HOME > レポート一覧 > バイオ VAIO VGN-SZ v5 Premiumユーザーレポート

バイオ VAIO VGN-SZ v5 Premium

VAIO VGN-SZ v5 Premium

■ 評価点平均

4.8

SantaRosa搭載のバイオSZ 5代目。プレミアムカーボンの色が2種類になり、GPUは「GeForce Go 7400」から「GeForce 8400M GS」へと変更。天板の薄さもそうですが、なにより排熱の心配があるので長期保証は入っておきましょう(ソニスタは標準で3年サポですが)。11月にXPへのダウングレード権付きのモデルが発表された。ユーザーさんからの報告によると、XP化でかなり快適になる模様。

標準 VGN-SZ74B/B、VGN-SZ54B/B、VGN-SZ84PS(XP権)
プレミアム VGN-SZ94S、VGN-SZ94NS、VGN-SZ94US、VGN-SZ94PS(XP権)

長所・短所

GOOD   BAD
9 液晶
キーボード 3
騒音・ノイズ
3 筐体の質感 1
1 発熱処理 2

型番

VGN-SZ94NS, VGN-SZ94PS, VGN-SZ94HS

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO VGN-SZ94NS  jolno さん

 No. 1974

  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 5.1 4.8 3.5 4.6 4.8 3.5
3DMark06 1048
3DMark05 2092
3DMark03 4749
FF11v3 高解 4245
三国無双 標準 1476

◆ 購入のきっかけと価格
こちらの掲示板等を参考に
・そこそこのゲームが出来る
・バッテリーの持ち
・大きさ、重さ
等の観点からSZにしました。
(M1220の頃から)M1330とどっちにするかかなり長い間悩みましたが決め手はハイブリッドグラフィックシステムでした。

VGN-SZ94NS (Business)
3年保障
バッテリー大
T7500、メモリー2GB、ハイブリッド160GB
FeliCa無し。指紋、カメラ、IEEE802.11n有り。
以上構成で26万8千円。

◆ 体感速度の変化
デスクトップがPen4 2.8G、2Gメモリー、GF6800GS(16パイプ化)なのでOperaで複数タブを表示したりすると早さを体感出来ます。
初Vistaなのでどうかなと思っていましたがもっさりは感じません。

◆ 液晶の質
縦が800とやや寂しくはありますが特に問題ありません。
フィルターを貼ろうかなとも思っていましたがもったい無い気がしたので止めました。

◆ キーボード:配列やタッチ
キー配列は従来と同じです。
大きさや深さは特に問題無いと思います。
デカくペラペラにも感じられるEnterキーですが、キーボードカバーを付けるとちょうど良い感じです。

◆ サウンド
付いてるスピーカー、ヘッドフォン、BlueToothヘッドセットで聴いてみましたが特に問題ありません。
音質についてはよくわからないので控えさせて頂きます。

◆ 筐体:質感や強度
キーボードから天板まで全て黒で統一出来るのは素晴らしいと思います。
ただ、パームレストに手の脂が付くと目立ちます。
薄いLEDなので心配でしたが強度が弱いとは感じません。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
USBが2つなのでUSBハブは必須。
音量がハードで調節出来るとさらに良かったと思います。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
SantaRosaの熱のせいか、ファンは結構回りますが五月蝿くはありません。
パームレストやキーボードはぬるくなる程度ですが背面部はかなり高温になります。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
バッグに一式を積めて色々移動しましたが、日常的に持ち運べる重さ・大きさだと思います。
ACアダプターもモバイルにはちょうど良い大きさでは無いでしょうか。
電源設定をいじればイー・モバイルでネットしつつ5時間近くいけました。
自分はLバッテリーにしましたがこいつが曲者で通常のB5Lサイズのインナーには入れるとファスナーが閉まりません。
結局、A4サイズ対応のバッグに入れています。これならUSBハブやマウス、ポータブルHDD等も携行出来ます。

◆ その他
はっきり言ってベンチが低いです。
RivaTunerでGPUを見た時はちょっと愕然としたのも事実です。
…ですが色々なソフトを起動したりベンチしたりすると、「VRAM共有はダメ」「VRAM128MB必須」のソフトでも結構動きました。
さすがにロスプラは散々に蹴られましたが、そもそもこのサイズでロスプラやるってのがズレてる気もします。
あまりハイブリッドHDDを見かけないので耐久性が不安ですが…

◆ 総評
ベンチはサッパリですがVista本体やMHF等の軽量MMOが快適に動き、設定次第では結構重い3Dゲームも動きました。
購入動機の「そこそこのゲームが出来る」「バッテリーの持ち」「大きさ、重さ」を満たしているので満足です。


◆ 備考

投稿スコアは購入直後の物ではありません。
OCといったハード面やBIOSはいじっていませんが

・Aero残しつつフェード系の効果OFF
・サイドバーOFF
・タブレットPCオプションなど使わないコンポーネントOFF
・電源オプション
・I/Oバッファサイズを6MBに変更
・起動用メモリ解放
・Aero残しつつフェード系の効果OFF
・サイドバーOFF
・タブレットPCオプションなど使わないコンポーネントOFF
・電源オプション
・I/Oバッファサイズ変更
・起動用メモリ解放
・さよならノートン先生。
・スタートアップ時に起動した邪魔なプロセスを終了
・NVDIAの設定をパフォーマンス優先に

等を実行した結果です。
購入直後との差異や他に行ったベンチの結果は以下の通りです。

購入直後

カスタマイズ後

3DMark03

3338

4749

3DMark05

1120

2092

3DMark06

1074

1048

三國無双 標準

1380

1476

三國無双 高グ

解像度不足


VistaWindowsエクスペリエンス
 5.1 4.8 3.4 4.6 4.8
    ↓
 5.1 4.8 3.5 4.6 4.8

タイムリープベンチ 最低設定 59
ゆめりあ1024x768最高     5090

ロストプラネットベンチ
http://pc11.2ch.net/test/read.cgi/jisaku/1179415093/01-06/
の>>1を高、>>6を低として

snow

cave

DX10

2

3

18

22

DX9

4

5

21

24



HDBENCH
ALL Integer Float MemoryR MemoryW MemoryRW DirectDraw
62913 313842 180720 171827 115045 229990 59

Rectangle Text Ellipse BitBlt Read Write RRead RWrite Drive
4554 17559 6075 157 38832 12337 14329 6880 C:\100MB

一応B5ファイルサイズといえるVAIO SZですが、色々入っていることもありVAIO Gなどと較べると一回り大きい。Lバッテリーを付けるとB5Lには収まらず、ひとつ大きいA4サイズのインナーが必要なようです。単体GPU搭載ノートとしては目下のところこのサイズが限界ですね。今回jolnoさんが悩まれていたXPS M1330もVAIO SZと似た、やや大きめサイズのノートです。

一部、jolnoさんから公開を一任していただいた蹴茶への私信分はほとんど有用なデータだと思いますので、最後にまとめさせてもらいました。 [2007-9-23]

  •  モンスターハンターフロンティア (C) 2007 カプコン All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  Master of Epic (C) 2005 ハドソン All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO SZ94US  Mutsuki さん

 No. 2025

  • 長所: 液晶
  • 短所: 熱処理
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 5.3 4.8 3.5 4.6 4.3 3.5
3DMark06 1561
3DMark05 2782
3DMark03 6273
FF11v3 高解 5349

◆ 購入のきっかけと価格
使用していたSZ90の調子がいまひとつだったところに、SZ93までかわらなったグラフィックチップが変更されたSZ94が発表されたのを見て、ほとんど衝動的に申し込みしてしまいました。

◆ 体感速度の変化
OSがXPからVISTAに変わったことを除いても、起動がかなり早くなったように感じます。

◆ 液晶の質
SZ90でも非常に見やすかったのですが、SZ94も引き続き良好です。光沢液晶ですが、映り込みが気になることもありません。

◆ キーボード:配列やタッチ
SZのキーボードについてはいろいろ言われていますが、個人的にはそれほど気になりません。

◆ サウンド
音楽を聞く場合は通常イヤホンですがクリアです。

◆ 筐体:質感や強度
質感は文句ありません。強度についてもこの軽さから考えれば十分だと思います。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
外部接続はあまり使用していませんので、特に問題は感じません。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
通常使用している分には十分に静かです。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
スティックタイプを選択しましたが、SZ90のバッテリと比較するとさすがにすっきりしています。(標準バッテリでもサイズダウンしたようですが。)

◆ その他
OSがSZ93以降VISTAに変わっているため、SZ90から移行するのにソフトのサポートの関係で問題があることはわかっていましたので、XPとのデュアルブートにして使用しています。ちなみに、XPでのベンチ結果は下記の通りアップしています。やはりVISTAはこの点ではXPより負荷が高いようです。なお、VISTAでは効果等の設定はそのままで電源設定を「高パフォーマンス」にしています。ドライバはVISTA,XPのいずれも最新版に入れ替えています。

 VistaXPXP *
FFBench446251955349
3DMark03545661036273
3DMark05227527212782
3DMark06104215171561

  * 9/28付けの最新ドライバ適用後

◆ 総評
基本的には満足しています。ただ、XPで使用した場合、イアホンを差し込んだ状態でもスピーカから音が出てしまう点が原因不明です。何かご存知の方がいらっしゃれば教えていただきたいところです。(XPでの使用も正式にサポートしてもらえればいいのですが、自己責任なのがつらいところです。)

------------------------ 2007.10.6 追記 ------------------------

さらに追加報告させていただきます。
三国志Online(標準計測)のベンチです。

 VISTA 1791
 XP 1823

VISTA、XPとあまり差がなくなっています。
実行するタイミング?によっては、1650前後となる場合もあるようです。

------------------------ 2007.10.21 追記 ------------------------

Windows Vistaの更新プログラム(KB940105等)でアップデートした後のベンチ結果も追加報告させていただきます。
通常の自動更新以外の更新プログラムにもパフォーマンスを改善するものもがあるようです。3DMark03はあまり変わりませんが、05,06はかなり改善されるようです。
なお、三國無双の結果がばらつくのはどうもドライバが不安定になって、時々停止してしまっているためだったようです。SONYが公開しているものではなく、NVIDIAが直接公開している最新版にしているせいかもしれません。
ところで、同じGPUでもWINDOWS エクスペリエンス インデックスの「グラフィック」「ゲーム用グラフィック」に差があるのはなぜなんでしょうね。GeForce 8400M GSの「グラフィック」の場合だと3.5〜4.1とかなり大きな差があるようですが、残念ながらSZ94は最低。。。共有メモリ以外の搭載メモリの差なんでしょうか?(SZ94だと64MB)

MutsukiさんからVista、XP、ドライバ更新後のXPとそれぞれでのスコアを送っていただきました。
VistaとXPの差が歴然としています。

同系統のノートを乗り継いだということもあり、おおむね満足されているようですが、一つ問題発生で音声出力に端子を挿し込んでもスピーカーから音が出てしまうそうです。ちと嫌ですね...サポートに質問しても「サポート外です」で終わってしまいそうですし、やっかいです。XPを公式サポートしているメーカーというと、実際XPモデルを継続販売しているデルやHP、Lenovo、エプダイあたりでしょうか。国内大手がどこもサポートしていないのがなんとも。 [2007-10-6]

エクスペリエンスインデックスの「ゲーム」はGPU性能に左右され、「グラフィックス」の方はビデオメモリ性能の影響を大きく受けるようです(参考)。そのため、Mutsukiさんがお察しの通り、ビデオメモリの違いが影響しているものと思われます。ただ、EXPインデックス自体、あまりあてにならないところもあるので、軽く流してしまっても良いと思います(^^; [2007-10-23]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO SZ94NS  大学生 さん

  No. 2041

  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 5.1 4.8 3.6 4.7 4.8 3.6
FF11v3 高解 4210

 [2007-10-23]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO VGN-SZ94NS  大学生 さん

  No. 2112

FF11v3 高解 5184

◆ レポートのきっかけ
前回、Vista Businessモデルのベンチを登録しましたが、XP Professionalにダウングレード成功しましたので、書きました。

◆ 体感速度の変化
やはりXPは軽いです。Vistaは起動に3分くらいでしたが、35秒ぐらいになりました。
前回のFF11が4100程度でしたので1000もスコアが上がりました。

◆ 液晶の質
画質はまあまあです。写り込みも特に気にならない程度です。LEDバックライトが明るすぎます。輝度設定を半分にしても十分なくらいです。

◆ キーボード:配列やタッチ
そこそこです。

◆ サウンド
一応、モバイルPCですのでスピーカーの質は良くありません。個人的には十分だと思っています。

◆ 筐体:質感や強度
黒に統一して高級感があります。強度は液晶が薄すぎて、少々不安があります。
難点はパームレストに手の汗がすぐくっついて汚れること。金属だから汚れがかなり目立ちます。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
ファン搭載PCでは普通の程度だと思います。自分は特に気になりません。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
ACアダプタは小さくなりましたが、Let's type Tに比べると体積で4倍以上あると感じます。もう少し薄ければ鞄に入れやすいんですが。本体が薄いだけに非常に残念。

◆ 総評
処理性能、大きさともに満足。XPにして前回以上に満足できるPCとなりました。
問題はやはりパームレストですね(笑)。液晶を拭くシートで、液晶拭いた後にパームレストを拭いて掃除してます。

SZのXP化レポが大学生さんから。XPに変更後、起動は35秒に短縮。というか、Vistaだと起動3分ですか!? ソニーの常駐ソフトと相性悪いんでしょうか。ちと時間がかかりすぎですね。いまはピアノブラックブームの流れで、筐体も光沢ブームになっていますが、使い勝手を考えると非光沢の筐体の方がいいかもしれませんね。見た目も大事ではありますが(^^; [2007-12-1]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO VGN-SZ94PS  Whistler さん

 No. 2129

◆ 購入のきっかけと価格
今まで旧type S(VGN-S94S)をメインマシンとして使っていました。
しかし、次にパソコンを買う時はあの重いOS・Vistaになることを考えると、そろそろ新しいXP搭載パソコンが欲しいなと思っていました。
そんな時、XP搭載のSZ発表を聞いて「(新品としては)最後のXPプリインストール機になる」と思って、買い替えを決めました。
ソニースタイルでカスタマイズして約27万円になりました。

◆ 体感速度の変化
S94SがPentium M 2.0Ghzだったので、数値的には+200Mhzですが、やはりデュアルコア。
高い負荷をかけても、処理に余裕があるように感じます。
また、XP起動時間が少し早くなりました。S94Sのころは1分くらいで速いなぁと思っていたのに、
SZ94PSではもっと速く感じました。

◆ 液晶の質
バックライトが通常の蛍光管ではなく、スリムLEDを採用しているので非常に明るいです。
また、今回のモデルではLEDによる光のムラが少なくなったように思います。
パネル自体は薄いですが、強度はあるように思います。


◆ キーボード:配列やタッチ
ストロークが3mmと深いので最初は打ちにくいと感じました。しかし、慣れというのは恐ろしいのか、打ちにくさは感じなくなりました。
Enterキーが大きいのは良いですね。

◆ サウンド
ノートPCとしては良い方ではないでしょうか。
XPモデルでも、Soud Realityが搭載されいます。

◆ 筐体:質感や強度
今回、SZ94PS(プレミアムモデル)のプレミアムブラウンを選びました。
ホームページで見るほど実物は茶色く見えないです。ブラックよりも個人的には好きです。
質感は文句なしです。非常に良いと思います。
強度も13.3インチモデルのノートPCとしては十分でしょう。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
USBが2つしかないのは、環境によっては不便かもしれないです。
私の場合、USB機器と常用することは少ないので困らないのですが。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
HDDは160GB(S-ATA/5400回転)を選びました。ちなみにメーカーはHGST(日立?)でしたが、非常に静かです。
光学ドライブはそれなりに音が出ます。が、別にうるさいとも思いません。
冷却ファンですが、S94Sよりも静かに感じます。
廃熱関係も冬なので気にならないです。パームレストもほんのり暖かくなる程度です。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
このクラスとしては十分軽いと思います。さすがに、いつも持ち歩こうとは思いませんが、持ち歩く場合も耐えられるかと思います。
ACアダプターは標準タイプを選びました。これも、S94Sより小さくなって良いです。

◆ その他
XPモデルはアプリが非常に少ないです。スタートメニューの「すべてのプログラム」を表示させても、1列しか出ないくらいです。
アプリが少ないと思っていたtype Gよりも少ないです。

◆ 総評
旧type Sからの乗り換えなので、いたる所でSとSZを比較しましたが、非常に満足できます。
旧type Sもデザイン・質感が良いと思いましたが、SZはもっとよく感じます(個人的に)。おそらく、最後のXP搭載SZになるでしょうから、長く使いたいと思います。
別の人のレポートで、パームレストの話が出ていましたが、私もこまめに拭いていますね。

XPモデルはプリインストールが少なく、スタートメニューからプログラム一覧を出しても1列しか並ばないそうです。これはいいですね。深いストロークを気にされていたようですが、いまは慣れてしまったとのこと。性能はもちろん、静粛性もより高まったとのことで、Whistlerさんにとって良い2代目となったようです。 [2007-12-11]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO VGN-SZ94PS  うしまる さん

 No. 2132

3DMark05 2849
FF11v3 高解 5184

◆ 購入のきっかけと価格
帰省用にゲームのできる軽いノートPCが欲しかったこととXPしか対応していないソフトを使っている関係で、TypeS XPモデルを購入しました。
構成は、CPU Duo2.2GHz +HDD7200回転+指紋認証+ワイド保証で24万3千円です。
ちなみに、HDDはHGSTでした。別途、IOデータのメモリ1GB*2(1万円)を挿してます。

◆ 体感速度の変化
メインマシンが北森3.0GHz/GeFo7800GSなので、CPU性能の差は感じます。
3D性能はもっと高いかと思いましたが、それなりのレベルでしたね。

◆ 液晶の質
画質は良いです。明るいので調整が必要かと思います。

◆ キーボード:配列やタッチ
歴代機でのたわみの報告を拝見していましたが、私には問題なさそうです。

◆ サウンド
ノートPCの中では優れた方かと思います。

◆ 筐体:質感や強度
期待した通りの質感でした。会社で使ってもよさそうです。

◆ 総評
初期インストールソフトがかなり少ないのでアンインストールの手間がかなり省けました。まあ、はじめてインストールしたソフトがベンチソフトですが(^-^;;;
ドライバ更新は行っていない段階でのベンチでしたので、ドライバ更新で性能がUPする可能性はありますね。大事に使っていこうと思います。

うしまるさんのメインPCはGeForce 7800GS搭載。GeForce 8400M GSはローエンドクラスに属するため、GPU性能はメインの方が高くなります。CPUも前がPen4(Northwoodコア)の3Ghzなのでこちらも性能的には均衡していますが、デュアルコアという点が最も大きな違いですね。帰省時の携帯用なので、 [2007-12-16]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO VGN-SZ94PS  カズハ さん

 No. 2137

  • 長所: 液晶
  • 短所: キーボード

◆ 購入のきっかけと価格
なるべく小さい筐体で、FFがそれなりに動くものを探してこれに決めました。
DELLの1330と悩みましたが、XPを選べるというのが大きかったです。

構成はT7250、メモリ512MB、HDD120GB、そしてワイド保障を付けて18万6千円ほどでした。
(FeliCaと指紋認証はなし、バッテリー類も標準仕様

◆ 体感速度の変化
T7300メモリ2Gのvistaノートも使っているのですが、
起動も処理速度もそちらより速いです。目に見えて分かります。
ノートンが動いていても、ストレスなく他の作業をできますね。

◆ 液晶の質
評判は余り良くないようですが、個人的には満足です。
明るさも視野角も、全く問題ありません。発色も自然です。
ただ室内では、輝度を1〜2段階落としたほうが目に優しいかもしれません。
ドット欠けに関しては、気にしない性質なので確認していません。
(目立つところには無いですね

◆ キーボード:配列やタッチ
キーボードのタッチ感は、最大のマイナスポイントでしょうか。
店頭で確認して分かってはいたのですが、ペタペタとしていて押しにくいです。
キーボードの配列も、Shiftの横にほかのキーがあるので気になります。
まあ、慣れれば気にならなくなるかもしれません。

◆ サウンド
スピーカーの音はイマイチですが、ヘッドフォンを使ったときは悪くありません。
このサイズのノートとしては合格点ではないでしょうか。

◆ 筐体:質感や強度
LEDなので液晶が驚くほど薄くて不安です。
耐久テストでそれなりの強度は保障されているようですが、
持ち運びには気を付けた方がいいでしょう。
後もちろん、重いものを天板に乗せては駄目かと。

逆にパームレストは見た目からして頑丈そうです。
かなり強く手で押し当てても、びくともしません。
ただ指紋が付きやすいので、小まめな掃除は必須です。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
USBポートが2つしかない(しかも横並び)ので不便ですが、
ほかは上手く纏まっていると思います。使いやすい配置ですね。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
HDDは数分おきに「カチ」という音がして気になります。
マニュアルによるとHDDのヘッド音らしいのですが、
ノート5台目にして初めての体験なので最初はビクビクしました。
(ツールでチェックしたところ問題なかったので、大丈夫だとは思いますが

DVDドライブは静かですね。
読み込みや書き込みを続けると気になりますが、このサイズですし仕方ないかと。

冷却ファンも、ゲームなどをしない場合はかなり静かです。
フル回転時はそれなりの音がしますが、逆に安心できる気もします。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
標準仕様のACアダプタは大きすぎます。重いです。
私は据え置き型として使うので問題ありませんが、
持ち歩く場合はスリムACアダプタを選択されたほうがよろしいかと。

◆ その他
ForceWareのバージョンは156.66でした。
そのままでも、アスペクト比の固定機能が使用できます。
最初はデスクトップ用の最新ドライバを入れるつもりでしたが、
今のところ不満が無いのでそのまま使っています。
(VAIOアップデートのドライバ更新もしていません
専用ビデオメモリはやはり64MBです。

◆ 総評
手軽にXPモデルが欲しい人は買いです。
ただしライセンスが余っている場合や、
ゲームなんか全くしない人にはコスト的にお勧めできません。
完成度は高いと思うのですが、やはり値段がネックです。
昔に比べると随分値下がりしたみたいなんですけどね。

XPが選べる点が決め手となり、SZにしたカズハさん。Vistaノートよりも目に見えて速いということで、XPの軽快さ出ていますね。逆にVistaの利点は?と言われて、クリティカルな回答が出ないのがVistaの弱みですね。DX10が使える、のがゲーマーにとっては注目点かもしれませんが、非ゲーマーの人にとっては関係ないですし。

GPUのドライバである‘Forceware’は150番以降のものが入っているとのこと。最新バージョンは169番台ですが、さすがにそこまではアップデートされていません。メーカー物は動作確認を踏まないと公開できませんから、これでも頑張ってる方です。100番台のドライバだとVistaでいまいち性能が発揮しきれないので、この点はありがたいですね。 [2007-12-25]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO VGN-SZ94PS  @ケン坊 さん

  No. 2144

  • 長所: 液晶
  • 短所: キーボード
FF11v3 高解 5356

GeForce 8400M GS ドライバ更新後計測

ベンチスコアとコメント有り [2007-12-29]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO VGN-SZ94PS  うみた さん

  No. 2147

3DMark06 1405
3DMark05 2696
3DMark03 6093
FF11v3 高解 5196
三国無双 標準 2394

いつも参考にさせて頂いています。2年ぶりの投稿です。
前回のMebiusは実家の両親用のマシンだったので、ベンチだけとって自分はほとんど使っていませんが、今回はやっと自分用のNewMachineです!
当然レポートにも気合が入るところですが、今日届いたばかりなので、まずはベンチのみにて失礼します。
なお、2GBのメインメモリは、本体とは別購入の1GBx2(IOdata)です。
グラフィックドライバは購入時のまま(6.14.0011.5666)です。

------------------------ 2008.1.14 追記 ------------------------

◆ 購入のきっかけと価格
この4年間大事に使ってきた、Lavie type J(PentiumM+M.Radeon7500)が……、
…とにかく絶好調で全く不調知らずなので(^^; (←?) 、なかなか買い替えのきっかけを掴めなかったのですが、最近は、満足に動かなかったり起動すらしないゲームタイトル(体験版)がザラになってきたので、そろそろ新しいマシンが欲しいなぁと、胸を焦がしておりました。
Vista はしばらく見送りたいので、XP 搭載で自分好みのモデルを探していたところ、初代モデルから注目していたVAIO SZ の現行モデル(SZ94)にXP版が登場!ということで、SZ買うなら今がチャンスかも? いやしかし、近いうちにPenrynモデルも出てくるんだろうし、もう少し我慢して待とうかなぁ。そろそろメジャーチェンジでもっと良くなるのかもしれないし。でも、現行機も結構バランスよさそうなんだよねぇ……。
……だんだん考えるのが面倒になってきたので、えいやと買ってしまいました。
sonystyle12月上旬の価格改定後に購入です。

◆ 体感速度の変化
4年前のPCとの比較では、3Dゲームは比べものになりませんが、Office系アプリ,動画・音楽再生などに使っている限りでは特段変化は感じません。アプリの起動が少し速くなったかな、という程度。

◆ 液晶の質
良いです。ツルツルなのに思ったより映り込みが少なく、また、視野角の広さも充分で見やすいです。

◆ キーボード:配列やタッチ
最初の印象として、全体的にパタパタする感じが気になりました。キートップの独特の形状のせいで(キートップ面積が広い)、遊び(ぐらつき)を大きく感じるせいかもしれません。若干ストロークが深いのも原因かも。
その後、慣れてきてあまり気にならなくなりました。

◆ サウンド
内蔵スピーカ(ステレオ)は、ノートにしては悪くない,というレベルです。音楽鑑賞には力不足ですが、遊びなれたゲームの効果音を聴く程度なら、充分な能力を持っていると思います。ただ、聴こえにくい音域はあります(低音は弱い)。サイズ上、仕方のないところでしょうね。
一方、ヘッドホン出力はかなり上等です。特に、無音時に本当に無音に感じられる(ノイズが聴こえてこない)点は、PCらしくなくて素敵です。

◆ 筐体:質感や強度
質感は全体的に気に入っています。液晶パネル側も、薄い割に強度面での不安は特に感じません。
ただ、液晶パネル上部の枠部分の貼り合わせがやや甘いのか、開け閉めの際、つまんで力を加えると場所によって「ピシッ」と軋みます。個体の問題だとは思いますが、この点は、せっかくの高品位感を損なってちょっと不満。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
少し気になるのは、USBコネクタ(挿しこみ口)の位置がやや低すぎることです。自分の使用範囲では今のところ不都合はありませんが、コネクタ一体型で少し厚みのあるデバイスだと、机上面にあたって直挿しできないものもあると思います。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
テキスト入力などの軽い作業や音楽・動画再生などでは、ファンの音は(回っていても)全く気にならないレベルです。HDDのアクセス音も静かな部類だと思います。全体的に静かです。
一方、ベンチや3Dゲームを走らせてファンが最大限回る状態になると、パームレストに置いた手にファンの震動がブンブンと伝わってきます。これはかなり気になりますが、「うむ、頑張っておるのぉ」と思って許しています(笑)。
それでも、パームレストが熱くなることはなく、この季節はちょっと手がひんやりしますね。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
日常的にモバイル使用をするわけではないので、あまり重さにシビアではないのですが、カバンに入れて持ち運んだり、新幹線の中で膝の上にのせてちょっと使ってみたりした限りでは、特に重さが気になる場面はありませんでした。
ACアダプタは、これまで使っていたもの(Lavie付属品)がかなり小型だったので、SZのスティックタイプですら、店頭の展示品を見た際に「何、この○○デっカいアダプタ!」と呆れましたが、実際に使ってみると、スティックタイプは机上に乗せることになるため(ケーブルの長さ上、必然的に)、全く大きさは気になりません。むしろ足もと(コンセントまわり)がすっきりして気分が良いです。

◆ その他
やや残念な点は、Vista版SZと比べて付属ソフトが大幅に省略されていること。
余計なソフトが盛りだくさんなのも困りものですが、私は音楽が趣味で、Mastering Studio には興味を持っていましたので、それが試せないのはちょっと残念。
他にも実用ソフトを含めいろいろと削られているので、初PCをSZにしようという方は、XP機は物足りないかもしれません。XPかVistaか迷っている方は、付属ソフトに関しても事前によく比較・検討されることをおすすめします。

◆ 総評
バランス良くまとまったマシンだと思います。
最新ゲームをバリバリ遊びたいという方には性能が足りませんが、“気合いを入れて遊ぶゲームは少し古めのものか軽めのMMOが主体で、最新ゲームは体験版程度で満足”、という私には充分だと思っています。
正直なところ、もう少し3D性能が欲しいですが、マシンサイズとの兼ね合いでやむを得ないんでしょうかね。何はともあれ、この路線(モバイルサイズの単体GPU搭載ノート)のマシンは是非今後も性能向上を追求して欲しいと思います。もっと選択肢(他メーカー機)が増えると楽しいんですけどね。

<追伸>
蹴茶さま、ゲーム評価は全て体験版によるものです。体験版で遊べる範囲での評価である点、ご了解ください。

ベンチスコアとコメント有り。ドライバは購入時のままとのことですが、ちゃんと150番台が入ってますね。 [2007-12-29]

改めて詳細なレポートを送って下さいましたが、Vistaモデルに較べて付属ソフトが大幅に削られており、これが残念とのこと。VAIOは他社と違い、音楽系ソフトのバンドルに重点を置いており、中にはうみたさんが興味を持たれた「Mastering Studio」のようにプロ仕様のものも混じっています。かといって、DTMしない人にとってはやはり不要なのも事実。一番いいのは選択できることなのですが、オーナーメイド画面に付属アプリの項目(オフィスはありますが)も作って欲しいですね。
 → プロも驚くバンドルソフト「SonicStage Mastering Studio」 [2008-1-26]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO VGN-SZ94PS  Centuryboy さん

 No. 2150

  • 長所: 筐体
  • 短所: 熱処理
3DMark05 2695
3DMark03 6105

 [2008-1-4]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO VGN-SZ94PS  ふぇぶ さん

 No. 2171

  • 長所: 液晶
  • 短所: 筐体
FF11v3 高解 5580

◆ 購入のきっかけと価格
趣味のゲームをやるの他に、同人誌制作でPhotoshopやSAI、IllustratorやInDesignを出先で使うことも多いです。十分な処理速度を持ったマシンパワー、持ち運びが苦にならない筐体サイズ、発色が良く精細感の高い液晶品質など、要求スペックが結構高いとは思うのですが、SZ系はそのバランスが良く初代から愛用しています。今回のSZ94PSはSZ系では最後のXPモデルかなと思い、SZ92Sから買い替えました。年末に注文してSZ*5発表前夜にソニスタから発送、発表当日に到着です。でもSZ94PSは併売のようなので、さらに値下がった分のクーポンも考慮すると、良い時期に買えたかなと思います。

◆ 体感速度の変化
CPUがT7600(2.33GHz)⇒T7800(2.60GHz)、GPUがGeForceGo7400⇒GeForce8400M GS、メモリが2GB⇒4GB(認識は3GB)、それぞれ微妙に上げましたが、それ程劇的に向上したという感じはありません。ゲーム中だと、キャラクターが多い場所やエフェクトの多いシーンでこれまであった描画の破綻が少し減ったかな、という程度でしょうか。

◆ 液晶の質
SZ92Sで少し見られた液晶下部のLED光の漏れがなくなり、品質は向上したように感じます。発色や明るさは十分満足しています。デスクトップPCの液晶モニタ(三菱VISEO)より綺麗なくらいです……。

◆ キーボード:配列やタッチ
SZ系はこれが3台目で、好きにはなれませんが慣れました。

◆ サウンド
音質は悪くありません。ただし上方向に音が拡散してしまう感じは常に受けるため、できることならもう少し手前方向に指向性を持って鳴ってくれると、もっと良くなるんだろうなと常々思います。

◆ 筐体:質感や強度
SZ92Sの時に、液晶周りの故障で2回修理しました。何れも外傷は無かったのですが内部の部品破損だったようです。カーボンパネルの液晶側は持たないように心掛けていますが、ちょっとした移動の時の持つ手に余計な力が入ったりして、稀に壊れてしまうことがあるのだと思います。設計上は変わっていないでしょうから、今回も気をつけようかと。逆に本体側の剛性は高いので、そちらを持つのは安心感があります。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
流石に慣れたので、目をつむっても各種コネクタの抜き差しができるくらいになっていますから、不満はありません。マウスはBluetoothのレーザーマウスを使用しているため、USBには外付けHDDやプリンタを必要な時に繋ぐだけなので、足りないということはありません。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
SZ92SではHGSTの250GB/5400rpmのHDDに換装していたのですが、カッコンカッコンと時々鳴る音が気になったので、新たにHGSTの200GB/7200rpmのHDDを購入して換装しています。頻繁なアクセスがあっても非常に静かで満足しています。光学ドライブはリカバリ時とアプリのインストール時しか使用していませんが、特に気になるほど大きな音は出ませんでした。冷却ファンの音もゲーム中はBGMにより特に気になりません。ゲーム中以外も静かな方だと思います。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
ACアダプタの小型化がSZ92Sから変えて一番嬉しいことの一つと言えます。感覚的に1/3くらいになったようなインパクトがありました。

◆ その他
初回起動して付属アプリケーションの少なさに驚きました。ノートンは常用しているアプリに差し替えのためアンインストールしましたが、その他特に不要でアンインストールしなければいけないようなアプリケーションは見当たりませんでした。これほど初期セットアップが楽だったメーカーブランドのノートPCは近年使ったことがありません。今後もこういう路線の商品をラインナップに用意しておいてもらえると、非常に助かります。

◆ 総評
SZ*5系にXPモデルが発表されていたら物凄く凹んでいたと思います。ある意味最後のXPモデルだと自分に言い聞かせ、賭けのつもりで飛びついたSZ94PSだったので、予想通りの性能と相まって今は非常に満足しています。これであと3年はXPで戦える! Vistaは周辺アプリの対応状況にもよりますが、SP2くらいになったら考えますw

尚、FF11ベンチは、ForceWare 167.47、マイプレファレンス「パフォーマンス」で取得した結果です。

ゲームの他、IllustratorやPhotoshopなどメモリ喰いのアプリをばりばり使われるということで、メモリはMAX 4GBに増設されています。値下がった分のクーポンということは、ソニスタの値下がり保証を適用されたみたいです。デルのように返金はしてくれませんが、それでもありがたいシステムですね。

ふぇぶさんはこれでSZ系3代目ということで、ポートの位置関係は体で把握。新品ですが自由自在にポートの抜き差しできるそうです。息が長いモデルはこういったことができちゃうんですね。ノートも車でいうところのローバーminiのように末永く愛されるモデルがあってもいいものです。SZもMontevinaでフルモデルチェンジでしょうかねぇ。 [2008-1-16]

  •  FinalFantasy XI (C) 2005 スクウェアエニックス All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  モンスターハンターフロンティア (C) 2007 カプコン All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO VGN-SZ94PS  たっくん さん

 No. 2311

  • 長所: 液晶
  • 短所: キーボード
FF11v3 高解 5448

◆ 購入のきっかけと価格
SZ90PSの調子がイマイチ宜しくない(電源周りが不安定になってきた)為、
XPモデルでもしかしたら最後になるかもしれないと思い、急遽購入。

◆ 体感速度の変化
届いたその日にメモリを512MB→2GB(1GB×2枚)に換装しましたが、
元々使用していたSZ90PSがC2DのT7400に換装してあったので、標準状態の
CeleronM530では少しもっさりした印象を受けました。
到着して3日でPenrynコアであるT8300に換装した後は、ゲーム中重い場面の
描画が少し軽くなった感じがします。OFFICE系アプリ、ネット閲覧、動画・
音楽再生などでは特段変化は感じません。

ちなみにCPU換装前のFFBENCHのスコアは4110でした。

◆ 液晶の質
SZ90Sではかなりハッキリと分かった液晶下部のLED光の漏れがなくなり、
かなりいい感じです。
相変わらず最高輝度にすると眩し過ぎるので、輝度は1〜2段階下げて
使用しております。

◆ キーボード:配列やタッチ
SZ90と全く同じですね。ストロークがあるのにやたらと柔らかいです。
ココがこのシリーズの数少ない不満点です。

◆ サウンド
内蔵スピーカは低音が弱めな感じがします。ノートですし仕方無いところですね。
相変わらずヘッドフォンや外部スピーカーを付けるといい音がします。

◆ 筐体:質感や強度
質感はパームレスト・タッチパッドも黒で統一されていていい感じです。
強度的にはSZ90PSと全く変わらないと思います。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
SZ90PSと変わらず。特に不満はありません。強いて言うなら、背面or逆サイドに
もう1個USBが欲しいですね。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
OFFICE系アプリ、ネット閲覧、動画・音楽再生程度では非常に静かです。
ベンチマークやゲームを始めるとファンが勢い良く回りだしますが、
特に気にならないレベルです。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
ココがSZ90PSと比べて大きく変わった点です。標準アダプタを選択しましたが、
大幅に小さくなり持ち運びやすくなりました。

◆ その他
付属ソフトが非常に少ないです。普段付属ソフトは殆どアンインストールするので、
その手間が無いのが良いですね。

◆ 総評
旧モデルで不満だった点が殆ど解消されており、非常に満足しています。
重い最新ゲームでもしない限りは、この1台で全てがこと足りる気がします。

リピーターになる方が非常に多いモデルのひとつであるVAIO type SZ。たっくんも初代SZからの買い換えとのこと。いまだとXPS M1330という選択肢もありますが、ノーマルなキー配置、GPUパワーとCPU、排熱とサイズ等々のバランスを高い次元でまとめあげているモデルがSZしかないのも、リピーターが生まれる理由のひとつでしょうか。初代で不満だったところはあらかた解消されているとのことで、高い評価となっています。 [2008-4-20]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO VGN-SZ94PS  Dapp さん

 No. 2386

FF11v3 高解 4832

今回初投稿させていただきます。
乱文もあるかと思いますが、お許しください。

◆ 購入のきっかけと価格
ディスクトップx2 Type Ux1 NT7200x1体制だったのですが、
サブPC(デスクトップ)が老朽化しつつあった事を言い訳にして、持ち運びが楽でFFが出来るノートPC購入を計画。
また、XPモデルがそろそろ無くなりそうなので、急きょ購入。

いくつかの候補(NA801・M1330等)があったのですが、このクラスでPCカードスロット内蔵の物がSZだけで、選択肢がありませんでした。(EM D01NX使用の為)

価格は、ソニスタで154,600円でした。

◆ 体感速度の変化
以前のサブPC(ディスクトップ)は作った4年前の時点でミドルクラス以下だった事もあり、かなりの速度UPを実感しています。


◆ 液晶の質
光沢液晶は初めてですが、特に映り込みが気になる事はありませんでした。
キメも細かく満足しています。ただ縦幅が1280x800とやや狭いので若干不便を感じる事もあります。


◆ キーボード:配列やタッチ
ポコポコしたキータッチですが、慣れればどうという事も無いと思います。

◆ サウンド
良くも無く悪くも無くです。ノートですから・・・。

◆ 筐体:質感や強度
満足度の高い部分です。
液晶周辺など、「こんなに薄くて大丈夫か?」と思うくらいです。
強度も十分あり、開閉が軟らか過ぎず硬過ぎず丁度良いです。


◆ 筐体:各種コネクタの位置
USBが右にのみ配置されており、右側にあまり余剰スペースの無いので、
左側にも1こ付けて欲しかったです。(ポトリにより回避)

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
最も五月蝿いのが光学ドライブで続いてファンの順で音が大きいです。
FF中は結構ファンが回っているのですが、それほど気にならないです。
前のPCが五月蝿すぎたので・・。


◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
正直、持ち運べる限界の重さです。これ以上重いと持ち出す気力がそがれます。


◆その他
FF程度でしたら軽めの設定で多人数バトルも十分可能です。
勿論、”快適”とはいきませんが、普通に出来ます。
FFベンチのスコアは、ドライバ174.93に変えた結果です。
デフォルトのスコアは、4300前後でした。

後、メインPCとSZをCPU切替器を使って切り替えつつ使っているのですが、
モニタケーブルとキーボード&マウスケーブルを本体に直接差し込んだままシャットダウンすると、正常に電源が切れないトラブルが発生しました。(三菱RDT175LM・MSベーシックマウス・製造元不明のキーボードで切替器はサンワサプライのSW-KVM2AUP)原因が切替器なのかその他なのかは依然不明です。
一応、ポトリを経由する事で回避できました。(かなりのギャンブルでしたがw

◆ 総評
本来長期外出時のFFマシンを目論んでのチョイスなので、他のライバルと比べ-200gの差は、非力な自分にはとても有難いです。
性能的には満足しており、満点をあげても良い位です。
ただ、上記トラブルがポトリ購入という思い掛けない出費を強いられた事もあり、
評価は1つ落とさせて頂きました。

デスクトップでまかなっていたサブ機の代替えということで、VAIO SZを購入されたDappさんよりのレポート。液晶の映りには不満はないものの、解像度の面でやや物足りなさを感じておられます。携帯は3インチでWVGAなどという超微細パネルになりつつありますが、ノートの世界はワールドワイドなパネル需給に引っ張られ、選択肢が少なくなってしまいますね。

ファン音は前PCがうるさすぎたので、あまり気にならず。重さは持ち運べる限界とのこと。VAIO SZ、ThinkPad X300クラスが頻繁に持ち運べる限界かもしれませんね。キャリーを使うと別でしょうか。電源周りはVAIOに限らずトラブル要因となりやすいところですが、今回はポトリをかますことで回避できたそうです。情報thxです。 [2008-6-9]

  •  FinalFantasy XI (C) 2005 スクウェアエニックス All Rights Reserved. [公式サイト]
その他のレビュー 13

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > バイオ VAIO VGN-SZ v5 Premiumユーザーレビュー