ソニー VAIO VGN-SZ51B/B

GPU
GeForce Go 7400
◆ 購入のきっかけと価格
海外出張が多くなったため仕事機としてモバイルタイプを購入。
休日にはオンラインゲームを楽しみたいのでVAIOを選択。
BXも考えたが液晶の視野が狭かったためSZに。
コジマで17万6千円で購入。

◆ 実際の体感速度
起動に結構な時間を要します。
常駐ソフトが多いからかもしれません。
無線LANにfelicaポート、Bluetoothなどがあるからかな?
Internet Explorerを単独起動で15秒くらい待たされることもたまにあります。
VAIOはこんなもんじゃないでしょうか。
休止状態にしていることが多いので個人的に気になりません。

◆ 液晶の質
クリアブラックがいいですね。
白いものが反射しても紫色になるので移りこみが気になりません。
長時間のデスクワークも苦ではありません。
輝度は少し低めかな?屋内で使用する分には窓際でも問題なしです。
真っ黒を表示すると下からの光漏れがあります。

◆ キーボード
不評でしたので店頭で確認してから購入しました。
店頭ではへこみは気になりません(目線が上からだから)。
実際に机に置いて使用してみるとキーボード押すたびにへこみますね。
5年ぶりにノートPCもったのですが、昔からくらべれば剛性はあります。

◆ サウンド
SONYの意地でしょうか、ノートにしては音が良いです。

◆ 筐体:強度と質感
全体的な強度としては簡単に壊れそうな感じはしません。
もちろん指で押さえればそれなりにへこみますが、これで十分とおもいます。
強いて言えばカメラ部分なのですがガラスにしてほしかった。
開けるたびに触る部分なので取れそうです。
質感は手を置くあたりが清潔感があっていいです。
液晶裏は3種類選べるうち最もグレードの低い「ブラック」なのですが、年数が経てば味がでそうです。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
良いです。
いまのノートは全部こんな感じなのでしょうか?
横側に集約されていて便利です。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
熱はすべて排出されています。
3Dオンラインゲームをすると常時ファン稼動ですが、音は気になりません。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
見た瞬間に大爆笑しました。
大きいですね。
でも、個人的には持ち歩けるサイズです。

◆ モバイル性
表現するならば「持ち歩きはB5サイズ、開くとA4サイズ」。
将来はこのまま14.1サイズの液晶搭載できそうな感じですね。
開けるときは気をつけてください。
片手で開けようとするとキーボード側が軽いためひっくり返ります。

◆ その他
3Dオンラインゲームはやはり1Gのメモリが必要です。
Lineage2のオープニング画面でのID/PW入力では重くてなかなか難しいです。
実際プレイすると1Gと512Mでは速度の違いを実感できるでしょう。
世界標準の無線LANは海外出張のとき便利です。
WindowsVISTAに移行できるようです。
メーカー品とのこともあってソフトがいろいろ入っています。
スタート>すべてのプログラムで最初から3行分ソフトが入っています。

◆ 総評
私のように、出張が多く+長時間のExcel使用+休日はオンラインゲーム+Skype毎日使用な人間にはピッタリの機種です。
140点-40点=100点です。
長所が十分に短所をカバーしてくれました。