HOME > レポート一覧 > XPS M1210ユーザーレポート

XPS M1210

■ 評価点平均

84.6 4.4/5

 ハイエンドゲーマーモデル「XPS」モバイル第2弾。第1弾の「M1710」が17インチ液晶の巨大ノートでしたが、このM1210はB5サイズのボディにGeForce Go 7400やCoreDuo、130万画素のカメラなどを搭載しています。
 ただこの分野ではソニーのバイオSZがかなりの完成度で存在しており、コストパフォーマンスでどこまで迫れるのか興味のあるところです。

長所・短所

GOOD   BAD
2 液晶 23
2 キーボード 13
29 騒音・ノイズ 6
13 筐体の質感 8
8 発熱処理 4

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

XPS M1210  setzer さん

>> デル

評価 90 点 No. 1142

  • 長所: 液晶
  • 短所: 騒音
FF11v3 高解 4306

◆ 購入のきっかけと価格
dynabookCXからの乗り換えで、ある程度のグラフィック性能を持っているノートPCが欲しいのでVaio tyapeSと比較して悩みながら値段でdell XPS1210を選択

◆ 実際の体感速度
dynabookCXがceleronM1.5Ghzなので速度的には快適になりました。
Lineage2を最小化してメールチェックして・・・とかの複数作業はとても快適に。
さすがcoreDUOってところです。

◆ 液晶の質
自分の見た感じでは特に問題なし。

◆ キーボード
フカフカ。うち間違いが多くなりました。キーを叩いた時の音が微妙に安っぽいです。
打った感じはそんなに悪くないんですけど・・・微妙にたわんでる(?)感じがしますが自分は気になりません。

◆ サウンド
特に気にならないですが、思いのほか高音が強めに出てるかなって感じです。

◆ 筐体:強度と質感
質感は・・・値段相応ですね。液晶を開けるときに片手で液晶の面だけを持って開けようとすると底の面もついてくるので気をつけたほうがいいかもです。なんか表現おかしいですね^^;

◆ 筐体:各種コネクタの位置
左右両面にUSBがついてるのは便利ですね。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
ファンの音は気になりませんが、ドライブの回転時の音は結構気になりました。
聞きなれないからかもしれませんが。
FFベンチ等をしたりした時は左側の廃熱部分から結構熱い風が出ます。後はキーボード右側のパームレスト部分、F7、F8キー部分がほんのりあったかくなる程度です。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
そんなに大きいと感じず、こんなもんかなと思いました。それなりに発熱します。

◆ モバイル性
見た目よりも重い感じがします。自分的には毎日でもなんとかなる重さだと感じました。

◆ その他
タッチパッドのボタンもフカフカです。使わないので気になりませんでしたが、ちょっとびっくりしました。
一応「Windows Vista capable」とシールが張ってありますが・・入れる気にはならないですね^^;

◆ 総評
値段を考えると満足できる一品です。
こちらのHPのレポートを大変参考にさせていただきました。
ありがとうございます。

ウィンドウ化できるゲームはプレイしながら、横で他の作業ができるのはとても便利です。蹴茶のやっている大航海時代オンラインも窓で立ち上げっぱなしだとCPUパワーを結構喰うので、横でブラウジングするときなどはデュアルコアの効果が大いに出ます。
キーボードや筐体はさすがにThinkPad並みとはいかないようですね。ファン音はさほどではないとのことですが、一方でドライブの回転音が気になるとのこと。 [2006-6-27]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

XPS M1210  master-k さん

>> デル 参考になった!参考になった!

評価 90 点 No. 1145

  • 長所: 騒音
  • 短所: 筐体
3DMark05 2052
3DMark03 4402
FF11v3 高解 4064

◆ 購入のきっかけと価格
5年以上使ってきたNEC製ノート(LS46H24DV)があらゆる面において限界に達した為、
買い替えを検討。VaioのSZも一時検討対象になったものの、ほぼ同じスペックにした
場合、M1210の方が安くなる事、VaioのスタイリッシュなカッコよさよりM1210の
ちょっとゴツい感じの方が好みな事もあって、こちらでポチりました。

T2300E、HDD80GB、メモリ1GB、GF7400TC、無線LAN、ブルートゥース、9セル他装備、
10%OFFで計173,410円也。

◆ 実際の体感速度
さすがCoreDuo。
これまでのNECノートは論外としても、会社で仕事に使っているデスクトップ等とも
比較出来ない位、サクサク動いてくれますね。
極めて快適です。

◆ 液晶の質
所謂光沢液晶で若干顔が映りこむものの、そんなに気になるレベルではありません。
視野角はあまり広くないですね。普通に一人で見ている分には不都合は無い、という
程度。
ドット抜け等が無かったのは幸い。

◆ キーボード
キーボードのピッチ、ストロークはA4ノートとほぼ同等。
ただ、パームレスト部の奥行きが狭いので、ホームポジションに指を合わせると、
私の場合手のひらが少し手前にはみ出します。その為、長文のタイピング等は
ちょっと辛いかな。
あと、左側は問題ないですが、右の「:」周辺がタイプ字に少々たわむ感じがあります。

◆ サウンド
まあ、それなり。
低音域がイマイチ。

◆ 筐体:強度と質感
頑丈、という感じでは無いのですが、強度的な不安はありません。
質感は、「閉じてるとなかなかよさげ」で、「開くと普通」。
TOP部がマットブラックな事と、DELLの丸いロゴとXPSのロゴがいい感じなのですが、
開くと普通に「銀パソ」。
その銀も金属質なものではなくて、よくある感じの銀塗装なのがちょっとイマイチ。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
USBを左右に2つずつ割り振っているのは、なかなか便利です。
ただ、これまで外付けHDDで使っていたIEEE1394が右側なのは残念。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
キーボード側は、普通に使っていてもそんなに熱くなりません。
ベンチを走らせた時に、ちょっと暖かくなったかな?という程度。
但し、底面のHDDとメモリスロットあたりは結構温度が上昇しやすいので、膝上での
使用は避けるべきかと。
ファン音は、あまり高周波な感じではなく、ベンチ実行時でもそんなに気には
なりませんでした。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
A4ノートのアダプタと殆ど大差ないサイズ(約140×55×20mm)
極端に大きいわけでは無いけど、モバイル用という印象も無い。
結構熱くなります。

◆ モバイル性
微妙。12.1インチワイドのノートですが、実際のサイズはA4クラス。
バッグ等を選ぶ際には注意が必要です。
また、重量は2堋あるので、たまに外に持ち出すという程度なら問題ない、といった
ところでしょうか。

あと、9セルバッテリーですが、フル充電状態でDVDを再生したところ、ほぼ3時間で
空になりました。

◆ その他
ありがちですが、やはりボリュームはダイヤル式の方がよかったですね。
ボタン式は不便です。

◆ 総評
以前蹴茶さんがTOPでも仰ってた通り、極めて微妙な存在だと思います。
登場時期といい、サイズといい。
XPSの名は冠しているけど、M1710ほどのインパクトも無いし。

ちなみに得点の-10点の内訳は、
・銀塗装が高級感の無い普通の感じだった事 -5点
・トップカバーとベゼルの間から、透明の何か(硬いフィルム状のもの:三角形)が
2伉はみ出していた(結局カッターで削り落とした) -5点

でも、その他には特に問題もなく、私個人は非常に満足しています。
近いうちに5〜6日ほどの旅行に出るので、その際のお供にする予定です。

バイオSZも競合したが、ゴツいのが好きなこともあってM1210をチョイスしたというmaster-kさん。登場時からすると、値段的にもちょっと下がってきましたね。モバイル性という点においては、ACアダプタもそこそこのサイズがあり、日常的に持ち運ぶのは向いてないみたいです。でも持ち運べないサイズでもない。そんな感じでしょうか。筐体の質感は閉じているとマットブラックな質感がGood!でも開くとちょっと普通かなとのことです。

このサイズのノートはたいていUSBポートの一極集中となるものですが、M1210は左右に分配。これは便利そうです。またファン音は高周波ではないため、回りはするものの耳障りなほどではないそうです。
総評としては、やはりちょっと中途な存在を指摘されています。XPSということで、ぶっとんだパフォーマンスを持つわけではないし、一方でモバイル性も微妙なライン。高級感もイマイチ足らない。そのあたりが−10点の理由でしょうか。 [2006-6-27]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

XPS M1210  totsumiura さん

>> デル 参考になった!

評価 90 点 No. 1164

  • 長所: 騒音
  • 短所: 液晶
3DMark05 2067
3DMark03 4398
FF11v3 高解 4101

蹴茶さん、皆様、ご無沙汰しております。
新しくノートPCを購入したので、ファーストインプレッションを書いていこうと思います。

◆ 購入のきっかけと価格
会社で使っているWebページ製作用のマシンがあまりに遅く作業効率を上げるためと、適当に遊べるノートPCの双方を満たすものとして、購入。
当初はPC屋らしくAopenのW310というベアノート(詳細はhttp://www.arima.com.tw/ViewProduct.asp?View=151と同じものです)に狙いを定めていたのですが、販売中止ということで、急遽このぐらいの別のノートPCを買おうと、情報収集。
どうもDELLの法人カタログ6月号に、M1210のカタログモデルというものがあり、その価格がCore Duo搭載で99,800円(税別)とずば抜けて安かったので、多少の味付けとその後のパーツ交換を考慮して、購入を決意。

Intel Core Duo T2300E
Hynix DDR2-667 256MB x2(購入後すぐにADATA DDR2-667 1GB x2に交換)
Seagate ST96812AS 5400rpm 60GB SATA150
Intel 945PM + GeForce Go7400TC 64MB+オンボードTC192MB 計256MB
Sony DW-Q58A DVD±RW DL対応(購入後Pioneer DVR-K05 スロットインタイプに交換)
Intel Pro/Wireless 3945ABG ワイヤレスLAN
Webカメラなし液晶(12.1型ワイド、1280x800 WXGA)
Windows XP Home SP2(手持ちのWindows XP Pro SP1aに入れ替え)
大容量9セルバッテリー
ACアダプター x2(今回は通常の2ピンタイプになっていました)
以上の構成(交換パーツは除く)で、131,479円(税込)です。
実際は、それにメモリー増設が入っていますので、15万程度です。

◆ 実際の体感速度
もっさりするときは、必ずといっていいほどHDDアクセスなので、実質的な速度云々で言えばPen-M時代からほとんど変わりはないようです。
マルチタスク処理の動作をして、ようやくデュアルコアの恩恵を受けられていると感じる程度で、一般のWeb閲覧などでは大幅な違いを感じることはありません。
複数作業をしても、ほぼ一定の速度を保てるようになるので、おそらくはそういう使い方をしない限りは、Pen-Mとわからないと思います。
一応「きびきびと動くようになった」とお世辞は付け加えておきます。

◆ 液晶の質
お約束ですね。輝度はかなりあります。最近のノートに比べると見劣りする部分はだいぶ少なくなりました。
視野角はほぼ左右に45度程度。60度を過ぎるころには見えなくなります。
映り込みは結構しますが、角度の問題で解決できます。それほど心配はないと思います。
依然として、応答速度が場面によって遅れる時があり、今後FPSのテストのときに行いますが、フレームが追いつかないという現象は今も残っています。
最近のノートの応答速度がどれぐらいあるかわかりませんが、16ms〜25ms程度じゃないかと勝手に予想しています。

◆ キーボード
小型PCだと思っていたのですが、実際はB5ファイルサイズ。
幅に関してはA4に近いです。したがってぎりぎりまで幅を使えばA4タイプのキーボードを搭載できるわけで、当然そんなキーボードが搭載されています。
キー配列はB5、キーピッチはA4といえばわかると思います。使い勝手はかなりいいです。
ストロークがそこそこ深いので、ThinkPadと比べるとやや劣る程度。
一般的なノートPCのキーボードとほぼ変わらない感じだと思われます。
イメージとすれば、日本撤退前のGateway製のノートPCのキーボードに一番近いかなと。
ちなみに、たわんでるという話がありましたが、これは一度メモリーを取り付けるときにキーボードを取り外す必要があるため、その際にきっちり閉めなおしをしたら、なくなりました。ねじ閉めぐらいきっちりやってほしいものです。

◆ サウンド
液晶下にスピーカーが2つ。これはおそらく前モデルに位置するInspiron710mと変わりません。HD-Audio搭載の恩恵かどうか知りませんが、フロントのオーディオ出力が2つあります。マイクと並んで3つあるのは、ノートでは久々に見た気がします。
肝心の音ですが、それなりにいい音です。まあ、こんなものかなあというレベルです。

◆ 筐体:強度と質感
天板が黒というのが好印象です。見た目もXPS系ではなく、Latitude系のような天板ですし、法人向けに売り出せる自信があるのもうなずけます。
いざ開いてみると、普通のシルバーだったので、これはまんまとWeb広告にやられたかなという感じです。使い込むと確実に塗装がはげてくるので、むしろ黒の筐体だったらよかったんじゃないかなあと思います。質感が悪くないだけに、残念な点です。
何より、友人や同僚が「DELLじゃない」と言ったのが印象的でした。確かにDELLのデザインではない感じです。
強度に関しては、ずいぶん強くなったと思います。過去のDELLノートで割と指摘したような軋みはほとんど見られないので、そこだけでもいい評価になってしまいます。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
左側面:ExpressCard、S-VIDEO、USBx2、ワイヤレスLANスイッチ、モデム
右側面:光学ドライブ、SDカードスロット、IEEE1394、USBx2、RGB
背面:LAN、ケンジントンロック、ACアダプタ口
前面:オーディオ出力x2
USBの左右振り分けが大きなポイントです。電力供給も問題ないようです。またUSBデバイスからのスタンバイ復帰も可能です。
いつものごとくドライブの位置が右手前に位置しているので、CDの入れ替えが非常にわずらわしく、スロットインタイプへ換装しました。マウスを使う場合はどうしてもその位置にマウスが来るので、スペースの問題を考えるとやむなしではありますが、逆サイドに移動してくれると一番ありがたいところです。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
発熱は暖かくなる程度で、ゲーム中の廃熱が熱い程度。HDDの位置がパームレスト下なので、発熱によっては熱くなる可能性は十分にあります。
ファンの音はそれほど大きい音ではないので、つけっぱなしで寝ても問題はないでしょう。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
前述のとおり、メガネケーブルタイプのコネクターになったのがちょっとした事件でした。大きさは以前のLatitude D600タイプと変わりませんが、そこだけがちょっとうれしいです。電力供給は65wタイプです。
以前のタイプを挿すと、Latitude時代にあった異音がなくなることから、以前の異音問題は消費電力の供給不足に近い状態だったのではないかと思われます。
それはさておき、新型ACはそれほどの発熱もなく、異音もしないので、後はサイズを考慮してくれればと思います。

◆ モバイル性
6セル+ドライブで約2キロだったので、9セル+ドライブで2.4キロぐらいでしょうか。
サイズがかさばらないのがうれしいです。薄型A4も好きですが携帯しずらいので、持ち運びには苦労はしないと思います。
重量は、バッテリーとのトレードオフなので、たいした問題ではないです。
ただ、昨今の軽量ノートに比べるまもなく、A4スリムにすら及ばない重量なので、そこに妥協できるかだと思います。私は十分に持ち運びできますね。

◆ その他
RivaTunerによるGPUデータ
2D時、コア100MHz/メモリ200MHz
Low3D時、コア200MHz/メモリ600MHz
High3D時、コア450MHz/メモリ900MHz(実際は891MHz)
GDDR3 64bitバス接続となります。
BIOS上では、同コアを使用しているQuadro NVS 110Mと表示されます。
(ちなみにドライバーはさすがに当たりませんでした)
ベンチスコアは、クリーンインストール後、IntelのINFをIntelの最新版、GeForce7400のドライバーをUSAサイトの最新更新のものをインストール、ほかはすべてドライバーCDよりインストールしました。またAC使用時より、バッテリー使用時のスコアのほうがよかったことも付け加えておきます。

DELLとは、購入時や注文後に多少トラブルがあったのですが、それはおいおい追加レポートで書いていこうと思います。PCの性能がよすぎるので、今は忘れていたいです。

あと、MediaDirect用のボタンですが、わざわざフロントに配置して、しかもブルーのLEDで光らせる必要はないんじゃないかと思いますね。XPSシリーズなんで、そこは譲れないと思いますけど、法人向けに売る場合のウイークポイントになってしまいそうです。

9セルバッテリーですが、液晶の輝度を最高にした上で、ほかを最小の電力設定にして、ほぼ3〜5時間ほどは問題ないようです。光学ドライブの稼働状況にもよりますが、この程度の時間持てば、外回りでも十分問題ないと思います。背面にはみ出しますので、ここはしょうがないということで。

底面のメモリースロットにスリットが入っているのが、ちょっと面白いです。
メモリーも冷却しないと廃熱が間に合わないようになってしまったようです。

◆ 総評
そんなこんなで、すごく甘くなってしまいましたが、90点です。
というのは、いろいろクリーンインストールまで紆余曲折があり、この辺は再度評価しないといけないような内容なので、確実にまだ評価できるものではないためです。
今回は純粋に商品の出来と、DELLの商品の進化に敬意を表して、こんな点数です。

CPUもメモリーもHDDも簡単に交換できるので、ここはさすがにベアノートがベースだけあるなあと思いつつ、そこをうまくOEMで加工したDELLにただただ感心するばかりです。

ちなみに、今のところはAopenかMSIあたりのベアノートではないかと勝手に推測しています。1551-AG1とつくりはほぼ同じなので、グラフィックが違うにせよ、AopenのW310なんじゃないかと邪推してしまいますが…。

その辺も含めて、もう少し使ってから、自分のHPとこちらで再度詳細レポートをまたしようと思っています。

おひさしぶりです。激安となったM1210をゲットしたtotsumiuraさん。M1210も時が経てば、おそらく値下げてくるだろうとは思っていましたが、早くも10万円を切るとは素早い。法人向けは相変わらずとんでもなく安い値段を提示してきますね。どこと競わせるわけでもなく、自ら出してくるのがデルの恐いところです。
キーボードのたわみはネジをきっちり締めることで解消したそうです。気になる方は一度試してみるといいかも。また光学ドライブはトレイが不便だったことから、スロットインタイプに換装してしまったとのこと。スロットインならマウスの邪魔にもならなさそうですが、簡単に換装されてしまうところがデルらしいといえばデルらしい。 [2006-7-2]

  •  A列車で行こう7 (C) 2005 アートディンク All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

XPS M1210  YOS さん

>> デル

評価 85 点 No. 1183

  • 長所: 騒音
  • 短所: 液晶
3DMark05 2069
FF11v3 高解 4250

◆ 購入のきっかけと価格
17万ちょいでした

◆ 実際の体感速度
まあまあよい

◆ 液晶の質
視野角狭すぎ、バイオTR5Bからの乗換えなので画面が超みずらく感じます。全体に白ががった感じ、調整しても微妙でした。

◆ キーボード
ちょっとやすぽい

◆ サウンド
低音が汚い、高音も微妙

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
以外にあまり熱くならない

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
熱くなる

◆ モバイル性
ちょっとでかい

最近、M1210の価格攻勢がはじまりましたが、そのコスト競争の源泉がYOSさんのレポート中にあるような視野角の低い液晶パネルなどにあるのかもしれません。特にYOSさんの場合は液晶に気を配るバイオからの移行とあって、かなりの違いがわかってしまったようです。色合いもちょっと白っぽいとのこと。 [2006-7-13]

  •  FinalFantasy XI (C) 2005 スクウェアエニックス All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

XPS M1210  ZZR400K1 さん

>> デル

評価 90 点 No. 1188

  • 長所: 騒音
  • 短所: 筐体
FF11v3 高解 4046

◆ 購入のきっかけと価格
古い自作デスクトップとベアボーンノートM400Aの2台2垢でMaster of Epicをプレイしていたが、自作機が壊れたため。
バイオSZ、エプダイの14インチで重さ2kgのノート(型番失念)のと迷いましたが、M1210には私が絶対に必要とするS出力がついており、安かったのでこちらを選択。

T2500、メモリ1G、HDD100G、カメラなし液晶、GO7400の組み合わせで16万円ちょっとでした。

◆ 実際の体感速度
通常作業ではPentium M 2GのM400Aと比べると差は感じない。
動画エンコード中に何かやらせれば差は感じられると思うが、まだ未確認。

◆ 液晶の質
かなり明るめなので3段階落とした。
液晶の質はM400Aとあまり変わらないかな。それなりに写りこみもありますし、視野角も(特に上下)ちょっと狭い。
友人にDELLノートユーザーがいるので、おおよその感じは分かっていたし、この辺は理解していたのでさしたる不満は感じない。

◆ キーボード
A4ノートとあまり変わらず、慣れている私には普通です。
ESCとF1キーがちょっとへこんでいたのが残念。

◆ サウンド
低音も高音もだめ。まさかM400Aより劣るとは思わなかった。
以前使用していたUSBスピーカーを接続する予定。

◆ 筐体:強度と質感
強度は必要十分。不安は感じないです。
質感は、閉じている状態だと「おお〜」って感じですが、開くと普通のDELLノートですかね。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
特に不便は感じない。
USBが左右に振り分けられているのがいいという人も多いでしょうが、私はそこまで気にしません。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
M400Aと比べると静か。キーボード表面も熱くはならない。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
サイズはM400と同じくらいだけど、発熱は明らかに少ない。

◆ モバイル性
いままで3kg超の15インチノートを持ち歩いていたので、別次元の軽さに感じます。
でも、絶対的な軽さ、小ささを期待してはいけない。

◆ その他
購入時にOSなしを選べるとよかったな。

◆ 総評
14インチ以下の液晶を持ち、強力なグラフィックチップを内蔵し、かつ、S出力端子付となると極端に選択肢が狭くなってしまう。

最初はグラフィック統合型でもいいかなと思って(プレイはM400Aでやるので放置露店ができればいい、程度で)色々探しましたが、この値段で7400装備のこれを発見したので即注文。
幸い、液晶にドット抜け・初期不良はなく、納期も当初の予定よりも早く届いたのでDELLに対する好感度急上昇。

ZZR400K1さんレポ。ちなみに蹴茶は元ZZR250ライダー。250の割にホントよく走るバイクでした。
話がずれましたが、M1210の内蔵スピーカーがあまり良くないようです。M400Aもスピーカーの評価はいまいちだったので、それ以下となると結構凄いことかもしれません(汗 サイズがサイズだけに使い方としてモバイルを考えている人も多いはず。モバイル使用だと外部スピーカーを持ち運ぶのは事実上困難ですし、スピーカー品質は念頭に置いておいた方が良さそうです。
一方で、M400Aと較べて性能がアップしたわりに発熱は少なく、ファン音も気にならない点は良好なポイント。液晶もドット欠けなく、納期も早かったとのことです。 [2006-7-17]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

XPS M1210  age さん

>> デル

  No. 1192

  • 長所: 熱処理
  • 短所: 筐体
FF11v3 高解 4805

T2700換装記念に登録させていただきますw
ちなみにFMOベンチは14636でした。
あと、OCは可能な時と不可能な時があり(まだどういう条件なのか不明です)「常用」なのかと言われるとちょっと怪しい部分があると言う事を付け加えておきます。

ベンチスコアとコメント有り。7月現時点でデルのBTOには選択肢のない最高峰CPUのCoreDuo T2700へ換装されています。 [2006-7-18]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

XPS M1210  papi2 さん

>> デル

評価 90 点 No. 1201

  • 長所: 熱処理
  • 短所: キーボード
3DMark03 4452

◆ 購入のきっかけと価格
メインのCELEVO D400がそろそろ夏に耐え切れず死んでしまうことが多くなったため。でも注文した後解体してCPUファンからでっかい埃のかたまりをとったら騒音もふくめかなり直ってしまった。
7/10までの送料無料、最大13offで申し込んで16.5kでしたが、そのあとまた別のキャンペーンがありこれまたショック!
でも7/20に予定通り届きました。

◆ 実際の体感速度
まだ実感がありませんがSuperPAIがLet'Note CF-A2/P3 700MHzで16分半、CELEVO D400/P4 3GHzで4分半、こいつがCoreDuo 2GHzで2分50秒でした。
そしてHDBench 3.3だとCPUの他との比較グラフが振り切れてしまう!
たぶんCoreDuoよりDDR2 533MHz/1GBのメモリがきいているのでは。

◆ 液晶の質
光沢なので映り込みがありますがこんなものでは。幸いドット欠けはないようです。

◆ キーボード
多くのノートではFnキーことのコンビキーに迫害されるPageUp, PageDn, End, Homeが独立キーとしてちゃんとあります。しかしPageUp, PageDnが矢印キーと近すぎるため矢印キーのつもりがPageUp, PageDnを押してしまいます。これは慣れるしかないのでしょうかね。

◆ サウンド
液晶の下、左右にスピーカーがあり、十分ステレオを実感できます。あとはオプションでつけたSoundBlasterソフトがどの程度のものなのでしょうか?

◆ 筐体:強度と質感
CELEVO D400に比べれば安心感はあります。比較対象があれですが、他のメーカーものと比べてもとくに問題はないかと。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
USBが左右に2個づつあるのはいいが、IEEE1394とCD/DVDが右にあるのはちょっといやかなあ。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
左のファンの噴出し先はかなり暑いが、ほかはとくに暑くなる部分はないし、ファン音もほんとに回ってるの?というくらい静かです。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
Let'sNoteよりはおおきいが、CELEVO D400の750ml缶よりは小さい。でもACアダプタへのコネクタが特殊で、どこかで予備のACアダプタが売ってないか探したがなくて苦労したというのはうなずける。

◆ モバイル性
面積はB5かもしれないが幅はA4です。でも2kgなので持ち歩くのは可能かな。

◆ その他
東芝のAW5を考えていたのが、ここでAW5のGPUはおかしいと聞き、また、やはりノートはモバイルできないとということでこいつにしました。
世間的(?)にはSONYのVaioあたりを押すのでしょうが、私はSONYと富士通はパソコンとして認めていませんので。とくにSONY styleは私にはクローズすぎで押し付けがましくどうしても受け付けません。まあひとそれぞれということです。

◆ 総評
7/20にとどいた箱はデスクトップかと思うくらいでかい箱で、開けるとスカスカ。ここは少し考えてほしいところです。
ほんとは来年のVISTAをまつはずがメインのCELEVO D400が不調となったのと、VISTAは絶対にコケルことがみえてきたので思い切りました。XP ProならVISTAがでたあとも7年はサポートなのでそれまでもつといいな。

早々にVistaに見切りを付け、XPで十分ということでM1210を購入したpapi2さん。購入後にセールの波がやってきて悔しい思いをしてしまったそうです。最近のデルはボーナス商戦をきっかけにキャンペーン変動が激しく、買い時が難しいですね。

CoreDuo 2GhzということでCPU性能は文句なし。オプションで付けられたSoundBlasterもデュアルコアなら全体への負担も少ないでしょう。キーボードは一緒くたにされることの多いEndやHomeキーが、ちょっと押しにくいもののしっかり独立していることを評価されています。

ダンボールの一件は、たぶん複数モデルで共通のダンボールを使っているためと思われます。表面のどこにもモデル名は印刷されていないので、内部の仕切りを変えるだけでたぶん他のモデルにも使えるようにしているんじゃないでしょうか。 [2006-7-25]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

XPS M1210  Talos さん

>> デル

評価 85 点 No. 1207

  • 長所: 筐体
  • 短所: 液晶
3DMark05 2028

◆ 購入のきっかけと価格
 これまでDynabook SS-S7を使っていてそんなに不満もなかったのですが、Civilization4がビデオメモリ不足で動きませんでした。そこで何とか持ち歩ける重さでゲーム向きのノートをということでVAIO SZとXPS1210が候補に上がり、値段の安さでXPSに決定しました。メモリ増設キャンペーン時にXP Pro+Geforce Go 7400+クーポン使用で14万ちょっとでした。

◆ 実際の体感速度
 いまのところほぼゲームにしか使っていないですが、問題ありません。十分な速度です。

◆ 液晶の質
 ツルテカ液晶には参りました。映り込みが目に痛いです。早いうちに反射低減フィルムを付けようと思います。

◆ キーボード
 見た目の印象よりピッチが狭いのか、左手のホームポジションがなぜかずれてしまいます。タッチは安っぽいですが、ノートではこんなものでしょう。

◆ 筐体:強度と質感
 過去に所有したノートの中では一番しっかりしています(比べる対象がチャンドラとかVAIO SRとかですが)。質感は、閉じているとかっこいいのですが、開けると普通です。液晶の周りとキーボードは黒の方がよかったのではないかと思います。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
 発熱は多いですが、ファンがうるさい分、しっかり排熱できていると思います。それでもCiv4をぶっ続けでやってると過熱で落ちます。GPUのクールダウン温度の設定を変えられるといいのですが。

◆ その他
 PowerMizerの設定によってはゲームどころか、DirectX SDKの診断ツールすら動かなくなるので、一瞬あせりました。

◆ 総評
 VAIO SZ→XPSで浮いた資金で、VAIO type Uを狙っていたりします。SS-S7からあれこれ移行しながら、使い分けられるかどうか見極めていきます。

蹴茶も欲しい傑作Civ4。店頭に日本語版が出てましたが、相変わらず高い(^^; そのCiv4がきっかけとなってM1210を購入されたTalos氏。GeForce Go 7400なので性能的には特に問題ないみたいですが、液晶表面のグレア処理の弱さから映り込みが目に痛いとのこと。キーボードがやや安っぽいというのも要チェックですね。しかしM1210安くなりました。 [2006-8-1]

  •  シヴィライゼーション4 (C) 2006 Take-Two All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  Warcraft3: Frozen Throne (C) 2004 Blizzard All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  PHANTASY STAR UNIVERSE (C) 2006 セガ All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

XPS M1210  UZ さん

>> デル

評価 75 点 No. 1215

  • 長所: 騒音
  • 短所: 液晶
3DMark05 2010
FF11v3 高解 3900

◆ 購入のきっかけと価格
Mebius CB-1をAthlon4 1.4Gに乗せ変え使っていましたがVGAサイズのMPEG4再生がきついのと、外出先で3Dゲームが遊びたかったため。

T2050、HDD80GB、メモリ1GB、GF7400TC、無線LAN、
ブルートゥース、9セル、DVD+/-RW、ウイルスバスター12 15ヶ月
17%OFFで計121,144円

◆ 実際の体感速度
Windowsはサクサク動きます、HDDが5400rpmなので速度が少し心配でしたが
予想以上に快適でした。
3Dゲームも割と動いてくれるので、外出先でライトに遊びたい場合には良い感じです。

◆ 液晶の質
光沢液晶は、やはりなじめません。
上下の視野角が狭すぎ。
コントラストを落とさないと白とびしてます。
ドット抜けは無しでした。

◆ キーボード
かなりフニャフニャです。
少し強く押すと全体がたわみます。

◆ サウンド
前面にジャックが3つあって、5.1chに対応しているようです(今時は当たり前?)
内蔵スピーカーはイマイチ、5.1chヘッドホンを購入しようかと思っています。

◆ 筐体:強度と質感
外見はいいのですが、皆さんおっしゃる様に開くと普通。
外装の、黒のつや消しは綺麗だけど、触るとあとが残ります。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
USBが左右にあって便利です。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
キーボード側は殆ど熱くなりません、裏側は結構熱いです。
ファンは思っていたより静かでした。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
少し大きめなのと、ケーブルが太いです。
かなり熱くなります。

◆ モバイル性
ほぼA4ジャストノートということで、かなり持ち運びには便利です。
バッテリーも普通にビジネス用途で使えば5時間近く持ちます。

◆ その他
SuperPIは38秒でした。

◆ 総評
このサイズのノートで、ゲームがそこそこ遊べてしまうのが凄い。
しかもこの価格です、コストパフォーマンスはかなり高いです。
CoreDuoT2050と言う事でちょっと速度面では心配でしたが、それほど遅くないようですね。
サイズも速度も値段も中途半端ですが、この中途半端さが自分の要求スペックにピッタリはまりました。

液晶がやはり弱いM1210。キーボードもフニャフニャで、ルックスも閉じていれば格好イイが開くと並み。でも、ゲームはそこそこに遊べるし、値段は激安。バッテリーもそこそこ持っています。デルのバイイングパワー炸裂の価格がなによりの強みですね。 [2006-8-3]

  •  Counter-Strike : Source (C) 2005 Valve All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  America's Army (C) 2003 America's Army All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  ザ・タイピング・オブ・ザ・デッド 2004 (C) 2004, 2005 セガ All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

XPS M1210  totsumiura さん

>> デル

評価 90 点 No. 1243

  • 長所: 騒音
  • 短所: 液晶

前回よりもう2ヶ月近く空いてしまいましたが、追加レポさせていただきます。

ひとまず、OC時のスコアや使用感などを自由気ままにレポートです。

今回はnVIDIA純正のオーバークロックツールを使用し、ドライバーはDELLのA01(USサイト)で行っています。レジストリ調節は手動です。
条件は以前と同じです。上記スペックでは1GBとなっていますが、メモリーが2GB状態でのものとなります。

なお、今回は比較的CPU依存の高いベンチであるFFBench3HI、FMOベンチ(1024x768)、及び最高クロックでは3DMark05での計測を行っています。

自動オーバークロックでの計測(コア495/メモリー990)
FMO 11228
FF 4306

手動オーバークロックでの測定(コア525/メモリー1050)
FMO 11580
FF 4378
3DMark05 2270

こうやって見ると、上記2つのベンチが如何にCPU依存なのかが分かります。
ある程度の高性能グラフィックがあれば、あとはCPUのパワーだけでスコアが出てしまう現実があり、そうなるとCPUクロックが上がれば十分に遊べるレベルになってしまうということになります。
3DMark05はそこそこのスコアアップじゃないかと思います。

ついでにWindows Vistaでのスコアも計測しています。ドライバーはnVIDIAのベータにMODを加えたものです。(v88.61)

FMO 10920
FF 3196

FFBenchでのスコア低下が顕著です。
ベータドライバーとしては、おおむね納得できるスコアです。
また、FMOのデュアルコア対応というのもうなずける数値であり、ドライバーの開発がある程度進むと、11000オーバーも可能であるということでしょう。

OCの筐体ですが、FAN全開になる以外の状態変化は特に見られず、ベンチで止まることもなく10周程度は軽くこなしてしまいますので、それほど問題はないのだと思います。
しかし、時より見られる液晶のフレーム落ちが目につきます。

クロックですがメモリーの頭打ちが早く、1050MHz以上で動きません。
コアクロックは、まだまだ行ける可能性はあるものの、535MHzではテスト中にフリーズ。また530MHzではベンチ起動後にエラーによる強制終了となってしまうので、コアの限界点としては、525>X>530ということになりそうです。
メモリーは、どこまでターボキャッシュなのかが分からないのですが、少なくとも割り当てた192MB分のメモリー速度が上がれば、向上する可能性はあります。
そのため、今後DDR2-800などの規格が市場に登場すれば、幾分上がるのではと予測できます。


おおむね使用感は良好で、FPSゲームでも暇つぶし程度であれば十分楽しめるものであると思います。アスペクト比固定なども出来るのでコレは便利な機能で重宝します。

何はともあれ、とにかく液晶のフレーム落ちがゲーム中気になります。
動画の速度に耐え切れるので、特にそれ以上を求めません。求めても酷ですので。

塗装の状態もやや気になる点です。黒であればある程度汚れてきても問題ないのでしょうが、どうにも銀塗装なので、そこは黒ずんでくるのが悲しいところです。
液晶下部のあたりに汚れが溜まりやすいので、きれいに使う場合は注意したほうがいいです。

極力コストを削っていることもあり、筐体がややよじれており、実は底面4点の高さがあってなく、しかもぐらぐらするぐらいです。まあコレもこのPCの持ち味だということで、我慢していますが、それぐらいはせめてしっかりしろよと思ってしまいます。

HDDは、結局WD1200BEVSへ変更しました。
体感速度は変化ありませんが、Seagate独特の不思議な騒音はなくなっています。非常に静かでいいHDDです。
また、諸事情によりメモリーも1GBへ減らしていますが、実用レベルではそれほどの問題は見られません。しいて言えばメモリー使用量がマメに100%になってしまう程度です。

◆ 総評
そんなこんなで、90点を維持です。
目くじら立てて怒るようなことは特にありませんでしたが、購入時に営業さんとトラブルになったりしており、その際に言葉の壁や解釈の違いなどに悩まされました。
ただ、PCに罪はありませんので、そこのところを評価しました。

少々話はずれてしまいますが、思ったことを書こうと思います。
上記のようなこともあったりしていますが、全体的に世間のニーズが上がってきていますが、最近は如何にPCに対しての要求が厳しくなり、またトラブルに関しても寛大ではなくなってきているかがわかります。
ただ、割と自分で解決したという言葉や、むやみな「お願いします」で解決したふりをするユーザーがとても多く、一ユーザーとしては、実際レポートを上げること自体後学のためにはならないのではと思ったりします。
PCを売っているほうとしては、努力しない他人任せの文化を業界全体で植えつけてしまった結果と真摯に受け止めていますが、それにしてもその度合いがあまりにも酷く、せっかくネットという情報収集の道具があっても、あまりに無力であると思います。
駄目なら使い捨てるという発想も個人的にはイヤで、単に悪あがきしているからノウハウが身についてしまっているわけで、最初から買い換えるという選択肢があればそれを行うということはいかがなものかと思います。
あくまでここにレポートを書いているユーザー様は、実体験を書いているわけで、それを参考にするだけでも相当な情報量になると思いますが、それを現実に生かせないユーザーもたくさんいるということが、私は非常にさびしいものであると思っています。

そんなさびしい気持ちも、このPCを見てると、ようやく解消の兆しが見えてきているかなと感じたりしています。DELLが一定の水準までハードを高めた結果、OEM生産かも知れませんがニーズにあったPCを出してくるだけでも、私は十分だと感じています。
あとはどのメーカーも、サポートの充実を図る必要はあると思いますが、ハード面での努力がようやく実ってきているというのが、今回の感想です。

画面の小ささやビデオチップの非力さはありますが、十分すぎるスペックはありますので、私は値段に関係なくM1210は買いのPCだと思います。
サポートが駄目でも、ネット上の情報を集めればほとんどの不具合は解決できますし、何よりそれなりにユーザーが多いことがメリットだと思います。
ニーズにはまれば、本当に手放せない1台になるのではないかと思っています。

長くなってしまいましたが、自分のページでは画像入りで、若干細かく解説していますので、参考になるかは分かりませんが、ご覧いただけたら幸いかと思います。
http://www3.zero.ad.jp/totsumiura/

オーバークロックレポとVistaドライバでのレポ。6%ほどのクロックアップですが、ベンチスコアは1〜2%程度の誤差範囲の上昇にとどまり、FF11やフロントミッションのベンチがCPUベンチとなってしまっています。一方で3DMark05の方はグラフィックの負荷が大きいため、より大きな上昇が得られています。WindowsVistaでのベンチ結果も非常に興味津々ですが、ドライバが未成熟なためかXPでの動作よりも低い値になっています。

クロックアップによる排熱不良には陥らないようですが、7400自体そんなにあがらないようです。もっと積極的に冷やせばあがるのか、それともそもそも供給される電圧も低いため限界がすぐ来てしまうのか。 [2006-8-28]

  •  Quake 4 (C) 2005 id Software, Inc. / ライブドア All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  BattleField 2 (C) 2005 ElectronicArts All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  Savage (C) 2003-2004 S2 Games, LLC. All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

XPS M1210  hayato さん

>> デル

  No. 1291

FF11v3 高解 4693

デスクトップ搭載用にT7400を購入したのですが、少しの間だけM1210にも搭載してみました。

ちょっとだけよ〜と別のPC用に買ったMeromをM1210に載せたhayatoさんからレポ。問題なくベンチも動いたようですね。つかの間のMerom搭載でした。 [2006-9-21]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

XPS M1210  blade1 さん blade1 さんさんのほむぺ

>> デル

  No. 1300

  • 長所: 熱処理
  • 短所: キーボード
FF11v3 高解 4569

◆ 購入のきっかけと価格
仕事上、携帯性がありデュアルコアのノートが必要になり購入しました。
狭い場所での作業もあり、このサイズは気に入りました。

◆ 実際の体感速度
Turionシングルでは処理できなかった作業もこなせるので満足しています。
誰かがシステム用のプログラムをデュアル系のみに書き換えてしまったせいで、つらかった作業とかも問題なし。

◆ 液晶の質
視野角が狭し。ただし、この機種では大当たりを引いたようです。
写りこみとか発色の違和感もあるものの満足しています。

◆ キーボード
うち具合とかも悪くないのですが、塗装が剥げそうな感じがマイナスです。

◆ サウンド
特に問題はないと思います。ノイズもひどいということはなく値段にしては良いのではないかと思います。

◆ 筐体:強度と質感
強度は、そこそこといったところ。キーボードと同じく塗装が剥げそうな感じがマイナス点です。
塗料を送るから、再塗装したボディパーツが欲しいです。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
特に問題はないです。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
驚いたことに、そんなに熱くないです。
冷却もきちんとされていて、ファンもそんなにうるさく感じません。

◆ モバイル性
充分なサイズだと思っています。
これ以下だとUMPCぐらいしかないので、機能とバランスが取れていると思います。

◆ その他というか問題点
Expreesカードの処理速度が低いことでしょう。
事前に問い合わせたのですが、チップセットに直結されたバスとのこと。
速度が低いのは、インテルが問題を抱えているようです。
他にも納期の問題などがありましたが、一気に十日も短縮されたのはびっくり。

◆ 総評
この値段でこの性能を詰め込んだ製品としては、良いのではないかと思っています。
問題は塗装と、品質の安定になるでしょう。
せ、せめて塗装サービス追加してー!

デュアルコアが欲しいスペックの一つだったblade1さんですが、念願かなって仕事も快適度もアップ。勝手に書き換えられたというシステムも無事グリグリと動いたようです(^^; 液晶はwikiに詳しくまとめられていますが、当たりを引いたということはAUO製でしょうか。

Expressカードの処理速度の件は気になりますねぇ。蹴茶のeSATA使用時のパフォーマンス低下もこれが原因でしょうか。blade1さんの聞き込み調査によると、速度が出ないのはインテルのせいらしいです。でも他社モデルでは問題ないという声もありますし、真相は謎ですね。 [2006-9-29]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

XPS M1210  たけのこ村 さん

>> デル

評価 80 点 No. 1308

  • 長所: 騒音
  • 短所: キーボード
3DMark05 2065
FF11v3 高解 4656

◆ 購入のきっかけと価格
 現在所持してるHP nx4300を親に送るためC2Dが出たタイミングで最軽量、Gefo付ハイスペック、安価でXPS M1210を選びました
 SZはプレミアモデルにC2Dつけて購入するか…というと高額すぎて手が出ませんでした。
 スペックは
  
  CPU C2D T7200
  Mem 1G(512M×2、増設無)
  HDD 100G(5400rpm)
  VGA Gefo7400
  その他 カメラ付液晶、Sound Blaster AAHD、6セルバッテリ×2 
 で17万でした


◆ 実際の体感速度
 思った以上に速いのですが初期インストール済みのDellのアプリが邪魔です
 nx4300には専用アプリが無かったのでそこが目に付きます

◆ 液晶の質
 噂どおり白みがかっているのですが、通常の利用自体にそこまで影響があるとは
 思わない程度です。
 但し、これもnx4300>M1210に感じました

◆ キーボード
 想像以上にタッチ感が軽いです。1000円の薄型キーボード並と言ったところでしょうか?
 仕事の関係上固めのキーボード好きなので慣れが必要かと感じます

◆ サウンド
 軽いです。が、普段常にOffなので問題ないかと感じています

◆ 筐体:強度と質感
 天板にコーティングが無いので油分の付着には注意が必要かなと思います
 強度はまぁなんとも…といった所でしょうか?

◆ 筐体:各種コネクタの位置
 両サイドにUSBであることと廃熱が左側であるのが非常に助かります。
 nx4300は右側に廃熱があったのでマウスを使うと熱風が来たのですが
 M1210はそれが無いので助かります(左利きの人は逆になると思いますが)

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
 カメラが無意味に熱くなることを除けば想像より熱くなく、静かと感じます

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
 持ち運ぶには少し大きく、割と熱くなるといったところです

◆ モバイル性
 2.0kgは持ち運び範囲内なので特に気になりません
 (nx4300も1.8kgだったので)

◆ その他
 常時ACアダプタ利用なのでバッテリを外して持ち運ぶ予定だったのですが
 バッテリを外すと基盤が見えてしまう点が気になります 

◆ 総評
 スペックは申し分なく、多少大きめでも持ち運んで利用できることは非常に評価出来るのではないでしょうか?
 その他でも書いたアダプタ利用前提であったので予備バッテリを購入ご中身を取り出して
 利用しています
 ↑の状態であれば1.8kg弱まで重量も減りますので割とお勧めです

バッテリの中身を取り出し、ウェイトセーバーを自作してしまったたけのこ村さん。凄い発想というか、中身はどうしたんでしょうか(^^; 2kg切りは大きいですね。この処置でバッテリーレスの携帯デスクトップとなったわけですが、デル自身も言っている通りACアダプタが繋がっていれば特に使用上問題はありません。

たけのこ村さんのように「バッテリー外しています」という方は結構多いのではないでしょうか。かくいう蹴茶もバッテリーの消耗を嫌い、移動の少ない冬場はバッテリーを外していることが多いです。

液晶の上に付いているWEBカメラはやはり熱くなる模様。無線LANのオン・オフ機能のように、WEBカムへの電源も切れると良さそうなものですが。 [2006-10-1]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

XPS M1210  LINUS さん

>> デル

  No. 1313

  • 長所: 騒音
  • 短所: キーボード
3DMark05 2069
3DMark03 4546
FF11v3 高解 4589

色々と参考にさせていただいていました。
昨日、XPS1210が届いたので取り敢えずベンチ取って見ました。

■購入の動機

本当は12インチノンワイドでグラフィックチップ搭載のマシンが欲しかったんで探していたんですが・・・
vaio szはサイズが大きくて既にモバイルサイズとは言えず・・・・
XPS1210は発売当初見に行って、液晶がワイドな事から見送っていたんですが、使っていたノートPC(12インチ MMX-266搭載マシン 1スピンドル)が時々異常を起し始めてきた為、急遽購入に踏み切りました。


■スペック

正直、Pentium-Mのスペックの低さに中古のP3-Mか、Turion64の方がいいかなぁと思っていたのですが、年明けにSZを見に行って触わり、CoreDuoのレスポンスに惚れ込んで買うならCoreDuoだって決めてました。
また、3d-gameなんて殆どやらないのにグラフィックチップ付きに拘った為、結局1210しか選択肢がなかったという(笑)


■液晶

予想以上に写りこみがありました。
ドット欠けは一応なさそうに見えます。
元々ワイド液晶は使いにくいと考えていましたが、テレビ録画データから起したDVD-Videoを再生して、予想以上にワイド液晶である欠点を感じてました。
あの左右に黒い領域があるのは凄く目障りですね。
ノンワイドの1210のようなモデルが出たら多少割高でも乗り換えたいです。


■サイズ

XPS1210はA4サイズで普段利用している鞄に入るギリギリのサイズです。
VAIOのSZはこのサイズの所為で選択肢から落ちたという。
でも重さは現在利用しているB5ノートより重いんですよねぇ・・・・・


■その他

メモリはなぜか533が搭載されています。
普通、CPUのベースクロックと同じモノが乗るもんだと思っていたんですが、意外でした。
また、光学ドライブがND6550Aなんでスペック上は-R DL対応なのはラッキーでしたが一部のモデルはRAM対応のドライブが乗ってるものもある様で、ちょっと悔しかったです。

あと・・・・PCカードスロットが欲しかったですね。
PC-Expressカード、種類少なすぎ。

非ゲーマーなLINUSさんですが、GPUにこだわりM1210をゲット。Vistaに備えるという意味では重要ですが、XPで使う分にはなかなかゲーム以外での活躍の場はないのも事実です。GPUへのこだわりのため選択肢が少なくなってしまったのは否めず、早くVistaなどGPUを有効利用できる環境が整えばいいのですが。

デルは液晶にしろ光学ドライブにしろ、複数のサプライヤーを持つので注文した時期やBTO内容によってパーツの種類が異なってきます。M1210に載るドライブのなかにはDVD-RAM対応のものもあるんですねぇ。もはやくじ引きの世界です(^^; [2006-10-3]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

XPS M1210  NAGI さん

>> デル

  No. 1316

  • 長所: 騒音
  • 短所: 液晶
FF11v3 高解 4598

とりあえずFFベンチいれて観ました、届いたばかりです、液晶の視野狭いですね。
移動先でFF11やりたくて購入しました、バイオSと悩みましたが、クーポンで約14万9千、価格に引かれて決めました、@HDDは7200回転です。

ベンチスコアとコメント有り。視野角や重さの問題等々ありますが、ホント安いのです。 [2006-10-3]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

XPS M1710  supar7 さん

>> デル

  No. 1317

  • 長所: 騒音
  • 短所: キーボード
FF11v3 高解 7018

9月29日 今日届き1回目は6909で2回目が7018でした。スーパーπ104万桁は26秒。

ベンチスコアとコメント有り。Core 2 Duoの特に得意とするベンチですが、SuperPIはめちゃめちゃ早いですね。数年前のオーバークロッカー並みのスコアです。 [2006-10-3]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

XPS M1210  ぷち丸 さん

>> デル

評価 80 点 No. 1346

  • 長所: 騒音
  • 短所: 熱処理
FF11v3 高解 4046

初カキコになります。参考になれば良いですが…。

◆ 購入のきっかけと価格
前に使ってたノートPC(SOTECのWinbook)が4年前の物なので、そろそろ買い換えようと思い、VAIO・Lavie・コレと迷った末に、メモリ最大1GB無料キャンペーンやってたので、それに惹かれて購入。

プレミアムパッケージでBTO組んだので、要らないサポートとかも付いてきましたが…

・TVチューナ ・HDD120GB(5400回転) ・9セルバッテリ

等々付けて16万9000。
その後のクーポンで15万7000にまでなってましたが…orz
 
◆ 実際の体感速度
winbookもpen4 1.6Ghzだったので、4年前の物にしてはハイスペックだったんですが、
同時作業、ということになるとCore Duoのほうが圧倒的に早いですね。
WMPで音楽聴きながらHPのタグを書く、と言う位では全く問題ないです。

◆ 液晶の質
個人的にはかなり良い様に思いますが…他の人を見てると不評ですねぇ…(笑

ただ、確かに多少写りこみはあり、視野角は上下に狭いです。
結構出てる「ドット抜け」も無し。
あとは、ちょっと明るいかな…?くらいの印象が。まぁこれは普通に作業してるうちは問題ないので、ガンマ補正でなんとかしてます。

が、FFでは…

◆ キーボード
全く問題なし。ちょっとレスが少ないくらいに感じますが。

◆ サウンド
これが気に入らなかった…(笑
圧倒的にWinbookのスピーカのほうが質が良いです。
高音・低音ほぼ出てない。音割れはしませんですけど。

外部スピーカー付けたほうが良いと思います。

◆ 筐体:強度と質感
これも問題なし。
ただし、パームレスト部は確かに狭いです。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
USBが2つずつ左右にあって、結構使い勝手が良いです。
ACアダプタが背面なのも○。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
ファンの音はホントに小さいですねー。
FFとかやってると少し大きくなりますが、あまり気にはなりません。

発熱もそこまで熱くはならないですね。
GPUの温度見てても、常に65℃くらいを保ってます。
それこそ膝に置いてても「あったかいなー」程度。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
モバイル機にしては…ちょっと大きいかも。とは言え、Winbookの物とあまり変わらないので気になりません。

でもこっちは結構熱くなります。

◆ モバイル性
旧型PS2とほぼ変わらない大きさ。持ち運びは便利です。さすがA4サイズ。

◆ その他
あんまり不満は無いのですが…

強いて言えば「タッチパッド」。
基本的にマウスが嫌いなのでタッチパッドで操作するのですが、ホイール機能?がパッド一体型なのがちょっと…(;´д⊂)
それが結構やりにくいです。

◆ 総評
総じて個人的には好評。ただ、問題があるとすれば、
「タッチパッド」「スピーカー」「FFでの問題点」。
-10点は前記2つです。(FFは評価から除外)

前2つは上記参照としても、FFはちょっと…orz

照明などは問題無いのですが、文字色がかなり見分けづらいです。
これって設定で何とかなるんでしょうか…?文字色変えてもあんまり変わらなかったですが…。

あとは解像度。やはりHIモードで4000強だと問題あるのか、2回ほど画面フリーズしました(しかもPT中)。
フルクオリティで立ち上げると、かなり処理落ちしてます。ソロだと問題ないようですが…。
若干落とせばPS2並に動いてくれますけど…。スペックの割にはADSL1.5Mってのも問題ありますけどね…(笑

しかし、それを含めても良い買い物をしたと思います。

購入の際、このサイトをかなり参考にさせていただきました。
ありがとうございます m(__)m

FF11で文字が見えにくいというぷち丸さんレポ。うーん、色域が狭く、色再現性の低い液晶は特定の色が見分けにくいことがよくあります。設定を変えてもあまり改善しなかったそうです。パネル性能の限界として納得するしかないようです。

また高解像度だとFF11プレイ中に落ちてしまう問題が発生。総ポリゴン数が少なく負荷の少ない状況では問題ないようですが、処理落ちをはさまずいきなりフリーズというのはかなり痛いですね。GPUの温度もレポート中に書いていただいていますが、性能面だけでなく発熱もからんでそうな症状ではありますが、どうなんだろう。 [2006-10-12]

  •  FinalFantasy XI (C) 2005 スクウェアエニックス All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

XPS M1210  Gew さん

>> デル

評価 75 点 No. 1364

  • 長所: 騒音
  • 短所: 液晶
3DMark03 4413
 

◆ 購入のきっかけと価格
以前LaVie M LM550/5Eの直販モデルを使用してましたが6回も修理に出し保証も今月で切れたので買い換えることにしました。
T2300E、HDD120GB、メモリ2GB、GF7400TC、無線LAN、4年の引き取りとまさかの時の安心サービス(盗難対象外)に17%OFFで計140130でした。
こんなに安くていいのかと・・・

◆ 実際の体感速度
メモリー倍増キャンペーンで2GBということもあってか速いですね。
体感速度に不満はありませんが、どうせなら7200rpmのHDDにしておけばよかったかな。

◆ 液晶の質
液晶はSamusungでした。全体的に白っぽい感じで色が不自然な感じがします。
文字は読みやすいのですが光沢だから移り込みがねえ・・・
視野角に関してはこれはモバイルノートなんだからあんまり広くても困ると個人的にはこれで問題ないです。

◆ キーボード
あんまりクリック感は良くないですが慣れれば何とかなりそうです。

◆ サウンド
なんかイヤホン使用時にビッと鳴るのは気のせい?
○○のスピーカーを搭載とか機種でなければ普通はこんなものでしょう。

◆ 筐体:強度と質感
意外にしっかりとした作りです。
黒い天板は個人的に好きなんですがこの部分は触ると指紋がしっかり付くのがマイナスですね。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
USBが左右に配列されてたりAudioジャックが前面にあるのもいいですね。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
静かでほとんど熱くならないですね。ただ本体から高周波音が聞こえるのはだめですね。
SONYのドライブだったのであまりディスク読み込みは煩くないです。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
ACアダプタの大きさは普通ですね。思ってたより発熱も少ないです。
DellのACアダプタはケーブル固定のためにゴムのバンド?見たいな物が付いてますが便利ですね。

◆ モバイル性
このサイズなら普通に持っていけます。ワイド液晶はバッグに入れ易くていいですね。

◆ その他
フロントがブルーLEDで光りますが個人的には光らなくていいです。
バッテリーの取り付け部分にBluetoothのモジュールを挿すスロット(SIMカードが挿せそうなスロット)があるんですがそこの部分が基板が剥き出しになってるのでプラスチックの蓋ぐらい付けて欲しいものです。

◆ 総評
せめて液晶はもう少し何とかして欲しいです。詰めが甘いのは値段が安いからしょうがないかな?
まあ安かったから全体的には満足してます。

LaVie Mは6回も修理に出したというGewさんからM1210レポ。しかし6回というのは凄いです。モバイルだと色々と負担も大きくそれぐらい壊れることもあるでしょうが、据え置き使用だったらかなり問題ですね。GewさんのM1210最大の問題点は液晶。値段も値段だから仕方ないかと言われていますが、色合いが白っぽく不自然な感じがあるそうです。光沢なので映り込みももちろんあり。筐体の質感や静粛性はプラス評価です。 [2006-10-19]

  •  Grand Theft Auto: SanAndreas (C) 2005 Rockstar Games, Inc. All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  Call of Duty: United Offensive (C) 2003 Activision,Inc. All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  StarWars: BattleFront (C) 2006 Lucasfilm Entertainment / ElectronicArts All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

XPS M1210  こま さん

>> デル

評価 80 点 No. 1379

  • 長所: 騒音
  • 短所: 液晶
3DMark05 2068
3DMark03 4417
FF11v3 高解 3945

◆ 購入のきっかけと価格

 同じデルのInspiron9300を愛用してましたがサイズと重量に音を上げました。
 小さくて、ゲームが出来て、それでいて安いものという無理なお願いをかなえてくれそうなのはこれだけでした。

 ・CPU:Core Duo T2050
 ・RAM:1024MB
 ・HDD:80GB(5400rpm)
 ・他WLANやBluetooth等

以上で大体11万円(7月購入)。
 
◆ 実際の体感速度

 PenM740とくらべて速くもなく遅くもなくといった感じです。
 もたつくことも無く十分快適です。


◆ 液晶の質

 唯一にして最大の欠点。
 視野角の狭さと黒のしまりの無さは覚悟が必要かと。
 他のメーカーのものと比べなければ、まぁ何とか・・・。


◆ キーボード

 パタパタした感じが多少ありますが、とくに気になりません。

◆ サウンド

 モバイルノートには最初から期待してませんが、思ったよりまともでした。

◆ 筐体:各種コネクタの位置

 USBが左右に二つずつというのが使い勝手が良く気に入っています。
 これで電源コネクタが側面にあれば、さらに狭い机でも使えたところです。

◆ モバイル性

 汎用性の高いパーツばかりで構成して、2kgなら十分に合格点出せます。
 
◆ その他

 各種パーツの換装等を行うつもりならデルのマシンは楽しめますね。
 サービスマニュアル、ドライバ等も充実しています。

◆ 総評

 液晶で-20。他は気に入ってます。 

液晶が最大のネックとなったようですが、11万円というコストパフォーマンスにおおむね満足されているこまさん。視野角の狭さは他のユーザーさんも挙げられていますが、液晶特有の黒のしまりの無さも一段とあるとのこと。いま激戦の薄型テレビでも液晶陣営はいかに黒の浮き上がりを抑えてコントラストをあげるか、技術開発にしのぎを削っている分野ですが、コスト最優先のデル液晶ではなかなか難しそうです。このあと、こまさんからは換装後のレポートをいくつかいただいています。 [2006-10-29]

  •  ToCA RACE DRIVER 3 (C) 2006 Codemasters All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  IL-2 Sturmovik: The Forgotten Battles (C) 2003-2004 1C: Maddox Games All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  Fighter Ace (C) 2006 Ketsujin All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

XPS M1210  こま さん

>> デル

  No. 1380

3DMark05 2068
3DMark03 4560
FF11v3 高解 4601

 9月末に購入。使い勝手がいいので気に入っている頃にCore2Duoが出たのでもう1台衝動買い。動画のエンコード用としてがんばってもらっています。
 3DMarkはT2050と大差なしです。
 

ぬぉ、エンコ用に2台目をゲット。確かに専有面積が狭く、独立した画面を確保できるM1210はかたわらにおいておくセカンドPCとしては最適かもしれませんね。なにより安いですし。 [2006-10-29]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

XPS M1210  こま さん

>> デル

  No. 1381

3DMark05 2096
3DMark03 4710
FF11v3 高解 4812

CoreDuo T2050からCore2Duo T7600に換装。メモリも2GBに増設。
動作は非常にキビキビしていますが、3DMarkは相変わらず。
 

1台目のM1210もCPUを換装。Merom化されています。同じデュアルコアでもあるため、ベンチマーク上ではほとんど変化なしです。 [2006-10-29]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

XPS 1210  こま さん

>> デル

  No. 1388

3DMark05 2387
3DMark03 5368
FF11v3 高解 5233

CPUをT7600、メモリをBuffalo「D2/N667-1G」x2に換装。
OCはForceWare84.69(DellサポートページからDL)を使用しています。
ベンチマークはそれぞれ5回連続で計測して、最高と最低を除いた3回の平均です。

1st

2nd

3rd

4th

5th

FF115305

5231

5238

5232

5233

3DMark03

5366

5348

5371

5377

5368

3DMark05

2377

2331

2390

2386

2387



FF->03->05の順に計測しました。
それぞれ5回は時間をおかずに連続計測。
その後10分程おいて次のベンチの計測をし、その間フリーズ・再起動はしていません。
CPU/GPUの温度は待機時49/58C、ベンチ計測直後67/73Cでした。
FANは計測中は高回転ですが、普段はノーマル時と大差なく静かです。

もう1台のXPS1210(T7200、RAM2048MB(PC4200))はコア550MHzまで可能でした。
個体差はあると思います。

M1210を2台入手されたこまさんですが、その後の追加オーバークロックレポートが届きました。CPU同様、GPUも個体差が見られるようです。 [2006-11-2]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

XPS M1210  へなちょこ さん

>> デル

  No. 1412

  • 長所: 熱処理
  • 短所: 液晶
FF11v3 高解 4234

はじめまして、こんにちわ。へなちょこです。
今回XPSM1210を購入致しましたので、投稿させて頂きます。
FFベンチは4234でしたが、これはノートン先生が起動中の測定です。
注文11/01 到着11/09でした。
プレミアムバージョンでメモリを2Gに増設してます。
購入目的:仕事でも使えてかつ遊びでもつかえるノートがほしかった。
ちらっとだけ評価を・・・

液晶:期待してなかったので、こんなもんかな程度。(ドット欠けは今のとこ無し)

キーボード:これも期待してなかたので・・あまり良くはないです。

騒音ノイズ:思ったより騒音はないので、これはGOOD。

筐体のetc:持ち運びに不安はないです。ただ天板の黒い部分は油ギッシュな人がつかむと染みができてしまいそう。

熱処理:これも合格ラインはいってます。キーボード等は、気になるほど熱を持ちません

スピーカー:へなちょこです。

総合:全体的に良いPCだと思います。USBは左右に振り分けられてます。
ほぼ使うことないPCIExのスロットですが、ダミー式が頂けない、あとダミーを
出すスイッチがへなちょこ。(まぁ使わないと思うからいいのですが)

珍しくWin2kでの測定結果が記載されたへなちょこさんレポ。液晶、キーボードはもとよりあまり期待していなかったこともあり、品質がいいとはいえないが及第点のようですね。スロットカバーはダミー式。dynabook AW6のようにギミック式だと一番ありがたいですが、コストがかかるため、デルではあり得ない選択肢かもしれませんね。 [2006-11-15]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

XPS M1210  マズラー さん

>> デル

 No. 1413

  • 長所: 筐体
  • 短所: 熱処理
FF11v3 高解 4605

◆ 購入のきっかけと価格
 仕事の都合上、月の半分程度を出張先で過ごすことが多いので移動中の暇つぶしと出張先で現在PS2でプレイしているFFにログインしたりできたらいいと思い人生初のノートPCとして購入を決めました。
 当初DELL INSPIRON6400に決めて実際に注文もしていたのですが、その後蹴茶さんのページを知り、GPUの64bit問題を知ったので注文の翌日にキャンセルし、機種を再考しました。
 VAIOtypeS,東芝AW6等も考えましたがコストパフォーマンスから最終的にM1210に落ち着き、Vistaアップ期間疑惑の(笑)11/2に購入しました。
 CPU Core2Duo T7200(キャンペーンでT5500から無料アップ),メモリ1GB,HDD80GB(7200rpm),パーティション分割サービス,GeForce7400,カメラなし,その他はプレミアムパッケージのデフォルト構成で14万円強でした。

◆ 体感速度の変化
 人生初のノートPCなので比較対照がないのですが、すくなくとも自宅の5年くらい前のデスクトップVAIO(WilametteコアのPen4)よりは比べ物にならないくらい速いです、当たり前ですが。

◆ 液晶の質
 ノートは初なので比較対照がないのですが、基本的な質に問題はないと思います。視野角は広くはないですが、家族で集まってDVDを見るような機種ではないと思いますし。ドット欠け等もありませんでした。
 
◆ キーボード:配列やタッチ
 個人的にはもっと固めのタッチが好みですが慣れれば問題ないと思います。

◆ サウンド
 かなり高音の持ち上がった感じのクセのあるスピーカーです。さすがに音楽鑑賞には向かないと思いますがゲームのBGM再生程度なら十分だと思います。

◆ 筐体:質感や強度
 筐体デザインは機種選定時にほとんど考慮しておらずそのため期待もまったくしてなかったのですが、思ったよりずっといいです。なかなか好きなデザインでした。
 強度もよほど乱暴に扱わない限り普通のカバンで持ち運べる程度はあると思います。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
 これも比較対照がないのですが、特に不満はありません。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
 静かです。作動音は聞こえますが不快に感じることはありません。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
 十分に持ち運べるサイズだと思います。ACアダプタはけっこう温かくなりますが身の危険を感じるほどではありません。

◆ その他
 今回は何より例のDELLのVistaアップグレード期間の不明瞭さが不満です。Vistaへのアップグレードが購入の絶対条件ではありませんでしたが、当然できると思って買ったものができないと言われると気分はよくないです。
 今回HDD80GBのパーティション分割を有料で頼んでいたのですが、届いてみるとCドライブ40GB,Dドライブ29GBとなっていて、単位の切り上げ方の違いを考慮しても5GBほど数字が合いません。ネットでいろいろ調べたところ、どうもHDDの一部が不明なパーティションとなっていて読み取れなくなっているようです。自分で修復することもできそうなのですが、パーティション設定をいじったこともないので怖くて結局そのまま使っています。その辺をいじる自信がないからこそ有料で頼んでいたので今回の不満点の一つです。
 届いてみて最初にびっくりしたのは取説がめちゃくちゃ安っぽいことです。これまで使っていたVAIOの取説は製本もきちっとされていて紙も上質だったのですがDELLのは最低クラスの再生紙という感じです。もちろんこれは安さとのトレードオフだと思いますので不満ではなく驚いたということです。

◆ 総評
 機種そのものよりもDELLのサービスにちょっと不安を感じました。とにかくVistaのアップグレードキャンペーン期間のあいまいさは頭にきます。本体のみならば90点あげたいくらいなのですがそういった点を考慮してこの点数とさせていただきました。
 購入にあたり蹴茶さんを大変参考にさせていただきました。ありがとうございました。

問題のVistaアップグレード問題に不満いっぱいですというマズラーさん。デル曰く11/1以降の購入者の方は対応しますと言っているため、たぶん11/28以降、このページでアップグレードパスをゲット可能だと思います。一度電話でデルに確認を取ってみてもいいかもしれませんが、デルの場合は末端のスタッフと本部の公式見解が食い違うことが往々にしてあるので、意味があるかどうか微妙なところです。

もし28日以降になっても受け付けてくれないようでしたら、また連絡してください。うちでも問題をまた取り上げていきたいと思います。
 → 関連ページ [2006-11-15]

  •  FinalFantasy XI (C) 2005 スクウェアエニックス All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

XPS M1210  mi さん

>> デル

  No. 1422

  • 長所: 熱処理
  • 短所: キーボード
FF11v3 高解 4522

Inspiron 2650(Pen4-1.6)から買い換えました。
総じて快適ですが、キーボードの配置がちょっと気になるかも。
HOMEやENDキーをよく使うので、独立させてくれたのはよかったのですが、ちょっと押しにくい位置。
ブラインドタッチだと間違えてしまいます。慣れが必要かなと。

Fnキーで処理されがちなHOMEやENDキーが独立しているものの、キー配置が難ありとのこと。 [2006-11-16]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

XPS M1210  ふぅちゃん

>> デル

 No. 1425

  • 長所: 筐体
  • 短所: 液晶
FF11v3 高解 4552

◆ 購入のきっかけと価格
学校に持っていくため、持ち歩けるノートが必要になった。またノートでも3Dのゲームがしたいと思いvaioszとXPSm1210が候補にあがった。しかし、XPSがクーポン利用で13万5000円ほどになったので購入を決意。

◆ 体感速度の変化
通常の使用ではまったく問題なし。ゲームでの使用に関しても、問題になることはほとんどなし。

◆ 液晶の質
はずれくじの東芝製を引いてしまった。視野角が狭く、うつりこみもある。しかし、どちらも我慢できないほどではなく、またドット抜けもなっかったので問題なし。

◆ キーボード:配列やタッチ
強めに押し込むとたわむ。でもこんなものだろう…

◆ サウンド
若干安っぽい気がするが、ヘッドホン派なので関係なし。

◆ 筐体:質感や強度
閉じていれば高級感ただようB5ノート。開いてりゃふつう。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
USBが左右にあるのはいい。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
熱くなることはほとんどなし。HDD、光学ドライブともに静かで問題なし。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
2kg弱とおもったよりも重く、ACアダプタもでかいが持ち歩けないほどではない。

◆ その他
SUPERπ104万桁が27秒だった。ちなみに自作のPentiumD920のマシンは48秒。

◆ 総評
液晶やキーボードなど問題点は多いが、この値段でこのスペックが買えることを考えると、かなりのコストパフォーマンスだろう。似たような構成でVAIOSZを見積もったら20万を軽く超えてしまう。3Dゲームもそれなりに満足のいくものだし、4年間保障に入っているし長く使えるものだと思う。

バイオSZと比較した結果、コストパフォーマンスの良さで選んだXPS M1210。液晶はAUOやSamsungなど3〜4種?程度ある中でもっとも画質的に不利といわれている東芝製があたったとのこと。生産地がどこかはわからないものの国内メーカー品が一番評価が悪いとは、時代の流れでしょうか。

特に気に入った点としては筐体をあげられています。他の方も仰ってましたが、閉じていれば高級感がある点(^^; USBも左右にばらけている点などが好印象ですね。 [2006-11-19]

  •  Half-Life 2 (C) 2004 Valve / Sierra Entertainment All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

XPS M1210  しるぶぷれ さん

>> デル

 No. 1436

  • 長所: 筐体
  • 短所: 液晶

◆ 購入のきっかけと価格
会社で使う高性能な持ち運びできるノートPCが必要だったため。
11/03に注文して11/12に到着。価格はうろ覚えですが、18万ちょいでした。

◆ 体感速度の変化
個人のデスクトップの性能がこれより上なので、そこまで体感速度で
驚きはありませんでしたが、このサイズのノートPCでこれだけの性能が
あれば十分と思います。(値段からみた性能も群を抜いているかと)

◆ 液晶の質
ここでマイナスポイントを付けさして頂きました。
わたしの液晶は東芝製(カメラ無し)でした。視野角はせまく、移りこみも結構あります。
評価は個人差がでると思いますが、通常使用では問題ないと思います。
ただし、液晶の質にこだわる方は、一度実物を見てから購入判断をしたほうが良いと思います。

◆ キーボード:配列やタッチ
  若干強度不足な感じを受けますが、問題ないLvです。
私は、手が大きいので少し狭く感じました。

◆ サウンド
このサイズのノートPCに音質は求めてないので問題ないです。
音質的には、全体的に音が軽く乾いた感じがします。
このノートで音楽鑑賞をするならUSB式のアンプと外部スピーカーを付けたほうが良いでしょう。

◆ 筐体:質感や強度
  ここでプラスを付けさして頂きました。
天板がつや消しの黒で、派手な装飾もなく好印象でした。
(さりげなくXPSのロゴが入ったシルバーのラインもいい感じです)

PCを開いた内部は、プラスチック(シルバー)で若干チープな感じを
受けますがへたにごてごてしてるよりは全然ましと思います。
強度に関しては、普通Lvです。(シンクパッドのような剛健さはありません。)

◆ 筐体:各種コネクタの位置
電源とLANが後ろ、USBが4つ(左右に2つ)は使いやすいと思います。
贅沢いうならばPCI-EXのスロットはダミーカードでないほうが良かったです。
(ほとんど使うことはないと思うので、気になりませんが)


◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
HDD:頻繁にアクセスしてるときは若干音が聞こえる程度(HITCHI製でした)
ドライブ:それなりに音がしますが、わたしはさほど気になりませんでした。
(Optiarc DVD+-RW AD-5540Aでした)
冷却ファン:3Dゲームなどを動かすと多少音が聞こえます。(問題ないLv)

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
2Kg弱あるので車での移動がメインであれば問題ないと思います。
電車通勤などで1〜2時間肩下げバックで運ぶと肩が痛くなるかもです。
ACアダプタはちょっと大きいです。(改善してくれるといいんですが)
バッテリー持ちはあまり考えてませんでした。(大概電源はとれるので)

◆ その他
DELL製のアプリケーションが色々はいってます。(私は即削除しました)
こっそりベンチ結果を・・・
FFベンチ3ハイモード:ノートン先生他2,3アプリ常駐状態で
『4213』でした。

◆ 総評
  85点といったところでしょうか。
液晶−10点、キーボードで−5点ですね。
あと1万高くなっても良いので液晶はいいものを積んでもらいたいですね。
その他については、不満もなく良くできたPCだと思います。

多くの方が好印象をもたれる天板をやはり評価されたしるぶぷれさん。つや消しブラックで、液晶を閉じているとなかなか高級感があるようですね。逆にマイナスは「液晶」で、M1210wikiや最近いただくレポートでもマイナス評価の続く東芝製パネルをあげておられます。 [2006-11-26]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

XPS M1210  Iiyama君 さん

>> デル

 No. 1450

  • 長所: キーボード
  • 短所: 筐体

◆ 購入のきっかけと価格
今まで使っていたNT310Sの代替機をWeb上で物色中、クーポン利用で金銭的に条件にあったものが見つかったため。約15万円也。

◆ 体感速度の変化
今まで使っていたCruoso(Iiyama NT310S)からの乗り換えのなので、別次元!!

◆ 液晶の質
言われているよりは悪くはないが、光沢タイプよりグレアレスが本当は、好みか。

◆ キーボード:配列やタッチ
英語キーボードにした。これが選択できたのも、選んだひとつの理由。Mac時代からこれなので、やっぱり落ち着く。
なお、メーカーから送られてきた時点では、IME上では英語キーボードとして認識されていなかった。(キーボードの取り付けが後作業のためか?)

◆ サウンド
ノートパソコンに内蔵スピーカーの音質を期待すること自体が間違いなので、問題なし。

◆ 筐体:質感や強度
やはり、プラスチック筐体は安っぽい。NT310Sが両面ともアルミ筐体なのに比べると...。特に、NT301Sに比べると、底面が醜い。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
両側にあるUSBは、やはり便利。ヘッドフォン端子は横の方が、自分は使いやすい。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
ファンレスのNT310S(ほぼ無音)とは比較にならないが、まあ静かな方。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
小型の固定機として購入したので、問題なし。持ち運ぶのなら、もっと軽い機種を準備するか、PDAで済ます。

◆ その他
光学ドライブは、やはりDVD-RAMも使えた方が、便利。

◆ 総評
購入金額まで含めれば、十分満足。XpもProで、あの金額なら文句は言えない。あとは、筐体の品質か。アルミかジュラならいいのだが。

元Crusoe組だったIiyama君氏。今回は2段、3段跳びくらいでCore 2 Duo 2Ghzに乗り換えられています。速度はまさに別次元(^^; キーボードの認識ミスはBTOで良く聞きますね。英語キーボードを注文するようなユーザーさん達はスキルもあるでしょうし、おそらくさっさと自分で修正してしまって、クレームを出さないような気がします。メーカーも気づいてなかったりして。

デルは法人向けでは、マグネシウム、アルミ、スチール合金の『Tri-Metal』筐体をLatitudeなどで採用していますが、Inspiron向けは基本的にプラスチックですね。 [2006-12-1]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

XPS M1210  naka-chan さん

>> デル

 No. 1470

  • 長所: 騒音
  • 短所: 液晶

◆ 購入のきっかけと価格
寝ながらネットサーフィン用にヤフオクで仕入れた中古ibm thinkpadx21を使用。
相当旧式のマシンですが液晶も綺麗、軽量、キーボードのタッチなど優れものです。
ヤフオクでパーツ単位で出品されていることも助かります。
アナログレコードをせっせと携帯音楽プレイヤーにmp3に変換するのにvaio pcg-8e2nを使用、これも店頭で10万中古購入。添付のレシートをみると、前のオーナーは、10ヶ月前に256m(1万円)のメモリー込みで新品20万で購入したもよう。数年前のことです。最初のマシンでした。液晶が大変綺麗です。
しかし、dvdをコピーできるマシンがほしくなり購入した次第です。
たまたま、こちらのサイトをみつけdellの評価がよいので軽量、高性能のxps m1210に決めました。
dellの直販で購入すると日数かかるので、ヤフオクで調達しました。
すぐに入手できないのはイライラものです。
dellよりも数万円安価で購入できました。
おまけの9セルのバッテリーもヤフオクで1万円で処分しました。
なんか、高く落札してくれました。
ゲームはしませんが、処理が早いので満足しています。
ストレスがないので最高です。

◆ 体感速度の変化
sound itという音楽圧縮ソフトを使用しますが、メモリを1g使用してるようですが、他のソフトを起動しても楽チンです。
やはり、core duo メモリ2gが効果大。
hddも7200回転を選択できたのも満足です。

◆ 液晶の質
vaioには、かないません。
せめてthinkpad x2くらいであえば十分なのですが。
液晶だけソウカンできないものでしょうか。
dellのオプションで液晶も選択できれば。おしいねー。
dvdはテレビでの鑑賞なので我慢できます。

◆ キーボード:配列やタッチ
thinkpadとvaioの中間です。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
usbが左右でgood 横方向に挿入するのもgood
vaioの後ろにあるのは最低ですね。縦挿入なので挿入するのに大変苦労します。
重いマシンを持ち上げてコネクタを確認することもしばしば。
i-podを頻繁に使用するので助かります。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
thinkpadの10gのhddでは、流体軸受でないために耳鳴りに苦労したので、静かなfujitsuの30gのhddにソウカンしましたが、xpsはマズマズです。
なにせ寝ながら使用することが多いので、ノイズには敏感です。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
室内のみの使用。頻繁な移動は、すこしかさばるか。
6セルバッテリーは、ネット使用で2h程度、もう少しほしい。
9セルは、デッパリがあり大きい。    

◆ その他
前面のプレイボタンは不要です。胸にあたる。
thinkpadのトラックポインタのように画面スクロールできないものか。
vaioのジョグダイアルもいいアイデア。無くなってしまったが。残念。
内蔵カメラが付いていて便利。

◆ 総評
価格が安く、大変満足。このスペックなら長期で使えそうです。
vista aeroも楽しみです。
蹴茶さん、大変感謝しています。ありがとうございます。
私は、f社の社員ですがdellを見直しました。
このサイトを見なければdellも知ることもなかったでしょう。

いろいろとお手頃な中古ノートを手に入れ、各作業の専用PCとして使いこなしているnaka-chan氏ですが、今回はDVDライティング用にM1210を入手。おまけのように付いてきた9セルバッテリーもヤフオクで処分し、トータルで見ると相当安く買えたようです。性能面ではきっちりその性能を発揮しているものの、液晶の質は4年も前のバイオに負けるかもとのこと。以前として綺麗なバイオも凄いですが、やはりM1210ではコスト削減の余波がディスプレイに来ているんでしょうか。 [2006-12-15]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

XPS M1210  nazoDSR さん

>> デル

 No. 1474

  • 長所: 筐体
  • 短所: キーボード
FF11v3 高解 4301
三国無双 標準 1684

◆ 購入のきっかけと価格
T60を父に譲る(というより売却)ため他の機種を探していたところオークションでこれが出品されていたので入札、13万円で落札した。新品で名義変更等も問題なかった。他にはBXやSZなども検討していたが値段面でこれに決定。
なおスペックは以下のとおり。
Core2DuoT5500、カメラ付き、1GBメモリ (512MBx2)、120GBHD(5400回転)、DVD+/-RW、大容量バッテリ、Bluetooth、GeForceGo7400(256MB)

◆ 体感速度の変化
特に変わりはないですね。

◆ 液晶の質
「悪くない」レベルです。前の機種が機種ですからそれよりはよいレベルです。

◆ キーボード:配列やタッチ
さすがにキータッチではT60に劣ると思います。どこのノートPCにもあるタッチだと思います。

◆ サウンド
別に普通です。ただしイヤホンをさせばそこそこの音質になります。

◆ 筐体:質感や強度
閉じた状態がかなりかっこいいと思いました。開いたときも安っぽさを感じませんでした。プラスチックですがよくデザインされていると思います。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
あえて言うのならメディアスロットの位置、光学ドライブの真下は使いにくいと思います。ただUSBの配置については下手なA4ノートより優れています。
PCカードがない、というのも承知の上でEDGEの機種変更をしたので問題なしです。USBがそれで塞がっています。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
これも静かです。ファンの音は若干しますがよく聞いて分かるレベルです。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
実は重いです。9セルバッテリのため実はT60と大差ない重さです。ただ単純に軽くて高性能ならSZあたりを購入しますが。たまの持ち運びなら問題ないです。
ACアダプターはやや大柄ですがコードをまとめられるようにする等センスはよいと思います。

◆ その他
常駐ソフトがかなり重いと思いました。それを解除すれば相当よいのですが。昔のイメージでは余計なソフトはほとんどない、と思っていたのですが。
値段が値段だから仕方がないのでしょうがカードスロットがダミーカバーです。以前購入した富士通のビジネスノートでさえ中折れ式のカードスロットでしたがこのあたりは外資系と国内メーカーの差でしょうか?

◆ 総評
PCスロットがいらないのであればかなりよい機種だと思います。もちろん細かい点はT60に軍配が上がるでしょうが。また強力なライバルがいるためXPSでは数少ないクーポン対象機種になっているのでは?と邪推してしまいます。
あとオークションで購入する際、DELLなど名義変更が問われるものはややギャンブルかもしれません。かなり前の掲示板であったようなこと(名義違いで修理受付できず)が事実であるなら名義変更の確認は必須ですね。


------------------------ 2007.7.4 追記 ------------------------

新たな基準となるベンチが出来たので試してみました。
なお高グラフィックではベンチ動作しませんでした(SXGAの解像度が必要のため解像度不足が原因と思われる)。

T60の代わりにXPS M1210を入手したnazoDSRさん。ThinkPadも力を入れていない液晶などはやや有利? 筐体の質感などは上手くデザインされ、良い印象をもたれたようです。また筐体はでかいものの、その代償としてでしょうか。静粛性は高いようですね。ただ、キータッチの質まではさすがに及ばずです。たぶん、キーボードにかけているコストがThinkPadとはまるで違うでしょうからねー [2006-12-15]

三國無双ベンチのスコアを追加。 [2007-7-8]

  •  ロックマンX8 (C) 2005 CAPCOM CO., LTD. All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

XPS M1210  DDDell さん

>> デル

  No. 1475

FF11v3 高解 4583

◆ 購入のきっかけと価格
ゲームが快適にできるノートを探していてこれにたどりつきました。
カメラやブルートゥースをつけて16万円ちょっと超えました。コストパフォーマンス

◆ 液晶の質
特に問題ないです。

◆ キーボード:配列やタッチ
特に問題ないです

◆ サウンド
思っていたよりはいいです

◆ 筐体:各種コネクタの位置
USBが左右に分かれているのが便利

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
ACアダプタがもう少し小さく軽くしてほしかった。

◆ 総評
FF11のために買いましたが快適にプレイできています。
設定もかなり負荷のかかる設定にしても大丈夫です。
値段を考えるとお買い得ですよ。

オプションを色々と付けたこともあって、ちょっと高めになったDDDellさんのM1210。といっても16万ですが(^^; プレイタイトルはFF11で、負荷のかかる条件でも特に問題ないようですね。 [2006-12-16]

  •  FinalFantasy XI (C) 2005 スクウェアエニックス All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

XPS M1210  ぷりぷり さん

>> デル

  No. 1477

  • 長所: 騒音
  • 短所: 液晶
3DMark06 828
FF11v3 高解 4311

GPUの温度が60度前後(普段、EVEREST読み)なのですが、これって普通なのでしょうか?

ベンチスコアとコメント有り。GPU温度はだいたいそれぐらいになるようです。CPUより高いことが多いかもしれません。うちのInspiron 9400は70度を超えてきます(汗 おかげでCPUアイドルになってもファンがしばらくうるさいです [2006-12-16]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

XPS M1210  キャット さん

>> デル

 No. 1482

  • 長所: 液晶
  • 短所: 騒音
3DMark05 2044
3DMark03 4471
FF11v3 高解 4333

◆ 購入のきっかけと価格
最近宿泊出張をする機会が何回かあり、移動中や夜に時間を持て余したので携帯用のノートパソコンが欲しくなりました
2回ほど知人や親類のノートPCを借りましたが、その重さに辟易。それに他人のものだとその都度設定変更やソフトのインストールが必要で、準備と後始末に時間を取られます。

【検討機種】
長時間の移動中にも使用したいのでバッテリー駆動時間は長いほうがいい。しかし安価なもので駆動時間の長いものは皆無であることが判明。そこでCore Duo以降のCPUを条件にしましたが価格もアップするので、できるだけ長く使用することを考えてGPUチップ搭載も条件に加えました。いずれVistaへ移行することを想定してのものです。

ここで選択肢が極端に限られ、XPS M1210とSony Vaio Type SZの二者択一になりました。デザインや重量ではVaioに軍配。但し、ソニーは専用ビデオメモリのサイズを公表していない。店頭でマシンを見、店員(多分Sony派遣)にも尋ねたが分からないのでTurboCacheの最低レベル、16MBと想定せざるを得ない。その点XPSは64MBであり、何よりスペックを公表している点に好感。(これが普通ですが)

魅力的なキャンペーンがあったのも買ってしまった理由です(本当はもう少し待つつもりだった)。特にADSL乗り換えキャンペーンで迷惑メールとメールボックスの容量不足を一気に解消出来たのはタイムリーでした。

T5500 1.66GHz、100GB 7200rpm HDD、1GB DDR2 533MHz、DVDマルチにMacafee3年、延長保証・安心サービス4年をつけて15万円強(キャッシュバックは別)。


◆ 体感速度の変化
デスクトップのPen_D 2.8GHz、512MB、GeForce6600GTのマシンと変わりません。というか、CPUやHDD(7200回転)ではXPSの方が上。ノートの次元を超えてます。

一点だけ気になるのは、一時CPUの能力が低下していたこと。当初3DMark03のCPUテストで949、3DMark05では5000以上出ていたのが、それぞれ850、4800程度、FFXIベンチは4100程度に落ち着いてしまいました。あと、一時的現象としてFFXIベンチが3100〜3300まで低下したこともありました。

試しにチップセットとGPUのドライバを再インストールしてみると元のレベルに復活。原因は不明ですが、SpeedStepのON/OFFを何度かやったのでその辺りにグリッチがあるのかもしれません。再現は困るので出来るだけ今の設定で使用していこうと思ってます。

参考まで現在のCPUスコアは3DMark05で5755です。パワーを食うPen Dが4800程度ですからIntelさんもいい仕事してます。

◆ 液晶の質
きれいです。表示が小さくなりますが、心配していた使い勝手は問題ありません。
写り込みもそれほどではありませんが、晴天の日中だけは室内でも問題があります。市販の保護シートのお世話になりそうです。

上下の角度で濃度変化が激しいですが、逆に輝度を下げても見やすい位置を選べる点はプラスになります。そういう意図ではないでしょうが…
液晶メーカーは不明。

◆ キーボード:配列やタッチ
ノートのキー配置に慣れていないのですが、意外と使いやすいです。一つだけ言わせてもらうと、Deleteキーが小さすぎる。文書編集をするのでBackSpace、Deleteは多用します。BackSpaceは他のキーと同じなのでGood。

キーボード面はある程度傾斜があったほうが使いやすいので、後部を高くする足を作ってみました。100円ショップで買った家具の滑り止めを利用して切り貼り。+16mmまで高くしてかなり使いやすくなりました。持ち運びを考え、ベルクロで取り外し可能にしています。


◆ サウンド
内蔵スピーカー: 音が出てます。
ヘッドフォン: 500円で買ったイヤフォンでも結構いい音がします。

スピーカーとヘッドフォンの音量調整が一緒になっているのにレベルが合っていないのは問題。スピーカーは最大に上げても良く聞こえない(映画の会話など)時があるのに、ヘッドフォンにすると耳に当てなくても音が聞こえるほど大音量になります。
こんな設計をする人はいないと思うので、どっかに単純ミスが絡んでいるような気がします。


◆ 筐体:質感や強度
もう少し薄ければとは思いますが、幅が30cmを切っている点が良い。ブリーフケースに入れるとA4の書類と合うし、横に文庫本や辞書、電卓などを入れるのにぴったりのスペースが出来ます。

直線を基調にしたデザインは洗練されているとは言えませんが、簡単にバラせそうなところが好みです。とは言え、4年保証を付けたので遊ぶのは先の話になりますが…

予想外だったのは9セルバッテリーの後方はみ出しが大きいこと。バッテリーのサイズ比較から大したことはないと思っていましたが、これだと6セルでもはみ出しはあるみたいです。機械的強度が心配になりますが、バッテリーを下にしてカバンに入れる程度(つまり縦方向の力)は問題ないようです。


◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
ファンが回っているときでも音はほとんど聞こえません。
DVDドライブはOptiarcというメーカーのがついてますが、多少うるさいです。ただ、最初に回したときよりは音も振動も若干ましになっています。単に気のせいなのか、メカが馴染んできたのかは定かではありません。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
【ACアダプタ】
特に不満なし。充電中は盛大に発熱します。

【重量】
想像していたよりは重いです。でも先に人から借りたPCと比べるとはるかに軽い。毎日持ち歩くわけではないので十分です。

【駆動時間〜9セル】
私の場合は書類作成(Word、Excel、Power Point)が主でメール、インターネット検索や辞書ソフトなどを同時使用。適度に休憩を入れながら4時間半使用できました。

DVDの連続再生では約3時間。ラスト・サムライ本編(154分)とボーナスディスクを20分強再生できました。

計算上は普通の映画1本を見て、なおかつ1時間以上の作業が出来るわけでかなり優秀です。
ただし、文書作成でも作業量が多くなると3時間が限度(締め切り間際の悪あがき的使い方)。逆に会議の合間に使う程度なら終日でも持ちそうです。


◆ 総評
全体としてのコストパフォーマンスは現時点で最高の部類だと思います。安くてそこそこの性能のものもあると思いますが、Vista移行を考える時点で不満爆発とはならない(であろう)ことも値打ちがあります。

スピーカーとヘッドフォン端子での出力差がありすぎる点を指摘されているキャットさん。どこかに単純なミスが潜んでいるんではないかと指摘されています。ヘッドフォン側にボリュームがあれば多少楽ですが、そうでないとヘッドフォンを日常的に使うユーザーさんにとっては結構やっかい問題です。Vistaになるとアプリごとに音量を設定できますが、スピーカー出力とヘッドフォン端子(ラインアウト)で異なる設定というのは無さそうです。

SZのローカルのビデオメモリは確か64MBだったように思いますが、確かに公式サイトには「最大128MB」と書かれており、ローカルの量は不明になっています。一般ユーザーさん向けにはわかりやすい表記なんでしょうが、ベテランユーザー(特にゲーマー諸氏)にとっては不満の残るスペック表です。 [2006-12-20]

  •  Rise of Nations (C) 2005 マイクロソフト All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

XPS M1210  CenturyBoy さん

>> デル

 No. 1502

  • 長所: 騒音
  • 短所: 筐体

◆ 購入のきっかけと価格
Bluetooth,光沢液晶,無線Lan,DVDマルチを付けて15万弱でした。

◆ 体感速度の変化
いままでPentiumMの1.8Gを使っていましたがあまり変わりありません。

◆ 液晶の質
発色、明るさ良好です。
上下の視野角が狭いですが私の場合は画面を見る角度が上下に変化することはないので支障はありません。

◆ キーボード:配列やタッチ
問題なく使っていましたが、こちらのレポートを読ましていただくと たわむと書いてありましたので試しに強くグッと押すと確かに少したわみます。

◆ サウンド
DVD鑑賞等には少し音量がたりないかも。
こちらのレポートにあるようにヘッドフォンとスピーカーの音量はズレています。

◆ 筐体:質感や強度
強度は問題ないと思います。
見た目は安っぽいですが事実安いので許せます。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
USBが左右にあるので使いやすいです。
他のコネクタは使わないのでわかりませんorz
◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
ファン,HDDともに非常に静かです。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
本体については大きさ,重量,厚みどれも中途半端でモバイルには向かないように思います。
ACアダプタも本体と同じで大きくも小さくもありません。


◆ 総評
11月末に購入して不満なく使っていますが見た目はSZの方が好みです(笑)
SZも買ってしまおうかと思いましたが同じ様なのが2台あってもしょうがないので
M1710を注文してしまいましたので届いたらレポート送らせていただきます。

「見た目は安っぽいですが事実安いので許せます」ある意味これにつきますね。ひさしぶりの投稿となったCenturyBoyさんからM1210レポ。これまでPentium M 1.8Ghzを使っていたとのことで、体感速度はほとんど変わりなし。これがPen4系コアの1.8Ghzだとだいぶ違ってくるのですが、Core 2 DuoもPentium Mも基本は同じ系統のコアなので変わりが出ないみたいです。CenturyBoyさん、バイオSZにも興味があったようですが、モバイル機が2台あっても仕方ないだろうということでM1710を注文されたそうです。デル、デルになっちゃいましたね(^^; [2006-12-27]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

XPS M1210  KAZ♪ さん

>> デル

 No. 1558

  • 長所: 騒音
  • 短所: 筐体
FF11v3 高解 4660
 

▼スペック(カスタム)
OS:WinXP PRO
CPU:T7400(オーバークロックではなくそのまま)
*Dellサイトではまだ買えないかと思います。
MEM:2GB(hynix)PC4200 1GB×2
HDD:100GB(7200/rpm)
VGA:Go 7400 256MB DDR TurboCache
VGA:1280*800 カメラ付き 12.1インチTFT TrueLife(TM) WXGA
おまけ:Bluetooth、Sound Blaster(R)

▼価格
新品で購入(新古品ということで、ちょっといえない価格なので控えさせてください)
オークションとかではないです。普通に購入しました。

▼外装
表面はかなりきれいに仕上がっている。
上面については指紋がつきやすく、マッドなし上げですが傷がつきやすい。
中は、確かに少し安物っぽい。(これは塗装がなせる業だろう。)

▼内装
ドット抜けが見受けられないのはいい感じ、
蛍光灯の下での使用時は映り込みが結構激しいので角度調整が必要
思っていたほどの悪さではないと思った。
解像度はもう少しあがってもいいかと思うが。。。

▼使用感
仕事で結構多種なDELLノートを使っていますが、Inspiron系のキーボードのほうがいいかなと思います。(黒色)
変に塗装がシルバーだから使いにくい。。。
しかもそれが安物っぽさを助長してる気がする。。

たわみ等ですが、Dell のキーボードってこんなものかと思っていたので特に問題ない。
しいて言うなら、マウスのところに段差があるが、メッキ塗装は。。。。。
(はがれてくるとかなり汚いかも。。)せめてステンレスにしてほしかった。

▼処理能力
FF11V3 で計測
L:7900(端数切捨て)
H:4600(端数切捨て)
*各3回程度やっての平均値を端数切捨てで記載

やはりHだときついところもある。
ただ、自分は3Dゲームやることないのでまったく問題ない。笑

▼その他の性能
ヘッドフォン端子がなぜ二本あるのか正直不明。前面の青いライトはBIOS以外で消せるほうがいい気がする。
(デザイン性だけで無駄に電気代食ってる気がするので。。)

▼音
アプリで重いもを立ち上げる際に回るファンも、寒い冷で仕事するときにはいい暖房器具かとw
背面は確かに熱くなるが表は熱くならない。。。
このあたりはかなりいい感じ。
購入金額が金額でこの性能で、このサイズなので正直文句のつけようもないというのが正直な感想。

▼APP使用感
仕事柄ドリームウィーバー、フォトショ、イラレ を使用するのですが
・ドリ8 起動10秒
・フォトショCS2 起動15秒
・イラレ8 起動7秒
程度です。
*クイックタスクにショートカットを設置し、そこを押してからの各初期状態までの時間
 さすがCPUのスペックが高いだけのことはある。。

▼希望的欲
もう少し軽ければ。。。。
後、カメラがもう少し調整できればいいかなと。。

▼追記
職場にてXPS M1210の別仕様品を利用していますが、
それと比べると子供と大人くらいの性能差を感じました。

会社バージョン
OS:XPPRO
CPU:CeleM1.5
MEM:512MB
VGA:1280*800 WXGA

性能差当然といえば当然ですが。。。笑
同じなのは型番だけです。
ちなみにそちらはLinux+Winでデュアルブートでつかってます。
まぁ、Linuxは快適動作です☆

▼結論
3Dやら無いならまったく問題ないかと。。。
価格以上の性能だと思います。
(自分が購入した価格でという意味で。。)

デルサイトではCPUの選択肢がT7200(2Ghz)どまりなので、T7400(2.16Ghz)は珍しい構成です。入手先は正規ルートのようですが、価格は内緒。かなりやばい値段のようです(笑) 会社でもXPS M1210を使われているそうですが、こちらは一転してローエンドのCeleron M 1.5Ghzを搭載。クロック差でも1.5倍近い差になっていますが、2ndキャッシュ量もまるで違うため、体感速度は相当異なるそうです。子供と大人。CPU性能はいつになっても重要ですね。 [2007-1-19]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

XPS M1210  Cls さん

>> デル

 No. 1560

  • 長所: 筐体
  • 短所: 液晶
3DMark06 823
3DMark05 2064
3DMark03 4535

まず、購入するに当たって、このサイトを大変参考にさせて頂きました。
この場を借りて、お礼申し上げます。

ありふれているXPS M1210ですが、使い方があまりありふれてないと思うので(笑)、多少は目新しいかと。

◆ 購入のきっかけと価格
メインで使ってるPCがSocket370の自作機なんで、そろそろ潮時かと(笑)
今度は、一台でどこでも使えるようにノートにしてみようと思いました。

条件は、デュアルコアCPU、単体GPU搭載で、ビデオメモリが(共有分を含めて)256MB以上で、筐体が大きすぎないこと。(15.4インチワイドを許容できるかどうかで、最後まで悩みました)

最後に悩んだのは、DELLのXPS 1210とソニーのVAIO Type BX、東芝のSatelite AW6。結局、サイズと値段に負けました(笑)。あと、延長保守が可能だったのが大きいですね。東芝が最後に競り負けた最大の理由はこれです。

ビデオメモリ256Mは、Vistaでデュアルディスプレイ環境を構築したかったから。WXGA以上の解像度だと、ディスプレイ1台あたり128MBいるらしいので、256MB以上必要ということになりました。

結局、Core2 Duo T7200、メモリ1GB、GeForce Go 7400、HDD80GB(7200回転)に4年保守&4年コンプリートケア、ワクチンソフト3年分を付けて16万円弱でした。

◆ 体感速度の変化
前がCeleron 1.4GHz、Win2000なんですが、そんなに体感差は感じないですね。
日常作業が軽いせいかもしれませんが。

◆ 液晶の質
これが2番目の不満点。(最大の不満点は後述)
このサイトで「青みがかってる」って指摘がありましたが、思った以上に青いですね。

◆ キーボード:配列やタッチ
普段は外付けキーボード利用なので、ノーコメント(笑)
帰省時には使いましたが、配列も普通で大きな不満は無いですね。

◆ サウンド
内蔵スピーカはしょぼいですね、やっぱり。
今は、CreativeのSB Digital Music LX 経由で外付けスピーカーを鳴らしています。
わざわざUSB音源を使ってるのは、持ち出すときにUSBハブに繋がってるケーブル1本だけで全部のデバイスを外したかったから。(他にマウスとキーボードがUSBハブに繋がってます。)まぁ、USBハブが簡易ポートリプリケーターみたいなもんですね。
USBスピーカーじゃないのは、出力が小さすぎるのが不満なので。信号だけUSBで電源はACアダプタっていうUSBスピーカー、無いもんですかね?(笑)逆ならあるのに。

◆ 筐体:質感や強度
まず満足。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
USB×6はいいですね。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
ファンは回ったり止まったり。
周りが静かなときは気になりますが、スピーカーから音楽鳴らしてれば気にならない程度です。
光学ドライブはやかましいですが、まぁこれはどれでも大抵同じようなものかと。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
たまに持ち歩く程度には十分過ぎるかと。

◆ その他
まだWindowsXPですが、当初予定通りデュアルディスプレイ環境を構築しています。
メインを外付け液晶、サブをPC本体の液晶にしてるのですが、ビデオ再生がおかしいですね。メインの外付け液晶側で、ウィンドウモードで再生してるのに、サブのPC本体の液晶にも全画面表示されちゃいます。(WMP10とロケーションフリープレイヤーで確認しましたが、どちらも同じ症状です)
ドライバ周りな気がするんで、DELLで公開されてる最新ドライバを落としてみましたが、改善せず。
最大の不満点はこの点です。

◆ 総評
年末ギリギリに間に合ったので、帰省に持って帰りましたが、非常に便利でした。
ノートにしたことは間違いではない気がしています。
少々高くても、VAIO Type BXにしておくべきだったか・・・(笑)

内蔵スピーカーはしょぼいということで、外付けタイプのサウンドブラスター「Sound Blaster Digital Music LX」を使用中。他のハブ機器と一緒にまとめてUSBハブに接続し、USBハブをポートリプリケーターのように運用しているそうです。

その他のところで書かれている、デュアルディスプレイ環境でPC画面にも再生されてしまう点ですが、蹴茶もInspiron 9400で同様のケースでしたが、確かNVIDIAのドライバーで修正できたと思います。画面のプロパティからいろいろいじってみると解決するかもしれませんよー [2007-1-22]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

XPS M1210  Jake さん

>> デル

 No. 1592

  • 長所: 熱処理
  • 短所: 液晶
FF11v3 高解 4560

◆ 購入のきっかけと価格

仕事の環境が落ち着いてきて、ネットゲームを再開しようと思ったところ、これまでつかってきたLatitudeX1ではさすがに最近のゲームはきついということ。
そしてXPマシンを買える最後のタイミング、Vistaもアップグレードキャンペーンで3300円でライセンスは手に入る。
ということから、12月半ばから機種選定に入り、ゲームがそれなりにできるVistaが最低
「まとも」に動く程度のスペック、できれば出張時にもっていきたい・・・という条件から質感軽量でVaioのタイプS、性能重視で重さ大きさは我慢でAW6、バランスと価格でM1210の3機種に絞り、値動きを見てたところ、Vista前最終クーポン発表であっさりAW6が売り切れ、やはり値段でM1210に決めた。
15%オフクーポンと送料無料、XPMCE、HDD7200回転80G、メモリ1G、4年盗難以外のコンプリート保証、BlueToothありといった設定で、全込み15万円台前半。
蹴茶でみた上海問屋のトランセンドメモリPC5300-1Ghzが安くなってきたとこで1枚買ってしまいました。その後まだ値下がり中で、ちょっと失敗したかな・・?というか1万円きるのは安すぎますね^^;

◆ 体感速度の変化

以前のLatitudeX1がMobilePentium1.1GHzでしたのでクロック比でも約2倍ということで、普段から快適さは感じます。
アンチウィルス等動作中に他のアプリを動かしても速度低下を感じません。
またゲーム中に窓モードにして、ブラウザでチェック等を行っても重さを感じません。
さすがデュアルコアといったとこです。

◆ 液晶の質

いわゆるはずれの東芝製、まぁ元が液晶のよくないX1なので慣れてはいますが、黒い画面での写り込みはやっぱり気になります。
あと上下の視野角が相変わらずひどい。
寝ながらベッドサイドにおいてみたりすると、姿勢の変化で画面が見えづらくなります。

◆ キーボード:配列やタッチ

配列は前と同じDELL配列なので問題なし。
キータッチもX1よりはマシですね。
MediaDirectボタンがいらないですね。何か他の用途に設定できればいいのですが・・・。

◆ サウンド

スピーカーがあるだけ、少しはマシになったなぁとは思います。
出張中のホテルの中とかなら我慢できる範囲でしょう。
普段は、以前からつかっていた安いUSBスピーカーを使用しています。

◆ 筐体:質感や強度

銀色ははげそうで、全部黒でよかったのになぁと思います。
質感はやすっぽいですが、それなりに頑丈で満足しています。
閉じた時の黒のイメージは気に入ってます。

◆ 筐体:各種コネクタの位置

左右にふられたUSBはよいです。
メモリカード系のスロットだけは前に欲しかったなぁと思います。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン

ベンチ中もわりと静かです。
ただし光学ドライブはシーク音、起動音、回転音、すべて難ありです。
ファンも静かな状態であれば音を感じますが、ゲーム中には気にならないです。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど

徒歩で持ち歩くにはぎりぎりの重量と大きさだと思います。
今年の後半には、1キロ前半のモバイルノートにVistaの為にそこそこのGPUがのる機種もでてくるかとは思いますが、現時点ではこれが妥協点と思っています。
ACアダプタは小さくはないです、コードがでかいのは相変わらずです。

◆ その他

FF3ベンチは1280x800、NortonInternetSecurity2007、Logicoolの無線マウスの常駐ツール、HPのプリンタ用のツール、DELLのボタン制御用の常駐ツール等が動いてる状態の、通常使用時の状態です。
メモリは512MBx2で購入し、外側の簡単にはずせる1枚のみPC-5300の1Gに置き換えてあります。実質はPC4200相当で1.5Gということになっているかと思います。
中のメモリは保証を捨てる事になるとの事なので、不満がでるまではこのままで使用し、できればSODIMMで1枚2GBのメモリがそれなりな値段になったところで買い換えられたらいいなぁと思い、とりあえず1.5Gで我慢しました。
XPではこれで十分快適ですが、Vistaでどうなるかですね。

Vistaのアップグレードを注文しているのですが、当初サービスタグが認識せずサポートに問い合わせたところ3営業日まてといわれて、土日はさんで5日まつと、Vistaの発売に伴って、いったんアップグレード申し込みページが閉鎖されてしまい、さらにまってやっと申し込みはできたのですが、リターンメールもなくPendingで1週間何の連絡もありません。
問い合わせた時の反応は悪くないですが、「言わないと何もしてくれない」という感じは受けます。
逆に、希望はきちんと伝える、向こうの自主的なサービスや日本人的な気持ちをおもんばかった対応などは、はなから期待しないでいれば、値段相応の見返りは見受けられます。きちんと対処さえできるならばショップブランド系よりはまだ安心感はあるかと思います。

◆ 総評
他の方の繰り返しになりますが、値段がすべての評価に、満足はなくても納得をもたらしてくれる機種だと思います。

Jakeさんの『満足はなくとも納得をもたらしてくれる機種』というのはXPS M1210の特徴を言い得て妙です。コストパフォーマンスはもとより他機種の上をいきますが、ネックとなるのはまず液晶、そしてデザインや重さの面ですね。この辺を価格で割りきれるなら良い機種といえます。

Vistaのアップグレード対応は100点満点の対応はしてれくれないようですね。マイクロソフトのアップグレードページはなんであんな中途半端な説明なんでしょうか(^^; あの程度のページはきっちり日本語で説明してくれよと言いたくなります。 [2007-2-16]

  •  Dungeons & Dragons Online (C) 2006 Turbine / Atari / さくらインターネット All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

XPS M1210  ぱたりろ さん

>> デル

 No. 1598

  • 長所: 騒音
  • 短所: キーボード


◆ 購入のきっかけと価格
VAIOのSZ70Bを昨年使用しておりまして、VISTAが発売される前に買い換えようと思っていました。

職業柄、外での使用も多く、またデザインの処理も多いという条件ですのでハイスペックモバイルノートが必要のため、市場調査をしたのですが国産メーカーでは思った商品がなく(Let'sノートの筐体が好きではなく、SZの後継機もvista待ちで生産中止になっておりました)、候補に挙がったのがThinkpadのX60かこのM1210でした。

全体的なスペックとVAIOの流れでBluetoothがなくなると不便になると思いこちらにしました。X60は光学ドライブが外付けだったので最後までそれで迷いました。(SZの時に重たい苦労をしていましたので・・・結局M1210はSZより重たいのですが。。。)

構成としましてはCore 2 Duo 2.0Ghz, メモリ 2G, HDD 120G, 無線LAN,Bluetotth,9セルバッテリーなどなどです。

◆ 体感速度の変化
以前のSZがCoreduo1.66Ghz、メモリ1.5Gだったので全体的にそんなに違いを感じませんが、AdobeのGolive,Illustrator,Photoshopの起動は早くなりました。

ただ、ランチャーに登録しているショートカットの呼び出しや、ウインドウズキー+Eのエクスプローラの呼び出しは遅く感じます。

それと、アプリが強制終了することが多くなりました(ただのハズレかもしれませんが)。
↑困るってほど起きてはいませんが。。。

◆ 液晶の質
まぁノートの液晶なのでこんなものだと思います。
Dualviewで使用していると若干ですが本体のほうの色味がアプリによっては落ちるものがあります。

◆ キーボード:配列やタッチ
キーボードはSZに比べると打ちにくいです。
ピッチストロークの差もあると思いますし、自分のイメージが配列にまだ慣れていないこともあり、プログラムを書いていると右腕がむずがゆくなってきます。

◆ サウンド
あんまり音にこだわりがないので満足しています。

◆ 筐体:質感や強度
皆さんがこのサイトで書かれているように確かに安っぽい気もします。
でもDELLの製品なので強度があるように見えてOKです。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
USBが両側についており、またコネクタは背面にはまったくないので便利です。
PCMCIAがExpressCard/54で従来のCardBusと互換性がないのが残念です。
これは今後の周辺機器の充実にもよるんでしょうが。。。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
個人的な意見ですができれば光学ドライブは外付けがよかったです。
FANは負荷のかかった時に少しの間だけ左側から熱風がでますが、今の時期なので手を温めるのにちょうどいいです。
その熱風もあまり出ませんし、底にPCクーラーを敷いていますが、無くても高負荷処理OKです。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
SZより若干重くなりましたが、この程度の差は気にならないです。
横幅がなくなった分、かばんからスッと出せるようになりました。

正直周辺機器や書類などと一緒に持ち歩くには重たいですが、こればかりはどうしようもないです。軽くてある程度の性能を求めるならLet'sノートしかないです。あれなら14.1インチでも1.5kg程度のはずですがあの筐体がどうしても好きになれなくて・・・。

バッテリーは9セルで、フルパワーでDVDを2時間見て、残量が53%残り2時間20分程度だったと思います。

ACアダプタもSZの純正はかなり大きくて(どこかのサイトにレンガって書かれてました)diatecの製品を使っていました。それに比べると大きくて困るのですが、webの情報で純正アダプタは充電時に信号も送っているから非純正だと起動はできても充電はできない旨が書かれていたので、純正を使用しております。

◆ その他
MediaDirectやら他の機能はほとんど試していないのとゲームをしないのでそのあたりのことはわからないです。

◆ 総評
SZ70Bとの比較で書いてしまいましたが、vistaを入れずに(dualboot含)ハイスペックモバイルノートが必要な方には、おそらく現行のSZ93より使い回しが聞くと思います。

ただ、エンジニアさんには重たいですし、デザイナーさんには画面が小さいですし、プログラマーさんにはキーが押しづらい印象があります。
オンサイトサポートやデザインもするwebディレクターといった自分と同じどっちつかずの職業柄に向いているどっちつかずの商品と思います。

性能ではないですが、見た目のスタイリッシュさや周りの評価はVAIOの方が高いです。
買い換えたことを多くの人が不思議がってます。

非純正バッテリーだと起動はできても充電はできないというのは初耳です。そういえば、M1210でサードパーティ製のACアダプタを使っているという話はあまり聞かないですね。ぱたりろさんはバイオSZからの買い換えだったそうですが、SZに較べると重いし、キーボードいまいちだし、どうして買い換えたの?という目で見られているそうです。でも、色々検討しているとなぜか最後に残って、なんとく選んでしまうのがデルなんですよね(笑) [2007-2-19]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

XPS M1210  minidora さん

>> デル

 No. 1620

  • 長所: 騒音
  • 短所: キーボード

◆ 購入のきっかけと価格
 仕事で常用のノートのHDが壊れてしまい、それを機に安くてちょっとゲームのできるという微妙なノートを探しました。VAIO SZも候補に挙がりましたが、値段が違いすぎました。デルに即決でした。水濡れ対応の4年保証とノートン15ヶ月をつけて13.8万でした。(あとから512Mを別予算で増設しました)
 私は、このM1210を、数ヶ月後に妻にVAIO SZ53を購入しましたので、その比較での感想をアップするのが今回の目的です。
(こちらのHPには、本当に購入に際し、お世話になりましたので、お礼をかねて)

◆ 体感速度の変化
 セレロンのノートだったので、気持ちよく使えます。特に、ノートンインターネットセキュリティーを入れたとき、以前のノートパソコンなら、重くて事実上使いものにならなかったものが、このM1210は気にならないです。(次元が低くてすみません)ちなみに前のノートはすぐノートンアンチウイルスだけにもどしましたが。

◆ 液晶の質
 液晶の視野角が狭いためによくない。というのをよく読んだのですが、私は、これで十分いいと思っています。というのも、縦方向に大きな液晶なら、画面を眺めた際に上や下で色が変わってしまいますが、これは12インチなので、幅も狭いために、角度をすっと決めてしまえば、その状態で見る限り画面は一応同じ色の感じで見えますので、なにも問題は無いと思います。もし、おなじ液晶で15インチなど上下に長い液晶なら、色が変わってしまい、気に入らないかもしれませんが。
 
◆ キーボード:配列やタッチ
 キーボードの表面の質が気に入りません。(ここだけです、実際に気に入らない点は)手の汗(というか油?そんなに脂性ではないですが)がついたら、色が変わってしまう。もう少し目立たないような塗装ができたのでは?と思います。
 
◆ サウンド
 機械式でないボリュームは不便です。しかし、全くスピーカーは使用しないので、
問題ないです。

◆ 筐体:質感や強度
 厚みがあるのは残念。しかし、その厚みのおかけで、ファンの音質が低くて、静かに感じられるのかもしれません。できればVAIOのように、手前は薄く、ななめにキーボードが傾斜していれば最高だったのですが。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
 USBが両側にあるのは最高!

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
 本当に静かです。すごくいいと思います。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
 バッテリーは常用しないので、適度な長さだと思います。仕事に疲れてくるくらいで、ちょうど空になってくれています。 

◆ その他
 昨年12月頃購入。約2ヶ月使用しています。

◆ 総評
 WinXPなので、さくさく動いてくれて、とにかく静かです。普通にエクセルやWebを見る分には、ほんとうに静かで、大満足です。というのは、同じ条件でVAIO SZ53を購入していますが、こちらは、耳障りなファンの音がして、かなり気になります。動作もVISTA プレミアムのために、全体に反応が機敏ではありません。しかし、筐体の高級感や薄さ、キーボードが傾斜していることなど、所有しての満足感やキーボードの打ちやすさはVAIO SZが優れています。
 私にとって、見た目はVAIOがかっこいいですが、ストレス無く使えるのはM1210でした。(ということで、妻にはVAIOを、私がM1210を両者満足して使っています。(^^;)

奥様がバイオSZ、minidoraさんがM1210というライバル同士を同時購入。両者で悩んでいる方にはとても参考になるレポです。M1210においてよくマイナス評価の中心となる液晶ですが、minidoraさんの捉え方はこれで十分というもの。そもそも横幅が狭いので液晶の端でも視野角は小さい。そのため気になるほど色が変わることはなく、大きな問題ではないですとのこと。なるほど。

よってマイナス評価は「液晶」ではなく、代わりに「キーボード」についています。筐体の厚みはありますが、その代わりに静粛性はバイオSZと較べて明らかに良好なようです。価格だけでなく、静粛性で選ぶ場合もM1210でしょうか。 [2007-2-28]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

XPS M1210  yuta さん

>> デル

 No. 1675

  • 長所: 熱処理
  • 短所: 騒音

◆ 購入のきっかけと価格
PC業界にいるのでVISTAを勉強せざる得ないために購入
以前使っていたのは日立製のGN33J(おそらくDELLの710mのOEM?もしくは反対?)
元々B5使いだったためVISTA搭載機で検討すると
XPSのM1210以外に選択肢が無いため後継機種として購入
デスクトップのVISTA化も考えたが職場や家での共用を考えても不都合なので
ここは奮発して新調 
T7200(2GHz-4MB)/2GBメモリ/80GB(7200rpm)/Bluetooth/Wireless/DVD-RW/カメラ無し VISTA-Ultimate
188,000円 某代行にて

◆ 体感速度の変化
XPで動かせば非常に早いのだろうなと感じる、クラシックにしたらサクサク動作でかなり快適
VISTAを勉強する点からAeroを標準状態で使用
構成からするとモッサリするわけないハズだがモッサリ感がある
VISTAが重たすぎるのが原因だろうか・・・

◆ 液晶の質
基本、外部出力で大型液晶を使っているので搭載パネルの質はまだ検証前
搭載パネルはSEIKO-EPSON製と表示されているのでEPSON製で間違いなし???
難点は外部出力の状態でシャットダウンし
同一型番の別の液晶に接続し電源を入れると前の設定がおかしくなる事がある(不定期に発生)
スクリーンセーバーによる自動ロック後からの復旧も同じく設定が変わる事がある
(メインモニタが搭載パネルと外部で入れ替わる、外部も搭載パネルも設定解像度が勝手に変わるなど不具合?)
VISTA側の不具合???日立のXPではそういった現象は無かった

◆ キーボード:配列やタッチ
キータッチは深めで良いと思う、
700mや710m自体を触ったことが無いが
日立のキーボードは左端手前のキーがFnキーでショートカットが使いづらかった
今回は左端の手前にCtrlキーがきたのでショートカットキーに関しては使いやすくなり便利になった。

◆ サウンド
音質にこだわりの無い人なんで正直わかりません(^_^.)

◆ 筐体:質感や強度
天板の印象がやはり今までのDELLっぽくないのが良い
しかしメンテナンスが難しそう、
ちょっと脂質ぽい指で(お菓子を食べた指とか)触るとすぐに跡がつき清掃しにくそう

◆ 筐体:各種コネクタの位置
みなさんの言われているとおりの、両端にUSBが2ポートづつ有るのはカナリ便利
なおかつ外部出力ベースで使っている私としては右にD-Subと有線LANが集中しているのは
かなりポイントが高い使い勝手です、
しかし、PCカードスロットが無いのはイタイ
欲を言えばスロットインDVDRWの選択があれば・・・まぁ、そのうち換装する予定です

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン

通常に使用中でも高い高周波音を発しているのはマイナス点、
深夜の静かな時間帯には気になる点ではあるイライラするほどでは無いかな
どの部品が音を出しているのかを検証待ち、個体差?

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど

ACアダプタはLatitudeD500〜800系までと共用で使えるために
私はDELL製のパソコンに囲まれているような人なので流用用性が高いので吉、
しかしモバイル用途と見た場合はAC自体がデカい

◆ その他
まだ使い込んでいないのでこれから・・・かな?

◆ 総評
今後、VISTAの登場にあわせて買ったために3年以上はお付き合いするつもり
以前の日立のノートが思った以上に使い勝手がよかっただけに
XPSにはそれを超えるプレミアム感のある使い勝手を見出して、
自分なりの満足感を得たいと思っています。

> SEIKO-EPSON製と表示されているのでEPSON製
エプソンが作っている液晶は小型パネルのはずなので、これには海外の掲示板などでは異論も結構多いです。パネルIDが「SEC‥」ゆえ、エプソンは誤認識で本当はSamsung製じゃないかとも言われています。真相はどうなんでしょうか。

外部ディスプレイの設定問題は蹴茶もInspiron 9400(WinXP)で経験したことありますねー 本腰入れて対処せず、その場しのぎで済まし、OS再インストしてからは起きないで原因不明です(^^;

USBポートやキーボードは合格なものの、静粛性に難あり。通常の使用時に高周波音が出るとのこと。最近は高周波と聞くとすぐPavilionのピー音(最近は他のメーカーでも聞きますね)を連想してしまいますが、一度C4ステートに移行しないようにしてみるのもひとつでしょうか。CPUピー音が犯人ならなおるかもしれません。 [2007-4-1]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

XPS M1210  握り飯 さん

>> デル

 No. 1676

  • 長所: 筐体
  • 短所: 騒音
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 4.7 4.6 3.8 3.4 4.7 3.4
FF11v3 高解 3308

◆ 購入のきっかけと価格
ゲーム用途で使用していたClevo D400Eが1年ほど前に死亡。
4月から社会人ということもあり、これを期に3D性能がそこそこあって
持ち運びやすいノートであるM1210を選択(安さに惹かれた部分もありw)。
Vista Ultimate、Core 2 T5500、2GBメモリ、120GBHDD、カメラ、BlueToothなどを
選択して15%クーポンを適用し、15万5千円ほどで買えました。

◆ 体感速度の変化
5400回転のHDDが原因かもしれませんが、若干遅いかな〜?という感じ。
高性能なデスクトップPCに慣れてしまっているからかもしれませんが。

◆ 液晶の質
上下の視野角がやや狭いような気もしますが、特に不満はありません。

◆ キーボード:配列やタッチ
D400Eよりもなんとなくしっかりしているので満足です。
今も現役で動作しているDynabook SS S1とさほど変わらないタッチです。

◆ サウンド
予想していたよりも良い音が出ているので満足です。
Dynabook SS S1よりはずっと良好。

◆ 筐体:質感や強度
強度はまずまずといったところでしょうか。
キーは銀色よりも黒にした方がカッコイイと思うのですが…
いかがでしょうか、デルさん?w

◆ 筐体:各種コネクタの位置
USBが左右に2つずつ配置されているのはなんとも心強いです。
とくに不満はありません。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
光学ドライブが稼動するとかなり振動が来ます。
HDDや冷却ファンは割りと静かです。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
持ち運び可能な重さです。
ACアダプターが軽量なので気に入りましたね。

◆ その他
Webカムの影響なのか知りませんが「ピーー」という
小さくて高い音がどこからともなく聞こえてきます。
オーディオまわりの設定を開くと、とたんに静かになるのですが…。
一体これは何なのでしょうかね?

◆ 総評
気になる点もありますが、おおむね満足しています。
このお値段で軽量かつ高性能なPCが購入できるのですから
本当にすばらしいですね〜。
まぁFFベンチのスコアはOSがVistaということで仕方がないですねw

また新たなピー音が。今度はデル。握り飯さんの場合はSpeedStep関係ではなく、オーディオをいじるとなおるというもの。ハウリングでもおこしているんでしょうか。なにぶん原因がはっきりしないので、対策も立てられないですね。とりあえずはデルのサポートに既知の問題かどうか聞いてみるのが第一手かもしれません。先代ノートがClevoだったこともあり筐体の評価が上々。マイナス点は上のピー音と光学ドライブの振動などもあり、「騒音」が挙げられています。 [2007-4-7]

  •  ソーサリアンオンライン (C) 2006 電遊社 / 日本ファルコム All Rights Reserved. [公式サイト]
  •  RED STONE (C) 2007 ゲームオン / L&K LOGIC All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

XPS M1710  かっつん さん

>> デル

  No. 1677

  • 長所: 熱処理
  • 短所: 騒音
3DMark06 5288
FF11v3 高解 7702

これだけの高スペックで有りながら、殆ど熱さが気にならないのがすごい。
若干、ファンの回転音が気になるが、通常使用時は特に問題なし。
液晶も当たりだったのか、非常に見やすい。しかし、写り込みは盛大にあるのが残念。

ベンチスコアとコメント有り。
国内メーカーがつけているような低反射コートがないことが多いため、液晶表面へ映り込む傾向があります。表面コートによってコストも上がるそうなので、なかなか低反射の採用は進まないかもしれません。ただ、特に明るい蛍光灯などが後ろに無ければ、かっつんさんのように目立たないことが多いようです。 [2007-4-1]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

XPS M1210  dengs さん

>> デル

 No. 1690

  • 長所: 筐体
  • 短所: 液晶

◆ 購入のきっかけと価格
 今までのノート(SOTEC U270A4)ではゲームやDVD再生がほとんどできず、その上バッテリーも死亡していたので買い換えました。セレロン以外で小さく安くゲフォ搭載と欲張ったためこれしか残りませんでした。
 16%クーポン、T2300E、メモリー1G、HDD 120G、DVD±RW、bluetooth、無線LAN、ゲフォ7400、スペア6セルバッテリー、マカフィー15ヶ月、vista home premiumとてんこ盛りな内容で128314円でした。core2duoでないのが気になりましたが、、、

◆ 体感速度の変化
 前のは6年近く前のノートなので比べようがないくらい早いです。メモリ帯域が約10倍なのも効いています。ブロードバンドのスループットも大幅に上がりました。

◆ 液晶の質
 東芝製です。Dynabook SS MXと表示品質が似ています。すこし白とびしているのでガンマ調整したいところですが、gefoのドライバが未熟なのか設定できませんでした。 
 しかし「日本製」の東芝がはずれで、台湾製のAUOが当たりとは時代が変わったものですね(泣)。m1210wikiでAUO見ましたが負けてます。

◆ キーボード:配列やタッチ
 キーを強く押しても撓むことなくかっちりしています。キーの下に1mmほどの鉄板が入っています。カーソルキーも一段下がっているので使いやすいです。ただカーソルキー横のPage up/downがジャマかな。それ以外は文句がなく非常に満足しています。

◆ サウンド
 液晶の下にスピーカがあるのでDVD再生に最適かと。

◆ 筐体:質感や強度
 天板と底面は電源OFFの時、ヒンヤリしているのでマグネシウム合金か何かで出来ているのかと思います。底面は分解写真見る限り鋳造のようです。この値段ですごいですね。おかげでペナペナしてなく強度は高いかも。
 あと天板のDELLロゴとマットブラック仕上げは持つ喜びを感じます。
 また、使用中に天板を押しても液晶が滲まないので割れにくいかと思います。修理が高い部品なのでノート選ぶ時は、かならずチェックしてます。
 総じて国産(モバイル機以外)より触った感じがいいと思いました。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
 DVDドライブが右にあるので使いやすい。マウスは使わないので。USBも左右にあって便利。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
 デュアルコア+Geforce搭載と思えないぐらい静か。ファン速度も多段階で制御も上手いです。HDDはWD製ですがとても静かです。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
 バッテリーは無線LAN使用で3時間強もちます。セントリーノデュオの割りに持たない。gefoのせい?

◆ その他
☆筐体左側に無線チェッカーがあり無線LANが使える環境か判定できます。
☆国産みたいに変なソフトてんこ盛りではなくアンインストールの儀式みたいなのが不要でした。
☆リカバリーDVDがついていて自分で作成する手間が不要だった。
☆DVDドライブがTS-L632DなのにDVD-RAMが使えなかった。もしかして改造ファームで有効化できるかも、、、

◆ 総評
 デルは初めて購入しましたが、想像以上のデキに満足です。ECナビ経由で買ったのでデルから粗品がもらえました。大したものではないですがとても嬉しかったです。あとキャッシュバックもあるようです。

GeForceのドライバであるForcewareはバージョンや、対応GPU世代、提供メーカーなどによっててんでばらばらですね。あっちのGeForce Goで設定できたことがこっちではできなかったりと色々です。液晶は東芝製。たしかに国内メーカーブランドがハズレ扱いとは時代が変わったものです。ECナビで購入するとおまけが付くんですね。いまならゴロ寝マウス? [2007-4-17]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

XPS M1210  なつき さん

>> デル

 No. 1700

  • Intel 945GM (224MB)
  • Celeron M 430 1.73Ghz
  • 1 GB
  • Windows Vista
  • 長所: 騒音
  • 短所: キーボード
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 3.6 4.5 3.1 3 4.9 3
FF11v3 高解 1398

◆ 購入のきっかけと価格
ゲームもできる持ち運びできるPCということで当初は探してたのですが
"XG Station"の登場でPCI-Eカードスロットが搭載してるモバイルPCを探した結果
HPのB1900、Lenovoの3000V100、DELLのInspiron640mと迷った結果
4Gメモリが搭載できるのでGeForceを外しこちらのモデルにしました。
価格は無線LAN搭載で\86000新品です。

◆ 体感速度の変化
元はP4 2.8Ghzのメモリ1.5Gのデスクトップからメインマシンにするつもりで
こちらを購入したのですが、Vistaが買った状態で起動時に700MBメモリ消費
削って470MBとメモリ食いOSのせいか重たいです。

◆ 液晶の質
AUO製/このモデルでは当たりらしく調整すれば、ノートにしてはましではないでしょうか。
悪くないです。

◆ キーボード:配列やタッチ
Windowsキーのせいかカナ変換を無変換キーで行うときによく間違えてALTを押してしまいます。
矢印キーの左右にPageUP Downがあるのもよく誤って押してしまいます。
タッチもふかふかしててちょっと微妙な気がします。

◆ サウンド
良くはないです、ノートにしてはこんなものだと思いますが。

◆ 筐体:質感や強度
特に何も感じないです、以前のノートがCOMPAC/HPのと比べてあんまり強度は変わりない気がします。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
個人的に電源とLANが奥側にあるのはうれしいです。USBが左右に二つづつも便利です。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
さすがに以前のレポートにあるように静粛性はとても高いです。
ファンレス以外で静粛性を望んでこのモデルを買ってもとても満足できると思います。
光学ドライブの煩さは異常ですが、ほとんど使う機会がないのでまあ良いでしょう。
HDDはHITACHI製でした。Vistaの仕様かメモリの少なさかアクセスしっぱなしですが、とても静かです。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
以外にでかい、重いというレビューをよく見ていたので、少々心配でしたが
思ったより小さく、重くはないといったところです。
又、アダプタも大きくはない感じです。

◆ その他
CouterStrike:Souce
起動はしますが、ゲームになりません。
ただトレーニング用マップで極端にオブジェクトが少ないマップでプレイした場合
全く問題無くプレイできました。Vista+メモリ不足が足を引っ張ってるのかな?
SpecialForce
問題なくプレイできます。
Call of Duty
こちらも問題なくプレイできます。

◆ 総評
オンボード状態でどれくらいゲームが動くかのレビューがなかったので投稿させて頂きました。
悪くはない、と言った言葉が一番適切な感じのマシンだと思います、個人的には気に入ってます。
CPUなど、後に自分で換装するつもりで買った状態なのでコストパフォーマンスは高いと思います。
メモリ増設+ReadyBoost+外付けGPUを搭載したらまたベンチを試してみたいです。

ASUSの「XG Station」が発表されたため、敢えて統合コア、PCI ExpressCard対応モデルを探したというなつきさんレポ。XG Stationはデスクトップ用のビデオカードをノートでも使えるようにする、外付け型のビデオカード収納ボックスのことです。ノート本体との接続はPCI Express経由で行われます。

Aeroなどは問題なく動かすIntel 945GMですが、さすがにカウンターストライク:ソースは厳しい模様。ただ少し古いCoDだと問題なくいけるとのこと。1人で遊ぶには良いかもしれませんが、足を引っ張ってしまうマルチプレイはまったくダメでしょうか。 [2007-4-23]

  •  Counter-Strike : Source (C) 2005 Valve All Rights Reserved. [公式サイト]
  •   
  •  Call of Duty (C) 2003 Codemasters All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

XPS M1210  権造 さん

>> デル

 No. 1723

  • 長所: 騒音
  • 短所: キーボード

◆ 購入のきっかけと価格
東芝のG30を使っていましたが持ち歩きほとんど不可能なためゲームの出来るモバイルPCが欲しくなり13万ちょいの値段が決め手でした。G30の半分以下で購入できました。

◆ 体感速度の変化
こんなものでしょう。G30の方が早いです。

◆ 液晶の質
G30と比べると、やはりかなり差があります><、全体的に白っぽいですね。

◆ キーボード:配列やタッチ
これはどうも好きになれません。ふわふわしてます。

◆ サウンド
音量調整を機械式にしてほしかったです。G30と比べるのは間違っていますが低音が弱いですね。

◆ 筐体:質感や強度
こんなものかなって感じです。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
背面にUSBが欲しかったです。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
これはなかなか静かでいいですね。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
今までがG30だったので満足しています。少し大きめですが・・・
G30のレンガのようなアダプターに比べると小さく軽く熱くないです。

◆ その他
壊れないでくれればいいなぁ〜・・・

◆ 総評
全体的にこの値段ですので満足しています。ゲームも思った以上に動いてくれます。

Qosmio G30のサブとして、XPS M1210を購入された権造さん。購入金額がG30の半額以下というのが毎度の事ながらデルの凄いところ。速度面ではややG30に劣るようですが、可搬性はもちろん静粛性もG30より良好とのこと。筐体やキーボードの質がいまいちのようですが、権造さんが総評に書かれているように値段を考えれば納得のいくところでしょうか。 [2007-5-2]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

XPS 1210  たんく さん

>> デル

 No. 1737

  • 長所: 騒音
  • 短所: 液晶

◆ 購入のきっかけと価格
ベッドサイド用のLOOXの調子が悪くなってきていたところに
2000台限定XPモデルが発売されているのを知り購入しました。
13万円以上15%OFFのクーポン適用で118981 円 (税込)

◆ 体感速度の変化
以前のLOOXが超低電圧PenM1GHzだったので流石にCore Duoは快適。
一度Core Duo使うとシングルのCPUは使えませんね。

◆ 液晶の質
サムソンパネルでした。
なんか白飛びしてて全体的に霧がかったような感じですw
カラー補正で大分マシになったのでOKかな。

◆ キーボード:配列やタッチ
フワフワしてますが個人的には嫌いなタッチじゃないです。

◆ サウンド
ま、こんなもんでしょう。
ただ音はデカイですw

◆ 筐体:質感や強度
これは予想外に良かった。
前回、9400を購入して大体の質感は分かっていたつもりでしたが
1210の筐体はDELLにしては高級感があります。
強度も十分だと思います。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
左右にUSBはとても良いですね。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
ファン音は耳障りな音ではないので気になりません。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
基本的に持ち歩かないので問題なし。
逆にある程度重量感がある方がテーブルに置いて使う時は
安定感があるので扱いやすいです。

◆ その他
一時期Vistaモデルばっかりで何を購入しようか悩んでいたところに
XP限定販売とタイミングよく購入できたのはラッキーでした。

◆ 総評
9400よりもこちらがメインになりそうですw

XP限定販売を逃さずベッドサイド用のPCを更新。たんくさん曰く「DELLにしては高級感があります」とのこと。M1210は結構筐体を高く評価される方が多いですね。蹴茶の印象としてはWebカムのあたりの造形が周りと馴染んでいないというか、少し甘い気もしましたが。液晶はサムスン製。デフォルトでは発色がいまいちとのことで、悪い点は液晶となっています。 [2007-5-12]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

XPS M1210  鷹乃 さん

>> デル

 No. 1761

  • 長所: 騒音
  • 短所: 液晶

◆ 購入のきっかけと価格
友人宅へ遊びに行った際に一緒にMMOをプレイしたり、自宅で寝転がりながら
DVDを鑑賞したいと思い、持ち運べるサイズで3Dチップを積んでいるノート
パソコンを探していました。
普段デスクトップで3Dゲームをするため、サブ機にあまり予算をかけたくなく
安価のものを探していてデルのエクスプレスを覗いたら11万1109円で見つ
けたため、即購入してしまいました。
(カメラ・予備用9セルバッテリ・Bluetooth・Sound Blasterソフト付き)

◆ 体感速度の変化
快適です。
ただメモリが1024MBなためVistaの起動に時間がかかり、その点は不満なので近
いうちに増設しようと思っています。
不器用なので、二枚とも換装するにはキーボードを外さなければならない所が
少々不安です…。

◆ 液晶の質
サムソン製でした。Wikiを見るとAUO製が当たりだそうで少々残念ですがドット
抜けも無かったため、こんなものかな?と思って使用することにします。

◆ キーボード:配列やタッチ
特に押しづらさは感じませんが、使っているうちにキートップが外れそうな気が
するくらい軟い感じです。

◆ サウンド
軽いです。良くも悪くも安価なノートパソコンらしい音質です。

◆ 筐体:質感や強度
結構しっかりしています。ぱっと見10万そこそこの物には見えません。
持ち運ぶ事が多くなるので剛性が高いのは助かります。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
良いのではないでしょうか。USBポートが2箇所ずつ左右にあるのは使いやすくて
好印象です。
音量関係のボタンが手前でなくキーボードの上に配置されているとなお良かった
ですが、それは好みという事で。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
静かですね。通常使っているだけではファンの音はまったく気になりません。
夏に3Dゲームをプレイしたら判りませんが。
DVDを再生してみましたがドライブの回転音も気にはなりませんでした。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
覚悟していたとはいえ2キロはそこそこに重いです。
アダプタがもっと小さければ良いと思いヨドバシカメラへいきましたが他社から
発売されているXPS1210用のものも、ほぼ同じ大きさなのであきらめて純正のもの
を持ち運ぼうと思います。
週に一、二回程度の持ち運びなのであまり気にはなりませんがモバイルとしては
厳しいでしょうね。

◆ その他
Wikiで「キーボードを外すと保障が無効になる」と書いてありますが、マニュアル
には外し方が載っています。メモリの2枚換装にはキーボードを外す必要があるの
ですが個人でのメモリの換装は不許可なのか、そのあたりをしっかりとマニュアル
に明記して欲しかったです。(換装の際にはサポートに確認してみますが)

◆ 総評
値段から考えれば間違いなく大満足のノートだと思います。
エクスプレスは延長保障が選べないため、もし壊れた際には修理費の方が本体より
高くなりそうですが、この値段であれば一年以上使えればまぁ元はとれるかな?と
割り切って使っていこうと思います。
もろもろ付いていて11万で変えたのは幸運だったのではないかと思います。

パソコンの情報サイトを見て廻るのが趣味なため、以前から皆さんのレポート等
楽しく読ませて頂いていていましたが、今回はノート選択に非常に役立ちました。
少々の恩返しになればと、レポートを送らせていただきます。

タイミング次第で格安品をゲットできるデル・エクスプレス。鷹乃さんもちょうどいいのが見つかったようです。予備バッテリまで付いているのはありがたいですね。液晶が当たりではないSamsung製だったようですが、動作は快適とのこと。メモリは頑張って2GBにしたいところですが、増設行為自体はサポート対象外かもしれませんね...

デル・エクスプレスの短所は保証が通常購入より限定的だったり、支払にクレジットカードが使えなかったりすることですが、逆に納期が通常購入より早いなど良い点もあります。 [2007-5-30]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

XPS M1210  ジャンリュック さん

>> デル

 No. 1768

  • 長所: 騒音
  • 短所: キーボード
FF11v3 高解 4239

 蹴茶さん、お久しぶりです。ジャンリュックです。
630Mから、またまたDELLを購入しましたので、インプレッションを。

★購入のきっかけと価格
 前々からモバイルノートは欲しいと思っていて、今年にDELLが
M1210よりも薄型軽量ノートを出すのは分かってはいたのですが、
ゴールデンウィークセールの余りの安さに思わずポチってしまいました。

スペックは
◆Core2DuoT5500(1.66GHz)
◆メモリDDR2 1GB×2
◆HDD 120GB
◆グラフィック Go7400
◆abg無線LAN
◆DVD±RW
◆ブルートゥース
◆WinXP
◆バッテリー6セル
◆3年間家に修理に来てくれるオプション

 上記構成で10万4千円+消費税+送料3500円でした。

すっかりDELLウォッチャーになってしまって、この購入も個人ページ・
法人ページ・官公庁ページに様々なクーポンを掛け合わせて、なおかつ
クレジット購入で3%OFF等組み合わせで上記価格でした。
(同じGWキャンペーンでも日によって微妙に内容が違ってました)

★体感速度
 さすがCore2Duo!!
 試しに、画像エンコードしながら、Photoshopで画像処同時にしてみても
 もたつきがない。今までシングルコアだったので体感差は大きいです。

★液晶の質
 みなさんが書かれている通り、視野角は他の国内有名メーカー製品に比べ狭いとは思います。
 60度辺りから見え辛くなってきます。が、普通ノートパソコンって一人で使いますよね?
 ずっと斜めから見ながら作業することって無いですよね。
 よってなんら不都合は無いです。
 ドット抜けも無かったです。

★キーボード
 最初は皆さんの評価を読んでいたので、どの位「たわむ」のだろう?と
 思ってましたが、思ってたよりはたわみは少ないと個人的には思いました。
 書かれていたように、ヒンジ部分を空けて、キーボードのネジを硬く締めたら
 全くたわみは無くなりました。
 ただ一点、これも皆様が書かれていますけど、キーボードの色はまるで銀色の
 クリアラッカースプレーを塗ったような感じはどうかと・・・

★サウンド
 ノートではこんなものかと。可も無く不可も無く。
 ボーっと映画DVDを見る位には十分です。

★強度と質感
 とても頑丈と言う訳でもなく、「頑丈ではない」と言う訳でもなく。
 閉じるとセレブなオーラが漂います。
 開くと下町庶民の親しみを感じます。

★筐体各種コネクタ
 個人的にCDは左側派なのですが、それは置いといてUSB等両側にありますので
 使い勝手は悪くは無いと思います。
 最初SDカード・メモリースティックProスロットの位置が一瞬分かりませんでしたけど

★発熱と音
 ゲーム・ベンチマークを測っている時には、筐体裏がホンノリ熱くなります。
 左側排気口からもベンチ時には熱い風が出てきます。
 パームレスト・キーボード側は熱くなりません。
 ファン音は気になるほどではないです。
 若干気になると言えばDVD±RWドライブのアクセス音かな?

★ACアダプタの大きさ・熱
 ほんのり熱くなります。
 大きさは・・・DELLってほとんどこの大きさだからねぇ。慣れました。

★モバイル性能
 まぁ1.98Kgですから持ち運びも全然苦にはならないです。
 余り外には持って行きませんが、毎日仕事に持っていかなければならない
 と考えると少しきついかな?

★その他
 バッテリーは約3時間と言った所。(ネットサーフィン。ワード・エクセルのみ)
 630mにはブルートゥースoffボタンがあったけどM1210には無いのですかね?

 FFベンチ Lowは7023
      Higtは4239
 信長の野望ベンチは283

★☆総評☆★
 日本の意見をいっぱい取り入れて作ったとはいえ、やっぱり
 良くも悪くもアメリカのモバイルノートです。
 まぁ性能強度は十分ですが。
 とは言え、やっぱり最大の魅力はなんといっても他が太刀打ちできない
 この価格!!

 ここからは僕個人の考えですが、
 こう、日進月歩で性能が上がって来るパソコンは、特にこのジャンルの
 ページを見ている人たちは遅くても3年程度で買い換える人が多いのでは
 ないでしょうか?
 それを考えると20万も30万も出して国内一流パソコン買うより、DELLみたいな
 所で、10万ちょっと程度でその時の最新スペックを買った方が満足度は高いです。

 高いVAIOタイプTが買えないヒガミが少し入ってます(T_T) 

こんにちは、ジャンリュックさん。今回も詳細レポありがとうございます。しかし、DELLウォッチャーとなってしまっただけあって、凄い価格ですね。メモリ2GBで、無線LANまで付いて10万ちょいですか(^^; この値段ながら、天板を閉じると品が漂うというのは買って良かったと思えるポイントですよね。

新 type Tが買えずヒガミが若干入っている、とのことですが、あちらは同スペックなら2倍はしますからねぇ(^^;; コストパフォーマンスから見れば、M1210も十分なアドバンテージがあると思います(^^ あとはどの程度モバイルに価値を認めるかですが、ジャンリュックさんはあまり外には持って行かないとのことですし、これが正解だったのではないでしょうか。 [2007-6-4]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

XPS M1210  Grove さん

>> デル

 No. 1769

  • 長所: 筐体
  • 短所: 液晶

◆ 購入のきっかけと価格
 持ち運び用などに使用していたノートが古くなったのと、
 そこそこゲームにも使えるXPモデルを購入したかったので
 購入しました。価格は10万円程度でした。

◆ 体感速度の変化
 さすがにHDDが複数台のっていて機能別にドライブを分けて
 あるデスクトップにはかなわないですが、十分満足してます。
 用途によっては、デスクトップよりも高速ですね。
 ※デスクトップはここ数年パーツ交換してない古い物です。

◆ 液晶の質
 当たりといわれているAUOでしたが、私的には全体的に白っぽく
 好きになれません。調整を試みましたがどうにも・・・。
 値段が値段ですので仕方ないですね。
 光沢液晶は初めてでしたが、評判から想像していたより全然
 ましだったのでほっとしました。

◆ キーボード:配列やタッチ
 旧IBM、HP、DELLのノートしか触った事がありませんが、特に
 駄目という事はないと感じました。
 この機種の対抗?であるVAIO SZのキーボードよりは好きですね。
 
◆ サウンド
 前のノートがモノラル出力だったので、全然ましです。
 こんな比較じゃ他の人の役には・・・。

◆ 筐体:質感や強度
 会社にある昔のDellのノートはプラスチッキーでキーボードも
 ペコペコしてましたが、10万でこれなら良い方だと思います。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
 特に問題ありません。個人的には光学ドライブは左側に出して
 欲しいですが、大半が右側だと思うので言っても仕方ないですね。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
 光学ドライブは仕方ないと思うので除外するとして、動作時の
 音は静かそのものです。たまにファンが回りますが低音なので
 あまり気になりません。気が付くと止まっていますね。
 CPUの周波数を1.6GHzにしたのがよかったのかな。
 負荷の高いゲームはしてないので、最大負荷がかかった時の
 音はわかりませんが・・・。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
 正直ちょっと重いですが、頑張れば持って歩けるでしょう。
 1.2kg級ノートが欲しかったのですが、その手のノートはCPUの
 周波数も低いですしGPUもオンボードで、しかも5万は高いので
 仕方ないですね。モバイル頻度が低いので十分妥協できます。

◆ その他
 このノートで私が一番気に入らないのはキーボードがある高さ
 ですね。もう少し低くできなかったのか、正直押しにくい。
 筺体が厚いので仕方ないですし、わかっていて買ったのですが
 正直こんなに気になるとは使うまで思いませんでした。
 USBキーボードをつけて、それを使用するかもしれません。

◆ 総評
 コストパフォーマンスを考えれば十分買いだと思います。
 もう少しすると新GPUが載るかと思いますが、Vistaになっちゃ
 いますしドライバの成熟度も下がるので、今買って正解かと・・・。

 購入に当たり、皆さんのコメントをかなり参考にさせて頂きました。
 この場を借りて蹴茶さんと皆さんにお礼を言わせて頂きます。
 ありがとうございました。

うーん、パームレストの高さは確かに気になる点です。タイピング時の腕のポジションによっても左右されるとは思いますが、対策としてはGroveさんが書いているように外部キーボードを使うか、あとはパームレストクッションを置くかでしょうか。こんなキーボードを試してみられても良いかもしれませんね。 [2007-6-4]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

XPS M1210  スミノフ さん

>> デル

 No. 1775

  • 長所: 筐体
  • 短所: キーボード
3DMark05 2059
3DMark03 4401
FF11v3 高解 4093

◆ 購入のきっかけと価格
親のPC購入で物欲に火がつき、ついでに購入。グラボとメモリBLUETOOTHやらで14万位でした。
VISTA発売でXP駆け込みも理由の一つです

◆ 体感速度の変化
今までモバイル系ノート(LET'S R3 → LET'S Y2 →THINKPAD X41)だったので
かなり早く感じる。

◆ 液晶の質
つるピカで写り込みが結構ある。
DVDを見るときは、良いかもしれないが。
それ以外は、まあ満足。

◆ キーボード:配列やタッチ
真ん中がたわんでる。チョット怖い。
一番辛いのは、矢印キーの近くにPgUp,PgDnキーが
あること。今までFNキーや上にあったのでタイプミス
が頻発。

◆ サウンド
まあ、普通。

◆ 筐体:質感や強度
見た目は、結構高級感が有る。ラッチ無しは、不安。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
キーボード手前のホットキーが便利だが、間違えて押してしまう事が
結構ある。
USB4つは、便利

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
動画のエンコードを行っても結構静か。
ファンの風量は、結構有って横に置いた缶コーヒーがぬるくなった。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
サイズの割に2kgは、結構ずっしり来る。
ACは、でかい&ケーブルが硬い。
ぎりぎりモバイル可能レベル。

◆ 総評
結局、キーボードに我慢できず、ワイヤレスキーボード+マウス+液晶モニタ
を増設して、半据え置きになってしまいました。
これなら1710の方が良かったかも・・・
1210は、バランスは、良いが尖ってない!

夏のボーナスでVAIO TZか THINKPAD T61辺りに食指が伸びそうです。

M1210は尖ってない代わりに‘コストパフォーマンス’という尖りを得たともいえますね。少なからずこだわりのあるThinkPad X41を使っていたスミノフさんからすると、その点がもどかしいようです。早くもVAIO type TZあたりが気になっているようで...(^^; 今年のモバイルノートは豊作ですし、相性の良いモデルを見つけてくださいね。 [2007-6-7]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

XPS M1210  hikeshi さん

>> デル

 No. 1785

  • 長所: 筐体
  • 短所: 液晶

◆ 購入のきっかけと価格
以前から小さめのノートが欲しく、ちょうどM1210が安くなっていたので購入いたしました。
購入価格 11万円ぐらい

◆ 液晶の質
最悪です。3種類ある液晶のうち一番悪い東芝松下製のやつです。上下の視野角がとても狭く、噂どおり青っぽいです。

◆ キーボード:配列やタッチ
特にこだわりはないので他の方が言われる柔らかさは気になりません。

◆ サウンド
安っぽすぎます。

◆ 筐体:質感や強度
デザインはとても気に入っていますし、筐体もしっかりして満足です。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
USBが両サイドにあるのはとても使いやすいです。
手前にある音量や再生のボタンは押しにくく、もうちょっと大きくしてほしかった。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
ジーっという音が気になるといえば気になります。
光学ドライブにCDを入れて再生したら回転する音が爆音で音があまり聴けません。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
家の中で持ち運ぶのには最適な大きさ&重さ。

◆ その他
蹴茶さんがeSATAのレビューをされていたので、わたしも試しにAntec MX-1,WD5000KAAS,SATA2E2-EC34を使用してHDtuneで速度を測ってみましたらMAX75.6MB/sec,MIN39.5MB/sec,AVR61.6MB/secでした。外周部で少し頭打ちな状態ですが、USBにくらべればかなり早いので満足しています。

◆ 総評
値段にあったノートパソコン。
しかし液晶にはとても不満。

液晶がいまいちすぎるというhikeshiさんのM1210レポ。コストパフォーマンスは抜群に良いM1210ですが、これに限らずデル製品全般にいえる弱点が液晶パネルの差異。個体によって当たりハズレがあるというのは、なんともやっかいな話です。国内ブランドでもコストパフォーマンス勝負の直販モデルを中心に同様のパネル変化があるようですが、デルほど品質に差が無いのか、あまり問題にはなっていないですね。eSATAのレポも書いていただいており、なかなかの速度が出ています。MAXが伸びてるのがうらやましい(^^; [2007-6-10]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

XPS M1210  スピ さん

>> デル

 No. 1812

  • 長所: 騒音
  • 短所: 液晶
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 4.7 4.5 3.7 3.4 4.3 3.4
3DMark05 1725
FF11v3 高解 3274

◆ 購入のきっかけと価格
普段はデスクトップを使用していましたが、出張する機会が増えたので持ち運べて遊べるノートを探してました。
VAIO・SZと悩みましたが、デルの安さに負けてポチってました。

構成は上記の他に、Vista HomePremium・カメラ・DVD±RW・120GB(5400回転)・6セル・スリムACコンボアダプタで、13万です

◆ 体感速度の変化
快適です。大航海時代OnlineやりながらAero使っても全く影響ありませんでした。

◆ 液晶の質
やはり皆さんの言われるように視野が狭いと思いました(特に上下)
ただ、正面から見れば全く問題なく綺麗だと思います。
メーカーは上手く調べられなくて分かりません(seiko/EPSON DigitalDisplayと出ていましたが…)

◆ キーボード:配列やタッチ
ちょっと軟らかい感じがしましたがもう慣れました。
あと、いわゆるたわみは「S」キーと「L」キー付近を強めに押すとたわむ感じがあります。

◆ サウンド
軽いですね。でも思っていたほど酷くないと感じました。

◆ 筐体:質感や強度
閉じた状態はちょっとイイかなと思っていたのですが、開いた状態は普通の銀パソ…。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
USBも左右両方にあるので使いやすいです。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
思った以上に静かでした。高負荷状態で左から熱風が出ますが、音は気になりませんでした。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
今回追加オプションで「スリムACコンボアダプタ(+7350円)」を注文しました。
通常のACも一緒に付いてきたのですが、厚さが半分ぐらいで場所を取らなくなったのと、車用シガーライターから直接取れる部品が付いていたので、これだけでも追加料金を払った価値はありました。

◆ 総評
コストパフォーマンスを考えても、非常に満足しています。
ただ、VISTAの知識を全く持たずに購入したので色々と戸惑ってしまいました。
購入当初、Windowsエクスペリエンスインデックスのグラフィックの値が「2.4」でおかしいと思いサポートに連絡。「最新の情報に更新」を押さないとダメだったみたいで…
でも、日曜でもすぐ電話が繋がったのと親切に教えてくれたので、Dellには非常に好印象でした。ま、VISTA練習機と考えて使い潰すつもりです。
ベンチマークの数字はVISTAなので仕方ないですね。

最後に…購入に当たり蹴茶さんのHPを非常に役立たせていただきました。
ありがとうございました。

ほぉ、いまはスリムACアダプタというのがあるんですね。初めて知りました。VAIOも小型のACアダプタをオプション装備として提供していますが、13型という微妙なサイズだけに、モバイルしない人への負担を考え標準添付とまではいかないのでしょうか。

ちなみに液晶ですが、「seiko/EPSON DigitalDisplay」と出る場合は、パネルIDがSECのSamsungかもしれません。確証はないのですが、少なくともエプソンは小型ではない中型の液晶パネルは手がけていないはずです。 [2007-6-29]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

XPS M1210  totsumiura さん totsumiura さんさんのほむぺ

>> デル

 No. 1814

  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 4.6 4.5 3.7 3.4 4.5 3.4

結構たってしまいましたが、No.1164/1243の続きです。その後VISTA Businessを導入しましたので、レポートでも。

今回はメモリー容量を1.5GB(512MB+1GB)へ増設しました。
945シリーズには、Intel Flex Memory Technologyという機能があったことを思い出したので、この構成でもデュアルチャネル動作しています。
今回は、増設後のレポートになります。

◆ 体感速度の変化
1GBでは、Aeroでの動作がかなり厳しく、またフリップ3Dでもガクガクで、案外厳しいなあと思いました。
1.5GBでは、それがなくなっていることが大きく、たった512MB分の増設でも十分に実用的だと思います。

ちなみにアプリケーションが立ち上がってしまった状態では、1GBでも1.5GBでも大差はありません。

◆ 筐体:質感や強度

もう1年近く使っていますが、以前使っていたD600以上に強度はあると思います。
そこそこ持ち運びしていますが、ヒンジも丈夫ですし、未だに劣化を知らないです。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン

以前よりOSの省電力機能が充実したせいか、ほとんどファンが回らないのが恐ろしいですね。あまりOSカスタマイズされていないといわれていますが、私はそこまで進んでいないとは思いません。

◆ その他

ちょっと無線LANの交換が必要になり、Intel Wireless WiFi Link 4965AGNを導入してみました。アンテナが3本必要だったのですが、交換の際に3本入っていたことがわかりました。交換後、ドライバーをインストールし、簡単に802.11n(ドラフト)が使えます。
VISTA標準のWDDMドライバーを使う分には、グラフィックスコアは3.7ですが、
DELLが配布しているドライバーを導入すると、急に2.0になります。
ドライバーの成熟度も低いため、何かしらの問題がまだあると考えたほうがいいと思われます。

◆ 総評

久々に評価をし直しましたが、モノ自体は絶賛です。
いまさらなので、ベンチなどは省きましたが、以前登録しているゲームなどは、ほぼ正常に動作しています。
結局のところ、プラットフォームに切り替わったときに、すぐ買うのが、長く使う方法だったりするんだなあと思いました。おかげで今回もSantaさんにはまだお世話にならずにすみそうです。(M1210の後継機が出れば、また考えそうですけどw)

ちなみに、最近はこの重さでも堪えるようになりました。
やっぱり9セルにして、重さを取ったのがまずかったかなあと思います。

totsumiuraさんに登録いただいてから掲載まで遅くなってしまい申し訳ありません m(_ _)m

> 945シリーズには、Intel Flex Memory Technologyという機能があった

そうなんです。最近のIntelチップセットは容量の違うモジュールでもデュアルチャネルの構築が可能です。蹴茶も最近PC雑誌で知ったばかりなのですが、この辺をきっちりご存知なところがtotsumiuraさんらしいですねー メモリ増設以外にも、無線LANの4965AGNモジュールを増設。ドラフト版802.11nにも対応できたみたいです。 [2007-6-25]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

XPS M1210  流魔 さん

>> デル

 No. 1824

  • 長所: 騒音
  • 短所: 筐体
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 5.1 4.9 3.7 4.5 5 3.5

◆ 購入のきっかけと価格
仕事で使う為に検討しどうせ買うなら高スペックで出張先とかでゲームが出来る
PCを探していてM1210になりました。


◆ 体感速度の変化
パフォーマンス的にほぼフルスペックなのでデスクとほぼ変わらない感じがします。
かなり快適に使用してます。


◆ 液晶の質
皆さんの言われるように視野が狭いかなとは思いますが、仕事で使用してるのもあり
逆に視野が広すぎると周りに見えてしまい、まずい場合もあるので自分的には丁度良い
感じがします。

◆ キーボード:配列やタッチ
特に気になりません。


◆ サウンド
基本的に音を出さないので気にしてませんが
音は正直悪いです。


◆ 筐体:質感や強度
閉じた時はDELLらしからずかっこいいですが
開けた時はやっぱりDELLだなと思わせます。


◆ 筐体:各種コネクタの位置
自分的にはCDは左から出してもらいたかったです。
USBは左右に2個ずつあるのはすごく便利です。


◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
比較的静かですごく良い感じです。
ゲームをしてても気になりません。
ただゲーム中は若干左手を置く部分が熱くなります。


◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
出張の時持って行きますが全然苦にはならないです。
他の物が重いからかもしれませんが・・・


◆ その他
長く使うつもりなので今回は奮発して購入しましたが
買って一ヶ月半ぐらいで後継機(M1330)が出るとちょっと悲しいですね。
DELLに問い合わせした時新しいのはまだ出ないと思いますが・・・
とか言ってたのに・・・


◆ 総評
今回はDELLのサポートが良くないのか・サポートに情報が流れてたかったのかは
わかりませんが新機種情報とかを教えてもらいたかったですね。
その辺が悔やまれます。

これにXP・Win2003・VISTAとOSを3つインストして
検証機&仕事で使用してる分では十分すぎる性能です。

デル・サポートの人に「新しいのはまだ出ないと思いますが・・・」と言われて買ったものの、すぐ後継機種の1330が発表されがっかりされている流魔さんからのレポート。この世界ではつきものとはいえ、まさに直後に次が出られると辛いですね。他メーカーでも、広報の人でさえ直前まで新製品を知らないこともありますし、相当な人数が要ると思われるデルのサポートとなると、リークを恐れて一切情報は与えてもらっていないような気がします。

仕事では3つのOSを使い分けている流魔さんですが、メインメモリが4GBとフルに増設されていることもあり、動作は快適そのものとのこと。マイナス点はポート配置やパームレスト温度に難のある「筐体」に付けられています。 [2007-7-9]

  •  CABAL (C) 2006 ESTsoft Corp. / Gamepot Inc. All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

XPS M1210  minidora さん minidora さんさんのほむぺ

>> デル

 No. 1879

  • 長所: 騒音
  • 短所: 筐体

◆ 総評
こちらのHPでM1210を知り、購入しました。
静かで性能も高く、12万程度で購入でき、ほんとに安く納得のいく買い物ができ感謝しています。
(No.1620で登録しています)

恩返しというわけではないのですが、同様の悩みを持っている方がおいでるかもしれないと思いましたので、登録をさせていただこうと思いました。

半年使用しましたが、パームレストの塗装ハゲが我が家のM1210にもやってきました。
ちょうどM1330が発売になり、8月末にSSDの載ったM1310を真剣に検討しました。

E6850も欲しいので、、、SSDもMTRONのが欲しいし、、、やっぱりパームレストを新品交換して、クリア塗装することにしました。
キーボードに指紋がついてしまうことや、パームレストの塗装はげは、クリア塗装(ウレタン塗装、車のバンパー用)を施すことで、ほぼ完全に対策ができたと思っています。

まだ、実際に数年つかっていませんので、なんともいえませんが、現時点では満足しています。 詳しくは、HPを参考にしていただければと思います。(あくまでこの改造で不具合が手でしまった場合は、メーカーの保証外になってしまいますので、自己責任で行ってください。)

ミニドラさんから追加レポをいただきました。半年ほどで塗装ハゲが現れてきたようです。買い換えも考えられたそうですが、最終的には補修することに。パームレストは新品交換し、表面をクリア塗装で保護されています。リンク先が「not found」になっています。掲載がだいぶずれ込んだので、削除されたのかもしれません...クリア塗装というと、こういったものを使うのでしょうか。 [2007-8-4]

minidoraさんからURLについてご連絡をいただきました。ありがとう〜
 → こちらです [2007-8-6]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

XPS M1210  Lasi さん

>> デル

 No. 1925

  • 長所: 筐体
  • 短所: 騒音

◆ 購入のきっかけと価格
 それまでに持ち運んでいたMURAMASA PC-MP40Hのグラフィック性能が弱くて、ゲームができるモバイル環境を探していました。それ以前の機械、VAIO U101/Pというマシン(今も現役稼動中)も使っています。
 友人の一人が、過去にデルのノートPCを使っていたのを思い出して調べてみると、かなり安い価格で高性能のCPU・GPUを積んだマシンが購入できるらしいことが判明して、早速、仕様をいじってみることにしました。

 既に設定されているモデルだと、カスタマイズしたものに比べて2万から3万ほど安い値段表示になるのに注目して、また、ちょうどWindows VISTAの発売直前の1月初頭という時期を利用して、買い控え対策で値下がっているところを狙い撃ちしました。
 結果、設定してあるスペックではなく、メモリが1024MBのバージョンを、14万強で手に入れることができました。

◆ 体感速度の変化
 体感速度の変化は著しく、3年ほど前に購入したデスクトップマシンを凌駕しました。
 FFXI BENCH3でLOW7680, HIGH4688と出ています。
 これは、FFXI Bench3でLOW1000台であったMURAMASA PC-MP40H、VAIO U101/Pとは雲泥の差です。
 外に出ていても安心してFFXIをプレイできるようになる、と、購入直後は思っていました。

◆ 液晶の質
 液晶は、メーカーを確認していませんが、恐らく当たりの部類。
 液晶には青みなどなく、明るめの高反射ディスプレイでした。
 ただ、外に出て扱うのには、これは極めて辛い状況だったので、SANWA SUPPLY製のつや消しのシートを購入し、貼り付けることで対処しました。

◆ キーボード:配列やタッチ
 配列は極めて好みの、キーピッチも十分に広いタイプです。
 敢えて難を上げるとすれば、HOME/ENDキーがスクロールキーやカーソルキーと離れている位置に配されていることくらいでしょうか。
 塗装が剥げる感じのキートップも、気にしないことにしています。
 タッチはやや軽めですが、不快なほどではありませんでした。

◆ サウンド
 サウンドは、普通です。
 外で扱うときには音を消して使うので、気にしません。
 ただ、気になったのは、ヘッドホンを接続すると、専用のウィンドウが開いて設定を確認してくること。これはついていないほうが良かった気がします。

◆ 筐体:質感や強度
 強度は十分。
 質感は、メタリックシルバーに合致するような重厚な感じ。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
 コネクタの位置、という意味では、USB4つが左右に配されている点で好感が持てます。
 問題は、PCI-Express Cardしか使えないこと…。
 外で使うために持っていた、WILLCOMのPC Card型PHSが役立たずになりました。
 その後、PCI-Express Cardタイプに切り替えましたが、その点だけは遺恨と言っていいほど残念です。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
 うるさい音がします。光学ドライブはうなりを上げ、冷却ファンも扇風機以上の音です。ハードディスクは騒音を嫌って低速回転のままにしたので、気になりませんが。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
 重量は、かばんで抱えれば運べるレベル。荷物がノートPCだけになる傾向がありますが、許容範囲と考えています。
 バッテリーは、移動しながら使う時間がそれほど長くないので、最初の6セルバッテリーで十分です。
 ACアダプタはやや大きめですが、取り回しは悪くありません。

◆ その他
 メモリを増設、というか換装しました。
 2GBのPC5300のものを2つ。
 でも、認識は3300MBしかしませんでした。
 それでもかなり処理速度が改善したので問題ないですが、なんだかもったいない気がします。

◆ 総評
 増設にPCI-Express Cardを使う必要があることを除けば極めて効率的な機体と評価します。日本の各メーカーではこのスペックで出すことは難しいでしょう。
 スペックとして記載されている以外の液晶に関する当たり外れ、キーボードのがたがたの有無、反射型液晶の映り込みと言った弱点によって、評価の差が顕著な機体ですが、その辺りは購入時期によっては差が少ない、良い機体を変えるのではないかと思います。

 買い控えの人が多い時期に、敢えて購入してみるといいこともあるのですね、本当に。

M1310ではUSB 2つになってしまったXPSモバイルですが、XPS M1210では 4つあります。さすがに2つは少なすぎる気がするので、この点はM1210の方が優秀といえます。液晶はパネル供給元が複数あるため、当たり外れがあると言われていますが、Lasiさんのものはどうやら当たりパネルだったようです。

メモリは4GBの壁にぶち当たってしまっています。32bit版を使う限り避けられないものですが、メモリーマップドI/Oなどにもアドレスを割り振らなくてはならないため、メインメモリー用のアドレスが足らなくなってしまっています。64bit版に移るしか解決法はないのですが、Windowsだと互換性トラブルが気になるところです。32bitも64bitも同一パッケージ、いつのまにやら64bitに移行できるMac OSXがうらやましいですね。 [2007-9-1]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

XPS 1210  Gmog さん

>> デル

 No. 2178

  • 長所: 騒音
  • 短所: 液晶
3DMark03 5068
FF11v3 高解 4778

◆ 購入のきっかけと価格
モバイルPCで3Dゲームをすることが大好きです。こちらのサイトには以前からずっとお世話になってきました。VAIO Uシリーズで軽い3Dゲームをしたりしていましたが、いつも指をくわえて見ていた最近の3Dゲームを遊んで見たいと思い、すこし大きめのPC購入を決意。12.1型が自分の許容範囲最大の大きさであったため、これしかないという感じでした。12月に16万円代で購入しました。

◆ 体感速度の変化
モバイルCPUしか知らなかったものですから、Core 2 Duo 2Ghzのスピードには唖然としました。世の中進歩していたんですね。
メモリも2G→4Gへ増設。入っていたのはサムソンの1G×2でした。
Transcend Jetramの2G×2へ入れ替えました。ちなみに1枚だけ2Gに入れ替えて
3Gにした状態でも、デュアルチャネルで動いていました。メーカー容量ともに違っても
いける場合があるみたいですね。4Gといっても、OSの限界で3.3Gメモリとなります。

◆ 液晶の質
VAIOとは比較になりません。事前調べの段階でAUO製が一番ましだと聞いていましたが、うちのもAUO製ですが、それでも白い、薄い、黒が弱い感じで、視野角も狭く難ありです。ただ一月も使うともう慣れてしまいましたが。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
3Dゲーム時にはかなりファンがまわりますが、不快な音ではありません。
普段の使用時にはものすごく静かです。これはいい。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
今買うとしたらM1330、M1530あたりが妥当なのでしょうけど、私には13型以上は
大きすぎました。12型でGPU搭載はこれだけなので、選択の余地はありません。
今後は12型より小さく、GforceGO7400以上を積んだものが現れない限り買い換える
ことはないと思います。


◆ その他
3Dゲームを目的に購入を検討していたため、こちらを始めとして、いろんなところで情報を集めました。(海外サイトですが、Notebook Reviewというところが参考になりました。)購入検討されている方のために、私からも情報提供したいと思います。
GF7400はオーバークロックすることで、格段に動きが変わりました。OC前提での
話ですのでご注意ください。

HALF LIFE2、Battlefiled2、などはほぼ最高設定で遊べます。ぐりぐり、ぬるぬる動きます。驚きです。GTA SA、SIMS2など一昔前のものは同じくOK。
bioshock、Armed Assault、Call of Duty4にもチャレンジしましたが、これはきつめです。低設定でしたら遊べないことはないですが、画質が許容範囲外。
Test Drive Unlimited、Need for Speed Most WantedについてNFSは高設定でぐりぐり
いけますが、TDUは中解像度でHDRなしだと普通に遊べるといった感じ。
Oblivionについてはあちこちで情報集めましたが、答えはまちまちでした。私の結論的には中解像度、bloomあり、AAあり、草なしで十分綺麗な画質で楽しめています。草をはやすととたんにFPSが下がります。
Medeival 2 Total War かなり高設定(bloom AA オン)まで遊べますが、ユニットの規模によるところが大きいため、私はユニットを減らして高画質で遊んでいます。


◆ 総評

大型ハイスペックノートと違い、なんでも最高設定では遊べませんが、その分いろんな工夫をして、自分なりに満足できる設定を探すのは楽しいです。VAIO Uで遊んでいた時代とくらべれば、それでも遊べるゲームはものすごく増え、いまのところ満足しています。

デュアルチャネルというと昔(Pen4時代)は容量どころかメーカー、果てはロットまで揃えないと確実に動作しないとまでいわれていましたが、最近はチップセット側が高機能化し不揃いなモジュールの組み合わせでも動作するようになってきています。Sonoma世代のチップセットIntel 915になると、チャネルの総容量が一緒であれば良くなり(相性はあると思います)、SantaRosa世代のIntel 965ではチャネル毎の容量が異なっていてもデュアルチャネル動作するようになっています。

後半はオーバークロックについてのレポ。統合型GPUより断然性能は上ですがパワフルとは言い難いGeForce Go 7400。オーバークロックで格段に動きは変わったようです。FPS系が高負荷でグリグリ動くとのこと。読者の方で興味を持たれる方がいるかもしれませんが、一部例外モデルを除き、ユーザーによるオーバークロックは保証対象外になるのでその点だけは注意してくださいね。 [2008-1-21]

  •  BattleField 2 (C) 2005 ElectronicArts All Rights Reserved. [公式サイト]
  •   
  •  BIOSHOCK (C) 2002-2008 Take-Two / Microsoft All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

XPS M1210  Surein さん

>> デル

 No. 2446

  • 長所: キーボード
  • 短所: 熱処理
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 4.9 4.5 3.8 3.6 4.8 3.6
3DMark06 1060
3DMark05 2435
FF11v3 高解 4275

◆ 購入のきっかけと価格
2007年1月ごろに小さくて軽くて高スペックで 3D もOK というノートPCを探していてXPS M1210にしました。当時は Sony VAIO Type S も候補には挙がったのですが、プリインストールのソフトが多すぎたり、OS が新しくなった場合のマシンの親和性が DELL の方が高いので、DELL にしました。

◆ 体感速度の変化
購入時は Windows XP の Vista Capable でしたが、セキュリティの観点から Windows Vista に即効入れ替え&チューンを施してあるので、Vista だからといって遅いということはないですね。 ちなみにチューンのポイントとしては、次の3つのサービスを停止し下記設定にする事から始まります。
Windows Search -> 無効
Super Fetch -> 手動
Ready Boost -> 手動
これでバックグラウンドで動作し、HDD や CPU パワーを使う大きなものは停止でき、HDD のアクセスが激減し、サイドバーで CPU の時間を常に20%ぐらい使っていたのが、数% になります。

後は月並みですが、サイドバーの終了。エアロのOFFと視覚効果を最小限ににする(Windows XP と同程度)
ちなみに Desktop Window Manager Session Manager のサービスを停止(手動)にすれば自動的にエアロもOFF になります。

また、後にメモリを PC2-6400 800Mhz の 1Gx2 枚に変更しました。これだと nTune でのオーバークロック設定で Memory bus を 1100Mhz に設定してもまったく問題ありません。
(BIOS やドライバは最新版です)

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
熱処理の問題が大きいようです。 今までに CPU を1回、マザーボードを1回修理で交換しています。 購入後8ヶ月ぐらいで、CPU は負荷がかかると周波数が半分の 1Ghz になる現象がおき始めて、修理に出したところ、 CPU が交換されて戻ってきました。購入後1年3ヶ月ぐらいで、3D ゲーム中に画面にノイズが出るようになったかと思うと、頻繁にフリーズする現象がおき始め、800x600 で無理やり使っていたところ、何も映らなくなってしまい修理に出したところ、マザーボードが交換されて戻ってきました。
いずれも夏にクーラーの無い部屋で扇風機のみで夜をすごしているときにおき始めていますので、室温は30度前後でしょうか。

ちなみにオーバークロックをはじめたのはつい最近なので、問題が起きたのはオーバークロック前です。

オーバークロックで GPU Core bus を 545 Mhz にしていますが、550 以上にもあげて 3DMark05 を動かしては見ました。フリーズはしないものの画像にノイズが入り始めまともではなくなりつつあるのがわかったので、画像が正しく表示される限界周波数ということで 545 Mhz にしています。

CPU もオーバークロックしてみようかと考えたのですが、SetFSB で指定すべき Clock Generator が分からないので、SiSoftware の Sandra で検出できるかも試してみたのですが検出されず断念(対応する Clock Generator なら検出してくれるようです)。 ちなみに Sandra の結果は下記のような感じで、

Name : C2DM (Merom) Mobile Core 2 Duo 65nm 2.4-3.33GHz 1.0375-1.3V
Core Voltage Rating : 1.175V
Min/Max Core Voltage : 0.713V - 1.175V

Core 電圧はMAX なので無理そうですが、FSB を変更できればもう少しあげられそうな雰囲気を出しています。

◆ 総評
90点 熱処理の問題が無ければ 100点

Sureinさんからオーバークロックレポが豊富なレポートを頂きました。本機のGeForce Go 7400は64MBのローカルVRAMの他はメインメモリからのシェアメモリです。なので、メインメモリを本来より高速モデルにすることでGPU周りの設定が伸ばせるようです。

評価は90点とかなりの高評価です。先日日経パソコンで2008年満足度調査結果が発表されていましたが、デルはノート部門でなんと3位。デル嫌いの人から見れば信じられない結果ですが、それなりのモノが安価で手に入り、国内メーカーが遠く及ばないレベルで豊富なドライバやBIOSを提供してくれているため、Sureinさんをはじめ自分でいじることができる人にとっては結構扱いやすいメーカーでもあります。

品質重視のLet'snoteなどに較べると壊れる率は高いかもしれませんが、長期保証が他社より安い事が多いので直してもらえるのも利点でしょうか。手間はかかりますが。 [2008-8-20]

  •  マビノギ (C) 2003-2005 NEXON Corporation Co. All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

XPS M1210  レッケン さん

>> デル

 No. 2475

  • 長所: 騒音
  • 短所: 熱処理
3DMark06 769

◆ 購入のきっかけと価格
 購入したのは2007年4月です。いまさらですがレポートします。以前はVAIOノートPCG-Z505CR/Kを使っていました。延命措置(メモリ256→512MB、HDD20→80GBに交換)とWindows2000の軽さでここまで頑張ってきましたが、動画再生は荷が重く購入を決意。

◆ 体感速度の変化
 動画再生もエンコードもデジカメ編集もウイルス検索も何もかもが早く、快適になりました。あたりまえですけど。

◆ 液晶の質
 明るいと思いましたが、今時のパソコンではどうって事無いんでしょうね。比較対象が古すぎます。ドット抜けや常時点灯はありませんでした。

◆ キーボード:配列やタッチ
 カーソルキーを押すつもりでPageUp、Downを押してしまう事がよくありますが、大した問題ではありません。すぐ慣れます。タッチも普通だと思います。

◆ サウンド
 普段は問題ないと思いますが、動画再生や音楽を聴くなら外付けスピーカーが必要だと思いました。今は外付けのスピーカーを使っています。

◆ 筐体:質感や強度
 質感は思ったよりもだいぶマシでした。もっと安っぽくてプラスチッキーなのかと思っていたので。値段を考えるとこれで十分だと思います。ヒンジや液晶部分も特に弱くはありません。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
 やはりUSBが左右2個づつあるのは便利です。ACアダプタのコネクタも背面にあるのでコードが邪魔になりません。TV出力やカードリーダーも結構使っていますし、使い勝手も悪くありません。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
 HDDは回転音もアクセス音も静かです。冷却ファンはとても静かだと思いました。負荷が上がれば当然回転も上がりますが、回転音・風きり音ともに気になるほどではありません。
 光学ドライブはそれなりに五月蝿かったと記憶しています。今はマルチドライブに交換してあります。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
 本体+バッテリーはB5ノートの割には以外に重いなと思いました。本体の厚みもそこそこあります。ACアダプタの重さや大きさは普通だと思います。自宅内の移動のみでモバイルしたことはありません。

◆ その他
 メモリやHDD、光学ドライブが簡単に取り外せるのがいいですね。VAIOのメモリ交換はマザーボードを外しましたから。

◆ 総評
 比べるまでも無いですが技術の進歩に感動しました。VAIOはたしか28万円くらいで買ったと記憶していますが、10万円ちょいでこんな高性能なパソコン(俺基準)が買えるんですから。
 しかし、先日このデルノートが壊れました。電源は入るしHDDも動いているようですが画面が映らない状態です。TV出力も出来ません。
 故障の兆候はありました。マウスポインタが2cm四方の黄色の縦縞に変わってまもなくフリーズ。その後数日は普通に使えましたが再度現象が発生して死亡。分解してみたら排気口に埃満載で、掃除したら風量が全然違いました。熱でマザーボードがやられたのではないかと思っています。
 保障期間は過ぎている為修理は実費です。金額によっては買い換えるかも知れません。1年半で壊れるなんて安物買いのなんとかでしょうか。延長保証は入ったほうがいいかもしれません。

1年半で故障したというレッケンさんのM1210。過去にもNECが似たようなサイズで単体GPU搭載のLaVie Mをリコールしましたが、単体GPU搭載の13型以下のノートは故障率が高い気がします。レッケンさんの最後のコメントにもありますが、長期保証はつけておいた方が良いですね。特にデルは長期保証がおまけで付くパッケージが出たり、まとめてクーポン割引が聞いたりするので、狙っていきたいところです。

そもそも壊れないようにして欲しいという声もあると思いますが、日本も徐々に専用線からベストエフォートへというか、壊れないようにある程度の努力はするけど、多少壊れやすくても安い方がいいでしょ?という割り切りモデルが結果的に支持を集めています。NetBookなどもその典型例だと思います。 [2008-9-12]

  •  モンスターハンターフロンティア (C) 2007 カプコン All Rights Reserved. [公式サイト]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

XPS M1210  AKIAKI さん

>> デル

 No. 3450

  • 長所: 筐体
  • 短所: 液晶
CrystalDiskMark
 ReadWrite
Seq.40.2539.31
512k21.4023.17
4k0.360.992
型番
FF11v3 高解 1822

◆ 購入のきっかけや価格
最近は新品でも3万円代から購入できるまで下がっているので中古市場はどうなんだろうと興味があってちょこちょこ電脳買王を見ていました。中古市場でも比較的に高いXPSM1210がXP Proつきで16900円で出ていたのでちょっと気になったので購入してみました。GeForce Go7400は不都合でまくりの地雷なのはわかっていましたのでオンボードだったのも決め手になりました。古い機種ですみません。

◆ 体感速度の変化
Cure Duo 1.6Ghz メモリーは1GでしたがMX1020jの余りものの2Gがありましたので2.5Ghzで運用しています。無線LANも移植してintel製に乗せ変えました。4年前のスペックですがXPで使用していますし遅いと感じる事はありません。ちなみにVistaを入れてみたらCPUスコア4.6でしたのでVistaでも問題なさそうです。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
液晶は東芝松下製でした。AUO、SAMSUNG製よりは劣るみたいですがたしかにあまり視野角もよくないです。照度は劣化はありますが2段階下げて使用できるくらいありますので問題なしです。
ちょっとびっくりだったのは光沢液晶なのに反射が意外に少ないことです。
解像度も1280x800と今では採用が少ない解像度ですが私はこちらのほうが好みですね。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
矢印キーも一段下がっていて不規則な配列もありません。キーサイズも最近多い右側が窮屈ということもなく好印象。
かなり強くタイピングしないかぎり波打つこともなく打ちやすいですね。タッチは微妙にカチャカチャして押し心地が強めなので長時間タイピングすると疲れるかもしれません。全体的にはよくできたキーボードだと思います。
ちなみにあまり使われていなかったのか文字消え、テカリがなかったのも満足でしたw

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
液晶下部にステレオスピーカーがあまります。前面配置で音は聞こえやすいのはいいですがそれなりの音です。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
古い機種ですがさすがXPSといったところでしょうか。天板はさわり心地がよく、ブラックでXPS風。中を開けたらシルバー。ツートンカラーがかっこいいですね。
天板も最近多いペコペコ感がまったくありません。
最近のこのサイズのものは3つが多い中、4つあるのはめずらしいです。

◆ 排熱:筐体の温度
さすがにオンボードですので温度を気にすることは少ないです。実際CPU温度は通常時40〜45℃ 負荷かけて60℃〜66℃。冷却クーラー使用すると15℃程度下がります。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
最近は光学ドライブなしばっかりを購入していましたのでこのサイズで光学ドライブは地味にうれしいですね。
ファンも非常に静かでとてもいいです。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
約2kgはM11xとほぼ同じです。重いとは思いませんが厚みがありずっしりと感じますね。バッテリーは中古のわりに劣化が少なく今でも2時間程度持ちます。
アダプターはでかいく持ち運びにくいのが難点です。

◆ その他
当時のハイエンド機種ですがあえてオンボード仕様で3Dはほぼ無理です。ゲームレポートができなく申し訳ないです。

◆ 総評
最近の新品激安ノートが3万円代から購入できる中、中古に価値を見出すのは難しいです。激安でもデュアルコアが当たり前になりつつありますから余計に感じます。それでもデュアルコアで今でもゲーム以外でしたら現役で問題なく使えます。そのうち嫁さん機にしてもいいかなと思っております。

色々と問題のあったM1210ですが、AKIAKIさんは主犯の独立GPUが乗っていないオンボードモデルを入手されています。筐体の質感がいいということで長所には「筐体」を選択。CPUやGPUの性能は時代経過と共に順調に伸び続けていますが、ムーアの法則と無関係なキーボードや筐体の質はあまり変わらないというか、むしろ低価格化で落ちていることも多いこの頃です。

今回の個体は使用頻度が少なかったのか、キーの印字も健在で、バッテリーの持ちもまずまずとのこと。バッテリーは充電回数が多くてもへたりますが、完全に放置されていても劣化を早めるので定期的に充放電されている必要があります。最新機と較べて処理性能は不足していますが、安くなったSSDを入れるなりすればまだ3,4年は戦えそうです。 [2011-1-1]

その他のレビュー 60

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > XPS M1210ユーザーレビュー