HOME > レポート一覧 > WinBook DN7030ユーザーレポート

WinBook DN7030

WinBook DN7030

■ 評価点平均

3

サイズやポートの位置がだいたい同じなので、DN7020のマイナーチェンジ版と思われる「WinBook DN7030」。GPUにはGeForce 8600M GSを搭載している。
 液晶はおそらく非光沢の15.4型 WSXGA+という珍しいもの。非光沢の選択肢はデルのLatitudeシリーズなど法人向けになってしまうので、個人向けでは貴重な存在といえる。注意点としては今となっては筐体設計が古く、デザインがやや古めかしいこと、SDHCも読めないこと、裏面のサブウーファはほとんど効果がないことなど。

長所・短所

GOOD   BAD
1 液晶
キーボード
騒音・ノイズ
筐体の質感 1
発熱処理

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

WinBook DN7030  kanaza さん

 No. 2086

  • 長所: 液晶
  • 短所: 筐体

◆ 購入のきっかけと価格
非光沢で高解像度のノートが欲しかった。非光沢にこだわらなければデルにするけど、映り込みがあると嫌なので。
価格は、三年保障付で16万ほど。

◆体感速度の変化
PenM1.7+768Mと比べると、ブラウザを大量に開いたときのストレスが無くなった。

◆ 液晶の質
輝度はかなり高い。視野角は蹴茶さんの7020のレビューほど酷くなく、改善されたのかも。

◆ キーボード:配列やタッチ
独立でhomeキーをつけるなら、endキーも独立にして欲しかった。

◆ 筐体:質感や強度
どのメーカーのノートでも言えるんだけど、天板にロゴを載せないほうが好きなれる。開いたときの液晶の下だけでいいと思う。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
USBが右奥にかたまってるのが使いづらい。

◆ その他
気に入らなければ返金できる制度があるので、気楽に買えるのはいい。ベンチマークはきちんと測ってないので登録しなかったのですが、FF高解で4600、3DMark06で2300ほどだったかな。

◆ 総評
非光沢にこだわる人を狙ったモデルですね。ちょっと中途半端なスペックだけど、それほど重いゲームをしない自分にはこれでいいです。

非光沢狙いで、ソーテックに落ち着いたkanazaさん。Chronos ISもモデルが少々変わってしまいましたし、相変わらず非光沢は選択肢に乏しいですね。Vostro 1500でだいぶ改善された感はありますが。「なぜ、Endが非独立なのだ?」なぜゆえかDN7030はPageup、PageDown、Homeときて、Endキーだけ並んで無いんですよね(写真) [2007-11-14]

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > WinBook DN7030ユーザーレビュー