HOME > レポート一覧 > Willcom D4ユーザーレポート

Willcom D4

Willcom D4

■ 評価点平均

2.8

ウィルコム初のWindows Vista機となるWillcom D4。Atomプラットフォームを採用し、チップセットはUS15W。メモリは1GB固定。液晶は携帯電話よりちょっと大きい程度の5インチ液晶ながら、解像度はEeePC 901並みの1024×600を表示する。キーピッチは12.2mm。質量は460g。インターフェイスは限られており、有線LANはクレードルにあり、1基あるUSBもminiUSBとなっている。カードリーダーはmicroSD。
 EeePCのように質量と駆動時間で有利なSSDを取らずHDDにした点やワンセグを搭載するなど、豪華なスペックを求めた点は賛否の分かれるところと思われます。Ver.L

長所・短所

GOOD   BAD
5 液晶
キーボード
騒音・ノイズ 3
筐体の質感 1
発熱処理 1

型番

WS016SH, WS016SHP (Ver.L), WS016SHBP (Ver.L)

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Willcom D4  さっち さん

 No. 2416

  • 長所: 液晶
  • 短所: 騒音
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 2.7 4.2 2.9 2.8 2.7 2.7
FF11v3 高解 410

◆ 購入のきっかけと価格
初物のAtom機と言う事で先行予約で購入。
大容量バッテリが無料になり、本体+大容量バッテリで頭金32800円。
かなりお得に買えたのではないでしょうか?
(でもEeePC901等のほうが安いですね・・・)

◆ 体感速度の変化
Vistaでも思ったより動く。
VAIO VGN-UX91(SSD)には劣るものの、LOOX U50よりは快適だと思います。

◆ 液晶の質
EeePCやLOOX Umに比べ大変綺麗です。
VGN-UX91のクリアブラック液晶に引けをとらない感じです。

◆ キーボード:配列やタッチ
Advanced W-ZERO3[es]のような感じのキーボードです。
OQO model02やVGN-UX91に比べると遥かに打ちやすいですが、快適とはいきません

◆ サウンド
普通のノートPC程度だと思います。

◆ 筐体:質感や強度
意外と高級感がありますが、タッチパッド部分に指紋が残ります。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
位置は概ね問題ありませんが、miniUSB端子のみというのが・・・
1つでも普通のUSB端子が欲しかったですね。
ちなみに、変換ケーブル経由でUSBメモリによるRadyBoostは出来ました。
microSD経由では出来ないようです。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
ファンの音が少々煩いですがOQOやVGN-UXに比べるとまだ静かなほうです

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
とても小さいですが端子が特殊で汎用バッテリーが使えません。

◆ その他
TrueImage 11では何故か内蔵HDDを認識しません。
前のバージョンの10であれば認識します。
なぜなのでしょうか・・・w

◆ 総評
Atom機としては高い部類に入るかもしれませんが、さすが国産、全体的に作りがいいです。
PHSとしては使用していないので何とも言えませんが電話としては難しいですね。
惜しむべく点としては標準バッテリの容量の低さ。960では・・・
まだ使いはじめですが、小型PC好きとしては概ね満足です。
Vistaは重い重いとおもっていましたがそれほどでもなかったです。
ですがやはりXPモデルも欲しいですね・・・

ウィルコム初のフルWindows機D4レポをさっちさんが届けて下さいました。トータルで支払う金額は変わりませんが、頭金のお手頃感はなかなか。シャープ謹製の高解像度液晶(1024×600)が光ります。バッテリーの容量はもろに質量とのトレードオフになるので、開発チームも悩んだと思われます。Diablo2やラグナロクオンラインと軽いタイトルで試されていますが、ゲーム評価が結構高いです。 [2008-7-17]

  •  DIABLO 2 (C) 2006 Blizzard Entertainment All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  Age of Mythology (C) 2007 マイクロソフト All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  RagnarokOnline (C) 2005 GangHo All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Willcom D4  Nii さん Nii さんさんのほむぺ

 No. 2426

  • 長所: 液晶
  • 短所: 騒音
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 2.7 4.2 2.9 2.9 3.7 2.7
FF11v3 高解 341

◆ 購入のきっかけと価格
約10年ぶりの国内メーカーのPC(?)です。(この10年はAppleかGatewayでした)
自分自身は、シンプルなPCが好みなので最近の国産PCには興味無かったのですが、
何処でもインターネットできるスマートホンの携帯(PHS)から派生したPCという事で事前予約、発売日入手しました。
ちなみに同日発売のiPhone 3Gも当日ではないですが、入手しました。

◆ 体感速度の変化
頑張っているけど、重い処理をさせたくないなぁというのが第一印象です。
Core SoloのGateway MX1020jと比較すると印象的に半分ぐらいの速度かなと思います。

◆ 液晶の質
液晶のSHARPらしく、表示はすごく良いです。

◆ キーボード:配列やタッチ
キーボードは、Advanced W-ZERO3[es]が一回り大きくなった感じです。
あくまで携帯端末からの延長線上のキーボードなので長文をタイプするのはつらいです。
ただキーボートが光るので暗いとこでもタイプできるのは携帯からの延長線上のメリットです。
マウス操作に関しては、タッチパッド、タッチパネルの両方で操作できるので使い勝手は良いです。

◆ サウンド
スピーカーは、モノラルで小さいので音も小さく、音質的にもあまり期待できるのではありません。
音楽やムービーを再生する場合はヘッドホン端子経由で出力した方が良いです。
ヘッドホン端子は携帯機種らしく、携帯用の平型端子となっています。
あと、付属のヘッドセットが100円ショップにあるようなクオリティで残念です。

◆ 筐体:質感や強度
日本メーカーらしく質感は良いですが、タッチパッド部分に指紋が残ります。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
前にmini USB端子とクレードル用端子、左側にMicroSDカード端子とWILLCOM W-SIM(PHSモジュール)スロット、
後ろに電源端子とヘッドセット用端子があります。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
結構冷却ファンの音が聞こえます。
それ以外の音は聞こえないだけに残念です。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
軽さはPCとしては小さく軽いけど、携帯としては大きすぎて重い。
ACアダプタも携帯的な物ではなく、普通のPC用のACアダプタタイプです。
サイズ的には一般的なものよりも小型のものです。

バッテリーは、標準バッテリーは約1時間しか持ちません。
しかも問題として電源OFFにしても1日経過するとバッテリーが空になります。
これは、SHARPのサポートにも連絡しましたがちょっとこれは致命的な問題かと思います。

◆ その他
内蔵のグラフィックGMA 500のパフォーマンスが相当悪いです。
例えば、一般的な640×360のDivXムービーでフルスクリーンで処理落ちします。
DirectX系は2Dの処理が洒落にならないほど遅く、945GMのGMA 950と比較すると1/5〜1/10程度の速度です。
2Dの弱さは、ベースとなったPowerVR系の伝統と言うべきでしょうか。(^^;
正直、WILLCOM D4等のUS15Wチップセット搭載のモデルでゲームは期待しない方が良いのではと思います。

◆ 総評
正直、このWILLCOM D4は、Office 2007も搭載してワクセグも搭載してと日本メーカーにある何でもありになってしまったのが残念です。
また妥協点がバッテリーというのも疑問が残るところです。
WILLCOMやSHARPもハッキリした提案も無く、欲しい人が買ってというだけの気がします。
これがビジネスとしてのモバイル端末とするのか、個人の楽しみとしてのモバイル端末にするか等のコンセプト自体も割り切り、コンセプトに見合った味付けがあれば正当な評価されたと思います。
この辺りは携帯ではiPhone 3G、ノートPCではEee PC等のコンセプトや割り切り方と比較すると中途半端な感じになってしまいます。

あとPHSの通信速度が今の事態としては低速すぎます。
W-ZERO3では我慢できましたが、フルWindowsのインターネットアクセスでは正直辛いです。
またWindowsを起動していないと電話機としても使用できない。(マイクが本体に無いので通話にはヘッドセット等が必要)
移動や電話として利用時はAdvanced W-ZERO3[es]にW-SIMをつけて使用している状態です。
iPhoneがインターネット、メール端末として使えているだけに、それを考慮すると
買って失敗だったかなと感じています。

唯一のメリットは携帯扱いなので、ノートPC持ち込み不可の職場に持ち込める程度でしょうか。
(職場でノートPCとして積極的に利用すると禁止されそうですが…)

何でもありになってしまったのが残念というNiiさん。まったくもって同感です。たぶんあちらの意見を入れこちらの意見を入れしているうちに、あの多機能ぶりを発揮してしまったのだと思いますが、初っぱな第一号機なら純粋にWindows機という利点だけでもウリになったはず。バッテリーやGPUの負担となる高解像度やワンセグは切った方が良かったように思います。

最後の段落で唯一のメリットは携帯扱いのPCと書かれていますが、まさに携帯の皮を被ったWindows機という一点に絞ったシンプル機種が望まれていた機種かもしれません。 [2008-8-6]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Willcom D4  はち さん

 No. 2520

  • 長所: 液晶
  • 短所: 筐体

◆ 購入のきっかけと価格
ラグナロクオンラインで露店チェック用にと衝動買いしました。

◆ 液晶の質
視野角はそこまで広くはありませんが発色は良いほうだと思います。

◆ キーボード:配列やタッチ
このサイズにしては結構打てる感じです。
バックライトは白なので暗いところでも見やすいのですが
点灯時間を設定できないようで個人的には消えるまでが早いように感じました。

◆ 筐体:質感や強度
値段相応って感じであまり良くありません。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
ファンの音もそれなりにしますがOSを起動してるだけでも結構熱くなります。

◆ 総評
ラグナロクオンライン用にと購入しましたが、ログインできても数秒でフリーズします。
同じAtom搭載のLOOXU50でも数秒で落ちるということなのでUS15Wというチップセットとの
相性が悪いのか、ドライバの完成度が未熟なのかは不明です。

ラグナロクオンライン用にとはちさんが購入されたD4ですが、性能不足なのかはたまたドライバが未成熟なのか数秒でフリーズするとのこと。搭載されているGMA 500が統合シェーダーなのにDirectX9対応というちょっと変わった存在なので、その辺も絡んでいるのかもしれません。 [2008-10-12]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Willcom D4  mist さん

 No. 2539

  • 長所: 液晶
  • 短所: 騒音
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 2.7 4.2 2.9 2.9 3.7 2.7
CrystalDiskMark 2.2
 ReadWrite
Seq.19.4518.45
512k13.0514.85
4k0.280.798
型番MK4009GAL
FF11v3 高解 350
 

◆ 購入のきっかけと価格
ネットブックを考えていたのですが、CEATEC2008の会場で見て液晶の綺麗さに思わず惹かれてしまいました。
ウィルコムストアでMicrosoft Office無し,大容量バッテリー付きのVer.Lを購入。事前に説明がありませんでしたが、キャンペーン品の黄色のnico.が付いてきました。
機種変更で2年縛りの新つなぎ放題とともに、W-VALUE SELECTの24回払いにしました。
公衆無線LANサービスも申し込んだので、これでどこでもネットができるかなと。

◆ 体感速度の変化
Aeroを有効にしてJava等を動かしていると、「パフォーマンスが低下云々・・」のメッセージが出ます。HDDが1.8インチということもあり、全体的にモッサリした感じです。
3Dゲームはかなり厳しいです。FFベンチはLowでさえ660でした。パンヤはカクカクなうえ途中でフリーズします。
元々YouTube等が見れればいいという前提でしたので、3Dゲームの動作はあまり問題にしていません。
しかし、重いJavaやFlashもギリギリといった印象で余裕は無いです。メモリも1GBでは心許ない・・。

microSDはclass4以上は未対応とのことですが、CrystalDiskMarkではM1730よりも書込みが高速です。
同一カードでSequential WriteがD4:19.636 MB/s,M1730:5.036 MB/s。この点はM1730より良さそうです。

◆ 液晶の質
ネットブック等と比べても凄く明るいです。色域は広く無いですが、パッと見は目を惹きます。
i1 Display2で測ったところ、輝度は300cd/m^2を超えています。CEATEC会場で見ても見劣りしなかった訳です。
色温度は7200〜7300Kと高め、ガンマカーブは青が強めです。ワンセグ視聴に合わせた感じかな?
階調表現は自然な方ですが、表示色が約26万色なので画像によっては粗が出ます。
視野角はいかにもTNといった感じで、上下はかなり狭いです。左右はそれなりな広さです。
輝度ムラは殆ど無く、タスクバーの付近が妙に明るいといったことはありません。
普通のノートより近くで見るためか、同じツルテカのM1730より反射が気になります。

◆ キーボード:配列やタッチ
スマートフォンに比べれば打ちやすいですが、長文はじれったくなります。これは慣れてきましたが・・。
よく使うEscキーがFn+Tabで操作しなければならないのが残念。タッチパッドは使いやすいです。
携帯のようにボタンが光るので、暗いところでもキー操作が可能なのは助かります。

◆ サウンド
スピーカー出力はボリュームを最大にしても音が小さめです。喧騒の中ではあまり聞こえません。
スピーカーはパネル裏の左下側にあるので、パネルを閉じた状態だとキンキンした感じになります。
ヘッドホン出力は付属のフェライトコアを通しても本体のノイズが結構聞こえます。鈴虫のM570Aを思い出させます・・。

◆ 筐体:質感や強度
質感は割と良く、作りも結構いいです。しかし表面は指紋が付きまくりです。
本体裏側はラバーコートなのですが、これまた手の汚れ等が付きやすい。毎日何度か拭いています・・・。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
位置については特に問題を感じませんが、やはりminiUSB一つというのは少々不便です。
MacBook Airのように、基本は無線と割切った使い方が必要ですね。
恥ずかしながら、これを機に我が家も無線LANを導入しました。Bluetoothデバイスも物色中です。
いずれにしても、miniUSB→USB変換コードなりアダプタは必需品だと思います。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
CEATEC会場では全く気がつかなかった、というより気づけなかったのがファン音です。これが結構煩い。
ファン音というよりモーター音が煩い印象です。平常時のM1730と並べても、こちらの方が耳につきます。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
大容量バッテリー付きということもあり、ちょっと重くてスマートでは無いです。
ACアダプタの大きさは小型ノートより少し小さい程度です。可も無く不可も無く。
バッテリーは普通に使って3時間弱といったところです。あまり持たないですね・・・。
付属のケースは標準バッテリーが前提なのか、大容量バッテリー付きだとかなりきついです。キズが心配です・・。

◆ その他
事前に情報を全く集めず購入した為、後でフォーラム等を見て色々と驚かされました。
シャットダウンしても電池が消耗する件は、私のD4は対策済み品でした。
Vistaを起動しないと通話ができないというところは、電話は携帯に移行していたので問題ありません。
キーボード部分が結構温かくなります。特に本体右側が温かくなり易いようです。本体裏に低温火傷の注意書きが・・。
ワンセグは他の携帯等と比べても感度が低いです。室内はエレコムのMPA-ATシリーズを使っても感度が低め。MPA-ATはクリップ近くのフェライトコアっぽいところを握ると受信しますが・・。少々コツが必要です。
無線LANがこれまた感度が低めです。D4は無線関係がちょっと弱いですね・・。
ウィルコムストア購入特典の液晶保護フィルムは、下側の中央に”WILLCOM D4”と印字してある為、タスクバーに重なり見難くて使えませんw。企画した人に問い詰めたいです(^^;;

◆ 総評
ネットブックともスマートフォンともどっちつかずな、非常に微妙な機種と言えるかと思います。
しかし、手持ちで操作できるところは他のネットブックに無い強力な魅力で、手軽さでは断然上です。
携帯ゲーム機タイプのPDAといった感じですね。割切って使えばフルWindowsが強みになります。
PHS通信が遅いですが、取り敢えず2年間は使い倒そうと思います。でもネットブックが欲しくなるかも・・。

CEATEC会場でD4の液晶を見初めて、購入に至ったmistさんからのレポートです。なんだかんだ言いながら、ガジェット好きな方々の心をキャプチャーしてますね、D4は。会場では気づかなかった点として、ファン音のうるささを挙げておられます。さすがに爆音のCEATEC会場では冷却ファン音の大小を判別するのは難しそうです。

mistさんの調べによると、液晶はフルカラーではないものの輝度が非常に高く見栄えがする仕様になっています。TNパネルゆえ垂直方向の視野角は狭め。ついでに無線の感度もやや低めとのこと。アンテナについての記事は見たことがないですが、筐体が小さい分アンテナを広く取れないのかもしれませんね。

購入特典の液晶保護フィルムの逸話が面白いですね。フィルムに印字された文字でタスクバーが見づらくなるとのこと。ホントに誰が企画したのやら(^^; ゲームノートもそうですが、実際に販売戦略を立てる営業チームの方々はその実機をほとんど使ってないということが結構多い。うちのレビューを見て「参考になります」と言われると複雑な気持ちになります。

『でもネットブックが欲しくなるかも・・。』
そんなmistさんにはEverunノートのようなモデル危なそうです...
 → Posts tagged EverunNote at Engadget Japanese [2008-10-21]

  •  スカッとゴルフ パンヤ (C) 2005 Gamepot All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Willcom D4 ver.L  Mutsuki さん

 No. 2562

  • 長所: 液晶
  • 短所: 熱処理
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 2 4.2 2.9 3 3.7 2.7
3DMark06 85
3DMark05 124
FF11v3 高解 352

◆ 購入のきっかけと価格
こちらではあまり評判のよくないWILLCOM D4の新バージョンです。SHARPのZAURUSを何世代か使っていたのですが、新規開発が停止されて数年が経ち、そろそろ新しい機種に変更したくなったことと、以前から実家(文字通りの田舎です)に帰った時にも使える通信機能付の端末が欲しかったことがあり、ver.Lが出て安くなったのをみて購入しました。24か月の分割で頭金が8,900円、月々3,600-1,600=2,100円(新規加入のW-VALUE割引で2年間使用した場合)で、実質69,300円です。MS Officが付いていませんが、以前のD4を購入された方から見ると、今ひとつ納得の行かない価格かもしれませんね。今回は、キャンペーンで1GBのMicroSD、ディスプレイ保護シールに、nico(簡易型PHS端末)が付いてきました。

◆ 体感速度の変化
比較するものがZAURUSしかありませんが、このサイズでWindowsVISTAがそれなりに動いているのですからたいしたものかと思います。ある程度割り切って使う必要はあると思いますが。(さすがに3Dゲームは無理ですね。)また、ネットワークは、自宅では無線LANで使用していますので、Webの閲覧もそれなりのスピードでできています。PHS経由での検証はまだこれからです。

◆ 液晶の質
このサイズでこの解像度ということで、文字が小さいのはやむを得ません。発色は、さすがシャープといった感じです。視野角は大きくありませんが、手に持って使用することを考えると特に問題ないかと思います。

◆ キーボード:配列やタッチ
サイズ的にやむを得ないところもありますし、これで大量の入力をするつもりはないのであまり気にしていませんが、日本語入力にかな入力を使っている旧い人間ですので、キートップにかながないのは残念です。(少数派の意見でしょうね。)

◆ サウンド
本体にスピーカがなく、特殊な形状のコネクタにつなぐヘッドセットのヘッドフォン使うしかありませんが、特に大きな問題はありません。ただ、無音の時に、少々雑音が聞こえる点が気になります。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
意外にがっしりした感じです。ディスプレイ横のタッチパッド・マウスボタン部分がつるつるのプラスチックですので、指紋がつきまくりますが。コネクタについては、サイズの関係上、USBはミニタイプですし、イヤホンコネクタも特殊形状ですから、本格的に周辺機器を使う場合はクレードルが必須でしょうか。

◆ 排熱:筐体の温度
手に持って使用していると、暖かく感じる程度です。夏場は少々熱くなるかもしれませんね。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
静まり返った部屋ではいくらかファンの音が聞こえる程度です。屋外で使用する場合や、テレビ等他の音源がある場合は気になる程ではないと思います。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
バッテリが大容量になった分重量が増しています(約575g)。この機能を詰め込んだノートPCと見れば破格の軽量ですし、PHS端末としてみれば重いということになるでしょうね。これに何を求めるか次第ですが、私としては特に不満はありません。以前問題になっていたスリープ時のバッテリの問題も解決されたようですし、大容量になって連続使用時間も4.5時間になりましたから、1日にバッテリで使用する時間と考えれば許容範囲かと思います。

◆ その他
私の場合、これを音声電話として使用することはあまり考えていませんが、そちらでの使用が多い方は、別売のBluetoothハンドセットを使用されるのがいいと思います。(私の場合、おまけについてきたnicoを使う手もありますが。)

◆ 総評
何を目的に購入するかで大きく評価が分かれるものと思います。私の場合、通信機能付のZAURUSの新機種(^^;くらいの気持ちで購入しましたし、価格が大きく下がったこともあって、現時点ではおおむね満足しています。後は、この年末年始に実家に帰った時に、インターネットが目論見通り使えるかどうかですね。


※管理人 追記をメールでいただいたので転載いたします

使いまわしやノイズが気になるヘッドセットをBluetooth対応のものに変更できないか検討し、
SONY DR-BT25NXを購入して何とか接続に成功しました。
(最初は認識しなかったり、認識しても音が出なかったりで少々苦労しましたが)

携帯電話のヘッドセットとしての使用は未確認ですが、少なくともヘッドフォン
としては付属のものより快適でノイズもなく問題はないようです。
サウンドファイルの再生の開始・停止、音量調整もヘッドセット側で可能です。
ただ、ワンセグの音声はD4の機能上の制限で、Bluetooth経由では出力されないようです。

------------------------ 2008.11.8 追記 ------------------------

前回のメールで報告完了と申し上げましたが、質問コーナーの方で、たまたまD4のご質問があり、Master of Epicを試す機会がありましたので、追記させていただきます。無線LANでの使用です。

VISTAは正式サポートされていないこともあり、最初「管理者として実行」の指定をしていなかったため、パッチサーバーへの接続で何回やっても「混雑しているようです」という表示が続いて困りましたが、指定して実行することで何とかゲームを開始することができました。

私自身MoEは初めてですし、他の環境での動作と比較はできませんが、デフォルトの設定のままでも、多少動きがぎこちない感じ(マウスパットでの操作に慣れないせいかもしれません)ような感じはするものの、それなりに動作するようです。さすがに戦闘場面で使用することは難しいかも知れませんが、チャット程度でかまわないということであれば、問題ないのではないかと感じました。設定をデフォルトより低く設定すれば、もう少しスムーズな動きになるかもしれません。

MoEのように、クライアント側の負荷が低いゲームであれば、通信環境さえ準備できれば、D4程度でもそれなりに使えるかもしれません。(いわゆるネットブック等も同じかもしれませんね。)
今回D4を使っていて感じたのですが、元々スペックの高いノート(私の場合はVAIO Z90S)を使用するのとは別の面白みがありますね。昔のDOSやWIN3.1の頃に、色々と工夫して快適に使おうと苦労した(楽しんだ)ような感じで。

それではまた次の機会に。

ザウルスを愛用していたMutsukiさんですが、買い換えを検討しWillcom D4に乗り換え。ぼちぼちザウルスやクリエのヘビーユーザー所有の端末がへたってくる時期ですね。うちのBOSSもPEG-TG50をバッテリーを換えつつ、騙し騙し使っていましたが、ついにキーボードがダメになってきたようです。ふと見回すと、Palmも日本から撤退しキーボード付きPDAというのがほとんどいなくなっており、MutsukiさんのようなPDAユーザーをD4としてはキャッチしたいところかもしれません。

後日、ヘッドホンのノイズ対策としてBluetoothヘッドセット(DR-BT25NX)を導入されています。以前、ちょろっとまとめましたが、Bluetoothヘッドホンは相性問題が発生する可能性があり、特にバージョンの古いBluetooth機器同士を組み合わせるのは要注意です。
 → 蹴茶: オンキヨーやヤマハが非Bluetooth, 非圧縮のワイヤレスオーディオ 2008.10.12 [2008-10-29]

Master of Epicについてのプレイレポをさらに追記でいただきました。戦闘では厳しいものの、移動やコミュニケーションメインなら使えそうとのこと。アニメ制作のグループ企業でもあるゴンゾが運営する「MoE」は蹴茶もやったことないですが、色々と話題に事欠かないタイトルです。
 → 4Gamer.net ― Master of Epic: The ResonanceAge Universe[PC] [2008-11-11]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Willcom D4 ver.L  Mutsuki さん

  No. 2765

  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 2.7 4.2 5.9 3 5.8 2.7
CrystalDiskMark 2.2
 ReadWrite
Seq.68.1730.02
512k65.9921.73
4k5.511.133
型番PF18Z64GSSDZIF

HDDからSSDへ換装をしましたのでご報告させていただきます。

◆ 購入のきっかけと価格
VAIO TYPE Pが発売されてTYPE SZ→TYPE ZとVAIO派の一人としては心が揺れましたが、実機を見ると思ったより大きく、スーツの内ポケットには入りそうにない(CMのようにジーンズの尻ポケットなら入る?)ことや、私の期待する使用方法(寝そべってネット回覧等)には向かないようでしたので見送りました。
代わりに、最近発売になった64GB SSDのPhotoFast G-Monsterを人柱覚悟で購入して、HDDからの換装に挑戦しました。

◆ 体感速度の変化
HDDのイメージバックアップからそのままの環境を移しましたので、ほぼ同一の環境ですが、換装前は4分弱かかったVistaの起動が2分半程度に短縮されました。Windows エクスペリエンス インデックスの「ハードディスク」も3.7から5.8にあがっています。(「グラフィックス」の5.9ですが、どうやらこのチップセットの最新ドライバにした場合の表示の不具合のようです。)
CrystalDiskMark 2.2でも、下記のように明確な改善が見られるようです。
Read [MB/s] Write [MB/s]
Seq 20.02→68.17 19.46→30.02
512K 12.21→65.99 13.14→21.73
4K 0.231→5.505 0.566→1.133

◆ サウンド
自分では確認していませんが、HDDからSSDに換装すると、標準のイヤホンのノイズがなくなるという報告もあるようです。

◆ 排熱:筐体の温度
HDDに比べ、いくらか温度が下がったような気がします。ポケットに入れているとかなり熱くなってフリーズするような場合があり、夏場が心配でしたが、数日使用した限りでは同様な使い方をしても安定しているようです。

◆ その他
換装手順は下記を参考にさせていただきました。
 → WILLCOM D4 HDD換装2 「WILLCOM D4の分解・HDD交換」
写真入で非常に詳しく書かれていて大変参考になりました。その他、D4ユーザは結構コアなユーザが多いのか、ブログで他の改造例(他のHDD,SDDへの換装、アンテナの改造、ワンセグチューナの取り外し等)が色々事例がアップされています。
なお、今回のSSD換装では下記の問題が発生して、一時は本当に人柱になったかと思いました。もし、同じSSDを購入予定の方がいらっしゃったら参考にしてください。
?ZIFコネクタが逆差し
元のHDDと差込の向き(表裏)が逆で、間違えたままだとBIOSさえ立ち上がりませんでした。
?初期ロットはファームウェアに不具合
ファームウェアに不具合があり、BIOSで認識してもOSがインストールできないといった問題がありました。私の場合、発売直後に入手したのですが、?の問題が解決した後、BIOSではきちんと認識するようになり、リカバリディスクからのリカバリ自体は正常に終了するにもかかわらず、VISTAが起動しない、もしくは、起動してもエラーがブルースクリーンで落ちる、立ち上がってもエラーが多発してフリーズする等、リカバリをやり直すたびに症状が変わり、何度やり直したことか。そうこうするうちに、ファームウェアの不具合の情報を見つけて、代理店のページから改良版のファームウェアを入手して、FDDでの更新(FDDを使用したのは何年ぶりだろう?)をしようとしたのですが失敗、結局代理店に送って対応を依頼(送料も向こう持ちで無料でやってもらえました)することになりました。

◆ 総評
色々苦労させられましたが、結果には満足しています。
今回、VAIO TYPE Pを検討した際に感じたのですが、サイズや解像度以外、D4はTYPE Pのベーシックモデルとほとんど差がありません。キーボード入力はサイズの関係からTYPE Pに軍配があがりますが、持ち歩きのしやすさやタッチパネル・パッドの使いやすさはD4が上かと思います。(スティック式はどうも苦手です。)
基本機能としてもBluetooth、無線LAN、PHS、ワンセグと多彩(詰め込みすぎ?)ですし、SSDの採用についても半年前は64GBだと十万円前後はしたでしょうから、価格的に無理があったでしょうね。先行したことや宣伝の下手さで割を食ってる感じでしょうか。

Mutsukiさんの追加レポです。人気モデルの隠れた長所としてユーザーが多く様々な情報が手に入りやすい点がありますが、Willcom D4はtype Pのように売れまくっているモデルではないものの、その分ユーザーのベテラン度(人柱度?)でカバーしている感じがします。Mutsukiさんがご紹介されているサイトも分解の過程を非常に丁寧に紹介されています。D4が高密度に組み込まれているのがよくわかります。

type Pと較べられる事の多いD4ですが、Mutsukiさんも比較されています。type Pベーシックモデルと較べるとPCスペックはさほど大きな差はなく、大きな差があるのはタッチパネルやボディ面積、キーボードといった形状と入力面での差異が主です。あくまでキーボード入力にこだわったソニーと、携帯の延長線上でコンセプトを練ったシャープ(ウィルコム)の違いかもしれません。

今回換装されたSSDはPhotoFastブランドですが、ファームウェアに不具合がありトラブルが生じています。我が家のMtronも不具合アリの報告を受けてファームウェアを一度更新しましたが、成熟したHDDと違ってまだSSDは手探りなところがあります。まだまだ気軽に交換するには敷居の高いパーツです。
 → 株式会社モバイルモード==PhotoFast G-MONSTER SSD== [2009-3-21]

その他のレビュー 6

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > Willcom D4ユーザーレビュー