんBXですね。
マイナス10点はファンの音です。爆音プレステ使いの私でも気になるりますから。またノートの性格ゆえの音の大きさというより機械に体が近いとゆうこともあるかもしれません。

ソニーはそのつもりは毛頭なかったかもしれませんが、かつみさんをはじめ、多くの方がバイオBXとバイオSで悩んでいることが多い模様。初期の爆音プレステよりも耳障りなのでしょうか(^^; ファン音については、バイオBXの方が高スペックなのはわかりますが、ボディは大きいのだからバイオSと同じくらいのファン音にして欲しいものです。 [2006-1-24]

  •  信長の野望オンライン (C) 2005 KOEI All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO VGN-BX90S  広島菜 さん

評価 85 点 No. 873

  • 長所: キーボード
  • 短所: 熱処理

◆ 購入のきっかけと価格
購入のきっかけは、以前使用していた「Sony PDG GRV-88G」の開閉ヒンジが壊れてしまっ修理に出すと、いくつか予想してなかった部分にも異常が見つかった事で、購入から3年たった事もあり、GRV-88Gを下取りに出し、新機へと買い替えを決意しました。

構成はWin Xp HomePen M 2.0GHz,メモリ256MB,Rade M700,DVD-ROM,HDD 60GB,BlueTooth付 WebカメラOfficeはつけてません。これで17万6100円でした。

・メモリは自分で512MB増設して768MBにしてます。
(これは失敗でした・・・、広島でDDR2 SODIMM 533MHz 512MBはBuffaloなどでも12000円程度しました。Sony Styleで最初から1G構成にした方が無難だと思います。1GBは26000円程度でした。256+512MBの構成についてはあんまり突っ込まないで下さい^^;)
・HDDは外部接続で250+120GB増設してあります。
・DVD-ROMについては、殆どの用事がフラッシュメモリとHDDへの保存でまかなえるので必要と感じたら、1万円程度で外部接続で買うつもりです。

◆ 実際の体感速度
前機のGRV-88GがPentium4 2.4GHzだったせいか、あまり体感は変わりません。オンラインゲームの始まりや終わりの画面の硬直などが減ったのはHDD残り容量なども関係してるとは思いますが、早くなった気はしました。


◆ 液晶の質
テカテカ液晶に嫌悪感抱いてたんですが、このサイトの皆さんの意見を参考にクリアブラック液晶にしてみたんですが、皆さんが言ってる通り、うつりこみに慣れれば結構良いですね。
前機が16.1インチだった事もあり、画面が小さくなった事に最初は違和感ありましたが、思ったほど移りこみも気にならないし、上品な液晶だと思います。

◆ キーボード
前機と比べると跳ね返りが強いんですが、非常に打ちやすいです。

◆ サウンド
音は、普段から外部スピーカー使ってるので、あまり気にしてなかったんですが、前機に比べると音割れやビビリも少なく、外に持ち出す時のスピーカーとしては割といいほうだと思います。
誰かも言われてましたけど、左上にあるミュートボタン、このボタンと方向キーで音の出力替えれるんですけど、かなり便利ですね。

◆ 筐体:強度と質感
質感はいいんですが、強度はちょっと不安面が・・・・。BXの売りとして、DVDドライブの部分が、取り外せるって事があると思うんですけど、取り外しが効くせいか若干強度は弱めな気がします。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
各種コネクタがPC右側に固まってますけど、割と使いやすい配置だと思います。前機がUSBが散らばってた事もあるんですけど、前機は左側にコネクタ集中してたので部屋の配置換えは必要になりました・・・。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
発熱については、みなさん問題ないような事言われてますけど、個人的には結構HDDの部分が熱くなると思います。PCが届いて設定に3時間ほどかけてましたけど、終る頃には右手の腹の部分のHDD部分下側が「あつっ!」って位には熱くなってました。まぁ触れないほどではないですけどね^^;冷却機は買おうと思います。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
前機がでかすぎたので、まったく気にならない大きさです。こちらの発熱も普通ですね。

◆ モバイル性
前機が重すぎたせいか、非常に軽く感じます。

◆ 総評
前機は詰め込めまくりのデスクトップノートでテレビなども見れたんですが、PCでテレビを見る必要性を感じなくなり、仕事と趣味で使う事を想定してCAD,CG,ゲームに使うパソコンとしては充分な機能持ったPCを低価格で買い換えれたと思います。ゲームをやってみた感じでは、カクカクすることも殆どなくなったので、グラフィック系は強化できてるんだと思いました。

確かにソニスタのメモリ増設価格は微妙にいい線を突いてきますね。最近、奥さんのノートを新調しましたが、DDR2メモリということもあってBTOメニューで増やしても割高感はあまりありませんでした。DDR1だとサードパーティの安さが活きてくるんですけどね。市場価格と変わらないのなら...とついつい増やしてしまい予算オーバーしがちなので、気を引き締めなければ危ないです(^^; これまで報告の少なかった点としては、内蔵スピーカーが結構いけるとのこと。筐体小さいですが、がんばっているようです。 [2006-1-29]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO VGN-BX90S  アキラ さん

評価 90 点 No. 874

  • 長所: 筐体
  • 短所: 液晶
3DMark05 2551
FF11v3 高解 4435

◆ 購入のきっかけと価格
VAIO GRT77E/Pを使っていたのですが、騒音と熱暴走に悩まされ買い換える事にしました。一番の購入動機はデザインです。sonystyleで219,600 円(税込)でした。

◆ 実際の体感速度
動画再生でコマ落ちもなく、他の作業でもストレスを感じる事はありません。必要十分だと思います。

◆ 液晶の質
クリアブラック液晶に慣れていた為、クリアブラックLE液晶の視野角の狭さはとても不便です。少し見る角度を変えると液晶の角度調整が必要になります。

◆ キーボード
クリック感もストロークも適度で打ちやすいと思います。

◆ サウンド
取付け位置が手前にある為、聞きやすいと思います。

◆ 筐体:強度と質感
液晶のラッチが1つしかないので、閉める時のバランスが悪いです。本体強度は十分だと思います。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
USBは左か後ろにもう1つ欲しかったです。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
前のパソコンが爆音だったので、とても静かに感じます。右手パームレスト部が熱くなるのが残念です。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
小さくはないですが、特に気になりません。

◆ モバイル性
持ち歩く事はないのですが、十分可能だと思います。

◆ その他
sonystyleは、必要な機能を選ぶ事が出来るし保障も3年!!言う事なしです。

◆ 総評
デザインが最高で作りもしっかりしており高級感があります。この値段でこの性能はとにかく買いです。指紋認証は便利だしカメラを内蔵出来るのもいいですね。
残念なのはクリアブラックLE液晶を採用した事で、クリアブラック液晶を選択出来るようにして欲しかったです。

クリアブラック液晶ユーザーだったアキラさん。そのため、人一倍クリアブラックLEの視野角の狭さを感じてしまうようです。他のユーザーさんが問題視するファン音はアキラさんの場合、気にならず。静粛性に対する感じ方は日頃どんなボリュームの音に接しているか。人それぞれの要因で大きく左右されますね。キーボードについても高評価で、総じて高い評価となっています。 [2006-1-29]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO VGN-BX90S  らーめん さん

評価 90 点 No. 999

  • 長所: 筐体
  • 短所: 騒音
FF11v3 高解 4648

◆ 購入のきっかけと価格
CLEVO D400Vが故障してしまい、国産メーカーのPCを検討していたのですが、グラフィックがX700でこのサイズで、現在ソニーのPCG-FX55/BPを使用していて、5年故障なしで長持ちしているので、これなら間違いはないだろうと思い購入。
XPHOME Pen M 2.0G 1G 100G RadeonX700 DVDスーパーマルチ SXGA+ BT,Felica,Webcam有
D400VのHDDを有効に使用しようとベイアダプタとBluetoothマウスを入れて
計236,760円
なんだかんだいって、3年保証、VAIO OWNERS PASSやクーポン還元、BXが値引きされていることもあり、このスペック、構成では安いと思います。ただ、X700だと若干最近のゲームは力不足ですね。

◆ 実際の体感速度
Pentium 4の2.8Gとは、動作の感覚がちがい、若干重いです。PentiumM独特のひっかかり感があります。
しかし、Premiereのレンダリングなどが早くなっているんで、実際速度UPです。

◆ 液晶の質
これはすばらしいと思います。視野は店頭においてあるノートなどと比べても同じ位で平均的。
明るさは店頭でよくある、最高クラスの明るさなどをうたい文句にしているノートに比べると、若干暗いですが、こんなもんでしょう。
若干色見が青いです。
下に蛍光管があるらしく、画面下から光が漏れていますが、がまんできるくらいです。

◆ キーボード
タッチは軽いほうだと思いますが、適度なクリック感があり、とても打ちやすいです。キーピッチも広く、ストロークも自分には十分です。
ただしPageUPなどが矢印に統合されてます

◆ サウンド
High Definition Audioということで、期待はしていませんでしたが、普通に音楽を聴くくらいなら十分だと思います。オンボードとしては平均的な音質だと思います。
スピーカーはこんなもんでしょう。期待はしてはいけませんww。
DTMに使うなら後からBXに買い足すより、間違いなくSZがお得だとおもいます。

◆ 筐体:強度と質感
マグネシウムボディということで、まぁこんなもんでしょう。平均的です。
VAIOロゴが相手から見るときちんと見えるようになっているのとΣフォルムは好みはありますが、ビジネスモデルとは思えないくらい、デザインもいいと思います。
内側がやや安っぽいですが、愛着がわけば気になりません。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
USBポート右3つは、非常に邪魔ですが、ワイヤレスマウスなのでまぁいけます。
ただ、有線マウスをつなぐなら邪魔になるでしょう。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
はい。覚悟はしていましたが、うるさいですね。
ただ、D400Vのように、掃除機のような音ではなく、PS2のファン音が大きくなった感じです。気になる方はヘッドホンで聞こえないふりで解決ww
全体的に甲高い音です。
発熱のほうですが、内部のCPU温度が60〜70度まで上昇しますが、ショップ系ノートと比べると、生ぬるい程度です。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
ショップ系ノートよりは小さいですが、少し大きめです。本体が小さいので大きく見えるだけかもしれませんがw

◆ モバイル性
ウェイトセーバーをつければ、それなりに持ち歩ける重さにはなりますが、大きさは大きいので、スマートには持ち運べないです。
ただ、この性能で2.3kg(ウェイトセーバー装着時)ですよ。ほかにこんなノートないでしょう?。

◆ その他
Bluetoothのオプション追加でデスク周りをある程度整理できるのでおすすめです。
全体的に、USB、IEEE、PCカード、RGBなど場所が右サイドについているのではっきりいうと邪魔。
DVDドライブベイが左にあるので、その点だけ評価できます。
ヘッドフォン、マイク端子は左サイドにあるので、前面についているよりかは、便利です。

この機種一番お勧め機能は指紋センサーです。ログインが指一本ででき、ギミックとしても満足感があり、近未来的な感じがします。

HDDベイアダプタは、VAIOだけで使用すると割り切ってしまえば、HDD外付けケースと比べ割高ですが純正なんでこんなもんかな〜と。動作速度は、普通の内蔵と区別つかないくらいのスピードです。

◆ 総評
正直な話、値段、性能、デザインがバランス良く取れた製品であると思いますが、若干古いというのがあるので、妥当な価格です。
買うなら今が買い?だと自分は思っています。
騒音の分だけ-10点です。
これだけできのいいA4サイズのノートなんてなかなかないと思います。
とてもおすすめです。

------------------------ 2006.12.26 追記 ------------------------

◆追記
来ました。故障です。
インバータ不良で液晶下部から、煙でました。
シューっパチパチ♪こんな感じの音でした。
もちろん、すぐに電源を切りました。
てっきり、BXもバッテリの件の被害にあってしまったのかと思った。
サポートは、「お怪我はありませんか!!?」
「すぐに手配いたします!!」「ご迷惑おかけします!!」

シスアド試験の前だったのですぐに返してほしいといったら

5日で帰ってきました。
ソニーも最近はサポートいいんですね。
メーカーのBTOの3年保証大事ですね。

オプションてんこ盛りでBXゲットのらーめんさん。他の方と同様、騒音と問題となっているようですが、液晶、筐体の質感等は問題なく感じられているそうです。指紋認証もギミックとしての魅力、利便性としての魅力、共に満足できお薦めとのこと。Bluetoothも装備されたので、マウスケーブルもありません。また前モデルからのHDDを純正HDDベイアダプタに格納。手持ちのHDD用の空ベイを売るとは、ソニーもなかなか粋なことをしてくれます。 [2006-4-7]

出るはずのない液晶から煙が出たということで、ソニー側も即座に対応。5日で戻ってきたそうです。新品交換ならともかく、5日でパネル交換というのはかなり迅速ですね。 [2006-4-7]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO BX90S  やしやん さん

評価 95 点 No. 1000

  • 長所: 筐体
  • 短所: 熱処理
3DMark05 2607
3DMark03 5803
FF11v3 高解 4771

◆ 購入のきっかけと価格
3Dゲームが出来る前提で費用対効果が良い機種を探していました。

構成は、
OS:WinXP-Home CPU:Pen-M2.0(533) メモリ:1G VGA:X700/256 HDD:80GB
ドライブ:DVD-ROM 液晶:ノンク゛レアSXGA+ BT、カメラ、オフィス:無し ワイド保証
上記構成で18万を切るぐらいの価格です。

◆ 実際の体感速度
素の状態で色々触っておりますが快適そのもの。
非常に良い感じです。

◆ 液晶の質
14,1ノングレアSXGA+です。
立ったまま机を見下ろすと確かに視野角が非常に狭いですが、座ったまま向きを調整
すればよいだけなので、不満点にはなりませんね。
個人的にはドット欠けもなく長時間画面でにらめっこしても疲れないので満足です。

◆ キーボード
非常に打ちやすいです。

◆ サウンド
ちょっと物足りないかな? ノートだとこんなものでしょう。

◆ 筐体:強度と質感
高級感溢れるボディで所有欲を満たしてくれます。
6年前購入したVAIOノートはまだ動きますが、ヒンジが一番最初に死んだので、
今回は期待したいところです。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
問題はありません。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
ファン音はとくに気になりません。
ただ発熱が非常に熱い。BX最大の欠点かもしれません。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
ACアダプタはややおおきめ。

◆ モバイル性
思ったより大きかったです。ただ見た目と違って軽いことに感動しました。

◆ その他
3Dmark06を起動してみました。VRAMが256必要という化け物ベンチですが、無事動きました。カクカクどころの話じゃなく重かったです。
スコアは571。動いたことに満足でしょうか(現存するメーカーノートでこれが動くのはあんまりないと思います)。
またメーカーノートにありがちな、削除するアプリも非常に少なく、良い感じです。

◆ 総評
大変満足のいく性能です。
ノングレア液晶も選んで正解でした。発色も良い感じです。
このサイトのBX報告は、ほとんどがクリアブラック液晶で、番の不安要素だっただけに、かなり嬉しい点です。
ただしパームレストの右側HDD上の熱さが予想以上に酷く、それで-5点つけました。
軽量ながらデスクノートとしての性能はかなりだと思います。
費用対効果は抜群で浮いた予算で外付けドライブや小物を買いそろえることにしました。
ビジネスノートでありながら、3Dに特化しているこのノート。削除アプリも少なく、
レジストリで悩むこともないので生粋のゲームノートという印象が強いです。
ゲームノートと解釈すれば右側のバームレストの熱さも、マウス操作して置くことも少なく、非常に理に適った設計かもしれません。
発表時期が去年の秋ということで、購入時期も遅かったですが、デュアルコア製品の不具合報告や、X1600機種のベンチ結果報告などを比較しても遜色ない機種と判断して購入しました。


珍しいノンクリアブラックのレポートを送ってくれたやしやんさん。バイオを選ぶなら、ついつい見映えのいい光沢タイプのクリアブラックを選びがちですが、ノングレア処理された普通の液晶もなかなか良いとのこと。ビジネス用途、特に画面を凝視することの多いワードやエクセルを長時間使うのであれば、通常の液晶を選ぶことが大事かもしれません。発熱はやはり多め。 [2006-4-7]

  •  ギルドウォーズ (C) 2006 NC SOFT All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO VGN-BX90S  でん さん

評価 90 点 No. 1008

  • 長所: 筐体
  • 短所: 熱処理

◆ 購入のきっかけと価格
薄くて、液晶がそんなに大きくない、3D性能が高いPCが出たら買おうと思っていました。BXに搭載できるオプション(BlueToothやカメラ等)は全て搭載せず、Pentium-M1.73、X700、HD80GB、メモリ1Gを選択し、その他は全て最小構成で15万弱でした。

◆ 実際の体感速度
Pentium-Mの体感速度が早いとは特に感じられませんでした(前はM-Pentium4の2GHzでした)。
ですが3D性能に関してはGeForce 5600 Goに比べると雲泥の差です。FF11ベンチが4000オーバーだったのには驚きました。前のノートPCでは2000にも達しなかったので。。。

◆ 液晶の質
クリアブラックではない、一番安値の液晶にしましたが、クリアブラック液晶って必要?と思える程綺麗です。視野角とかは気にしないので、これで満足です。

◆ キーボード
多少押しにくい感はありますが、気になる程ではないです。

◆ サウンド
Intelの新しい規格に対応している様ですが、良いとは言えません。東芝のPC(harmanなんとかが搭載されている場合)の足元にも及びません。
また、ソフトウェアのボリュームコントロールがとても使いづらいです。

◆ 筐体:強度と質感
強度はそれなり、質感はとてもよいです。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
SDカードスロットの出来が悪いです。少し斜めに傾けて入れないと入りません。あまりには入らないので、不良品かと思うほどでした。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
発熱、冷却ファン音も結構あります。M-Pentium 4 2GHz、GeForce5600Goを搭載していた東芝のPCと比べて、多少発熱、ファン音共に小さいかな?と思うくらいです。
キーボード右下が一番熱くなります。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
そんなに大きくはないです。発熱もそんなにありません。

◆ モバイル性
BXは小さい部類に入る方のPCだとは思いますが、外に持ち運びできるかと聞かれれば厳しいように感じます。モバイル性を求めるなら、Type-Sを購入された方がいいと思います。

◆ 総評
今回初めてVAIOを購入しましたが、安定性を求められる方は他のメーカーに検討した方がよろしいかと。今はなぜか起きなくなりましたが、購入した当初はしょっちゅうフリーズして大変でした。たしかBXはビジネス向け?だったと思うのですが、不安定なので仕事用には向かないと思います。
ただ、それを差し引いてもこのサイズでこの性能のPCはVAIOのBXかSくらいだと思うので、小ささと性能を求めるなら買って損はないと思います。

Intel HD Audioによる恩恵は主にサンプリング周波数のアップやチャンネル数の増加、プチプチノイズの低減などにあるため、そもそもの出口であるスピーカー性能の向上には繋がりません。やはりスピーカーは物理的にそこそこのスペースが必要ですから、省スペースA4ノートという位置づけのBXにとっては厳しいものがありますね。
最近6400のブルースクリーンが騒がれていますが、でんさんのバイオBXも購入当初は不安定さがあったとのこと。蹴茶も買ってすぐのブルースクリーンは何度か体験したことがありますが、いじってもいないのに止まられると萎えますね(^^; 犯人は誰なのでしょうか。アンチウイルスソフトも有力候補? [2006-4-11]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO VGN-BX90S  z_vex さん

評価 90 点 No. 1073

  • 長所: 筐体
  • 短所: 液晶
FF11v3 高解 4398

◆ 購入のきっかけと価格
メインで使っていたデスクトップが壊れたため必要に迫られて購入しました。
大学の寮に入ることになり、スペースの関係でノートパソコンが必要。
また、WinFX関係を触る際にマシンへの要求スペックの高さと手持ちのお金の兼ね合いで決まりました(笑)
使用用途は開発関係と、多少の娯楽でゲームはとくには扱ってません。
なので、抑えて構成し液晶もクリアブラックLEではないノーマル液晶を選択しました。
トータルのコストは147800円程度だったと思います。
約一月使用です。

◆ 実際の体感速度
普段はCPU速度を「省電力」にて使用していて、必要時にのみ「動作優先」または「自動設定」にして使用しています。
体感速度自体はHDDへのアクセス以外にはデスクトップよりいい感じで使用しています。
ただ、「省電力」設定時にはタブブラウザのタブが多くなった際にブラウザの起動、終了がもたつくことがあります。

◆ 液晶の質
購入したのはノーマル液晶でした。グラフィック関係を触る際に視野角が厳しいため結構不便しています。クリアブラック液晶がLEであったためにノーマルを選択したのですが、これならクリアブラックを購入したほうが良かったのかもしれない。。。と、思っていますが、クリアブラックでどれほど視野角が改善されるのか分からないので、あきらめています。
これまで使っていたデスクトップの液晶がNANAOだったのでそのギャップも大きく感じます。出来るならドッキングステーションを購入してDVI-Dで外部液晶を使用したいと思いますが、オプション品が高すぎです。
外部出力はアナログは発色が悪く、ただ出力するのみの使用しか出来そうにありませんでした。残念。
それでも、移りこみが無いのはプログラミングとかレポートする際には助かります。疲れないので。

◆ キーボード
押しやすく、そこそこだと思います。
ただ、デスクトップなどと比べると故障したときが怖いので、夏になるとパームレストに手を置くのも辛いと思うので外付けキーボードを買おうと考えています。
スティックポインタとタッチパッドが両方ついました。タッチパッドがキー入力時に邪魔になるので、スティックポインタは非常に重宝します。また、スティックポインタの交換用ポインタは二個付属していたので、とりあえずは安心できるかと。

◆ サウンド
内蔵のスピーカーはノートにしてはそこそこ言いかと思いますが、中身がそれほど良くないと思わせるサウンドでした。普段はヘッドフォンもしくは外部スピーカーを使用しています。

◆ 筐体:強度と質感
筐体の質感は飽きない質感に仕上がっていてかなりいい感じに仕上がっています。
強度に関しては、普段から持ち運んで使用することを考えたらがっしりしていて特に不満はありませんでした。
ただ、最近のLet's noteなどと比べると。。。不安かなぁ。。。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
USBが右に全部ついているのが最初きついかなーと思いましたが、USBポートの間隔が綺麗にあいているので、全然気になりませんでした。むしろ、マウス、キーボード、USBメモリなど、いろいろな物を抜き差しするときに一箇所にあるのは便利でした。
外部出力コネクタが横についてるのも結構便利です。
ケーブルが発生しやすいものが奥のほうについていて、ドライブなどが手前にあり、ケーブルが手元に紛れ込まず好印象でした。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
発熱は、HDDの入ってる部分が熱いといろいろコメントされていましたが、特に熱いとは感じていません。
MicrosoftのWindows UpdateもしくはMicrosoft Updateでカスタムインストールを選択するとSATAかHDDのドライバがあるのでそれを入れると熱は多少改善されるようです。
冷却ファンは「省電力」状態でも常時回り続けています。購入時はかなり気になりましたが、一月で慣れます。
こだわらずに買った学校のコンピュータのファン音よりは静かに感じています。
「動作優先」時はフル回転で周り、非常にうるさいと感じます。ゲームするならヘッドフォン必須かもしれません。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
ACアダプタはでかいです。何とかしてもらいたいぐらいでかいです。かばんに入れる際にも結構かさばるので要注意かもしれません。
発熱は問題ないレベルに抑えられています。

◆ モバイル性
これまではサブノートにDynabook SS 2000を使用していて、これが1.2kg程度だったので、約二倍の重量になりましたが、実質大して差は感じません。
室内で持ち運ぶ際には気になりますが、かばんに入れてしまえば差はないかと。
ただし、Let's noteのように教科書などと一緒にかばんに放り込む。。。というような用途には使えませんので、専用のかばんがあったほうがいいと思いますが。

◆ その他
今回はマシンが急に壊れたことで、選択する時間が無く、急遽購入するにいたりました。
その中で、条件がGPU搭載、PentiumM、バランス、価格を含めて考えたとき、VAIOのBXとSで悩みました。しかし、Sを購入しようとした際には手に入れるのに時間がかかるということで、BXを購入しました。
バッテリーのもちの悪さで少し躊躇していましたが、購入してみると、SXGA+の解像度は非常に作業がはかどり結果的にいい買い物をしたと思っています。
また、指紋認証が非常に便利で、今後の購入時には指紋認証も考慮に入れていこうと思います。これはうれしい誤算。あと、スティックポインタがついているのは何よりの特筆すべき点でしょう。
ワイヤレスLANのON,OFFスイッチはあってもあんまり意味がない。。。と感じるほどのもので、OFFにしてもワイヤレスLANモジュールは検出されるので、電波を探し続けます。ワイヤレスLANの無効化もいっぺんに行ってくれると良かったのですが。。。

内部のソフトウェアは不必要なものが無くて非常に良かったです。HDDのバックアップもプリインストールソフトウェアで可能でした。
ソフトウェアのバランスが優れているのはユーザーとしては非常にうれしいところです。

◆ 総評
ゲームユーザではないので、あまり参考にならなかったかもしれませんが、総評として、マシンパワー、ソフトウェア、周辺装置など非常にバランスのいいマシンです。
開発などを目的とする人でファンが余り気にならない人にはほんとにお勧め。
90点というのは、騒音問題で-2、バッテリーで-3、視野角で-5といったところでしょうか。ただ、液晶自体は綺麗ではあります。
レポート、開発などでディスプレイを長時間眺めるなどの用途がない場合にはクリアブラックLEを選択しといたほうがイイのかもしれません。ゲーム時に視野角が狭いと見えるものが見えなくなりますので。
プラットフォームがひとつ古くなりますが、価格的にも、スペック的にもバランスのいいマシンだといえるかと思います。

ながながとありがとうございます。

ゲームならともかく、プログラミングなど文字を凝視する使い方をするのであれば、光沢は避けた方が眼にはずっといいでしょうね。z_vexさんの液晶選択は理に適ったものだと思いますが、ここでBXゆえの視野角問題が出てきているようです。それまで使用していたのが画質最優先のナナオ液晶だっただけに、余計にギャップが激しいようです。
ならば外部出力で、となるところですが、BXのドッキングステーション(VGP-PRBX1)は定価3万4800円という高さ。ビジネス用途を念頭に置いたためか、価格よりも拡張性を高めることに重点が置かれているようです。バッテリーチャージャー機能と拡張ドライブを削った、ポートリプリケーター程度のものがあればいいのですが。 [2006-5-16]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO BX  klotho さん

評価 95 点 No. 1078

  • 長所: 筐体
  • 短所: 熱処理
   

BX到着の図。オイオイ、何でノートがこんなにでかい箱やねん!!とびびる私。間違ってデスクトップでも来たか???
びびらすんじゃねーよ・・・・まぁ念には念を入れるソニスタの心意気ですな。捨てるのめんどいけど・・・。
-------------------------------------------------------------------------------
詳しくは

http://www.geocities.jp/sb_bse/

で書きました。画像を添付したかったのですが、どうやって送ればいいかわからなかったのでこういう形にしました。
(後日klothoさんと連絡を取り、画像をこちらにも引っ張ってきました。この形態がいい方はご連絡を〜)

液晶はノングレアですが、結構いいじゃないですか。
みなさん、普段どんないい液晶使ってるんだと思ってしまいました^^;

Thinkpadになれている私はまったく問題ありませんでした。

これでこの値段・性能は大満足です。

内容物を並べてみる。最近のは点数が少ないですね。

アダプタは一応大きさがわかるようにデスノート12巻の上へ。

BX自体がデスノートにならないことを祈る・・・

さて、新品の輝きと上質な筐体をしばし楽しんで次にはワクテカお楽しみの

分解だ!!! (無論まだ火は入れていない)

皆が異口同音に唱える右下の灼熱地獄の謎に迫る!!!

ねじは全部はずしたのに筐体が外れない・・・

力技で筐体上部を持ち上げる。
んんん〜?? ねじどこに隠れてるんだ?

とゴム足に疑いをかけるも無罪。
ぐりっとHDDを覆っている部分を(むりやり)もちあげる。

これがHDD爆熱の原因の模様です。厚いプラスチックでHDDが完全に

覆われて外部と空気の出いりがほとんど不能な構造です。

そりゃ熱くもなりますわな・・・SONYさん、どうなってんの?w
HDDのマウンター兼フタのねじが異様に硬い。精密ドライバーで

きっちりあわせているはずだがまさにびくともしない。

あきらめてフタだけバキッととる
爪があぶないな・・・
ラジペンでグリグリっとな。ぽきっと折る
今回はこの辺でかんべんしたろ!!

一応HDDのフタとドライブベイのフタを気持ち程度に外して運用。

下を触ってみたが、HDD以外にもメモリ部分とメモリの右/HDDの上の部分が
同様に熱くなる。GPUだろうか。この辺の冷却も考えないといけませんな。
超薄型ファンとか今後物色してうまくビルトインしたい。

基本は増量せずにBXをどこまで冷却できるか、です。
出来なくても別に運用上困りませんけどね・・・

一応ベンチも追記。ちなみ1GB+256MBメモリでの運用です。

FF11 H   4424
2001SE   15276
03     5853
05     2530
06     542
PI      44

Core 398
FF11 H  4456

Core 420/Vram 360
FF11 4477
2001 16650
03 7539
05 2826
06 637

はっきりいってデュアルチャネルはほとんど意味なし。
Vramのクロックが360近辺であがらなくなるのではずれ気味のようです。
380でまわってる人がいらっしゃるようでうらやましい。
筐体が分解できればVramとMemにファンか放熱フィンでもとりつけたいところです。

今回は以上。

--------------------- 2006.10.18追加レポ ---------------------

ずっと使っていていろいろ感想のまとめ。
・比較的軽めのMMOを2アカでプレイした状態だとやはりHDD付近はかなり熱い
 が、実はThinkpadX60も右下が結構熱い。スペースに配慮したノートPCは
 多少は割り切る必要があるかも。そう思いつつこれを買ってみた。   
 PCカードスロットから冷やすUSB電源のノートクーラー

 PCカードに挿す排熱クーラー。BXの爆熱ポイントにもジャストフィット(w
 大量とまではいきませんが、手をかざせばそれなりに排熱は確実にされています。
 では右手はどれだけ感じるのかというとあんまり違いはわかりませんorz
 でも熱は出ている。精神的には自分への言い訳にはなります。マウス操作の邪
 いやなんでもないです。

・ディスプレイはやはりよろしくない
 暗いシーンに暗いモンスターとか出てくると普段はベストな視線と垂直液晶位置で厳しくなる。
 その場合はちょっと水平ぎみにして画面全体が明るめに見えるようにすると見えます。
 Wideタイプの液晶はちゃんとしてるのか気になりますねえ。


ネガティブばかりじゃないですよ!


・右側面に横一列に並ぶUSB端子x3は使い勝手よし。
 背面に1個あってもいかったかなとは思いますが、全部後ろとか一つだけ右とかよりは全然いい。

・懸念のHDD考察(実験していませんが・・・)
 ふと思ったんですが、私は光ドライブレスを買っています。ここにつけられるHDDマウンターが
 売ってるんですよね。マウンタは普通HDDをがっぽり覆う構造なので比較的底面に逃して
 くれるような気がする。つーことはもしセカンドHDDから起動できるなら1stHDDをはずして
 しまうっつー手もありませんかね? マウンタにつけるHDDがATA-HDDっつーのが今更ですが、
 マウンタもあわせて買うなら今か?

 つーわけでHDDマウンタ(ATA用)購入申し込み完了。ATAHDD仕入れて実験してまた書き込みます。


--------------------- 2006.10.22追加レポ ---------------------

買ってきましたオプションのHDDベイアダプタ。ついでに80GB ATA2.5寸HDDも新規購入。
とりあえずがちゃんとはめてみる。いいねいいね。

しばしデータをコピーして動かす。
ついで爆熱HDDをぶっこぬき、セカンドHDDのみでUSB CDからknoppixを起動して

2,3時間動かす・・・・・

パームレストが全然熱くない!!!!

右も左も!!

これだよこれ。最初から光メディアなしでこの構成にしちゃえば1.5倍は売れたね・・・(妄想)
まぁビジネスモデルでこの大きさじゃつけないわけにはいかんかったってのもわからんでもない。

とりあえずその威力を楽しんで、データ移植しよう。使うは便利なAcronistTrueImageだ。
外付けUSBにバックアップしてさー書き戻し

選択できないorz

ドライブだけならできたんだが、HDDとして指定すると無理。
なんかおかしい。元HDD指していろいろ調べてみる。

ドライブベイ・・・USB接続じゃないですか(爆

てっきりコネクタなどを見てSATA端子だと思ってたんですが・・・
てことはこのアダプター ATA-USB変換入ってるのか!
だまされ(orはやとちり)でしばし呆然と1.5歳の息子と戯れる。
パパの涙は気にしないでくれ・・・

USBからHDD起動は無理と知りつつ、ダメなのを確認するため手を尽くすことにした。
まずTrueImageでimageコピーはできているがMBRがいってないらしく、
だからといってXP起動discからUSBは見えないだろうと予測して、
LinuxのinstallCDからGRUBいれたらどうと考えた。

しまった、TrueImageで書き戻すとき80GB全部確保しちまった。
よってその前にknoppixからqtpartedで後ろに10GBほどあける。
次、1CDで収まってるVineをCDRWに焼いて起動>install。

GRUB起動確認!

Windows起動!

一瞬Windowsの絵が出てブルスク(泣

ついでにVineは?

Block Device検出の部分で帰ってこねー(泣


◆ 結論 ◆

次のBXではセカンドベイもSATA接続にしてください>SONY
それ以前に放熱改善すればいいという話もw

こうして2万弱の計画は無駄に終わった。
でもまぁATAの2.5inchHDDは今後減っていくことも考えると
あってもいいかなという気もする(強制的に)。
無駄はベイだけ。こちらは放熱問題ない。

BIOSだからBOOT革命とか使っても1stHDDがいらなくなるわけじゃないから
解決にはならない。USBメモリを起動に使えるLinuxなどもあるみたいだから
いずれそういう解決方法も見えてくるかもしれないが、
USBメモリがでこっと出てもかっこ悪いというか運用上邪魔だw

ふと思いついた。

PCカードスロットにメモリーカードアダプタつけるとかして
そこを起動キーにしてセカンドベイHDDを動かすというのはどうだ?

今回の傷(土日つぶれた)が癒えたらちょっと方法論考えてみます。
シリコンDISCとかまだたけーしなー
そもそもPCカードから起動できねーよなー
なんかいい手はないかねー

起動以前に分解が始まっております。klothoさんってツワモノですね... 「バキッ、ポキッ」って(^^; HDDまでは確認されていますが、まだ熱い物体はありそうな雰囲気。GPU? デュアルチャネルは場合によってはシングルよりも遅い結果が出ることもあるそうですし、普通に使う分には気休め程度でしょうか。 [2006-5-18]

ジオシティを引っ張ってきました。力作です。klothoさんって、おもしろい(w [2006-5-25]

PCカードに挿して冷却...こんなクーラーあるんですねぇ。電源はUSBから別取りしないといけないんですね。冷却台だけでなく、こんな変わり種も出てくるとはノート冷却市場も拡大傾向のようです。一応ちゃんと熱は出しているようです。klothoさん、次なる計画も発動。HDD移転計画。上手くいくといいな(^^; [2006-5-25]

HDD移転計画2006。CD-ROMからでも簡単に起動させることにできるknoppixを使い負荷を+。この実証実験では熱くなることもなく最高の結果が得られたみたいですが、残念なことにWindowsでの実戦では死亡...内蔵なのにUSB接続とは、ありがちとはいえガックシですねぇ。

ポートリプリケーターなども油断するとUSB接続だったりしますが、やはりOS起動など根本にかかわる作業をするとなるとUSBは役不足です。今はeSATAなどもありますし、今後普及しklothoさん二号を生み出さぬよう拡張ポートのトレンドが変わっていって欲しいですね(^^; [2006-5-25]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO VGN-BX90S  綱渡 さん

評価 95 点 No. 1143

  • 長所: 液晶
  • 短所: キーボード
3DMark03 5906
FF11v3 高解 4983

◆ 購入のきっかけと価格
仕事用に使っていたThinPad X31が謎の電源落ち現象に見舞われるようになり、立ち上がらなかったり使用中に突如落ちたりと実用に耐えなくなってしまったため代替機として購入。
元々はVaioのType SZと、DELLのInspiron6400、XPS M1210のいずれかを検討していましたが、このサイトのトップページにあったお勧め機種の記事からBXの存在を知りました。
見比べると…これはいい!
 ・XPS M1210にはPC Cardスロットが無い → BXにはある
 ・Inspiron6400は3kgに迫る → BXは2.5kg以下
 ・Type SZは性能に申し分無いが経費で買うには高い! → BXは構成を絞れば廉価PC並

という訳で、対抗機種をぶっちぎってBX購入を決定。
Pen-M 1.73GHz、Mem1GB、HDD40GB、DVD-ROM、XPHome、14.1'SXGA+、Radeon X700、3年間ワイド保障付きで、139,100円に抑えました。


◆ 実際の体感速度
これまで使っていたのがX31(Mobility Radeon 16MB…)だったせいもありますが、とても速い。
家のデスクトップ(GeForce FX5200)でヒィヒィ言いながらやっと動いてるようなゲームが、楽々動きます。
ベンチを計ると4倍の性能差がありました。
ただし、HDDアクセスは遅く感じます。
ゲームのロード時間もデスクトップよりかなり待たされます。
元々待たされるための場面なので、少々伸びても実害はありませんが。


◆ 液晶の質
悪い悪いとこちらのレビューで脅かされていたほどには悪くないと感じました。
X31も液晶が泣き所でしたので、悪いものと比べて悪くないと思ってるだけかも。
視野角はお世辞にも広いとは言えませんが、これもX31同様以下同文。
つまり個人的には気にならないレベルです。


◆ キーボード
ThinkPadユーザーが口を揃えて言うのでもう耳にタコかとは思いますが、例によってここは酷評させてもらいます。
国産メーカーはどこもそうですが、省略キーが多いのは絶対に頂けません。
同時押しキーが多いということは、それだけキーストロークが増える=操作しにくいのです。
特にPageUp/Down、Home/Endを頻繁に使うものでここだけは我慢ならず、キーアサインを変更するフリーソフトを使って不要キーを前述のキーに無理矢理置き換えました。

しかし、キーボードそのものの完成度は高いです。
強くキータイプしても筐体がたわむようなことは無く、キーピッチは均等でブラインドタッチが可能です。
キータッチはふんにゃりしているというか、クリック感が薄いのが気になりますが、パンタグラフ機構はしっかりしており、スペースキーの端を押さえても全体が均等に沈みます。
キー配置にさえ目をつぶれば、他は合格点と言えると思います。

厳密にはキーボードではありませんが、特筆すべきはスティックポインターが装備されていることです。
ThinkPadのトラックポイントと比べても遜色ない精度で動きますし、センターボタンによる上下左右スクロールもサポートされています。
機能面に問題はありませんが、センターボタンが下向きに付いているせいで左右クリックボタンが離れてしまっていることと、タッチパッドを収めるスペースの都合上クリックボタンがキーボードにかなり近すぎます。
これらの複合要因で、ボタンを押しづらいのが多少不便です。


◆ サウンド
ノートPCに音は期待できません。
ヘッドホン常用でどうにかなる問題でもありますし。


◆ 筐体:強度と質感
液晶パネルのヒンジを境にして、上側=パネル部分と下側=本体部分それぞれの剛性感はなかなかのものです。
しかし、蓋を閉めた途端にその噛み合わせの不安定さに驚きます。
X31では液晶を閉じたラッチ側を本のように片手で掴んで持ち運ぶことが多かったのですが、BXではそれをすると液晶を傷つけそうで恐ろしくてできません。
1m弱の高さから落ちたとしたら、きっとヒンジか液晶が壊れるだろうと思います。

筐体外装の大部分はマグネシウム合金製だそうで、パーツの組み合わせ精度が高く、塗装のマットな色使いも良く、とても10万円台には見えません。
質感についてはさすがVaio、うまくやっていると思いました。


◆ 筐体:各種コネクタの位置
USBが全て右側にありマウス操作の邪魔になりそうですが、奥の方に寄っているので空間を広く取れば気になるほどではありません。
それより前面のワイヤレスLANスイッチが気になります。
前面部は鏡面仕上げされたプラスチックなのですが、ワイヤレスのスイッチは安っぽい銀色メッキ塗装で、そこだけ浮いています。
これならキーボードと同色のマットな黒の方が良かったのでは…。
また電源、バッテリー、HDDアクセスのLEDが同じく前面にあり、キーボードに乗せた手で隠れてしまうので非常に見づらいです。


◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
爆音と聞いた通りかなりのもので、小型デスクトップの排気ファン並です。
当然、発熱もかなりあります。
HDDがあるらしき右側前面はパームレスト上にも熱がかなり伝わり、冷めたインスタントカイロくらいに熱いです。
背面も全体的に熱く、こちらはずっと手を当てているのが辛いくらいに高温です。
布団や雑誌の上で使うなんて熱暴走させたがっているようなもので、きちんとテーブルの上で、排熱口を塞がないように置いて使う必要があります。


◆ ACアダプタ:大きさや発熱
そんなに馬鹿でかいとは感じませんでした。
持ってる人しかわからないでしょうが、PlayStation2のACアダプタとほぼ同サイズです。


◆ モバイル性
軽めといっても2kgを超えますので、日中うろうろ持ち運ぶには全く向きません。
愛があれば朝晩の通勤だけ持ち運ぶのは苦にならないでしょう。
車移動が主であれば何の問題も無さそうです。


◆ その他
箱を開いて、さあこれからはこいつが愛機だ!というテンションの高ぶりは、正直ありませんでした。
どちらかというと、ついにThinkPadを見限ってしまったなぁ…という諦めの方が大きかった感じで。
BXのレビューなのにThinkPadとばかり比較してしまってBXに悪いけど、それだけ好きだったんですよね。
でも、今はもう…。

気を取り直して、Type BXは総合的に相当いい機種だと思います。
キーボードの省略キーさえ我慢できれば、それ以外の要素はほぼ全て高水準です。
現状で最高にコストパフォーマンスのいい機種ではないでしょうか。
PC-9821時代から通算して7代目のノートですが、歴代の中でトップを争う当たり機種だと思います。

余談ですが、購入の決め手になったわりと大きな要因はスティックポインターです。
仕事の一部でゴム製の手袋を着用しなければならないことがあり、タッチパッドだと静電気が通らないのでカーソルが操作できないのです。
使用環境を選ばず、手をホームポジションから動かす必要もなく、チルトホイールなんて微妙品を使わなくても全方位スクロールができる、便利なスティック型…なんでもっと普及してくれないんだろうかー。


◆ 総評
省略キーには断固反対の-20点…と言いたいところを
国産機種では省略されてる方が普通な現状を鑑みて恩情措置で-10点。
暖かいにも程があるパームレスト発熱量で-5点。
絶滅危惧種なスティックポインターの採用を評価して+5点。
このサイズ、重量でX700搭載の高グラフィック性能を評価して+5点。
合計で95点としておきます。
キーボードに偏執じみたこだわりさえ無ければ、普通は100点超える勢いだと思います。

うーん、BXレポなのにThinkPad愛を感じる不思議な綱渡さんレポ。読んでいると切なくなってきます(^^;
最初はInspiron 6400なども検討に入れていたみたいですが、諸処の事情によりバイオBXが急浮上。購入となったようです。CoreDuoとGPUのおかげで処理面では前モデルと格段に違ったようですが、HDDアクセスは逆に遅く感じる程度。他のCoreDuo機もそうですが、HDDがかなりのネックになっています。ハイブリッドドライブなど今後のブレイクスルーが待たれる所ですね。

BXといえば、覚悟しなければいけないのが液晶ですが、もともと液晶を重視していないThinkPad X31だけに、あまり気にされていません。蹴茶もThinkPad X21を持っていたことがありますが、まぁお世辞にも綺麗とはいえなかったですからね。液晶以外はバッチシでしたが。

そしてキーボード。酷評がキーボードの改良にも繋がると思うのでバンバンやって欲しいと思いますが、省略キーが多すぎることを一番に上げておられます。結局、キー振り分けツールで改良をはかったとのこと。しかし、そうはいいつつもその他の点、剛性感やキーピッチ、キータッチなどの評価は総じて良好です。スティックが付いていることも高く評価されています。

総評としてはやはりキーボードで大きくマイナス。しかし液晶などが問題視されなかったこともあり、95点と高い評価点に繋がっています。ゲーム評価にいまベータのD&Dオンラインが載っていますね〜 羨ましい。 [2006-6-27]

  •  Dungeons & Dragons Online (C) 2006 Turbine / Atari / さくらインターネット All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  PlanetSide (C) 2003 Sony Online Entertainment All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO VGN-BX90S  ntfns さん

  No. 1639

  • 長所: 筐体
  • 短所: 液晶
3DMark05 3034

CPUはPenM740からPenM780に換装し、GPUは純正の熱伝導シールから、銀グリスに変更。
GPU,VRAMに放熱シートで熱対策。OCはATITOOlにて行いました。常用での使用では、一年ほど使用していますが、今のところ問題なしです。

ベンチスコアとコメント有り。たいていのノートは組み立て効率優先のためか、熱伝導シールを使っていますね。きっちりとした厚さで塗ることができれば、おそらくグリスの方が排熱効率は高いと思われます。 [2007-3-11]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO VGN-BX90PS  み さん

  No. 1645

  • 長所: 筐体
  • 短所: 熱処理
FF11v3 高解 4710

◆ 購入のきっかけと価格
出先でのFF11専用機として旧LavieRX(LR500BD)を使用していました。
Peuntium1.73とRadeon9700でそれなりに快適に使用していましたが、
FFBench3のスコアが2800前後と非力なのは事実でした。

前からいろいろ物色していたのですがそこそこのビデオと2kg前後の条件に
合うものがなく、Geforce7400もRadeon9700とFFベンチのスコアが
あまりかわらなさそうなので様子見状態でした。

今回、特価としてほぼフルスペックの旧TypeBXが128000円と格安ででており、
いまさらシングルコアのCPUも・・と考えましたが価格が落ちきっており、
かつ将来買い替えるとしても下取り価格もそんなに
大きく下がることもないだろうと、購入となりました。

◆ 体感速度の変化
さすがに旧RXとくらべてもFF11はエフェクトを入れてもそれなりに動きます。
ゲーム中のログを凝視しないといけないジョブ:忍者などにしても十分
プレイは可能です。

◆ 液晶の質
旧LavieRXもひどかったので1400x1050のLCDにはまったく期待していませんでした。
もちろんこのVAIOの視野角もたしかに狭いです、ただ後発の強みでしょうか
そつなく仕上げてあり見易さは段違いにいいです。

◆ キーボード:配列やタッチ
キーボードは特に問題はありません。
ボリュームがダイアルで装備されてないのが残念ですね。
K/B左上にミュートボタンがあるのですぐに音を切れるのは○です。

◆ サウンド
モバイルノートに期待してはいけません・・
ただ、フロント左右に設置してありそこそこ鳴ります。

◆ 筐体:質感や強度
旧LaviRXはLCDがふにゃふにゃだったので、かっちりした作りに感心しました。
塗装もしっとりとした仕上がりでうまく仕上げたなぁと。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
サウンドの端子は右側にほしかったですね。
逆にPCMCIAカードの端子は左のほうが、個人的に好みです。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
ハードディスクはいきなり乗せ変えました。
東芝の60GHDDがついていましたが、日立のHTS541616J9SA00 160GBへ変更。
回転音はそんなに気にならないですね。

ファンはここの感想を見ていて覚悟はしていましたが、拍子抜けでした。
最新のBIOSで熱管理が改善されている修正が入っているからか、
一定のスピードでまわっていて、なれれば気になりません。

むしろ温度が上がったら静止状態から急に回転しだす旧LaviRXに比べれば、
まったく問題ありません。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
DVDドライブを外せばぎりぎり持ち出せる2Kgとなるので、
性能を考えれば十分です。アダプタはちょっと大きめですね。

◆ その他
Fericaポート、内蔵カメラ、マイクヘッドセット、指紋センサー・・
使わなさそうなものばかりですがとにかく豪華、ここまでついていても、
デュアルコアじゃない二世代前CPUだと投売りなのですね。
むしろFF11はデュアルコアに対応していませんし、DirextX8世代のゲーム。
私のためにあるような特価品でした。

◆ 総評
とりあえず、メモリは256x2でしたので、512x2にして市場の様子見です。
GeforceGo7600をつんだ2kgクラスのノートがもっと安くでてくれば
良いのですが・・

騒音は拍子抜けだったという、みさん。BXが発売されてから時間はだいぶ経っているため、みさんがレポートで推測されている通りなんらかの改良が加えられた可能性はありますね。バイオBXで気になるもう一点「液晶」も、これまた悪名高きLaVie RXに較べると断然良い印象を持たれたようです。Felicaポートをはじめ、てんこ盛り装備のバイオBXですが、基本スペックが古いためこれでも12万円台にて入手。GPU性能も十分に高いですし、廉価なVista機としても使えそう。ドライバの入手がちょっと問題かな。 [2007-3-17]

  •  FinalFantasy XI (C) 2005 スクウェアエニックス All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO VGN-BX94PS  ぬこ さん

 No. 1735

  • 長所: 液晶
  • 短所: 熱処理
3DMark06 1357
3DMark05 3508
3DMark03 6029
FF11v3 高解 4685

◆ 購入のきっかけと価格
サンタを待っていたら常用のVAIO Zが突然のHDDクラッシュ、泣く泣くこのタイミングでの買い替えに。
XPの載った15インチ程度で解像度の高いものということで、NJ5000ProやT60pあたりと迷いましたが、価格とまとまりの良さでBXに決定。
ソニースタイルで本体購入後、メモリ増設とHDD換装で、トータル30万程度。

◆ 体感速度の変化
Pentium M 1.30GHzに比べると随所でキビキビ感があり、ビジネス用途メインのため、十分快適な速さ。

◆ 液晶の質
SXGA+以上の解像度優先であまり選択肢もない中では、notツルピカだし、ビジネス用途にはまあ十分かと。
全体にやや輝度ムラが大きく、視野角による色の変化も激しい。

◆ キーボード:配列やタッチ
特に違和感もなく、ノートPCにしてはかなり良い方では。

◆ サウンド
もともと期待してないんで、必要十分。スピーカー位置のせいで、音の聞こえ方にやや違和感あり。

◆ 筐体:質感や強度
クリーンなデザイン含めて、チャチな感じがする部分が少なく良好。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
右側にコネクタが集中するのがやや気になるが、実用上は大きな問題なし。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
購入直後にHDDを7,200回転のものに換装したこともあり、右手がやや熱い。
冷却優先にするとファンの音が気になる。排気は結構高温。
光学ドライブはややうるさい。それ以上になんか遅い気がする。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
せいぜい家の中で持ち運ぶくらいのため、特に気にならず。

◆ その他
指紋センサはなかなか便利。
ビジネスモデルだけあって、メーカーPCにありがちな邪魔なプリインストールソフトも少な目なのが嬉しい。

ベンチはメモリ増設+HDD換装、Catalyst7.4に更新、その他はアンチウィルスソフト常駐のままだったり、ほぼデフォルトの常用状態。

3DMARK05は1.3.0

◆ 総評
値段と重さが許せば、ビジネス用途には絶妙なバランスじゃないでしょうか。
USBコネクタが後ろに1つあって、ディスプレイ出力がDVIだったら更に文句なしです。

いまはVGA出力は過渡期ですね。単体の液晶ディスプレイとしてはDVI搭載機が圧倒的に増えてきましたが、なによりプロジェクターの方にDVIが普及していかないことには状況は動かないでしょうね。もともとビジネス向けは代替わりの遅い世界だけに、なかなか対応は進みにくそうです。液晶は昔からあまり良くはないバイオBXですが、ぬこさんの報告を見ると最近のパネルもやはりいまいちのようですね(^^; [2007-5-12]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO VGN-BX90S  ra_yu さん

 No. 1772

  • Intel 915GM (128MB)
  • Pentium M 2Ghz
  • 2 GB
  • Windows XP
  • 長所: 液晶
  • 短所: 熱処理
3DMark03 1021
FF11v3 高解 2026

◆ 購入のきっかけと価格
使用していたHP nx4820(Celeron M 1.4G、メモリー1GB)でファイルをダウンロードすると、ダウンロードが完了するまで操作を受付ないとか、ダウンロード中に電源が落ちてバッテリー、ACアダプターを一旦外して、暫く電源の供給を完全に止めないと、再起動もしない為、本サイトの情報を参考に、急遽本機を選定。
外箱無、本体(Pentium M 2.0G、メモリー512MB、HDD 80G、コンボドライブ)、ACアダプター、マニュアルのみ付属、3年の延長保障をつけて、送料込み73,000円で購入。
実際に届いてみると、付属品なのかもしれませんが、上記の物以外に、ドッキングステーション(VGP-PRBX1、ACアダプター付)、BX90専用?PCバッグ、プライバシーフィルターまで一緒に入っていました。
一応購入店に電話で確認しましたが、『同封の送付明細の通りで間違い無い』と責任者の方が断言されましたので、まあ良いのでしょう

◆ 体感速度の変化
nx4820の挙動がかなり不振だったので何ともいえませんが、カーソルが固まることもなくなり、かなり快適に動作しています

◆ 液晶の質
nx4820に比べれば、写りこみも気にならず、IEでのスクロール時にバックの色が変わって見えるということも無いので、かなり良いかと

◆ 筐体:各種コネクタの位置
机の左側しか空いてないので、光学ドライブの位置が左側なのはgood
USBポートは右側面2、背面1のように分けて欲しかったです

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
光学ドライブの駆動音は、今まで使用していた nx4820がやたら煩かったせいか物凄く静かに感じます
ただ、筐体内の廃熱が悪いのか、個体差なのか判りませんが、右のパームレストのHDDがかなり熱くなり(SMARTの温度は判りませんが、冗談で右のパームレストの上に暫く温度計を置いていたら、余裕で40℃を越えてました)、個人的に非常に使いにくいので、据え置きで移動をしないことを前提に、HDDをステー?から外して、そのままHDDベイに挿入、強引に蓋が無い状態にして、その前に紙ダクトを付けた60丱侫.鵑鮹屬い道藩僂靴討い泙后
流石にここまですると、パームレストはほとんど熱くなりませんが、60丱侫.鵑里擦い任なり煩さいです

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
上記のような構成?の為、モバイル性は皆無です。
ACアダプタは少し大きめなのと、発熱が気になったので、上記のHDD冷却用に使用している60丱侫.鵑良が当たるように調整して使用中

◆ 総評
GPUが外付けの Mobility Radeon X700でないので3D性能は非力ですが、増設した2GBメモリーのメモリーのお陰?で、以前のHP nx4820のように、ファイルをダウンロードすると、ダウンロードが完了するまで操作を受け付けないとか、そのまま電源が落ちて再起動に苦労するなどと言う、困った現象も無くなりました
暖かいというか、はっきりと熱いパームレストに-15点、値段とおまけ?で+10点。
合計で95点辺りが妥当だと思います。

2万4800円のドッキングステーションがなぜか付属で付いてきたというra_yuさんレポ。そんなはずは無いのでは?と電話したra_yuさんの気持ちももっともです。嬉しい反面、ちょっと不気味ですよね(^^;

とりあえず支障のある問題点として、パームレストが異常に熱いようです。40度は不快ゾーンまっただ中です。ra_yuさんは蓋を外すことで、冷却ファンを無理矢理外から当てているそうです。HDDを4200rpmの低発熱タイプに代えるなどで対策が取れればいいのですが... [2007-6-4]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO VGN-BX90S  にゃおき さん

 No. 1958

  • 長所: キーボード
  • 短所: 騒音

◆ 購入のきっかけと価格

うちの奥さんがそれまで使っていたパソコン(NEC LaVie M [PC-LM5007D])が何度目かの故障。
故障が多いので修理し続けるのは得策でないと思い、このPCを購入しました。

Sony Styleで2006/04/11に購入。以下の構成で134,100円でした。

VGN-BX90S(Home/RADEON X700/BT・FC内蔵)
3年間保証サービス<ワイド>/VGN-BX90/VOM用
14.1型XGA対応液晶/カメラなし
Pentium M プロセッサー 740 (1.73 GHz)
DVD-ROMドライブ
HDD 約40GB(SATA/5400回転)
Memory 512MB(256MBx2/DDR2 533)

◆ 実際の体感速度

メインとなる使用用途は、Internet Explorer で調べ物。
この用途では、うちにある他のPCと比べてレスポンスが遅いです。

比較対象は、

(1) NEC LaVie G タイプ C [PC-LG17FSCGM] - ReportNo.756
(2) NEC LaVie M [PC-LM5007D] - ReportNo.577

◆ 液晶の質

14.1型のノーマル液晶。
NECのエクセレントシャインビュー液晶に比べるとやっぱり暗いし視野角も狭いです。

◆ キーボード

標準的な配置で好感触です。
ストレスなくタッチタイプできます。

◆ サウンド

音自体は結構良い音が出ます。

◆ 筐体:各種コネクタの位置

特殊な用途でないかぎりマイナスではないのですが、シリアルやパラレルコネクタはありません。
ExpressCardスロットもありません。
シンプルな構成で、きれいにレイアウトされています。

【左側】
手前側に内蔵のDVD-ROMドライブ。
真ん中あたりに排気口、そして奥にマイクとヘッドフォン端子です。

【背面】
ほとんど何もコネクタがありません。好みが分かれそうです。
左手側の端っこに、DCジャックがついています。
右手側の端っこに、モジュラージャックが2つ(GbEとTEL)あります。
背面にはUSBコネクタがない。

【右側】
奥にUSBポート3つ。
中央あたりにPCカードスロットが1つ。

【裏面】
各モジュールへのアクセスは良好です。
HDDとメモリとモデムを着脱可能です。

【手前】
左から、無線機能OFFスイッチ、メモリースティック、SDカード、と並んでいます。
xDピクチャーカードは使用できません。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音

熱いしうるさいですがむしろ内部の熱が外側に出ているという点では安心だと思います。
省電力の設定を変更することで、多少は発熱を抑えられます。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱

ちょっとでかすぎる。
それにコードはちょっと短い気がします。

◆ モバイル性

なんとか持ち運びできるサイズです。

外形寸法および質量は公表値です。
外形寸法は 幅317mm×高さ33mm×奥行263.7mm
質量は約2.5kg

◆ その他

常駐してしまうプログラムだけで、かなりメモリを使用してしまっています。
つかわなそうなものは早速アンインストールしました。
それでもページファイル使用量を見ると400MBを超えています。

常駐アプリはもうすこし工夫して、省メモリに取り組んで欲しいところですが、ソフトウェア開発の現場にいる人間としては、実際のところ難しいだろうなぁ・・・と思います。

◆ 総評

うちの奥さんは、それまで使っていた NEC LaVie M [PC-LM5007D] との比較で「なんか遅い」という評価を下しました。
たしかに通常使用用途で明らかにレスポンスが悪いです。

「HDD 約40GB(SATA/5400回転)」がいけなかったのか、「Memory 512MB(256MBx2/DDR2 533)」がいけなかったのか、とりあえず反省点です。

奥様が使われていた「LaVie M LM5007D」は例の無償修理対象機種にあたり、にゃおきさんもマザーボード交換をしてもらっています。原因はおそらく排熱不足によるコンデンサの妊娠だと思われます。

ソニーということもあってか、デフォルトのままでも常駐アプリによるメモリ消費量はやや多い。にゃおきさんも言うように、最近はDOS時代のようにこつこつメモリ使用量を削ってコンパクトに作るといった職人技的なものは無くなってしまったように思います。コード自体が巨大になり、リソース的にもメモリ消費量を削る暇があるのなら、他のことをやったことがいいのかもしれません。

奥様的には、LaVie MよりもBXの方が遅いという判断に。とりあえず取り組むべきはメモリの増設でしょうか。また最近安くなってますし、もう1GBほどは増やしたいところです。 [2007-9-15]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VGN-BX90PS  Hidesuke さん

  No. 2049

  • 長所: 液晶
  • 短所: 熱処理

FF11用として2年近く使用。購入した当時は発熱はさほど気になりませんでしたが、しばらく使用しているとあまりの熱さのために長時間使い続けていると、たまに電源が勝手に落ちるようになりました。熱対策として下にゲル状の排熱シートを敷いて使用していましたが、ついに故障してしまい電源ボタンを入れてもBIOSの画面すら表示できない状態になりました。(今は3年保障の範囲内であるため修理中です。)

しかし、発熱以外に関しては個人的にはとても気にいっていました。特に気に入っていたのは4:3の液晶です。最近はワイド液晶が主流になてしまい4:3の液晶自体がほとんど無くなってしまい残念です。FF11を別マシンのワイド液晶でやると、当然ですが縦が短くなるため何か違和感があります。オンラインゲームをやるのにベンチのスコアが高いのに越したことありませんが、見た目の綺麗さも個人的には大事だと思います。

HidesukeさんからVAIO BXの長期レポが届きました。熱トラブルに見舞われたようですが、3年保証ということもあり、現在修理中とのこと。徐々に熱のトラブルが出てきたのは、おそらく内部にホコリがたまってきたのではないかと思います。自分で解体して掃除するのもひとつの手ではありますが、もちろんサポートが外れてしまいますし、基盤への熱ダメージも気になります。ここは正規のメンテでしっかり見てもらいたいところです。 [2007-10-26]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO VGN-BX90PS  ジーノ さん

 No. 2241

  • 長所: 筐体
  • 短所: 騒音
3DMark05 2619
3DMark03 5955
FF11v3 高解 4720

◆ 購入のきっかけと価格
Vistaの登場当初より、値崩れしたXPモデルを物色していました。そんな折、型落ちではありますが14インチ液晶のこのマシンがネットで\106,800で売られていまして、買い得感もあり購入した次第です。以前にも投稿させていただきました、愛機V505の画面とグラフィック性能に最近限界を感じ始めていましたしね。


◆ 体感速度の変化
前がPenM1.5GHzでしたので、それと比較して劇的に速くなったとは思いません。ベンチマークは取っていませんが、感覚的に前を100とすると110〜120程度でしょうか。しかし、ウイルスソフトやファイアウォールを動作の軽いものに変更し、高速化ソフトを導入したことで起動・終了はずいぶん速くなりました。


◆ 液晶の質
14インチ以上の画面をと思っていましたので、選考の基準にもした項目です。14.1インチのSXGA+クリアブラックLEというスペックですが、皆さんのおっしゃるような視野角の問題はあまり感じません。私としてはこれで十二分です。文字は小さくなりましたが、デスクトップを広く使用でき便利になりました。輝度・発色ともに非常に良好で、ドット抜けもありません。


◆ キーボード:配列やタッチ
タイピング感もしっかりとあり、ノートとしては優秀な部類だと思います。タッチパッドに加えてスティックポイントも使用できますので、万人に受け入れられると思います。


◆ サウンド
まあこんなものでしょう。積極的に音楽を聴く気にはなれませんね。私はUSBのサウンドインターフェイス+外付けスピーカーを使用しています。


◆ 筐体:質感や強度
質感は素晴らしいと思います。全体に剛性感があり、液晶もたわむことはありません。


◆ 筐体:各種コネクタの位置
USBが左側に1つは欲しかったですが、それ以外は特に不満はありません。


◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
光学ドライブは大きな音がしますが、いつも使うわけではないので問題はありません。それよりもファンですね。前のV505は、負荷をかけない限りほとんど回ることはありませんでしたが、これはずっと回りっぱなしで、慣れるまでは少し気になりました。
HDDは富士通MHY2160BH(160GB)に換装しましたが、他のどんなPCより交換は簡単でしょう。容量&静粛性が大幅にアップしました。


◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
光学ドライブはThinkPadのように取り外しができますので、ウェイトセイバーを使用すればそのぶん軽量にはできます。ただ、大きさがありますのでやや不向きかと・・。ACアダプタも大きめです。
私は持ち運ぶ気はさらさらありませんので、専らデスクトップとしての使用です。


◆ その他
ビジネスモデルということで、Vaio特有の音楽系ソフトがバッサリと削除されています。これには賛否両論あると思いますが、私としては残念です。仕事・ゲームはこのマシンで、モバイル・音楽はV505で、という使い分けになっていくと思います。


◆ 総評
CPU・液晶・グラフィック・キーボード等の基本性能が高い次元でバランスよくまとまっている印象です。WebカメラやBluetooth・FeliCaポートに加えて指紋認証といった付加価値もあり、利用範囲も広がります。また、サポート外となりますが、自力で光学ドライブやHDDの交換がしやすいのもいいですね。それにしても、V505を3年前に\199,000で購入したことを考えると、型落ちとはいえ安くなったものです。

BX自体がビジネスモデルということで、VAIOお馴染みの音楽ユーティリティがごっそり抜け落ち、がっかりされているジーノさん。DTMしない人にとっては無い方がいいとも言えますが、使ってみたい人にとっては残念な仕様です。プリインストール仕様は選べるのが一番いいのですが、NEC Directなど一部を除けばほとんどが選択できない情勢です。他品種になってしまうので難しいのでしょうか。欠点は冷却ファンの音。単体GPUと、90nmプロセスのPentium Mとしては高クロックな2Ghzなので、発熱が結構あるようです。 [2008-3-5]

  •  FinalFantasy XI (C) 2005 スクウェアエニックス All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  イース・オリジン (C) 2007 日本ファルコム All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  英雄伝説 空の軌跡 the 3rd (C) 2007 日本ファルコム All Rights Reserved. [公式サイト]
その他のレビュー 30

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > バイオ VAIO VGN-BXユーザーレビュー