Lenovo ThinkPad Z61t

GPU
Intel 945GM
◆ 購入のきっかけと価格
以前から仕事用に一台ノートパソコンが欲しいと思っていていろいろな人に聞いたところ、ThinkPadが一番よさそうと感じたためレノボを選択しました。機種に関しては持ち運びをしたいのでXシリーズとも比較しましたが、使いやすさ、価格の面でZ61tにしました。

◆ 実際の体感速度
メモリを512MBのデュアルにしたのですが、Wordの漢字変換で若干もたつきがあります。起動も少し遅い感じがします。それ以外で遅さを感じたことはありません。

◆ 液晶の質
ドットがけなどはなく輝度も十分に明るいと思います。

◆ キーボード
キーピッチが広く押しやすいです。もちろん定番のトラックポインタはキーボードから手を離さずにカーソルを動かせるので気に入ってます。

◆ サウンド
低音は期待できませんが、キーボードの両端にスピーカーがついているので、音量を最高にしても音われはしませんでした。

◆ 筐体:強度と質感
ロールゲージのおかげだと思うのですが、本体も液晶部分もそれほどたわみません。
質感はいいようですが、本体が黒なので手油が少し目立ちます。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
排熱の関係上仕方がないのですが、モデムの端子を左側面中央部に付けた場合、ケーブルが邪魔になることがあります。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
普段はバッテリーを抑えるモードで動かしているので、発熱なども全然気になりません。ファンの音もしないので、HDDのアクセス音がチーチチチと高い周波数の音のみがそんなに大きくはないのですが聞こえる程度です。CPUのパフォーマンスモードにした場合、ファンが勢いよく回りはじめました。ファンの直径が小さいのでそれ相応の音がしますが、特別にうるさいわけではありません。ベンチマークを行っているときは、少し熱くなりますが膝の上に置けない感じではありません。ほんわか暖かい程度です。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
大きさは小さい方だと思います。普段はそれほど熱くもなりません。重さは330gです。

◆ モバイル性
ドライブを付けている場合本体のみで2.12kgであり、ドライブをはずすと1.94㎏まで軽くなります。片手で操作というのは無理ですが普段机の上においていてたまに持ち運ぶ程度ならいけるんではないでしょうか。大きさから言ってバッグなどは限定されます。私は割と大き目のリュックに他の荷物と一緒に入れています。

◆ その他
私は気にならないのですが、排気の網から銅の色がしっかり見えるのはいやという方もいるようです。ソフトは便利なものがそろっている分、常駐しているものが少し多めです。ほとんどがレノボ関連のものです。

◆ 総評
Z61mやZ61pと違いGPUはついてませんが、約一キロも軽いのでぎりぎりモバイルできるのは大きな利点だと思います。それほど重いゲームでなければできますし、唯一のワイド液晶なのでDVD観賞などもできます。オールマイティーに何でもできるパソコンという感じです。