HOME > レポート一覧 > バイオ VAIO VGN-SZ v4ユーザーレポート

バイオ VAIO VGN-SZ v4

VAIO VGN-SZ v4

■ 評価点平均

3.3

OSをXPからVistaに代えたバイオSZ 四代目が登場。決して冷たくないMeromをGeForce Go 7400と一緒にこのサイズに積めてくるのは国内メーカーではソニーだけ。熱暴走でクロックダウンでも起きやしないかとヒヤヒヤしますが、特にそのような報告もなく、排熱しきっているようです。
ただモバイルされることが多いためなのか、はたまた熱の負担が大きいからかマザーボード交換が少し多いような印象があります。長期保証には入っておきましょう。

長所・短所

GOOD   BAD
3 液晶 2
キーボード 2
騒音・ノイズ 1
2 筐体の質感 1
発熱処理

型番

VGN-SZ93NS, VGN-SZ93S, VGN-SZ93HS

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO VGN-SZ93NS  COW さん

 No. 1577

  • 長所: 液晶
  • 短所: 筐体
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 4.9 4.5 3.7 3.3 4.3 3.3
3DMark03 3675
FF11v3 高解 3402

◆ 購入のきっかけと価格
ネット&DVD鑑賞をメインにVAIOのR505/BWにWindows2000を入れて使っていましたが、最近「Flash」を多用したHPが多くCPU負荷が100%になってしまいネットを見るのにも辛くなってきたので購入しました。
価格は2GBのメモリを別途購入して総額25万ジャストです。
◆ 体感速度の変化
Vistaが重いせいか、スイッチオン〜ログイン後HDDのアクセスが止まるまでの時間はR505とあまり、変わらないような気がします。
立ち上がってからは比較にならないくらい早いですが。

◆ 液晶の質
液晶は綺麗で良いですね、写り込みも気になりません。

◆ キーボード:配列やタッチ
スカスカしてる気がします。(笑)
ここだけはR505の方が良いかもしれません。

◆ サウンド
前のPCはあまりに酷いので、スピーカーを繋いでいましたが、これは許せる音なのでスピーカーは繋いでいません。

◆ 筐体:質感や強度
見た目は質感は高級感があって良いのです。ただ、薄くて軽いので丁重に扱わないと壊れそうな気がします。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
特には無いですが、SDカード・xDは直接本体に刺せると良いですね。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
R505が爆音でしたので、静かでビックリです。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
R505は12.1型液晶・ドライブ非搭載で1.7kg
SZは13.3型液晶・ドライブ搭載・グラフィックボード搭載で1.7kg
随分と進歩してますよね、このスペックで1.7kgは満足しています。
後0.2kg軽ければ・・と無茶を言ってみたり。(笑)
ACアダプタはみなさんのレビューを見て、デカイものだと思っていたので
実際の物を見ると、思ったより小さくて拍子抜けでした。

◆ その他
USBポート2つはやはり少ないですね、Bluetooth搭載して正解だったと思います。

◆ 総評
ベンチが旧XPモデルに比べて3割ダウンしているのが凄く気になります。前のモデルと比べてグラフィックメモリの最大割り当てが335MBまで増えるのでベンチも上がるかもと期待していたのですがこんなに下がるとは・・・。
後、Aeroを有効にして起動するとメモリの使用量が1GB近いのが辛いですね。残りが 2GB - 1GB - 0.3GB = 0.7GBしかない訳で、2GBも積んでるのに少ない・・。ちなみに、Aeroオフにして起動してもやっぱりメモリを1GB近く使用しているみたいです。
と、Vistaの文句ばっかりになってしまいましたが、ノートパソコン自体はとても良いと思います。不満点は特にありません。
ハードだけの評価は95点、Vistaを考慮すると80点ですね。

◆ お礼
今回、購入にあたって蹴茶さんのHPをかなり参考にさせて頂ました、
ありがとうございます。

映画なんかは特にそうですが、面白い、面白いと散々聞いてから見ると、逆に面白くなく感じることがよくあります。COWさんも事前にACアダプタはデカイデカイと聞いていたため、こんなものかと拍子抜けされたそうです(笑) しかし、Vistaのメモリ使用量はハンパじゃありませんね。ライトユーザーならともかく、ヘビーユーザーは「2GBが基本」になってしまいそうな勢いです。せめて今後のドライバ改良でスコアがXP並みになってくれることを祈っております。 [2007-2-2]

  •  FinalFantasy XI (C) 2005 スクウェアエニックス All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO VGN-SZ53  minidora さん

 No. 1621

  • 長所: 筐体
  • 短所: 騒音

◆ 購入のきっかけと価格
 妻のノートも3年をすぎたのですが、私だけM1210に買い換えたために、一緒にVAIOに買い換えました。

◆ 体感速度の変化
 ダイナブック(セレロン)を使っていました。前のノートがWinXPで、今回がVISTAなので、同じかややもっさりしているのではと思っています。(設定はいじっていません。そのままでの状態でです。)
ここから先は、主に、デルのM1210との比較で書きます。

◆ 液晶の質
 広くて、綺麗だと思います。VISTAの特徴である綺麗なアイコンだと、いままでの2倍くらいの大きさになるので、やっぱり自宅のデスクトップ機の24インチモニタくらいでないと、ちょっとバランスが悪いです。でも今は意地できれいな「中アイコン」でつかっています。(がしばらくすると普通の大きさの「クラシックアイコン」に戻る可能性が大きいですが)M1210より大きくて、特にエクセルなどは使いやすいと思います。液晶の見た感じの印象は、私は同じ感じの光沢で、両者とも満足していますが。

◆ キーボード:配列やタッチ
 キーボードの一つ一つが大きいようには思いますが、あまり使っていませんので、わかりません。ただ、キーボードの表面の塗装の処理はもちろんVAIO SZの方がいいです。

◆ サウンド
 スピーカーの音は、一般的で十分使用に耐えるものだと思います。
(M1210がだいぶよくないように思います。)

◆ 筐体:質感や強度
 M1210に比べ、厚さが、手前が薄いために本当に薄く感じられます。そのため重さも同じ程度のはずなのに、VAIOが軽く感じられます。天板上面の塗装もいいですし、本当に高級感と所有満足感を満たしてくれる一品です。(ちょっとほめすぎ?でもやっぱりデルのM1210はあけたときの印象も含めて安っぽいです。)

◆ 筐体:各種コネクタの位置
 USBが2つしかありません。これはソニーの意図された販売戦略だと、気づきましたが、やむなくBluetooth対応のマウスを中古で購入しました。それでも4000円しましたが、、、。まんまと作戦にのってしまいました。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
 はっきりいって、うるさいです。ファンコントローラがないのでしょうか?普通にWebをみているだけなのに、ふいーーーんって感じで非常に私は気になりました。
外観の質感や、キーボードの感じが気に入っていただけに、実際自宅で使ってみて初めて気づいた点でした。この点だけは本当に私にとっては致命傷だったかもしれません。(Vistaプレミアムのもっさり感と相まって、飾っておくのにはいいけど、私は使いたくないと思いました。本当に残念です。)
 もし、Vista上で動作する、本体の温度を検知しつつファンをコントロールできるファンコントローラがあれば、ぜひ教えていただきたいのですが。でも本体が薄いので、同じ廃熱を行っても音質が高くなってしまい、結果としてうるさく感じているだけかもしれません。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
 薄くて、軽くて、かっこいい!3拍子そろったパソコンだと思います。
ワイド保証に入る予定なので、WinXpに戻せないですが、普通にオフィスを使って、Webを見るのにはよいノートだと思います。
 また、指紋での認証は、これはいい!って思いました。認識もほぼ間違えずに認証してくれます。

◆ 総評
 見た目と高級感、そして所有しての満足感を満たしてくれるVAIO SZ。
 なんといっても安いし、ファンの音が本当に静かで、ストレス無く使えるM1210。
  置いてあるのをさわって満足のVAIO、気持ちよく使って満足のM1210です。

そしてminidoraさんから頂いたもうひとつレポがバイオSZ。我が家も蹴茶用のXPS M1710を買ったのち、なんとなくねだられるがままに妻のバイオFを流れで買っちゃった口ですが(汗、最近では夫婦それぞれにMyパソを持つことも珍しくないので、同時購入というケースは多そう。

さてバイオSZ。とりあえずうるさい、という一言に尽きそうです。キーボード、サウンド、筐体の質感、ほぼすべてにおいてM1210より高い評価となっていますが、唯一騒音についてはM1210の勝利。負荷時だけでなく、Webブラウジング程度でも結構な勢いでファンが回るようです。 [2007-2-28]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO VGN-SZ93NS  しゃち さん しゃち さんさんのほむぺ

 No. 1751

  • 長所: 液晶
  • 短所: キーボード
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 5.2 4.7 3.7 3.2 5.3 3.2

◆ 購入のきっかけと価格
サンタさん登場を前に今まで使っていたtype S(VGN-S94PS)が壊れたので、
サンタさんを待つか悩んだものの、別に性能が倍になるわけでもないしと割り切って、
丁度プロセッサアップグレードをやっていたtype Sを「またも」購入(爆)

メモリは元々増設予定だったので1GBのまま、HDDは今回換装が楽っぽかったので60GBを選び、
C2D T7600、プレミアムカーボン、FeliCa/青歯、指紋認証/TPMなどで31万弱でした。
性能を考えれば無難な価格設定ってところではないでしょうかね。

◆ 体感速度の変化
さすがにデュアルコアは一度体験しちゃうとダメですね。
いかにVistaを積んだ前機に無理があったのかを思い知らされました(笑)
今回は前々機(VGN-S90PS)以来久々に7,200回転のHDD積んだので快適そのものです。
最近ウォークマンを動画対応のA808に替えたので動画を扱う機会がかなり増えたんですが、
前機では動画とかを扱うにはちょっと心許ないかなと感じていたものの、
今回は動画を扱っても全く不安は無くなりましたね。

◆ 液晶の質
元々クリアブラック液晶の品質には全く不満は無かったんですが、
バックライトがLEDに変わったせいなのか、前機より更に明るく感じますね。
前機では特に輝度などをいじらなくても不満とかは無かったんですが、
今回は少し輝度落とさないとかえって眩しい位かも知れません。

◆ キーボード:配列やタッチ
今回も英字配列キーボードをチョイスしたわけなんですが、
買い替えて唯一最大とも言える不満点がこのキーボードではないでしょうか。
HDD交換の際に分解して唖然としたんですが、キーボードがペラペラで強度が皆無。
ペタペタした感じのキータッチはこの剛性の無さが原因かとかなりガッカリ。

S90PSからS94PSに買い替えた際にキーボードはかなり改善されてて嬉しかったんですが、
下手をするとキーボードに関してはS90PSの頃より退化してるかも知れません(泣)
更に言えばEnterキーの列の横に更にもう一列キーがあるのが頂けません。
本来Enterキーだった位置にPageDownキーなんかがあるせいか、
ミスタッチ頻発でかなり入力精度が落ちつつあります。

他の部分が抜群に良いだけに余計にキーボードの酷さが浮き彫りになってるというか...。

◆ サウンド
キーボードとは好対照で良い意味で驚かされたのがこのサウンド面。
正直なところSoundRealityがこれほどのものとは思わなかったのでビックリです。
ぶっちゃけ内蔵スピーカーに関しては相変わらず所詮ノートPCの内蔵スピーカーなんですが、
普段繋いでいるBOSEのCompanion 3を繋ぐと音が劇的に良くなりますね。
音質に疎い彼女ですら驚いてた程なんでちょっとビックリ(笑)

◆ 筐体:質感や強度
今まで正直なところあまりカーボンって特に気にも留めなかったんですが、
実際に自分で所有してみる納得ですね...確かに今までの機種とは所有欲が大違い(笑)
確かに質感で言ったら従来のマグネシウム筐体とはひと味ふた味は違います。
更に今回のSZで一番こだわりを感じたのが実は天板よりもパームレスト。

HDDを換装する際にパームレストを外して驚いたんですが、
手前の見事なアールまでを一枚のアルミで成形してあるのは特筆もんです。
これはHDD換装とかでパームレストを外してみないと分からない感動かも知れません(笑)
FeliCaのせいでちょっと端っこに違和感があるかなってのは仕方無いですかね。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
また今回もポトリを同時購入したのでコネクタの位置はあまり気にしてないかと(笑)
そういえばキーボードと共に不満があるのがSZ用のポトリだったりします。
ぶっちゃけSの頃と比べてポトリがプラスチッキーで安っぽい(爆)
もぉいかにもプラスチックですって主張してる感じです。
正直箱から出した時はこちらも唖然としました。
まぁ、仕方無いので使ってはいますけど、
ど〜にかならなかったもんかと。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
標準のHDDは即換装してしまったので静粛性も何も無いんですが、
現在積んでるSeagate製の7,200回転のHDDは回転数の割には非常に静かです。
今回は正に出たての垂直記録の最新世代なんで静粛性も完璧っぽいです。

光学ドライブに関しては...まぁ、正に無難といったところ。
正直なところ可もなく不可もなくなんで面白みがないほどですし。
元々光学ドライブ使う機会もめっきり減ったので気にしてないのもあったり。

冷却ファンに関しては前機以上に静かになってます。
C2DのT7600ともなると発熱量もそれなりだとは思うんですけどねぇ。
思った以上に放熱設計がしっかり出来ているのかも知れません。
動画のエンコードとかでファン回る機会は増えましたけど、
ファンがうるさいと感じる機会はほとんど無いですね。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
モバイルに関しては昔からtype Sの真骨頂という感じではありましたが、
SZに替えてみると更にモバイルという面では進化したなとひしひしと感じますね。
特に軽さに関してはやはりカーボンなどの軽量素材を採用したのは伊達じゃありませんね。
正直前機と比べるとフットプリントなどは一見大きくなったように感じますけど、
軽さがそれを感じさせないので非常にモバイルは楽になりました。

ACアダプターは前機の物がそのまま流用がきくので、
モバイル用にと念願のスティックACアダプターをチョイスしました。
まぁ、実際体感した重さはさほど標準のACアダプターより軽くは感じないですが、
何よりスティックタイプなのでブリーフケースのポーチなどにもスッキリ収まるので、
モバイル用のACアダプターとしては理想的な形なのかなと思います。

バッテリーは大容量バッテリーをチョイスしました。
前回はキャリングケースに本体が入らなくなるという理由で標準バッテリーにしたものの、
結局直後にPCバックを買い替えたせいで購入時の配慮が全くの無駄になったので、
前回の教訓を生かして今回は迷わず大容量バッテリーを選びました。

さすがに本体からゴツく飛び出すだけに大容量バッテリーのスタミナは伊達じゃないですね。
SZの場合はバッテリー節約のためにわざわざスタミナモードがあるわけなんですが、
スタミナモードにしなくてもOffice利用やネット程度なら3〜4時間はもちます。

◆ その他
メモリは今回2GB×2枚挿しの4GBにしてありますが、
ご存じの通り、32bit版Vistaだと全部は認識してくれないのが痛過ぎるんですよね(泣)
それでもメモリは多いに越した事は無いなとひしひし感じるわけなんですが。
とっとと64bitの環境を整えて欲しいところなんですよねぇ...。

◆ 総評
ぶっちゃけ良いところと悪いところの落差の激しいPCです(爆)
というか、なんで今更こんな出来の悪いキーボード積んだのか不思議でなりません。
この軽さを考えるとトレードオフなんて割り切って使ってはいますけど、
サンタ版SZのキーボードが良かった日にはど〜なる事やら...。

まぁ、他の部分に関してはほとんど完全無欠と言って良いような気がします。
それだけにこのキーボードの酷さが非常に悔やまれる一台です。

またまた買われたんですか! スゴイ(^^; ‘Mr.バイオS’と呼ばせていただこうかと迷う今日この頃ですが、何代目かのバイオSレポをしゃちさんが送ってくれました。 これまでカーボン筐体はあまり重要視してこなかったそうですが、実際に見てみるとかなりイイとのこと。所有欲係数が断然高いようです。

非常にレアな情報として、ポートリプリケーターの質感についても書いてくださっています。だいぶバイオS時代と較べると後退してしまったようです。またキーボードも先代から質が落ちたパーツのひとつ。薄くぺらぺらのため、強度がまるで無いとのこと。キーボードは廉価モデルでもコスト削減目的で質が落とされることがありますが、バイオSのようなモバイル機の場合、コスト削減よりむしろ軽量化のためギミックが簡素化されたり、薄くなったりと犠牲になることが多いようです。

SoundRealityとBOSE Companion 3との組み合わせはなかなか楽しそうですね。ピュアオーディオとしてはCompanion 3の音造りは邪道なのかもしれませんが、圧縮された音楽を聴くことの多いPCオーディオには最適なスピーカーのひとつかもしれません。 [2007-5-19]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO VGN-SZ73B/B  takk さん

 No. 1760

  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 4.9 4.5 3.6 3.2 4.3 3.2
3DMark05 1628
3DMark03 3668

◆ 購入のきっかけと価格
サンタまで待とうと思ったんですけど劇的変わることもないと思ったので、安くなった店頭モデルを買いました。

◆ 体感速度の変化
まだメモリを増設してないので少し遅く感じることもありますが、許容の範囲です。
ただシャットダウンが異様に遅いです。

◆ 液晶の質
とてもきれいですね。光沢液晶には抵抗もありましたが使ってみると良さを実感しました。

◆ 筐体:質感や強度
デザイン、強度ともに満足です。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
USBが2個で少ないですけど、使っても2個なので特に支障はないです。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
前の機種がうるさかったためか、まだ負荷をかける作業をしていないためかうるさくは感じません。

◆ 総評
まだ使い始めて日が浅いですけど、このパソコン対する不満というより、VISTAに不満を感じてます。これから使い慣れるのか不安です。まあ、全体的には筐体の質とスペックともに満足できるレベルです。

バイオSZに限ってはまだ後継は出ていませんので、買ってしまって正解だったのでは。ソニー開発陣の今回の山は type Tでしょうし(^^; 光沢液晶は初めてのようですが、実際使ってみると使用前の懸念は晴れたようです。バイオの液晶は低反射コートもあるので、見やすいですね。 [2007-5-30]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO SZ93NS  VGN-SZ93NSユーザー さん

 No. 1776

◆ 液晶の質
最悪!、通常使用でも簡単に傷がつきます。
私は、キャリングケースを購入して「大切」にモバイルしておりましたが、メーカー曰く、通常使用ではない圧力を加えたため傷が入ったとの回答、これに対しては現在PL法上の対応を検討中

◆ 筐体:質感や強度
最悪、こんな弱い筐体は見たこと無い。
クレームを言ったら言ってみれば門前払い、ソニーというメーカーは信用しない方が良い。

◆ 総評
購入するには、液晶の傷は使用方法・状況によっては傷が入る事を承知の上購入したら良いと思います。堅牢性についてはほとんどHP上の内容は虚偽だと考えていた方が無難です。だって、キャリングケースに入れてバックに入れていたのに、液晶に傷がつくくらいの剛性の液晶ですよ。それに対してカスタマーは「あり得る」との回答。
そして、結果的に門前払いです。こんな機械は買わない方が不愉快にならなくて良いよ

液晶の傷問題で門前払いをくらったとのこと。最近出たtype Gなどは耐圧設計を謳っていますが、SZは耐圧ブームの前ということもあって、圧力に弱い可能性がありそうです。まずは消費者相談センターでしょうか。相談員の方自身がばりばり交渉してくれるわけではないので、あんまり役に立たないかもしれませんが、とりあえず報告を挙げておくことで後日メーカー側に対応をせまる圧力となることもあります。 [2007-6-7]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO VGN-SZ93NS  みかん さん

  No. 1835

  • 長所: 筐体
  • 短所: キーボード

◆ 購入のきっかけと価格
VISTAを使いたかったのでVGN-S73PBから買い換えました。
Bluetooth機能、指紋センサー、FeliCaポートは必要なかったので外して値段押さえました。20万ちょっとだったと思います。


◆ 体感速度の変化
購入当初はメモリ1GでHDDがしょっちゅうガリガリ動き重く感じたので、
バッファロー1G×2枚に変えるとかなり早くなりました。
ゲームの動作も快適です。


◆ 液晶の質
前の機種に比べて明るすぎるぐらいの輝度で非常に良いです。


◆ キーボード:配列やタッチ
購入当初はキーボードの押し心地が前にくらべてぺしゃぺしゃなって
変な感じがしましたが、使い慣れてくるとしっくりくるようになりました。

◆ サウンド
あまりこだわらないのでわかりませんが前の機種よりいいのは確かです。


◆ 筐体:質感や強度
プレミアムカーボンで見た目が美しくハイスペックマシンで薄く軽いので
デザインは文句なしです。
液晶も薄いですが強度が弱い感じは全くしません。


◆ 筐体:各種コネクタの位置
USBがあと一つほしいです。


◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
前機種の圧倒的な熱さ、騒音にくらべると全く問題になりません。
でもさすがに夏場はキーボード付近の熱さは感じます。


◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
スティックACアダプターにしましたが、画像よりも大きく重さもあり
不満足でした。


◆ その他
購入時GPUのドライバが古かったのかフルスクリーンでゲームができないことが
何度かありました。その後ドライバを更新すると直りました。


◆ 総評
とにかくデザインがすばらしいです。
スペックも高いので買って大満足でした。

グラドライバ更新で不具合がなおったというみかんさんのレポ。何も問題がなければ、更新しなくても良いかもしれませんが、問題があるなら試してみる価値はありそうです。小ささに期待して購入したスティックACアダプターは意外に大きさ有り。確かにこのページにある画像を見ると、SZのバッテリーと同じ長さで、高さが3.5cmあります。スティックというよりペンケースサイズといった方がしっくりきそう。 [2007-7-12]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO VGN-SZ83NS  Harry さん

 No. 1935

◆ 購入のきっかけと価格
私は海外出張が多いので、”快適”なノートを探していました。 このサイトで色々検討して、結局VAIOのSタイプにしました。B5サイズにしようかともずいぶん迷いましたが、年寄りですので、文字が小さいのは応えますから。今まで、各種のノートを使っていましたが、空港内の移動、ホテルから出先への運搬、2kg以上のノートにはうんざりしていました。ローンで29万です。 失敗でした。

◆ 体感速度の変化
今までは、セレロンの15インチ・ノートがほとんどでした。OSはXPでした。
格別遅くもないし、早くもない。。。。。変化なしが実感です。

◆ 液晶の質
まぁ、こんなモノかと思いました。ドット抜けがありました。
これに文句を言うと、それは一定のところまでは、許容範囲だ、仕方がない、コストの関係だ、などと
まるで、メーカーの回し者のような人たちから、総攻撃を食らうのですよね。

欠陥品を売りつけておいて、居直るというのは、PC業界がNO.1ですね。
このサイトにも記載がありましたが、液晶は、うすくて、パリンと折れそうですね。
現物をじっくり確かめて判断すれば良かったのに、と後悔しています。
私は現在は、インド出張が多く、かなり劣悪な状況での使用となりますので、その点からも、参ります。

◆ キーボード:配列やタッチ
まぁ、まぁです。 思ったより悪くない、普通でした。

◆ サウンド
何が普通か、わかりませんが、良くはないです。こんな物だと思いました。

◆ 筐体:質感や強度

軽さは、OKでした。
強度は問題ありでしょう。いつ、どこが、壊れるのか、不安一杯です。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
このサイトにもありましたが、USBが2つのみ、LAN端子が右側、実に使いにくいです。前からわかっていたわけですが。
デザイナーというのは、デザインをするだけで実際の使い勝手というのは、全く気にもしていない、ってことだという印象です。
コネクターの配置とかまでは、パソコンメーカーってのは、ついていればいいだろう、という感覚なのでしょうか??

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
格別不満は、今のところありません。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
軽さはOKです。 ACアダプタは大きいです。 小さいものも選択可能でしたが、あえて、大きい物にしました。 これって、大は小を兼ねるということにはならないのでしょうか?? 私は、マウスしか使えないので、アダプター、マウスとかなりの荷物になります。

◆ その他
このサイトには、Sタイプはもうすぐモデルチェンジだろう、って書いてあったにもかかわらず買ってしまいました。

◆ 総評
近日、また海外へ出ますので、そこで真価?!が問われることになりそうです。
筐体が弱そうなので、実際心配しています。 軽さと強度は、反比例する、と言う現実をもっと認識すべきでした。
まだ購入したてですので、総評というわけにはいかないのですが、しばらく使ってみます。 そうそう、動画の鑑賞は、CPUのせいか、あまりストレスなく鑑賞できました。 私の場合、ずっとXP Proを使用したPCでしたので、それとの比較になりますが、さほど相違を感じないということは、逆にVISTA Businessもストレスなく動くから、上等だということかもしれません。
かなり、酷評のようですが、実感です。 

モバイルノート全般にいえることですが、内部はパーツが密集し、バイオSは特に発熱の多いので冷却機構もあまり小さくするわけにはいきません。そのため、ポート配置はどうしても理想通りにはいかなくなってしまいます。Ethernetなどは背面にある方が好まれますが、最近はA4型でも背面にEthernetを持つモデルは無くなってきました。残念ながらポート配置では売れないため、現実的には価格、質量、筐体サイズなどが優先され、ポート配置は後回しにされる存在といえます。 [2007-9-5]

その他のレビュー 7

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > バイオ VAIO VGN-SZ v4ユーザーレビュー