デル XPS M1210

GPU
GeForce Go 7400
◆ 購入のきっかけと価格
学校に持っていくため、持ち歩けるノートが必要になった。またノートでも3Dのゲームがしたいと思いvaioszとXPSm1210が候補にあがった。しかし、XPSがクーポン利用で13万5000円ほどになったので購入を決意。

◆ 体感速度の変化
通常の使用ではまったく問題なし。ゲームでの使用に関しても、問題になることはほとんどなし。

◆ 液晶の質
はずれくじの東芝製を引いてしまった。視野角が狭く、うつりこみもある。しかし、どちらも我慢できないほどではなく、またドット抜けもなっかったので問題なし。

◆ キーボード:配列やタッチ
強めに押し込むとたわむ。でもこんなものだろう…

◆ サウンド
若干安っぽい気がするが、ヘッドホン派なので関係なし。

◆ 筐体:質感や強度
閉じていれば高級感ただようB5ノート。開いてりゃふつう。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
USBが左右にあるのはいい。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
熱くなることはほとんどなし。HDD、光学ドライブともに静かで問題なし。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
2kg弱とおもったよりも重く、ACアダプタもでかいが持ち歩けないほどではない。

◆ その他
SUPERπ104万桁が27秒だった。ちなみに自作のPentiumD920のマシンは48秒。

◆ 総評
液晶やキーボードなど問題点は多いが、この値段でこのスペックが買えることを考えると、かなりのコストパフォーマンスだろう。似たような構成でVAIOSZを見積もったら20万を軽く超えてしまう。3Dゲームもそれなりに満足のいくものだし、4年間保障に入っているし長く使えるものだと思う。