HOME > レポート一覧 > バイオ VAIO VGN-Tユーザーレポート

バイオ VAIO VGN-T

VAIO VGN-T

■ 評価点平均

95

モバイルノートとして人気を集めたバイオTRの後継機なのですが、マザーボードをTRに較べて47%小型化、液晶上部に付いていたMotionEyeも省くなど薄さを追求。ヒンジ部での厚さはあまり変わらないものの、パームレスト部ではTRよりも1cmほどの薄く見た目が非常に美しくなりました。何も知らない人に実物を見ると、これに光学ドライブが内蔵されているとは思いもよらないようです。

長所・短所

GOOD   BAD
液晶 2
キーボード
騒音・ノイズ
2 筐体の質感
発熱処理

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO VGN-T90S  gaki さん

評価 95 点 No. 313

  • Intel 855GME (64MB)
  • Pentium M 733 1.1Ghz
  • 512MB
  • Windows XP
  • 長所: 筐体
  • 短所: 液晶

◆ 購入のきっかけと価格
使用中のVAIO-FXの性能に不満が出てきて(なんとRAGE-MobilityM1〜何世代前やねん!)「何かいいのないかな〜」とサイトを眺めていたらソニスタで売っていたtypeTにひとめぼれ>TUNEして即購入。3年保障込みで21万弱といったところ。

◆ 実際の体感速度
モバイルDuronと較べるべくもないですが早いですね(^^)
X505(Banias1.0+855GM)と較べても本機(Dothan1.1+855GME)は20〜30%早く感じます。
Superπ(52万桁)でもX505が37秒、本機が27秒です。CPU性能はPen4換算で2GHzぐらいいくんじゃないですかねえ。
ゲームも、内蔵コアにしては結構動く方だと思います。エフェクトとかを落とせば動くゲームはまあまあ在るのでは?

◆ 液晶の質
クリアブラックは流石に綺麗です、テレビ画面みたいですね。でも大きさのわりに解像度がいいので長時間使うには目が疲れます。モバイル用途なので余り問題ではありませんが。
欠点の欄にチェック入れちゃいましたがけして欠点では無く質は高いです。

◆ キーボード
質感もキータッチもぺなぺなした感じは無く、すごくいい感じです。
私はTUNEで英字キー配列にしたのですがこれが大正解、カッコイイ!の一言。

◆ サウンド
このサイズではいい方だと思います。エフェクトも結構効くので聞くに耐えますね。
ヘッドフォンで聞くとなお大迫力です。

◆ 筐体:強度と質感
ここに惚れて買ったのですが質感はすごくいいです。今までのPCには見られなかったエンボス加工が存在感を引き立ててます。内側のガンメタ色とマッチしていい感じです。
強度に関してもかなりしっかり造ってありますね、たわみなどは全く無いです。
ここからは私見ですが、私はどちらかというと同じ大きさなら重いほうが好きです(笑)
高性能が凝縮した感じがして(^^)

◆ 筐体:各種コネクタの位置
それほど使い勝手が悪いわけではないですがUSBがすべて左側にある点ですかねえ、私はタッチパッドは使わない派なのでちょっとだけ気になります。
それからLANポートにカバーが付いているのですが、これが携帯電話のコネクタカバーみたいにもろく、いつか壊れそうで怖いです。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
負荷をかけると底面などはそれなりに熱くなりますが許容範囲です。騒音に関しても流石PenM!静かです。
ハードディスクは時々カッコン音をたてますが、私はカッコン音が好きな奇特人間なので気になりません。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
アダプタは小さいですねえ、感動した!って感じです、それほど熱くも感じません。
そして自己経験から電源ケーブルに関して一言。以前のVAIOのケーブルは他社のものに較べると硬く、冬場に割れるといったケースが多々ありましたが現在は改善されているようです。

◆ モバイル性
もともとモバイル用途品なのでモバイル性は高いです。私的には多少の重量感がないと不安ですが1.38kgは合格です。多セルバッテリーのため本体よりはみ出した形状も持ち易さに転換していると思います。

◆ その他
細かいところですがラッチレスがスッキリして気に入ってます。

◆ 総評
自分で読み返すとかなりの高評価ですねえ(^^)
いや、嘘でもなんでもなく完成度の点でいえばかなり高いと思います。
一時、品薄入手困難になったのもうなずけますね。
個人的要望を言えば、ビデオに無印でいいからMobilityRADEON(16M)を積んで欲しかったです。

SuperPI(52桁)で10秒もの差というのはかなりですね。SuperPIはゲームベンチ違い、純粋な計算ベンチなのでパソコンの単純な計算力能力を示しています。MMXや2ndキャッシュ量などではごまかしようのない、CPUクロックやFSBクロックなどパソコンの根底にある設計がものをいってくるスコアなので、蹴茶などは普段の何気ないPCの機敏さを代弁するベンチとして結構重要視している方です。ACアダプタは名刺並みのサイズなので小さいですよね。蹴茶も感動しました(^^;

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO VGN-T92S  くぅま さん

評価 95 点 No. 592

  • Intel 855GME (64MB)
  • Pentium M 753 1.2Ghz
  • 512MB
  • Windows XP
  • 長所: 筐体
  • 短所: 液晶

◆ 購入のきっかけと価格

 出張時に持ち歩けるモバイルノートが欲しくて購入しました。新幹線移動時や取引先でPCが使えると時間短縮になるという局面が多かった為です。持ち歩くことを前提にTypeTに決めました。3年ワイド保証の存在が、他の製品との差別化の最後の決め手でした。ソニースタイルで購入し、価格は23万円少々でした。

◆ 実際の体感速度

 体感速度は悪くありません。覚悟していたより早いですね。モバイル用途でしか使わず、余り重い動作をしていないのが大きいと思います。どちらかというとタッチパネルの操作と、液晶の見にくさが利用可能速度を下げていると思うので、マシンの性能自体は問題なしです。

◆ 液晶の質

 今まで使っていたIBM Thnkpadの液晶が薄ぼんやりして見えるほど明るいです。プライバシーフィルターをつけていても。動画もかなり綺麗に動作します。動きが綺麗ですし、黒にしまりもありますので、DVDプレイヤーとして快適に利用できます。
 ただ液晶の問題点として“解像度が高すぎて目が悪くなりそう”です。結局私は液晶の解像度を落とし、DPIも時が大きめのモノで使用しています。友人も同時期に購入しましたが同じ使い方をしているようです。最大解像度でないと液晶本来の綺麗さが出ないため、そこは残念な点です。これから購入される方は、私と同じ使用法でよいかどうか、また、購入されたらなるべくはやくこの使用法にされることをお勧めします。(目が悪くならないうちに)
 また動画のソースと再生ソフトウェア、及び設定によって表示領域が?なところがあります。(縮小表示されやすいなど)これは試行錯誤すれば解決できそうですが、内蔵のDVDプレイヤーを使って本格検証していないですし、私の液晶の設定の問題かもしれません。ただそれを割り引いても良い画質だと思います。


◆ キーボード

 打ちやすいです。タッチパッドも思ったほど邪魔になりません。キーボードはIBMといわれていますが、正直、へたってきたThnkpadR31のキーボードと比べて大差ないレベルです。むしろ、タッチ感は新しい分若干上かもしれません。これは個人差があると思いますが。

◆ サウンド

 まぁ、別に。音楽は余り聴いていないので・・。特に支障はないレベルだと思います。個人的には無音にしていることが多いのでよく分かりません。

◆ 筐体:強度と質感

 カーボンブラックを選択しましたがかなりいい強度、質感です。購入直後に液晶めがけて外付けのハードディスクケースを落下させてしまいましたが、薄くプライバシーフィルターに線が入った程度で本体に傷はなし。フィルターの傷もごく小さいモノで、液晶もフィルターが盾になったのか全く傷なしで、落下させた直後は修理工場行きを覚悟しただけにこれは嬉しい驚きでした。

 (30センチほどの高さからIO-DATAの外付けハードディスク3.5インチの製品を角を下にして落下させちゃいました)

 普段の持ち歩きにはインナーケースを利用していますが、特にノートを持ち歩くとガタガタきしんだり、開きにくくなる(逆にガバガバになる)などの問題が発生していないのは驚きです。特に液晶を開く軸の部分はかなりしっかりしている印象を受けています。これなら頻繁に開いたり閉じたりをしても安心できます。

◆ 筐体:各種コネクタの位置

 よく言われるようにUSBコネクタの位置くらいでしょうか。
 個人的にはメモリースティックソケットにDUOが対応してないのが不満かなぁ。
 なお、PCカードはまだキチンと使っていません。


◆ 筐体:発熱と冷却ファン音

 廃熱の関係で左手が熱いですが、我慢できないレベルではないです。夏場に差し掛かってきましたが、通常使用するに当たって特に問題になるレベルだとは思いません。冷却ファンも気になることはありますが、爆音ではないので余り気にしないようにしています。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱

 ACアダプタの重量もサイズもいいのではないでしょうか。しかし個人的にはこれでも持ち歩くには辛いレベルです。

◆ モバイル性

 予想外に重かったです。これ単体ならモバイル用途に問題がない重量ですが、普通の会社鞄に+αで入れるとかなり重いです。購入される方は普段持ち歩く重量の見直しを検討される方がいいです。個人的には、モバイルするならTypeTジャストサイズの鞄で他のモノは余り持ち歩かない方がいいかと。そのつもりで購入されるのがお勧めです。

 また、小さめの鞄だと横長な分、鞄の口からはみ出るような感じになります。横サイズがフィットするサイズの鞄だと、結構大きくなってしまいます。イレギュラーな分、難しいサイズだなとも感じさせます。鞄が大きいなら液晶の大きな東芝、松下のLet'sNoteでも軽いモノは多いので、サイズよりは重量重視で選ぶ方がよいかもしれません。鞄のサイズなど、既存の環境でモバイルで使いにくいという感じでしょうか。これは私が使ってるインナーケースの問題が大きいかもしれません。A5サイズのモノを使用しているので。

 ただ、膝の上で使ったりするのにはちょうどいい重さです。バッテリーの保ちも申し分ありません。

◆ その他

 仕事で買うなら東芝の薄型PCや松下のLet'sNoteでも良かったなぁと思いました。液晶は大きい方が見やすいですし、仕事鞄も大きいので問題になるのは重量だけでしょうから。私はIEEE1394の関係でVAIOで正解だったと思いますが、iLINKを余り使わない方はVAIOにするメリットが少し薄いかなと思います。

 後、内蔵のDVD(コンボドライブ)ですが、読み込み性能は良くも悪くも標準的です。信号の状態の余り良くないDVDメディアでもバリバリ読めるという風ではなく、結構弾きます。私個人としては、検証用として重宝していますが。

◆ 総評

 バッテリーの保ち、動作の高速性、液晶の品質、造りと強度、キーボードに関しては予想以上の出来でした。メモリーを増設しようと思っていましたが、別に増設しなくても特に問題なく使用可能です。性能はモバイル機としての使用で考えてですが、95点の出来といって問題ないと思います。

 タッチパッドの動作、重量、液晶の最大解像度が予想外の問題でした。重量は1kg切る選択肢にも魅力はあると思いますし、液晶に関しては物理的に大きい方が楽です、圧倒的に。結局単体ではなく、普段持ち歩く荷物の重量も考慮する必要があると思います。

 個人的には液晶の解像度を下げて使えば問題のないレベルになりました。そうやって割り切って使えるかどうかが大きな分かれ目だと思っています。

 最後に。使っていると小さいサイズを忘れますが、離れてみると無茶苦茶小さいです。そういう点において、もの凄く完成度の高いマシンだと思います。

蹴茶もバイオTユーザーですが、本気でモバイル使用するのなら「もう少し軽く」と思ってしまいます。ホント贅沢なのですけどね(^^; 十分に小さく、何気ない持ち運びにはまったく苦労しないのですが、これを毎日通勤(特にnot車)で持ち歩くとなるとやや気が引けるのも確かです。これ以上小さくとなると、PDAやバイオUクラスになるのですが、用途によっては多機能化する電子辞書が射程圏内に入ってくるかもしれません。ちょっと話がそれましたが、その不満もくぅまさんが感じる全体の完成度からすると小さなもので、総合点で95点という高得点を与えられています。 [2005.7.10]

その他のレビュー 2

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > バイオ VAIO VGN-Tユーザーレビュー