HOME > レポート一覧 > バイオ VAIO F (540M)ユーザーレポート

バイオ VAIO F (540M)

VAIO F (540M)

■ 評価点平均

4.7

4倍速、バックライト制御によりくっきりした立体視を謳うフラッグシップモデル。GPUはミドルレンジの「GeForce GT 540M」と最上位モデルにしては控えめ。

長所・短所

GOOD   BAD
6 液晶
キーボード
騒音・ノイズ 2
筐体の質感 1
発熱処理 1

型番

2011年03月発売モデル F21
VPCF21AHJ GeForce GT 540M
VPCF21AGJ GeForce GT 540M
VPCF21AFJ GeForce GT 540M
VPCF21ZHJ GeForce GT 540M
VPCF219FJ/BI GeForce GT 540M

2011年06月発売モデル F22
VPCF22AJ GeForce GT 540M
VPCF21Aシリーズ GeForce GT 540M
VPCF229FJ/BI GeForce GT 540M
VPCF227FJ/B GeForce GT 540M
VPCF226FJ/S GeForce GT 520M

2011年10月発売モデル F23
VPCF23AJ GeForce GT 540M
VPCF238FJ/B GeForce GT 540M
VPCF237FJ/S GeForce GT 520M
VPCF229FJ/BI GeForce GT 540M
VPCF227FJ/B GeForce GT 540M
VPCF226FJ/S GeForce GT 520M

2012年2月発売モデル F24
VPCF24AJ GeForce GT 540M
VPCF249FJ/BI GeForce GT 540M
VPCF248FJ/B GeForce GT 540M
VPCF247FJ/S GeForce GT 520M

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO VPCF21AFJ  Kotaro さん

 No. 3522

  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 7.5 7.6 6.7 6.7 7.8 6.7
CrystalDiskMark 3.0
 ReadWrite
Seq.333.36226.55
512k321.70231.09
4k27.3347.076
4k32179.24181.605
型番crucial C300 256GB

◆ 購入のきっかけや価格
3DとSandy Bridgeを試すべく。
ソニーストアで購入。
CPU:2820QM、MEM 8G。
SSD256Gへ換装。

◆ 体感速度の変化
以前使っていたVPCF11(720QM)よりもベースクロック、ターボブーストクロックが
上がっている分、明らかに速いです。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
以前使っていたVPCF11よりも発色が綺麗だと思います。
売りの3D時の発色も文句なし。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
バックライト付き英語キーボードですが、特に不満なし。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
S-FORCE Front Surround 3D搭載で、VPCF11よりも音は良いです。
ノートではかなり良い方と思われます。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
かなり変わったデザインです。
3Dトランスミッター内蔵のため液晶部がかなり厚いです。
テカテカ筐体は埃が目立ちます。
USB3つは少ないです。

◆ 排熱:筐体の温度
特に熱くなりません。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
VPCF11よりも静かです。
特に気になりません。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
据え置きタイプなので重いのは仕方ないです。

◆ その他
地デジも3D化するためGIGAPOCKETも付けました。
確かに強引に3D化します。

◆ 総評
Alienwareと迷いましたが、価格が安いVAIOにしましたが液晶が綺麗で
かなり満足度は高いです。
今回は後悔無きよう、SSD以外はほぼフルスペックにしたので末永く使っていきたいと
思います。


------------------------ 2011.4.7 追記 ------------------------

◆ その他
3Dですが、POWERDVD10 MarkIIを使用するとサイドバイサイドの動画も
3Dで見ることができました。
標準のWinDVD、Nvidia 3D vision playerでは無理です。

SSDはKotaroさんの手で換装されたとのことですが、そのおかげもあってエクスペリエンスインデックス値はグラフィックス周りがボトムとなる 6.6 という高スコア。液晶はLEDバックライト仕様で本来薄くなることが多いのですが、立体視対応ということもあり厚めになっているそうです。

購入検討時はデル Alienwareと悩まれたそうですが、大きな違いを挙げるならGPU性能と液晶の違いになると思います。今回、GPU性能に不満無く、液晶の画質には満足ということでVAIOを選んだことは大正解となっています。逆に遊ぶゲームが負荷の重いタイトルであれば、GPU性能に不満を感じたかもしれません。GPU搭載ノートを買う上で重要なポイントですね。 [2011-4-7]

PowerDVD 10 Mark2に関しての追加レポートを頂いたので追記しました。
 → PowerDVD 10シリーズの Blu-ray 3D 再生対応版(Mark-II 版)無償アップデート

PowerDVD 10 Mark2

「サイドバイサイド」は左右に左眼用、右眼用の動画が並んで表示される方式です。
 [2011-4-13]

ベンチマークスコアをアップデート [2012-5-13]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO VPCF219FJ/BI  しまうま さん

 No. 3549

  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 7.5 7.6 6.6 6.6 5.9 5.9

◆ 購入のきっかけや価格
3Dに興味があったので購入しました。

◆ 体感速度の変化
以前に東芝の3Dノートを使っていましたがそんなに違いはないと思います。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
液晶は良いと思います。フルHDですし視野角も普通のノートよりは若干広い様な気がします。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
キーボードは問題無しですね。タッチパッドは使いにくいです。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
筐体はピアノブラックなので指紋が付きやすいです。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
ファンは回っていてもそんなにうるさい程はないと思います。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
アダプターは凶器かと思える程大きいです。

◆ その他
このノートを買う人のほとんどが3Dがどうなのかしか関心がないかと思います。
パソコンでの3Dでいえば、現在望みうる最高の画質であると言えます。
3Dビジョンと比べると明るさとチラツキが全然違います。
3D変換はDVD、BD、地デジが標準で対応しています。その他の動画は外部コーデックとWinDVDへの関連付で対応出来ます。
BTヘッドホンだと地デジが見れないのは仕様なのかな。

◆ 総評
良い出来だと思います。
ただGPUはもう1ランク上げて欲しかったです。
やっぱりゲームとかしたいですしね。

540Mもシェーダー数96基と力のあるGPUですが、VAIO FのフルHDパネルでドットバイドットでゲームを楽しもうとすると力不足を感じるゲームも多いと思います。BTO時にGPUのグレードを自由に選べるといいのですが、排熱に失敗すると不具合へと繋がるのでなかなか高性能GPUは載せてくれませんね。 [2011-5-7]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO VPCF21AHJ  XCR3000 さん

 No. 3556

  • 長所: 液晶
  • 短所: 騒音
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 7.6 7.6 6.6 6.6 5.9 5.9

◆ 購入のきっかけや価格
ほぼフルスペックのVAIO Z(VPCZ11AGJ)の13.1インチフルHDが目にきつかったのと、
地震をきっかけとして以前から考えていた、家電とPC環境のシンプル化を実行するために、
VAIO Zを売って得る金を期待して購入しました。価格は28万くらいです。
ちなみにVAIO Zはヤフオクで255,000円で売れました。

◆ 体感速度の変化
SD動画のエンコードが、爆速になりました。ファンうるさいですが・・・
HD動画のエンコードは、Zとたいして変わりません。なぜ?
変態PCだったVAIO Zに比べると、アプリ起動やOS動作自体もっさりしています。
そのうちSSD(1TB位ほしい)に換装予定。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
VAIO Zのちょっと横からみるとすぐ赤くなる液晶と比較すると、かなり視野角が広いです。
ドット抜けは、ありませんでした。
Zは画面中央に1個あり泣けました(WiMAX不良で本体ごと交換になりなくなりましたが)。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
ノートでテンキー付がまだなれません。
タッチパッドは、シーソータイプですこぶる使いにくいです。
マウスをつないで即無効にしました。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
ノートPCにしては普通じゃないでしょうか。VAIO Zはひどかった。
普段は、外部環境(A-7VL+D-412EX)にデジタル接続です。
動作確認時にTV視聴しながら、iPodドック(ND-S1000)つなげたら、映像と音声が出なくなりました。
TV音声は、USBオーディオ未対応のようです。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
マット派なので、テカテカ筐体はやめて頂きたい。

◆ 排熱:筐体の温度
パームレストがほんのり暖かくなります。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
エロゲやったり、テレビ見るだけでファンが回るのは勘弁してほしい。
動画エンコードをやると、掃除機でも動いてるかのごとく爆音です(多少誇張あり)。
普段は、放熱制御を静かさ優先で使用していますが、これからの季節が心配になってきます。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
VAIO Zも据え置きで使っていたので、あまりきになりません。

◆ その他
CPU-Zで調べると、チップセットがB2ステッピングです。気になります。
SONYに問い合わせましたが、問題無いの一点張りでした。

光学ドライブがパイオニア製でした。ちょっと感動。ただし、パナ製もあるようです。

ゴールデンウィークで実家に帰った間も録画させていていたんですが、
戻ってくると画面がブルースクリーンでした。5/3から5/6まで録画失敗です。
あの花の4話が見たい。

前環境(VAIO Z+TV42インチ+BDレコーダ+AVアンプ+スピーカ5.1ch+ごついラック)から、
現環境(VAIO F+モニタ23インチ+2chアンプ+スピーカ+スチールラック)とエコでシンプルに
なりはしましたが、15%の節電ってどうやれば実現できるんでしょうか?
一人住まいの節電は難しいし、これだけ努力したんで、節電は免除してもらいたいです。

ワンルームアパート住まいですが、地震でトールボーイスピーカが倒れると顔面に直撃しそうで、
今考えると恐ろしい環境(茨城県在住)で寝ていたなあと思います。

◆ 総評
たよりにしていたGigaPocketDigitalが不安定なのと、ファンがうるさいの点以外は
おおむね満足していますが、総合的なつくりのよさは圧倒的にVAIO Zです。
SONYには、とんがったPCをつくり続けてもらいたいものです。
他の国内メーカーのようなPCだけになったら、まずSONYは買わないと思います。

VAIO Zは目に厳しかったため、Fシリーズに買い換えられたXCR3000さんからのレポートです。Zも画質をPRする液晶を搭載していますが、そのZと較べてもFの液晶は視野角がより広いとのこと。Fは現役のノートパソコンのなかでは最も液晶に注力しているモデルではないかと思いますが、液晶についての不満をほとんど見たこと無いです。

TV録画周りについても色々と書いてくださっています。録画失敗はパソコンの場合、特に付いて回る問題です。パソコンでも録画専用機に仕立て上げればかなり安定するのかもしれませんが、多くの場合、専用機(HDDレコーダー or TV内蔵レコーダー)に任せるのがより確実です。ND-S1000はiPod、iPhoneのほか、PCともUSBでデジタル接続が可能です。ただTV音声は出力されず。ダビング10うんぬんで制限がかかっている可能性も無きにしも非ずでしょうか。

話は本題からずれますが、ずば抜けて高精細なパネルを持つVAIO Zもある意味不遇です。先日も記事に書きましたが、スマホやタブレットの高解像度化はどんどん進み300ppiが当たり前になりそうな雰囲気です。高解像度がもてはやされる世界がある一方で、その半分程度のppiで見えにくくなってしまうのはOSの努力不足とも言えます。 [2011-5-18]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO VPCF227FJ/B  yzpp さん

 No. 3654

  • 長所: 液晶
  • 短所: 筐体
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 7.4 7.5 6.7 6.7 5.9 5.9
FF14 高解 945
FF14 低解 1895
FF11v3 高解 8782

◆ 購入のきっかけや価格
現在使用しているパソコンの処理が遅くなってきたため買い替えを検討。
TVとレコーダで行っているのでTV機能がなくて、そこそこの性能があって、価格も手頃で、OFFICE付で、GPUは外部ということで探していたところ、目的に見合うスペックのものが登場したので購入。ネットで購入したため、Photoshop elementsなどのソフトも入っていることを考えると、かなりお得でした。

◆ 体感速度の変化
HDDですが、5年経っていますので速く感じます。
SSDは、速いと聞きますので興味はありますが、信頼性と容量の関係で
少し様子見しようと考えています。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
綺麗です。これでVAIOを選んでいると言ってもいいくらいです。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
悪くはないと思いますが、特別良いとも感じません。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
通常、USBのサウンドボード通してMicro music monitor M3で聞いていますので、
内蔵のスピーカでは聞けたものではありません。
持ち運びしないPCだと思いますので、外付けでスピーカ付けるといいと思います。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
フタが急に閉まるので、最後まで手を添えて閉める必要があり面倒です。
質感は高いです。強度は、持ち運びしないということで特に評価しません。
コネクタ配置に関して、USB3個は少ないですね。
また右側にBDドライブがありますが、左側の方が使用しやすいですね。
右側に置物できません。


◆ 排熱:筐体の温度
熱風が吹き出てきますが、悪くはないと思います。


◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
この程度ではないでしょうか。静かではありませんが、
爆音でもありません。


◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
ACアダプタは大きいです。電源容量も大きいので当然といえば当然ですが、
これだったらもうひとつ上のGPUを積んでもいい気がします。
モバイルについては無評価です。

◆ その他
いくつかソフトをインストールした後ですので、
そちらの影響かもしれませんが、3D MARK 11と3D MARK Vantageはうまく
起動しませんでした。


◆ 総評
3Dである必要がなく、PCでTVの視聴/録画しない方には、お勧めできますが、
Photoshop系やOfficeがいらないかたは、ソニースタイルでCPUを2720QMにして
購入した方が良いと思います。(2720QMと2630QMではオーバークロックの上限が結構違います)
実際市販モデルでも十分な速さとは思われますが。

Photoshop Elementsがプリインストールされている店頭モデルでのレポをいただきました。VAIO Fの液晶は毎度ながら高評価ですね。長所はその「液晶」。短所には「筐体」を選ばれています。質感は良いとのことですが、コネクタや光学ドライブの配置にやや不満が。筐体が大きいだけにUSB 3つは物足らないですね。 [2011-8-25]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO VPCF22AJ  sute さん

 No. 3658

  • 長所: 液晶
  • 短所: 騒音
FF11v3 高解 9754

◆ 購入のきっかけや価格
2年前に購入したVAIO VGN-FW94FSを知人に譲る関係で新しいノートPCを検討。
前回と同じく「持ち運べるサイズ」「フルHD液晶」を考慮すると今回もVAIO Fになりました。
ソニーストアにて今回はスペックとのバランスを考慮した内容にて87800円にて購入しました。

◆ 体感速度の変化
前回のC2D T9700と比べて確かに速くなったと体感出来ます。
格段に…とはいきませんがやはり第二世代Sandy BridgeのCPUはi5でも高性能です。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
前回のVGN-FW94FSに比べるとRADEONとGeForceの差なのか色合いにかなりの差があります。
今回のは青みが強く自然な色合いだった前機種と比べるとやや残念な感じです。
液晶自体の性能はVAIO Fらしく輝度、視野角ともに高性能です。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
配列についてはテンキー搭載型になったのでかなり違和感ありますね。
使用目的がゲーム主体なのでキー1個1個が小さくなってしまったのは残念です。
まあこれは私自身の使用条件に合ってないだけなので…。
キータッチはVGN-FW94FSと同じく軽いタッチ感です。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
VGN-FW94FSで酷評したサウンドですが今回はかなり改善されています。
個性は無くなりましたが原音を普通に再生してくれる感じで問題はありません。
まあ、ノートPCのスピーカーに過度の期待はしないほうがいいですね。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
質感はVGN-FW94FSと比べるとかなりのコストダウンを感じます。
ただ強度の面では無駄なデザインを捨て無骨だがかなりの強度アップを感じます。
コネクタ配置としてはVGN-FW94FSがUSBポート右3個だったのに対して右1個左2個になってます。
数が絶対的に少ないかもしれませんが左右に振り分けてきたのは評価に値しますね。

◆ 排熱:筐体の温度、冷却ファンなどのノイズ
ゲームなどをするとかなりのファン騒音が発生して排熱がイマイチな感じです。
筐体の厚さがかなりあるので暴走するまでの熱は持たないと思いますが…VGN-FW94FSのほうが静かでした。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
私は旅行トランクに詰めていくので気にしませんがかなりの重量です。
ACアダプタはVGN-FW94FSに比べて約2倍のサイズになってます。
問題無い部分ですが…やはりコストダウンの影響を色々受けてますね。

◆ 総評
今回は性能とのバランスを考慮してi5の2540M(2.6/3.2G)にしましたがかなりの高性能でした。
(残念ながらFF11高解像度で10000越えは出来ませんでしたが…)
VAIOのブランドを含めてこの性能で9万を大きく切る価格で購入できて満足してます。

液晶のFなのに、FWと較べると残念な印象でしたというsuteさんからのレポートです。色はGeForceとRadeonの差のほか、バックライトがLED化したのが大きいかもしれません。デルのハイエンドなど一部モデルを除いて、ノートパソコンのLEDバックライトは青系LEDから他の色を蛍光で作り出しているので、どうしても元の青が強く出てしまいます。工場出荷段階で青の出力を抑えてはいますが、それでも青みが強くなりがちです。 [2011-9-2]

  •  東方非想天則 (C) 2009 黄昏フロンティア All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  マビノギ (C) 2003-2005 NEXON Corporation Co. All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  TERA (C) NHN Japan All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO VPCF229FJ/BI  深緑 さん

 No. 3824

  • 長所: 液晶
  • 短所: 熱処理
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 7.4 7.6 6.7 6.7 5.9 5.9
FF14 低解 1773
FF11v3 高解 8726

◆ 購入のきっかけや価格
ここ最近目をつけていたマシンでとうとう型落ちのためか12万円を切ってきたので
acerのAS8951という巨大空母とコイツと買おうか悩んだ挙句、
3Dあるし、AVCエンコーダーとW地デジ、そして秀麗なボディのコイツを選び
ウィングで5年延長保証ありで127,000ほどでした。

◆ 体感速度の変化
もともとdynabook T550/D8ABをもっているのですが
sandy bridge+8GBメモリ恐るべし。HDDでも十分立ち上がりは抜群。
スリープがTVの電源オンオフぐらい軽いのが笑っちゃうぐらいすごいですw
ただGT 540Mはちょい役不足。NFS系のゲームは少しもたつきます。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
ユーザーの皆さんが声をそろえて言うVAIOはまず液晶のために買うんだ!
はまさにそのとおり!視野角といいコントラストといいピカイチにいいですね。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
深めのアイソレーションキーボードです。そしてテカテカ筐体のため
かなーりホコリが付きやすく、目立ちます。
アイリスオーヤマのサイバークリーン推奨です(ぇ

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
S-force 3Dって自然な会話に聞こえますホント。録音音声に感じませんね
Blu-rayとかDVDみてるとホントに。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
皆さんのいうとおりUSBはホント少ないです。3個はちょっと・・・
ホコリの除去は大変ですが、高級感があってホントすばらしいですね!

◆ 排熱:筐体の温度
個人的にはタッチパッド周囲が浮いているつくりになっているので
直接の熱が伝わりにくていいと思います。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
ファンの音は大きいほうですが強くは気になりません、
中から吐いている熱量は結構出てますね。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
相変わらずi7機は本体のスリム化には頑張ってもACは自重できませんねw

◆ 総評
VAIOの3Dはなかなかこってますね。液晶の4倍速は伊達じゃない!w
奥行きはT550の上を行きます。エクセレント判定のNFS Pro Streetとか
すごく実車でしたね、触れそうな気がするぐらいw
W地デジ・AVCエンコあり、液晶は4倍速+RGB100%カバー
そしてOffice2010 H&Pあり。
ここまでこだわって13万円内はお得ですね。

HDDでも最新CPUと十分なメモリがあれば起動は高速とレポしてくださった深緑さんです。SSDの場合、使い込むと妙なひっかかりがあったり、スワップファイルの容量に困ることもあるので、用途によってはHDDの方が管理が楽なことがままあります。ヘビーに使い込むならやはりSSDに分がありますが。

「サイバークリーン」はこれです。昔遊んだ人には分かる“スライム”的な埃粘着道具です。

B001O8XECSB0045Z4DXQ

賛否ある立体視液晶ですが、深緑さんの評価はなかなか好評価。立体視の向き不向きをNVIDIAがゲーム毎に評価していますが、そこで「Excellent」評価の Need for Speed Pro Streetで試されています。
 → Featured games [2012-6-5]

  •  Need for Speed Hot Pursuit (C) 2010 ElectronicArts All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  Need for Speed ProStreet (C) 2007 ElectronicArts All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  エミル・クロニクル・オンライン (C) 2005 BROCCOLI / GungHo All Rights Reserved. [公式サイト]
その他のレビュー 6

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > バイオ VAIO F (540M)ユーザーレビュー