デル XPS M1210

GPU
GeForce Go 7400
◆ 購入のきっかけと価格
5年以上使ってきたNEC製ノート(LS46H24DV)があらゆる面において限界に達した為、
買い替えを検討。VaioのSZも一時検討対象になったものの、ほぼ同じスペックにした
場合、M1210の方が安くなる事、VaioのスタイリッシュなカッコよさよりM1210の
ちょっとゴツい感じの方が好みな事もあって、こちらでポチりました。

T2300E、HDD80GB、メモリ1GB、GF7400TC、無線LAN、ブルートゥース、9セル他装備、
10%OFFで計173,410円也。

◆ 実際の体感速度
さすがCoreDuo。
これまでのNECノートは論外としても、会社で仕事に使っているデスクトップ等とも
比較出来ない位、サクサク動いてくれますね。
極めて快適です。

◆ 液晶の質
所謂光沢液晶で若干顔が映りこむものの、そんなに気になるレベルではありません。
視野角はあまり広くないですね。普通に一人で見ている分には不都合は無い、という
程度。
ドット抜け等が無かったのは幸い。

◆ キーボード
キーボードのピッチ、ストロークはA4ノートとほぼ同等。
ただ、パームレスト部の奥行きが狭いので、ホームポジションに指を合わせると、
私の場合手のひらが少し手前にはみ出します。その為、長文のタイピング等は
ちょっと辛いかな。
あと、左側は問題ないですが、右の「:」周辺がタイプ字に少々たわむ感じがあります。

◆ サウンド
まあ、それなり。
低音域がイマイチ。

◆ 筐体:強度と質感
頑丈、という感じでは無いのですが、強度的な不安はありません。
質感は、「閉じてるとなかなかよさげ」で、「開くと普通」。
TOP部がマットブラックな事と、DELLの丸いロゴとXPSのロゴがいい感じなのですが、
開くと普通に「銀パソ」。
その銀も金属質なものではなくて、よくある感じの銀塗装なのがちょっとイマイチ。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
USBを左右に2つずつ割り振っているのは、なかなか便利です。
ただ、これまで外付けHDDで使っていたIEEE1394が右側なのは残念。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
キーボード側は、普通に使っていてもそんなに熱くなりません。
ベンチを走らせた時に、ちょっと暖かくなったかな?という程度。
但し、底面のHDDとメモリスロットあたりは結構温度が上昇しやすいので、膝上での
使用は避けるべきかと。
ファン音は、あまり高周波な感じではなく、ベンチ実行時でもそんなに気には
なりませんでした。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
A4ノートのアダプタと殆ど大差ないサイズ(約140×55×20mm)
極端に大きいわけでは無いけど、モバイル用という印象も無い。
結構熱くなります。

◆ モバイル性
微妙。12.1インチワイドのノートですが、実際のサイズはA4クラス。
バッグ等を選ぶ際には注意が必要です。
また、重量は2㎏程あるので、たまに外に持ち出すという程度なら問題ない、といった
ところでしょうか。

あと、9セルバッテリーですが、フル充電状態でDVDを再生したところ、ほぼ3時間で
空になりました。

◆ その他
ありがちですが、やはりボリュームはダイヤル式の方がよかったですね。
ボタン式は不便です。

◆ 総評
以前蹴茶さんがTOPでも仰ってた通り、極めて微妙な存在だと思います。
登場時期といい、サイズといい。
XPSの名は冠しているけど、M1710ほどのインパクトも無いし。

ちなみに得点の-10点の内訳は、
・銀塗装が高級感の無い普通の感じだった事 -5点
・トップカバーとベゼルの間から、透明の何か(硬いフィルム状のもの:三角形)が
2㎜程はみ出していた(結局カッターで削り落とした) -5点

でも、その他には特に問題もなく、私個人は非常に満足しています。
近いうちに5~6日ほどの旅行に出るので、その際のお供にする予定です。