HOME > レポート一覧 > hiroさんのユーザーレポート

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

dynabook satellite AW6  hiro さん

>> TOSHIBA

 No. 1454

  • 長所: 騒音
  • 短所: 筐体
3DMark06 2139
FF11v3 高解 6013

◆ 購入のきっかけ
3年半前に購入した(dynabook satellite 1860 セレロン1.6GHz)のが遅すぎて嫌になり、VAIO S、HP dv6100などを考えたが、スペックと値段を考えている途中に18%OFFに惹かれ購入。

◆ 体感速度の変化
断然速くなりました。
スーパーπ104万桁の時間は、27秒でした。
前のdynabook(セレ1.6GHz)は117秒です。

◆ 液晶の質
clear super view液晶、光沢です。可否もなく普通の印象です。
ただドット抜けがないのがうれしいです。

◆ キーボード:配列やタッチ
以前使っていたのもdynabook satelliteで、キーボードの配列は(スイッチがあるため全体的に右にずれていますが)タッチの感覚はかなり硬くなっている感じです。奥まで押し込まないと反応してくれないです。。。

◆ サウンド
やはり低音に弱さを感じますが、なかなかではないでしょうか。。。

◆ 筐体:質感や強度
キーボード周りの塗装がすぐに剥げてしまいそうな印象を受けます。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
問題なし。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
とても静かです。
リカバリーディスク作成時、いきなりエラーでDVDを無駄にしてしまいちょっとショックでした。。。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
普通だと思います。


◆ 総評
先代のPCはウェブブラウザの立ち上げに1分かかっていたので、格段に早くなったそれだけで満足です。点数をつけると、キーボードタッチでー10、キーボード周りの塗装-3、ドット抜けなしで+6ということで、93点です。

うーん、いきなりリカバリディスク作成でこけたというhiroさんレポ。どうも他にも書き込みをミスったという話はみかけますし、リカバリ作成でこけることが結構あるようです。蹴茶がディスク作成に使ったのはたたき売られているような中台系の安物ディスクでしたが、一発で完成。実際に使ってみましたが、問題なくリカバリできてしまいました。

光沢となり一新された液晶は可否もなく普通との評価です。蹴茶も感じたキーボードの堅さはhiroさんも書いておられますね。 [2006-12-4]

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > hiroさんのユーザーレビュー