デル XPS M1710

GPU
GeForce Go 7900 GTX
◆ 購入のきっかけと価格
きっかけ
・XPSシリーズは日本で発売されないと思いきや発売決定となり、
 購入資金もなしにポチッとしてしまいました
 ちなみにInspiron9300→VAIO SZと買い換えて
 現在は机上にSZとXPSが並んで鎮座しております(^^;

・価格:323655 円 (税込)
 3万円引きクーポンが運良く使えました。
 掲示板のほうでも報告させていただきましたがタイミングにより
 同日で使える人使えない人が出るシステムには問題点があると思います
・5/10に注文をして5/19には到着しました。
 DELLにはお得意様システムのようなものがあり、過去購入経歴のある
 顧客に対しては優先的に手配をして貰えるそうです

◆ 実際の体感速度
SZの方はCore Duo T2400(1.83 GHz)ですが、SZより早いです
1.CPUのクロック数差
 XPS:2.16 VS SZ:1.83(たいした差ではないのですが・・)
2.HDDの差
 XPS:100G(7200RPM) VS SZ:80G(5400RPM)
この二つの要因が大きいと思います。

◆ 液晶の質
・液晶のサイズ1920x1200はエクセルなどの作業で大活躍です。
 ただ、やはり目に厳しいで長時間の使用はつらいものがあります。
・TrueLife液晶ですが、映り込みがかなり激しいです。
 SONYのクリアブラックと比べるのは酷かもしれませんが、
 ここが不満です。また角度を変えてみると全体的に色が暗くなりますが
 字が読めないということはありません。白っぽくなったりということもないです
・輝度が明るすぎます。3段階落として使用しています

◆ キーボード
・PCを使い続けるとキーボードの中心あたりと右側が熱くなります。
 キーピッチやストロークは問題なしです

◆ サウンド
・初めてPcを起動し、音が出たときに「おっ!」と思いました
 と、いうのもInspiron9300より良い音に感じたからです
 低音もサブウーハーの効果が出ているようです。
 Qosmio等のブランドスピーカー物には負けますが、なかなか頑張っています

◆ 筐体:強度と質感
・質感はInspiron9300より質感はあがっていますが、まだまだ課題点です。
 XPSをブランドとして売りたいためか、XPSロゴのついたCDケースやら
 謎のポーチみたいなものが入っていました。(両方とも黒)
 マニュアルもXPSをイメージさせるものでした(やっぱり黒)
 黒のモデルも出せばよかったのでは?と思いました


◆ 筐体:各種コネクタの位置
・左側に光学ドライブがありますが、この付近にUSBを配置して欲しくなかった
 右側に配置して欲しかったです。不満はそれだけであとは満足です

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
・驚くほど静かです。熱に関するコントロールがうまいようです。
 FFベンチを数回回したぐらいではFAN音は聞こえないといっても良いほどです

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
・厚さ約4cm、長さ約17cmです。使い続けているとやはり熱を持ちます

◆ モバイル性
・皆無です。大きいし、重いし・・・車の移動でも私は抵抗を感じます

◆ その他
・買って、素状態のベンチスコアとクリーンインストール後のスコアで差が出ています
 ”素”:8488@3DMark05(v1.2.0)
 ”クリーンインストール後”:8415@3DMark05(v1.2.0)
 また、付属のCDで素のXPにすることができますが
 ソフトウェアCDのインストールに失敗したり、購入時に入っていた(?)
 ソフトウェアが見つからなかったりしています。
 おかげでMediaDirectが使えません。><
・本体周囲のライトですが、思ったより安っぽいかな?と思いました
 昔ガンダムのプラモデルにムギ球を入れて遊んでいたことを思い出しました(^^;

◆ 総評
・液晶の映りこみで-5点。USBポートの位置で-5点と言った所でしょうか
 この性能でこの静音性は、かなり評価できるポイントだと思います。
・質感に関しても課題点ですが、さすがにMacやVAIOの様な所まで良くと
 価格が跳ね上がってしまうでしょう。しかしながら、XPSブランドを展開して
 行くのであれば、この点も頑張りどころだと思います。
・(今度こそ?)当分お世話になる母艦PCだと思いますので大切にしたいです(^^
 購入して満足しております

来月は、NAND型フラッシュメモリ搭載のUX買うぞ!
と心に誓ったジョルディでした。
ながながと稚拙な文章でスイマセン