デル XPS M1710

GPU
GeForce Go 7900 GTX
◆ 購入のきっかけと価格

今までVAIO VGN-FS70B(メモリ1G)でリネージュ2をプレイしておりましたが、最近限界を感じたのとこちらのレビューに掲載されていたXPSに惚れ込んでしまい、上陸したら即購入を決めておりました。
DELLオンラインサイトで5月10日の夜中にウルトラパッケージを購入。
クーポン利用で329430円でした。性能からすれば安く買えたと思います。
こちらの掲示板にて情報を頂いたおかげです。

◆ 実際の体感速度
前回のノートもPenMでしたので、ゲーム以外の体感速度は悪くなかったのですが、
起動もゲームも非常に早いです。

◆ 液晶の質
VAIOと比べてみたのですが、やや青白い印象を受けました。
視野角も良く、個人的にはこちらの方が好みです。
1920×1200の解像度も満足です。

◆ キーボード
ちょっと柔らかいような印象を受けました。押し心地はまぁ普通です。
VAIOが浅く、しっかりとしたキータッチだったのでそう感じるのでしょうか。
キー配置ですが、チャット等をしているとDeleteがどこにあるかわからなくなりました。上にありすぎるので押しづらいです。

◆ サウンド
ベンチをかけている時に音をMAXにしたのですが、ノートのスピーカーでここまで音を出せるとは思いませんでした。ヘッドホンで以前は聞いてましたが、今回からは必要ありませんね。音も割れませんし、全体から膨らみのあるサウンドが楽しめました。
周りに迷惑がかかりそうなので、あまり豪快に聞けないのが残念です。

◆ 筐体:強度と質感
HPや雑誌を見ると、非常に派手な印象で質感が気になっておりましたが、
表面の波のようなデザインはコーティングされており、ザラザラした感じはありません。ボディ・キーボード面は9400とほぼ一緒みたいですね。
液晶のヒンジも固めですし、ゴツイ見た目通り耐久は十分ありそうです。
そして、ライトですが・・・暗闇にしてライトアップすると不気味に照らされてこれはこれで一興なのですが、普段は必要ないですね。
夜中に赤ライトが点灯でもしていたら、子供が泣き叫びそうです。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
以前のVAIOは左にUSBが3つとかなり偏っていたので、使いづらかったのですが
左に2箇所、後ろに4箇所あるのがいいですね。IEEE1394が右にあるのも自分としては+です。後の端子はすべて後ろに集約されてます。高機能グラボ搭載だけあって、外部出力は豊富ですね。D-SUB・DVIをはじめ、S端子も付いてます。更に変換コードも付属しておりコンホ゜ジット出力もできるみたいです。今度TVに出力してみようと思います。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
ここが一番気になっていた所なのですが、まず通常の状態では全然音は気になりません。流石Coreduoです。元々冷却板のファンが唸っているのでそう感じるかもしれませんが。
ゲームを起動して一番負荷のかかる大都市に行ってみたのですが、ファンの音はそれほど感じませんでした。但し発熱はキーボードの右側に感じました。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
大型ノートによくある大きめのACです。持ち運びはきつそうです。
VAIOFと比べても、そんなに大差がないぐらいですが。
発熱はあります。コード等が密集してる所だと危ないですかね。
燃えるような熱さではありませんが。

◆ モバイル性
車ならなんとかなりそうですが、歩きでこれを持ち歩く想像ができません。
やはりデスクトップ代わりのノートPCです。

◆ その他
サウンドの調整にミキサーがタスクに現れますが、正直使いづらいです。
素直にWINのボリュームコントロールを使ってます。
ワイヤレスは感度良好ですね。VAIOよりもいいみたいです。

◆ 総評
今回待ちに待ったXPSを注文してから、色々不安(発熱や初期不良など)はありましたが、想像以上の性能に大変満足です。グラフィック性能に関しては、リネージュ2の最高設定にしても全くラグがありませんし、液晶も想像以上に綺麗で高精細です。期待してなかったサウンドも品質がとてもよく、デザインも写真よりは控えめです。以前はTVで鑑賞していたDVDもこれで今度は観ようと思います。