HOME > レポート一覧 > ThinkPad Z61pユーザーレポート

ThinkPad Z61p

ThinkPad Z61p

■ 評価点平均

5

Lenovoになってから初めての新シリーズとなる「ThinkPad Z」。ThinkPadの剛性を一段高くしたRollCageを初めて採用したモデルでもある。「Z61p」はシリーズ中、最上位クラスに位置し、‘ワークステーションモデル’となっている。フラッグシップを意味するpシリーズというと、AシリーズからTシリーズへと移り変わっていったが、今回新たにZにもpが付けられたことで、市場の反応次第によってはこのZシリーズがTに代わる主力モデルになる可能性もある。

長所・短所

GOOD   BAD
液晶
1 キーボード 1
騒音・ノイズ
筐体の質感
1 発熱処理

型番

9451-61J

関連リンク

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

ThinkPad Z61p  源助 さん

>> Lenovo

 No. 1521

3DMark06 1572
3DMark05 3289
3DMark03 3832

◆ 購入のきっかけと価格
DELL INSPIRON8500を4年間使ううちに,3回故障して修理に出しました。保障期間も過ぎたので,次の故障がくる前にということで機種選定をはじめました。解像度の高いのが好きなので,17インチノートでDELLかツクモか,持ち運びを考えるとドスパラのChronosINかなどと1ヶ月くらい楽しく迷っていましたが,レノボのサイトでZ61pの大きな写真を見て,そのデザインとWUXGAにひかれて買ってしまいました。
ニッシンパルで本体が\224,800+IOの1Gメモリ\16,800でした。

◆ 体感速度の変化
仕事でワープロ打ったりエクセルではそれほど違いは感じません。多少きびきび動くようになったかなぁという感じです。
Lineage IIはDELLではかろうじて動くというレベルでしたが,Z61pだと普通にネクカタで引きもできますので,こたつでリネ2ができるようになって喜んでいます。

◆ 液晶の質
ドット欠けはありません。非光沢の液晶も目に優しくて好ましい感じです。

◆ キーボード:配列やタッチ
配列は左下のかどがCtrlキーでなくFnキーになっているのが不便で,いまのところ押し間違えることが多いです。タッチについてはDELLはふがふがでしたが,Thinkpadはかちっとして気持ちがいいです。勤労意欲がわいてくるキーボードです。

◆ サウンド
これはだめでした。いちおうステレオですが,たよりない音です。

◆ 筐体:質感や強度
十分な剛性をもっていますです。やすっぽさもありません。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
特に不便を感じません。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
大変静かです。冬場ということもあるでしょうが熱もあまりもちません。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
持ち運びに耐えるとおもいますが,ACアダプタがかさばるので,レノボのサイトで3年保障を申し込むのと同時に予備のACアダプタを買って,本体だけを持ち運べばよいようにしました。

◆ その他
今時,PCMCIAカードが使えるのはなにか安心な気がします。

◆ 総評
機種選定にあたって,3D性能をあれこれ気にしたのですが,結局自分の場合リネ2ができればいいなということに気がついて決心がつきました。
15インチのWUXGAは文字が小さいですが,慣れてしまうとけっこう快適です。

おおむねコンシューマー向けにも通用するようデザインされたThinkPad Zシリーズですが、スピーカーは相変わらず放置されている模様です(^^; キーボードは左下隅がFnキーになってしまっているみたいですが、ThinkPadらしく打ち心地は良好で、働く意欲がわく(`・ω・´)!キーボードになっているとのこと。パームレスト左下に位置するPCカードスロットはExpressCard/54, 34だけでなく、旧来のtype2型も使えるようになっています。 [2007-1-3]

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

ThinkPad Z61P  茶臼 さん

>> Lenovo

 No. 1590

  • 長所: 熱処理
  • 短所: キーボード

◆ 購入のきっかけと価格
以前はSonyのTypeSを使用していました。が、仕事が片付いて安心し寝落ち、キーボート上で熟睡したためよだれが浸透。起きて起動させたらtype Sはいってしまい、Z61Pを購入。価格は基本的に気にならない程度で。Sonyのおもちゃのような概観には多少嫌気が差していたのでちょうどよかったかと。

◆ 体感速度の変化
XPが乗っている最終機種を使用していましたのでさして体感できるというレベルでの変化はありませんが、仕事柄、データ解析が多いので演算系の処理が早くなっているのが不思議な感じがします。Sonyは何で遅かったのかとメーカーに聞いてみたい気持ちになります。

◆ 液晶の質
解像度の高さには多少うろたえましたが広いっていいなという感じがして、次の買い替えがあったら違う機種には移れないほど使い勝手がいいです。
TypeSではプライベートフィルムを使用していたので通常より暗い感じがしていましたがZ61Pでは明度的にTypeSのフィルムつきよりも明るさがちょうどよい感じがしました。
ドット落ちもないです。

◆ キーボード:配列やタッチ
エスケープのみが問題でしょうね。間違えてF1を押す回数が増えました。
Fnキーについては慣れの問題かと思います。FPS関係でジャンプできずにということはしばしばありましたが今は慣れてしまいましたので問題ないです。

◆ サウンド
酷評が多いようですが問題はないかと思います。
音割れなどもありませんが強いてあげると低音域がややという感じです。
気になるならヘッドホンを使用すればという気がします。

◆ 筐体:質感や強度
がっちりした筐体は男のロマンを感じますね。と
本題ですが、基本的にしっかりしたつくりで(それが売りなんだと思いますが)安心して扱うことができます。感触的には最近、磨き上げられているような筐体が多いですが個人的に指紋のあとがつくことが嫌なのでマットに仕上げられていることには大変満足しています。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
USBは右後方に集中しているので周りの周辺機器を右に集めれば問題がないかと、サイドに2つ後方に1つとなぜ分ける必要があったのかは疑問が残ります。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
起動時にHDDの仕様だと思いますが「キーン」と高音がなります。
光学ドライブはしっかりした筐体につつまれているからか静かな印象を受けました。
冷却ファンはよほどのことをしていない「排熱がんばっているな」という音は聞こえません。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
モバイル性は重さ的にいうと現実的ではなし、筐体は文句なしの頑丈さ。
サイズ的にホームノートですから許容範囲内の重さだと思います。モバイル系のパソコンからの乗り換えであれば重いと感じるかもしれませんがホームノートということを念頭に置けば気になりません。

◆ その他
メモリが1GBのモデルを購入し後でIOのメモリを追加して2GBで使用していますが、1GBの時にやたらとダンプすることに出くわしました。基本的にソフトのインストール作業や、FPSでのマップのロード完了の際に画面がブルーに・・・
原因がそれだけだとは思いませんが、増設してからはもう同じ症状が出ることはありませんが1GBでの使用は少々問題があるのかもしれません。

◆ 総評
総合として個人では100点を。
ベイで光学ドライブをはずしてモバイル時バッテリーに、仕事場にはHDDを換装して連れ出しています。この恩恵が一番ありがたいと思います。
職場には私物は極力もって行きたくありませんし。
ゲーム的にはライブドアからのFEARをオプション関係を全開にしても問題なく動きます。
これくらい動くのであればゲーム機としても十分ではないかと思います。

寝落ちによってバイオSが死亡。デザインも嫌気がさしてきたところだったため、質実剛健なThinkPadに乗り換えとなったそうです。茶臼さん曰く「男のロマンを感じさせる」筐体は剛性感が高く、光学ドライブ回転によるびびりもほぼ無いようです。Vistaはメモリ 512MBだと頻繁にトラブルと聞きましたが、茶臼さんのケースでは1GBでも問題発生。やっぱり2GBは欲しいところですね。 [2007-2-14]

その他のレビュー 2

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > ThinkPad Z61pユーザーレビュー