HOME > レポート一覧 > バイオ VAIO VGN-FS v3ユーザーレポート

バイオ VAIO VGN-FS v3

VAIO VGN-FS v3

■ 評価点平均

92.7 5/5

他社のゴテゴテした下位モデルとは一線を画すスマートなデザインを持ちながら、いつの間にか最安で10万円を切る廉価モデルという位置づけになったバイオF。全モデルに2灯式バックライトを持つクリアブラック液晶を搭載し、他社での採用が少ないWSXGA+(1680x1050)の解像度も選択可能です。GPUは統合コアのモデルと単体GPUのモデルが存在。CPUとメモリをアップすることで、前モデルの6200TC比較で10〜20%性能がUPしたというGeforce Go 6400 with TCが選択可能になります。Mラデ9700に近い3D性能を得ることができます。ただしメインメモリ共有タイプのため、専用メモリ版と較べるとやや性能は劣ります。

長所・短所

GOOD   BAD
5 液晶
キーボード 1
騒音・ノイズ 1
筐体の質感 2
発熱処理 1

型番

VGN-FS92

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO VGN-FS92S  来夢 さん

評価 95 点 No. 688

  • 長所: 液晶
  • 短所: 熱処理
3DMark05 1005
3DMark03 2966
FF11v3 高解 3477

◆ 購入のきっかけと価格
前機種(SONY PCG-R505/BW)が故障したためです。
価格は、オーナーメイドで既に持っているOffice等を落として構成を絞ったため、16万弱ですみました。

◆ 実際の体感速度
今まで使っていたソフトで動作の重かったものが、段違いに速くなりました。
スペック差を考えれば当たり前なのですが、あらゆる操作でストレスを感じません。
3Dに関しては、前機種ではほぼ動かなかったので、比較出来ません。

◆ 液晶の質
クリアブラック液晶は、明るく、映り込みも少なく、大変見易いです。
難点を挙げるとすれば、汚れも良く見えることでしょうか。
以前よりもマメに拭くようになりました。

◆ キーボード
ストロークは浅いですが、ピッチも充分で、ブラインドでも打ちやすいです。

◆ サウンド
音量を上げなければ、満足出来るレベルです。
DVDの鑑賞には、やはりヘッドホンか外付けスピーカーがいいかと思われます。

◆ 筐体:強度と質感
マグネシウム合金製のため、強度はありそうです。
また、質感もひんやりとした金属の重量感があっていいです。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
整理されていて使いやすいですが、左利きの人には左側にもUSBポートが欲しいかもしれません。
マウスを付ける付けないに関わらず、頻繁に抜き差しするものがあると不便だと思いますので。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
ファンの音は気になりませんが、負荷をかけていると裏面が熱くなって来ます。
パームレストの辺りはあまり熱くなりませんので、使用中は気になりません。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
人によると思いますが、大きいと感じます。
それに、かなり熱くもなります。

◆ モバイル性
持ち運べない重さではありませんが、バッテリー持続時間はモバイル向きではないですね。
ロングバッテリーを買い足すにしても、持ち運び重量が増しますし、決して安い買い物ではありませんので、モバイル重視であれば、その分を予算にまわして他機種を探した方がいいと思います。

◆ その他
デザインはとても気に入っています。
ただ、外面のカラーは光沢のある白だと良かったかなと思いました。

◆ 総評
バッテリー持続時間以外はほぼ満足しています。
ただ、私の場合、外でバッテリー使用する場面もそうは無いので、あまりマイナス要素にはなりません。
3Dのゲームは未使用ですが、ベンチマークの結果としてはそこそこですし、全体として良い買い物だったと思います。

非常に手頃な価格になったバイオF。店頭モデルではオフィスなどが含まれてきますが、来夢さんのように必要のないオプションを削ることで手頃な価格で入手可能です。バッテリー駆動時間やACアダプタサイズなどは決してモバイル向きではないようですが、元々据え置きを想定したモデルのためこの辺は事前の割り切りが必要ですね。新GPUとなる6400TCもいい感じにスコアを伸ばしています。 [2005-9-17]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO VGN-FS92S  呂布リスペクト さん

評価 90 点 No. 706

  • 長所: 液晶
  • 短所: 筐体
FF11v3 高解 3581

◆ 購入のきっかけと価格
愛機Dynabook G5にチューハイをひっくり返してしまい、見積もりに出すと修理費14万円・・・。論文書かないといけないので急ぎで新たに購入を。ソニスタで172,799円でした。

◆ 実際の体感速度
起動が少々遅い気がします。(60秒くらい)常駐ものはほぼ解除しているのですが、G5より20秒ほど遅いです。ハードディスクが4200回転のものだからでしょうか。

◆ 液晶の質
文句なしです。映りこみもほとんど気になりません。
ほこりや汚れは目立ちます。

◆ キーボード
よく言われているようにキーストロークが短い感は若干ありますが、打鍵しにくいことはありません。

◆ サウンド
薄型ノートの宿命ですね。音はやヴぁいです。

◆ 筐体:強度と質感
メタリックグレーを選んだのですが、質感は高級感も醸し出しつつ、場所を選ばず目立たないのでよいと思います。
ただ、強度はないです。落とすと壊れる可能性高し。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
背面にコネクタがないのがスッキリしていてよいです。
左側面や背面ではなく右側面にUSBコネクタがあるのが右利きの私には都合が良いです。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
発熱はやや熱を持ちます。ファンは非常に静かで満足しています。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
携帯するなら大きいです、重いし。発熱もかなりします。

◆ モバイル性
3kg弱でもやはり重いです。しかし、これって縦が短いんですよね。13.3型くらいの縦の長さなので鞄に入り易かったりします。あくまでA4ノートの割りにはですが。

◆ その他
DVDが焼けないモデルにしたのでリカバリディスクの作成が大変です。CD8枚もいります。

◆ 総評
ノートはDynabookとThinkpadしか買ったことがなかったので、少々チャレンジでした。届いてから2週間経ちましたが、買ってよかったとの思いが強いです。
-10点分は起動が遅いことと筐体の強度が低いことです。

む、むぅ。一杯14万円のチューハイになってしまいました。筐体の質感はさすがですね。強度はやはり廉価モデルだけに、往年のGシリーズには敵わんでしょう(^^; またハードディスクの回転数が低いことから、起動や動作がややもったりしているようです。DVD-Rがないと、最近はリカバリCDの作成が大変になっちゃうんですね。 [2005-9-27]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO VGN-FS92S  央樹 さん

  No. 840

  • 長所: 液晶
  • 短所: 騒音

◆ 購入のきっかけと価格
hpのnx9030からの買い替え。nx9030も自分の使い方(主にネット回覧)には特に問題なかったのですが、今後何をするにも絶対ネックになるだろう3D性能の低さを考えると今が買い替えタイミングかなと思ったのと、買ったときはまったく気にしていなかったキーボードの打鍵感がどうにも我慢できなくなったので買い替えを決意、1ヶ月強ほど各メーカーの割引クーポンをいろいろチェックしつつ、店頭に実物を確認に行ったりして、一番インパクトを感じたVAIOTypeFに決定。決定後もクーポンや価格改定の動向をチェックして、希望のスペックと価格のバランスが最良になったと感じたタイミングでVAIO Styleにて13万円半ばで購入、注文してから8日目に届きました。
主にnx9030(セレロン340・756MB・15TFT・統合チップセット)との比較でレポートしております。

◆ 実際の体感速度
始動直後はプリインストールのノートンが重くて速攻アンインストール。仕切りなおし後は満足な速度に。ただ、現在の使用状況では大きな差は感じません。

◆ 液晶の質
ここが店頭でインパクトを感じた最大のポイント。黒がほんとにきれいです。WSXGA+のクリアブラックにしたので、初めて自宅にて立ち上げたときは「広っ!」「まぶしっ!」「字細かっ!」という感じでした。nx9300では数箇所あったドット欠けもなく、写りこみもゼロではありませんがまったく気にならないレベルです。

◆ キーボード
打鍵感は好みがあるのでなんとも言えませんが、キーボード部分の造りがかなりしっかりとして好感触です。

◆ サウンド
普通です。こだわる方は外付けスピーカーやUSBオーディオなどを利用しているのではないかと思います。

◆ 筐体:強度と質感
よく触れるキーボード・パームレスト部の剛性を高く感じますので、強度については問題は感じません。質感も高く感じます。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
USBコネクターの位置が右サイドに集中しているので、背面にも1つ欲しかったかなと。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
この部分は前所有のnx9030の圧勝ですね。ほんとに静かで発熱の低い機種でした。でもうるさいというほどではありません。普段はほぼ無音で、ベンチマークソフト等を動かしたときでも回転数をまめに調整して、極力騒音が出ない努力をしているように感じます。全開回転時と思われるときでも気にはなりません。発熱は右パームレスト前部がほんのり暖かい程度です。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
大きさは普通かと。発熱も普通ですね。

◆ モバイル性
持ち運べないことはない重さでしょうか。小脇に抱えて歩いてたらかっこいいかも?

◆ その他
タッチパッドの感度なども良好ですが、スクロール部分が視覚的にでも分けられていればなお良かったかと。あと、付属品のPCカード型のカードリーダーが便利でした。ボリュームや輝度はダイヤルつまみ等で調節できれば良かったのですが。3Dベンチは見事にこちらのサイトの平均値程度でした。

◆ 総評
しつこいですが画面はほんとにきれいです。ただ、文字の見え方が当然小さくなってしまうので、DPIを105に設定してます。Yahoo!のトップページのレイアウトがぎりぎり崩れない程度です。

購入にあたってこちらのページは非常に参考になりました。ありがとうございました。ただ、購入タイミングがYonah直前だったのでこのレポートが購入を考えていらっしゃる皆様の役に立つかどうか…。なお、これは使用期間2週間ほどのレポートとなります。

昔はたいてい1つはドット欠けがあったように思うのですが、最近は減りましたねぇ。解像度が増えて、ドット数は圧倒的に増したはずなんですが、欠けを減らす技術が発達したのでしょうか。静粛性はnx9030の勝利。nx9030はそもそもファンが滅多に回りませんからね(^^; 逆に優れているのはクリアブラック液晶。央樹を含め、悪いレポートをほとんど聞いたことがないほど評判は上々です。AVメーカーの面目躍如といったところです。DPIは解像度のことですが、この数値を大きくとると画像やフォントが大きくなります。変更は画面のプロパティから可能です。 [2006-1-4]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO VGN-FS92  KAZI さん

評価 93 点 No. 859

  • 長所: 液晶
  • 短所: 筐体

◆ 購入のきっかけと価格
液晶の質が良く、3D性能そこそこのノートパソコンを求めて、このパソコンにたどり着きました。購入金額は全部込みで15万900円でした。

◆ 実際の体感速度
HDDの回転数が4200のせいか、ちょっともたつく事が多いです。

◆ 液晶の質
最高!黒が本当にくっきりとして文字が見やすい。

◆ キーボード
使い慣れるまでは打ちづらいと思います。慣れたら打ちやすいです。
ENTERキーがでかいけど自分的には使いやすい。

◆ サウンド
覚悟していた割にそんなに悪くなかったです。音楽さえ聴かなければ問題なしです。

◆ 筐体:強度と質感
実際に触ってみるとちょっと安っちいな〜と思ってしまいました。強度もなさそうです。
大切に使わないと・・・

◆ 筐体:各種コネクタの位置
ディスプレイ出力端子、USB、IEEE1394、メモリーカードリーダー、PCカード、全部右側です。ヘッドホン出力端子、マイク端子は全面です。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
発熱はエンコードとかしない限りあまり熱出さないです。
通常時は静かに動きます。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
アダプターでかいです。熱も結構出ます。なので、持ち運びはきつい。

◆ モバイル性
15.4インチってここまででかいとは思いませんでした。
でも、このノートパソコン以外と軽いので室内移動なら問題なしです。

◆ 総評
価格と性能のバランスが本当に良い機種だなーと思います。
しかし、強度が危ないので外に持ち運ぶのは勇気がいります。

バイオのキーボードはペタペタした打ち心地が特徴だったでしょうか。ENTERキーは特大ですが、その他のキーもトップを大きくとってあるので、打ちにくいことは無いと思います。ただ、この打鍵感で好き嫌いがわかれるでしょうね。最近のバイオTはまたちょっと違ったキータッチですが。
筐体は基本的に据え置き使用を想定しているのか、強度はあまり無さそうとのこと。排熱も上手くできているそうです。 [2006-1-15]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO VGN-FS92S  yzpp さん

 No. 1466

  • 長所: 液晶
  • 短所: キーボード

◆ 購入のきっかけと価格
弟にV505をゆずったので、その代わりの機種を探していました。
学生時代は頻繁に持ち歩いていたため、モバイルできることが前提でしたが、今度は据え置きでもかまわないので、大画面のものを選択しました。解像度がWSXGA+で、価格が15万ほどと破格値だったため購入しました。

◆ 体感速度の変化
前が、Pentium M 1.3GHzでしたので、大きく変化はありません。

◆ 液晶の質
非常に綺麗です。
家にある安物の液晶テレビより綺麗です。

◆ キーボード:配列やタッチ
少し打ちづらく感じます。
タッチが少し浅いです。
タッチパッドは、たまに??な反応します。
V505の方が打ちやすかったです。

◆ サウンド
通常、外付けスピーカです。
内蔵だと、音が貧弱です。

◆ 筐体:質感や強度
質感は素晴らしいです。15万にはとても見えません。
強度は、よくわかりませんが、むちゃくちゃに弱いとは思いません。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
USBポートが左側に3ポートすべて固まっているのが使用しずらいです。
右側に1ポート欲しいです。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
HDDは40GB 4200rps から 80GB 5400rpsに換装していますが、起動はそこまで早くはありません。1分程度でしょうか。
光学ドライブは少しうるさいです。冷却ファンはほとんど回りませんが、回るとすこしうるさいです。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
薄いため、モバイル不可とはいいませんが、難しいと思います。
ACアダプターは大きいです。
バッテリーで動かすためのモデルではありませんので、駆動時間は短いです。2時間〜3時間程度です。

◆ その他
今年の1月に購入したのですが、レポートが遅くなりもうしわけございません。
今のFタイプ、GeForce Go 7600は魅力的ですが、
液晶にWSXGA+タイプの液晶を復活して欲しいです。

◆ 総評
非常に満足しています。
VAIOは、スペックを選ぶと意外と安いです。
WSXGA+が選択できるFシリーズ末期のモデルでしたので、
とても良い買い物をしたと思っています。

最近もバイオFEアウトレット祭があったようですが、yzppさんは今年の1月に先代のバイオFを安くゲット。安いながらもそこはバイオで、液晶画質、筐体の質感はとても良好とのことです。冷却ファンは熱くなると気になるレベルまで音を出すようです。遅くても全然かまいませんよ〜 ありがとうございました(^^ [2006-12-11]

その他のレビュー 5

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > バイオ VAIO VGN-FS v3ユーザーレビュー