デル Precision M90

GPU
Quadro FX 2500M
◆ 購入のきっかけと価格
プレスコPen4-2.8Eと出火騒ぎのあったGeForce5900XT搭載の爆音高熱PCを使っていたのですが先月調子が悪くなり、同居人から音へのクレームも激しくなり失業中の身でありながらナケナシ資金で購入、価格は28万円でした。貯金は綺麗にカラに。ノートPCは去年あたりから欲しかったのですが、規格過渡期なのでかなり悩みました。購入にあたりこのサイトをかなり参考にさせていただきましたので、この場を借り謝辞を。

◆ 実際の体感速度
CPUをケチったので軽い作業は2.8Eマシンとほとんど変わらない気がします。ながら作業の場合はなかなか早いです。3D関連は別世界に。

◆ 液晶の質
もっとも購入にあたり不安だった点です。開封して通電確認したところパネルはサムソン製ノングレアでドット欠け「なし」、バックライト漏れ「なし」、色むら「かなりあり」のものでした。ほかの方も指摘している通り解像度が細かすぎるのが目につらいです。文字や画像表示が小さすぎます、泣けます。

◆ キーボード
今回が初の自分ノートなのでなんとも表現が難しいですが、かなり前の勤め先で割り当てられ使用した富士通・SHARPに比べずいぶん良く、最終勤め先の自社製品TPのr40r50x20t43に比べると若干負けます。赤いポッチがないのも寂しいですが、デスクトップリプレイスなのでマウス前提、ほぼ気になりません。

◆ サウンド
候補として実機を触りに行ったコスミオや富士通NXには完敗です。が、予想よりはるかにマシです。音量を少し大きめにするとボディと共振して音割れします。ご愛嬌。

◆ 筐体:強度と質感
据え置き使用では安心できる剛性ですが、ほんの少しの高さでも落としたら壊れる感じがヒシヒシします。配色はグレーとブラッグのいかにも少し前のノートといったもので非常に落ち着いているので、はたから見ると仕事をしているようにカモフラージュできそうなので有難いです。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
PCカードスロットが無いのがとてもつらいです。シリアルポートも欲しかったですが最近のノートでは仕方ないですね。実際にあるインターフェイス位置ではExpressカードスロットが右側にあるのですが、個人的には左側のほうが有難かったです。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
発熱はすごくあります、特にGPUの発熱がやはり凄まじいです。EVERESTの表示ではアイドル時GPU温度は75度前後でシバキ時は58度位、CPUとHDDはどちらでも40度台です。キーボードの上側から液晶の下側までがかなり熱くなります。ただ据え置き状態で使う場合、熱くなる範囲に指は触れないので使用に障害はありませんが、ひざ上は無理だと思われます。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
大きいです、発熱も結構あります。

◆ モバイル
17インチにしては軽いと思いますので屋内は何の問題も無いですが、屋外での移動は重さ以前に壊れそうで怖いです。

◆ その他
個人的にW-LANのオンオフが独立キーで欲しかったです。あとはMeromへ個人で乗せかえられるか気になります。

◆ 総評
GPUの温度と値段、液晶の選択肢の少なさ以外は非常にバランスの良いノートではないかと思います。ベンチにも表れていますが今回予算がきつくCPUをT2300Eにしたので2500Mを上手く活かせないのが痛恨です。