デル XPS M1210

GPU
GeForce Go 7400
◆ 購入のきっかけと価格
古い自作デスクトップとベアボーンノートM400Aの2台2垢でMaster of Epicをプレイしていたが、自作機が壊れたため。
バイオSZ、エプダイの14インチで重さ2kgのノート(型番失念)のと迷いましたが、M1210には私が絶対に必要とするS出力がついており、安かったのでこちらを選択。

T2500、メモリ1G、HDD100G、カメラなし液晶、GO7400の組み合わせで16万円ちょっとでした。

◆ 実際の体感速度
通常作業ではPentium M 2GのM400Aと比べると差は感じない。
動画エンコード中に何かやらせれば差は感じられると思うが、まだ未確認。

◆ 液晶の質
かなり明るめなので3段階落とした。
液晶の質はM400Aとあまり変わらないかな。それなりに写りこみもありますし、視野角も(特に上下)ちょっと狭い。
友人にDELLノートユーザーがいるので、おおよその感じは分かっていたし、この辺は理解していたのでさしたる不満は感じない。

◆ キーボード
A4ノートとあまり変わらず、慣れている私には普通です。
ESCとF1キーがちょっとへこんでいたのが残念。

◆ サウンド
低音も高音もだめ。まさかM400Aより劣るとは思わなかった。
以前使用していたUSBスピーカーを接続する予定。

◆ 筐体:強度と質感
強度は必要十分。不安は感じないです。
質感は、閉じている状態だと「おお~」って感じですが、開くと普通のDELLノートですかね。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
特に不便は感じない。
USBが左右に振り分けられているのがいいという人も多いでしょうが、私はそこまで気にしません。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
M400Aと比べると静か。キーボード表面も熱くはならない。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
サイズはM400と同じくらいだけど、発熱は明らかに少ない。

◆ モバイル性
いままで3kg超の15インチノートを持ち歩いていたので、別次元の軽さに感じます。
でも、絶対的な軽さ、小ささを期待してはいけない。

◆ その他
購入時にOSなしを選べるとよかったな。

◆ 総評
14インチ以下の液晶を持ち、強力なグラフィックチップを内蔵し、かつ、S出力端子付となると極端に選択肢が狭くなってしまう。

最初はグラフィック統合型でもいいかなと思って(プレイはM400Aでやるので放置露店ができればいい、程度で)色々探しましたが、この値段で7400装備のこれを発見したので即注文。
幸い、液晶にドット抜け・初期不良はなく、納期も当初の予定よりも早く届いたのでDELLに対する好感度急上昇。