NEC LaVie G type L

GPU
Radeon Xpress 1100
◆ 購入のきっかけと価格
デュアルコアで安いパソコンで信頼できるメーカーでゲームもできそうなパソコンはないかなあと欲張りで過酷な条件をくぐりぬけたので(笑)
価格は本体150,900円でプリンタもつけました。最終的に176,505円になりました。

◆ 実際の体感速度
初ノートパソコンなのでよく分かりませんが、前つかっていたEDICubeのPentiumⅢよりは相当早いです。特に同時作業が。

◆ 液晶の質
液晶の美しさや輝度、上や左右からの視野角は申し分ないです。ですがあまりにも下からに弱すぎます。液晶に対して水平に見たときは大丈夫ですが、そこから少しでも角度を下げようと言うもんなら画面の色が反転してしまいます・・・

◆ キーボード
悪く言えばふにゃっふにゃでよく言えばキータッチが軽いかと。自分的には良くも悪くもないです。

◆ サウンド
なかなか良いです。まったく気にしていない分野でしたが、FFのベンチを立ち上げたときの音の迫力にびっくりしました。ちょっと高音が強すぎるかな?

◆ 筐体:強度と質感
よくできていると思います。キーボードがたわむことはまずありません。質感もとても良いです。安っぽいことはまずありえません。(日本語になってないか?

◆ 筐体:各種コネクタの位置
USBは右に1つ、後ろに2つ、左に1つの計4つです。まあ前のデスクのUSBが本体の後ろ側にありましたから、最高です(笑)メモリーカードスロットも使いやすいです。いれるときにかなり力を使いますが。


◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
右側は全く発熱しません。左側は人肌ほどの暖かさなので気になりません。相当頑張ったのでしょう。ファンの音は夜中(現在)に使っていても気にもとまりません。まあ前が爆音だったせいでしょうか(笑

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
大きさはよく売られているアイスバー程度でしょうか。あんまり大きくないです。熱はかなりあります。1時間触ってたら低温火傷になりますよぐらいの程度です。

◆ モバイル性
一応片手で持つこともできますが、重いです。モバイル性が無いとは言いませんが、デスクノートに入るかもしれません。ただ、かなり薄型です。プレゼンぐらいには持っていけると思います。

◆ その他
FF11のベンチ、LOWは2982でした。見ているとカクカクした動きが時々あるのですが、これはもともとなのでしょうか・・・

◆ 総評
良い買い物をしたと思っています。HDDも100GBで、Office付きで15万円台の新品パソは無いんじゃないでしょうか。
-10点の理由は、液晶の下からの視野角に-5、ベンチマークが意外に普通だったのが-5点です。