ソニー VAIO VGN-SZ90PS

GPU
GeForce Go 7400
◆ 購入のきっかけと価格
VGN-S90S(1.86G)を使っていて特に不満があったわけではないですが、SZのかっこよさに惹かれ購入する機会を伺ってました。C2Dモデルの発売で新モデルを買うかと思いつつ、C2Dの発売で旧モデルが安くなってるのではないかと思い、中古屋を探していたところ、CD2.16GHzメモリ2GHD120G英語キーボードモデルXPproとCD2.16GHzメモリ1GHD100G日本語キーボードモデルXPproを発見。このタイプのメモリは高いと思うのでメモリ2Gにかなり惹かれましたが、英語キーボードが思いのほか自分には打ち難かったので日本語キーボードの方を購入(OSが日本語だと@とか+とかが表記と違うのがブラインドタッチしてるとはいえ引っかかりました。慣れれば関係ない気もしましたが・・)。
ちなみに値段はどちらも20万ちょい。新モデルT7600(2.26GHz)27万ともだいぶ悩みましたが、FFベンチ差約300なら消費電力も低くて熱くならなそう出し7万安いほうでいいか、という結論です。

◆ 実際の体感速度
まだあまり使ってませんが、休止状態から復帰させた後にブラウザを立ち上げるまでがちょっと早くなった気がします。

◆ 液晶の質
慣れないからかもしれませんが、S90Sと比べて何かテカってるというか青っぽいというかちょっと目が疲れるような気がします(S90Sが色あせてきただけなのかも)。あと上下の視野角が微妙な気がしました。

◆ キーボード
やわらかいのは大して気になりませんが、段差に手がひっかかりますね。結構打ちにくいです。がんばってなれないと。

◆ サウンド
まあ普通です。それなり。

◆ 筐体:強度と質感
キーボード以外はよいです。液晶はまだあけるのがちょっと怖いですね。
S90Sが結構硬かったもので。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
ACが背面にいってくれて助かりました。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
S90Sより静かで熱くならないと思います。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
ACアダプタほんとに大きいですね。そのうち買い換えたいです。

◆ モバイル性
ほとんど部屋の中でしか動かさないですが軽くていい感じです。

◆ 総評
実はだいぶ前のパナソニックT1以来の投稿になります。
モバイルPCも短い期間でだいぶ進歩してきましたね。
ソニーさん以外もグラフィックに力を入れたモバイルPCにもっと力を入れてくれると嬉しいです。

ちなみにS90SはFFの倉庫寝バザ専用PCになりました。