ソーテック WinBook DN 6000

GPU
Radeon Xpress 1100
◆ 購入のきっかけと価格
WEB広告を見て、最近はノートも安くなったなぁと思いつつダイレクト販売のページを眺めていたところ、Turion64 X2モデル発見!BTO無しで10万切ってる値段・・・
取りあえず見積もりして見るつもりが購入ボタンまで押してしまいました^^;
そして納期確認してみたところ発売前でガッカリ(6/27~発送って1ヶ月先・・・)
他メーカーもTurion64 X2モデルはないし、AMD派の私としてはまぁいいかと思い待つことにしました。当初、13万3850(送料込)でしたが注文後すぐにメモリ1G無料キャンペーンが実施されガッカリOrz 今更注文換えしても納期の順番が遅れてしまうので我慢することに・・・でも、どこかのメーカーは何か補填があったなぁと思っていた矢先6/20にソーテックからキャンペーンを適用させて下さいと電話があり、結局12万3350(送料込)で購入しました。 Tuiron64 X2(1.8GHz) メモリ1G HD80G

◆ 実際の体感速度
メインで使っているAthlon64 3200と変わりなく速度的には満足です。
デュアルコアの恩恵に賜る事があったら、また報告します。

◆ 液晶の質
視野角が少し狭いように感じます。
光沢液晶は初めてですが暗めの画面表示になると映り込みが多少ありますが
気になるほどではありません。

◆ キーボード
会社で使っているデルのD505と比べるとしっかりしていると思います。

◆ サウンド
それなりです。高音が割れる感じでゲームのオープニングみたいな
派手な音が出るときにビリビリ感が筐体に伝わってきます。

◆ 筐体:強度と質感
サウンドのところで書きましたがスピーカー音で筐体がビリビリするので
スピーカーのマウント部の問題かもしれませんが強度的にはそれなりではないかと
思います。
とりあえず、液晶背面はプヨプヨです・・・

◆ 筐体:各種コネクタの位置
USBコネクタが右側に2個と背面に2個の計4個あります。
また、PCカードのスロットがなくExpressカードスロットしかないので
PCカードを使っている人には不便かもしれないです。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
今のところ、高負荷状態(ゲームプレイ)でファンが全開状態で回り続ける状態になっていないため全然気になっていません。
パームレストは左側が暖かい程度ですが底面はかなり熱くなります。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
わりと小さいタイプだと思います。熱はルーターのアダプタの方が熱い位です。
ただ、デルのアダプタにに付いている様なコードを纏めるバンドの様なものは
付いていなく不便かもしれないです。

◆ モバイル性
15.4ワイド液晶のタイプで大きさはそれなりですがバッテリ込みで2.7キロなので
持ち運びは大きさの割りに楽かもしれませんが、底面がかなり熱くなるので膝の上で
打ち込むような車内などの場面は×だと思います。

◆ その他
Radeon Xpress1100の選択項目がなかったので、Radeon Xpress200Mの項目で書き込みました。
ドライバのせいかもしれませんが最高解像度の1280×800以外(1024×480等)のワイド設定が出来ません。

◆ 総評
自宅でネットゲームがメインなのでグラフィック性能的になります。
性能向上が、Radeon Xpress200Mの33%増ということで、あまり期待はしてませんでしたが、性能的にはもう少し上に行って欲しかったです。(Vista対応ということで・・・)
ゲームの方は、ファンタジーアースを3時間ほどプレイしましたが混戦状態になるとカクカクするもののプレイできないほどではありませんでした。
解像度を最低の800×600にすれば、もう少しマシになるかもしれません。
総合評価の-15点は、FFベンチ的にRadeon Xpress200Mから進歩が見られない為です。
せめて915・945系に鼻先くらい抜き出たスコアは出して欲しかった・・・