デル Inspiron 6400

GPU
MobilityRadeon X1400 [64bit]
◆ 購入のきっかけと価格
Inspiron1100(Pen4 2.6GHz HT無し)の爆音、爆熱に嫌気がさして。
特にHDDが熱く、一回クラッシュさせました。

◆ 実際の体感速度
SUPER-PIとか、エンコをしなければ、通常あまり体感できないかも。
リネ2は格段に快適になりました。

◆ 液晶の質
視野角が狭し。左右はまあまあだけど、上下の角度に敏感で、特に下から見上げる
時に色が反転して見づらい。ノングレアWXGAです。

◆ キーボード
1100と大差なく、ヘニャヘニャであまりよろしくないです。
ただし、あたりが柔らかいので、打ち疲れは無さそう。

◆ サウンド
ノイズが多い。リネ2をやってると特にピチッピチッて言う高音の
パルス性ノイズが入ります。リネ2の問題かもしれないけど。
スピーカは、少しこもった感じだけど、ノートならこんなもんでしょう。
1100は高音が耳障りだったんで、こっちのほうが疲れない音です。

◆ 筐体:強度と質感
剛性感は、1100より確実に上。
ただ、デザイン、配色はうむむ、です。
箱から出したときの第一印象は、なんてダサいんだろって。
少しずつ慣れてきましたが。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
USBカードリーダ位しかつけないんで、気にしません。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
1100の爆音、爆熱と比べると、天国です。
1100では、HDDが常時50℃超、負荷時60℃超でしたが、
負荷時でも50℃を超えることは無いです。(室温25℃)
(SpeedFan読み)

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
大きさはともかく、かなり熱くなります。(90Wタイプ)
ワットチェッカーで計測したところ、3DMark06のピーク時で59W
位になるので、60Wタイプだと、ぎりぎりかも。(余裕はもたせてあるはずですが)
ワットチェッカーがどこまでの精度かわからないので、はっきりとはいえませんが、
安心感がほしい人は、90Wがいいかなと思います。
ちなみに、1100は、負荷時80W後半でした。

◆ モバイル性
あまり持ち歩かないんで、特に気にしませんが、自分としては
許容限度の大きさ、重さです。

◆ その他
RadeonX1400のメモリバスが128Bitだったら追加で5点くらい上げたいですが、
64Bitなのは、発熱、消費電力の兼ね合いかもしれないですね。
上記のように、負荷時の消費電力は、60Wぎりぎりみたいですので。
まあ、128Bitでも、所詮VertexShader x2,PixelShader x4 といった
スペックなんで、たいした違いは無いかも。
買う前にわかってたことなんで、まあ、こんなもんだろと思ってます。
メインマシンは(E6600+PC2-6400x1GBx2+X1900XTX)で3DMark03は20000超え、
FFXIBench3は7900台というすごい格差ですが、
リネ2やってる限りは、それほど違いは感じません。
もっとGPU負荷の高いゲームでは差がはっきり出るはずですが。

◆ 総評
T5500とT7200の差額が\30Kというのはどうなのよ?
って感じですが、欲しいときが買い時とおもって、買っちゃいましたが、
もうちょっと待ったほうがいいかもしれません。
評価点数は価格を考慮していないので、値段を考慮すると、
83点位かな?
いろいろ欠点はありますが、長所もありますし、それを認識して
買えば、問題ないかと思います。