HOME > レポート一覧 > ThinkPad X41 Tabletユーザーレポート

ThinkPad X41 Tablet

ThinkPad X41 Tablet

■ 評価点平均

90 4/5

X41のタブレット型。
ThinkPadでは珍しく、高視野角の液晶を使用している。
通常、ノートは底面から排熱もしくは吸気を行うことが多いが、タブレットモードではこの底面が液晶パネルでふさがれてしまうため、大きな問題となる。そのため、タブレットモードを自動で関知し、ファンの回転数をあげることで排熱を稼ぐ仕組みになっている。

長所・短所

GOOD   BAD
2 液晶
1 キーボード
騒音・ノイズ 2
筐体の質感
発熱処理 1

型番

1866-CZJ

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

ThinkPad X41 Tablet  さっち さん

評価 90 点 No. 880

  • Intel 915GM (128MB)
  • Pentium M 778 1.6Ghz
  • 1.5 GB
  • Windows XP
  • 長所: 液晶
  • 短所: 騒音
FF11v3 高解 1510

ThinkPAd X41 Tablet 1866-5GJ/A63

◆ 購入のきっかけと価格
TabletPCに触れてみたくて購入しました。
秋葉原のおっとという店で179800円で新品を買いました

◆ 実際の体感速度
タブレットドライバが常時常駐しているので何もしなくても500M前後メモリを占有しています。増設は必須です。
1512(+1G)増設しましたらかなり快適になりました。

◆ 液晶の質
視野角が170度あるのでどこからでも見えてしまいますw
液晶はアンチグレア処理してあるためにゲーム等をすると引き締まった?画面になります。外でもきれいですw

◆ キーボード
さすがIBM。打鍵感は最高です。
キー配置やピッチも申し分ない。

◆ サウンド
これは普通程度ですね

◆ 筐体:強度と質感
さすがはシンクパッド。質実剛健といった感じで強度はかなりありそうです。
回転部分のヒンジもかなり頑丈にできています。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
USBポートが少なく感じる意外は不満はありません。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
ほとんどファンの音はしないと思います。
ものすごく静か。
タブレットモードにすると本体ファンを抑えて手を熱くしない工夫に関心しました。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
とても小さくまとまっています。発熱はあまり見受けられないと思います。

◆ モバイル性
1.8キロが重いか重くないかは個人差がありますが私はぜんぜん許容範囲内です。
標準で8セルバッテリがついているので5〜6時間は余裕でもちます

◆ 総評
レノボにかわっても質実剛健な作りに変わりはないとおもいます。
特にこのPCは随所にユーザーが使いやすい工夫がしてあり大変気に入っています。
唯一気に入らないのは1.8インチHDDであることです。
1.8は高い・・・

これでNintendo DSのエミュレーターなんぞが開発された日には、国内海外問わず大受けしそうな気がします(w さっちさん曰く、Tabletになってもやはり中身はThinkPadとのこと。公式サイトでもキーボード品質は「通常のThinkPad並み」を謳っていますね。薄さも上々。ドッキングステーションも用意されるので、使い方によってはメインマシンにする人もいるんじゃないでしょうか。 [2006-2-2]

  •  RagnarokOnline (C) 2005 GangHo All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  FinalFantasy XI (C) 2005 スクウェアエニックス All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

ThinkPad X41Tablet  Rinzou さん

>> Lenovo

  No. 1169

  • Intel 915GM (128MB)
  • Pentium M 778 1.6Ghz
  • 1.5 GB
  • Windows XP
  • 長所: 液晶
  • 短所: 騒音
FF11v3 高解 1564

今更ですが漸く購入できたので基本のFFベンチです。
最近の統合チップは出来がいいのですね、まさか1500を超えるとは驚きです。
余談ですが低解像度で2589。
作りは全体的に良く、さすがはThinkPadという感じ。
特筆すべきは液晶の綺麗さ、広角なだけでなく明るく発色も良く今まで使ったThinkPadの中で
は一番の出来です。(今まで使ったThinkPadはs30x22t41)
不満足点に騒音を選んだのは、タブレットモードにすると若干ファンがうるさくなる為ですが、
抱えた時に底面が余り熱くならない為と考えると我慢が効くレベルです。

貴重な液晶の綺麗なThinkPad、X41 Tablet。やはりタブレット型という使用状況を考慮したのでしょうか。全体のつくりはいつものThinkPadらしくしっかりしたもので、隙の少ないタブレットPCに仕上がってそうですね。 [2006-7-6]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

ThinkPad X41tablet  e275 さん

>> Lenovo

 No. 1820

  • Intel 915GM (128MB)
  • Pentium M 778 1.6Ghz
  • 1.5 GB
  • Windows XP
  • 長所: キーボード
  • 短所: 熱処理

◆ 購入のきっかけと価格
メインで使用していたタブレットのHP/Compaq tc4200の重さと熱さと厚さとバッテリーの持たなさとキーボードの使いにくさに我慢ならなくなり、中古で見かけたX41tabletを衝動買い。
また、やってしまいましたw

◆ 体感速度の変化
正直なところ、普通の作業のパフォーマンスに関しては、(残念ながら)tc4200の方が優れています。やはり、2.5inchハードディスクなのが効いているのでしょう。
OSやアプリケーションの起動を比べると、その差は圧倒的です。
そこで、コンパクトフラッシュを使ったSSD化を決行!
方法や機材は、レポNo.1802の klotho さんとほぼ同じです。
無事、BIOSでHDDとして認識しました。

注意する点としては二つ
・純正リカバリディスクを使用すると、(たぶん容量の関係?)途中で止まります。
・Sonoma系ThinkPad全般に言えることですが、純正のHDD以外を使用するとフォームウェアの関係で、エラーを吐いてとまります。(最新のBIOSを使用すれば、エラーを飛ばして普通に起動可能)

ちなみに、OSの入れ方としては、純正HDDのブートパーティションのサイズを8GB以下にした後、USBケーブルなどでCFをHDDとして接続後、パーティションコマンダーなどのソフトで、パーティションごとコピーというやり方がお勧めです。

◆ 液晶の質
非常に良いです。
ThinkPadの中ではIPS液晶搭載のワークステーションモデルに匹敵する視覚範囲があります。ただし、極端に横や上下から見ると若干文字がかすんで見えます。

◆ キーボード:配列やタッチ
非常に優秀。tc4200とは雲泥の差。やはりキーボードはThinkPadです。
ただし、ひとつ気になる点としては、ほかのX40系のマシンとキーボードが共通なので仕方のない事かもしれませんが、PgUpキーにキーボードライトのアイコンがあります。
X41tabletにはキーボードライトは搭載されていないので、押しても何も起こりませんが、なんとなく気になります。

◆ サウンド
ビジネスモバイルで、しかもThinkPadなんで期待する方がオカシイって、言葉が悪いですが、まさにその通りです。
しかし、X3系統などと比べると多少音質の向上ありかな…

◆ 筐体:質感や強度
ThinkPadのタブレットとの事で、非常に良いです。
ただ、ラッチの部分がライバルHP/Compaq tcシリーズが筐体に収納する様になっているのに対して、こちらは普通のラッチなので耐久性に劣るかな…
というのが素直な意見です。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
USBポートが二基しかないのが、少し時代を感じる設計です。
また、ライバルHP/Compaq tcシリーズが左右、背面に三つ分散しているのに比べると、左右のみというのは、やはり劣る部分です。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
冷却ファンはSonoma世代のThinkPadとしては非常に優秀な部類に入ります。ノートノードで使っている限りでは、ファンはあまり回りません。(ただし、常に超低速で回っている模様)
HDDについては、純正1.8inchHDDはカッタンカッタン音がします。これは中古ですが、
ほかに当方所有のX41とX40でもその様な音がするので多分仕様かと…

◆ライバル機
X41tabletの宿命のライバルである(と、私が勝手に思っている)HP/Compaq tc4200と当機のメリットをまとめてみました。

X41tabletメリット
・モバイル性能が高い(軽い、薄い、長時間駆動)
・キーボード(しっかり、ThinkPadのキーボードです)
・豊富なオプション周辺機器
・ThinkPadとしてのアドバンテージ(サポート、分解のしやすさ、パーツの入手性)

tc4200のメリット
・PCとしての基本性能が高い(CPU,メモリ,HDD)
・安い
・ペンが高機能(消しゴム機能搭載)

◆ 総評
ThinkPadのタブレット第一弾であるX41tablet。
タブレットに慣れているHP等の製品と比べると、劣る部分がありますが、そこはThinkPad独自のアドバンテージでカバーして余りあります。
また、後続機種であるThinkPad X60tablet系列では、X41tabletの弱点がしっかり補完されています。(消しゴム機能つきペンなど)

おお、SSD化レポがe275さんからも。e275さんの場合、対象がThinkPadなので例のHDDチェックをパスする必要があったようです。一部のThinkPadはサポートの理由からか、起動時にBIOSが接続されているHDDをチェック。純正品でなければ起動させない仕組みを備えていました。ただ、e275さんによると最新BIOSではパスできるとのこと。方針転換でもあったのでしょうか。 [2007-7-5]

その他のレビュー 3

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > ThinkPad X41 Tabletユーザーレビュー