HOME > レポート一覧 > バイオ VAIO VGN-FW (MR3470)ユーザーレポート

バイオ VAIO VGN-FW (MR3470)

VAIO VGN-FW (MR3470)

■ 評価点平均

4.3

16.4型 1600×900のパネルを搭載するAVノート。プラットフォームはMontevina。大画面化したものの、狭額設計でtype FZより約3cmの横幅拡張でとどめています。[クリアブラック液晶](リッチカラー)液晶は広色域でNTSC比 100%を達成。
 GPUは55nmで製造されるAMD「MobilityRadeon HD 3470」。3D性能としてはさほど高くはない。他にも仕様が変わっており、拡張スロットはtype2スロットは持たず、ExpressCardもtype 34のスロットを1つだけ持っている。

長所・短所

GOOD   BAD
4 液晶
キーボード 2
騒音・ノイズ 1
筐体の質感
発熱処理

型番

店頭モデルはMobilityRadeon HD 3470を搭載。
FW5から「MobilityRadeon HD 4570」へ変更。

■ 2008年7月 FW1
VGN-FW70DB <<<
VGN-FW50B <<<
VGN-FW30B <<<

VGN-FW90NS <<<
VGN-FW90S <<<
VGN-FW90HS <<<

■ 2008年10月 FW2
VGN-FW30B <<<
VGN-​FW51B/W <<<
VGN-FW71DB/W <<<

VGN-​FW91NS
VGN-​FW91S
VGN-​FW81NS
VGN-​FW81S
VGN-​FW81HS

■ 2009年1月 FW3
VGN-​FW72JGB <<<
VGN-​FW52JB <<<

VGN-​FW92DS
VGN-​FW92JS
VGN-​FW82DS
VGN-​FW82JS
VGN-​FW82XS

■ 2009年6月 FW4
VGN-​FW73JGB <<<

VGN-​FW93DS
VGN-​FW93JS
VGN-​FW93XS
VGN-​FW83DS
VGN-​FW83JS
VGN-​FW83XS

■ 2009年10月 FW5
VGN-​FW74FB 2009年10月
VGN-​FW54FB 2009年10月

VGN-​FW94HS 2009年10月
VGN-​FW94GS 2009年10月
VGN-​FW94FS 2009年10月

関連リンク

VAIO FW リッチカラー色域 VAIO FW Display

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO VGN-FW90S  OHBA さん

  No. 2421

  • 長所: 液晶
  • 短所: キーボード
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 5.2 5.9 4.7 4.7 4.8 4.7
3DMark06 2570
3DMark05 4862
FF11v3 高解 4573

◆ 購入のきっかけと価格
今まで使っていたEPSONのNA701の速度に不満を感じ始めたため、購入しました。
SonyStyleのカスタマイズモデルで、14万9800円でした。

◆ 体感速度の変化
以前のノートはXPで今回はVistaですが、重いと言われるVistaでも何の問題もなく
サクサクと動作します。

◆ 液晶の質
16:9で、かつ、16.4の大型液晶はノートの中では最大級の迫力だと思います。
明るさも十分で、写り込みも抑えられています。

◆ キーボード:配列やタッチ
やや押しにくい感じがしますが、AV用途中心なら問題ないと思います。
ただ、これだけ幅に余裕があるなら、テンキーが付いても良いかと思いますが。

◆ 筐体:質感や強度
非常に幅が大きく、初見はびっくりしました。
デザインは良く、質感も問題ありません。
ただヒンジが固いのか、液晶を広げるのに多少力がいります。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
USBコネクタが右側側面にしかないので、後面に1つでもあれば良かったかなと
思います。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
高負荷アプリを動かすとファンの音がしますが、特に耳障りではありませんでした。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
大きさ、重さから、モバイルは難しいと思います。
しかし、標準バッテリ、かつ、GPUを最大速度で3DMARK05を動作させ続けても1時間以上稼働できたので、大きさの割には消費電力は低めだと思います。

◆ その他
GPUがRADEONに変わってパフォーマンスが不安でしたが、ベンチマークでは前機種よりやや余裕があるようです。

◆ 総評
非常にコストパフォーマンスの高い機種だと思います。
性能的にもっと高い機種はいくつもありますが、価格、性能、バッテリライフなどを考慮すると、満足度の高い機種だと思います。

幅広なのでテンキーがあっても良かったかもというOHBAさん。テンキーを付けるかどうかは賛否両論ありそうです。蹴茶は無い方がいい派ですが、(17型モデルで)テンキーがあるので購入したという話もよく聞く話です。おそらくそれまでテンキーを使っていたかどうかや、使うアプリケーションにもよるのでしょう。英語キーボードを選ぶように、テンキーの有無も選べるとありがたいですが、横幅がまるで違ってくるので難しいでしょうか。 [2008-7-31]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO VGN-FW90S  松竹梅 さん

 No. 2430

  • 長所: 液晶
  • 短所: 騒音
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 5.6 5.9 4.7 4.6 5.3 4.6
CrystalDiskMark 2.1
 ReadWrite
Seq.63.3861.80
512k28.9032.97
4k0.430.988
型番
3DMark06 2639
FF11v3 高解 4932

◆ 購入のきっかけと価格
ゲームもそこそこ出来るサブマシンと購入しました。
BD無し他は最高スペックで値段は23万ちょいです。
GPUはATI Mobility Radeon HD 3470(256MB)ですが、蹴茶さんの選択肢になかったので適当に選びました。

◆ 体感速度の変化
Athlon2.4Ghz&XPのデスクトップと比べるとやや早くなったような気がします。
このスペックだとVistaでもストレスなく動作します。

◆ 液晶の質
2,3年前に購入した東芝のTX/430DSと比べると遥かに綺麗です。
初のワイドモニターですがウインドウを複数表示できて便利。
私はめがね無しでも免許更新できるくらいの視力はありますが、16インチで1600×900だとやや文字が小さく、ブラウザの設定で文字を大きくしています。

◆ キーボード:配列やタッチ
結構打ちやすいと思います。Enterキーが大きいのがいいですね。
たわみも無くしっかりしています。
ただし右shiftが小さいのと、PageUPDown等が無いのが不便です。
キーの両サイドに3.5センチほどのスペースがあるので、もう少しボタンを増やして欲しかったです。

◆ サウンド
ノートにしてはいいんじゃないでしょうか。
2000円くらいのスピーカーレベルだとおもいます。

◆ 筐体:質感や強度
質感はかなりいいです。
強度はまだ買ったばかりで大事に使っているのでわかりません。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
USBが右側側面手前に3個だけという最悪な配置。
いろいろ繋ぐとマウスが、動かしにくいです。
LANが左側面中央といのもかなりのマイナス点です。
背面にコネクタ類が一切無いのでかなり不便。
PCカードスロット、S端子もありません。
電源のランプだけはかっこいいです。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
HDDは7200回転のものにしましたが、ものすごく静かです。
パームレストは右側がそこそこ熱くなります。
BDは予算の関係で選ばずにDVDにしましたが、ちょっとうるさいかな。
ファンは結構うるさいです。
電源設定で性能を落とせば静かにはなります。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
モバイル性はゼロです。16インチなのでしかたありません。
カタログスペックで見ると15インチモデルと比べ横幅が3センチ伸びただけですが、結構大きく感じます。
ACアダプターは大きめです。

◆ FF11
Radeonなのでエフェクトのバグとか、そういうのはほとんどなし。
重いエリアでも結構スムーズに動いてくれてかなり快適。
Vista&FF11特有の欠点なのですが、日本語入力がやりにくいです。
XP化使用かと思ってましたが、慣れればVistaでも良さそうです。

◆ 総評
欠点はコネクタ類の場所とVistaの使いにくさくらいで、あとはかなり気に入ってます。
サブマシンにと思いましたが、メインでも使えるくらいの高性能。
ただしグラフィックが貧弱なので、ばりばりの3Dゲームはきついかと思います。
購入を検討しているかたは、コネクタ類の場所とPCの大きさを実際に店頭で確認してから買ったほうがいいと思います。

結構な近視の蹴茶ですが、これは逆にいえば近くを見るのに適応した形ともいえるので(そうでない場合もあります)、視力のいい人にとっては高解像度が目の疲れに繋がる要因となるかもしれません。松竹梅さんのようにフォントを大きくするのはまさに的確な対応といえます。

最近調子の出てきたRadeonですが、気になるのはドライバの出来。松竹梅さんのFF11チェックでは特に問題ないようですね。 [2008-8-6]

  •  FinalFantasy XI (C) 2005 スクウェアエニックス All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO typeF VGN-FW51B/W  セラフィス さん

 No. 2663

  • 長所: 液晶
  • 短所: キーボード
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 5.2 5.2 4.7 4.7 5.2 4.7
FF11v3 高解 4050

◆ 購入のきっかけと価格
昨年末に父が4年半使用したVAIO typeEが故障したため、ジョーシンの初売りセールにて購入\139,800-+延長補償5%でした。
最初ソニースタイルのフルHD液晶+Mobility Radeon HD 3650のモデルを検討したのですが、モデル切替前で品切れオプション多数のため断念しました。
また余談ですが、typeEの補償はまだ半年残っていたのですが年賀状用の住所録を管理しているPCだったため、保障は諦めて分解してHDDを取り出しする羽目になり、さらにとりあえず年賀状印刷のために別PC用に筆ぐるめを購入したため無駄な出費が重なりました。新PCにもしっかり筆ぐるめがプリインストールされてましたし(笑)


◆ 体感速度の変化
自宅用としては初Vistaとなりましたが、typeEとの比較では少なくとも遅いとは感じません。
職場等で何台かVistaPCを使用していますが、割と最近の統合チップのPCでも時折妙な引っ掛かりが出る時があります。独立グラフィックチップのPCではこういうこともありませんので、ゲーム用途では地雷の64bitバス幅のチップでもVista用には悪くない選択肢だと思います。

◆ 液晶の質
素晴らしいの一言です。
typeEのクリアブラックも十分きれいなものでしたが、わざわざリッチカラーと銘打つだけあってさらに素晴らしいです。また低反射コートの処理が良いので、光沢液晶であることを意識せずに済むのも良いですね。
父の希望が写真処理が快適にしたいとのことだったので、高解像度液晶モデルを探していたのですが大変満足しているようです。

◆ キーボード:配列やタッチ
Enterキーの巨大さはともかく右Shiftが小さいのとカーソルキーが一段下がっていないのはデザイン優先の弊害でマイナスです。
アイソレーションキーボード自体は強めに打鍵する私が使ってもたわみも発生しないため悪くはないと思います。

◆ サウンド
平凡ですね。もう少しこだわりが欲しいところです。

◆ 筐体:質感や強度、光学ドライブ・コネクタ配置、
ショップで多くのモデルが並んでいるなかで見る分にはそこまでサイズを意識しませんが、自宅で一台だけ置くと横の長大さが際立ちます。この辺は液晶テレビなどと同じですね。
USBポートの配置と数は厳しいですね。三つ並ぶのは仕方なかったとしても光学ドライブと位置を逆になっていればまだよかったです。最近一部に省かれるようになったIEEE1394もあるのは対応機器を多数所持しているのでUSBの数不足を補う意味でも助かります。
ラッチレスは良いのですが、液晶を閉じる際よく持っておかないと一気にパタンと閉じるのは問題ないとは思いますが気になります。

◆ 排熱・静粛性:筐体の温度、冷却ファン
これは優秀です。
排熱口からの排熱もそれなりですし、筐体もほんのり暖かくなる程度で不快感はありません。ファンの回転音も夜中でも気になるレベルではありません。
私が普段使っているdynabook SS LXの爆熱ぶりとは雲泥の差です。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
家内モバイルなら可能なレベルでしょう。
思ったよりもバッテリーの持ちも悪くはないです。ACアダプタは大きいです。

◆ その他
シルクロードオンラインを試しにやってみましたが、WXGA++という変則解像度にきっちり対応していました。ドライバも安定しているようで久しぶりのRadeonでしたが安心しました。


◆ 総評
最近の3Dゲームをするには不向きだと思いますが、内容を考えるとコストパフォーマンスは抜群です。
欠点はやはりUSBポートの数と配置です。数はIEEE1394とBluetoothである程度補えますが、ポータブルHDDなどは電源補助ケーブルを使うことがあるためあっという間に不足します。
後継モデルのOSが64bit化してしまったので購入時期はむしろ良かったのかもしれません。

年賀状ソフトというのも肝心な時に無いことが多いアイテムの気がします。蹴茶も何度か買い直してますが、シェア1位の「筆まめ」にしろ、ジャストシステムの「楽々はがき」にしろ、最近はダウンロード版が1000円台半ばで手に入るようになり便利になりました。更新料0円を謳うソースネクストの「筆王」だけは高いのですが、筆王もアスキーが出す年賀状ムックを買えばソフト自体は安く手に入ります。いまさらな話ですが。

セラフィスさんにとっては初Vistaとのことですが、印象はまずまず。サービスパック1リリース以降はみなさんから寄せられるレポートにおいてもVistaの印象がかなり改善しています。type F系の特徴のひとつである液晶の色域は大満足の様子。ハーフグレア的な表面処理も気に入られておられます。USBの数が少ない事とキーボードにやや難を感じられていますが、静粛性も高く満足度は高い。しかし、シルクロードオンラインのWXGA++対応はエライですねぇ。いつまでたっても対応解像度が増えないゲームもあります。 [2009-1-19]

  •  シルクロードオンライン (C) 2005 ゲームオン All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO VGN-FW73JGB  Mutsuki さん

 No. 2893

  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 5.4 5.9 4.7 4.7 5.5 4.7
3DMark06 2735
3DMark05 5054
FF11v3 高解 5154

◆ 購入のきっかけと価格
久々の店頭モデルです。何となく寄ったショップの中古品コーナーで見かけて購入してしまいました。中古品コーナーにあったもののなぜか未使用品でした。最初見た時は安いとは思いつつも一旦見送ったのですが、翌日もう一度見た時に更に価格が下がって13万円を切っていて、「価格comに挑戦」といったポップが付けられていたのに釣られてしまいました。(仕事でストレスがたまると衝動買いにに走りやすいですね。)帰ってから価格comを覗くと、数百円程安いところもありましたが、まあ許容範囲でしょう。地デジ対応、ブルーレイディスク、Office Home付、といったことも考えれば、かなりコストパフォーマンスはいいのではないでしょうか。先月発売されたばかりの新製品で、価格comでみた平均価格帯は16-7万円でしたし。

◆ 体感速度の変化
現在使用しているVAIO Z90Sとほとんど変わりません。CPUのクロックは少し下がっています(2.80→2.53GHz)が、GPUはZ90SのGeForce9300GSよりこちらのMobility Radeon HD3470のパフォーマンス方がやや高いようです。OSがVISTAの32ビット版から64ビット版に変わっていますが、今のところ、特に違和感は感じていません。ただ、やはりソフトによっては動かないものがあります。(ベンチマークでもオロチがOS未対応で動作しませんでした。仮想ドライブソフトも手持ちのバージョンではドライバが未対応のようです。)

◆ 液晶の質
解像度は市販モデルのため1600x900固定で、Z90Sと同じです。サイズが格段に大きくなっている分、文字等は見やすくなっています。FWシリーズは元々AVノートと銘打っているだけあって綺麗です。Z90Sと比較するとやや明るめの色調でしょうか。この辺はGPUのメーカーの違いによるものかもしれませんね。

◆ キーボード:配列やタッチ
Z90Sと同じアイソレーションキーボードで、配置も右手側がやや違うだけといった感じですので、特に問題ありません。この辺は好みと慣れの問題かと思います。

◆ サウンド
個人的にはそれほどこだわりのない部分ですが、AVノートのスピーカーとしては可もなく不可もなくといったところではないでしょうか。

◆ 筐体:質感や強度
天板は少しざらざらした感じのあるホワイトです。(店頭モデルで色は選択できないようです。)Z90Sと同じシリンダデザインで、質感は悪くありません。キーボードはシルバーのアルミにグレーのキーです。Z90Sと異なり、アルミの一枚成型ではなく、キーボードの部分に切れ目があります。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
このサイズのノートPCを購入するのはずいぶんと久しぶりですので、Z90Sと並べてみて大きさの差に改めて驚きました。USBコネクタが右手前に3つ並んでいるのをこの機種の不満点としてよく聞きますが、私の場合、常時接続するのはトラックボール(少数派ですね)くらいなので、特に気になりません。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
大きさに余裕がある分、Z90Sと比べても静かで熱くならないようです。AVノートという位置付けからもその辺は考慮されているのかと。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
元から屋外を持ち歩くことは想定していませんので、家の中で移動できれば問題ありません。持ち運び可能なTVの代用としてとか。

◆ その他
VISTA 64ビット版、地デジ対応、プルーレイディスク、等、初めて使用するものも多いのでまだこれから使い込んでいくと他の感想も出てくるかも知れません。Win7のアップグレードプログラム対象なので、そちらも試したいですね。

◆ 総評
Z90Sと比較して思った程はスペックに差がありませんでした。Z90Sとは違うVISTA64、ブルーレイディスク、地デジ等を使ってみたかった部分が大きいので、特に不満はありませんが、予算に余裕があってゲームメインの方は、同じFWでもオーナーメードでFW93シリーズ(GPUはHD4650、解像度1920x108)を選択する方がいいかもしれません。
なお、例によってXPもセットアップしましたが、ビデオドライバもぴったり合うものがなくて無理やりインストールしましたので、ベンチマークもVISTAと同じか下くらいといったところです。

FWはソニスタモデルでないと上位のGPUを選べないのですが、カジュアルゲームや動画支援などには十分に性能を発揮してくれます。リアルな描写の重いタイトルを遊ぶならちょっと力不足。

64bit OSを推進しているVAIOですが、ブラウザなどで大きな問題はないものの、64bit版Windowsだと動かないアプリケーションもゼロではありません。プリインストールしているソフトは問題ないですが、あとから入れたいソフトで絶対動いて欲しいものがある場合は64bit動作の確認が必要です。
 → FrontPage - Windows x64 Edition まとめWiki [2009-7-24]

その他のレビュー 4

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > バイオ VAIO VGN-FW (MR3470)ユーザーレビュー